「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

空咳、心臓の動悸、手の痺れ、関節の痛み、夜間に頻尿が半年続き、東京から移住を決めた40代独身女性。

2013-12-31 05:04:22 | 福島第一原発と放射能
 ミャンマー大統領は、全ての政治犯を恩赦にすると発表したそうです。このブログの発足当初(2007年)は、「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する」というブログだったことを考えると感慨深いものがあります。

 時代は動かないと思っても、必ず動くものです。改めて、そう思います。 

 きのうは京都まで、夕方から車を走らせて、ある幹部と、安食堂で、冷麺を食べながら、話をしていました。京都は深刻な銃撃事件がおきていることもあって、割と終始緊張した感じでした。僕は、取材目的は全くなくて(こうした事件に大きな関心を持てなくなっている自分にずっと驚いていますが)、年末の挨拶感覚だけでしたが、彼が疲れ切った表情がほどけなかったので、申し訳ない気持ちになっていました。

 放射能の問題について、他の問題よりも優先順位が高いと判断して、三回目の年越はまもなくです。

 多分、三年前なら、他の事案を放置して、何か一本にかける手口が、僕の取材パターンで、そういうことをしている感覚なら、この銃撃事件などは、本当に関心が高い事案なのですが、それをなんとなく醒めて見ている自分がいます。

 ただ、僕は、この事件が不可思議に思うのが、通常なら暴力団関係の銃撃事件と考えるしかないのですが、外食有名企業のトップに、あからさまに仕掛ける暴力団が近年いるのかという疑問があります。それよりも、個人の遺恨から考える殺人事件と考えるほうがしっくりくる感じがします。もちろん、プロを雇っている可能性も否定できません。ただ、こういうレベルで銃撃事件までもが、おきる時代になっているのかだけを、確認はしておきたい気はします。

日本が銃の時代になっているのかどうかという点で。

 年の瀬に、こういうメールが届きました。また、移住を決めましたというお話です。独身の40代女性。身体にいろんなことがおきはじめて決断されたと言われています。こういうお知らせを頂くと少しだけ、生きていこうと思います。

本年もいろいろとありがとうございました。
 
明日から、午年。元旦から、色々とお伝えすることがありますので、是非ご覧下さい。

 

===================================================
 
ブログを拝見して、メールさせて頂いています。
私は、東京に在住の40代女性です。
 
自分は40代の独身だし、仕事を変える勇気が無かったので、日々おそれながら…しかし放射能の汚染を直視しないようにしていましたが、木下様がブログで「東京人」の気質を書いているのを読んだ時、まさに自分のことのように思いました。
 
ブログの内容についていろいろ反発はあったでしょが、私は書いて頂いてありがたかったです。自分の生き方の反省材料になりました。
「NO」と言わないことは、本当におそろしいことですね。最後にはみんなの首を絞めていくのだと思いました。
 
私は、半年以上、痰の出ない空咳と、時折の心臓のバクバク、手の痺れ(夜間就寝時・時々)、体の関節が痛い、夜間頻尿(毎日)があります。もともとは、どれも症状の無い健康体です。
 
最近こわくなってきて、西日本に移住することを本気で考え始めました。遅いかもしれませんが、症状が出てきてやっと自分の問題として、放射能汚染の問題を考えるようになりました。
 
私の妹は、ずっと前に子供を連れて西日本に避難しています。そのときには、私も避難を勧められましたが、「確かにこどもは危ないけど、自分は40代の大人だし、症状が出るのはだいぶ先だろう」と高をくくっていました。症状は、年取ったときと思い込んでいました。特に、病院で診てもらっていませんが、自分の体感で、調子悪いのは東京に住み続けているからかもと感じるようになりました。
 
年明け1月~2月に引っ越します。
 
これからもブログでの情報発信、どうぞよろしくお願いいたします。
いつも情報ありがとうございます。

=====================================================

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

======================================================

 

 「ウクライナ報告会の開催について」

  開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。

 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------


年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 

 

=====================================================

福島避難者が主催 !

【1/31(金) 木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

    予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先  ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)

     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。

申込ホームページも開設⇒http://ur2014.wordpress.com

==============================================









コメント

甲状腺結節2ミリ⇒7ミリに半年で増大、首都圏30代女性。給食で和食重視の流れと被曝回避シンクロの必要性。

2013-12-30 07:30:45 | 福島第一原発と放射能

 甲状腺の結節について、半年前の2ミリの大きさと言われた首都圏の女性が、最近の診察では、専門病院で7ミリと言われたそうです。甲状腺に関しての、気になる報告は僕のところにも、お子さんよりも、その母親や、30代から40代の世代の女性たちから聞き続けています。年末まで、聞こえてきている状況です。お子さんのことだけでなく、まずご自身の健康状態の確認をして下さい。

 きのうは、熊本で、被曝対応に理解のある地元議員が亡くなった報告も聞きました。放射能防御をよく理解する、西日本の地元の人が、亡くなる報せを聞くたびに思っているのてすが、多分ご自身が体調不良などが元々あり、自己の体調に懸念している人ほど、放射能防御に理解が高い構図がある気がしています。健康という事に懸念を感じる方が、まず理解が深くなる構造。ただ、逆に言うと、世の中の大勢が、被曝懸念を強めないと言う事も、この辺に関係があるのかもしれません。

 

==============================================

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

==============================================

 京都市教育委員会が小学校の給食で、週1回のパンを止め、米、みそ汁や漬物という、和食中心の献立を目指す検討委員会を来春に設立するそうです。和食の世界的な評価と絡み、こうした和食重視の流れにしたい要求が出ているという事です。これは、今後、強まってくる話だろうと僕は思います。

 ここに、きちんと被曝を懸念する流れを作っていかないとならないと僕は思います。西日本では、そこに地産地消というワードを入れることで状況がさらに改善すると思います。こうした給食へのこれまでと違うアプローチを、被曝を懸念する人々の間で具体的に広げていくべきと僕は思います。使えるモノは何でも使わないとなりません。実を取ることが大切です。


 






 


 

 


 

 

コメント

僕は読者を選びます。

2013-12-29 07:59:18 | 福島第一原発と放射能

何度書いても書いても、伝わらないことはよくよくわかっていますが、僕は今も呆れ返っています。

僕は被曝を懸念して、放射能問題を伝えているだけです。

それに関してマイナスと思うことは、そのまま話します。

そうした問題について、見解を異なる人の批判をする場合はあります。

その対象が反原発の立場を称されても、その問題性に応じて言及します。あたりまえのことです。

例えば、たまたま本日、Facebookで言及したのは、一年ぶりくらいに武田邦彦氏のブログを読んで、この一か月間の見出しを見て、この人、放射能の話から降りているね。なんなんだろう。この人のやり方を真に受けて、ベランダや外の掃除をした、被曝地の母親たちの健康不良を聞いている僕には疑問。」という感想を持ったというだけです。

元々、武田氏についてはこのような言及をしています。

2012/4/15の記事より引用します。

 千葉の東葛エリアで「血の味がしていた」と話す小学生。母親は大量の眼脂と指先の痺れ。

《また、このお母さんは、「恥ずかしながら、武田教授のブログを読んで、五月に花粉症マスクをして、庭の草むしりをしたのがまずかったかもしれません」とおっしゃっています。武田教授のブログの影響で自宅の除染をおこなって甲状腺に異常が出たケースは、これでぼくのところに話があったのは二例目です。一例目は、本人がマスクなしで土壌をはぎ続けた札幌のケースで、マスクがなかったという点での本人が思い至らなかったことでもありました。今回は、花粉症マスクはしています。この点も踏まえて、あのブログの当時の記述の影響が、こうした形でおきていることは、僕は、書き留めておきます。》

