「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

福島第一原発周辺の昨夜からの不穏な状況の対応について

2011-09-30 03:57:59 | 福島第一原発と放射能

 個別土壌調査

 

採取日時  //  場所  //  セシウム134Bq/kg   //   セシウム137Bq/kg  

9月11日    愛知県刈谷市末広町       不検出    不検出
9月11日    愛知県刈谷市高須町       不検出    2.5
9月11日    愛知県刈谷市半城土町        不検出    不検出
9月18日    愛知県岩倉市        不検出    不検出
9月19日    愛知県犬山市        2.8    3.1(セシウム合算5.9Bq/kg)
9月19日    愛知県犬山市        3.2    3.1(セシウム合算6.3Bq/kg)
9月20日    愛知県犬山市        2.2    4.7(セシウム合算6.9Bq/kg)
9月20日    愛知県江南市        不検出    不検出
9月21日    静岡県浜松市中田島町 濃縮可能性有   19.8    22.4 (セシウム合算42.2Bq/kg)
9月21日    静岡県浜松市中田島町        40.2    57.8(セシウム合算 98Bq/kg)
9月23日    愛知県名古屋市名東区        3.7    4.2(セシウム合算 7.9Bq/kg)
9月27日    栃木県下野市祇園        303.3    340.9(セシウム合算 644.2Bq/kg)
9月28日    東京都小笠原村父島       不検出    不検出
9月28日    長崎県佐世保市新港町        不検出    不検出
9月28日    福岡県福岡市早良区百道浜のふきだまり        不検出    不検出
9月28日    福岡県福岡市早良区百道浜        不検出    1.4


 浜松は新しく入ったこの数字を、前に出したデータとあわせて、平均値をとりましたが、それでも11ヶ所で平均25Bq/kg位です。チェルノブイリのフランスの平均値より低い感じです。愛知県内の犬山近辺は汚染箇所がないか確認しましたが、一ケタ台の汚染が大半です。名古屋市内も同様の数値。小笠原は全く出ませんでしたが、海の方向に拡散した放射性物質がどのように降下しているのか、不明のため、データがあがったことで、確認できてよかったと思います。

長崎の佐世保や福岡には今回の汚染は、土壌には、この数値ではほぼありません。

 栃木県の下野は、はっきり汚染がわかる数字です。これで問題がないと、公的機関が公言しているとしたらお笑い種です。明確にまずい数字です。

 福島第一原発周辺で地震が昨夜より相次いでいて(北緯37.1東緯140.8 で十回を超える)、周辺の線量があがったなど、不穏な情報がありました。確認したところ、大きくおかしなことはありませんが、川俣町で個人がシンチレーションで計測している数値が、0.468μsv⇒0.583μsv(22時⇒24時)。変動幅はまだ大きくはありません。しかし、数値が増えています。現地は北東の風。小雨。こちらも情勢の変化を気にしています。なにかあればまたお伝えします。 

 きのこはやはり危険です。施設栽培のきのこでもセシウム検出です。長野県北部の木島平村で施設栽培されている「なめこ」からセシウム137を「8Bq/kg」検出。県調査(検出下限は約5Bq/kg)。天然、原木栽培は危ないのは常識だが、施設栽培までもそういう状態が気になります。

 

 

 福島在住の方で、福島から避難したい気持ちがある方は、私のブログを読むのは普通の行為ですが、福島から避難しない事を主張するために、僕のブログを読みに来ている、おかしな方々は現時点で、もう読みに来ないで下さい。正直、ほかの人の対応を妨げる行為です。この中には福島県民も、それを偽装している人もいると思います。

 福島県に移り住んで、福島県民とともにあると主張している、医学者や科学者の主張に寄り添いたいのなら、答えは簡単です。このブログを読みにこなければよいのです僕はそういう言説は全く信用していません。

 福島県内のガレキを移す場所などどこにもありません。放射性物質は拡散させてはなりません。そのまま、福島に留める以外の方法はありません。

 中間処理施設が東京、千葉、群馬、栃木、茨城、福島、岩手、宮城の名前が上がるのは、少し合理性があって、汚染程度の高いエリアの中の話です。汚染があるものを、汚染のないところに動かせない。こう考えるとこの地域がどういう立場か、住んでいる人は認識すべきです。汚染地です。ひどい汚染です。としたら、その地域のものはその地域で処理するしかありません。もっともひどい汚染されたものは、福島にありますが、これも福島で処理するしかありません。

 僕は、日本には、法的にも、社会的にも、移動の自由は担保されている国と考えます。その観点から、退避、避難を呼びかけました。関東、首都圏、東京です。勿論、それよりも汚染されている福島は当然のこととして、汚染状況がはっきりしてきた、宮城、岩手も、場所によっては避難は必要になります。他地域にも、そういう場所はあります。当たり前のことです。そして、公的機関の判断を待っている余裕はありません。汚染がひどい証左の出ている地域で、住み続ける事は、まともな判断ではないという事です。自分や家族や大切な人の健康、生命を考えた場合、移動することしか、本質的な解決はありません。

 僕の主張が気に入らないなら、直接僕に連絡してくればよいと考えますが、そういうまともな話は一度もありません。こういう陰に隠れている人々が、いろんな人の足を引っ張っているという事が、僕には不快です。

 福島の大半の地域から、避難をしない選択は、僕からは肯定しません。あなたがどうされても貴方の自由ですが、僕はそう選択をする人たちと、本質的に、関わりたくありません。あなたの選択は自由ですが、そういうことを僕のブログまで来て吹聴するのは、おやめくださいということ。迷惑です。

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp 

 

 

 

 

10/2(日)千葉・印西講演会です。直接おいで下さい。

10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡でも講演会をおこないます。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                       ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎印西講演会 放射能から子供を守る!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。

まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名先着順
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================



 

 

コメント (53)

東京から神戸に避難し、からだのあざが二十個消えてなくなった、おかあさんからのお便り

2011-09-29 02:34:17 | 福島第一原発と放射能

 木下さん、こんばんは。ご無沙汰をしております。                                自由が丘での講演会に参加し、7月初旬に疎開の相談をさせて頂いた○○です。

その節は有り難うございました。
先月末に、母子で神戸へ引っ越しをしました。
木下さんのブログがなければ、そして木下さんとお電話でお話しできなければ、この選択は出来なかったと思います。
思えば、3月11日から東京に住んでいて、生きた心地がしなかったです・・。
木下さんが真実を提示してくださり、そして、背中を押してくださり、疎開をしてみて、全く知らない土地での母子生活があんなに心細いと思っていたのですが、
いざやってみたら!思ったよりもなんとかなりそうです(笑)
まわりのお母さん友達からは、「そんな不安で心細いこと、私には考えられない!」と言われますが・・、
きっとやってしまえば、なんとかなっていくものなのかもしれません。
色々とみなさま事情があると思いますので、簡単には言えませんが、避難を考えて踏みとどまっていらっしゃる方にも
案ずるより産むが易しかも!と申し上げたいです((笑))
木下さんの真実をはっきりと記事にし、避難を明確に呼び掛けてくださる方はなかなかおりません。
本当に助けられた思いです。感謝しております・・。

一つ、健康についてご報告したいことがあります。
5月から、手の関節の痛みがありました。 病院でリュウマチの検査結果は、陰性でしたが一向に良くなるどころか痛みは強くなっていました。
今はだいぶ良くなりました。

また、神戸に来る前、気づいたら脚にたくさんのアザができていました。
試しに数えてみたら、18個あり、それも今までできたことがないくらいの直径10センチを超えるくらいのものも。
神戸へ引っ越しをする2、3日前には腕にも2個でき、計20個となりました。
母や主人からも驚かれ、病院に検査にいくことを勧められました。
引っ越し後、1週間もたたないうちに、ふと気付くと、あんなに治ることがなく、それどことかどんどんと増えていたアザが
きれいさっぱりと消えていました・・。
やはりこれは・・・と考え、そしてぞっとしてしまいました。

うちの主人は東京に残っていますが、最近胸の痛みを感じるようです・・。

この世からこれを機に原発が廃止すればいい・・と心から思います。
海や空や・・地球をこんなににも汚染し、人の人生、健康をめちゃめちゃに壊してしまう・・。
子どもたちに大きな負の遺産も・・・。
人間が新しい選択をするしか、未来に繋がる道はないと思うのですが(涙)。

