「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

放射性物質を含有する可能性のある桃等の食品を回避することを「差別」「人権問題」にしたい法務省の狂気。

2013-11-30 18:49:23 | 福島第一原発と放射能

僕は他の人よりも人権問題には敏感です。

僕の書いていることを、優生思想だと中傷する話の時にも、そうした話を吹っかけてくる輩と徹底的に闘いました。僕は、この類の話は、他の人と違って、頭の中の想像で考えていないからです。これはリアルとずっと認識しているからです。

差別、人権の問題は大きな問題です。それは現実の人間社会の中で、なかなか無くすことができないですが、それでも少しでも減らしていくべき話と思います。

しかし、そういうことは、本質的に差別や人権の問題を考えるというよりも、ある種の政治的・経済的利益の確保と言う事にしか運動がすすまず、それに教育などの公的な機関やその立場の人間が、無意味な追随をして(被差別者の意向に沿っていない場合も多い)、混とんとした変な状態をつくりだすことが、ままありました。

被差別部落にまつわる話には、特にこうした傾向があって、僕は中学生の頃に、特定の部落解放運動団体に追随することしか考えていない公教育の教師が、人権問題でそれ以外の言説は取り上げないという現場を経験させられたことがあります(誤解なきように言明しておきますが、僕が話している言説は、人権問題を俯瞰的に捉えて、差別をなくすという主張をした話で、ルソーの文章などを引用したものですが、その人権問題が、被差別部落の話に特化はしていませんでした)。それ以外は取り上げないというよりも、一般的な言説を否定して、ある特定団体の主張におもねったような話をして、更に僕に対して、中傷をしてきて、それに周りの不良が追随し、其の日の放課後、危ない状況に至ったこともあります。

中学生の頃の話です。

差別の問題というのは、その被差別当事者がどう捉えるのかという話とはまったく別に、そこに違う形で関与している人間が、何かの思惑で、さらに違う話に捻じ曲げていく作業が行われることが、ままあるということです。

この僕の話は、部落差別に関してのモデル指定校となった学校で、それを自分の立身出世に結び付けたい学校幹部、さらに特定教師が、特化してその方向の話をし続け、それ以外の普遍的な人権問題の指摘や差別について反対する言説を退け(こういう手口は反原連ともにていますね)、さらにそうした普遍的な言説を言う僕と他一名に対して、教師が別の攻撃を仕掛けるという、常識では想定できない話でした。

僕は、この時の凄まじい経験から、差別問題というものを、恣意的に使う輩には、強い嫌悪感がありますし、そうしたことをする人間は本質的に終わっている人間と認識しています。しかし、要注意の話です。

被爆回避を考える際に、優生論を持ち出して、こちらに攻撃を仕掛けてきた人間たちにも、同じような事をずっと思っていますし、許すことはありません。

そういう連中は、本当にマイナスを抱え込んでいる人たちと共に歩んでいるのではなく、見せかけの世界で、演じているだけで、マイナスを抱え込んだ人達をうまく利用して、自分のなにかの為に使っているだけと僕は思います。

僕の知る人間にも、そうした言説を3.11.後にしていた人間がいて、僕はその二人には、今でも許せないという思いがあります。あなたたちのしたことは、人は救わないと僕は断言します。

そして、今回、おきている福島の桃を回避している話を、在日の中国人の子どもが書いた作文が、自分などにもあった人権や差別の問題とリンケージしている文章を、法務省が大宣伝しているのは、国がそうしたいからにすぎません。戦時下で、戦意高揚を伝え、他国を犬畜生のように書いた文章がほめられたのとまるで同じ構造です。

しかも、桃を選別する話が、人を差別する話と同列に置かれています。この文章を書いた子どもの問題でなく、これを声高に取り上げる法務省のスタンス。

ありえません。

差別問題、人権問題を本当にセンシティブに取り扱うべき法務省が(彼らが前から人権や差別問題を適切に扱っているかは大いに疑問がありますが)、人への差別と、放射性物質の含有可能性を考えて食品を選択する話をごちゃごちゃにしようとしています。