この札幌ケースは、既に2011/11/10にこういう形で記事に書いています。

「除染は死を招きます。素人は除染してはなりません。」札幌で考え込んだこと。

《この三十代の女性は、四月から六月までの二ヶ月間、家の庭を徹底的に除染したという事です。スコップで土を取り続けて、石も取り、庭も変えています。しかも高圧洗浄機で洗浄し続けたそうです。お子さんの為と考えたそうですが、除染の際に、マスクなどの装備は不十分だったとか。

「ある有名な先生が、ネットでお母さんたちに除染をすすめていたことを信じてやりました。チェルノブイリの話の恐怖心もあったり、自分の人脈の情報から事態が尋常でないとおもっていたのです」と。

七月に彼女は心臓がドキドキし始め、医師に診断を受けると、不整脈と診断、甲状腺の検査も行うと、数値に異常も出ました。

さらに、甲状腺などの専門病院も受けました。すると、腺腫様甲状腺腫という診断になりました。もともと、そういう病歴はありません。

ある札幌の専門病院の医師は「吸って排出するのは難しいよ」と言われたそうで、放射能による可能性を否定しませんでした。》

こういうことを聞いている立ち位置から見ると、三年近くが経過して、一ヶ月程度の記述を見て、武田氏が放射能の問題から事実上降りているとみえることを指摘したただけです。

「なんだかなあ」というだけの話です。

こういうことにも、「反原発同士は手を取りあうべきだ」と言い出し、僕に「中傷するな」と言い、更に僕の行動をよく思われていないのだとまで言い出す方もいました。正直、こんな低水準の方は相手にできません。

放射能の話をきちんと認識せず、被曝の懸念も理解せず、僕が三年近く何を言い続けてきたのかも分からず、意味不明の言いがかりを付ける方たちは読みに来なくて構いません。

僕は読者を選びます。

2011年前半の緊迫した感覚と比べると、意識の違い、劣化に唖然としています。馬鹿の相手はしていられません。

三年近くが経過して、いろんなことが厳しくなっています。

こんなことを年末に書かなくてはならないのが、本当に溜息ばかりです。

=================================================

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

==============================================

 


 「ウクライナ報告会の開催について」

 

 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------


年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 


=====================================================

【1/31(金) 木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

    予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先  ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)

     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。

==============================================





コメント

過去最高β線放射性物質210万Bq/L、原発横の井戸。都知事選の不幸な記憶。防御プロジェクト参加案内!

2013-12-28 05:45:57 | 福島第一原発と放射能

 都知事選に宇都宮氏が出馬するという記事が出ているそうです。宇都宮弁護士に対して、前回選挙の内部関係者とみられる弁護士から中傷もおこなわれています。その内実の是非はともかく(僕は関心がないです)、こういう流れがある時に、慣れない、しかも大きな勝負事である選挙に、一度負けているにも関わらずに出馬するのは暴挙です。反原発側は少しでも当選可能性が高い候補を模索すべきなのに、話にもならないとはこのことと思います。

 90年代初頭に、都知事選で、市民側の候補選出がだれもうまくいかず、選考側にいた責任から、中央大学の大原教授が急遽出馬したことがあります。直接知っていた先生なので、新人だった僕は、通信社の速報を読んで、電話して諌めたが、「社共の連携で勝つ可能性」という無理な想定をおっしゃられました。勿論、惨敗。その後、程なくして大原教授は亡くなりました。


 さて、福一の建屋東側にある観測井戸で、ストロンチウムなどβ線を出す放射性物質が210万Bq/L検出されたそうです。過去最高値が検出されている状態です。3年近くが経過して、事態は更に深刻化しています。年末だからといって、緩む状況はありません。

 こうした、被曝に関して、懸念して活動を続けている「放射能防御プロジェクト」に具体的に参加ください。

下記に、現行のグループを記載しておきます。

===================================================

【「放射能防御プロジェクト」 一覧】 

放射能防御プロジェクトホームページ⇒https://www.facebook.com/RadiationDefenseProject

現在は、Facebookのページとして、土壌調査などのデータは掲載しています。

「放射能防御プロジェクト」の全国のエリア別のグループについては、Facebookのグループは下記の通りです。現実の活動の、ネット上での連絡場所になります。あなたの居住する地域や、避難したい地域、関係のある地域に、ご参加ください。こちらは、一定程度は機能していますし、活発なエリアもあります。

  

放射能防御プロジェクト北海道

http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/238760466232853/

 

放射能防御プロジェクト東京(関東全域)

http://www.facebook.com/?ref=logo#!/groups/286356271460140/

 

放射能防御プロジェクト中部(甲信越含む)

http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/141209445967172/

 

放射能防御プロジェクト北陸 http://www.facebook.com/#!/groups/135591699922058/

 

放射能防御プロジェクト近畿 http://www.facebook.com/groups/262087893818390/

(現在非公開ですが、参加可能。参加希望者は問い合わせに必ず返答して下さい。)

放射能防御プロジェクト中国http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/cyugoku.info/

 

放射能防御プロジェクト四国http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/rdp.shikoku/

  

放射能防御プロジェクト九州http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/357554564308882/

 

放射能防御プロジェクト沖縄 http://www.facebook.com/#!/groups/303467553070206/

 

また、海外には、放射能防御プロジェクト ヨーロッパ支部

http://www.facebook.com/groups/262087893818390/#!/groups/256282161066976/

更に放射能防御プロジェクトアジアがあります。

 https://www.facebook.com/groups/rdp.asia/

  

  さらに、医師向けのネットワークも非公開グループで設置しています。医師で参加希望の方は、Facebookに登録していただき、僕に友人申請していただければ、こちらでお入れいたします。医師のメーリングリストもあります。

 

 また「放射能防御プロジェクト女子会」。独身女子、お子さんのいない既婚女子のみが対象です。

http://www.facebook.com/#!/groups/190023214461507/

 

 これらの「放射能防御プロジェクト」は、僕のブログ読者からスタートした「福島第一原発を考えます」「福島第一原発を考えます2」のFacebookのグループが大元になります。これらのグループもウォールなどで参加希望者の意識をみて参加可能か判断します。ウォールにデータのない人は、管理人の問い合わせに返答して下さい。返答内容で参加を決めます。

http://www.facebook.com/#!/groups/fukushimadaiichi/

http://www.facebook.com/#!/groups/264874763523469/

================================================

 「ウクライナ報告会の開催について」

 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------


年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 


=====================================================

【1/31(金) 木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

    予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先  ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)

     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。

==============================================








コメント

全国の大学生、除染の勉強等で福島にも行く助け合いバスツアー。Csが19,700Bq/kg、埃にある現実。

2013-12-27 04:47:40 | 福島第一原発と放射能
 
僕は、年末が押し迫って、こういう事を改めて伝えて頂くと、なんというか、「絶望の先にしか希望はない。」という言葉を信じたくなりますが、でもリアルは、「絶望の先には、更なる絶望が待っている。」だということが、本当によく分ります。国外にいる福島避難者の方からのお知らせです。

=============================================
 
それと、娘が話しをしてたかもしれないですが、日本の学生をバスにのせて
被災地をまわる プロジェクトがあり
観光庁が協力し、大手企業が支援しているようです。
そこに娘の学校の何個か上の人とかが参加していたり
娘の同級生とかも宣伝していたらしく、福島の除染プラザにいったりして
その感想がちゃんと教えてもらって安心した。実際に行くことが大切だ、などなど
しかし、参加した後に 体調をこわして1週間くらいおきあがれなかったなどブログに書いてたらしく
(被曝とかでなく本人は疲れというようにおもっているよう)
とにかく若い子をつかって のプロジェクトで大きなお金も動いているみたい。
就活にも有利だと(スポンサーなど大手企業)ブログやFBで紹介している学生もいる。
もうどうしようもない所まできているな と あらためて思います。

