「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

政治家・官僚・警察等の取材相手にセクハラされた新聞・テレビの女性記者は一社でも相当数は存在します。

2018-04-16 16:38:20 | その他

 木下です。

 交通事故後遺症に加えて、二週間近く喉の腫れがひかない為、家で半眠りの状態が続いていて、ブログの更新まではなかなか手が回っておりません。すいません。メールマガジンは何とか配信を続けていますから、まずはそちらをご覧ください。

--------------------------------------

 木下黄太の情報発信は主にメールマガジンとなっています。関心がある方は、是非購読下さい。

購読申込⇒ http://www.hoshanobogyo.com/

先週配信した最新207号<原則毎週水曜・月4回配信(金曜⇒水曜配信日変更)>

【「千葉科学大学は岡山の専門学校(=加計学園)の経営で、上が政治家とコネがあったので上手くいったんだよ」10年以上前に僕が聞いた話 】

---------------------------------------

 さて、財務省事務次官のセクハラ話が話題になっているので簡単に書いておきます。

  これから書く内容は、2011年までで、僕がテレビ局在籍時に聞いたり、見たりした話です。勿論、同業他社からも聞こえてきました。一社だけの話ではありません。僕の中では常識的な話でしかありませんが、世間的には信じられない話だと思います。

 

簡単に書きますが、女性記者に性的ニュアンスを仄めかしたり、そういう行為に具体的に及ぼうとした政治家や官僚や警察などの関係者は少なくありません。そんなことを全くしないまともな取材相手が圧倒的に多いですが、一定数でそうしたセクハラに及んでくる取材対象は存在します。ですから、取材相手から被害に遭う女性記者は、口頭でのセクハラなら相当数存在するのは間違いありません。

更に、これも口だけで言うにとどまらず、実際の行為として及んでくるケースがあります。一社でこういう経験に遭遇した女性は少なくとも複数は存在するでしょう。

そして、実行行為を加害者である政治家や官僚などが遂行したケースもあると思います(被害者が語らないので確認が極めて難しい)。犯罪者やカルト団体なら、こういうセクハラがおきてもおかしくありませんが、相手は政治家や官僚や警察等です。

 財務省事務次官のセクハラは許される話ではありません。彼のセクハラが具体的行為に至ろうとする話か、口先だけなのかは僕には判然としませんが、口先だけとしても許される話ではないと思います。

しかし、口だけの話なら、この事務次官と似たような言葉を出したことのある政治家や官僚や警察関係者は、ものすごい数、存在していると思います。

 更に事務次官が実際の行為(婦女暴行や暴行未遂、わいせつ等の具体的犯罪となる行為)に及んでいるのかどうかはわかりませんが、仮に具体行為はなく口先だけとしてもアウトです。

 事務次官は即刻辞任すべきです。

ただし問題はこの事務次官だけでしょうか?

絶対に違います。

それを考えると、同様の言説を女性記者に為した政治家や官僚などは、全員が同様の問われ方をすべきと思います。

そして、お触り(押し倒したり、未遂を含むレイプは論外)なども含めて、実行行為に及んだ公的立場にある人間、は直ちに自発的に辞職すべきと思います。

ぜひそうして欲しいですが、物凄い数の政治家や官僚などが辞職することになると思います。


取材相手からのセクハラ問題に関しては、メルマガでも具体的に見聞きした話も含め、詳しく書いておこうと思います。2011年の原発事故がなければ、この話を問題にする流れを作れないかと僕も考えていたテーマなので、それが出来なかったこととして忸怩たる思いもあるので。


================================

 

木下黄太の情報発信は主にメールマガジンとなっています。関心がある方は、是非購読下さい。

 

購読申込⇒ http://www.hoshanobogyo.com/

====================================


 


コメント

「共謀罪」を懸念する、ジョセフ・ケナタッチ国連特別報告者から 僕へのメール。木下メルマガ165号より。

2017-06-09 17:02:09 | その他
先週配信信した僕のメールマガジンの大部分を、ブログで特別に公開しておきます。一般公開になるので、一部内容を省略などしています。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
  木下黄太メールマガジン [第165号 2017/6/2]
          < 毎週金曜発行 >         
■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

(前略)

しかし、ある人に僕が要請したことがあって、メールフォルダにその返信
が届いていました。

これは僕が読むだけでなく、是非貴女にも読んで欲しいと思いました。
(まずメルマガ読者に伝えますが、ブログでも遅れて一般の読者にも
公開することはご了解ください、重要すぎるので)。

僕がメールを送って、その返事をされたのは、
「共謀罪」で懸念を表明する書簡を日本政府に出された、
国連の特別報告者、ジョセフ・ケナタッチ(カナタチ)氏
安倍総理が「彼の書簡は国連総意でない」卑しむような答弁をしたターゲット
です。

しかしケナタッチ氏に関して、国連事務総長は安倍総理に対しては
「特別報告者は独立しており、人権理事会に直接報告する立場の
エキスパートである」として重んじている姿勢を示していたことも
既にわかっています(安倍総理が嘘を平気でついているということ、
有体に言って)。

法学者で、マルタ大学の教授です。

僕に返信された彼のメールで、この特別報告者がどのような人物なのか、
貴女も確認してください。

とてもいろんなことが勇気づけられると僕は感じています。

彼からの手紙を翻訳したものと、僕からの依頼文を併せて掲載しておきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【「共謀罪」を懸念する、ジョセフ・ケナタッチ国連特別報告者から
僕へのメール 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


================================================

木下黄太様

お手紙ありがとうございました。
とても感謝しております。
憂慮する日本の市民たちから、たくさんのメールをいただいており、
私の国連特別報告者としての仕事のやり甲斐と価値を、一層強いものに
してくださっています。
あなたの根気強さにも尊敬を表します。
受信箱には、あなたからのメールが3通ありました。
返事が遅くなったことをお詫びします。
しかし、私は毎日数百、時には千通を超えるメールを受け取っていること
をご理解いただけると思います。
すべてに目を通すように努力しておりますが、1日は24時間しかありません。

私がすぐにでも訪日するべきだという木下さんのお考え、それから御提案を嬉しく思いました。
ぜひそうしたいところですが、残念ながら、同様に新法を起草中の他の諸政府との約束がすでにあり、2017年6月のスケジュールはいっぱいです。

国連には200か国もの加盟国があり、多くの加盟国が私の援助を必要としています。

しかしながら、日本への強い関わりを今後も維持していくつもりでおり、
6月9日には東京で行われる市民フォーラムに、ビデオコンフェレンスの
手法を用いて参加できるように取り計らっているところです。
少なくとも当面は、このような形で、日本の外からでも日本国内の議論に
貢献しようと努力しています。

また、5月18日の政府宛ての手紙で私が提起した問題に、日本政府が何も応えておらず、この件における私の国連の任務への積極的な協力をしたいという意思を示していないことも、考慮し、御理解ください。

日本政府がそのような意思を示したり、私との面会や、緊急での話し合い
を望んだりしたならば、6月中に訪問を予定している他の諸政府の理解を
得た上、予定を延期し、日本を訪問したでしょう。
しかし、これは起こりそうもありません。

これらの事情以上に、私が政府宛ての手紙で提起した問題は、今度もなく
なることはないということも忘れないでください。

6月に「共謀罪」が議会で可決されるかされないに関わらず、この先も、民主主義の良き模範となるような個人情報保護関連の法や政策、監視機関を、日本が持つことを確実にするという、何年もかかる仕事が待っています。

この長い期間に、私も日本に度々訪れなくてはならないでしょう。
その間にお会いする機会を持てることを願います。

どうぞ短期間の後退で、意気消沈されませんように。
プライバシーや他の人権を守ることは、フルマラソンのスタミナを必要と
します。
それに比べれば、「共謀罪」の法議論は、100メートル走です。
ですから、あなたの友人や仲間、隣人、そしてあなた自身が、スタミナと
粘り強さ、耐性、そして、長期戦の心づもりをしっかりと持っていてください。