東京や、柏、流山に住んでいる友人や子どもたちが心配です。
妊婦友人にも食べ物のことなど情報を伝えていますが、反応は人それぞれです。
今は、無関心な方も何をきっかけに真実に耳を傾けるかわかりませんね・・。

木下さんの活動は、誹謗中傷や、妨害など・・・並大抵の精神力では出来ることではないと思います。
どうぞ心も身体も、大切になさってくださいね。
木下さんの存在(そして、ブログに集う方がの存在も)があるからこそ、私も危機感をキープしていられます。
これからも応援しています。

============================================

このお便りを読むと、少し励まされました。しかも原因不明のあざが、東京から神戸の移住で消えてなくなる現象が本当におきていることは、ある意味びっくりします。いろんな意味で放射性物質の影響を懸念している僕の想定を超えて、いろんなことがおきていると思わせます。この方とは、電話でお話もしましたが、お気持ちの部分でも、いろんなよい変化が出ていることが、はっきり感じられました。なぜ、僕が避難を退避を呼びかけるのかを、認識してもらいたいために、これを伝えています。

個別調査 岩手県盛岡市の幼稚園の松葉 地面の上に落ちていたもの 
NAIシンチレーションで検査会社がおこないました。
  Cs-134 3114.7Bq/kg  Cs-137 3637.3Bq/kg セシウム合算6752Bq/kg
 雨が落ちやすい場所で、さらに松葉は吸着しやすい為、この数値は高く出ています。しかし、合算でこの数字はすごいです。

個別土壌調査 
盛岡市内の庭の土壌                                                    Cs-134 209.5Bq/kg  Cs-137 231.6Bq/kg   セシウム合算441.1Bq/kg
盛岡市内小学校の土壌   
Cs-134 114.8Bq/kg  Cs-137 169.7Bq/kg    セシウム合算284.5Bq/kg
以上の3検体とも同じ方の提供です。
「木下様がおっしゃられていた通り、1000は軽く突破していました。
ショックで体が震えています。頭が考える事を拒否する程ショックです。」とおっしゃっています。     
 松葉は土壌を測ろうとした場所が、一面松葉が敷き詰められていて、やむなくその松葉の検査にしたそうです。もちろん、高く出ますが、普通のここの土壌でも、軽く1000Bq/kgは超えると思います。しかも、この方は高性能のガイガーで計測していて、γ線とβ線のみの計測で、この三地点よりも、はるかに高いとみられる0.8μsvや1.0μsvの地点が、近隣にあるそうです。その場所も土壌調査すれば、盛岡市内の汚染はさらにはっきりしますが、ここまでみても大変汚染されているという事です。もしかすると、当初よりも汚染程度は強まっている可能性があると思います。引き続き、岩手県内の汚染状況を調べたいですから土壌調査は必要です。
 特に、岩手で一関は土壌の放射能被害がさらにひどいです。行政に頼らず、一関や岩手の方たちは、独自に土壌調査して下さい。必要なら相談に応じます。メールをしてください。
 また、一関の住民グループが子どもを守る署名を呼びかけています。

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp 

 

 

 

 

10/2(日)千葉・印西講演会です。

10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡でも講演会をおこないます。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                       ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎印西講演会 放射能から子供を守る!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。

まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名先着順
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================



 

 



コメント (70)

妨害行為が現実におきています。法的措置なども含めて検討しています。

2011-09-28 21:56:40 | 福島第一原発と放射能

 東京の新聞社に匿名でタレ込みがありました。「日進市の花火大会の話で、中止させるように木下が仕掛けた」という趣旨のたれこみです。まるで事実無根の話です。それを受けて、取材しようとする新聞社も新聞社ですが(優先事項があるだろう!)、ふつうに話したら、逆にこちらに細かく説明までありました。こういう事実無根のタレ込みをする人間は、特定でき次第、法的な手段をとります。しつこく攻撃している、二、三人は特定しているので、それも含めて、調査します。                                                                                       また下記のような書き込みは承認しませんが、晒しておきます。正直、ここまで知能指数が低く、人間としての常識の欠片もない書き込みがあるということだけを伝えるためです。私以外の第三者に対しての誹謗中傷の内容も入っています(論外の主張です)。このような誹謗中傷が、段々エスカレートして、マスコミへのタレこみ電話や関係箇所にメールで誹謗中傷するということになります(「放射能防御プロジェクト」に「木下と関わるな」という趣旨の誹謗中傷メールまできました。僕を誹謗するなら、僕が何をしているのか、「放射能防御プロジェクト」はどういうものか、少しは調べなさい。)。誹謗中傷の大半はまったく事実無根の話が多いです。あきれかえります。

 こういう事が一定水準を超えておきていることは、僕には、ある意味、放射能被害が顕在化してきていることへの恐怖心と思っています。人間は弱いものです。どうしようもなく、弱いものです。弱さがゆえに、くだらない攻撃をしかけたり、誹謗中傷するのは世の常です。そうしたものが、後で、自分自身として、どれほどあわれな結果になるのか、これも歴史が証明しています。愚かの一言で終わります。

============================================

「これ全部読めよ。
お前のようなクズ野郎がいるからこんなことが起こるんだよ。」

============================================

この書き込みは、福島県民が放射能で差別されたというブログをリンクし、ぼくのせいでこうなったと主張しています。放射能被害を軽視しない、福島県の方とは、何人も僕はやりとりをしていますが、こんな話をぼくのせいという人はありません。このレベルが低すぎる書き込みに涙が出るくらいです。あまりにレベルが低い。悲しいです。

===========================================

「逃げたことを後悔して、ひくにひけないから、こんな事を続けてるんでしょうか?
のろみかの言ってる事など素人でも、メチャクチャだとわかるでしょうに…
東日本の人をどれだけ傷つけてるか、わかりますか?ご存知かと思いますが、津波の被害にあわれた地域は、放射性物質以外の科学物質に汚染され、やはりマスクが欠かせません。
家や家族を失った方。
福島の方は、家族同様に可愛がってきた家畜を手放し、殺され、財産までをも失い、途方にくれてる方もいるんです。
お金もない、希望さえもてないのです。
本当に本気で、避難を呼びかけるのなら、避難場所を確保しバスをチャーターしなさい。
何もせずに、避難しない奴はバカだとののしることは最低のクズ以下です。
皆が皆、あなたのようにお金もちで、思うように動ける方ばかりではないのです。
いつか、天罰がくだるはずです。」

============================================

これたぶん、同じ人の書き込みかと思っています。ニュアンスが似ている。レベルがひどい書き込みです。しかし、避難しない人が、判断を誤っているのは間違いないです。僕が個人的に話をして、福島から避難の方向に進んだ人も何人かはいますよ。費用が少なく避難する方法もある。分かっていないのはあなたです。

言ってくる事は支離滅裂になっている投稿記事が多いです。そこには、各人が注意してください。

具体的な健康被害は、直接僕にメールしてください。また書き込みでの曖昧な相談はやめてください。僕に尋ねたいならメールをしてください。その方が早いです。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

コメント (50)

港区勤務、渋谷区在住、二十代女性会社員の身のまわりで「病」が多発する現象の報告。

2011-09-28 00:38:25 | 福島第一原発と放射能
個別土壌調査 浜松市

採取住所:浜松市東区国吉町
採取日:2011/9/13
採取場所:庭の土(表面から5cm)
ヨウ素: 不検出
セシウム134:3.6 Bq/kg
セシウム137:4.5 Bq/kg
セシウム合計:8.1 Bq/kg  

採取住所:浜松市東区北島町
採取日:2011/9/13
採取場所:庭の土(表面から5cm)
ヨウ素: 不検出
セシウム134:4.5 Bq/kg
セシウム137:7.4 Bq/kg
セシウム合計:11.9 Bq/kg 

採取住所:浜松市東区中田町
採取日:2011/9/13
採取場所:庭の土(表面から5cm)
ヨウ素: 不検出
セシウム134:0.4 Bq/kg
セシウム137:5.5 Bq/kg
セシウム合計:5.9 Bq/kg 

