「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

「原発再稼動に噴火の影響なし」菅官房長官、「噴火は想定外、想定外は起こりうる⇒原発ダメ」小泉元首相。

2014-09-30 00:15:00 | 福島第一原発と放射能

 京都 「A2-B-C上映会」、避難者が参加費半額の500円となる事前申込は、きょう9/30(火)24時で締め切ります。僕は避難者こそ見た方がよいと思い、こちらでフィルム費用など、一定額を負担して、安くなったら、見に来るだろうかと思い、設定しましたが、そういう避難者が圧倒的に少ないことを認識しました。

 僕の話ではなくて、よくも悪くもこのフィルムで、避難者が再認識する内容がとても多いです。福島避難者に限りません。関東避難者も。そうした感覚が、全く伝わらなくて、僕のブログを読んでいる京都周辺の避難者が一定数居ることが、よくわかりません。嫌なものは見ないという感覚で、避難をしていることは、相当に矛盾しています。僕はそう思います。

 実は西日本で似たような傾向が出ています。地元の意識ある人は集うのですが、どんどん避難者は来なくなります。総数が同じでも、その内訳が全く違っています。いろいろ気持ちの面で大変であることは理解しますが、それは何か違うと僕は思います。


【10/11(土)午前の部 京都 「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】  

  ひと・まち交流館 京都  9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

  一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

 避難移住者(予約申込必要、80人限定)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)

 避難移住者の予約先⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/ (本日9/30迄、受付)



この土曜です、御嶽山の噴火は。映像もすぐに流れました。日曜に30数人心肺停止と伝えられていても、私邸でごろごろしていたのが、安倍総理大臣です。信じられません(まあ何か体調不良でもあったのかもしれないので、その場合は強くは言いませんが)。

こんな感覚の人たちが政府中枢なのが、今の日本、自民政権。

菅官房長官は「原発再稼動、噴火の影響なし」と言い張っています。

こういう人々、勢力を押し出したのが日本国民です。選択肢がないとは言え。本当に終わっているということです。

本日の所信表明でも「安全性が確認された原発は再稼働を進める」と話すのは、安倍総理。

安全性が確認される原発という存在が、如何なる場合でも担保されるものとして在り得る可能性が極めて低いことも、この政治家は認識しないようです。週末に想定外の噴火が起きても、桜島から50キロしか離れていない、川内原発の安全性をどうして担保できるのか、全く理解できません。

一方で、きょうは小泉元首相がこの状況にあたりまえの言語を発しています。

「御嶽の噴火は専門家でも想定外。想定外とはいつでも起こりうること。日本は原発をやっちゃいけない」と記者団に話しているそうです。

あたり前の感覚です。

噴火が予知できないし、その規模も事前にわからないのに、原発を再稼動させ、大きな噴火が、その原発周辺で発生したら、完全に日本が終わる可能性が高いです。

こういうあたりまえの常識的感覚も、今の政権にはありません。

 

==========================================================

 

 木下黄太メールマガジン34号。

 

 【 放射能汚染チップ投棄事件で逮捕の元官僚が設立時は監事の団体、最近まで理事だったのは有名ネットジャーナリスト 】

【 鶏がらでスープを作り続けている、同じマンションの外国人妊娠女性、お腹の赤ちゃんが水頭症と診断 】

重要情報はメルマガでのみ配信、読みたいあなたは⇒⇒⇒http://www.hoshanobogyo.com/

======================================================

 日本の火山は、近畿や四国、中国地方の大半を除いて、全国に存在しています。気象庁のサイトより転載しました。

確認してください。

2003(平成15)年に火山噴火予知連絡会は概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義し直しました。 当初、活火山の数は108でしたが、2011(平成23)年6月にはさらに2火山が新たに選定され、活火山の数は現在110となっています。](気象庁サイトより)

 

そして日本で活火山として監視されている火山は次の図で分ります。

 

この地図を見ると、甲信越以東の東日本には、火山が相当数あること。西日本では、九州のみに集中していること。

北海道にも多いこと。関東は平野の周りが火山で取り囲まれていること。そうしたことが良くわかります。

この火山がどのようになっていくのかを、我々が知る術が決定的に少なく、こうした火山列島で、原発のようなものを運用していたのが、日本という国だったということです。

その反省が為される可能性があるのか、監視対象である、神の山、御嶽山の噴火が僕らに教えてくれることは多いと思います。

しかし、その教えを今の日本人がくみ取れるのかどうかが、相当に難しいともいえます。

=====================================================

 


大人気アニメ番組『はなかっぱ』の原作者、絵本作家のあきやまただしさんが来場。

【10/11(土)午後の部 京都 「あきやまただしさん絵本ライブ&音楽コンサート」】 

ひと・まち交流館 京都 13:00受付開始    13:30音楽演奏開始  14:20音楽演奏終了予定、休憩

14:30あきやまただしさん絵本ライブ(15:30終了予定)

    避難移住者 無料(先着順、予約不要)

    一般  寄付(先着順、予約不要、お1人1000円からでお願いします)
    中学生以下は無料

 独創性あふれる絵本ライブです。オリジナリティあふれるパフォーマンスはお子さんにうけること間違いなし。あきやまさんは、沖縄から、このために参加されますし、原発事故以降、最近では、沖縄以外では開催をしていなかった絵本ライブが、久しぶりに本土、近畿で見られる、レアな機会となります。

 

=========================================================

御嶽山の監視体制を、民主党が事業仕分けで予算を削った状況があるという話が流布していたそうです。流布していたことも、私は知らなかったのです。

しかし、原発事故対応とは違って、これは事実ではありません。仕分けということで、一般論的に、火山監視について、そうした議論をしていた評論家の勝間和代氏がいたようですが、結果的に御嶽山はそうはなっていません。

まあ、今回は監視体制の問題ではありませんから。本質的には。

民主党の泉代議士のFacebookより引用ですが、事実関係は間違っていないと思います。しかし、こんなウソ話をよく言い触らしている人たちがいますね。あきれます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ネット上に「事業仕分けで御嶽山の観測予算が削られた」との情報が拡散していたので、本日、気象庁と文科省に確認しました。

 ①民主党政権が御嶽山を大学機関の観測「強化」対象から外した?

御嶽山が文科省の「強化」対象から外れたのは自民党政権時の「2008年12月15日」→民主党政権というのは事実誤認。

 ②観測体制が民主党政権時に途切れた?

御嶽山は以前から連続監視対象26火山の1つ。→民主党政権時に監視体制が縮小したり途切れたりした事実はない。

③平成21年の補正予算対象に御嶽山がない?

この時の対象は新たに「21火山」を連続監視対象にするもの→御嶽山はもともと連続監視対象。

④御嶽山の地震計は高精度ではない?

平成25年度に気象庁設置2基のうち1基を従来性能と同じ高精度機器で更新。→観測機器の性能にはそもそも問題はない。

⑤民主党政権で火山観測予算が減った?

平成21年度の40億はあくまで単発の補正予算。それ以前の自民党政権が年2.5億の予算執行。民主党政権は年5.8~5.5億の予算執行で観測体制を整備。→予算が5分の1になったとの表現は間違い。

==========================================================

 

 【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 =========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
======================================================



コメント

保守王国鹿児島、過去類例のない7000人参加の川内原発再稼動反対集会。火山爆発で僕の失望が深まった理由。

2014-09-29 02:09:23 | 福島第一原発と放射能


川内原発の再稼動反対集会は7000人以上が参加しました。

全国からいろんな団体が参加しているため、現地での参加はどのくらいかはわかりませんが、地元マスコミ関係者は、「鹿児島で1000人集まっても大事ですよ。他の地域の方は分らないかもしれませんが、鹿児島でこういう催しに7000人集まることは、過去にはありえない数です。異例どころではありません。」と驚愕していました。

保守王国鹿児島ですが、こうした状況は再稼動阻止にプラスだとは思います。御嶽山噴火も含めて、いろんな流れがおきています。

その意味は確認してください。



さて、正直、このブログを読んでいるなかで、おそらく、一定数の方の意識の低さに愕然としながら、今、書いています。

僕は、この三年半、原発事故と放射能、被曝の問題を極力、事実確認をしていきながら、書けることをどこまで書くのかという事に費やしてきました。

それは、3.11.以降、日本は非常状態に入っていると言う認識が強い為です。

これは、原発事故がおきたことで、放射性物質が広範囲に拡散し、それが今も続いていることは大きいです。

しかし、それだけでなく、ああした震災が起きたということは、日本列島は地震や火山活動などの変動期に入ったと認識すべきで、こうした福島第一原発由来の状況と、そうした変動が、今後どのように推移してくるのかは、連関してくることだろうと思っていました。

しかし、地震や火山の話は、確定的なことが書きにくく、根拠不明な予測話が多くなる為、その記述は控えていただけでした。それでも、こうした意識は、この僕のブログをわざわざ読みに来る人たちは当たり前のように持っていると感じていました。

さて、このブログは、土日になるとアクセスが顕著に減ることがあからさまになっています。

当初からその傾向はありましたが、ここ2年ほど顕著になっています。

それは、気持ちは良くわかります。僕のブログよりも、厳しい話を書き続けているものは、世間的に殆ど存在しませんし、しかも、他のものと違って「救い」がありません。なにか代替物の「商品販売」もありません。組織勧誘もとくにしていません。信仰できるものもありません。

こんなしんどいものを平日はまだしも、休みの時に読んでいられないという感覚は理解できます。

何もなければ、そんなものだと思います。

しかし、一昨日、土曜日にお昼頃に一度ブログを上げた後、御嶽山の噴火が起きた状況が深刻であると認識し、慌てて調べて、書けることはかなり書きました。多分、その時点でテレビが報道していたことよりも、いくつかの部分では踏み込んで書き進めています。

これは、御嶽山の噴火が、3000メートル級の活火山の噴火で、この位置にある火山が噴火してきた場合に、いろんな影響が今後出てくる可能性があること、それが次にいろんな形でつながってくる事象である可能性を想定して、調べて、書いたつもりでした。

しかし、愕然としたのですが、読んでいる人は、平日から、いつものように、また減りこんでいて、いつもの土曜日のアクセス数でした。

僕はそれを認識したときに、相当にブルーになりました。

この御嶽山の噴火は、今、放射能問題で考える際に焦点となっている川内原発の話にも連携する可能性もありえます。そうした意味でも、被曝回避の方たちも知るべき話は多いですし、こうした地震と火山の話は、被曝回避と関係なくはないのです。というか、表と裏の関係です。

安全が確保されるのか、リスクが回避されるのか。

こんなことは、常識と感じていましたが、僕のブログ読者の一定部分の人にとって、それは常識ではなかったようです。

こういう意識の緩い人たち、あなたかもしれませんが、一体なんなんだろうと思います。

なんで、こんな人たち相手にブログを書いているのか、僕は相当に気が重くなりました。

はっきり言いますが、そういういい加減な感覚しかない人たちの相手をするのは、僕は御免蒙ります。

三年半の時間が経過していても、被曝の問題も、日本列島の動きも、まだ序の口に差し掛かっているのかどうかさえもはっきりとはしません。そうした中で、意識をいつも高めるのは難しいかもしれませんが、あのレベルの事象がおきていても、意識が高まらない、心の中で警報がならない方たちは、はっきり駄目だと思います。