==============================================
 
10万円程度の自己負担のお金もかけて行くようです。
 
被災地三県をきちんとまわり、皆さん、福島で除染も勉強はされるとか。
 
はっきり言えることは、「馬鹿は死ななきゃなおらない」です
 
僕は、呼びかけている人間や組織以上に、お金を払って「善意」を感じに行こうとする、こういう大学生たちは、反吐が出る程、気持ち悪い存在です。
 
若者を騙すななんて言う気はまるでありません。
こんな学生たちは、彼等彼女等自体が、かなり終わっています。
 
新潟の報告会主催者から、福島の家庭内で、ごみの中にどの位、セシウムがあるのかという報告です。
 
 
放射性物質が、あたりまえに存在している現実を、福島県内の自宅と避難先で比較すると、はっきりと数字は出るようです。だから、避難をしているのです。

そういう現実を見つめずに、善意や美名を追い求める人間たちを僕は軽蔑し続けます。

 靖国で、いくら英霊を拝んでも、日本が、放射性物質の為に、更なる敗戦をすることは、間違いありません。かつての大東亜戦争とは異なり、開戦時から負け続けているのが現在のリアルです。おそらく何も残されていないのです。



=============================================
 

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

==============================================

 

  「ウクライナ報告会の開催について」

 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------


年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 


=====================================================

【1/31(金) 木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

    予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先  ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)

     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。

==============================================

コメント

「事故後2年半で放射線量半減」と声高に叫ぶ原子力規制委とメディア。原発事故の後に2回流産、群馬の女性。

2013-12-26 03:51:51 | 福島第一原発と放射能

 

「事故後2年半、放射線量ほぼ半減 福島第一原発から80キロ」という政府側の情報をそのまま各メディアは伝えています。

セシウム134が半減期が2年。しかも、そのあいだに、半減期が短いから、逆にかなり放射線を出すから、一定期間経過したら、外部線量は経るしかないでしょう。いくらγ線量だけでも。それでも、大量の放射性物質が残存していることには何の変りもない。そして、除染で減ったのは、直接モニタリングしている場所。むしろ数値を見かけ上、過剰に減らすために、そこだけ除染するのが現実。

こういうことも記者が踏まえない記事ばかりが出ていて、本当にぞっとします。何も学ぶ気も無いようです。こんなことはほぼ想定道理の話です。30数%程度は減ると考えていたのが、47%減少したというのは、正直に言って、測定のやり方レベルの話ですし、多少、風や雨で、物理的に移動しているだけです。大きな変化はおきていません。その周辺に溜まっています。

馬鹿馬鹿しいし、どうしてこうした見せかけを続けるのか、僕にはさっぱり理解できません。これで、本気で気持ち良くなる人達がいるなら、相当におめでたいです。有体に言えば、ただの馬鹿です。

東京電力が柏崎刈羽全7基再稼働などと言い出している感覚も、こういうただの馬鹿が一定数以上いることを見越しての話だろうと思います。確信犯の狂気も更に深刻化します。

さて、群馬県富岡市の土壌データとその女性におきたことの簡単な報告です。

================================================

富岡市で黒い物質を採取して検査に出して10,000Bq/kgを超えているデータを持って富岡市と対峙したお母さんです。

【個別土壌調査・群馬県富岡市】

地表5cm 合算510bq/kg
地表12cm  合算180bq/kg。

彼女は西日本へ母子移住済みで、たまに群馬県に残っているご主人に会いに行ったり来たりしてます。本人から許可を頂いたのでメールしますが、福島原発放射能事故後に二回流産したそうです。一回目は育たないまま流れて、二回目は心臓が育っていないと言われたそうです。

===================================================

 

本当の事を言っても、伝わらない多数の人達と対峙する時間が、僕の中でずっと続いていますが、ネットでもそういう事は多いです。ツイッターは更にレベルが低すぎます。

北関東では、行政当局や病院のレベルが、以前からレベルが低く、僕から見たら信じられないような対応や施策があるのは、3.11.に始まった話ではありません。

そのことを知っているから、そうした文脈で、「終わっていますね。北関東は元々、相当レベルが低いから。逃げるしかないです。」とツイートしました。だって、現実がそうなかんだから、致し方ないです(甲状腺検査を誤魔化してやらない栃木県の話に絡んで、群馬県の人からの問いかけへの反応です)。

これは、東京のメディア人はよく知っている話です。

東京のメディアは全国対応ですから、東京と全国に関心を持ちます。そうすると、北関東などの地域が実際どうなのかという細かいことはメディアも関心を持ちにくい。そうした外の目が入らないから、もっと田舎の地方以上に目は届かないのが、北関東の政治家や行政当局に対してです。

だから、以前から、適切な対応もできないことが、このエリアでは圧倒的に多い。

そんなことは、大きな声で言わないだけで、まず常識なんです。

そして、3.11.となると更に酷くなっていることは、容易に想像がつきます。東京では語らないだけで、こっそり懸念していても、そんな話はつゆほども理解しない行政マンしかいないのが、北関東のリアルです。しかも、大半の住民は気がつきもしません。

すいませんが、3年近くが経過して、いまだに気持ちがどうのとか、意識がどうのとか、汚染された地に住む人たちの心の痛みとか、そんなことばかりを言う馬鹿が山のようにいます。人間が心で何を考えようと、放射性物質が大量にある現実は変化しません。災厄はあるがままに来るだけです。こちらは、医療関係者や行政当局のレベルの低いという話をしているのに、そうした文脈も読めない。通常のテキスト読解力が完全に欠落していて、前後関係も確認していません。こんな意識の人達に対応するのに、本当に疲れるだけです。僕は、3年近くが経過して、呆れ果てています。

 こういう人達は、どこまでも、緩く甘く考えて、何かを誤魔化せば済むといまだに思っているのでしょう。確信犯の側よりも、こうした人たちの意識の劣化が凄まじいです。確信犯は、元々、そうすると決めている連中、悪質だけど、変わらないです。こういうあいまいな意識で、ネットに巣食う人達の、病的な傾向は更に歯止めがきかないです。

 僕は駄目だと思います。



コメント

被曝被害は大丈夫と決め付け健康調査しない栃木県の迷妄。明日14時滋賀県庁前、放射能汚染チップ抗議集会。

2013-12-25 10:05:06 | 福島第一原発と放射能
 琵琶湖畔の汚染木材チップに関しては、重機が入り、この週明けより撤去ではないかとのことでしたが、
やはり、連休明けとなる、きのう次のような連絡も入りました。
----------------------------------------------------------------------------------
24日未明(恐らく9時~11時の間)に撤去作業が始まりました。
確認できた内容は以下です。
*作業員4人、県職員3人
*作業員マスクなし、県職員マスク着用
*軽トラ1台、乗用車1台(いずれも名古屋ナンバー)
*門から約10mのチップをフレコンに入れる作業 (土嚢10個位が作業した場所に並べられている)
*飛散防止対策なし

14:00前に撤収。小雨が振り出したからか?
-----------------------------------------------------------------------------------

ここでのポイントは
【1】飛散防止策をろくにとっていないこと。
【2】作業員にマスクをさせていないこと。

滋賀県知事も、滋賀県の職員も、きちんとやっているのかと、疑うことしかありません。この問題に関して、最終的に本当に適正な措置が取られるのか、「監視」は不可欠です。対処能力が十分にあるとは到底言えない状態です。話の根幹は放置した「犯罪者」にとどまらず、その「犯罪者」を放置している行政当局の問題です。環境保護、琵琶湖を守れが白々しく聞こえます。

明日、26日の14時から滋賀県庁前で、抗議集会が開催されます。可能な方は、現地に赴いてください。

==============================================
 
栃木県の「放射線による健康影響に関する有識者会議」は「健康調査は必要ない」と、きのう更に報告したそうです。甲状腺検査や尿検査などは必要ないと既に言っていましたが、また新たに「大丈夫」と言ったそうです。
 