採取住所:浜松市中区曳馬
採取日:2011/9/15
採取場所:庭の雨どい下の土
ヨウ素: 不検出
セシウム134:4.4 Bq/kg
セシウム137:5.2 Bq/kg
セシウム合計:9.6 Bq/kg 

採取住所:浜松市中区曳馬
採取日:2011/9/15
採取場所:庭の土(表面から5cm)
ヨウ素: 不検出
セシウム134:13 Bq/kg
セシウム137:21 Bq/kg
セシウム合計:34 Bq/kg 

採取住所:浜松市中区城北
採取日:2011/9/17
採取場所:庭の雨どい下の土
ヨウ素: 不検出
セシウム134:9.9 Bq/kg
セシウム137:9 Bq/kg
セシウム合計:18.9 Bq/kg 

採取住所:浜松市中区城北
採取日:2011/9/17
採取場所:庭の土(表面から5cm)
ヨウ素: 不検出
セシウム134:13.6 Bq/kg
セシウム137:13.4 Bq/kg
セシウム合計:27 Bq/kg 

採取住所:浜松市中区富塚町
採取日:2011/9/18
採取場所:庭の水たまり部分の土(乾土)
ヨウ素: 不検出
セシウム134:5.7 Bq/kg
セシウム137:6.9 Bq/kg
セシウム合計:12.6 Bq/kg 

採取住所:浜松市西区村櫛町
採取日:2011/9/17
採取場所:庭の土(表面から5cm)
ヨウ素: 不検出
セシウム134:1.6 Bq/kg
セシウム137:4.8 Bq/kg
セシウム合計:6.4 Bq/kg

採取住所:浜松市中区和地山
採取日:2011/8/8
採取場所:庭の土(表面から5cm)
測定機関:これのみ別の会社
ヨウ素:ND
セシウム134:ND
セシウム137:ND
セシウム合計:ND  

土壌調査は、「子どもの給食を守る会 浜松」が検査会社に依頼しておこなったもの。僕も相談には応じました。賛同者を募っているそうなので、浜松近辺の方はアクセスしてみてください。

 最後の検体を除いて、浜松市内の9ヶ所を同一の検査会社が測定しました。9ヶ所平均が14.9Bq/kgとなり、浜松市街地の汚染は、チェルノブイリ後の、フランスの平均値のおよそ半分くらいになります。蓄積しやすいきのこや山菜、山の獣には注意は必要ですが、これだけ計測して出てきた数値が、最大でも34Bq/kgということは、多少はほっとします。もちろんこれより、西に新たにホットスポットがないという担保はありません。というか、既に明確にある模様です。次のデータは愛知県北部で、浜松市街地を超える数字が出ています。

  

個別土壌調査 

 愛知県江南市。グラウンドの土を検査に。

 セシウム134と137の合算  71Bq/kg

  愛知県や岐阜県、三重県で、100Bq/kgを超える汚染地も、もしかしたら、あるかもしれません。

 

  

 三十代、四十代の心臓死の話を聞くのも珍しくなくなってきました。柏などの東葛地域近辺の報告はひどくなりはじめています。また、東葛地域で、交通事故の死者数が前年比三倍と急増していることも報道されています。僕はチェルノブイリで、交通事故が多くなったとも聞いていたので、特にホットスポットで緊張した状況が続いていると認識が強まります。

 さて、下記のようなお話がきて、ご本人とも話しました。本当にいろんなことが身近なところで、健康被害が頻繁に起きているケースを他にも耳にします。僕も自分の周りで、いろんな話を耳にします。この方は、港区の会社勤務の二十代の若い女性。都心部に住んでいます。今まで起きなかったことが、まわりでこんなにおきている驚きです。

 東京の、ある意味、典型的な都市生活者の周辺でも、港区で、渋谷区で、おこりはじめていることを認識して欲しいと思います。「どうせ、柏や松戸の話」「東京でも大変なのは江戸川や葛飾、江東」と、内心で放射能相手に意味のない地域差別をし、自分は関係ないと勝手に思い込んでいる、特に二十代、三十代、四十代の、都心の勤務者で、都心や東京西部などの居住者に、この方の報告を突きつけたいです。会社の名前や見た目の肩書きは関係ありません。あなたたちと同じような動きをしている人々の間に、健康面のおかしな事象が立て続けにおきています。放射性物質の影響は、手遅れになります。まともに、考えてください。

===============================================

 いつも情報ありがたく拝見させていただいています。
 
下記、周囲で起こっている現象を報告させてください。

(知人、同僚、上司など11人の現象)
 私自身は避難も考えていますが、今すぐには動けないためやむなく様子を見ています。
 
 
--------------------------------------------
 私自身 渋谷区在住 20代  職場 港区 
 3月14日、15日
 頭痛と吐き気
皮膚のアトピーが継続
 21日~22日
 21日夕方帰宅後から顔中にかゆみ
 
5月末まで
 唇の酷い荒れ、口の皮剥け
 ※冬には荒れやすいほうだが、季節柄荒れるのはまれ
 
5月以降~現在
 排卵時不正出血
 7月半ば
 足に原因不明の赤⇒紫斑
9月 生理が短い

--------------------------------------------
 夫( 20代)
震災時~3月21日まで国外に滞在
 
 
3月23日
 帰国翌日に結膜下出血発症。通院も1ヶ月以上治らず。
 
 
(4月~6月は日本と国外を行き来していた)
 7月
 帰国後、疲れやすい症状が続く。急激に抜け毛が増える。
 --------------------------------------------
 自転車通勤の渋谷区在住 30代男性
 雨の日も自転車で通勤

3月21日?の雨に濡れ、発熱と鼻血、咳、3月23日頃入院、肺炎と診断

 
--------------------------------------------
 5月以降自転車通勤をしている杉並区在住 30代男性
 6月頃〜8月頃 業務に支障が出るほど止まらない咳
 --------------------------------------------
 もともと喘息持ちの神奈川在住 30代女性 
 6月頃から発作が止まらず。
 一度福岡に滞在した際は2日目に咳はぴたりと止むが、
 東京に戻って来た翌日にまた発作復活。
 --------------------------------------------
 上記女性のお母様(神奈川在住 50代女性)
 甲状腺の異常(病名は不明)で3月から寝込む
--------------------------------------------
 友人(目黒区在住 20代女性)
 9月頭、耐えられない腹痛で入院、膵臓に異常が見つかる
 --------------------------------------------
 友人(港区在住 20代女性)
 7月頃、卵巣膿腫、子宮筋腫併発が発覚し、手術
 --------------------------------------------
杉並区在住 20代女性
 目の異常で4月頃から通院中
 --------------------------------------------
 東京都心在住 30代男性
 喉風邪で2ヶ月以上も通院中
 --------------------------------------------
 友人 (渋谷区在住 30代女性)
 腹部背部の痛み、吐き気、血尿、血圧上昇→尿管結石の疑い。
 
 
--------------------------------------------
 
以上です。また何かあればお送りします。
 (ないことを願いたいのですが・・・・)

================================================

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/2(日)千葉・印西講演会は、現在も参加を受け付けています。

10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡で、講演会開催が決定。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                       ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎印西講演会 放射能から子供を守る!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。

まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名先着順
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

 

 
コメント (46)

「日進市花火関連奇妙な新聞取材」と「長井健司さん殺害後、きょうで4年がたちました」

2011-09-27 02:02:20 | 福島第一原発と放射能

 ある新聞の東京社会部が、僕の日進市での講演会について、講演内容を地元に問い合わせてきたそうです。それで、こっちに直接問い合わせをと伝えましたが、電話をかけてきません。とても、不思議。これは、勝手な推測ですが、講演会で、日進市の花火の件で、ぼくがしゃべったことを、何か引っ掛けて、あやをつけたい可能性かなと思いました。わざわざその新聞の東京本社から、現地に取材を入れる話になっていますし(この程度のネタで東京から普通は取材しません。愛知まで)。残念ながら、日進の花火について、僕は講演会の当日まで、存在も知りませんでした。こちらは、特にもともと見解はありません。京都と同じで、ある種のシンボル的な話でしょうが、実質的なことの有無が大きい僕には優先事項が違います。                                         