今後、誰が政府のメンバーか、誰が総理大臣か、日本政府が協力的かどうかに関わらず、私はフルマラソンに最後まで関わるつもりですので御安心ください。
なぜなら、真実は今後も変わらないからです。

あなたの成功を祈ります。では。

ジョー
-----------------------------------------------------------------

ジョセフ・ケナタッチ教授。

はじめまして。
私は木下黄太と言います。

私は日本のテレビ局の局員として、20年間、社会部記者、社会部取材デスク、報道番組ディレクター、番組プロデューサーを務めてきて、今はフリーのジャーナリストです。

共謀罪に関して、あなたの特別報告について、日本政府が貶めようとして
いることは、おかしいと考えています。
日本ではそういう動きが物凄く強いです。

私はテロ対策は必要と考えている立場ですが、今回の共謀罪に関してあなたの懸念は正当なことが多いと思っています。

さらに安倍総理が国連事務総長と会談し、「あの特別報告は国連の総意
でない」とする話を伝えて、更に貶めようとしている手口にも、違和感を強く感じています。

あなたが10月に来日されることは知っていますが、それでは遅すぎると考えています。

無理を承知の上でお願いしますが、日本に6月か7月に来日して、あなたの
見解を公に伝えていたたくことはできないでしょうか。

日本国内は本当に閉塞感が強まっていて、僕は原発事故以降、政府やメディアのスタンスとは相容れない為、独力で発信している者です。

特定の政党、特定の宗教団体とのつながりは、ありません(取材先として
のかかわりのみです)。

こうした状況を少しでも改善する為に、あなたが来日していただければ、
大変にありがたいです。お返事をお待ちしています。

木下黄太

---------------------------------------------------------------

なお、この翻訳はShoko Yanoさんによるものです。
本当にありがとうございます。皆さんも感謝を。

=================================
 
先週金曜日メルマガ読者にお伝えした内容ですが、広く日本国民が知った方が良いメールと感じたのでブログ掲載いたします。

出典を明示されれば、今回の記事については引用拡散されてもよいと思います。



☆============================================☆
木下黄太メールマガジン 月4回・原則として金曜日発行
申込&問合せ⇒http://www.hoshanobogyo.com
☆============================================☆
 
コメント

新たな戦争を止める意識を強めるために、今日本で見るべき映画は『タレンタイム』。

2017-04-27 01:08:50 | その他

社会全体にしろ、ネット空間にしろ、何というかどうしようもない方向にどんどん進んでいます。

「震災は東北でよかった」と言う復興大臣、それを更迭することでガス抜きを図る安倍総理、そしてその更迭すら文句を言う二階幹事長。

正気の話はこの国になく、戦時下の匂いが濃く漂っています。

何の意味もない戦争危機が強まっていて、そのことを止めるべきという当たり前の話すらおきません。

しかも、そこに核戦争危機が存在しているのに、反原爆側も、反原発側も、反被曝側も全てがとろい動き。

2011年の震災後、原発事故後に立ち上がった筈の人々、大半は別目的か、自己満足だった輩が大半なのは、この深刻化に意味ある反応がないことでも明らかです。

僕のメルマガ読者ですら、僕が書くことが辛くて耐えられないから購読を止めると言ってきた東京の人もいます。

放射能リスクでメルマガを読んでいても、更なる大きなリスク(核ミサイルも放射能)が迫ると、耐えられない神経。

これではダメです。

本当に日本人という存在の意識は、弱すぎる人が多すぎると思っています。

こんな時代の日本人に何を話しても届かないだろうという絶望しかありませんが、そういう人にも見てほしい映画があります。

こういう映画を見る人が増えると、戦争を止めることをもっと考える人は増えると単純には思います。

少なくとも止めることを強く考え始めないと何もなりませんから。

そして、貴女も少しは強い意識を持てる可能性もあると思います。

僕は、数週間前にこの映画の存在を偶然に知って、先日実際に見て大変に驚きました。

これだけ、他民族や宗教との劇的対立を描き、その中で若者が苦闘しながらも、歌も含めた世界の中で、次の関係を見出し喜ぶ様を、とても情緒豊かに伝えています。

しかし、これはユートピア、存在しない希望の世界なのですが、それを通じて、戦時下の下僕に落とし込まれつつある我々に、精神の可能性を示す映画と思います。

マレーシア映画の中でも際立って傑出した ヤスミン・アハマド監督の遺作タレンタイム

映画祭のみで公開されDVDも日本にほぼ存在しなかった映画、各地で初めて劇場公開されています。

貴女が行くことのできる劇場で、自宅などよりミサイルやテロなどによる生存リスクが著しく下がるなら止めた方が良いですが、そんなリスクが特に上がらなくて映画代が支払える経済状態なら、かなり無理しても見た方がよいと思います。

そんなにレベルの高くないとされるマレーシア映画にすら、10年近く前で、日本は足元にも及んでいないことも確認できますから。

 

コメント

「ネットで書いたら逮捕される」特定秘密関連で3年前に言い募っていたネット住民は、一体どこに消えたのか?

2016-11-20 19:01:01 | その他

======================================================

【「前はどこの車かよく聞かれたんですが、最近はまるで聞かれません」放射能リスク意識が薄れる中古車購入への対処法 】
【 埼玉の塾講師が身近な小学生を見ていて、気にし続けている健康異変 】
【「東京の身内が乳がんになり、手術直前におかしな対応がありました。」海外避難者からのメール 】

 

 木下黄太メールマガジン最新号購読はこちらから→http://www.hoshanobogyo.com/

 

======================================================


すっかり忘れている人も多いと思いますが、3年前に特定秘密保護法について、反対運動が大きくおきました。

反対するという立場は、言論の自由などの概念からも、よく理解はできます。

しかし、その頃に、「私が逮捕される」、「ネットで何か書いたら逮捕される」という言説までもが、大手を振ってまかり通っていました。

こうした意味不明の言説について、三年前の2013年11月に僕が書いた文章です。

=======================================================

 

正直、知能指数ということまで考えます。

特定秘密保護法案に僕は賛成の立場ではありませんが、この法案が通ったら、「ツイッターができなくなる。」「ブログは止めないと。」「私は逮捕される。」というようなメールばかり僕にきます。

あほらしくて話になりません。

あなたが得ている情報で、あなたが書いている話で、あなた個人が逮捕される可能性はほぼありません。

そんなに価値のある情報を持っている人なんて殆どいません。

99.999%の人には何の関係もありません。

こういうことも自分を特別扱いするそうした意識にげんなりします。
通常の知性もありません。

ネットはどこまでおかしい人々の巣窟なのかと気持ちが悪くなります。

=======================================================

 三年前に書いたことは、今もそのまま正しいと思います。

 特定秘密保護法は、国の情報の内で、「我が国の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものの保護」がポイントです。

こうした情報にアクセスしようとするのは、ジャーナリストなどの取材者や研究者、それから国会議員などの政治家が対象です。

つまり、ある種のリスクを考えて、それでも情報を入手しようとした場合に、スパイ目的でないのに国から攻撃を課せられる可能性が存在するということです。

しかし、このリスクは、施行して二年近くなりますが、明確に顕現する状態にはなっていません。

おそらくは情報提供する側の自発的萎縮などは存在している可能性はもちろんありますが(そういう秘密をジャーナリストに提供しようとする人はそもそも圧倒的に存在していない日本ですが)、ジャーナリストや研究者がこのことで捜査されるような事態すらおきていません。

例えば、最近では安全保障技術研究推進制度の研究成果について、防衛施設庁が「特定秘密保護法に基づく特定秘密の対象にはならない」と言明(http://mainichi.jp/articles/20161119/k00/00m/040/120000cより)するなど、むしろ濫用とは逆の対応になっていると思います。