内部被ばくと言う概念をひたすら無視していますし、那須エリアの土壌汚染は、関東では最悪の状態ということも無視し続けています。東葛エリアの自治体の対応よりも、更に一段とレベルが低いです。

こんな知事の下で、あらかじめ決められた結論を言い続けているだけとしか見えません。こうしたエリアで、健康被害が明確化した場合には、この専門家と知事は、人を傷つける決定を平気でした人間たちと言う事になります。

しかし、不思議なのは、福島で被曝による甲状腺がんが出るかどうかは、今後の推移をみないとわからない、まだ4年が経過していないから、現在のがんは違うといわれてしまいます。これは、福島県の見解であり、最も国側や県側と連携した、現在、日本で権威があるとされる「専門家」たちの束の様な見解です。

このことから、考えると、なぜ4年が経過していないのに、「大丈夫で検査は必要ない」と、栃木県の「専門家」や知事は言えるのでしょうか。4年が経っていないと、がんも被曝影響でないというなら、4年経過していないのに、大丈夫と言い張る根拠は相当、希薄ですよ。論理的に考えたら。

そして、栃木県の那須エリアは、福島県内の南部よりも汚染されているエリアがあるのは事実です。こうした事との整合性がまるで取れていません。

合理的かつ論理的に僕が考えると、この専門家と知事が、県民、特に子ども達の健康被害について、まともに考えている可能性が極めて低いとしか思えません。

 僕と栃木県知事や「専門家」たちのどちらが正しいのか、皆さんもよく考えて下さい。

===============================================

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

==============================================

 

  「ウクライナ報告会の開催について」

 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------


年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 


=====================================================

【1/31(金) 木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

    予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先  ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)

     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。

==============================================








コメント

関東から岡山に移住、好中球減少症の幼児、300⇒1580に改善。汚染木材チップ問題で要望書。

2013-12-24 16:26:30 | 福島第一原発と放射能

 今晩は、Xmasイブ。少しは良い事があるといいですね。

 関東でお子さんに異常が出ている話が、移住で好転したという話は、本当によく聞きますが、これもそうした実例です。

=================================================


報告がしたくメールしました。

関東から岡山県に子供を連れて移住した者です。甲状腺の検査をしたく木下さんに先生を紹介され6月に行ってきました。

2人共甲状腺には異常はありませんでしたが、血液検査をしたところ1歳9ヶ月だった下の子が重度の好中球減少症でした。300しかなく、先生に逃げた方が良いと言われ、避難先をすぐに探して一ヶ月間岡山県に避難しました。

避難して一ヶ月後、血液検査をしたら1580まで回復しました。いったん関東に戻り、9月に家族で岡山県に移住する事が出来ました。下の子は関東にいた時は身長と体重の伸びがほとんどなく基準値ギリギリでした。周りの同じくらいの子供達もほとんどの子が小さかったです。岡山に来て三ヶ月、今は身長も体重もぐんぐん伸びて標準になろうとしてます。

もう少したったら血液検査もしようと思います。木下さんに先生を紹介されてなかったら関東にとどまってたかもしれません。2年半も関東に住み続けた事を後悔しています。本当にありがとうございました。これからも活動頑張ってください。


==================================================

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

==============================================

 

  「ウクライナ報告会の開催について」

 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 

=====================================================

【1/31(金) 木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

    予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先  ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)

     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。

==============================================
滋賀の琵琶湖畔で放置された汚染木材チップ問題で、測定をした石田先生たちが下記の要望書を提出するそうです。市民有志の形です。

2013年12月26日
滋賀県知事 嘉田由紀子様

高島の不法投棄木材チップの処置に関する要望書

県政にご尽力いただきありがとうございます。
さて、高島市の鴨川河口周辺に不法投棄された放射能汚染木材チップの処置についての県担当部局の説明では、原状回復のスケジュールのみが強調され、何故このような事態が発生したのかを調べ、再発を防止しようとする行政的視点が感じられません。法に抵触する事例であるにもかかわらず、搬入および搬出の全容が住民に知らされていません。
放射能で汚染されたものの処置は環境に与える影響が大きく、この点で、県には充分に慎重な対応が求められています。原状回復を早急に実現するとともに、全国でこのような事態が再発しないためにも下記の項目に至急にお答えいただくように要望します。

【要望項目】
1. 高島の木材チップの出所は何県の何市町村かを公表してください。
2. 出所から高島まで、どのような経路で誰が運搬したものであるかを公表してください。
3. 鴨川河口周辺に放置された木材チップの総量はどのようにして確認されたかを公表してください。
4. 環境への影響を最小限にとどめるには、広範囲に敷設されている木材チップの閉所への早急な回収が必要であったと思われますが、半年以上も放置された理由を公表してください。

 

【賛同連絡】12月25日正午までにお願いします。

 

お名前または団体名:
都道府県名:
連絡先電話など:

 

賛同の情報は、滋賀県への要請書提出以外には使用しません。

 

賛同連絡先:山田吉則  yamada@littlecampus.net

-------------------------------------------------------------------------------------------

重機が現場に搬入されているようなので、年末年始ですが、搬出作業は始められるものとみられています。




コメント

韓国、放射能回避が増加⇒魚を食べない⇒魚料理店が減少の現実。胎児水腫で死産の母親が橋本病、横浜。

2013-12-23 17:28:30 | 福島第一原発と放射能

 僕は、とても危惧していることがあります。

 放射能による危険のことを訴え続けていると、そのことについて、「反日」呼ばわりする数が、ネットで前より増えていることです。以前は、放射能回避をすることを揶揄する輩ばかりでしたが、最近はさらに中身が無くて、確認すると他国に対する差別的な言辞を公にしている輩が、それと併せて放射能回避のことを、「反日」として中傷してきます。

これは、僕にはこう思えます。

 自分たちの足元への不安がぬぐえないために、その不安を拡大させる要因を排除したいと考える、ネットの中のどうしようもない人たちがかなり増えているのだろうと。こうした人たちは、個別にはとても能力も低いですし、個別には、何も知らないので、相手にする必要がありません。

 しかし、こういう連中が一定数を超えて、徒党を組み始めると、状況は厄介なことになりがちです。思わぬ意識の拡大が、違う事態を招く場合があります。

 こういう輩が、ネットで行っている主な生業は、韓国へのバッシングです。これは、純然たる差別にしかすぎず、まともな意識を持つ人達から見ると、「キチガイ」にしか見えませんが、そうしたものが数多く流通しているのが、日本の、特にネットの病です。この人たちは、韓国人が、「反日」的に放射能を問題視していると考えていますが、その実状は大きく異なります。

 韓国人は、日本を問題にしたいから、放射能回避を言っているのではなく、実際に被曝懸念をしているから、そのことに強い警戒をしているだけです。

 そして、このことは、再度強調しておきますが、韓国では海の放射能汚染を懸念して、海産物を摂らなくなる人が増えいているのは間違いありません。一定数、魚を扱う料理店が閉店したり、肉料理に鞍替えしているそうです。さらには、なぜ日本で「放射能パニック」はおきないのか、放射能回避を大半の日本人が考えない現実について、その状態を懸念する記事まで、朝鮮日報には掲載されています

なぜ日本で「放射能パニック」が起きないのか - ライブドアニュース

 底の浅すぎる差別者たちと異なり、隣国、韓国の人々は自分達の健康被害回避から、更になぜ日本人が、こうした不可思議な思考形態に至っているのかという分析まで始まっています。おそらく、向かい合う北朝鮮による核攻撃の恐怖が現実に存在する韓国では、放射能の恐怖というリアリティが日本人と違うのです。彼らは、第二次世界大戦後もずっと戦時下に生きていますから。

 原爆を二度も落とされ、今回、関東南東北に大量に放射性物質が拡散しても、危機感のリアルのない多くの日本人とは、根幹が違うのだと思います。それをまるで分からないネットの右翼というのは、日本に本来いた国士とは、似ても似つかない人々であることは間違いありません。