 ただし、後で、騒動になったのを報道やネットで知り、そんな話になったのかと思い、懸念していた人を糾弾する感覚がおかしいと思い、ブログに書きました。こういう懸念する人を、大きな力が、非難するのは、ある種の暴力的行為です。こういった暴力的行為から、一般の人を守るのは当たり前のことと思います。僕はそういう主張をしているだけです。シンプルな話です。

 放射能被害ということは、捉えにくいものですが、人々が懸念をしていることを、誹謗中傷することは、ソ連でもふつうに起きたことです。「放射能恐怖症」という単語はそのときに用いられました。最初は、その単語で徹底的に非難しますが、結局、後には、その言葉を用いた意味がなくなります。健康被害が顕在化したからです。寂しい事に、そうならないと、僕が主張していることの意味を正確に理解される事はないと思います。残念ですが(きょうの公営放送の番組内容からも実感)。

 取材の優先事項が人々の健康ではない事も衝撃的です。そんなメディアたちに本当の存在価値などあるのでしょうか、とても不思議です。

 さて、きょうは、9月27日です。僕の友人の長井さん(長井健司)が、ミャンマー軍に殺害されたのは、四年も前のことになります。このブログのアドレスや、メールアドレスがそれを示しています。放射能のことしかこの半年間書いていないこのブログは、もともと長井さん殺害に抗議し、彼のビデオカメラとテープの返却を求めるもので、その署名活動の中心でした。活動は三年間続き、去年から一年間、ほぼ停止しています。特にこの半年は、しょうがないですし、当面は無理と思いますが、長井さんは僕の優先順位は許してくれるかなと、甘く考えています。放射能被害に悩んでこのブログを見ている方も、ブログの過去記事の区分にある長井さんの人柄についての記事などを数本読んでいただければ、僕はちょっと嬉しいです。

 ミャンマー軍もミャンマー政府も長井さんのビデオカメラとテープを返却していません。これを必ず返却する事を、変わらず、要求いたします。

 

コメント (22)

習志野市内のある保育園で、大半の園児が体重減少という奇妙な状況

2011-09-26 22:33:22 | 福島第一原発と放射能

個別新米検査(とりあえず仮検査)

福島県二本松市東和町産 新米  582Bq/kg

米で二本松は厳しい数字が続いています。しかし僕は、他のエリアでもシビアな数字が出ると思います。

個別土壌調査  江東区辰巳 公園の土

 

セシウム134  640 Bq/kg
セシウム137  760 Bq/kg
             合算1400Bq/kg

 次は、町田市内で高い数字です。

http://blog.livedoor.jp/expert1/archives/51926262.htmlという地元の市議のブログでこのような数字が出ていると、町田市の方から連絡がありました。  セシウム合算5640Bq/kgです。これは、246号の車道脇なので、いわゆる道路上にある「動くホットスポット」と呼ばれる現象です。僕たちの調査で巣鴨で60000Bq/kgを超える数字が出たのと、同じような現象と思います。「動くホットスポット」を軽視する人がいますが、道路わきの砂や土のあちこちでこのような危険なものがあるということは十分に認識すべきです。

 

 習志野市内のある保育園で、多数の園児が今月の身体計測で、休み前より体重が減少したという状況があるとお知らせがありました。チェルノブイリの時に、子どもの体重の減少というのは、問題がある現象として、気をつけられたそうです。1人2人ならたまたまとも言えますが、保育園や幼稚園で、大半の園児が体重減少がおきていることは、コーションが必要と、チェルノブイリに詳しい専門家も話しています。こうした現象が、他でもまとまっておきていないか、何かあればメールしてください。

 

 宇都宮の幼稚園での、髄膜炎は、入院した幼児は3人増えて、これで8人になったと聞きました。

 私が、一貫してこれからの感染症の危険を告げているのに、「愛読者の親切心」と称して、「慎重に判断を」という文言で、こうした情報を載せないようにと、しつこく主張する人がいます。愚かです。こちらは、医療の専門家や、さらにその幼稚園の状況も踏まえて、いろんなことも考えながら書き進めています。おきている事象をきちんと、とらえています。こうした事が、結局どのように転がるのかは、わかりませんが、この状況下で、どのように転がるのかが、確定できないという状況だから、「書かないことを薦める」感覚はわかりません。おかしな事象がおきれば書きます。あたりまえです。この宇都宮の事象はかなりおかしな事です。

 ともかく、自分の身近な危険を指摘されると、いろんなことで否定する人々が多いことは、このブログ周りの反応の特徴です。大概、こちらを「デマ」という形で誹謗中傷しています。誹謗している人の大半は、氏素性も伝えてきません。そういう人がこちらを中傷する場合、まるで何の事実もないことで中傷するケースが多いです。ネットの匿名性でごまかして、そうした反応のみする人々が、日本の病的な部分を反映します。沈黙する大半の人々、サイレントマジョリティという意識も、こうした人々のたち顕われとシンクロすると僕は思います。                                                      

 そして、はっきり言いますが、この非常時にそんな愚かなことに現を抜かしている人は、確実に終わります。それだけのことです。

 

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 

10/2(日)千葉・印西講演会は、現在も参加を受け付けています。

10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡で、講演会開催が決定。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                       ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎印西講演会 放射能から子供を守る!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。

まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名先着順
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

ツイッターでも情報は流していますが、ブログとは性格の違うツールとして使っています。必要な方はフォローしてください。https://twitter.com/#!/KinositaKouta

 

====================================================== 

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

===============================================

 

 

 

 三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 ブログのコメント欄について、言います。重要な情報提供は必ずまずメールを下さい。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp
コメント (16)

土壌調査、長崎・佐賀・宮崎で希望者はご連絡下さい。函館、苫小牧、釧路、十勝地域、沖縄も。

2011-09-26 15:11:35 | 福島第一原発と放射能

長崎と佐賀、宮崎は希望者がいないそうです。

また、沖縄も少ないそうです。

北海道も偏りが大きく、函館、苫小牧、釧路、十勝地方(広尾周辺)などが

希望者はいないそうです。

希望者は至急お願いします。

 

先に行われた「首都圏土壌調査」「西日本土壌調査(先行)」に倣って、
指定日に参加者がそれぞれの場所で土壌の採取を行い、
分析機関に送って測定してもらう方法で行います。
先行して、希望者のマップを作成します。

検査会社は、処理の都合で今回は先行調査と別の会社になります。
検査方法の機械水準は同程度かそれ以上になります。

遠隔地の方がゲルマニウムで検出する可能性があり、土の採取量が今回は多いので、ご注意下さい。

1.検査料は自費でお願いします。
   (検査料15,750円+送料・振込手数料)
2.採取場所はなるべく私有地でお願いします。
   (公園・学校等は許可が必要になるので、許可が取れた場合のみ可能です。)
3.公表については○○市○○町○○丁目までとし、個人名は出しません。

上記条件で希望される方は、
下記5点を明記してメールでご連絡ください。

 1.氏名
 2.住所
 3.電話番号
 4.メールアドレス
 5.土壌調査したい場所

《連絡先》
w_chousa@yahoo.co.jp

       担当:秋山

「追記」
特に九州、沖縄では、数値が、あまり出ない可能性が大きいです。そのことは、ご認識の上で、お申し込み下さい。
 
コメント (14)

関東でα線の線量が高いことは、危険が今も高いことを再認識させます。

2011-09-25 17:31:38 | 福島第一原発と放射能
個別土壌調査
 
長野市川中島町
(1)9月2日~9月5日に採取
苔交じりの土(表面から2-3センチ)
測定機種:EMF211型γ線スペクトロメータ
セシウム134 160.1Bq/kg
セシウム137 217.6Bq/kg
ヨウ素131 不検出(<10)
 
(2)9月15日に採取
植え込み、庭の中央など庭をまんべんなく表面から5センチ程度を採取、
ふるいにかけて葉や苔などを除いた後の砂混じりの土
測定方法:γ線スペクトロメータ (ゲルマニウム半導体検出法)
セシウム134 36Bq/kg
セシウム137 50Bq/kg
ヨウ素131 不検出(<19)
 
