「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

長井健司と同じく、最前線ジャーナリストで、作家の開高健氏の電話を是非聞いて欲しい

2010-07-23 05:25:20 | その他
作家の開高健という人の評価は
かなり微妙なものはあるのだけれども、
作家という立ち位置でありながら
本当の最前線まで線まで突き進んだジャーナリストでもあったことは
間違いない。
開高氏の本質を
この電話音声テープの全面公開で僕は
根源的に知ることになった。
以前一部が報道番組で公開されたときには
強く印象に残らなかったが
今回の神奈川県立近代文学館の
開高の展覧会で
展示が始まる入り口のロビーで
この電話通話を当時の映像と合せたものが
いきなり流されていた。
展示の中身よりも
開高の本質も
実のある作家の真実も
この電話通話がハッキリと示してくれる。
開高がベトナム戦争の最前線に従軍取材し
九死に一生をえた状況の後、
ベトナムのマジェスティックホテルから、
すぐに週刊朝日の編集長に報告している通話である。
僕は今年このホテルには宿泊したので
余計に印象深い。
下の引用ブログにはテープ見つけた簡単な経緯が触れられている。
このブログでもいわれているとおり、
この電話通話は本物の価値がある。

そして、
最前線ジャーナリストの長井健司のことを考え続けている
僕とあなたには、
この電話通話はさらに驚愕するものとなる。

ぜひ8/1までに神奈川県立近代文学館を訪れて欲しい。
さらにテープは30分以上あるため
遅くとも閉館の一時間半前には行かないと
展覧会本体の観覧もできなくなる。
ご注意を。


http://s-takita.blog.ocn.ne.jp/fishnet/2010/07/post_bc3e.html

しかし過去、
知識人はやはりぎりぎりのところで
現実と勝負していたのだなあと
今回は本当に痛感した。

今の拝金主義者どもが知識人面をしているのとは
全く異なっている。
コメント

呼びかけ人の大野元裕さん(イラク専門家)が当選しました

2010-07-12 02:49:05 | その他

今回の参議院選挙で
「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」の
最重要候補だったのが
民主党で埼玉選挙区で出馬した
イラク専門家で
外交政策のエキスパート、
我々の活動の呼びかけ人であった大野元裕さんでした。
長井さんのカメラを取り戻す活動を
日本の外交政策に反映させられる可能性が
大野さんが議員になると
政権与党の中で
具体的にはじまると僕は思っていました。
今回極めて厳しい戦いでしたが
(60パーセントぐらいがあいたときは時点で
三万票近く差があったのを逆転で競り勝ちました)、
なんとか当選を勝ち取りました。
さきほど本人とも話しましたが
なかなかスリリング展開だったという
大野さんらしい分析もありました。
当然、長井さんのカメラを取り戻す為に
今後、色々話をすることになると思います。

まずは、当選おめでとうございます。
ゆっくり、これから休んで選挙の疲れを癒して
是非がんばってください。

1人区で民主8勝21敗、自民に大きく負け越す(読売新聞) - goo ニュース


コメント

レイプはもちろん犯罪です。当たり前のことです。

2010-07-07 04:23:08 | その他
内容が関係ない、このブログの前の記事に
下記のような書き込みをする
本当におろかな人がいます。
女性名を名乗っていますが
もちろん虚偽で
間違いなく加害者側の関係者か加害者本人でしょう。
===========================

以前書かれていた 2010-07-03 16:42:39 ちえり
レイプの件の続きを楽しみにしています。
ブログの書き主様の正義感に胸を打たれました

===========================

関係者が僕が何を知っているのかを知りたがって
執拗に書き込みを続けているということです。

相当に頭が悪いです。

僕が言うことができるのは
その人物が
女性に対して、
レイプやレイプ未遂を
繰り返していることだけです。

これらは、疑問なく犯罪ですから
捜査になれば、
遅かれ早かれ、必ず逮捕されるだけだとおもいます。

レベル本当に低すぎます。
奴は情けない人生だとは思いますが
まるでバカなので
どうしようもありません。
コメント