 国賊はどちらなのでしょうか。


さて、以前に、横浜の30代前半の女性から、胎児水腫で、死産の報告がありました。下記の記事です。

微細な染色体破損とみられる胎児水腫で人工死産、横浜。山本太郎氏当選に歓喜するバンダジェフスキー博士。

この女性が、保養に出たり、複数の病院に通院されている話が届きました。彼女は、最近、橋本病と診断されています。

================================================

息子の検査結果ですが甲状腺に3.8ミリの嚢胞が見つかりました。

悪性の可能性は低く経過観察することになりました。
血液検査に大きな異常は見つかりませんでしが、少し気になるのはリンパ球が基準より少し高いことと、
好中球が基準内ですが少し低めなことです。
西日本へ保養にでて1カ月半後の検査のため、もし横浜で検査していたら血液検査の数値は違ったかもしれません。
 
私の検査結果ですが、甲状腺に小さな嚢胞が沢山できており、最大で2.4ミリ。
血液検査の結果から抗Tg抗体が434.4(基準値28未満)で橋本病と診断されました。
横浜に戻ってから神奈川の甲状腺専門医にかかりましたが甲状腺は通常の大きさの2倍ほどに腫れているとのことでした。
 
橋本病になった原因ですが、関西のお医者さまから、橋本病は広島原爆やチェルノブイリでは3倍増えたと伺いました。
私の場合は、原発事故の影響で出来た可能性は考えられないが、元々あった病気が悪化した可能性は考えられるとのことでした。
因みに、神奈川の甲状腺専門医からは、橋本病は遺伝子異常が原因なので生まれ持ったものだと断言されました。
被爆によって橋本病が増えるというデータがあるにもかかわらず関東の甲状腺専門医から遺伝子異常だとばっさり言われることに疑問を感じずにはいられませんでした。
 
私は今年7月ごろに、まだ原発事故が収束していないことに気づきました。
自分なりに調べていくうちに被爆対策が全くできていなかったことに反省しました。
それまで野菜・米・魚の産地を気にしているだけで家族・親族・友人からは
神経質だと言われたのでそれ以上の対策をすることは難しいと思っていました。
水道水・加工食品・外食・外遊びなどで子供に余計な被爆をさせてしまったと後悔しています。
 
私は5月にヒグローマ・胎児水腫で死産をしています。
3月末の4カ月健診のときに異常がみつかったのですがそれまでの妊娠生活は、つわりのせいにして自炊は一切せず、
弁当・惣菜や外食だけの生活でした。
今年の春は花粉や砂嵐がすごかったのですが私はつわりでマスクをつけるのがつらくマスクなしで通勤していました。
勤務先は駅から徒歩15分でしたが、砂嵐の中マスクもつけず、休みながら30分かけて歩いて通勤したことも何度かありました。
これらのことから確実に内部被爆していたと思います。
当初は12000分の1の確立のことが、たまたまおこってしまったと考えていたのですが、今は被爆の影響があってもおかしくなかったと思ってます。
 
それから、関西の胎児クリニックへ行った際に、「最近、東京の有名医療センターでの診断に納得せずこちらにこられる患者さんが増えている」とのことでした。その医療センターは周産期医療の分野でとても有名で信頼できる病院だと考え受診したのですが、私もその期待は裏切られたので、不満に感じる人がいてもおかしくないと思っていました。
 
前回、木下さんから健康被害について聞かれたときは特にないと思っていましたが、2ヶ月間保養にでてみて気づいた点がありました。
2歳の息子は横浜で風邪をひくと喘息発作がおきますが、西日本で風邪を引いた際、喘息発作がおこりませんでしたし、
抗生剤なしで回復しました。
息子は生後半年から体調を崩すと気管支炎を患い、抗生剤なしで回復したことは一度もありませんでした。
私は、外出すると目のかゆみ・充血、喉の違和感がでます。
 
現在は、時々保養しながら横浜で出来る限りの対策をして生活をおくってます。
しかし、この生活にも限界を感じていて一刻も早く移住したいです。

===================================================

ウクライナのキエフで、今、懸念されているのは、子ども達で甲状腺の疾患が増えていることです。甲状腺癌ではなくて、むしろ橋本病。

慢性被曝下において、甲状腺にどのような影響が出るのか、初期被曝と併せて、実は未解明の話は多いと僕は考えています。

====================================================

 

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp


 

==============================================

 

  「ウクライナ報告会の開催について」

 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 

=====================================================

【1/31(金) 木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

 

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

    予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先

     ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)
     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。
主催 「木下さんを新潟に呼ぶ会」

 

==============================================

 

 


 


コメント

東北復興支援2年派遣を拒否し退職に追込まれる、かすみがうら市の部長5人。1/31新潟でウクライナ報告会。

2013-12-22 07:06:06 | 福島第一原発と放射能

 茨城県かすみがうら市で、復興支援のため東北3県に2年間派遣されていくことを、市長から指示された部長職の5人が派遣を拒否し、市長が「辞めてもらう」とする異例の状態になっているそうです。この市長は宮嶋光昭氏。5人の部長は、全員が退職するという意向を伝えているといいます。希望者が無く、部長にお鉢が回っている話ですが、もう震災から3年近くが経過して、他の地域から東北に派遣するという感覚の方がおかしいと僕は思います。

 この市長と市の幹部の意識のズレも大きいですし、市長のやり方にまず問題があると思います。しかも、一般的に市役所の職員は大概地元の人で、そもそも地元から動きたくない人が多数ですから。それでも、こういうやり方をする国に日本はなり始めています。末端の自治体で起きる愚かな事象ではありますが、全面崩壊する兆候は、こうした断片からでもわかります。こうしたおかしなことがおきる霞ヶ浦周辺、放射能汚染は厳しいエリアであることも、心理的な影響がかなりある気が僕はしています。

 ちなみに、この市長は、2011年に有権者宅に香典や線香を配ったとして、公選法違反の疑いで、書類送検され、後日、起訴猶予処分になっている方でした。 

 さて、京都や神戸で、今更WBC(ホールボディカウンター)を持ち出してきて、測る意味も十分にないのに測って、福島に人を戻したい動きに連なっていることを、先日はお伝えしました。この方たちの流れで、「再び低線量放射線の影響を考える」講演会というのが、2011年12月に行われています。今、この流れの中にいる物理学者の、当時、ブログでの報告記事です。こういう人達がどういう見解で、何を話をしているのか、皆さん確認して下さい。この方の文章は、とてもお上手ですよ。

http://m1se.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

 この方たちが、こういう被害者意識迄あることは、僕は逆に驚きました。この記事のブログは、最近、更新されていません。ツイッターでは、神戸などでWBCをすすめている、近々のご本人の見解も分かるので、皆さん、ご確認下さい。

https://twitter.com/issemasatsugu


 少なくとも、自分たちが行っていることが、「科学的」なので政治性がないと主張することは、あり得ない話と思います。一見、どういうことに見えても、何かの政治性を帯びるのは常識ですから。

===============================================

 リスクコントロールの為に書いておきますが、コロンボから国際電話と言って「キムラヨウタ」宛と言って通知不可能の番号から2回着信がありました。間違い電話にしても、名前の類似と言い、何かおかしい気がしています。念のため、皆さんに分かる形で書き留めて置きます。大昔に公安警察が、東北弁で、僕に何かの確認電話を架けてきたこともありましたから。

==============================================

【木下黄太 ウクライナ報告会 IN 新潟】

日時  2014年1月31日(金) 9:15開場 9:45開演

場所  新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール  アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内
    新潟市江南区茅野山3-1-14
    日本海東北自動車道 亀田I.C.から 約5分   新潟バイパス 紫竹山I.C.から 約10分
           無料駐車場完備
    バス停「アスパーク亀田」下車すぐ(・カナリア号 ・江南区区バス)
    託児あります(要申込み 保育室、和室を借りました。可能な限り対応致します)