こんな感覚の人たちと、僕が一緒に何かを行っていくことは、全く無理だと思います。

僕の方からのお願いですが、そういう人たちは、頼みますから、一切、僕の情報発信を見に来ないでください。

馬鹿馬鹿しいんです。そういう人たちが少なくとも数千人も余分に僕に関わってくる状態が。

そういう方たちに僕は関わりたくないですし、僕の書いていることも半分も理解しているとは到底思えません。

お互いに時間の無駄ですし、労力の無駄です。

僕は、地震と火山の話は、今回御嶽山爆発で、おきている事象の大きさも含めて、調べた内容をわざわざ購読していただいてるメールマガジンのみに限定して掲載するのではなく、ブログとして広く認識してもらったほうが良いと考えました。これは、川内原発のことも感じているからです。

しかし、本当は無駄でした。この程度の人々が数千人もいることに、ただ絶望しています。

僕は3.11.以降は、生き残りという裏テーマを抱えて書いているし、自分もそうして生きていると思っています。今回は、そこに直結する話と感じていたのです。

けれども、そういうことよりも、ずさんな緩い感覚で接してきている人々が、最低でも数千人はいる状況とよくわかりました。切迫したテーマもきちんと認識しない緩い人々の群であることも。

僕から、言うのは、そういう方たちは「来るな」ということです。迷惑です。

そして、これ以降は、更にメールマガジンとブログに差をつけないと駄目だと感じています。購読料を支払っている方たちのメルマガにもっと情報を特化しないと、公に触れるブログに意味のある話を載せようとしても、どんどん意味がなくなっているようですから。こんなレベルの人たちですから。

残念ながら、これが今の、このブログ読者の一定数のリアルです。

失望しました。

==========================================================

 

木下黄太メールマガジン34号。

 

【 放射能汚染チップ投棄事件で逮捕の元官僚が設立時は監事の団体、最近まで理事だったのは有名ネットジャーナリスト 】
【 鶏がらでスープを作り続けている、同じマンションの外国人妊娠女性、お腹の赤ちゃんが水頭症と診断 】

重要情報はメルマガでのみ配信、読みたいあなたは⇒⇒⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 

=========================================================

 

 

避難者が参加費半額の500円となる事前申込は、明日9/30(火)で締め切ります。

【10/11(土)午前の部 京都 「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】  

 

 ひと・まち交流館 京都  9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

 

 一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

 

避難移住者(予約申込必要、80人限定)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)

 

避難移住者の予約先⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/ (9/30迄は受付)

=======================================================

 

大人気アニメ番組『はなかっぱ』の原作者、絵本作家のあきやまただしさんが来場。

【10/11(土)午後の部 京都 「あきやまただしさん絵本ライブ&音楽コンサート」】 

ひと・まち交流館 京都 13:00受付開始    13:30音楽演奏開始  14:20音楽演奏終了予定、休憩

14:30あきやまただしさん絵本ライブ(15:30終了予定)

    避難移住者 無料(先着順、予約不要)

    一般  寄付(先着順、予約不要、お1人1000円からでお願いします)
    中学生以下は無料

 独創性あふれる絵本ライブです。オリジナリティあふれるパフォーマンスはお子さんにうけること間違いなし。あきやまさんは、沖縄から、このために参加されますし、原発事故以降、最近では、沖縄以外では開催をしていなかった絵本ライブが、久しぶりに本土、近畿で見られる、レアな機会となります。

 

=========================================================

 【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 =========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
======================================================



コメント

【御嶽山噴火死者多数の模様】 御嶽山噴火で、長野県警が確認した死者が30人を超えるという惨状。

2014-09-28 14:09:20 | 福島第一原発と放射能

 【御嶽山噴火死者多数の模様】

  医師の確認がされていないので、「心肺停止」と表記されていますが、これは登山道などで、30人以上の方がなくなっている意味です。火山性地震が伝えられている活火山での、悲劇です。

 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

============================================================

御嶽山噴火、30人以上が心肺停止…長野県警 

: 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://www.yomiuri.co.jp/national/20140928-OYT1T50043.html

御嶽山の噴火で、長野県警は28日、山頂付近の登山道などで30人以上が心肺停止状態で倒れているのを発見したと発表した。

============================================================

 現況は、風向きが東方向から、南方向に変化して、愛知県にも降灰の可能性があると追加されています。

長野・山梨・岐阜・静岡・愛知の5県で降灰は可能性がある模様。

1979年爆発は火口から北東200キロまで降灰は到達していますから。

更に御嶽山の火山活動は勿論、現況、収束していません。こうした火山活動はこれから一定期間は継続する可能性が高く、最初の噴火よりも大きな噴火が後で起きる可能性もありますし、79年の噴火あとには、84年に、長野県西部地震がおきて、山体崩壊も発生し、15人の方が亡くなっています。元々、活火山と思われていなかった火山が、ここまで突如活動を始めている状態を認識してください。

こうした状況を少しでもまともに考えると、活火山桜島から50キロのエリアにある川内原発再稼動など狂気としか思えません。


コメント

御嶽山噴火で再確認、大噴火で大惨事となりうる川内原発再稼動、鹿児島県民の意識の薄さ。マンガ【噴火】。

2014-09-28 03:05:00 | 福島第一原発と放射能

 

=========================================================

本日金曜夜配信予定のメルマガ34号内容。

【 放射能汚染チップ投棄事件で逮捕の元官僚が設立時は監事の団体、最近まで理事だったのは有名ネットジャーナリスト 】
【 鶏がらでスープを作り続けている、同じマンションの外国人妊娠女性、お腹の赤ちゃんが水頭症と診断 】
重要情報はメルマガで配信、読みたいあなたは⇒⇒⇒http://www.hoshanobogyo.com/

=========================================================


避難しても、噴火にきちんと反応する、だっげらいよんとだつるは此処でも読めます。⇒⇒⇒http://ameblo.jp/shibazakitoshie/

======================================================

 僕に質問や問い合わせがある方、講演会などの依頼がある方は、まず僕のメールアドレスにご連絡下さい。 

また、北海道講演に併せて、札幌ミーティング開催の希望は来ていますが、これは開催事務を担当して下さる方がいないと難しいです。そういう方もいたらメール下さい。

nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

=========================================================

 今回、おきていることは活火山の中で、比較的静かだと言われていた活火山で、二週間少し前くらいから、体感しにくいレベルの火山性地震がおきていたにもかかわらず、結局噴火するかどうかは、まったくわからなかったという話です。もちろん微細とはいえ、火山性地震がおきている活火山に、紅葉目的などで登山するのかどうか、僕には理解できない感覚です。僕は山を基本的には、相当に怖いものと考えていますし、活火山は尋常なものではありませんから。もし、そういうところに行くなら、何かおきているのかどうかは、最低限のデータ確認はします。しかも、そうした報道も為されていましたから、二週間少し前に。大きなニュースではなくても。

 こういうことを日本人の大半は確認もしていないということが今回も分り、僕の感覚のずれは激しいです。

 さて、今回の噴火でよくわかったことがあります。今回は、噴煙が高温になっておらず、「低温の火砕流」というような現象もおきているとする学者もいます。つまり、幸いにして、高温の熱風が襲っていなかった為、多くの人々が死を免れました。あれが、高温の熱風なら、何百人が焼死する状況を、我々は目撃しないとならなかったかもしれません。

 これは、相当偶然的要因が大きいです。まだしも、幸運でした。

 そして、火山性地震がおきていて、それを確認できていても、今回の状態に至るような事態を、予知することは全く不可能であることが、気象庁の対応で、はっきり分ったと思います。勿論、そんなものです。気象庁を責めるというよりも、現況の日本、いや世界の火山科学はそんな水準です。

こうした火山列島に住んでいるのが、我々日本人です。それを踏まえて、我々は行動を決めねばならないのです。

 外国人グループで福島第一原発関連サイトでは次のような地図画像が掲載されています。

 御嶽山が、美浜原発から130キロしか離れていないということを気にしている写真です。原子力規制委員会の160キロ圏内かどうかという基準もあることから、気にしていると思います。妄想的感覚の画像とは思いますが、こういう感覚を今回の噴火でイメージしている外国人たちも存在していることだけは、認識してもよいと思います(「 be nippon inc」 というのは、何か間違っているポイントみたいです)。

そして、鹿児島の川内原発を再稼動する動きを政府は強めています。

この原発160キロ圏内には、致命的大爆発でおきたカルデラが5箇所あり、川内原発の場所まで火砕流が到達したことが3回はあると考えられています。

いうまでもなく、巨大爆発はいつ起きるのかは、わかりません。しかし、噴火の予兆で、人は逃げられる可能性はあっても、原発を大爆発から逃がすことは、不可能に近い話です。

火山があきらかな活動期に入っている日本、そうしたことも考えると、こうした再稼動に関する判断は、僕は大変に解せない感覚です。今回、神の山と呼ばれる御嶽山爆発は、本来であれば、我々日本人に多くの事柄を示唆してくれるはずなのですが、そうしたことをくみ取れているのかどうかは、大きく疑問です。

ちなみに、川内原発の住民説明会は、募集期間が今月末まで延期になりました。

今から参加したい鹿児島県民は、こちらで申込方法を確認してください。⇒⇒⇒http://www.pref.kagoshima.jp/aj02/infra/energy/atomic/setsumeisanka.html

最も地元である薩摩川内市は定員には達していますが、他の四会場は定員の半分程度しか募集がないそうです。

薩摩川内市以外の鹿児島県民が、ほとんど関心がないということです。勿論、鹿児島県の募集期間の設定がどうだったのかという疑問もありますが、それでも再募集を実施側がしないとならないほど、関心が薄いということです。

鹿児島県知事が「薩摩川内市以外はやらなくてもいいのでは」的な対応を当初していましたが、しかし、それを裏付けるようなレベルの対応を、今回、鹿児島県民がしていることは間違いありません。

これがこの国の国民という存在のレベルですし、原発再稼動に対しての地域住民感覚です。

極めて厳しいと僕は更に感じています。


 さて、来月、京都で上映会と僕のミニトークを行う、このA2-B-Cという映画は、今の福島を認識しておく為に、実は欠かせないフィルムとなっていて、その内容の是非はともかく、必見のフィルムと思います。距離感をつかむ為には、見ておいたほうがよいのですが、本当に見たがらない人が多い作品と強く、実感しています。実は京都で一週間で、合計七回しか上映がないときに、僕はわざわざ見に行ったのですが、上映会場のミニシアターがかなり狭いのに、半分どころか、四分の一程度しか人は入っていませんでした。しかも、避難者的な感じの人は皆無でした。被曝問題に関心があって、見ていない人は、多いと思います。他県でも、僕の講演会主催者がその県での上映会(一度しかない)に行ったところ、反原発の方や一般の人は一定数は来場していたのですが、僕の講演会に来ているような方が、全くいなかったと不思議そうに話していました。