これは、怖ろしい話です。こうした兆候を見ると、この国が、終わりつつあるのは、思っていたより早いと思います。

それは何故なのか。

 僕は、思っているよりも、今回の被曝影響が更に日本にとって深刻な状況を将来しつつあるのではないのかという妄想がわいています。ここまでおかしなことがおきつづけているのは、大概、更に事態が深刻な場合、行くべき道筋が無いから、おきていることではないかと。

 法務省という国の要が平気で投げる変化球は、思わぬ次なる様相を先に示すのかもしれません。

絶望が深まります。

================================================

下記は河北新報よりの引用。

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131128t13005.htm

 

全国中学生人権作文コンテスト 古川の大沼君、最優秀賞

 

 法務省は28日付で、人権問題をテーマにした第33回全国中学生人権作文コンテストの入賞作品を発表した。最優秀の内閣総理大臣賞には大崎市の宮城県古川黎明中3年大沼逸美(いいみ)君(14)=宮城県大崎市=の「それでも僕は桃を買う」が選ばれた。
 大沼君は夏休みの家族旅行中に福島県内で、福島産の桃を欲しいとせがむ子に母親が「駄目」と説き伏せる姿を見た。その出来事から、自分がかつて、中国籍であることを理由に友人から「黙れ、中国人」と差別されたことを思い出したという。
 作文は、見掛けた母親が「だって福島産だよ」と言った言葉と、自分が投げ掛けられた言葉を重ね合わせて差別について考え、差別をなくすことの大切さを訴えた。
 大沼君は「まさか全国で1位とは驚いた。うれしい」と喜ぶ。母子の会話から、自分も福島産のモモに偏見を持っていたことに気付いたという。「よく理解していないのに、偏見や差別はよくない。相手を知る姿勢と思いやる想像力を大切にしよう、と訴えたかった」と笑顔で語った。
 人権作文コンテストには6930校から過去最多の94万1146人が応募。テーマ別では、いじめを題材とした作品が約30%と最多で、戦争・平和や障害者問題をテーマにした作文も目立った。


===================================================

キエフに関しての新しいデータを、熊本・福岡で、同日、初めてお伝えします。この日には間に合いそうです。

 

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 

場所:熊本市総合体育館・青年会館 
熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 
開始:9時~ 講演開始:9時半~
申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/ 
※駐車場、当日、運動大会有るため有りません。
※市内から無料直通バス ※託児を予定しています。
様々、詳細はお問い合わせ下さい。
問合せ⇒ 070-5273-1409 しおのや

【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 

◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定)
◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 
(福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 
◆申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/  
託児など詳細はこくちーずで確認下さい。

=======================================================

 【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】  

  ◆満員の為、キャンセルが出た場合には、随時申込可能です。適宜、ご確認を。⇒http://kokucheese.com/event/index/126541/  


同日夜の大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。 残りは30席弱です。この会場は、座席の増設はできませんので、ご了解ください。

    【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】  

◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)  

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。  

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/ 

◆参加費 1000円  

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分

================================================



 

コメント

大阪ガレキで不当判決。キエフに関して新たな情報の発表を、12/8(日)熊本と福岡の講演ではじめて行います。

2013-11-29 04:27:44 | 福島第一原発と放射能

  ウクライナ報告会で、新たにお伝えすることがあります。

 エフに関してです。データが一定レベルに整うまでに、後一週間程度はかかるため、国内でこの内容を話すのは、熊本と福岡が最初になります。東京では、最初から間に合わなかったですし、最初は近畿の講演に間に合うのかどうだったのですが、少し早くなりました。このデータの概要を踏まえて、僕はどう考えるべきか、少し悩んでいますが、それでもお伝えすべきだと思っています。

 被曝という実態が、実際はどうであるのかを考える上で、いずれにしても参考になると思います。僕は27年前のウクライナやソ連の内部にいませんから、その状態はよくわかりません。しかし、27年後のキエフで、様々なグループ、研究所、施設、企業、専門家、医師などを訪問して、少し確信に近いことがあります。そのことを踏まえていないと、チェルノブイリの汚染実態に関しての感覚を踏み誤るというふうに思いました。この点で、このデータは、参考になると思います(神戸・大津などの講演でも同じ話をお伝えいたします)。