(1)と(2)で数値が違いすぎます。苔の有無は違いが出ますが、ひょっとすると検査会社が、大丈夫なのかどうかということも、考慮していく必要があります。クリラッドが「民間で測れ」、といった意味は、公的な機関や電力会社に近いところが、どこまで適正な数値を出すのかという点で、疑いが出るということです。検査会社の中でもお互いに、いろいろな見解があります。特に、低い数値に僕はいつも注意しています(高い数値の偽装なんて、政治的にも意味がありませんし、原理的に難しいです)。
 
 ある方が、α線のみの線量を、千葉県の九十九里の近辺で、空間で、特殊な機械で計測したところ、0.09μsv、普通に計測しているそうです(土に近づけての計測ではありません)。γ線はおよそ0.1μsvはあるようです。β線もα線と同じような量があると仮定すると、全部の空間線量は0.3μsvにもなります。九十九里近辺は、関東の中で比較的、土壌汚染が低く、γ線の線量も高くないというエリアです。そこでも、このような数値になるという現実。危険な核種の存在を示唆する、α線がこれだけカウントされている事は、やはり危険なことです。α線を伴う微粒子が空間にただよっているのです(α線は短い距離しか飛びません)。α線核種はプルトニウムのみならず、危険なものが多いです。こうしたものが関東ではあきらかにあります。だからひたすら、避難を呼びかけます。除染は無理です。
 
 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 

三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 ブログのコメント欄について、言います。重要な情報提供は必ずまずメールを下さい。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp
 
 さて、あまりにも長文のコメントはやめてください。他人の処理限界を考えてください。                               さらに特定商品、特に単価の高いものの宣伝はおやめ下さい。こちらも、処理量が多いので、すべてチェックしきれない場合がありますから、問題があるコメントに気づいた方はメールで教えてください。      
 カルトグループとみられるものもです。僕は、長年、オウム真理教などのカルト団体の報道はかなりしていて、もともとの本業はこっちです。脱洗脳などにも、通常の取材者より見解も情報もはるかにもっています。変な事をしかけたら、相手をつぶすまで、命がけで追い詰めますので、そのつもりでいて下さい。
 また、検査会社などで、あきらかに騙しの手口の会社を紹介する投稿がありました。このような投稿は採用していませんが、僕は、相当憤慨しています。下手にやってくると、その会社もとことんまで追い詰める癖がありますので、心してください。 
 当然ですが、こちらに関しての誹謗中傷以外の中身がないコメントは採用していません。このところ僕が日本共産党の関係者という信じがたいコメントまであり、あきれかえるどころか、本当にネットの匿名投稿者の中で、レベルの低い人間は、どこまで、とことんまで、レベルが低いと痛感しています(大半のコメントをしている方の話ではありません)。僕は中央大学の法学部をふつうに入学、卒業しています。三年ほど、法学部の非常勤講師も勤めた経歴もあります。日本共産党と関係の有無は、その人間が大学時代に共産党の細胞がいる団体などに所属したかどうかで判断できます(僕が関係のないことは中央大学のそれなりの人はよく知っています)。こんな基本も知らない奴の書き込みに、書くのも馬鹿馬鹿しいですが、それを確認すればわかります。日本共産党について、特に原爆反対を主張しても、原発、特にトリウムに関して、幹部がまだ期待感を示すコメントをみていて、「あほかこいつらは」としか思っていない人間です。正直、日本共産党に関心はありません。僕の中で、大手メディア経営者や経済人が、若い頃、実は東大の共産党細胞であったことが、自分の人生の根底にあり、独裁的なシステムを続ける感覚とリンケージしているなと思っている位、その人々の意識とずれが激しいです。というか否定的です。
 要は、僕のことについて、実際のことは何も知らないくせに、どこまで勝手な事、事実にない事、というかまったく虚偽の事を書き込むのかという事です。ウィキペディアでも、僕について、事実と違う書き込みが多いと聞いています。こういう輩は、人定できれば、全員追い込みます。覚悟してください僕に。大きな会社の背景がなくても、僕は個人で結構強いです。というかかなり強いです。社会的にも、法的にも、とことん追い込むから覚悟してください。地の底まで、きっちりしとめるまで、必ず追い込みますよ。 
 それから、しつこく誹謗している人間に、僕を直接知っていて、特に、この流れで、僕との間で、相手が心理的なわだかまりがあり匿名攻撃しているケースや、奇妙な嫉妬心で、変な批判を繰り返しているある特定の個人がいます。これは、正直気持ち悪い話で、こっちは、ストーカー被害みたいな話です。ちょっと馬鹿馬鹿しいです。
 
 

10/1(土)東京・立川講演会は予約で満席になりました。申し訳ありません。                

翌日の10/2(日)千葉・印西講演会は、現在も参加を受け付けています。

新たに、10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡で、講演会開催が決定。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                       ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎印西講演会 放射能から子供を守る!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。

まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名先着順
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

ツイッターでも情報は流していますが、ブログとは性格の違うツールとして使っています。必要な方はフォローしてください。https://twitter.com/#!/KinositaKouta

 

====================================================== 

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

===============================================

 
コメント (64)

10/15(土)熊本、16(日)福岡講演会開催告知。10/1立川予約満席。尾道福山講演会は満員盛況。

2011-09-24 15:15:11 | 福島第一原発と放射能

 福島第1原発1号機で、格納容器への配管の中の気体は、ほぼ水素と、東電は記者会見で発表して、「直ちに爆発のリスクが高いとは言えない」と述べているそうです。皆さん、もうお分かりですね。「直ちに」爆発しないだけです。あくまで「直ちに」です。皆さんの注意レベルは上げて下さい。でも、勿論、ずっと、そうだったんだろうと思います。いい加減にしろ、東電も政府も。本当におかしい。爆発リスクが高いままの状態が、ずっと継続していただけではないのか!それを伝えなかっただけ。安全を守る意識が本当にあるのか、この期に及んでも、それを意識しないのか。本当に発表した事で、いよいよ注意を上げていくしかない。なんなんだ、この国は。あたまがおかしい。

  きのうの福山は、定員を超える130人と盛況でした。本日の昼、近接エリアの尾道も満員でした。     福山・尾道のエリアで、あわせておよそ二百人のみなさんとお話しすることができました。       尾道の会場からは、α線にまつわる思わぬ情報もあり、三年前に、長井健司の署名活動で尾道商業会議所記念館で講演したときに十人しか人が来なかったのがうそみたいです。             今は、この夕方開催トークミーティングのために、名古屋へ新幹線でそのまま向かっています。

ちなみに名古屋のトークミーティングは、この後、本日の16:00スタート19:00終了。                      僕は17:00頃到着し、話します。                                          会場:あま市甚目寺の観音法花院(甚目寺という、愛知では名刹の境内です)               参加費:五百円  当日直接おいで下さい。

10/1(土)東京・立川講演会は予約で満席になりました。申し訳ありません。                

翌日の10/2(日)千葉・印西講演会は、現在も参加を受け付けています。

新たに、10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡で、講演会開催が決定。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                       ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎印西講演会 放射能から子供を守る!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。

まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    申し込み・お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

 

 
コメント (25)

宇都宮の幼稚園でウイルス性髄膜炎集団発生、1人重症含め5人入院、およそ四十人熱で休む。

2011-09-24 01:28:53 | 福島第一原発と放射能

 個別土壌調査

広島県福山市松永 セシウム134、セシウム137、ヨウ素 ともにND

 

さて、表題の事象の情報が入ってきました。感染症の集団発生は、僕がかなり怖れていた事の一つです。

幼稚園名も特定しています。マスコミの皆さん、取材しましょう。頂いたメールの抜粋です。

============================================================

  始めまして。
 宇都宮市在住の2児の父です。
 脅威と、現実と理想との狭間で、夫婦共々葛藤する毎日です。
 今回は、こどもが通う幼稚園で起きている一件でメールさせて頂きました。
こどもが幼稚園を休んだので、近所に住む同級生の母親の方からです。
「大丈夫? 今、年長組の間でウィルス性の髄膜炎が流行ってるらしいから…心配してたの。
 クラスでは、先週からもうすでに3人も入院してる子がいて、                         
他にも10人近く熱が出て休んでるらしいよ…。 原因はまだ分からないって… 怖いよね。」
 あまりの内容に身震いしました。
 おかしい?
 そんな簡単に集団感染するものなのか…
 季節の変わり目とはいえ、抵抗力が落ちている子が多過ぎではないか…。
素人ながらに考えてみても、異常な事態だと感じました。