勿論、そもそもそうした情報を入手する能力のない、ネットで発信したい住民は関係ありません。読んでいるのが殆どのネット住民は、更にです。

こんなあたりまえのことを3年前に指摘はしていましたが、そこで大騒ぎした人々が、その後も何の確認もなくネットで喚いているのを見るたびに、日本語のネット空間で意味ある言説というのが、本当に育ちにくいことをまた痛感しています。

結局、流行的感覚、流行り廃りのことばかりを、その都度マスコミかネットに影響されて楽しんでいるだけの意味なき人々が圧倒的多数であるのが、ネット内の日本語言語空間なのだろうとおもいます。

まあ、溜息しかありません。

 

===================================================

 

 【11/23(祝・水)「三田茂医師&木下黄太講演会 in 徳島】

 

 開場/13:30 講演/14:00~16:30  とくぎんトモニプラザ 3F 大会議室(徳島市徳島町城内2番地1)

 

申し込み⇒ http://kokucheese.com/event/index/428092/

 

※小学生以下は参加費無料です。※保育はありません。
連絡先: info@tokushima-teijyu.net/  
主催:とくしま定住支援ネットワーク
協賛:さよなら原発徳島実行委員会・脱原発市民ネットワーク徳島
後援:徳島新聞社・四国放送株式会社 

 

======================================================



コメント

和歌山で野菜や果物、熊野牛などの地産材料で、小麦や別の油脂を使わない、ローカロリーなスープカレー。

2016-11-01 23:59:38 | その他

放射能関連なども含めて、大切な内容は圧倒的にメールマガジンに書いております。

極力、メルマガを購読をお願いします。申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 

放射能回避も出来ていそうで、ローカロリーで味が複層的なカレーの紹介。

きょうは私用で、近畿内一円、なんと和歌山まで動きました。

このため、今帰宅していて(5時間以上往復で電車に乗車しました)、ブログを書く余裕も取材の余裕もありません。

こういう時は本当に困ります。

そこできょうの記事は、今夜、僕が戻りの電車に飛び乗る前に、駅近くで食べた夕食の紹介をしておきます。

おそらくは、放射能回避にも有効な外食だろうと思います。

画像は、このお店を紹介している、和歌山の自治体ホームページより引用しました。

要はスープカレーなのですが、普通のスープカレーよりも、小麦粉や変な油脂、バターが使われていません。

和歌山産の野菜・果物・和歌山の牛などがベースに作られているスープカレー。コメは和歌山産。

味が多角的で、深みがあり、しかも胃に重くない食べ物。普通のカレーとは異なるのに、味はむしろ美味しいというものです。

僕は数年前にはじめてここのカレーを食べてびっくりし、今回久しぶりに和歌山に赴いたので、立ち寄りました。

相変わらず美味、しかも重くなくて、複層的な味なんです。これはなかなかありません。

インド系スープカレーは、単線的な味のものや、実は脂っこいものが多い中で、これは全く正反対のベクトルです。

きっと日本人には、とても好まれるカレーと思いますが、残念ながら和歌山まで赴かないと食べるチャンスがありません。

僕もたぶん二度目か三度目、なかなか和歌山には行かないので、機会がありません。

こうしたお店は、きちんと材料に拘り、味を吟味に吟味を重ねていると、西ならば必然的に放射能回避もできているという好例と思います。

放射能回避を売り物にして、今一つの料理をバカ高い値段で平気で出すようなレストランとは、大きく違う存在であることは、まちがいないと思います。

放射能回避を売り物にしているレストラン連中が、僕がマグドナルドをよく食べているという噂を流していることは知っていますが、僕はマックなんか好んでいないのは、昔から僕を知る人には常識です。

そうした放射能回避宣伝レストランの味に疑問があり、そういう宣伝にもおかしいと感じている僕のような人間は、あたりまえですが、もっと美味で、もっと食材を吟味するタイプのレストランを志向しているだけですから。

まずくて、しかも自称「放射能回避レストラン」などに、何の関心もありません。

勿論言うまでもなく、「測って安全」と言って、汚染可能性が高い地域の食材をよく使う感覚のレストランには行くつもりは全くありませんから。

===============================================

 

【11/23(水・祝) 三田茂医師&木下黄太講演会IN徳島】

こくちーず予約→http://kokucheese.com/event/index/428092/

2016年11月23日[水・祝]

開場/13:30 講演/14:00~16:30


参加費はこくちーず予約や前売りが半額となっていますので、予約をされるか前売りをご確認ください。
場 所  とくぎんトモニプラザ(青少年センター) 3F 大会議室 
     (徳島県徳島市徳島町城内2番地1 TEL:088-625-3852)

※小学生以下は参加費無料です。※保育はありません。
連絡先: info@tokushima-teijyu.net/  

前売チケット取扱店
平惣各店
(徳島市)Aaron’s・可否庵・O-ba'sh crust・オーバッシュカフェ
(吉野川市)オーベルジュ&スパ 美郷の湯・さくらカフェ
(阿波市)川人医院

主催:とくしま定住支援ネットワーク http://www.tokushima-teijyu.net/
協賛:さよなら原発徳島実行委員会・脱原発市民ネットワーク徳島
後援:徳島新聞社・四国放送株式会社

===================================================

中田考氏の家宅捜索は、盟友・常岡浩介氏がイラクのモスル近郊でクルド人側に拘束されたことが発端のようです。

常岡氏が、拘束される具体的な容疑あるというよりも、そこにイスラム国とも付き合いがあるジャーナリストがいるから拘束したという事象がおきているだけな気がします。

勿論、取材は双方行えるのが望ましいですから、常岡氏がおこなっていることがおかしいとも言えません。

まあ、戦闘状態にある対立相手側は、疑って拘束することも、戦場ではありえます。

この拘束情報が伝わって、日本の公安が、あんまり合理性のない家宅捜索を中田考氏関係先におこなったとみるのが、もっともあたりまえの認識ではないかと思います。

何か、必要以上に話がぐるぐる回って、こういうことが起きている気がしてなりません。


 

 


 

コメント

恩師である元中央大学教授・吉川道夫氏等の著作『新クラウン英文解釈』(三省堂)の復刊を強く希望する。

2016-10-19 21:10:57 | その他

最近、大学受験の現状と、その対応について関心があり、いろんな関係資料を調べています。

その中で、最も気になっているのが、いわゆる正統的な英文読解の力をまっすぐ養成する良い参考書が激減していることです。

おそらくは全体的な学力低下、特に難関大と言われている大学の大半でも、あまり難しくない英文を一定量以上読ませることで解答させる形式のものが多くなり、精密に読み解く作業を必要とする大学が相当に少なくなっていることが大きいと思います。

まあ、日本語が読めない人たちに、英文を精密に読むことができる可能性はそもそも低いと考えるしかありませんが。

文学性という観点だけでなく、論理性が強くて、ある程度難解な英文をきちんと読みこなす作業も習得する時間がなく、しかも入試での出題可能性が激減するという状況。

そういう意味できちんとした読解力をつけるために、必要な教材は姿を殆ど消しています。

ただし、京都大学など一部の大学では、まだこういうレベルの英文は出題されている。

その対応の一里塚となるのにふさわしい参考書がないと、かなりの数の参考書を読んで思っていました。

現在発売中のモノ、少し前まで出ていたモノ、なかなか合致するよい参考書は少ないです。

ところが、灯台下暗しというか、思わぬところに優れた著作を見つけました。

それは、僕が中央大学法学部時代にたまたま語学授業を受けて、その後も亡くなるまで御自宅に伺うなど親しい関係を続けさせていただいた故吉川道夫氏等の『新クラウン英文解釈』です。

 吉川さんは、英文学者・英語学者で、トーマス・ハーディの研究者として名前を残されていて、研究社の英和中辞典第5版で代表編纂者として大きく変えられたことも知られている人物。当時、代々木ゼミナールの有名講師だった潮田五郎氏が「研究社の英和中辞典は5版になって蘇りましたね」と話していたことはよく覚えています。