熊本の報告会は、日曜日、12/8 の午前中です。
福岡は同日の夜になります
福岡は市内西部での開催の為、佐賀県内や糸島市からの来場も便利です。

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

場所:熊本市総合体育館・青年会館 
熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 
開始:9時~ 講演開始:9時半~
申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/ 
※駐車場、当日、運動大会有るため有りません。
※市内から無料直通バス ※託児を予定しています。
様々、詳細はお問い合わせ下さい。
問合せ⇒ 070-5273-1409しおのや

【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定)
◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 
(福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 
◆申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/  
託児など詳細はこくちーずで確認下さい。

=========================================

 やはり、東京のおかしい人はとことんおかしくなっている事例を書きます。

 おそらく五年くらい前に電話取材したことのある裏の関係者。突然ショートメールがきて、風俗経営セミナーの案内が送信されています。どう考えても五年は話していない人間です。携帯に登録もないレベル。そういう関係しかないメディア関係者に、いきなり風俗経営セミナーの案内などショートメールでは送りません。裏の人間でも、あたりまえの距離感を喪失している気がします。実は、僕は、こういう感覚の変化も被曝ではないかと疑っています。

 こういうことは、実は役人とのやり取りでも同じことがありました。こういう人に限って、3.11.以降ではじめてのやりとりです。

 更におかしいことがあります。これは、Facebookの投稿で、唖然としたのですが、米の中に、安いシンチレーション(エアカウンター)の線量計を入れて数値が高いから危険かもという投稿を「福島第一原発を考えます」のグループでして、それが意味のない話と言う事も通じない。投稿者と擁護する人間があわせて二人いて、言い張っています。都内在住の人達。 ごめんなさい。こんなものを本気で投稿していたら、頭がおかしいと思われても仕方ありません。

 白米に含有されているセシウムが10Bq/kg~30Bq/kgあっても、その程度の含有で、エアカウンターの数値が分かるほど上がることは考えられません。そんなものを食品に含まれる放射性物質の含有量を計測する目安みたいに、三年近くが経過して言い出すのは、非常識の上にも非常識です。

 そしたら、こういう話を言い出します。

《一般家庭で米の放射能汚染を調べる機械を老いているところなど皆無でしょう。
また、自宅の米を全て測定所に持ち込む事も不可能でしょう。
たとえ正確な値を出すものではない事は分かっていても、ノンベクレルな(しかも結構危険そうな)お米であるかどうかの、調査には役立つと思います。
あくまでも一般家庭の簡単なチェックには役立とと思います。
あとは、ちゃんとした測定所で測定し、その結果を持ってしかるべき団体なり役所でトレーサビリティで出所を調べてもらえばいいと思います。
単に、やり方が違っているで済ませられる問題じゃないでしょう。

では、木下先生に、一般家庭で簡便に汚染された米の目安をつける方法をお教えいただきたい。》

 

  そんな方法はありません。安全なものを絶対に食べたければ、汚染のほぼないエリアで、肥料なども大丈夫な生産者と確認して、小売業者から買うしかありません。こんなことは、何百回も話していますし、三年近くが経過して、こんなことを言いだす輩は、まともな社会では相手にされません。

というか、まともではありません。

僕は本当に嫌になっているのですが、三年近い月日で、何か改善するどころか、劣化が進んでいるのが、はっきりとわかります。これが端に偶然であって、被曝の影響でないと信じたいです。

溜息。

============================================

 【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】  

  ◆満員の為、キャンセルが出た場合には、随時申込可能です。適宜、ご確認を。⇒http://kokucheese.com/event/index/126541/  


大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。 

    【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】  

◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)  