  多分、わかったような気でいるのだろうと思いますが、見たらわかるのですが、わかったような感じのフィルムではありません。このフィルムが示唆する問題も多いですし、これは、混乱する福島県知事選も理解しやすくなります。おそらく、そういう「福島的現実」を確認することが、被曝回避の方たちで嫌になっている人は相当数多いのだろうとは、思います。しかし、必要なんです。今のあなたがたの現実を理解する為には。一応、このフィルムに関して、いろんなことを僕が短時間では話すつもりです。ですから、見に来る価値は間違いなくあると思いますが、僕自身の普段の講演よりも、こんなに反響が薄いと、こちらが戸惑う感覚です。

 

避難者が参加費半額の500円となる事前申込は、明後日9/30(火)で締め切ります。

【10/11(土)午前の部 京都 「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】  

 ひと・まち交流館 京都  9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

 一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

避難移住者(予約申込必要、80人限定)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)

避難移住者の予約先⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/ (9/30迄は受付)

 

 

大人気アニメ番組『はなかっぱ』の原作者、絵本作家のあきやまただしさんが来場。

【10/11(土)午後の部 京都 「あきやまただしさん絵本ライブ&音楽コンサート」】     13:00受付開始    13:30音楽演奏開始  14:20音楽演奏終了予定、休憩

     14:30あきやまただしさん絵本ライブ(15:30終了予定)

 

    避難移住者 無料(先着順、予約不要)
    一般  寄付(先着順、予約不要、お1人1000円からでお願いします)
    中学生以下は無料

 

 独創性あふれる絵本ライブです。オリジナリティあふれるパフォーマンスはお子さんにうけること間違いなし。あきやまさんは、沖縄から、このために参加されますし、原発事故以降、最近では、沖縄以外では開催をしていなかった絵本ライブが、久しぶりに本土、近畿で見られる、レアな機会となります。

 

=========================================================

 

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 =========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
======================================================


 




コメント

【要警戒】御嶽山噴火、登山客でけが人の可能性、山小屋に数百人避難、二週間前から現地で火山性地震。

2014-09-27 14:11:10 | 福島第一原発と放射能

御嶽山が先ほど噴火したようです。
現在、山小屋の外に倒れている登山客もいる模様です。
山小屋にも数百人の数の方たちが避難している状態の模様です。
相当に切迫した状況だと思います。
 
長野と岐阜の県境にあるこの山は、1979年に噴火していて、1984年9月14日には地震が発生しています。
 
「岩屑なだれ(御嶽崩れ)。場所は御嶽山南南東斜面。 『昭和59(1984)年長野県西部地震(M6.8)』。御嶽山頂のやや南方に生じた山崩れは約10㎞流下して、王滝川に達するなど所々で大規模な崩壊。死者29名、住宅全半壊87棟等。地震活動は数年後にほぼ収まった。」(気象庁より引用)
 
1991年にはごく小規模な、さらに2007年にも水蒸気噴火を確認している火山です。

「また、過去 7500 年間には少なくとも 11 回の水蒸気噴火が確認されているほか、過去 1 万年間には三ノ池溶岩流の流出をはじめとして複数回のマグマ噴火が発生している。」(御嶽山火山噴火緊急減災対策砂防計画より

そして、以前の噴火の際は、山体膨張の地殻変動が二ヶ月前から観測されたそうです。

今回も実は二週間少し前に、このような報道がありました。NHKの9/11時点のニュースです。

「岐阜県と長野県の境にある御嶽山で、10日昼ごろから火山性の地震が増えていて気象庁は火口付近 
では火山灰などの噴出に注意するよう呼びかけています。 気象庁の観測によりますと岐阜県と長野県の境にある御嶽山では、10日昼ごろから山頂付近を震源と する火山性の地震が増え始め、10日は51回、11日は午後3時までに、71回観測されました。 
1日の地震の回数が50回を超えたのはごく小規模な噴火があった平成19年1月以来です。 
地殻変動に特段の変化は見られないということです。」

 火山性地震です。こうした前兆が確認されていたとするならば、そのことがどの程度、登山客に周知されていたのか、現場周辺でのリスク管理がとても気になります。数百人も、山小屋に取り残されている状況を見ると。

 日本列島が、3.11.以降に活動期に入っていることは間違いありません。こうしたリスクは、程度の差こそあれ、多くの皆さんにふりかかる可能性があると思います。


 その自覚をきちんと持って下さい。忘れないで下さい。リスクは放射能だけではありませんから。

=========================================================


本日金曜夜配信予定のメルマガ34号内容。

【 放射能汚染チップ投棄事件で逮捕の元官僚が設立時は監事の団体、最近まで理事だったのは有名ネットジャーナリスト 】
【 鶏がらでスープを作り続けている、同じマンションの外国人妊娠女性、お腹の赤ちゃんが水頭症と診断 】
読みたいあなたは⇒⇒⇒http://www.hoshanobogyo.com/

=========================================================
 
 この研究は、ヤマトシジミという蝶に、セシウムに汚染されている食草を与えて、その程度によって、どのような影響があるかというものです。もちろんおきていることはヤマトシジミでおきていることとという限定ですが。。。

 研究自体の本文はリンク先(琉球大学・大瀧研究室)を読んでいただくしかないのですが、研究メンバーのお1人が書いた要約文を皆さんにお伝えしておきます。
==========================================================
小型の蝶ヤマトシジミへの汚染食草の影響を詳しく調べた。
東北2地域(本宮市:161Bq/kg、郡山市:117Bq/kg)、
関東2地域(柏市:47.6Bq/kg、武蔵野市:6.4Bq/kg)、
東海1地域(熱海:2.5Bq/kg)、
沖縄(0.2 Bq/kg)にて、食草を採集した。
第一世代への影響に加え、2世代連続で汚染食草を与えた時の影響(継代効果)についても調べた。
第一世代では、東北地域の食草を与えた群において、沖縄の食草を与えた群よりも高い死亡・異常率、前翅の矮小化がみられた。また、死亡率はセシウムの摂取量に大きく依存していた。
関東および東海地域の食草を与えた群の生存率は80%を維持したが、東北地域の食草を与えた群でははるかに低い値となった。
第二世代では、東北地域の食草を与えた群の生存率は20%を下回ったが、沖縄の食草を与えた群では70%を超えた。第二世代における生存率は、第一世代の摂取した放射線量に依存するものではなく、第二世代の摂取した食草に依存していることを示している。
さらに、第二世代でも前翅の矮小化がみられ、これは2世代を通じたセシウムの累積摂取線量と相関があった。このことから、第一世代の摂取した食草もまた、第二世代へ影響を与えることを示唆している。
汚染食草由来の放射線による生物学的影響は、放射性物質の摂取量が少量の場合でも検出され得る。影響は継代的だが、非汚染食草の摂取により回復することも可能であった。このことから、観察された影響のうち少なくとも一部は、非遺伝的な生理的変化に起因することを示唆している。
日本語での全訳は、下記ページ、一番上のリンクからダウンロードできます。
 

=========================================================

避難者半額申込は、今月末の9/30で締め切ります。

【10/11(土) 京都 「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】  

  ひと・まち交流館 京都    9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

  一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

  避難移住者(予約申込必要、80人限定)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/ (9/30迄)

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定(本日9/27 24時迄)をしています。詳しくは配信済みのメルマガでご確認下さい。

 

【10/11(土)午後の部 「あきやまただしさん絵本ライブ&音楽コンサート」】   

     13:00受付開始    13:30音楽演奏開始  14:20音楽演奏終了予定、休憩
       14:30あきやまただしさん絵本ライブ(15:30終了予定)

    避難移住者 無料(先着順、予約不要)
    一般  寄付(先着順、予約不要、お1人1000円からでお願いします)
    中学生以下は無料

 大人気アニメ番組『はなかっぱ』の原作者、絵本作家のあきやまただしさんが来場。独創性あふれる絵本ライブです。オリジナリティあふれるパフォーマンスはお子さんにうけること間違いなしです。沖縄から、このために参加されますし、原発事故以降、最近では、沖縄以外では開催をしていなかった絵本ライブが、久しぶりに本土、近畿で見られる、レアな機会となります。

=========================================================

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
========================================================









 

コメント

琵琶湖畔に高濃度放射能汚染木材チップを不法投棄した疑いで、元郵政官僚が逮捕、その背後に蠢く輩。

2014-09-26 00:22:08 | 福島第一原発と放射能

================================================

 僕からの重要情報は、毎週金曜夜配信の木下黄太メールマガジンを購読してください

今夜から読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

================================================

 琵琶湖畔に高濃度放射能汚染された木材チップを不法投棄した廃棄物処理法違反等の疑いで、元郵政キャリア官僚、中野区の経営コンサルタント会社社長、田中良拓容疑者(42)を滋賀県警は逮捕しました。本人は容疑を否認しているそうですが、滋賀県の刑事告発から半年が経過して、この事件が大きく転回しました。

 僕のブログ記事から、半年前に刑事告発に関して記述した部分をまず読んでください。更に、一年近く前に書いた記事。今回、逮捕された元郵政官僚の田中容疑者が、被曝回避を訴えている人々を様々な形でネット上で攻撃し続けている池田信夫氏と、密接な関係にあることを書き留めています(今回の逮捕事案の事件関係者としての関係ではありません)。

 被曝回避を攻撃する文化人、配下のいろんなライターも使う池田氏が、高濃度放射能汚染木材チップを不法投棄した疑いで逮捕された元官僚の田中容疑者と、極めて近しい関係にあったことは、本当におぞましい日本をあぶりだす話と思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

2014/3/4 木下黄太 ブログ記事

琵琶湖畔高濃度放射能汚染木材チップ放置事件、滋賀県がようやく刑事告発。柏の連続通り魔で死傷者。

滋賀県がようやく刑事告発に踏み切りました。琵琶湖畔に放置されていた高濃度汚染木材チップの事案ですが、湖畔に放置されていたチップの処理がほぼおわったことを受けての話です。

 このことは、滋賀県は当初から想定していた通りで、木材チップの不法投棄に関係した人間を撤去よりも先に刑事告発すると、チップが放置されたまま、長期間に及ぶ懸念から、まず撤去させ、その上で刑事告発する流れを描いていて、三月にずれ込むかもとみられていた、チップの搬出が、先月末でほぼ終わったことによるものです。

容疑は廃棄物処理法違反と河川法違反。三人が告発されています。

県警は告発をうけて、直ちに家宅捜索などに踏み切る模様です。

実は市民グループが先々月末に刑事告発をしていて、この告発と県からの刑事告発をあわせて、県警は捜査に着手するかたちを取るようです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

2013/10/10 木下黄太 ブログ記事

あの池田信夫氏の関係者が、琵琶湖畔放射能高濃度汚染木材チップ放置主犯格の元郵政官僚という奇々怪々。

被曝問題などで危険を訴えている我々に対して、執拗に彼の配下も含めて、ネット上で誹謗中傷を続けている、あの池田信夫氏と、この元郵政キャリアが、明らかに近しい関係にあったということです。

http://www.rieti.go.jp/it/column/column031210.html

田中良拓社長は、国際大学GLOCOM客員研究員の肩書です。これで、池田信夫氏一派と断定ですね。

さらに次のような論文もあるそうです。⇒《 池田信夫、田中良拓[2003] 「電波はどう使われているか」 RIETI Policy Discussion Paper Series O3-P-003 2003年10月》