 そうした輝く存在な辞書だけに、今は被曝を好むような言説を書き続けている副島隆彦氏が中傷本をだす騒ぎまでありました(今となっては、副島氏の本質は三十年前から変わっていないと思いますが、このこともメルマガにも書いておきたいと思います)。まあ、今のおかしなネット住民の対応などと同じような感覚かもしれません。

 僕が吉川さんと親しくなったのは、はっきりとなんのことか思い出せないですが、学生の在り方とか、学問の在り方について、彼がある見解を述べたことについて、僕が閉塞しきった学生運動の状態でいろんなおかしい状態を大学構内で遭遇したことも踏まえて、その意味を確認した話だったような気がします。

 その時の返答もよく覚えていませんが、バブル間近の80年代後半には、僕のような学生が絶滅危惧種だったらしく、階段の踊り場で笑いながら名前や出身県などを聞かれていたのは記憶に残っています。

 彼は、専門のその英語や英文学の知見のみならず、授業のほとんど社会問題や学生の在り方、政治へのかかわりなどの話が大半を占めていて(授業の英文も行動心理学のB・F・スキナーの著作でした)、他の教授陣(語学のみならず法律や政治も)よりも、現実の社会問題や社会情勢に関しての学問の在り方を学生に伝えようとしていました。

おそらく僕が大学で直接指導をうけた教授らの中で、最もいろんな意味で影響があった人物だろうと思いますし、こうした放射能回避などの活動を行っている僕のベースに、彼による薫陶の要素があることは間違いありません。

そして吉川氏が出した著作物の中で、僕に存在を伝えていなかったのが、この『新クラウン英文解釈』という参考書の存在だったのです(どうして彼が伝えなったのかはメルマガなどで書きます)。

吉川氏の父親で英文法書の著者として著名な吉川美夫氏、更に三省堂のクラウン英和辞典などの数々の辞書編纂で著名な河村重次郎氏と、この『新クラウン英文解釈』は連名の著作となっています。

しかし、師匠や父親の名前もありますが、実質は吉川道夫氏の作業による参考書であるのが、この『新クラウン英文解釈』になります。これは吉川道夫氏が生前最後に刊行したと思われる『我楽苦多雑文集』という私家版エッセイ集のあとがきに、実質的に自らの著作であることも明記されています(ご本人による参考書は実はこれを含めて2冊しかないこともわかっています)。

直読直解式の英文解釈法としての、方法論を示したものという認識でした。

しかし、易化する日本の教育状況から、長らく絶版状態になりました。

一部の人たちがこの本を求める声は大変に大きく、2015年5月には、オークションで落札されたらしい価格が19万を超えていた模様です。

ここまで求める声が大きくても、出版社は受験問題が易しくなっていることを前提に、復刊は難しいという立場を崩していませんでした。

今回、どういう経緯で復刊の方向に話が少し始まっているのかは分かりませんが、僕は半年近く前に三省堂と話した時には、「本として意味が大きいが、今の時代には売れないという見立てが強い」という反応でした。

それでも、どうやら、この本が再刊される可能性が少し出ているという情報が、最近ぼくのところに入ってきました。

三省堂による復刊可能性が高まっている事と推察されます。

これは、僕自身が自分がきちんと読むためにも(僕は部分的にしかこの本を確認できていません)、是非復刊してほしいです。

論理的な英語読解力をつける意味で、おそらくは最良の参考書の一つでしょうし、一部の難関大学には今でも有効な部分を有していると僕は感じています。

是非、みなさんにも、この本の復刊を幅広く、強く要望していただきたいと思います。

それは、学生たちの英語教育を通して、社会や体制の問題や適切な改革について認識を深めさせ、そうした中で人材育成をおこなっていた吉川道夫氏の考え方による影響が、良い形で今の日本に伝わることが、実は放射能国家となった日本において、再生のためへの手がかりの一つになる可能性もあると僕は思っているからです。

再刊の要望は、まずは版元である三省堂https://www.sanseido-publ.co.jpに、直接働きかけてみることが大事です。出版社は直接購買可能性がある人々の声が聞こえてくると、やはり動くことはありえます。

また、復刊ドットコムhttp://www.fukkan.comでも、この『新クラウン英文解釈』についてページがあるようです。ここにも復刊要望を出してください。

この話は、表ではまだ部分的にしか書いていないこともあるので、メルマガで書きにくいことも含めて書いておこうと思います。これは、僕の基本に関わる話にもなることもあるからです。

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンで毎週金曜夜に配信(月4回) 

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

====================================================

10/23(日)の世田谷お話会は会場変更で定員を10人増やしたものの、それもすでに満員となりました。

妨害によって、むしろ参加者が増えた状態です。\(^o^)/。

新たにキャンセルが出た場合のみ、参加可能となりますので、一応問い合わせからリクエストをしてみて下さい。

https://ssl.kokucheese.com/event/inquiry/428524/

====================================================

10/22(土)豊橋に申し込みたい方は、10/18のブログ記事で明記した方法で、お申込み下さい。

こちらは余裕があります。






 

 

コメント

気分転換に、人間より信用できるパンダ、マドリード。

2016-09-27 07:43:57 | その他


パンダは裏切らない。
コメント

【感染症リスクの再確認】感染力の強い麻疹が拡大の様相、兵庫県尼崎市で保育園児などで集団発生。

2016-09-09 04:50:00 | その他

麻疹(はしか)は感染力が極めて強い疾患です。

感染が強いものは、伝播するのが思わぬペースになっていることは、考えないとなりません。

症状が子供などは比較的軽いことも、こうした麻疹が感染しやすい状況になります。

ただし、SSPEという怖ろしい後遺症が極めてまれ(罹患者数万人で一人)ですが、起きることが知られています。

遅発性のウイルス感染症。プリオン病などと近い疾患です。厚生労働省の研究班ホームページより引用いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

http://prion.umin.jp/prion/index.html

「亜急性硬化性全脳炎(subacute sclerosing panencephalitis) は、その頭文字をとってSSPEともいわれています。麻疹(はしか)に感染してから数年の無症状の期間を経て、微細な神経症状が現れます。発病後は数か月から数年の経過(亜急性の経過)で徐々に神経症状は悪化し、数年から十数年で死に至る重篤な疾患です。

 

通常のウイルス感染が数日から数週の間に発症するのに対し、このように潜伏期間が数年と長く、ゆっくりと進行するウイルス感染を遅発性ウイルス感染と呼びますが、SSPEはその代表的な病気の一つです。」

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

これは幼児が感染した場合に起こりやすい疾患ですが、こうした重篤な疾患が一定期間後に確率が低くてもおこりうるものが、麻疹ということは想定しておかないとなりません。

こうした麻疹による重大な疾患発生リスクまで考えると、そのリスクを下げるためにも、ワクチン接種という防御は必要な措置とは思います(但し今回はワクチン接種で感染を食い止めているとは言い難い状態ですが)。

舐めてはならない。

そして、この麻疹が拡大する様相を呈し始めていることは間違いありません。

兵庫県尼崎市に飛び火しました。関西空港から海上直線で40キロ、道路だと50キロ離れている場所で、麻疹の集団発生があり、報告がなされました。

9月8日正午時点までに8名の麻疹患者が発生しています。

これは、保育園児4人と職員1人、母親1人の6人が集団発生。しかし、保育所は閉鎖はしないそうです(大丈夫か?)。

これ以外に中学生が1人感染が確認されています。

そして感染経路はわからないと市役所からは報告されているのですが、もう1人の感染者は実家が尼崎市内にある関西空港職員です。

この職員と他の感染者との接触がわからないから、感染経路は不明と考えるようですが、感染力の強い麻疹は、いくらでも空気感染するものですから、関連性があると考えた方が自然なリスク感覚です。