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。  

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/ 

◆参加費 1000円  

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分

================================================

「大阪市がれき説明会」の判決公判が、きのう大阪地裁でひらかれました。

この事案については、下記の過去のブログ記事でご確認下さい。

これが、大阪府警のガレキ反対市民四人逮捕動画。小柄な女性は、階段から突き落とされて逮捕された。

長井秀典裁判長は、このうちの2人に、懲役8カ月で執行猶予2年の有罪判決を出しました

明らかに不当判決です。有罪判決を受けた女性からのメッセージです。当時、現場の目撃者によれば、警官から階段で突き落とされているという女性です。彼女はすこし病もあり、ガレキの懸念からこの活動を始めた人で、もともとの活動家などではありません。

 

「どうしてもがれき焼却による放射能汚染の拡散を阻止したかった。ただひたすら広域処理を阻止するために、これまでありとあらゆる手段を尽くしたつもりです。とにかくただただそれだけでした。しかし司法の下した判断は、"原子力推進派"の言い分だとしか思えませんでした。 一審判決は、到底納得できる内容でも結果でもありませんでした。次は二審で"NOと言う権利"を回復させたいと思います。 これまでご支援下さった皆様、本当にありがとうございました。不本意極まりありませんが、続く二審も一生懸命闘うつもりです。今後とも温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。」

僕も引き続き、支援したいと思います。




コメント

福島から聞こえてくる突然死と「放射能のせいかも」と口を滑らす医師。網膜剥離は身のまわりで3人目。

2013-11-28 10:16:53 | 福島第一原発と放射能

福島からは、そこにまだ住んでいる方や避難者から、断片的に情報は寄せられます。

「友人が先だって眼科を受診したら、入院になり翌日緊急手術をしました。病名は『網膜剥離』です。私の周りで3人目。」

こういうおかしなことがおきていても、そのことを考えないようにする感覚が強まっているのが被曝地の実体です。

つぎの様な厳しい事案もあったことが、今になって聞こえてきます。福島市の40代女性の話です。

===================================================

 フクイチ事故後、空気が高濃度汚染され始まった2011年3月15日から 食料や水を得るためにスーパーや給水の列に並び、 帰ってくると「被曝した 、被曝した」と言っていました。急性の症状はなかったものの、(今思うと被曝の影響で免疫が落っこちてしまったのか)2011年4月に突然具合が悪くなり、数日間風邪のような症状がありました。その後、突然倒れたので、救急車で運ばれて病院で様々な検査したが、結果は「異常なし」であった。その日は、病院で点滴を受けて自宅へ帰ってきた。 

 ところが、その翌日になり急逝しました。搬送された病院では、死因を特定するために 検死を行った。その結果は、『急性心筋梗塞』であった。医師が解剖の所見を親族に説明している時に、「放射能のせいかも…」と口を滑らせのを亡くなった娘さんの親が聞いたのです。因みに、亡くなった女性には心臓疾患の既往症はありませんでした。

 後日私は、死因は内部被曝によるものであると推理して、事故後早い段階でマスコミが報じた放射性物質降下土壌沈着量を記録しておきました。2011年5月15日の「朝日新聞」によると、3月19日の福島市で採取した土壌はCs134+Cs137合計27650Bq/Kg(1797250Bq/m2)と出ていました。

===================================================

突然死の話は五月雨式に聞こえてくる感覚の様です。

浜通りで親戚が働く会社の50代管理職2名が入院後心筋梗塞で死亡。 石を投げれば、若死に当たる確率が高くなってきたような気がする。」

更に、帰還を奨めるような感覚が強まっていて、現実をあきらかに直視したがらないのは、議会でもにたようなものらしいです。政治の不在を強く感じるしかありません。郡山市の市議会。

====================================================

11月のあたまに、わが避難先に郡山市より送られて来た市議会だより。
17人の議員の中で、甲状腺検査に触れたのは議員1人だけでした。
福島原発のことに触れた方2人、そのうちのひとりは市長が逃げたというデマを否定する内容で、また
除染に触れた方が1人という感じでした。唖然。