こういう論文も2人で書いている。池田氏にとって、郵政省の電波通信行政の貴重な情報源が、この田中社長であったことは間違いないでしょうね。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292256.html
さらに池田氏のブログも確認しました。この田中社長は、池田信夫氏や元アスキーの西和彦氏と ITNY & パートナーズという会社を立ち上げていたらしいですね。

しかし、物凄く納得できる話ですが。。。。

更にこの二人の名前で調べると、

ICPF 情報通信政策フォーラム があります。設立当時の役員は、

理事長 林 紘一郎
副理事長 山田 肇
理事  池田 信夫
理事  品川 萬里
理事  菅谷 実
理事  鈴木 正誠
理事  中村 清
理事  西 和彦
理事  名和 小太郎
理事  根津 利三郎
理事  原 淳二郎
理事  松本 潤
監事  田中 良拓

ここにもいろいろと名前がありますねこれは、昔からあって、平成20年にNPOとして設立された団体ですが、池田信夫氏や田中良拓社長と並んで、元郵政省審議官で、2013年の4月からは福島県の郡山市の市長となった品川萬里氏の名前も見えますね。品川氏と田中社長は、同じ郵政省キャリア、元審議官とわずか数年の在籍とはいえ、小さい団体の役員同士なら、面識はあるのが普通だとは思います。

そして、この4月から、福島が御出身の品川氏は郡山市長に就任。田中社長は、福島の高濃度放射能汚染木材チップを、琵琶湖畔に放置してお金にされていた模様です。

本当に奇妙な偶然ですね。

とにかく、推進側で、こちらを攻撃している連中の仲間であった輩には、こういうこともする連中迄もが含まれると認識しないとなりませんね。本当にこれはやばい世界で、まるで闇社会です。

そして、そういう方々が、郵政省キャリアやら文化人という肩書を身に纏っているのがリアルなのです。その近くには、郡山市長まで、名前がみえるという構図です。

まさに奇々怪々です。

----------------------------------------------------------------------------------------------- 

 こうしたおぞましい現実を、僕はずっと確認し続けるつもりですし、被曝回避をこういった連中がつぶしてきたことは、必ず、何かでお返しはすると言っておきます。しかし、社会、特にマスコミは、こうした実態にメスを入れません。ほとんど記者は気がつきもしませんし、こういう輩を珍重して使うメディアもある始末ですから。

 本当に、新聞もテレビも、雑誌も、役に立たないものだと、痛感致します。こういう連中が、しかもネット業界利権のある部分を握り続けていますし。そうしたことも、わからない愚かなネット住民も多数居るままですから。 

===========================================================

避難者半額申込は、今月末の9/30で締め切ります。

【10/11(土) 京都 「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】  

  ひと・まち交流館 京都    9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

  一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

  避難移住者(予約申込必要、80人限定)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みのメルマガでご確認下さい。


 

==========================================================

 

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
======================================================


コメント

【緊急拡散! 本日17時締め切り!】薩摩川内市民、鹿児島県民は国の川内原発住民説明会に参加し見解表明を!

2014-09-25 15:01:06 | 福島第一原発と放射能

 国による川内原発の住民説明会が、鹿児島県内で来月開催されます。開催場所ごとに、参加できる人の要件(その人の所在地域による)が違いますから、そこは注意して申し込まないとなりません。鹿児島県民で、意識のある方は必須。参加して見解を表明して下さい(国によるガス抜き説明会でも現場で意思表示しないと何も始まりません)。

 本日(9/25)の17時が申し込みの締め切りとなります。それまでに必着で、メールかFAXで申込して下さい。郵送は本日消印で間に合います。

=====================================

http://www.pref.kagoshima.jp/aj02/infra/energy/atomic/setsumeisanka.html

川内原子力発電所に係る新規制基準適合性審査結果に関する住民説明会開催について

内原子力発電所1,2号機の新規制基準適合性審査結果について,国(原子力規制庁)が説明を行う住民説明会を,薩摩川内市,いちき串木野市,阿久根市,日置市,さつま町の5市町において,開催します。

日時,会場,対象者 

  日時 会場(住所) 対象者 申込先
第1回

10月9日(木曜日)

午後7時~午後8時30分

川内文化ホール

(薩摩川内市若松町3-10)

薩摩川内市民 薩摩川内市
第2回

10月10日(金曜日)

午後7時~午後8時30分

伊集院文化会館

(日置市伊集院町郡1-100)

日置市及び鹿児島市の

UPZ内住民(※)

上記以外の県民

鹿児島県
第3回

10月13日(祝)

午後2時~午後3時30分

市民文化センター

(いちき串木野市昭和通133-1)

いちき串木野市民

上記以外の県民

鹿児島県
第4回

10月14日(火曜日)

午後7時~午後8時30分

ホテルABCパレス

(阿久根市赤瀬川3122-1)

阿久根市,出水市及び

長島町のUPZ内住民(※)

上記以外の県民

鹿児島県
第5回

10月15日(水曜日)

午後7時~午後8時30分

宮之城文化センター

(さつま町船木302)

さつま町及び姶良市の

UPZ内住民(※)

上記以外の県民

鹿児島県

(※)UPZ内住民とは,薩摩川内市,いちき串木野市,阿久根市,鹿児島市,出水市,日置市,姶良市,さつま町,長島町の地域防災計画において,「原子力災害対策を重点的に実施すべき地域」と定められている区域の住民です。

参加方法等

民説明会への参加は,事前申込みによる入場券が必要です。

(1)申込方法

申込みは,タイトルに「住民説明会参加希望」と記載し,住所,氏名,生年月日,電話番号,参加を希望される回(第○回)を明記の上,ハガキ,電子メール又はファックスによりお申し込みください。申込みは1人1会場までとし,申込み1通につき1人のみの受付とします。同一の方が複数会場に申し込むことはできますが,参加できるのは1人1会場のみとさせていただきます。

(2)申込先

1回(薩摩川内市で開催)は薩摩川内市に,第2回から第5回(薩摩川内市以外で開催)は鹿児島県にお申し込みください。

第1回(薩摩川内市で開催)

申込先 住所 メールアドレス ファックス
薩摩川内市原子力安全対策室

〒895-8650

薩摩川内市神田町3-22

j-setsumei@city.satsumasendai.lg.jp 0996-25-1704

 

第2回~第5回(薩摩川内市以外で開催)

申込先 住所 メールアドレス ファックス
鹿児島県原子力安全対策課

〒890-8577

鹿児島市鴨池新町10-1

js-sanka@po.pref.kagoshima.jp 099-286-5534

(3)受付期間

9月12日(金曜日)~9月25日(木曜日)午後5時必着

【郵送の場合は9月25日消印有効】

(4)参加者決定

申込み多数の場合は,UPZ内住民の方々を優先した上で,抽選とさせていただく場合があります。

結果は,入場券の送付をもって代えさせていただきます。

(5)入場券の配布

参加者決定者には,事前に入場券を送付します。

会場への入場には,必ず入場券が必要です。

その他

  1. 入場券の他人への譲渡はできません。
  2. 会場で,入場券の所持者が本人であることを確認することがありますので,身分を証明するものを御持参ください。本人確認ができない場合は,入場をお断りすることがあります。
  3. 天災その他やむを得ない事由により説明会を開催することが困難であると認められる場合には,開催を中止することがあります。
コメント

南相馬市の小学生自殺は福島民友紙のデマ情報かと示唆し、親族に抗議を促す『真実を探すブログ』の妄想。

2014-09-25 04:58:30 | 福島第一原発と放射能

 

=====================================================

僕からの重要情報は、金曜夜配信の木下黄太メールマガジンを購読してください

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

===================================================

 

きのうお伝えした記事です。

「福島で除染した土が西日本など全国で焼却処分する」という妄想が、平気で伝播するインターネットの陥穽。

この妄想情報は、下記のブログ記事が発信源とみられます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

福島の除染土が全国で焼却処分されます

時間がないので簡単に触れさせて頂きますが、福島の除染土が主に西日本を含めた全国で広域処分されるそうです。処分先は、「PCB廃棄物を処理した実績がある(から大丈夫?!)」という理由で選ばれた「日本環境安全事業(株)」(JESCO)等。

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 
 しかし、リンク先の元記事は、僕がきのうブログに掲載してから、どうやら削除されたようです。
削除するしかないでしょう。当然です。この記事の後半には具体的に全国の企業名も列挙していましたから。PCB処理の会社の名前が、除染土を焼却処分を全国でおこなう会社として。

 
 実は、この記事に関して、裏づけを取る為に、ここに名前の挙がっている会社に、直接電話取材をしようかどうしようかと、実は考えあぐねていました。

しかし、僕はしませんでした。何故しなかったのか。

まず内容を一読して、ネットで確認できるだけで妄想と判断がすぐにつきました。

それから、もし僕がこの情報拡散について、取材上のやりとりで相手側の会社に伝えることになると思いました。そうすると、相手側の企業はその内容を確認して、対応したがるだろうということも、容易に想像されたからです。妄想は酷いこのブログですが、事実無根の記事掲載を相手側につかまれたら、巨額賠償で書き手が追い詰められることも考えられます。ですから、僕はその危険性も考えて、そこはしませんでした。

いいですか、こちらは妄想記事を発信することは否定しますし、それを鵜呑みにして拡散することも否定しますが、それをきちんと認識さえするなら、一市民を追い込みたいなどと考えていません。配慮はしているのです。

実は昨夜、ある避難者が連絡してきたのですが、やはりあの元記事情報が気になっていて、中であがっている企業のうち、ご自身の自宅に近いある会社に、月曜の段階(僕のブログ記事掲載前)で確認の電話をしたそうです。

むこうの担当者は、「何の話ですか???」という状態で、最初は言われていることが分っておらず、福島の汚染土を西日本に持ち込んで焼却する会社に自社が名指しされていることを理解すると、「法的に出来る状態ではないはず」「そんな話は社内でも全くない。」「というか、本当に寝耳に水」と言い続けたそうです。

そりゃそうでしよう、PCBの処理会社が、福島の汚染土を処理すると勝手に断定されているだけですから。

そして、「教えてください。うちの名前を出しているサイトを。」と言い続けたそうです。

相手の会社はこういうふうになります。当然の話です。

そして、事実無根の場合、巨額の賠償請求が、あのブログの筆者に為される可能性がありますし、場合によっては、名誉毀損で刑事告発の可能性もありえます。こうした社会情勢の場合、警察が動いて逮捕される可能性も、皆無とは言えません。

巨額の賠償請求は、成立する可能性はあると思います。

そして、皆さんに伝えておきたいのは、そうした妄想というか、名誉毀損に該当する記事を拡散した人に対しても、賠償請求がその度合いに応じて、為される可能性がありうるということです。この場合は、金額は大きくありませんが、その拡散力の程度によって、一定金額の支払いを要求される可能性もありえます。

そういうことを認識しているのでしょうか。

認識していない人は、この被曝回避や反原発側に存在します。

もっと酷いものも。実は、Facebookで、この僕のブログ記事リンクを引用した上で、僕の中傷が為されていました(リンクをシェアしているから気がつきました)。

その唖然とする記述をご確認下さい。

Facebook、あるウォールで2人の人間によって、なされています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
S
う~ん?なにがホンマなんや?