もう麻疹の状況は、大阪南部の関西空港周辺に留まらず、関西の都市部では一定以上のリスクとして悪化しつつあると想定すべきように思われます。

麻疹は致死的感染症ではありませんが、こうした感染症リスクに遭遇することは、被曝国日本では頻度が増すと考えられますから、ある種のシミュレーションとして、貴女が対応を考えて振る舞うことを少なくともお勧めします。

 

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンで毎週金曜夜に配信(月4回)。

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 





 

 


コメント

関西国際空港と千葉県松戸市で麻疹(はしか)流行の怖れ、防御策として提案するN95マスクの着用。

2016-09-08 20:49:00 | その他

麻疹、はしかが流行する可能性が生じています。

千葉県松戸市周辺では、この夏に下記のような状態となっていました。

------------------------------------------------------------------

平成28年 千葉県の麻しん発生状況 (8月31日現在)

 第29週(7月18日から7月24日) 1例(33歳) 届出:松戸保健所

 第30週(7月25日から7月31日) 1例(0歳10か月) 届出:松戸保健所

 第31週(8月1日から8月7日)   1例(4歳) 届出:松戸保健所

 第32週(8月8日から8月14日)  1例(1歳) 届出:松戸保健所

 第33週(8月15日から8月21日) 6例(0歳6か月2名、1歳、6歳、15歳、28歳) 届出:松戸保健所

 第44週(8月22日から8月28日) 4例(1歳、5歳、6歳、20歳) 届出:松戸保健所3例、船橋保健所1例

---------------------------------------------------------------------

そして、より深刻なのは関西国際空港です。

すでに、従業員や一般客、周辺施設来場者にまで麻疹(はしか)となっていて、現在およそ40人の患者とされています。

これは、最近では大きい発生事例で、しかも巨大国際空港での事案ですから深刻な話です。

しかも、この麻疹罹患者のうち、聞き取りが出来ている関西空港関係者33人のうちで、15人は過去に罹患経験がなく、更に予防接種を受けていなかったり、受けた記憶があいまいな人たちでした。

けれども、予防接種を一度受けたと申告した人が5人、二度受けていると申告した人が13人となっていて、実は今回、関西空港関連で陽性となった半数以上が、予防接種していたのにも関わらず、感染し発症していることはほぼ間違いない状態です。大阪府のHPより、下のグラフは引用しています。


ですから、これから関空を利用する可能性がある場合に、過去に予防接種を受けていることが、どれだけリスク回避できるのかは、実は予断を許さない状態です。

一般的に一回の接種で万全でないとされますが、二回接種でも避けられない状態。

中国由来とされ、最近多く発生がないH1型であることも、関係しているかもしれません。

しかも、どうやらワクチン品薄は徐々に拡大しつつあり、おそらく更に完全拡大が始まると、なかなか受けられない人も出てくる可能性が強まると思います。

こうした中でも、空港に行くリスクがある方は防備の方法がなくて困ると思います。

麻疹(はしか)に罹患している世代はかかりにくい可能性は高いのですが(空港関係者などの陽性になったのは全て40歳以下)、これも偶然かもしれませんから、確定的に安全とは言えません。

「この麻疹ワクチンは、風しんとのMR混合ワクチンを打つことになります。単独のワクチンは殆どありません。ワクチンは値段は安くなくて、おおよそ8000円程度だろうと思います(医師の裁量で価格は違います)。しかも、二回打たないと完全に作用しませんから。昔、一度しか売っていない、今の二十代から三十代が特に弱い可能性があります。これをやっておくと、それで完全に防げるわけではなくても、症状は弱くなると思いますから。もちろん、過去に罹患した方が遥かに強い状態ですが。」と三田医師は話します。

こういう意味で、効きの弱さを感じながらも、対応してくれる病院が近隣にあれば、ワクチン接種は一つの方法です。

但し、これは品薄が始まっていますから、場所によっては対応できない可能性が生じているかもしれません。

実際にこういう掲示もされていたクリニックもありました。

「麻疹風疹混合ワクチン不足のため、予約中断
本日、卸からの連絡で、しばらく麻疹風疹ワクチンの供給がストップすることになりました。(毎度のワクチン不足です。)」

こうしたワクチンに関しても三田医師に聞きました。

「やっぱり、関西空港利用者のうちで、事前にワクチン接種する人も増えるから、需要が多くなると、ワクチンの供給が難しくなる。そうすると普段このワクチンをよく使っている病院には優先的にいきわたっても、なかなか全体には難しくなるかもしれません。これは頭が痛い話ですよ。」

更に、大阪府の担当セクションとも話しましたが、「ワクチンがどこまで効くのかということは、今回の聞き取りを見たら、いろいろとおもわれるかもしれませんが、まあそれしか防備する対策がなかなか難しいです。」と率直に話されます。

他の対策も尋ねましたが、有効な解答は特にありませんでした。

また、現況では千葉・松戸の状態と、関西空港の発生とが関連があるのかどうかも分かっていないそうです。

こうした中で、それでもワクチンに加えて、もしくは別に、何かないのかと探しました。

少し役立つものが、被曝回避を続けている貴女には、おなじみの道具にあったのです。

国立感染症研究所HPで次のような記載がありました。

「麻疹は空気感染する疾患ですので、免疫がないスタッフが対応する場合には本人の防護のためにN95マスクあるいはそれ以上の性能のものを着用すべきです。」

麻疹は、感染力が強くてマスクは役に立たないと常識的に言われていますが、小さい粒子もとらえることが可能であるN95マスクは、麻疹対策として万全ではなくても、一定程度は有効性があるということと思います。

麻疹(はしか)に対応する医療スタッフの中で、過去に罹患していなかったり、予防接種を二回していない人にとって、出来る最大限の防御としてN95マスク着用を国立感染症研究所が勧めているのですから。

これは、当然ながら、一般人が同じ条件で、関空などリスクが高い場所を訪れる時、ワクチン以外で防備する手助けになる数少ないモノということになります。

 

こうした被曝回避で、僕たちがよく使っているモノが、実は違うクライシス(今回は麻疹という感染症の国際空港内などでの発生)にも一定程度は役立つ可能性を示しているということです。これは被曝回避的リスク回避感覚の有用性を、違う形として示したことにもなると僕は感じています。


 

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンで毎週金曜夜に配信(月4回)。

 

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 







 

コメント

台風10号で被害が大きかった北海道南富良野町や岩手県岩泉町などへの義援金口座。

2016-09-06 21:39:33 | その他

 災害における義援金は、最終的な段階までの時間はかかりますが、被災者に直接お金が渡るため、善意が別のことに利用されないのかという疑いを抱かなくて済むものです。このため、被災自治体に直接義援金を振り込むのが、最もわかりやすい支援となります。

今回の台風10号は、北海道や岩手など、台風経験がほぼない地域に、初めての大きな台風を経験させたことになり、そのために被害が甚大となっています。

そうした中で、被害が大きかったいくつかの自治体で、義援金を呼び掛けています。

個別の市町村が、直接義援金口座設置してを呼び掛けているもののみを記載しておきました。

 

===================================================

北海道南富良野町

義援金名

  平成28年台風10号大雨被害への義援金

金融機関の振込先

  銀行名:旭川信用金庫

  支店名:南富良野出張所

  科  目:普通

  口座番号:1416252

  口座名義:南富良野町災害対策本部

    ※振り込み手数料について
   ATM・ネットバンキング等からの振込みについては、それぞれの金融機関の所定の手数料がかかります。
   ただし、旭川信用金庫の本支店の窓口からの振込みは手数料が免除されます。

===============================================

岩手県岩泉町

北日本銀行岩泉支店  普通口座「7030542」

岩手銀行岩泉支店   普通口座「2040893」

口座名義は「岩泉町災害義援金 岩泉町長 伊達勝身」

===============================================

 岩手県久慈市

岩手銀行 久慈中央支店 普通口座 「2096159」

 

