「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

郵便の土曜配達を人手不足を理由に廃止する前に、Amazonの取扱を日本郵便は止めるべきだ。

2018-09-12 22:53:15 | 政治

僕の発信は現在は水曜配信のメールマガジンが中心で、ブログ更新頻度は下がっています。本日深夜配信予定のテーマは

【「放射脳はアホ、泊原発動かさないと大変だ」と差別用語を宣うネット文化人再稼働肯定発言と現実の凄まじい乖離 】

木下黄太メールマガジン 申込み&問い合わせ→ http://www.hoshanobogyo.com/

 

 人が足りないから、郵便の土曜配達を廃止検討と総務省は言い出しているようです。

郵便物という国民の連絡手段としてアナログ的に根幹を支えているものの機能を簡単に制限する判断をこの国の官僚たちが簡単にしようとしていることに違和感しか感じません。

そもそも、日本郵便がここまで人手不足となっている背景には、Amazonの輸送請負が増加したことが背景にあると、普通に考えます。日本郵便扱いのAmazon配送自体も、他の運送便よりも遅れた経験が多い僕は、日本郵便にはAmazonが相当な負荷となっていることは間違いありません。

日本郵便はもともと国の一部ですし、郵便は国民にとって、通信手段として確実なものの一つです。

なにか異変がある場合でも、人力による郵便で、最低限の意思疎通が図れることは間違いありません。

これを平日と土曜日まで配達があることを前提にいろんな人々が社会的に動いていたシステムなのです。

しかも、かなり安定的なシステムでした。

郵政民営化でそのシステムが変化しても(僕は民営化肯定論者ではありません)、郵便配達が劇的に劣化した状態ではありませんでした。利用する国民感覚では。しかし、「人手不足」という単語で、この郵便システムを弱体化させても構わないという判断を平気で官僚がすることは、本当におかしいです。

Amazonの請負をやめても、日本郵便の人手不足が解消できないなら、土曜配達の廃止も検討せざる負えないかもしれません。しかし、Amazon問題に触れずに、人手不足という単語で、土曜配達をやめようとする政府姿勢は容認すべき話ではありません。

国家はAmazonよりも、郵便の配達システムを守る方を優先すべきです。

こういう国家機能の根幹に関わる異様な変化に対して、保守側の人々が声を挙げないことは、本質的におかしいです。この国が、自分たちの継続してきた価値を捨てる行為に勤しむ構図に、2011年以降で明確化していることは間違いありませんが、こんなことにもそういう流れになると、本当にこんな国にいてよいのかと思います。

小さなことに見えて大切な話です。


来月、札幌で講演会を開催いたします。計画停電という用語が飛び交う怪しさなども話す予定です。

------------------------------------------------------------
【10/8(月・祝)木下黄太札幌講演会】
10月8日(13時受付開始 13:30〜15:30)
道民活動振興センター(かでる2.7)
40人限定
申込&詳細→ https://kokucheese.com/event/index/535987/
------------------------------------------------------------


 

コメント

北海道で震度6強の大地震、泊原発が停電で通常電源停止⇨7日間限界の非常用電源で対応⇨最大限の警戒を!

2018-09-06 08:48:20 | 福島第一原発と放射能
北海道で最大震度6強の大地震が起きました。関西の強風台風の後に、今度は北の地での大地震が起きる日本。本当に文字通りの常在戦場と化す状況に、この列島が置かれていることを痛感するしかありません。自然環境的にこの列島は、地面も大気も極めて厳しい有様と考えるしかないです。これは、人知を超える世界に突入しつつあると想定しておくしかありません。
北海道はこれから、寒い時期にはいる前で、今回の大地震により、あまりにも大きなマイナス影響をもたらすことは間違いないと思います。本当に過酷です。
映像で伝えられている大規模な土砂崩れも含めて、家屋倒壊などで、被害者が出ていることも想定されますし、地震が深夜であったことから、まだ午前中の時間帯では道内の被害全貌の補足は難しいと思われますが、犠牲になった方も一定数はいらっしゃることも、あきらかになると思います。

そして、今回、一番に問題となるのは、道内で多くの地域で停電が発生していることです。この停電によって、泊原発の電源も停止し、非常用電源に切り替えて対応しています。この非常用電源は7日間が限界です。政府は復旧を急ぐとしていますが、原発に供給する電力が停止したことで稼働していた福島第一原発でどのような惨事が起きていたのかを今一度、思い返してください。今回の泊原発は当然のことながら、稼働停止していましたから、緊急リスクが急に増大する可能性は大きくはありません。それでも、プールで冷却されている核燃料が存在しますから、ノーリスクではありません。さらに、稼働していた場合だったならば、いきなり、北海道はイエローゾーンに突入する事態だったということです。

よろしいでしょうか。日本の食料庫である北海道で、稼働していれば緊急事態になりかねない状態に、今回の大地震によって、泊原発は置かれているのです。これは、本当に由々しき状況。

日本という国の有様を見たときに、原発は極力廃止して行くしかないことを改めて確認させられているのです。皆さん、目を覚まして下さい。こんな基本的なことを認識しないと僕らは本当に終わりますから。北海道震度6強の大地震は、そうした貴女の沈んだ意識を叩き起こす出来事なのですから。

僕は来月、札幌で講演会を予定しています。こうした話も含めて、貴女とお会いするつもりでしたが、飛び立つ予定の関西空港は未だ水没していますし、行き先の道内交通網はズタズタとなっていることは間違いありません。本当に、一寸先は闇と思っています。

【10/8(月・祝)木下黄太札幌講演会】

10月08日(13時受付開始 13:30〜15:30)
道民活動振興センター(かでる2.7)
40人限定
申込&詳細⇨ https://kokucheese.com/s/event/index/535987/


僕は2016年の終わり頃の交通事故被害のため、頚椎に異常があり、うつ向いて長時間パソコン作業するのが困難で、以前ほど頻繁にブログ更新はできていません。現在は週一回のメールマガジンが僕のメインの情報発信源であり、きちんと書いているものはメルマガでしか読めないと認識して下さい。ツイッターやフェイスブックで書いていることは、最低限の文言で前後の文脈や前提条件などは書いていませんから、きちんと認識は難しいものです。また、不特定多数がトラブルを引き起こしてくるSNS住民の低劣を認識していますから、書くことは限定してます。このため、僕が書いていることをちゃんと知りたい方は、メールマガジン購読をしていただくしかありません。サンプル購読も含めて、申込問い合わせは下記になります。週一回、月四回の発行です。

木下黄太メールマガジン 
月4回・原則水曜日配信
申込⇨
http://www.hoshanobogyo.com

コメント