K
県外に出したがっている福島県知事…
とりあえず、
この人が正しいとしても、この人は常に人をバカにするので、逆の方向では脱原発を唱える人たちを分断するところがあるので、問題ありかなぁ。

S
情報の信憑性の判断ってむつかしいです。

K
ガセに流されるのが、どうして悪いのかとも考えます。あまりにも辛すぎる現実が嘘で無いので。情報拡散をやたら問いただす人って、誰の味方で何をもとめてるのかなあ?自分の信者探しに思えてならないです。自己顕示に、原発を利用するなら、推進派と変わらないじゃん!って、思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
  こちらは、元々、間違っているものを間違っていると指摘しているだけです。しかも、発信元は、指摘後にその記事を消した状態です。そういうことが、なんで信者獲得をしているということになるのか、さっぱり理解できません。こちらのブログ記事内容を引用リンクしていて、こういう中傷にだけ利用する輩は、まともだとは、まったく思いません。こういうのを見るたびに、ツイッターも、Facebookもやめたくなります。本当に程度が酷すぎます。
 情報の確認は、僕には当たり前の話で、それをしていることが、自己顕示とか、信者探しとか、ほんとに中傷もいい加減にしろと言うレベルの話です。そして、僕を推進派と同一視する文言を平気で掲載します。公にこういうことを言っているという自覚もないのかもしれませんが。レベルが低すぎますし。

 まあ、「ガセに流されることが悪くない」と言い張る人々に、まともな話は一切、通用しないでしょうが。すいませんが、僕が怒るのは、こういう非礼なことを繰り返し行う、レベルの低い人たちがネットに一定数はいるからです。

 きょうのブログ記事後半では、他の、更に酷すぎる事例も紹介します。こどもの自殺にまつわる話です。

 
===========================================================

【10/11(土) 京都 「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】  

 ひと・まち交流館 京都    9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

  一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

 避難移住者(予約申込必要、80人限定)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みのメルマガでご確認下さい。



 
==========================================================

ネットでは、更に妄想が拡大している酷い事例が別にあります。この被曝関連に一応は含まれる話で。

この話は、南相馬市でおきている話です。
すでに各報道機関で報じられていますが、小学五年生女子が自宅で自殺したという話です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140923/crm14092313440008-n1.htm より。

小5女児が自殺か 福島・南相馬

2014.9.23 13:44

 福島県南相馬市の小学5年女子児童(11)が、22日に自宅で亡くなっていたことが23日、学校関係者への取材で分かった。学校側は自殺とみている。いじめについては、これまでのところ確認されていないという。

 県警南相馬署が死因などを調べている。

 関係者によると、22日朝、女子児童が登校してこなかったため、教職員が自宅に連絡。応答が無かったため、午前10時半ごろ、ふたたび自宅に電話をしたところ、母親が「娘が部屋で首をつっていた。これから病院に行く」と話したという。

 女子児童は19日の遠足には参加していた。学校は24日に全校集会を開き、児童らに説明する。保護者会の開催も検討している。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


 報道機関は一斉にいろんなメディアが報じていて、きのうは全校集会もおこなわれている状態も伝えられています。

 こういう場合には、自殺の原因はともかく、学校もしくは教育委員会、そして警察や消防などで、自殺をしたということのみの確認が、各社は取れている状況だと思います。

 この類のことは、背景を調べるのは難しいのですが、実際に自殺であることは取材的な確認はできるのです。勿論、遺族側は、原因背景が分らないときに自殺を公にしたがりませんから、自殺がメディアで明らかになることに不快感を示す場合もありえます。

 また、子供が心臓で自然死することは絶対に起きないことではありませんが、被曝影響を隠す為に、警察や消防が自殺であると偽装するのは、犯罪ですし、そもそも必要がありません。一件だけ偽装しても意味がないし、小学生の自殺の方が、社会的な波紋も大きくなることですから。自然死の小学生心臓死はおそらく一件起きても、新聞報道はありませんし。しかし、小学生自殺の方が波紋を呼び、報道されます。だから、ハレーションを起こすことをあえてやることなんて、ありません。こんな戯言を信じた人は一度は目を覚ましてください。

 自然死を自殺に行政がみせかけることは意味がないのです。こんなことは、少し実態を知っていれば分る話です。死因を多少ぼやかすことなら、まだありえても、自然死⇒自殺と偽装するのは、無理です。

 今回、この亡くなった小学五年生の父親とみられる人物が、「自殺ではない、一部の誤報だ」という趣旨の文章を、Facebookに一時は書いたそうです。この場合、そういう可能性も、絶対に考えられないわけではありませんが、おそらく自分の娘さんが亡くなった現実を受け止められず、更に福島の感覚の中では、わが子が自殺という現象であったことをあまり認めたくない心理状態となり、ネット発信した可能性を、まずは想定しないとならないということです。

 本来は自殺なのにも関わらず、世間的には、突然なくなったとか、心停止や心不全として自殺を伏せて公表されるケースは、一般的にも少なくはありません。自殺ということがおきたことを、認めたくないし、喧伝したくない遺族の意向はよくあります。

 ですから、遺族が自殺に関しての新聞報道を憶測と言い出しても、きちんと確認しないと、普通はその紹介もためらうレベルの話です。まずそれをこのブログがそういうことを考えずに掲載しています。

=======================================================
 
9月24日付けの福島民友紙が捜査関係者への取材で分かったとして、福島相双地方の小5女児(11)が9月22日に自殺したと報じた。
しかし、この件について、父親がfacebook上で
『急性心不全で亡くなりました。一部の新聞社(福島民友)で憶測で書かれました。』
と否定するコメントを発表しています。

(以下には父親のFacebookを実名掲載したまま引用しているのみ。他に独自記載はない。)

「昨日、愛娘の××が急性心不全で亡くなりました。一部の新聞社(福島民友)で憶測で書かれました。
11年と言う短い人生でしたが、多くの出会いで沢山の友だちが出来ました。
ありがとうございました。」

========================================================
 
 しかし、遺族であるこの父親の記事は、現在はFacebookで、一般的には見られない状態です。事実上、引っ込めていると思います。

 この自殺報道は、福島民友だけでなく、県内他紙、全国紙各紙やテレビニュースも伝えていて、一部の憶測という言い方が、ありえないことはあきらかです。
 きのうは当該小学校で、この児童の自殺を前提として、全校集会も開かれています。心臓死を隠す為に、自殺を言い出してここまで、大きな事にすることなど、全く考えられません。
 
 本来は、『bran7.net』が、遺族である父親のFacebook記述を、他との確認照合なく、そのまま紹介すべきではなかった事案だろうとは思います。ただし、ここまでなら、まだ理解できなくありません。

 この情報が転載されている別のブログでは、更に妄想が酷くなっています。ここまで来ると、連日こんなものまで確認しないとならないのか、僕はものすごく嫌になります。

 従前のブログ記事内容をただ転載しているだけなのに、「女児の親族たちは新聞社に対して強く抗議したほうが良い」とまで書いていて、「心臓関連の病気は放射能被ばくの代表例」という記述もしています。

 妄想が拡がるブログは、勿論、『真実を探すブログ』 です。

下記は引用です。

==========================================================

福島民友が「相双地方で小5女児が自殺」と報道⇒父親が否定!「愛娘が急性心不全で亡くなりました。(自殺は)一部の新聞社の憶測」

9月23日に「福島県相双地方の小学校に通う5年の女子児童(11)が自殺した」と報道されましたが、この件に対して女児の父親が自身のフェイスブック上で異議を唱えていた事が判明しました。女児に父親のフェイスブックによると、「愛娘が急性心不全で亡くなりました。一部の新聞社(福島民友)で憶測で書かれました」とのことで、本当の死因は急性心不全であると主張。また、新聞社の「自殺」という報道は憶測であるとも指摘しました。


これが事実だとするのならば、福島民友新聞はデマ情報を流したということになります。亡くなった女児がイジメられたりした痕跡も無いようで、19日の遠足にも参加していたようです。逆にこれで自殺ならば、家庭などで何らかのトラブルがあったとも疑われかねず、女児の親族達は新聞社に対して強く抗議をした方が良いと思います。

ちなみに、心臓関連の病気は放射能被ばくの代表例で、チェルノブイリ事故でも癌や白血病を超えるほどの勢いで増加していました。福島の高線量地帯では増加しているという話もあり、今後もこのような病気には注意が必要です。(後略)

=====================================================

 もう皆さんに言う必要もないですが、そもそもご遺族の父親が一時的にいろんな対応となってしまい、ネットに発信したことはあったとしても、しかし、それが事実かどうかは、いろんなソースなどで確認すればよいですし、確認できないなら、記事には出来ないことなのです。しかも氏名は普通は出せません。当たり前です。自殺した児童の人権など、未成年と言うことをきちんと考えていません。親の名前で、お子さんも特定されるのですから。あたりまえです。

 そもそも自殺という事象のまわりで、起きうることを想定していれば、そうした、ただ転載するだけという感覚は、今回はNGな事例です。

そういうことを、二つのブログとも何も理解していませんでした。ど素人です。


 そして、『真実を探すブログ』は更に過剰に踏み込みました。福島民友新聞がこの話で、デマ情報を流しているかと示唆している文章はかなり微妙です。よくこんなことを書けると思います。

この児童が自殺なら、福島民友ではなくて、『真実を探すブログ』が追い詰められます。その可能性は高いと思います。

更に、自殺⇒家族トラブル疑われる⇒親族は新聞に抗議を、ということまで書いています。論旨が通っていないのですが、実態も何も踏まえずに、こんなように、新聞社に抗議するということまで、遺族に対する心理的扇動を記事を書くことは、社会通念的にはありえません。

また、自殺でなくて心臓死であるなら、その原因について言及することもわかりますが、自殺である可能性が否定できていないのに(というか全校集会の開催を見ても自殺と判断するのが普通ですが)、被曝による心臓影響を言い出している始末です。

これは、被曝回避側にとっても、迷惑千万となる可能性がかなり高いと思います。自殺でなく心臓死として、被曝可能性を言い出す拡散記事が、死因が違ったらマイナスです。

この『真実を探すブログ』が、根幹で被曝回避を考えてないことがまたしても分る話でもあるとは思います。

もう開いた口が塞がりません。ただ酷すぎるだけです。合掌。

==========================================================

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
======================================================



 











コメント

「福島で除染した土が西日本など全国で焼却処分する」という妄想が、平気で伝播するインターネットの陥穽。

2014-09-24 12:45:05 | 福島第一原発と放射能


【10/11(土) 京都 「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】  

 ひと・まち交流館 京都    9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

  一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

 避難移住者(予約申込必要、80人限定)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みのメルマガでご確認下さい。