参加費 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)

     予約なしで当日⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)

申込・問合せ先
     ukrainereport_niigata@yahoo.co.jp 08052291203(もうぎ)
     メールでお申し込みください。
     参加者全員のお名前と予約席数、連絡先をお書きください。
     福島からの方、避難者の方はその旨ご明記ください。
主催 「
木下さんを新潟に呼ぶ会」

==============================================

 「ウクライナ報告会の開催について」

 
 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 

=====================================================

 情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp


 







コメント

松本市長避難者支援策を「憲法違反」「避難不要と知事が判断した県の避難者に金を出すな」と言う地元市議。

2013-12-21 03:09:48 | 福島第一原発と放射能

 

松本市長の菅谷市長が、放射能からの避難者の支援をしていることに、執拗に攻撃を続けている、松本市の市議会議員がいます。

最近、このような住民監査請求を出していらっしゃいます。

http://tatsue.jp/tatsue33.pdf

その本人の活動報告はこちらです。

 http://tatsue.jp/tatsue33moto.pdf

 http://tatsue.jp/tatsue34moto.pdf

 

山崎たつえ氏というこの市議会議員は、この感覚で以前から、執拗にこだわっていると聞いていましたが、何というか、どんどんスケールアップされているようです。

ある自治体の関係者から、「自治体関連の人達の間でも、政治主張を大量にメーリングリストに送りつけてくることで、割と知られている人なのですが、今度は放射能からの避難した人の支援に、監査請求を掛けたといって、情報がばら撒かれているようです」と聞いて、現況を僕は知りました。

 少なくとも、首都圏から松本に避難している避難者は、この人と対峙するしかないと僕は思います。松本市長への政治的攻撃の枠組み以上に、首都圏などから松本に避難している人達を、この市議会議員が言説で相当貶めているとしか僕には思えません。福島県民以外はいくら被曝しても問題はないという政治的主張を掲げているように、こちらからは見えます。

福島県以外からの避難者受入が市町村の仕事でないとすれば憲法89条にも触れるのではないかと思われます。」←このようなことも平気で書かれています。

ちなみに憲法89条は「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」です。

 避難して、松本市にやってきている(松本市に在住になる)人は、公の支配に属しますから、憲法違反になると言い張ることは、条文解釈を普通にすれば、全くありえないと、中央大学法学部で三年は非常勤講師もした僕は断言しておきます。

 ただ、こういう言説の輩を知っても、最近はなんというか最早怒る気にもなれず、溜息しかでなくなっているのが、僕のよくないところだと反省しています。

==================================================


1/31(金)に僕のウクライナ報告会が新潟で行われます。詳細は、明日の更新でお伝えします。


==================================================

 

「ウクライナ報告会の開催について」

 
 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 

=====================================================

 情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp





コメント

東京の被曝対応を優先しない都知事候補は無価値。鹿児島の県立高校が事故後初めて福島被災地に修学旅行。

2013-12-20 00:59:10 | 福島第一原発と放射能

 猪瀬都知事が辞任を表明しました。遅すぎたと思います。

 日本では、彼は著名なフリージャーナリスト数人のうちの一人でした。その人物が、史上最高の支持を得て、当選しました。そして、高額の現金を受け取りました。それが発覚して、意味不明の答弁を繰り返し続け、結局辞任しました。

 ジャーナリズムというジャンルの中でそれなりのことを為していた彼が、こんなに馬鹿げた行為で崩壊するのを見ると、日本の特に紙ベースのジャーナリズムの存立基盤はなくなったなあという感覚が強くなります。雑誌。

 いったい、何なんだろうと思います。日本、東京が根底から崩壊していることが、この猪瀬都知事の一連の話でもよく分ります。まともなことはまったくありません。こういう人が率先して開催したいというオリンピックを七年後に開催することなど、正気の沙汰ではありません。

 そして、次の都知事選挙について、喧しく言われていますが、僕は特に関心がありません。

 反原発はあたりまえです。それよりも都民に関しての被曝対応をまともにすることを、最優先に言い出し、当選可能性のある候補しか無価値だと思います。そういう人が出るなら応援しますが、そうでないなら、関わるつもりはありません。前回の選挙で大敗している方などには、全く関心はありません。


 さて、兵庫の高校が来月福島に修学旅行に行くそうですが、実は先週、鹿児島の県立高校が、福島の被災地に、原発事故後初めて修学旅行に行ったそうです。「福島から修学旅行誘致の団体が鹿児島にも来てましたので、それによるものでは」という話も聞こえてきました。

僕が確認できたのは、其の高校のホームページです。読めば分かります。以下引用。

=========================================

2013年12月13日

本日最終日(修学旅行)

 昨日に続いてスキー体験スキーでしたが,生徒たちは鹿児島ではできない体験に楽しんでいた様でした。
 本日は最終日で,福島の被災地を訪問し,現地の方から現状などの説明を受け,夕方から夜にかけて帰鹿する予定です。被災地視察
 震災から2年9カ月が経った現在の様子です。
 
20121213_1.jpg


 現地の方から説明を聞く様子です。
20121213_2.jpg


 震災以来初めての修学旅行が来るということで,この様子やスキー体験など地元のTV局TVでも報道されたほどだったそうです。

=====================================================

 高度汚染地に修学旅行に高校生を行かせて、テレビ取材を受けたことを、学校関係者が喜んでいるのがよくわかります。なんというか、日本という国が、どこまで奈落の底に落ち続けるのかを見続けないとならない立場に、立たされているなと、僕は思います。これもそうした実例の一つだと思います。

 被曝回避は自己決断をしない限り、何の方策も短期的にはありません。数十年闘って、勝ち取るなら可能ですが、そのころには金銭対価を得るしか意味がありません。健康は害されています。だから、自分で逃げるしかありません。
 
 この前のイタイイタイ病の判決が何十年かかったのかを確認すればよく分ります。運動の為の運動をしたい方は、ご自由に。僕はそういうことには、とことん関心がありません。本気で短期間に一気に変えというなら、現行政府を武力的に倒す以外の方法論があるとは全くおもえません。そこに勝ち目があるなら、それに賭けてもよいですが、国民がついてくるかどうかの1点だけを考えても、勝てる可能性は万に一つもありません。しかも多数の一般市民が、逆に犠牲となります。だから、やる意味もありません。
 僕は自分たちが何かをしているような誤魔化しを行う気は僕にはありません。東京を補完するために機能している左翼勢力と連携する気もありません(右翼・保守勢力については言うまでもありません)

  いつも思いますが、味方と思えば敵となり、敵と思えば味方となります。これは、世の常。更に本当に身近で大切な人との間ほど、実はこういう凄まじい落とし穴が待ち構えることがあります。

 タイムアップ。合掌。

===============================================

 情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

==================================================

「ウクライナ報告会の開催について」
 
 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 

=====================================================



コメント

2011年6月誕生の2歳児、心房中隔欠損症と門脈圧亢進症、足立区。従弟の子供、白血病を去年発症、杉並区。

2013-12-19 00:12:00 | 福島第一原発と放射能

 きちんと認識をしている方から、いろんな意味で、お辛い話をお聞きしました。初期のフォールアウトは逃れていても、2011年の3月の内に足立区に戻った妊婦の方。3か月後に産まれたお子さんに次々おきている状態の報告です。この母子は原発事故1年を待たずに、避難移住はされています。

それでも厳しい現実がのしかかることを、皆さん、きちんと認識されて下さい。

==================================================

日頃の活動に感謝しております。
2歳子供(第一子)の健康被害について、ご報告させてください。
 
私は3.11は東京在住、妊娠6ヶ月で、原発事故後の2日後に関西にほど10日間避難していました。
東京に戻る前に両親に部屋を拭き掃除してもらい、食べ物はできるだけ関西の物、
水は海外の物を飲んでいました。ただし、帰宅後にベランダ掃除をマスクをせずに私自身がしてしまいました。