口座名義 「久慈市台風災害義援金 久慈市長 遠藤譲一」

※備考欄に納入者のお名前をご記入願います。
※お礼状発送のため、入金の前に社会福祉課(0194-52-2119)までにご連絡をお願いします。

================================================

他にもふるさと募金などを通じて支援する方法や日本本赤十字を通じて行う方法、北海道や岩手県など都道府県単位の方法もありますが、特に被害の大きい地域について、直接支援できる感覚が強いのは自治体義援金ですから、それを掲載しておきました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

【 放射能汚染の実地調査を市民側で行っていた或る専門家、全身の骨にがんが広がり亡くなるという悲劇 】

関口鉄夫さんのご冥福をお祈りいたします。

『2016年 真夏の大放談(4)』
【ノーベル賞の或るケーススタディから考察してみる、放射能を巡る"政治"ということ 】

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンで毎週金曜夜に配信(月4回)。

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

------------------------------------------------------------------------------------------------

 



 

コメント

【東京鎮魂】あらかじめ裏切られていた茶番の行く末、お盆に発表されるSMAP解散劇。

2016-08-14 16:15:55 | その他

なんというか、これはあらかじめ裏切られていた話というだけのことだったと思います。

勝手な期待が。

あまりにも、つまらない話ですが、こうした成り行きを見ていても、東京に希望はかなり少ないことの裏付けと僕は思います。

しかもお盆に発表される感覚が、東京鎮魂の想いを強くします。


僕のメルマガで今年1月に書いている原稿を一部編集して、書いておきます。更にこの後のブログ記事も。

これらの内容に書かれていることが、1年も誤魔化しが持ちこたえられなかったということです。

そりゃそうでしょう。

こうした内容も、たまには書くこともあるかもしれません。

 

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンでのみ毎週金曜夜に配信(月4回)

 

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 

 

===================================================

<木下黄太メールマガジン99号より>

今が旬の話題について、触れておきたいと思います。

それはSMAP解散報道のことです。

まずSMAPはジャニーズ事務所所属。
このジャニーズ事務所は、メリー喜多川(89)氏とジャニー喜多川(84)氏の姉弟による芸能プロダクションです。

この事務所のタレントが、大きく成功した人が多いのは、ジャニー氏の独特な感性による選択と育成がまずは一義的に挙げられます。

そのことへの是非はいろんな形でありますが(『週刊文春』がさんざん過去に報じています)、少なくとも成功している要因の大きな一つであることは間違いありません。

そして、これは一般の人にはわかりにくいかもしれませんが、他に存在している特定の芸能事務所よりも、暴力団との関係が明らかになく、そうしたおかしな落とし穴が少ないことは、実は大きなメリットの一つです。

つまり、テレビ局局員にとって、組む相手として、まだ楽なのです。

あるタレントをブッキングしたいだけなのに、思わぬ条件やおかしな話が跋扈することは、テレビ業界では普通に存在します。
そうした中で、ジャニーズ事務所に関しては、そういう類のことは、とても少ないのは事実です。

しかも、ある程度視聴率の取れる男性タレントグループが複数存在しています。

テレビ局にとっては、ジャニーズ事務所は組みやすい相手なのです。

しかし、芸能事務所というのは、どこもそうなのですが、実は小さい世界の中にいることが多いです。本当は家内制手工業の世界に近いです。

そうした中で、その事務所を引っ張ってきた姉弟が、80代の年齢。このままの体制は長くは続かないです。
老いた人々は、自分が培ってきた事務所をどうするのか考えますが、これは結局家業をどうするのかという話に他なりません。

それを有能な部下を重用するよりも、自分の娘にすべてを継がせるということです。まあ、中小企業にはありがちな話です。
しかし、有能な部下は、居場所を失いつつあり、その部下に育てられたタレント、この場合はSMAPの大半のメンバーが、事務所を辞めるという騒動につながっている構図です。

この話に関して、メディアがきちんと伝えられるかは、かなり難しいと思います。

なぜなら、テレビ局は前述の理由で、過去の長い付き合いがあり、踏み込んだ内容を報じる局は日本にはありえません。

こうした構図の中で、SMAP解散報道とその余波がある状況は、知っておいたほうが良いと思います。

日本のマスコミ事情としては。

しかし、客観的に見ると、40歳を過ぎて、「アイドルグループという枠組に居ろ」と、皆から言われることは、本人たちには本当はマイナスでしょうね(メンバーの一部は30代後半)。

普通に考えたら、1人1人で自分の能力を試し、個人でピンのタレントとして生き残れるかどうかをトライしないと、何にも獲得できません。

こんな子供だましみたいな滑稽な話が、40代のタレントグループに対して為される日本という在り方が、よほどおかしいと僕には思えます。

そして、彼らが東京五輪関連でパラリンピックの応援サポーターになっているためか、五輪相が「やめないで」と発言をしていることなども、最早ギャグとしか僕には思えません。関係ないです。

まあ、世の中には、東京オリンピックのテーマを歌うSMAPを夢見ている人々が数多くいるのでしょうが、そうした人々にとって「変らない」存在であるSMAPは、心の支えのようです。

彼らにとって、東京が「不変」であることのシンボルとして、SMAPが機能していると僕には見えています。

これは放射能汚染があれだけある東京で、変らない日常を過ごすことと、本質的に似た振る舞いと思います。

SMAPを取り巻く全体状況を、ただの茶番としか思えない僕が捻くれ者なのか、東京や日本社会の現況がおかしいのか、是非、後世の判断に委ねたいと思います。

=====================================================

 

フジテレビSMAP生放送でよくわかる、日本&日本の芸能界&日本のテレビ局などの凄まじい崩壊。

 

2016-01-18 23:59:12 

 

タイトルにはこう書きましたが、こんな状況のテレビ放送を見て、違和感を感じていない視聴者がいたら、それもおかしいです。

はっきり書きますが、SMAPというグループは、芸能人グループとして終わったのだということがはっきりわかっただけの会見です。

そして、本来は芸能という世界は、演じ手である芸能人が大切であって、そのまわりの人々なんかどうでもいいんです。

テレビ局も芸能界周りのメディアも、もちろん芸能事務所も一般の人には何の関係もありません。

その中で、何がおきていても、それをむき出しにテレビで伝える必要は全くありません。

先ほどの放送は、そうしたあたりまえのことが全く出来なくなっている日本の現実を、象徴的に気づかせてくれる機会としては、興味深いものだった思います。

まず、フジテレビの演出は酷すぎます。

彼らを、さらし者で立たせる演出。というか、おそらくまともな演出などは全くしていないでしょう。

そして、ただあやまらせて、「ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、今僕らはここに立てています。」という発言まで飛び出しました。

こんな内輪話をそのままメンバーが話す状態。それを生でただ伝えるテレビ局。

フジテレビという放送メディアを通して、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏に頭を下げるというパーフォーマンスを見せただけです。

肝心要の、激怒しているメリー喜多川氏の名前は出てきていません。

そんなにテレビ局が、一芸能事務所であるジャニーズ事務所に、こびへつらう放送をするのか。

いくらテレビ局の中で、低迷が続いているフジテレビとはいえ、この放送は正気なのかな? 