 =========================================================

 きのうは、とくしま定住支援ネットワークが主催した、移住者交流イベントでお話しました。夏に台風で開催が延期となっていて、ようやく出来た状態です。

お子さん達が多かったのですが、50人近い方が参加されています。

懇親会的になっている状態の写真です。

そして、この一年くらいで、あらたに移住された方が、何人もおいでになっていて、開催することで新しい繋がりが出来ている状態でした。

被曝の問題に関しては、徳島でも認識のある方と認識のない方では、はっきりと別れますが、行政などの対応も給食面などで進んでいることもあって、そういう流れの中で、実際に徳島を選択する人が、増えていることが、実感できるような一日でした。

ネットでの関係と言うよりも、現実に社会的つながりのなかで、この問題の対応を含めて新しい人生を歩みたい方たちにとって、いろんなポイントで、移住ということを考え行動している実状もよくわかりました。

その定住支援ネットワークの関係でも、以前ご紹介した宿泊施設が「美郷の湯」http://misatonoyu.com/です。

こちらは温泉と山の中のレストランが売り物で、今は、お二人移住したシェフがいらっしゃいますが、できればもう1人増員をしたいとおっしゃっていました。

勿論、シェフとしての力量が一定程度必要だそうですが、これからでも避難移住したい方のうちに、そうした技量がある方などで、もし尋ねてみたい方がいたら、直接HP上のアドレスにメールしてみて下さい。避難移住に対して支援したい意向がある人が、運営側に居るところなので、やりやすいかもしれません。

さて、その徳島で、質問が出た中でネットで広まっている噂に関しての確認がありました。

要はインターネットで拡散されている「福島の除染している土が全国で焼却される」という噂です。

僕はあまりに馬鹿馬鹿しい話で、ここ数日、この噂がネット上で流れているのは、少しは見たのですが、おかしい人の妄想か何かだろうと感じていて、特に気にも留めていませんでした。

しかし、どうやらこうした妄想がネットの中で共有化されている実状が、現実に聞こえてきたので、念のため確認しました。そうすると下記のブログにあたりました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

福島の除染土が全国で焼却処分されます

時間がないので簡単に触れさせて頂きますが、福島の除染土が主に西日本を含めた全国で広域処分されるそうです。処分先は、「PCB廃棄物を処理した実績がある(から大丈夫?!)」という理由で選ばれた「日本環境安全事業(株)」(JESCO)等。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 このJESCOは中間貯蔵施設に関して、国が請け負わせる会社です。元々、旧環境事業団のPCB廃棄物処理事業を主な業務として承継する形で、国の全額出資により設立された特殊会社ということです。除染に関しても、中間貯蔵施設について関与しています。
 しかし、汚染土の中間貯蔵施設(30年保管)が、県外に置かれる現実的状況が高まっている様子も、現況は特にありません。というか、中間貯蔵施設の建設については、福島県知事が候補地の大熊町や双葉町での施設建設を容認する会見を先月末におこなっています。
 
 更に言えば、最終処分場に関しても、話が栃木県や宮城県であるごとに、地元で強い反対の声がおきているのが実状で、リアルには具体的検討の余地もない状態です。

 そんなことは、すこしニュース検索したら即座にわかります。

 しかも、汚染した土を焼却処分することは、全く理解不能な話です。大丈夫でないことは、この土の焼却という話で一瞬で分ります。そんなこと、何も必要ないです。
 
 そして、このブログ、「時間がないので簡単に触れさせて頂きます」と書いて、この後に他の企業名も含めて列挙だけしています。まともな意識があれば、こんな記述はありえません。名誉毀損の訴訟をされたら、確実に巨額賠償の対象になると思います。とても正気の記述とは思えません。
 
 こうした状態を、普通に考えれば、このブログ(僕は初めて見ました)は、虚偽の事をわざと書き連ねているのか、おかしい人が勝手な考えを書き進めている内容に過ぎません。
 
 どちらにしても、妄想の類でしかありません。このブログの過去記事も見ましたが、その大半が、いろんな妄想が拡大している状態が酷くなっている記述でした。

 読むに値しません。

 そして今回は、特にこの中でも、レベルの酷い妄想を、更にツイッターやFacebookで拡散している人たちが多くいることに、驚愕します。話がセンセーショナルであれば、事実関係の最低限の確認もしていないというか、ありえないことでも平気な感覚です。

 人間として相当に恥ずかしい稚拙なことを平然としている人たちが、すごく多いということです。僕は、この問題で、ネットで発信的に流している一定数の人々が、そもそも相当にレベルが低いことは、度し難いものがありますが、また一つどうしようもない実例を確認できたということです。

 被曝や放射能の問題に関して、匿名的アカウントや匿名ブログが、根拠なく言い出している情報は、原則は信用しないということを、まずは癖づけるべきかもしれません。そうでもしないと、被曝関連についてのネット情報は何もかも駄目ということにもなりかねません。
 
 そしてこうした妄想情報を平気で拡散させているサイトやツイッターアカウントが、以前から僕が問題あると思われているツイッターアカウント、更にブログサイトが多数含まれています。今回の主体的拡散者の中には、そもそも、精神的に病んでいたり、妄想が酷い方も一定数はいるとも感じています。

そして、正直こんな低レベルの妄想的な発信者に騙される人たちも、駄目です。

この話は、徳島でお答えしたら、こういうレスポンスがありました。

「本日は大変お忙しいところ、徳島にてお話し下さり誠に有難うございました。 
また、日ごろはブログおよびメルマガと大変感謝しております。 
 さっそくですが、汚染土の焼却処分の質問にお答え頂き、ツイッター情報の確認の大切さを痛感しました。リツイするときに、土を焼くとはなんか変だなとは思いつつも、情報源を確かめずにリツイしてました。以後気をつけたいと思います。 
 今日は移住者のみなさんともじっくりと縁を深めさせて頂くこともでき、素晴らしい機会でした。
 簡単ではございますが、改めてお礼申し上げます。」
 

 この方のようにきちんと、確認していかないと、今度はあなたが終わることになると僕は思います。

現実の避難移住の場で相対する人たちと、妄想が蔓延するネットの落差は、どんどん拡大している気がします。

「追記」 この妄想記事を掲載しているブログが、僕がこの記事を出した後、リンクの当該記事を削除した模様です(2014.9.25に確認)。

======================================================

僕からの重要情報は木下黄太メールマガジンを購読してください

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

===================================================



============================================================

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
======================================================

 

 

コメント

放射能と共に生き、共に死ぬ感覚がよく分る、福島・川俣町のクリーン作戦動員。木下最新メルマガ内容。

2014-09-23 03:45:15 | 福島第一原発と放射能
徳島にいます。きょう午後、徳島市内中心部で地元の団体が主催する避難者向けのイベントで話すためです。
徳島在住の避難者で 、地元団体がこれまで知らなかった人も参加するみたいで、やはり避難者が増えているようです。

状況の詳細は、あすのブログ更新でお伝えします。

最新のメールマガジンより内容を一部転載します。
/////////////////////////////////////////////
この方は、健康被害報告というよりも、実は自分が不慮の死になった場合に、献体して放射性物質の残留がないか調べたいということで、僕に連絡がありました。心臓などに感じている違和感があるそうです。
 僕はご自身が亡くなった後のことを考えるよりも、まずは心臓の専門病院で細かく診断をうけるべきであることをお伝えしています。
 この東京在住の男性の周りでおきている健康被害ではないのかとみられる話です。タイトルの後は、ご本人の文章です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 夫婦で眩暈、身のまわりで相次ぐ訃報、そして急死。 意識を失い救急搬送される40代女性同僚。】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2011・3・11以降の身辺報告(記憶している限り、時系列順で) 

 (1)事故直後  

 住まいは東京、勤め先は神奈川です。普段は基本内勤なのですが、出張すること があります。愚かにも、この時期、マスクもなしに出張してしまったことを憶えています。通常出勤もマスクなどしていなかったので、ますます愚かです。

  (2)労働組合と反原発運動

   いくつか、反原発デモに積極的に出向きましたし、人を誘ったりしました。後悔しています。やはりマスクなしでした。夫婦で参加したこともあります。

  労働組合では福島を含めた東北に向かう取り組みなどがありましたが、参加せず。いくら愚かでも、当時からさすがにこれはどうかと思いました。組合の中には、「福島第一原発を目的地にデモをするべきだ」などと言う役員もいました。


/////////////////////////////////////////////


===================================================

続きは、木下黄太メールマガジンを購読してください。

重要情報はメルマガのみ掲載、読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

===================================================

福島では、河川清掃もある意味リスクを伴って、ある種の動員がされるような状態だと連絡が来ています。

=======================================================

回覧板で「クリーン作戦・河川清掃を実施します。」

日時9月7日(日)午前6時から7時まで。・道路、河川 に捨てられた、ごみ・びん・かん等を拾ってください。主催 川俣町保健委員会

回覧板の詳細 (全町一斉・山木屋地区を除く)

作業上の注意:・なるべく長袖、帽子、マスク、手袋を着用して作業に当たってください。・妊婦または子供の参加はご遠慮願います。

(まるで町民皆「リクビータトル」に根こそぎ動員のようだ。放射能戦争国家)

=======================================================


よくも悪くも放射能と共に生きて、共に死ぬことを、前提とした感覚だと思います。妊婦、子供は参加させられないことを、他の大人が応分に負担して対応するということでしょうが。。。

僕なら問答無用で、このループから離脱することしか考えない話だなあと思います。

[現地で3年半経てからようやく、私から「内部被曝」「東日本の広域汚染の現実」「自主避難という名の棄民化政策」等の話を聞いて、「失敗した!食べて応援してきた」「信じられない!まるで戦争中の言論統制だ」「あなたの言う事は嘘ではないだろうが、信じたくない(蒼ざめて)」等々の反応がある。]

情報を寄せられている福島からの避難者の方は、このようにも伝えています。

ウソではないが信じたくないという感覚は、多くの人々が放射能問題を指摘する我々に対して抱きがちな感覚だろうと思います。

============================================================

 

【10/11(土)  「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】 

 

 ひと・まち交流館 京都    

 

 9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

 

 一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

 

避難移住者(予約申込必要)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)⇒80人の定員。

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みのメルマガでご確認下さい。

 

 


============================================================

 

汚染車両で体調不良がおきた双子の御家族が、旭川講演の主催者。

 

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
========================================================




コメント

安倍首相シンパで知られる荒井広幸参院議員、福島県知事選挙に出馬予定の熊坂義裕氏と姻戚という事実。

2014-09-22 02:15:15 | 福島第一原発と放射能

 

 

よい意味でも、悪い意味でも、このフィルムは今の福島がよくわかります。

【10/11(土)  「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】 

 ひと・まち交流館 京都    

 9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

 一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

避難移住者(予約申込必要)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)⇒80人の定員。

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みのメルマガでご確認下さい。

===========================================================

 僕は今回の福島県知事選挙が、現在の体制である福島県側の内堀副知事が圧倒的に有利なことは、間違いないとおもいます。他が一本化してもかわりません。

 その状態の中で、反原発的な立場の候補と、被曝回避的な立場の候補が、各々、立候補することになるなら、しかしそれも違和感があります。できれば、現況の福島体制にノーを言いたい県民がどのくらい居るのかを確認する為に、一本化したほうがよいとは思います。仮に被曝回避が多少譲っても。