食べ物についてはキノコ類をしばらく(数か月ほど)食べていました。 

出産後、子供のミルクも水も海外の物を使用して、1歳になる直前に移住しました。
 
東京の持ち家、高齢の両親、夫と私の仕事。その他の大きな問題。
「東京なら食べ物、水に気をつければ何とかなるんじゃないか」と今の生活を失いたくない願望にすがりついていましたが、
いろいろ調べた結果、そして政府の対応と世論の流れを見て、移住しかないと判断しました。
木下さんが発信し続けてくださった内容も、踏ん切りをつける1つのきっかけでした。
 
子供は4カ月健診がきっかけで、ASD(心房中隔欠損症)が判明しました。
穴が大きいため、近いうちに手術が必要です。
 
また、最近になり門脈圧亢進症もあることが分かりました。
門脈圧亢進症を引き起こす病因はいくつかありますが、うちの子の場合はごく珍しい病気で、大学病院の先生は
「20年間で10人も見ていない」とおっしゃっていました。
心臓とは無関係の病気です。他にも二分脊髄の疑いがあり、検査予定です。
肝臓にも異常があるかもしれないとのことです。言葉も遅れており、発達相談を受けています。
 
夫も私も、家族、親族に類似の病気を持つ人はいません。 
ASDはチェルノブイリでも増えた病気の1つですが、それだけなら偶然かもしれないと思っていました。
でも、あまりにいろんなことが重なるので、やはり…と思ってしまいます。
 
門脈圧亢進症が分かったきっかけは脾臓が腫れていたことでした。
血液検査の結果から、真っ先に白血病が疑われ、骨髄検査をしました。
 
大人でも相当な痛みを感じるという骨髄検査です。

まだ2歳の我が子の泣き叫ぶ声を聞きながら、胸が張り裂ける思いでした。
移住まで1年近くもかかってしまったことを心底後悔しました。
様々な事情があったとは言え、所詮大人の都合です。
この子が健康を、命を失ったら、持ち家があろうと築いてきた仕事があろうと財産があろうと、
それらは何の幸せももたらしてくれないのだと、改めて痛感しました。
 
結果、白血病ではなかったことは不幸中の幸いでしたが、
私の従弟の子供(5歳・東京在住)、去年、白血病になり、
大変な治療を受けています。ことしの初めに知りましたが、話を聞くだけでつらくて涙が出ます。
現在、生存率は8割とのことですが、
あんなに痛く、つらく、苦しい治療を受けても10人中2人は
生きて帰れないなんて、私にとっては決して「高い生存率」とは言えないです。
 
関東でまだ移住を迷っている若い方たち、子供を持つ方たちは、どうか決断して欲しいと思います。
 
私も移住して大変な時期もありましたが、新天地で希望のある生活を送っています。
今も食材に注意はしていますが、東京にいた頃よりは、はるかに楽です。
安全な地元の物が手に入りやすいので、買い物にもさほど苦労しません。
安心して子供と散歩ができるし、公園で遊ばせられます。
外食も比較的安心なので、月に数回は楽しんでいます。
 
家に閉じこもって生きることができない以上、私にとっては移住が一番ストレスがなく、
人生を楽しめると判断しましたし、それは正しかったと実感しています。
 
移住の可能性を考え、出産後、体調不良の中すぐに仕事復帰して、お金を貯めました。
夫以外に、周囲の理解は一切得られませんでしたが、精一杯頑張ったつもりです。
それでも子供の病気を思うと、もっと早く来られなかったのかと自分を責める気持ちは消えません。
自分のことなら諦めもつきますが、子供のこととなると、後悔はつきません。
多くの母親に、同じ思いをして欲しくないと心から思います。

===============================================

 妊婦、つまり胎児に、被曝影響は大きく出るので、逃げるしかないというのは、僕の中では大きい常識です。例えば、企業などで、妊婦を東京や東北に留めて、西日本などに当時避難させなかった企業は、人間のことを心配している顔をして、その内実はまったく真逆です。

 社員のことを心配しているように社長が話していても、そうした避難をさせていない会社は、真っ赤な嘘をついているだけです。

 この方におきている事象について、ある医師と話をしました。この医師は、厳しい見解ですが、僕には、はっきりとこう言われました。

「これは、見てすぐわかる話ではないですが、あきらかに奇形なんでしょうね。体内に奇形が多重に発生しているような状態です。時期によっては、ダウン症候群などの事態になっていたかもしれませんが、そういうことにはならなかった。成育の時期で、体内の臓器形成上に支障が出ていて、それが一つでなく多発しているような状態と思います。最初は、よくわからなくても、成長と共に異変に気がつく時期にもなっているということでしょう。今後も警戒が必要です。」

 この方の親族の中に東京周辺で、中学生以下のお子さんは7人いらして、3.11.以降、わかっているだけで2人に異変が起きています。これは、確率的にはとても高い話です。もしかすると、被曝に弱いとか強いとかという話をウクライナで聞かされている僕は、そうした事もふと頭を過りました。

 リアルは、時間経過とともに、さらに厳しくなると思います。しかし、僕も貴女も向き合うほかに術はありません。逃れる道はありません。

====================================================

 情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

==================================================

「ウクライナ報告会の開催について」
 
 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 

=====================================================

 昨日、お伝えした三田医院の来年3月までの新規診察予約申込は、殺到して即日でいっぱいとなったそうです。



コメント

東京で最も多くの子ども達を被曝対応で検査し続けた医師が病院を年度末に閉鎖⇒来春、岡山に移住、開院へ。

2013-12-18 00:40:23 | 福島第一原発と放射能

 【東京・小平市の三田医師が、都内の三田医院を3月末閉鎖、来春に岡山へ移住・開院へ】 

 年内は三田茂医師と公にしないお話になっていたので、なぜ先走って、ツイートした人がいるのか、僕は理解に相当苦しみますが(社会常識を喪失している人が被曝懸念をしている人の中に通常社会よりも多く存在する事例の一つと推察)、三田先生と電話で確認し、もうきちんと伝えるしかないという判断もして、僕から詳しく伝えることに致します。

 小平で被曝問題を踏まえて、子どもの甲状腺検査や血液検査などの対応を積極的にされていた三田茂医師は、この年度一杯(来年三月末)で、小平の三田医院を閉じられて、来年春以降に岡山市内に移住されます。岡山市内でも、それほど時を経ずして、医院の開業も予定されています。小平市での診察は、来年三月末までとなります。三田先生が、3.11以後に、被曝の懸念もあって診察したお子さんは千数百人になっています。都内、否、関東では圧倒的に彼が1人で頑張っているのが実情です。

 岡山でも、被曝問題に対しての対応は継続して行うそうです。

 この話は、実は相当前から、三田先生は考えられていて、僕も岡山の状況などについて、いろんな意見を聞かれました。三田医師は、元々、出身が小平市。お父さんの代から三田医院は開院されていて、引き継いだ病院を一度閉じて、地元でない岡山で新たに開院するという話です。

 これは、一般の方が勤務先を変えて移住するよりも、開業医が二代にわたって医療を長年続けていた地を去り、まったく新しい処で始めるのは、相当な賭けに近いです。こんな話は通常できることではありません。相当な覚悟と相当な危機意識が無いとありえない話であることは、まず認識して下さい。

 「三年間、東京で対応してきたけれども、子どもや女性たちの診察を続けての状況や、更にデータ的な厳しさも含めて、自分自身もこうした場所に居続けるのが限界と判断して、岡山に移ることにしました。」という話です。