僕は、そう感じています。

(あす視聴率が取れたと喜ぶ局内関係者がいる気がしてならないですが)

特殊な感性であっても、少年たちを華やかに売り出し続けたジャニーズ事務所が、所詮は経営者や幹部の争いごとを、商品であるタレントに謝らせるというパフォーマンス。

なんのために、芸能プロダクションをやっているのか、理解できません。

芸能プロダクションが経営上のために商売が本質としても、内情による争いをさらけ出すことは、何の得にもなりません。

血迷っているのか。

80代半ばではある、立志伝中の芸能業界大物2人の無残な終末が、SMAPのパフォーマンスで全国民に逆の意味で示されたということです。

そして、テレビ局も芸能プロダクションもおかしいのは、この現代日本ではあたりまえの話なのですが(日本政府自体や日本国民の大半が異常事態ですから)。

更に、そういうことが起きた場合に、40歳を優に過ぎたタレント(メンバーに30代後半も1人は存在)が、自分で自分の道も切り開かないのかという事です。

20年以上、こんなトップにいたタレントでも、独立して仕事をしていけないのかということです。

この年齢になったら、グループも限界になることなども、実はあたりまえの感覚です。

そうしたら、自分の能力でまた勝ち取っていけばよい。しかし、誰一人そんなことはしない。

「長いものに巻かれたことが正しいのです」ということを、この5人が指し示しているだけです。

そして、勝ち誇ったかのような木村拓哉という人物の顔を見ると、そうした保守的な姿勢が、何よりもこの人には重要だったということもよくわかります。

細かいことですが、謝罪生放送は彼が真ん中にいて、番組最後の「東日本大震災支援金」お知らせは、中居正広が真ん中です。ここで、「東日本大震災支援金」が最後に来たのも、「顕在化」という視点で興味深いです。

アメリカの芸能界に置き換えたら、もっとわかります。

所属先と揉めるタレントなんていくらもいます。

そういう人達が、もめても、人気がある人達なら、必ず違う会社や、違うマネジャーに変わるだけです。

それにタレント本人に利益が一番得るのが当たり前で、事務所は二の次です。

それが普通です。

だって、タレント本人たちが一番大切なのだから。聴いている人達にとって。見ている人、支持している人達にとって。

それが、何で芸能プロダクションの経営者が、まるで神のような状態なのか。

日本がこうした芸能文化の側面で、いかに後進的なのかも、改めてよくわかりました。

もっと言いますが、こんな状態で「解散するな」ということを強要する人々の意識も、とても変です。

こんな状態で、そう言うのは、「長いものに巻かれろ」と、強要していることに他なりません。

これがファンと称する日本人のやることです。

挙句に、パラリンピックを理由に、政治家までも言い出す状況。信じがたいです。

こんなだめなものを見せ付けられるのが、2016年の日本。

これは、リアルな現実です。馬鹿馬鹿しい。

======================================================


コメント

上杉隆氏とMXテレビを巡るおかしな話。安倍総理夫人と三宅洋平氏を巡るおかしな話。

2016-08-07 09:52:30 | その他

きょうはおかしな話を二つ書きます。

 

まずは、都知事選挙に関連して、余波ですが、おかしな話が出ています。

上杉隆氏は都知事選に出馬しました。その出馬前にメインを務めていたMXテレビの番組があります。

この番組に復帰するつもりでいたところ、MXテレビ側が突然にNGを突き付けられているそうです。

ご本人はそれに不満でこうツイートされています。

「戻るつもりで、出馬前にも番組側とよく話し合っていたのですが、昨日金曜日にMXから突然の配達証明が届いたそうです。寝耳に水で混乱しています。淳さんと奈々ちゃん、そして多くの視聴者の方々に心から申し訳ないばかりです。#リテラシー」

ネットでは復帰を巡って署名も始まっていて、反政府的言動により抹殺されているかのような言動が飛び交っています。

さてさて、そういう話なのでしょうか。

上杉隆氏が、MXテレビに無条件で戻れると本気で考えていたら、彼が馬鹿すぎるということです。こんなレベルの覚悟しかなくて、都知事選に出馬していることは、あまりにもレベルが低すぎることです。こんな覚悟では、取り巻き以外の一般からは相手にされる話ではありません。論外の上にも論外です。勿論、こんな話をひろげようとするネット住民は相手にされません。

都知事選のころ、僕はまわりの市民グループから、当選しなくても上杉候補を応援したいという話を散々聞かされていた。本当に選択肢がない今回の都知事選では、消極的選択肢として、僕は彼のことを考えていました。

上杉隆氏と話したのは一度しかありませんし、その一度の電話での話でも、僕は彼に少し違和感がありました。

また、ご本人経歴で、NHKに関しての経歴について、NHK内部の記者から、事実関係についての強い指摘も聞いていました。

それでも、今回の都知事選挙で、投票先がないという異常事態を鑑みると、白票よりは上杉氏という判断はあるかもと考えていました。

しかし、MXに戻りたい動きを本人がしている馬鹿ぶりを見ると、この人物も投票してはならなかった人間と考えるしかないと思います。

選挙に出るということに、彼は根幹的に覚悟ないということですから。消極的選択肢として考えた僕の不明を恥じるしかないです。

出馬したから、それまで出演していたテレビ番組に戻れないのは当たり前のことです、むしろ。

反政府でも親政府でも関係ないんです。

こんな話は常識です。

テレビ局としては、選挙に出て、政治家になるという形を取った人を出し続けることには相当なハードルが課せられます。

テレビは、放送法を踏まえた許認可事業ですから、建前だけでなく実質的に一定程度の枠組みがあります。

放送法を確認してください。

----------------------------------------------------------------------------------------------

第二章 放送番組の編集等に関する通則 

(放送番組編集の自由)

第三条  放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。

(国内放送等の放送番組の編集等)

第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
 
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
 
第三条「放送番組編集の自由」を担保することとして、第四条の各項が存在している法的な構造です。これに、「政治的に公平であること」があります。ここがポイントです。
 
出馬した人を、そのまま番組にMCで継続して出すことは極めて難しい話です。
 
上杉氏は、候補として正当に扱うことを主張されました。政治家としては当然の話です。ですから、そうした扱いを各局に求めている時点で、立候補されたことに加えて、明確な政治的立場をさらに強く示しています。それもテレビ各局に対して、選挙に出馬する政治家としてです。
 
そういう人物を、テレビ番組のMCとして戻せるのかというと、通常はどの局でもNGであるのが普通の判断です。即座に復帰させるなんて話が出る筈もないのが、業界の常識感覚です。

一般論ですが、そもそも選挙に出て、どこかの会社や組織に所属していた人が、落選してそのまま復帰できるケースはほぼありません。その会社や組織の命令で立候補した場合でなければ。

どうして弁護士がよく立候補するのかというと、弁護士は個人事務所ならそのまま戻れるからです。弁護士も大きな事務所の場合は、戻りづらくなって事務所を変わるケースも落選後にはありますが。。。

つまり選挙に出馬することは遊びではなく、それなりの負荷が掛かってくるものです。自分のポジションを捨てる覚悟で選挙に出ているのが日本ではあたりまえのことです(それが適正と言っている訳ではありませんが実状はこうです)。

こんなことは政治家、選挙に深く関わる人間、政界の人間なら常識でしかありません。

もともと鳩山事務所の仕事もしていた過去があり、政治記者(国会周りの政治記者から名前をよく聞きました)である上杉氏がそんなことに全く無知とは思えません。それにも関わらず、こう平然と言う感覚を相当に疑います。

そもそも当初に復帰口約束があったというのが事実なら、MXテレビの現場対応がおかしい可能性は否定できませんし、書面で最終的お断り通告する手法は望ましいとは思えません。

最初から出馬すれば番組復帰はないと通告すべき事案です。
仮に、僕がプロデューサーだったなら、まず出馬を止めます(そもそも当選しないし)。それでも出るなら、出演はなくなると事前通告する話です。
また、仮に僕がさらにこの局で上にいたら、現場が復帰させると言っていた状況があった場合でも、選挙後に本人と直接会って、それが無理である理由を説明して、お断りする話です。番組MCへの礼節です。

MXテレビという会社が、他のテレビ局に比較して成熟していない会社ですから、その対応に不備があった可能性は考えられます。しかし、最終的にMC継続はないという判断は普通の話です。

こんなことを反政府的言動だから降ろされたとするネット言説はまるでまともではありません。論外です。
自分たちが好きなMCによる好きな番組だから何を言ってもよい話ではありません。

こういうことを被曝回避まわりで東京でいる連中の一部ネット住民(飲食セーフティネットワーク関係者など)が騒いでいるのを見ると、お花畑はどこまで続くのかと思うだけです。