ここまでは、見解は変わりません。

 しかし、きょうこの2人の候補に関して、細かく確認作業して、気がついたことがあり、これは皆さんにお伝えしておこうと思います。

元宮古市長の熊坂義裕氏のことです。

 僕はこの方のことは、ご本人のツイッターやホームページ情報は確認しましたが、その出馬背景に関して、詳しくはわかっていませんでした。ご本人の言説は確認していますが、それでもどうして出馬に踏み切られたのか、いささか納得できない感覚はきょうまでありました。

あることに気がついて(気がつかなかった僕が間抜けなのですが)、ある意味では納得しました。

熊坂氏を支援するということを新党改革が公にしていました。代表で、参議院議員の荒井広幸氏が会見しています。

荒井氏は、元々、福島が、地盤の政治家です。県議出身。

郵政改革などで名前が世間に知られた荒井議員は、その後の自民を離れて、政界の荒波をしぶとく生き続けている政治家で、ある意味、日本の政治家らしい方です。

そして、昔から安倍晋三氏とは親しいことは、業界内では誰でも知っています。2006年、小泉首相の退陣後の首班指名で、ご本人は当時は新党日本にいたのに、安倍さんに投票したことで、新党日本と国民新党の統一会派を反故にするきっかけもつくっています。そのくらいの安倍首相シンパです。

最近の動向は、週刊誌の次のような記事も参考にできるでしょう。

安倍首相を助ける一寸法師 荒井広幸氏のスパイ大作戦」http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2590

そして、こうした立場であることが政治的には公然の事実である荒井広幸議員。


その荒井広幸議員と熊坂義裕氏が姻戚関係であるそうです。

荒井議員の奥さんの旧姓が熊坂。

そして、荒井氏が代表の、新党改革は熊坂氏を支援。

一昨日には、荒井議員の後援会定例役員会に、熊坂氏がゲストで登場している状態だそうです。


この構造を見れば明らかな状態です。どこからどう見ても、熊坂氏は、安倍総理シンパ荒井広幸議員が肝いりの、福島県知事候補であることが、極めて濃厚ということです。


一般的に政治家は耳ざわりよいことを皆言いますし、選挙の前は特にそうです。

その文言は、素晴らしい方たちは多いです。

しかし、そうした言葉よりも、実はご本人の政治的な立場が、どこに立脚しているのかを、まずは事前に確認する必要があります。それが必要なことです。


原発再稼動を積極推進しているのは安倍首相。

その安倍首相シンパとして今も活動する荒井広幸議員。

その荒井議員と姻戚であり、密接な状態で出馬しようとする熊坂氏。


こういう構造を見極めておかないと、何かが違うこともありえますから。

 

本当に反原発なのか。

本当に再稼動反対なのか。

被曝回避をどこまで考えているかよりも、まずは、もっと手前の話から、確認が必要であるということです。


========================================================

 

福島県知事選情報も掲載、木下黄太メールマガジン 最新号配信ずみ。

 

【 夫婦で眩暈、身のまわりで相次ぐ訃報、そして急死。 意識を失い救急搬送

 

される40代女性同僚。】

 

【「東京から逃げたい」老母が一時心肺停止、奇跡的に救命後も、吐血して再

 

度救急搬送  】 

 

重要情報はメルマガのみ掲載、読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 

 =======================================================


========================================================

汚染車両で体調不良がおきた双子の御家族が、旭川講演の主催者。

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
========================================================




 

 

コメント

太陽光発電の急増、他の発電出力維持の為に九州電力の買電中止は、原発不要の証。マンガ【 ゆでガエル 】。

2014-09-21 06:54:56 | 福島第一原発と放射能


 

避難移住応援キャラ、だっげらいよんとだつるは此処でも読めます。⇒⇒⇒http://ameblo.jp/shibazakitoshie/

 

============================================================

 

僕に質問や問い合わせがある方、講演会などの依頼がある方は、まず僕のメールアドレスにご連絡下さい。 

nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

===========================================================

木下黄太メールマガジン 最新号配信ずみ。

【 夫婦で眩暈、身のまわりで相次ぐ訃報、そして急死。 意識を失い救急搬送
される40代女性同僚。】
【「東京から逃げたい」老母が一時心肺停止、奇跡的に救命後も、吐血して再
度救急搬送  】 

重要情報はメルマガのみ掲載、読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 ====================================================


朝日新聞が次のような記事を掲載しています。

「九電、再生エネ買い取り事実上中断へ 太陽光発電急増で」

太陽光発電が増えすぎて、九電内の太陽光発電の出力は7月末時点で339万キロワットらしいですが、さらにどんどん増えているそうです。

九電のピーク需要は1500万キロワット位で、結構な割合になっているという記事。

 

こうした事業を営んでいる会社も増えていて、全国で太陽光発電の設置は様々な勧誘も続いています。

しかし、どんどん増えると、他の発電手段が要らなくなりかねません。

だから買い取れないと言い出しています。

太陽光が増えすぎていて、ほかの出力との兼ね合いで、買うのをやめないとならないということは、原発など動かさなくても、いろんなエネルギーを作る方法で、九電の電力需要は、十二分にまかなえることを指し示しています。

この状態がはっきりするなら、川内原発を再稼動させる必要がどこにあるのかと言いたくなる話です。

原発がいらない理由の一つがここにも明示されたということです。

 

=========================================================

 

 【10/11(土)  「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】

 

 ひと・まち交流館 京都   

 

 9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

 

一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

避難移住者(予約申込必要)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)⇒80人の定員。

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みの最新号のメルマガをご確認下さい。

========================================================

汚染車両で体調不良がおきた双子の御家族が、旭川講演の主催者。

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
========================================================



コメント

韓国政府、日本8県からの魚介類輸入禁止継続通告。なぜ魚介類は産地を選んで食べるべきなのか。

2014-09-20 00:02:55 | 福島第一原発と放射能

木下黄太メールマガジン 最新号配信ずみ。

【 夫婦で眩暈、身のまわりで相次ぐ訃報、そして急死。 意識を失い救急搬送
される40代女性同僚。】
【「東京から逃げたい」老母が一時心肺停止、奇跡的に救命後も、吐血して再
度救急搬送  】 

重要情報はメルマガのみ掲載、読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 

====================================================


 韓国は去年9月以降、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉県からの水産物の輸入を、50種類から全面的に禁止しています。太平洋岸の東北から関東のエリア。

 そして水産庁との交渉がありましたが、引き続き輸入禁止は継続するということです。

 これは、あたりまえの話です。近隣国は、海洋汚染に関しては常に敏感ですし、そのうちでも危険性の高いエリアの魚介類を食べようと感じることの方がおかしいです。

 嫌韓とかどうでもいいことを言い募っている人は少しは認識したほうがよいですか、あなたたちが、馬鹿にしている韓国人がたべようとしない魚をありがたがって食べようとするのが、日本国民。そして食べさせようとするのが日本政府です。

 差別対象にしている人々が汚染を怖れて食べないと通告している魚を、差別している側が、食べている構造です。もはや、なんなんだろうと思います。

 これは、フラットに隣国から見たら、この地域くらいの魚は最低でも回避すべきだろうという感覚でしかありません。それはそうです、普通に放射性物質は海洋に拡散し続けているのですから。なんでわざわざ他国にいて、そんなものを食べる必要があるのか、皆目理解できないでしょうし、それをしつこく言い続ける日本政府への懐疑は強くなると思います。

こんな自明のことも、認識をしない日本人はただの馬鹿にしかすぎないと僕は思っています。

このエリアの魚に留まりません。

このエリアを経由して、他の海域で捕獲される可能性のある魚は極力やめておくしかありません。

 例えば、マダラは僕は事故以降、食べていません。汚染リスクが高いと判断しています。汚染海域の海底を通過するマダラは多いと見られていて、ことしの北海道の検査でも、セシウム合算で7Bq/kg程度の検出は普通に出ています。

 また、カツオは戻りによるリスクは高いと僕は考えていて、春はともかく、秋のカツオは食べていません。

更なる大型魚は蓄積も増えますし、慎重に食するのか、どうか判断しています。

 

 しかし、水産庁は、結局ある特定地域の魚が流通しづらい状態を改善したい為に目をつむります。まあ、お膝元の東京湾の底魚も河川からの汚染流入で厳しいですから。

 それに一言だけ付け加えれば、福島第一原発から海に放出された放射性物質は、セシウムだけでなく、ストロンチウムがとても多いです。それを考えると微量のセシウムが出ている魚介類にも、本当に安全な担保はありません。

こんなことを考えると、せめて産地を選んで、種類の魚の回遊を考えて、選択するのがまともな意識がある大人の所為と思います。

しかし、そういう所為がまるで出来ない人たちが、多数というのが日本の三年半の現実でした。

まあ、おかげて安全な確率が高い海域の魚が極端に高騰することもなく、こちらが選択できる自由が引き続き存在するのは有難いことではありますが。

他者の愚かな判断によって、ほかの人が得することがあるのは、世の常かもしれません。

合掌。

=========================================================

 【10/11(土)  「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】

 ひと・まち交流館 京都   

 9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

避難移住者(予約申込必要)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)⇒80人の定員。

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みの最新号のメルマガをご確認下さい。

========================================================

汚染車両で体調不良がおきた双子の御家族が、旭川講演の主催者。

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
========================================================





コメント

放射能回避、反原発の流れを壊す「トロール」という存在、それよりも自己顕示欲と金銭欲で崩壊するリアル。

2014-09-19 05:15:15 | 福島第一原発と放射能
木下黄太メールマガジン 本日金曜夜に最新号配信予定。

重要情報はメルマガのみ掲載、読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

====================================================

 僕はトロールというのは、ムーミンのこと、ムーミントロールという意味でずっと解していました。

妖精と訳するのが最も良いのでしょうか。

ただし、これは違う意味で使われていることをヨーロッパで、こうした被曝回避に取り組んでいる人から教えてもらいました。

PR会社に雇われた人が市民運動のフォーラムや新聞のコメント欄などに入って随時かく乱コメントを書いているという話はドイツでも聞いた。こちらでは「トロール」と呼ばれている。デモなどにも混じっているらしい、ということだそうです。

まあ、これではまがまがしいものというべきでしょうか。妖怪に近いニュアンスかもしれません。

まあ、こういう話はよくわかります。日本では「工作員」という単語で表現されていたものと似たりよったりだと思います。「トロール」の日本版が「工作員」。現代日本はことばも味気ないですが。

ただし、日本の場合でもヨーロッパでも同じことかもしれませんが、この「トロール」とか「工作員」とかいうものが、誰なのかという事に血道をあげるようになります。特に、攻撃的な言説で、そのことばかりを言う人が出てきます。

ただし、そういう気持ちも理解できるのは、ネット上でまさしく「トロール」的な存在、「工作員」的な存在であるところから、「被曝回避」「放射能防御」的な言説に対して、匿名による攻撃が凄まじかったからだと思います。