========================================

ここでは、今月の十五、十六日にキャンプを群馬県の山間部で行う、自然派幼稚園だそうです。

 結局さらに確認をすると、年長四クラスで5人入院。一クラス10人くらいが熱をだし、全体で40人程度、熱が出て休んでいるそうです。このうち1人が重症になり、幸いにも、一命をとりとめているといいます。

規模は、年長が百二十人。 幼稚園全体で三百人だそうです。

いろんな感染症が、考えられない感じで流行っていく事。

思わぬ感染症が流行る事。

僕は再三再四怖れています。ただ、怖れています。

 

 福島第一原発1号機の原子炉建屋の1階です。2か所の配管に、10,000ppmという1%を超える濃度の水素が検出です。どこからのものなのか。またかというきもちです。まだまだ、続いています。警戒は続けてください。今後、水素爆発の可能性も否定できません。大量に吹き上がってきた水蒸気からという想定も、考えています。首都圏は週末、風向きは悪い可能性が高いですね。

 米のセシウムの予備検査で、福島県二本松市小浜地区の「ひとめぼれ」から国の暫定規制値の500Bq/kgと同じ量が検出されています。私は福島の米を食することはありえません。風評ではない。実際に危険です。

===========================================

本日9/24(土)尾道市で講演会。福山は定員を超える130人の方とお話ができました。大変に、嬉しかったです。 尾道も、おいで下さい。24(土)の夕方には名古屋付近でトークミーティングもあります。

10/1(土)東京・立川市で講演会。 10/2(日) 千葉・印西市で講演会。

 

◎立川講演会 『被曝から子ども達を守る為に今、私達が出来る事』

日程・10月1日(土)
場所・東京都立川市 アミュー立川(立川市民会館)5階第一会議室
立川市錦町3ー3ー20  (無料駐車場が会館に隣接してあります)
最寄り駅・JR立川駅  南武線西国立駅

時間・受付13時半から 講演14時~16時

参加費500円

参加ご希望の方は、連絡先・田口
kabu@auone.jpまでご連絡下さい。

◎印西講演会 放射能から子供を守る!木下黄太講演会開催決定!!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    申し込み・お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

講演依頼など、様々な問い合わせは、まずメールでお願いします。また、具体的なご相談も、コメント欄でなく、直接メールしてください。僕と話したい方は、直接メールが早いです。スカイプや電話でも対応しますから。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp


 


 

木下黄太講演会 IN 尾道
「放射能ほんとうに大丈夫?」

 

 

9/24 (土)午前10時30分~午後0時30分 (開場10時15分)
尾道商業会議所記念館2F議場
住所:尾道市土堂1-8-8(JR尾道駅より商店街を徒歩5分)
TEL:0848-20-0400
参加費:500円(資料代含む)

 定員:75名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 尾道。残席わずかですが、直接おいで下さい。
090-9148-2155
メール:
hamadendenden@mail.goo.ne.jp(浜本)

 名古屋近辺に9/24(土)とんぼ返りして、トークミーティングをおこないます。僕が到着する前に、放射能測定器の解説会もおこないます。

 
放射能防御プロジェクト中部 トークミーティング
 
 
9/24(土)の16:00スタート19:00終了
会場:愛知県あま市甚目寺観音法花院(甚目寺という、愛知では名刹の境内です)
 
参加費:五百円  当日直接おいで下さい。
 

======================================================

 
コメント (32)

危険な中古車に注意せよ! 中古車関連の仕事をするパキスタン人が相次いで心臓死。

2011-09-23 02:25:23 | 福島第一原発と放射能

まず、下記のメールお読み下さい。パキスタン人の男性からの手紙です。

===================================================

はじめまして。
私は中古車の輸出の仕事をしている者です。妻からあなたのHPを教えてもらい、お知らせしたいことがあるのでメールします。

 原発事故以来、オークションに出回っている車の中に、輸出できる規制値0.3μSV/h以上の車があり、ケルヒャーとロシアからとりよせた特殊洗剤で洗車におわれています。福島ナンバーの車はもちろん、土浦ナンバー、宇都宮ナンバーなど北関東の車で放射能の高い車が多いです。柏の車も高いです。洗車で0.3以下にできる車もありますが、たとえば震災前から郡山のオークションに置きっぱなしになっていたプロボックスという車は、結局いくら洗ってもだめで、そのままオークションに流しました。
 ほかにも数台、輸出ができずに国内に流通させたものがあります。良くないと思ってもそうせざるを得ない状況です。
 最近は、福島あたりで安く入手した車に他県で新たに車検をつけ、他県ナンバーにした車を流通させている業者があるとのことです。もちろん、一度抹消した車に他県で車検を取り直すことは違法ではありませんが、このようにして全国に被曝した中古車が出回るのが心配です。

 ここ1ヶ月の間に、私の知る限り3名の方が急死されました。心臓死です。(8/28)一人は茨城と千葉で、車の関係の仕事をしていた40代男性。(9/14)新潟で車関係(解体か輸出か分かりませんが)の54歳男性。また福島で車関係の仕事をしていた人の奥さんも。

 私はパキスタン出身で現在は帰化していますが、パキスタン人のコミュニティ内でこういう話が出ているので、誰かが亡くなったという話では、嘘が出てくるはずはないです。

====================================================

  まず要注意なのは、高い線量の中古車の流通です。北関東や柏などの車で、こういう車は多いです。東京や神奈川でも一定数は確実に出てくるそうです。抹消登録取り直しの手口も見極めにくく、衝撃です。

  また、在日本のパキスタン人は一万人程度。自動車の解体関連業者か輸出関連業者が多いですが、このコミュニティの中で、最近3人も心臓死がおきてているのも、ちょっとぞっとします。車はフィルターやエンジン周りに危険は大きいと思いますが、実はシートは特に注意だとも聞きました。車は本当に落とし穴が多いですね。

 

本日9/23(金・祝)とあす9/24(土)に広島県の福山市と尾道市で講演会に伺います。 ご関心のある方はおいで下さい。24(土)の夕方には名古屋付近でトークミーティングもあります。

木下黄太講演会 IN 福山・尾道
「放射能ほんとうに大丈夫?」
 

 
9月23日(金・祝)
午後5時30分~8時(開場5時)
広島県民センターふくやま文化交流室
住所:福山市東桜町1番21号(福山駅より徒歩5分、市役所北側)
TEL:084-921-9200
参加費:500円(資料代含む)
定員:120名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 福山、申し込みは極力メールでおねがいします。
080-5609-1651
メール:
hukuyama9@gmail.com(にった)

 

 

 

9月24日(土)
午前10時30分~午後0時30分 (開場10時15分)
尾道商業会議所記念館2F議場
住所:尾道市土堂1-8-8(JR尾道駅より商店街を徒歩5分)
TEL:0848-20-0400
参加費:500円(資料代含む)

 定員:75名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 尾道、申し込みは極力メールでおねがいします。
090-9148-2155
メール:
hamadendenden@mail.goo.ne.jp(浜本)

 

 

 名古屋近辺に9/24(土)とんぼ返りして、トークミーティングをおこないます。僕が到着する前に、放射能測定器の解説会もおこないます。
 
放射能防御プロジェクト中部 トークミーティング
 
 
9/24(土)の16:00スタート19:00終了
会場:愛知県あま市甚目寺観音法花院(甚目寺という、愛知では名刹の境内です)
 
参加費:五百円  当日直接おいで下さい。
 

======================================================

コメント (44)

日進市花火騒動への僕の疑義。東電料金に原発被害賠償上乗せのパブリックコメントが本日迄。

2011-09-22 13:24:47 | 福島第一原発と放射能

 