===================================================

『2016年 真夏の大放談(1)』
【「被曝は高齢者から蝕まれる」という状況の再確認、それでも最近に介護関係から聞こえてきた気になる話 】

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンでのみ毎週金曜夜に配信(月4回)

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 
===================================================

「飯田哲也氏の選挙の時もそうだったが、このファーストレディは、反安倍派に媚びを売って、その勢いを削ぐことが上手い。」

飯田氏が山口県知事選挙に出たときに、選対にいた政治関係者の話です。あのときも、安倍昭恵氏は、似たような行動を起こしていました。

彼女は目立ちたがり屋で、そういうパフォーマンスを好む人物でしかありません。そもそも。
しかも、家庭内でそうした疑似対立構造があるようにまわりに見せて、反対側に近いスタンスで振る舞って、結果的には反対側を崩すことにプラスになる動きを過去にもしているということです。

「首相の『家庭内野党』が、反対派に対して見せたささやかな賛意によって、時の政府の方針が変わったことなど過去にないよ。結局、期待した一部の反対派は、馬鹿を見ただけ。勿論、私人である総理大臣の配偶者が、一国の政策を左右すること自体、法治国家としてありえないが。」前述の政治関係者はこうも言います。

彼女が過去にどういうふるまいをした人物なのかを確認したら、こういうパフォーマンスに付き合う意味がないことなど、そもそも火を見るより明らかな話です。

相手にするのが時間の無駄です。

その彼女と三宅洋平氏がリンクしている構造で、今回の沖縄・高江で米軍反対派キャンプ電撃訪問がおこなわれました。二人ともカルト的な話が好きな方たちですから、お話があうのだと思います。しかも放射能が除去できると称するものに傾注している癖が似ています。

放射能が除去できると称しているホーリーバジルに傾注する安倍夫人。
放射能が除去できると称しているEMに傾注する三宅洋平氏。

こんな二人が高江に行く構造です。そこには、彼女も三宅氏も、ただ無知というだけでなく、何らかの意図があると思います。その意図は、反対派にとって、プラスな話は何もないことだけは確実だろうと思います。安倍夫人は当然として、三宅氏の政治的立場についても確認が更に必要であるということになります。

そしてこんなみせかけのパフォーマンスを絶賛する人々が、ネットなどで一定数存在するを見ると、「馬鹿に付ける薬はない」と僕は思うだけです。

どこまで利用されればよいのでしょうか。酷すぎます。
 
 





だっげらいよんは暑すぎてお休みです。


 

 

 


コメント

【意識の緩さ】京都大学でまた消防が緊急対応、今度は薬学部実験中に小さい爆発でけが人1人という事態。

2016-08-04 08:11:16 | その他

京都大学は、組織として大丈夫なのかという感覚が、この前の火災対応などを通じて、かなり強くなっているので、この事案についても書いておきます。

きのうは薬学部で実験中に爆発があり、ぼや騒ぎになったそうです。消防が現場へ緊急対応はしています。

実験中の爆発で、しかも小規模なものです。放射能は関係ありません。

実験していた大学院生が軽いけがということです。

なんというか、毎月のようにこうした状況がおきていることは、ただの偶然と彼らは言うかもしれませんが、僕はそうは思えません。

組織全体が根本的になにか弛んでいるのではないのかという疑いを拭えない状態と思うべきです。

前回の放射能火災で立ち上がった住民連絡会との申し入れ回答を見ていても、前に書いたとおりに、「意識の緩さ」が随所に垣間見える内容でした(なお、新たな回答が京大側から連絡会に届いているとは聞いています)。

普通はああした騒ぎを起こした後は、大学構内での実験環境に対して細心の注意を払うように、学内で強く警告をすべき状態と思いますが、おそらくはそうした基本的対応が不十分な可能性が、考えられると思っています。

学内関係者からも、そうした懸念は聞いていました。

今回の小規模な爆発事故は、こういう懸念を裏付ける事態と思います。

これが西日本でトップであると言われている京都大学が、このレベルの危機管理能力しかないとしたら、日本の可能性はどんどん縮小していることを示唆する話であるとも、僕は感じています。

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンでのみ毎週金曜夜に配信(月4回)

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/



コメント

弱者を、精神的にも、物理的にも、攻撃することがあたりまえのようになっている日本社会への疑問。

2016-07-28 19:50:35 | その他

僕はよくわからないですが、ネットでも、現実でも、弱者を攻撃すること(精神的な攻撃もあれば、物理的攻撃もあると思います)が、普通である社会に日本はなっていると思います。

弱者を攻撃することは、人間は決してしてはならないことで、そうした攻撃をする人間は、人間としての価値は全くありません。

ただ、動物以下の存在です。

こんなことは、10年前には、あたりまえの常識でした。

しかし、そうした攻撃を肯定する人々が、現実にもネットでも、どんどん増えている気がします。

今回の容疑者も、そうした影響も踏まえて、さらに加速化している状態に過ぎないと思います。

むしろ本人自身がまわりの社会から取り残されている存在で、しかも薬物による意識崩壊がおこっている疑いは強いです。

こうした存在が、更に弱者を攻撃することで、自分の存在を示そうとすることは、きわめて悪質さが強いのですが、構造的には理解できる話かもしれません。

彼は、大島衆議院議長に手紙を届け、安倍総理に聞いてほしかったのですから。

体制に承認されたかった。

そのために、弱者攻撃が肯定されるという思考をしていたとは考えられます。

本来は、弱者は何にしても大変な状態に置かれていますから、そうした弱者を護ることが社会がせねばならないことです。しかし、現実に結局、金銭を優先する圧倒的多数の日本人は、そうした弱者をないがしろにすることしか考えていないと思います。

ないがしろにされる存在になりたくないと考えた人間が、自分よりも弱者を攻撃することで、自分の立場を作ろうとする試みなのだろうと思います。

政治家のみならず、多くの大衆が、そういうどうしようもない選択を否定しない社会を作りつつある。

容疑者がシンクロしたネトウヨ的言説の問題に留まらず、そうした弱者を攻撃することを無意識に肯定する感覚が、社会の中に存在していることが、こんな極端な犯罪を引き起こしていると僕は思います(僕は自民政治家やネトウヨだけの問題と捉えていません、反対側にも同様の因子は存在していると感じています。)。

ここに、インターネットというツールが悪く作用していることは、ほとんど間違いありません。日本では、特に酷い。

しかし、残念ながら、まともにそうしたことをいくら戒めても、社会に弱者を攻撃してはならないというあたりまえの道徳律がどうやら存在しなくなっている日本では、更に酷いことが起きる可能性のほうがずっと高いだろうと感じています。

 

===============================================

 

増刊を配信 

【 19人殺戮の植松容疑者犯行計画を事前知っていた神奈川県警の対応不全、施設の防備体制に疑問 】

 

重要情報や根幹的なテクストはメールマガジンでのみ毎週金曜夜に配信(月4回)

 

木下黄太メルマガ購読申込先⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 

 

 



コメント

都知事選関連で「上智大学某事件」というワードがネット上に流布されている状態を確認して考えていること。

2016-07-12 22:36:20 | その他

「上智大学某重大事件」という単語がネット上に流布されている状態を先ほど確認しました。

正確に言うと、これは事件化されていないので、事案と考えるしかありません。

昨日深夜からこのことは考えていて、大きな懸念を僕は持っていました。

当時関係者から事案の詳細を偶然に僕は聞いているからです。

複数の週刊誌も取材したことも知っています。

都知事選関連で、大変重要な話になります。

都知事候補に関しては、公的な重要性が大きく、それを踏まえて書くことしかありません。

分っていても書けないことがあまりにも多いのですが、どこまで書けるのか考えています。

選挙期間中にはいろんな問題点が生ずる可能性が高いため、告示前に僕のメルマガ通常号配信を早めて、書くことにします。

つまり明日配信いたします。

コメント