特に字数制限のあるツイッターと、そのツイッターを恣意的にまとめて攻撃ツールとして使うtogetterによって、遣り取りにもならない話で、一方的に攻撃されるという現象が、蔓延りました。これは、140字という字数が、きちんとした対話には不向きで、しかし日本語として、相手を貶める意図ばかり伝えるのには、適当だった字数というシステムが功を奏した形になりました。結局、ツイッターは対話ツールとしては機能せず、かといって英語圏でつかわれているような単純な意思表明手段にもならず、せいぜい広報ツール的な意味合い(これさえも微妙な感じですが)しかありませんでした。

最近は、被曝回避側や反原発の動きが、一定以上抑え込まれている政治情勢や東京での心理情勢が固着化していることもありますし、そうした工作的活動への資金がおそらく出されにくくなっている状況もあって、攻撃のトーンも落ちています。おそらくそうしたことの効果は既に顕れているのが現実だからでしょう。

しかし「トロール」とか「工作員」の活動が次に何を呼ぶのかというと、結局は「不信」ということになります。彼ら自体というよりも、彼らの活動によって、違う波及効果が生じているのです。

その「不信」ということにつながる事象も、この被曝回避を考える人たちの間で頻繁におきることになります。それは、こうした「トロール」による活動の結果ばかりでなく、遠因として、元々のこうした被曝を懸念する意識の人たちの間に、一定数抱える病のようなものを感じています。

一つの問題は、相当な自己顕示欲です。実際に、この活動に関わっている人たちの自己顕示欲というものは、あきれるほどに凄まじいことが多く、その能力や適性を無視するばかりか、経済的にも政治的にも裏づけのない状態で大言壮語する方が多数出るという奇妙な現実が横行しています。

また、もう一つの問題は、別の商売目的などで、あきらかなルール違反の行為が横行していることです。こうしたことがまずいという話はどんなに伝えても、このジャンルに生息している多くの人たちは見ようともしません。多分、何か、代償となる成果物がほしい人たちが多く、そうした特効薬をくれそうに見えるところに、ひざまずきたがる傾向が強くあります。

こういうことが強まっていて、実は厳しい状態にあることをきちんと確認する人たちは少数派です。僕は、この状況を想像を絶する思いで見ています。一体、原発事故がおきてから、多くの人々が懸念し、この事態に真剣に関わっていったと思っていましたが、時間の経過と共に、その大半の人は、何も言わなくなり、関わらなくなりました。

そして、懸念を持ち続けている人々の数は一定数はいますし、実は西日本や北海道で、その数は増えているのですが、そうした群の中に、違う意図があからさまな人が居続けていて、執拗な妨害が続いている現実があります。その人たちの金銭目的に近いケースも多いですし、お1人だけの政治主張や特異な思い込み、更なる恨みのようなものしか聞こえてきません。

何か禍々しいものが多くありすぎて、この事態を改善させる方法が特にないと感じています。僕がもう少し政治手腕があれば、違う手法もとりますが、結局、今できることは、そういう人物を判明しだい、切り捨てていくことしかありません。そういう人が多すぎるのです。

これは読者的な立場の人ではなくて、こちら側に関わり、さらに発信しようとする人に実に多いのです。おそらく昔からこういう人は一定数はいたのでしょうが、それは陰口の世界で収まっていたことが、ツイッターやFacebookといったツールによって、あからさまになっているということだろうと僕は思います。

インターネットは、本来は表に見えてこない、人間の論評に値しない欲望や禍々しい思いをさらけ出させてしまうツールとなっていて、日本ではそれが更にまずい装置になっっているのだろうと感じています。

なお、僕はこういう人々に対しての処し方は、公にマイナスを大きく生じないものは切り捨てるだけです。

 しかし、マイナスを多く生じさせると見られる存在には、その問題点を指摘することはやめません。そして、一見、被曝回避や反原発の立ち位置にあるように見えて、まったくレベルの違う酷すぎることが横行していることに、どれだけの人が自覚するのかしないのかが、次のスキームを作っていけるのかどうかという未来の話に関わると思うからです。僕には、個人的にそれで攻撃が加算される構図になっているのだろうと思いますが、こうした指摘を僕以外の人はだれもしないために、やめるつもりはありません。

体制が害悪なのは当然の話ですが、非体制にも害悪は存在しているのは常識です。

その害悪が、この被曝を懸念する渦の周りに多いことは自覚してください。声の大きい輩は特にそうなります。

========================================================

  【10/11(土)  「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】

 ひと・まち交流館 京都   

 9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

避難移住者(予約申込必要)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)⇒80人の定員。

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みの最新号のメルマガをご確認下さい。

 

=======================================================

===========================================================

 

この汚染車両で体調不良がおきた双子の御家族が、旭川講演の主催者。

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
========================================================


コメント

放射能国道6号再開に踏み切った自民・安倍政権。双子健康悪化、川内村の車は土埃130万Bq/kg汚染を再確認。

2014-09-18 01:31:50 | 福島第一原発と放射能

 ========================================================

 避難者が嫌な現実から逃げようとする感覚は、根幹的に間違いと思っています。そして、この映画は嫌な現実ですが、その嫌な現実を我慢して見たほうが良いから、上映会をセットしました。

 【10/11(土)  「A2-B-C上映会&木下黄太ミニトーク」 】

ひと・まち交流館 京都   

9:30受付開始 10:00上映開始 11:10上映終了 11:10から11:40 ミニトーク

一般(予約不要)参加費 1000円  中学生以下は無料 

避難移住者(予約申込必要)参加費 500円(予約がない方は一般扱いになります)⇒80人の定員

予約方法1⇒http://kokucheese.com/event/index/212307/

予約方法2⇒「puchirita@mbp.nifty.com このアドレスまで、お名前と連絡先、合計人数(うち中学生以下のお子さんの人数)、参加者全員の氏名、避難元の自治体名をメール下さい。」

また、避難者ではない、メルマガ読者の方には、一定数限定で別枠の申込設定をしています。詳しくは配信済みの最新号のメルマガをご確認下さい。

=======================================================
木下黄太メールマガジン 先週金曜配信の最新号

・・・・ I N D E X・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【 朝日新聞社長辞任が招くジャーナリズムの深刻危機、反原発や被曝回避へのマイナス影響 】

 【 小金井周辺で友人2人の赤ちゃんに心臓疾患、我が子も軽微な奇形、身近に聞こえる脳梗塞や突然死 】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

=====================================================

 

 

  冒頭の写真は、廃車として、北海道で現在もそのまま残されている自動車です。これは何なのか?

実は過去に次のような記事をお伝えしました。2011/12/17の僕のブログ記事です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【危険】汚染車両で被曝、歩行障害もおきた双子。

 北海道で僕も直接会っている、双子の子供たちが、福島県の被災地から持ち出された移送車両であきらかに、被曝と見られる症状が出ている話です。歩行障害さえおきています。医師による診断書も出ています。

その車両についている土ぼこりを検査会社が検査したところ、数グラムの土埃の中に、

セシウム137=3,587Bq、セシウム134=2907Bq セシウム合算6,494Bqでました。  

この数グラムを仮に5gの土埃と仮定すると、一キログラムあたりに換算するには、×200倍で、
およそ130万Bq/kgとも推定されます。ものすごい汚染土です。

 詳しくは下記ページをご覧下さい。汚染された場所からの車両の流入がなぜまずいのか、この例があっても分からないのでしょうか。汚染車両は本当に危険です。ガレキのみならず、汚染地の車が、中古車や鉄くずとして流通している実態を危惧します。これは、福島のみならず、宮城、岩手、栃木、茨城、千葉、群馬、埼玉、東京でも、危険な車両は存在します。あまりにも高い線量の車は、除染できず、車歴を消去して、中古車としてたどれないように流通もしています。車検をこの三月以降に、取り直している車は要注意です。中古車は、ガイガーカウンターで、下回り、エンジンルーム、フィルタなどの線量を確認して、購入しないと何があっても仕方ありません。
http://2011kazu.web.fc2.com/kawauchi-contamination-car001.html

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 2011年に、お伝えした、このお子さんたちは、事故当時、川内村から避難されていた親族の車(原発事故後に車も北海道へ移動)に乗っていただけで、酷い身体症状がおきていて、現在も辛い状態が、ある程度までしか改善はされていません。

 これは、その乗っていたころの車の画像です。ここから推定ですが、セシウム合算130万Bq/kgの汚染が見つかっているのです。

双子には、痙攣や歩行困難、筋肉の疼痛や萎縮などが同時に起きた経緯などから、「放射線による可能性がある」と医師が認め、次のような診断書が出ています。

 

 そして、この車が置かれていたり、運転していた川内村のエリアと、政府が全線の再開に踏み切った国道6号線は至近距離にあります。勿論、放射性物質の汚染程度は、国道6号線も尋常ではありません。

こうした道路を通行する車が増えることは、大変な危険を更に拡散させることになりかねません。

しかし、こういう動きはどんどん強くなっています。


きのう福島視察をした安倍総理。

12/6に常磐道の浪江・仙台間を開通させ、更に来年のGWには常磐道の全線開通をすることまで、安倍総理は明言しました。

稲刈りのコンバインに乗り、梨を食べるパフォーマンスつきで。

 こうした道路、高速道路による放射性物質徹底拡散の動きは、ウクライナではなかった話です。こういう放射能を無視する政策を完遂する政権として、日本国家と自民・安倍政権が露骨になっていることは、認識しておくべきです。

===========================================================

 

この汚染車両で体調不良がおきた双子の御家族が、旭川講演の主催者。

【10/18(土)旭川講演『チェルノブイリからみえるニッポン』~北海道を生き抜く~ 】

 12時開場 13時開演

開催場所 旭川市市民活動交流センターCoCoDe(ココデ)ホール(北海道旭川市宮前通東)

 申込・詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/215418/

 ===========================================================

北海道の食料基地で、防御の要となる帯広で話します。

 【10/19(日)木下黄太講演会 in帯広「広がる放射能汚染の真実!」 】

 開場:午後2時 開演:午後2時30分 

 場 所 :  とかち館 帯広市西7条南6丁目2 

 参加費: 1,000円

 http://tokachinet.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html 

 参加申し込み先 十勝ネット市民の会事務局

E メール:tokachinet@gmail.com 
☎   0155-66-9231
FAX  0155-66-9281
========================================================

 

【10/11(土)午後の部 「あきやまただしさん絵本ライブ&音楽コンサート」】   

    13:00受付開始
    13:30音楽演奏開始
    14:20音楽演奏終了予定、休憩
        14:30あきやまただしさん絵本ライブ(15:30終了予定)

    避難移住者 無料(先着順、予約不要)
    一般  寄付(先着順、予約不要、お1人1000円からでお願いします)
    中学生以下は無料

 大人気アニメ番組『はなかっぱ』の原作者、絵本作家のあきやまただしさんが来場。独創性あふれる絵本ライブです。オリジナリティあふれるパフォーマンスはお子さんにうけること間違いなしです。沖縄から、このために参加されますし、原発事故以降、最近では、沖縄以外では開催をしていなかった絵本ライブが、久しぶりに本土、近畿で見られる、レアな機会となります。

============================================================



 

 


 






 

 

コメント