ツイッターでは既にお伝えしましたが、また書き込みがあったのでブログでもお伝えします。

下記のパブリックコメントが本日までの募集です。

原発事故の賠償金をこっちが払うシステムです。

東京電力という組織をそのまま存続させて、なんで賠償金をこっちが負担するのか、さっぱり意味不明です。

東京電力を解体もしないし、刑事捜査もしない、日本国家は頭がおかしいと断言します。

日本国は、国家としての体を為していない事を、ぼくらはどう考えていけばよいのか。

このパブリックコメントの存在は、僕らのそうした内省を促します。

意見を何でも書き込む時間のある方は是非。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620111033&Mode=0

 アメリカからも土壌調査の依頼が数件、きています。西海岸で線量があがっている、土壌で数Bq/kgの汚染が確認されているという話も聞こえています。風向を見ていると、オホーツク海、アラスカ、カナダ、アメリカ西海岸には、この放射性物質は拡散しています。ひょっとすると、西日本よりも高い頻度で、放射性物質は海外にも巻き散らかされている可能性があります。濃度的には拡散するので薄まりますが、それでも頻度が増すと、汚染は強まります。海外で、福島第一原発の動きが、関係ないと考えるのは、僕は早計と思います。

 

 日進市の花火の件について、一言申し上げます。このケースを市民の過剰反応として大量の問い合わせが殺到しているのを訝しく思っています。福島の人々を受け入れることは薦めるべきと僕は何回も書いていますが、同じく、福島から放射性物質を極力持ち出させてはなりません。特に、車両の汚染は目に余るものがあります。食料は言うまでもない。懸念するのがごく普通の人間の感情です。しかも、京都の大文字のようなただ燃やすだけのケースよりも、花火は、万が一、玉の中にある量の放射性物質が存在している可能性が捨てられない以上、上空で爆発させる形式から考えて、懸念する人の心は、僕には心理的に理解できます。それを、メールや電話で、大量に攻撃する状況がおきるのは、どこかで、なにかが動くメカニズムではないかのかと、かなり疑問を持っています。しかも、右翼団体の凱旋の登場は、何らかの見返りなくおきるとは、僕には到底思えません。さらに、メディアが、懸念を言う人を非難する構造。本当に屑ですが、京都の最初に起きた状況と酷似しています。騙されてはいけません。これは、広義の意味で「仕掛け」が為されている事象です。

 懸念する日進市の人々を守らなければなりません。こうしたおろかな排他的行為を全国に蔓延させてはなりません。むしろ、懸念する日進市市民を助け、その声を聞いた、日進市には、エールを皆がおくりましょう。それが、僕らにできることです。

 

======================================================

明日9/23(金・祝)と9/24(土)に広島県の福山市と尾道市で講演会に伺います。 ご関心のある方はおいで下さい。24(土)の夕方には名古屋付近でトークミーティングもあります。

木下黄太講演会 IN 福山・尾道
「放射能ほんとうに大丈夫?」
 

『東日本大震災が西日本に与えた影響、未曾有の大震災と原子力発電所の事故から半年あまり。お米や牛肉の汚染や、震災廃棄物の広域処理など「心配ありません」と言われているけど本当に大丈夫なの?
震災以降独自の取材を続けておられる、木下さんをお迎えして、実際の現場から見えてきたものをおうかがいします。』
 
9月23日(金・祝)
午後5時30分~8時(開場5時)
広島県民センターふくやま文化交流室
住所:福山市東桜町1番21号(福山駅より徒歩5分、市役所北側)
TEL:084-921-9200
参加費:500円(資料代含む)
定員:120名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 福山、申し込みは極力メールでおねがいします。
080-5609-1651
メール:
hukuyama9@gmail.com(にった)

 

 

 

 名古屋近辺に9/24(土)とんぼ返りして、トークミーティングをおこないます。僕が到着する前に、放射能測定器の解説会もおこないます。
 
放射能防御プロジェクト中部 トークミーティング
 
 
9/24(土)の16:00スタート19:00終了
会場:愛知県あま市甚目寺観音法花院(甚目寺という、愛知では名刹の境内です)
 
参加費:五百円  当日直接おいで下さい。
 

======================================================

10/1(土)東京・立川市で講演会。 10/2(日) 千葉・印西市で講演会。

 

◎立川講演会 『被曝から子ども達を守る為に今、私達が出来る事』

日程・10月1日(土)
場所・東京都立川市 アミュー立川(立川市民会館)5階第一会議室
立川市錦町3ー3ー20  (無料駐車場が会館に隣接してあります)
最寄り駅・JR立川駅  南武線西国立駅

時間・受付13時半から 講演14時~16時

参加費500円

参加ご希望の方は、連絡先・田口
kabu@auone.jpまでご連絡下さい。

◎印西講演会 放射能から子供を守る!木下黄太講演会開催決定!!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    申し込み・お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

講演依頼など、様々な問い合わせは、まずメールでお願いします。また、具体的なご相談も、コメント欄でなく、直接メールしてください。僕と話したい方は、直接メールが早いです。スカイプや電話でも対応しますから。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

9月24日(土)
午前10時30分~午後0時30分 (開場10時15分)
尾道商業会議所記念館2F議場
住所:尾道市土堂1-8-8(JR尾道駅より商店街を徒歩5分)
TEL:0848-20-0400
参加費:500円(資料代含む)

 定員:75名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 尾道、申し込みは極力メールでおねがいします。
090-9148-2155
メール:
hamadendenden@mail.goo.ne.jp(浜本)

 

 



コメント (65)

七月、中野区の保育園で園児の三分の一が体重減少。「極めて珍しい」という文言

2011-09-22 01:30:41 | 福島第一原発と放射能

 中野区にある公立の保育園の情報です。園全体で九十人規模の大きさだそうです。毎月体重測定をしているそうですが、七月の測定で、全体のおよそ三分の一にあたる29人の園児が、前の月より体重が減っていたということです。この園では、この事態を考慮して、「暑さ、感染症、夏風邪が原因かも」といいながら、成長期に背が伸びて、一時的に体重が減ることがあるが、全体として減ることがこれだけ目立つのは極めて珍しいといっているということです。この保育園は、給食で、牛乳もあるそうです。前に書いた子どもの体重減少というのは、チェルノブイリでもよくみられた現象です。小さい子供たちの、全体としての体重減少が本当におきているのなら、要注意だと僕は思います。御自身のお子さんだけでなく、まわりのお子さんも含めて、大量に体重減少がおきていないのか、確認をしてください。こういう幼稚園や保育園などで大きくこういう現象が他にもおきていないのか気にはなります。

 お話をして頂いた、おかあさんのお子さんは半年でちょっと減っているそうです。下のお子さんは、5月で14.2kg、6月から8月は14.0kg、9月になって14.4kgになったそうです。2才児です。

 別の報告です。「都内の三十代女性が311以降の妊娠。 夏、「妊娠初期」と言っていた彼女、翌月に『無脳症』と 診断され中絶堕胎した。」ということです。無脳症というのは、こんなにありふれておきるものなのか?という僕の疑問が強まります。何例も話がきてしまうと。

三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp


 

 

 

 

 

 

  ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 

======================================================

明日9/23(金・祝)と9/24(土)に広島県の福山市と尾道市で講演会に伺います。 ご関心のある方はおいで下さい。24(土)の夕方には名古屋付近でトークミーティングもあります。

木下黄太講演会 IN 福山・尾道
「放射能ほんとうに大丈夫?」
 

『東日本大震災が西日本に与えた影響、未曾有の大震災と原子力発電所の事故から半年あまり。お米や牛肉の汚染や、震災廃棄物の広域処理など「心配ありません」と言われているけど本当に大丈夫なの?
震災以降独自の取材を続けておられる、木下さんをお迎えして、実際の現場から見えてきたものをおうかがいします。』
 
9月23日(金・祝)
午後5時30分~8時(開場5時)
広島県民センターふくやま文化交流室
住所:福山市東桜町1番21号(福山駅より徒歩5分、市役所北側)
TEL:084-921-9200
参加費:500円(資料代含む)
定員:120名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 福山、申し込みは極力メールでおねがいします。
080-5609-1651
メール:
hukuyama9@gmail.com(にった)

9月24日(土)
午前10時30分~午後0時30分 (開場10時15分)
尾道商業会議所記念館2F議場
住所:尾道市土堂1-8-8(JR尾道駅より商店街を徒歩5分)
TEL:0848-20-0400
参加費:500円(資料代含む)