 というよりも、三田先生が僕に言っていたのは、「ここまで我慢してやりつづけたから、もういいでしょう。はっきり言って、事故後、東京で居つづけ過ぎたと思っている。医師として、医療行為としては、だれもやらないから、ぼくがやるしかない、そう思ってやり続けてきたけれども、それで自分の命を縮めているのは分っています。どこまで、汚染地でできるのか、そろそろ限界になってきたということです。」

 ご本人が喉調子が悪いのは、ここ一年くらい、僕は電話口で何回となく話して知っています。

 「最初は、小平あたりの汚染が低いから、まだ何とかなるのかと思っていましたが、身体的におかしい状態が、東葛エリアの患者さんから東京23区の患者に広がり、最近では地元の小平市の患者にまで出始めています。甲状腺がんの若い女性なんかも出始めてくると、非常に危機感は強まっています。濃縮した汚染が小平市内でもとんでもない値を聞きはじめましたし、吸気被曝の影響を防ぐことは無理です。」

「皆さんに、これはこうだ、どれはこうだと明示できないけれども、実は僕の医学的な感覚でおかしいことは幾らも起き始めていて、そうして気がついていることのうちに、一定部分は、多分放射能の影響として、健康被害として認知される事象になると思っています。三年間、子どもや母親、若い女性たちの甲状腺検査、さらに血液検査、血液像の確認だけでも、おきつつある実感は強いです。ですから、特に何か異変が起きているお子さんや若い女性には、可能なら避難移住したほうが良い事もはっきり話していましたしね。」

「そうした人達の中で、動いた人もいるけれど、うちに診察に来ることで、何か満足して、居つづける人がいます。子どもなどは特に、避難移住したり一ヶ月くらい保養しても、血液像が好転するケースを多くみていますから、僕が東京にいることで東京に留まることが出来ると考える人たちがいるのは、引っかかっていました。こうしたことからも、今回の決断があります。」

「僕が、病院ごと岡山に移住することを見て、うちにきているような患者さんたちや被曝を懸念している人たちがどのように受け止めて行動するのか。何かの切っ掛けになる可能性も考えました。」

「勿論、岡山でも、通常業務に加えて、被曝に関しても対応します。関東からの避難者は、岡山には多いですからね。」

 彼は、医療従事者として限界まで対応し、これ以上、東京で医療行為を続けることは厳しいと判断したということです。毎日毎日の診察で、誰よりも放射能による健康被害の実感を認識しながら生きている、三田医師の見解です。

これは、それだけ、東京は厳しいという事です。そして、ちなみに、彼のお子さんたちはすでに東日本にはいません。

一番、対応を続けている医師が、東京を離れる意味を分かって下さい。

貴女も、少しは、思考停止をやめて下さい。

======================================================

 この三田医院が、東京で最後になる来年一月から三月までの診察は、本日18日午後三時から五時の間で、電話の予約受付するそうです。・甲状腺エコーと採血(甲状腺機能、白血球像等)で予約制です。多分、ほぼ一杯となる可能性が極めて高いと思います(普通の電話回線しかないのでなかなか繋がらないとおもいますが)。

⇒042-341-0653

=======================================================

 情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

==================================================

「ウクライナ報告会の開催について」
 
 開催したい人がいるならまず僕にメールして下さい。その後、電話でお話します。ただし、具体的にどういう日程で、どういう感じでやりたいかは、明確に伝えて下さい。自身の地域で開催がないのかと聞く人がいらっしゃいますが、そういう場合は、その方が主催するのが早いです。
 聞きたい人はどこでも一定数いますが、聞くために主催する労を厭わない人は、本当に少ないです。聞きたければ、自分が主催する感覚でいて下さい。一人、要がいれば、助っ人はすぐにみつかると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 


==================================================


 

コメント

福島の人が気の毒だからと言い張り、来月、兵庫の高校生を福島に修学旅行に行かせる三木市内の県立高校。

2013-12-17 04:35:30 | 福島第一原発と放射能

 兵庫県内の三木市にある県立高校が、福島市や相馬市に高校生をボランティアに行かせていたり、更には来年1月、修学旅行にまで行くそうです。愚かな判断しかできない校長や教頭がいる学校に子供を通わせると、西日本でもどういうことがありうるのかという実例と思います。

=============================================

県立高校の福島への修学旅行の経緯をご説明します。

今年8月、その高校の有志生徒26人が、「農作業のボランティア」に行き、手袋もせずマスクもせず、ももの袋掛けと、芝公園の草刈りを4時間、作業しました。福島市と相馬市。

また、2014年1月に福島に修学旅行が決まっているとも報じられました。

後日、高校に県議が「ボランティアの時に、放射能汚染(空間線量、土壌汚染)をどのように把握していたのか?対策はどうしたのか?食事の配慮は?」と聞いたそうですが、学校側は、現地からの「大丈夫、安全」という言葉を100%信用し、何も対策をとっていなかったようです。

このニュース後、三木市在住のお母さんが高校に電話抗議し、教頭に「飛行機に乗る方が被曝する!2日ぐらいで危険なわけが無い!」と罵りを受けたと伝わって来ました。

それを受けて私も抗議電話し(関東からの避難者と明かして電話しています。)、どうして福島に行っちゃいけないのかという説明を求められたので、

内部被曝とは危険度が全然ちがう。1度の内部被曝で致命的ダメージを受けて将来発病するおそれがある」などの説明をしていたら急に業を煮やしたように

「被曝が1日くらいなんてことない。365日のウチたった1日ですよ。今も貴方が危険という福島に、住み続けている人がいるんですよお。福島の人が可哀想だとは思わないんですかー?ほんっとうに可哀想ですー気の毒ですー。あなたの理屈では、東北の人は飢えて死ねということですねー。」
等々畳み掛け、
「こんなところに電話しているヒマがあったら、あなたが政府に働き掛けて下さい」
「応援しますよーがんばってくださいよー貴方が政府を変えて下さいよー」

あと、「生徒が後年病気になったら、貴方や高校が補償できるのか」と聞きましたが、大声をかぶせてきて答えませんでした。

県の教育委員会は「立ち入り禁止の警戒区域外なら校長が決めることだから」と繰り返すばかりでした。

===============================================

 僕には呆れかえるだけの話ですが、自分が良い事をすすめていると善人面して言う教育者が、まともなことをしていたことなど、そもそも99%ありえません。この教育関係者の文言を読めば、本当に次元が低いのはすぐにわかります。

 もちろん教育委員会は、責任回避的な文言しか言いません。日本の役人たちの無責任体制は、どこまでも貫徹していて、最早すがすがしい位ですね(笑)。

 この話は、元々、相当な情報弱者でしかない愚かな存在の教育関係者が、「福島支援」という美名の下に、躍らせれて過剰な事をしている事例です。「福島は大丈夫」という根拠なき妄想に、実質を見抜く力がまるでないレベルの輩が、そのおかしな尻馬にのって、判断能力が十分にない高校生を被曝させる話です。福島から、いろんなところに修学旅行の働きかけをしていても、そんなに容易く応じる学校は全国でも少ないですから。

日本、日本人、教育者が如何に馬鹿なのかがよく分る事例として皆様も認識して下さい。

これは、レベルの低い所で、そうした事象がおきやすい実例と思います。

だから、実はヤラレル話です。

合掌。


==================================================

 

情報の集積は、皆に必要ですし、分析ができる人間に伝えるべきです。僕に、何か伝えることがあったら、すぐにメールをして下さい。Facebookやツイッターは手掛かりには良いですが、最終的にはメールでお願いします(後から確認するのはメールがベターなのです)。

情報提供は⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp


==================================================


年明けは、まずは愛知県で開催します。

【1/18(土) 木下黄太 ウクライナ報告会in一宮】 

●日時 2014年1月18日(土) 13:30開場 14:00開演 (16:30終了予定) 
●場所 アイプラザ一宮 (一宮市若竹3-1-12) 
●申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/132774/

  託児はありません。 座席が不要な子どもさんは無料です。 


==================================================





コメント