 定員:75名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 尾道、申し込みは極力メールでおねがいします。
090-9148-2155
メール:
hamadendenden@mail.goo.ne.jp(浜本)

 

 

 名古屋近辺に9/24(土)とんぼ返りして、トークミーティングをおこないます。僕が到着する前に、放射能測定器の解説会もおこないます。
 
放射能防御プロジェクト中部 トークミーティング
 
 
9/24(土)の16:00スタート19:00終了
会場:愛知県あま市甚目寺観音法花院(甚目寺という、愛知では名刹の境内です)
 
参加費:五百円  当日直接おいで下さい。
 

======================================================

10/1(土)東京・立川市で講演会。 10/2(日) 千葉・印西市で講演会。

 

◎立川講演会 『被曝から子ども達を守る為に今、私達が出来る事』

日程・10月1日(土)
場所・東京都立川市 アミュー立川(立川市民会館)5階第一会議室
立川市錦町3ー3ー20  (無料駐車場が会館に隣接してあります)
最寄り駅・JR立川駅  南武線西国立駅

時間・受付13時半から 講演14時~16時

参加費500円

参加ご希望の方は、連絡先・田口
kabu@auone.jpまでご連絡下さい。

◎印西講演会 放射能から子供を守る!木下黄太講演会開催決定!!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    申し込み・お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

講演依頼など、様々な問い合わせは、まずメールでお願いします。また、具体的なご相談も、コメント欄でなく、直接メールしてください。僕と話したい方は、直接メールが早いです。スカイプや電話でも対応しますから。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

コメント (20)

台風の影響もあり、首都圏でモニタリングポストの数値上昇しています。風向きも悪いので注意を。

2011-09-21 19:11:11 | 福島第一原発と放射能
 台風の影響で、東京でモニタリングポストの数値をみても、0.06⇒0.08μGy/hにあがっています。スイスの気象会社の予想を見ても今晩遅くからからあすにかけて、首都圏の、特に東京の東側や北側の風向きはかなり悪いです。低い高さも。高い高さも。危険なα線核種、ベータ線核種が巻き上がって飛び交う可能性を想定すること。今晩、外にいる人は、マスクはすることです。雨には、極力ぬれない事。特に明日は、マスクをできたらN95にするなど、念のため、警戒をしてください。数値は今も上がりはじめているが、まだ多少のレベルです。これからもっと上がる可能性を考えています。念のため警戒してください。
 
日時/最大値/最小値/平均値(μGy/h (microgray per hour))
2011/09/21 18:00~18:59 0.0868 0.0753 0.0818
2011/09/21 17:00~17:59 0.0817 0.0699 0.0755
2011/09/21 16:00~16:59 0.0736 0.0647 0.0691
2011/09/21 15:00~15:59 0.0699 0.0600 0.0656
2011/09/21 14:00~14:59 0.0646 0.0581 0.0608
2011/09/21 13:00~13:59 0.0632 0.0576 0.0604
2011/09/21 12:00~12:59 0.0626 0.0545 0.0587
2011/09/21 11:00~11:59 0.0591 0.0539 0.0564
 
 
 
スイス気象会社
コメント (24)

九月に入ってから出産の異常が増えているという東京・多摩地域の産科クリニック

2011-09-21 11:00:43 | 福島第一原発と放射能

 この週末、三連休となりますが、明後日の9/23(金・祝)と9/24(土)に広島県の福山市と尾道市で講演会に伺います。 ご関心のある方はおいで下さい。24(土)の夕方には名古屋付近でトークミーティングもあります。

木下黄太講演会 IN 福山・尾道
「放射能ほんとうに大丈夫?」
 

『東日本大震災が西日本に与えた影響、未曾有の大震災と原子力発電所の事故から半年あまり。お米や牛肉の汚染や、震災廃棄物の広域処理など「心配ありません」と言われているけど本当に大丈夫なの?
震災以降独自の取材を続けておられる、木下さんをお迎えして、実際の現場から見えてきたものをおうかがいします。』
 
9月23日(金・祝)
午後5時30分~8時(開場5時)
広島県民センターふくやま文化交流室
住所:福山市東桜町1番21号(福山駅より徒歩5分、市役所北側)
TEL:084-921-9200
参加費:500円(資料代含む)
定員:120名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 福山、申し込みは極力メールでおねがいします。
080-5609-1651
メール:
hukuyama9@gmail.com(にった)

  

9月24日(土)
午前10時30分~午後0時30分 (開場10時15分)
尾道商業会議所記念館2F議場
住所:尾道市土堂1-8-8(JR尾道駅より商店街を徒歩5分)
TEL:0848-20-0400
参加費:500円(資料代含む)

 定員:75名(要予約)
主催・申込:一歩の会 in 尾道、申し込みは極力メールでおねがいします。
090-9148-2155
メール:
hamadendenden@mail.goo.ne.jp(浜本)

 

 名古屋近辺に9/24(土)とんぼ返りして、トークミーティングをおこないます。僕が到着する前に、放射能測定器の解説会もおこないます。
 
放射能防御プロジェクト中部 トークミーティング
 
 
9/24(土)の16:00スタート19:00終了
会場:愛知県あま市甚目寺観音法花院(甚目寺という、愛知では名刹の境内です)
 
参加費:五百円  当日直接おいで下さい。

==========================================

 東京の多摩地域の産婦人科のクリニックの情報です。そのクリニックは年間出産数が四百人弱。月間で六十人程度出産されるそうです。その際に、畸形や死産なども含めて出産の何らかの異常がおきる割合は、年間1人か2人程度。0.5パーセントくらいだそうです。ところが今月既に3人でそのような状況がおきはじめているそうです。『9月は始まったばかりなのにもう三人もそんなことになり今後を心配しております』と、その方もおっしゃっています。勿論、出産にまつわることはいろんな要素がありますが、頻度が増しているかどうかを慎重に調べなければなりません。しかし、原発事故発生から半年をすぎたこの時期から、出産にまつわる様々事象は、顕現化してくる可能性があります。

 他にも下記のような報告が、これも多摩地域から来ているので紹介します。

『府中市の小学3年生の息子さんが、5月の連休中に風邪で寝込みました。熱が38度くらい続き1週間ほど風邪の症状だったのが、微熱が続きだるい、だるいといって布団から出てこなくなってしまったそうです。連休が終わり学校に行きたくないからかと最初は思っていた親御さんも、あまりのだるさを訴える息子さんの様子がおかしく、さらにぶつけてあざになっている足がなかなか治っていないことにも、気がつき病院にいったところ「白血病の疑いあり」とのことで総合病院を紹介され、精密検査をすぐにすることになったそうです。結果は陰性だったそうですが、あまりに内部被爆の初期症状に似ているので、そういったところ、「まさかー」と笑われてしまいました。よく聞いてみると3月か4月かに二回ほど雨にぬれてびしょ濡れで帰宅してきたことがあるとのこと。今は元気に学校にもいっているので、きっとそんなことも忘れているようですが、心配です。』

 

 三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp



 

 

  ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

======================================================

10/1(土)東京・立川市で講演会。 10/2(日) 千葉・印西市で講演会。

◎立川講演会 『被曝から子ども達を守る為に今、私達が出来る事』

日程・10月1日(土)
場所・東京都立川市 アミュー立川(立川市民会館)5階第一会議室
立川市錦町3ー3ー20  (無料駐車場が会館に隣接してあります)
最寄り駅・JR立川駅  南武線西国立駅

時間・受付13時半から 講演14時~16時

参加費500円

参加ご希望の方は、連絡先・田口
kabu@auone.jpまでご連絡下さい。

◎印西講演会 放射能から子供を守る!木下黄太講演会開催決定!!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(http://ameblo.jp/inzai-mama/
    申し込み・お問い合わせ先(inzai.mama@gmail.com

=============================================

講演依頼など、様々な問い合わせは、まずメールでお願いします。また、具体的なご相談も、コメント欄でなく、直接メールしてください。僕と話したい方は、直接メールが早いです。スカイプや電話でも対応しますから。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp



コメント (48)