以下、市議会だよりの内容をそのまま書き写した物です。

こおりやま市議会だより 平成25年9月定例会 市政一般質問
郡山の未来をつくる会 駒崎ゆき子議員
甲状腺検査の二次検査の結果等について
(問)本市の二次検査の終了者は前回より増え90人であるが、その結果は。また、前回の公表結果では、一次検査を受診できなかった市内の子どもが約1万人いたが、その後の受診状況と結果は。
(答)二次検査の結果は、本格検査の対象者が36人、保険診療の対象者が54人で、このうち・「悪性」又は「悪性疑い」が8人であった。また、本年7月31日現在、新たな一次検査の受診者数は192人となっている。結果が確定している30人は、結節や嚢胞を認めなかったA1判定14人、5ミリ以下の結節や20ミリ以下の嚢胞を認めたA2判定15人、5.1ミリ以上の結節や20.1ミリ以上の嚢胞を認めたB判定1人、直ちに二次検査を要するC判定者はいない。

====================================================

 政治の不在といえば、秘密保護法案の話で、安倍総理が「菅政権があきらかにすべきSPEEDIを隠した。政府が間違った」という趣旨の回答が、まだ気になっています。

 これは一般論的に考えると、国民多数の生命・健康を守るのに、最も緊急に必要とされて公開が急務の情報さえ、政府が秘密としてしまったということを話しているのです。こんな基本的かつ最低限の緊急対応を要求される事象さえ、政府が判断を誤ったという事です。

 「民主党・菅政権でミスをしているが、自民党ではありえない。」こう言いたいのかもしれません。これは、二つの観点から誤りです。

 一つは、政府というのが、政治家以外の圧倒的多数が官僚で占められている日本は、その構成員が大きく変わりません。政権交代しても、アメリカのように政府部内の人間が大きく入れ替わることはありません。つまり、民主党政権の下で働いていた役人が首にならずに、そのまま自民党政権下で働いている訳です。この役人たちは、こうしたミスを自らがしたか、見逃したかは別にして、つまり故意か不作為かはともかく、そのマイナスを止められない人達であることは間違いありません。そうすると、現行政権下における政府でも、同様の別のミスは起きる可能性が、一定以上ありうると考えるのが、通常の推測では蓋然性が高いです。つまり、似た様な別のミスをして、伝えるべき情報を間違って隠蔽し、秘密にしてしまい、国民に不利益を被らせる可能性が十分にあり得ます。だって、携っているのが殆ど同じ人々ですから。

 二つ目は、どうして菅政権で失敗した判断が、安倍政権なら失敗しないのかという説明がわかりません。ある人が失敗したことは、別の人にもおこりうるから、その失敗の前例を見て、失敗を回避するために、なにか手順や手段を設けているというなら、失敗を回避できるようになっているとはじめて言えると思います。 しかし、政権の判断によるミスについて、それをどのように回避すべきなのかという議論を自民党でしているという話さえ、僕は寡聞にして知りません。もしかしたら、何か適切な事を為さっているのなら、ご教授頂きたいほどです。

 というよりも、汚染水問題でさえ、嘘の話をオリンピック招致の場で、国際社会に平然とする総理大臣が、己の判断が誤る可能性を考慮して、それを回避するための何か手段を作っているとは、なかなか思えないものですが。。。

 その自民党は、自民党の議員連盟「婚活・街コン推進議連」の設立されたそうです。婚活や街コンを議員が政策として進める為に。

 すいませんが、その前にやることは腐るほどあるでしょう。どこまで狂っていくのかと思います。戦時中の「産めよ増やせよ」とまるで似た様な光景ですが、更に下劣かもしれません。


=============================================

 

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】   

 

 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演

会場が地下から11階に更に変更。開催施設も当初からは変わっています。再度確認を。 

 

☆会場 富邦福安紀念館大樓 11F大會議室  (台北市大安區仁愛路四段258號)  

 

☆日本人向けの参加申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

 

 (お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。) 

 

 ☆参加費:無料(主催団体の意向) 

 

 ☆主催:主婦聯盟環境保護基金會       協賛媽媽監督核電廠聯盟

 

 問合せ:(02)2368-6211 主婦聯盟基金會秘書處 

 

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

 

 

 

===================================================

 

 国内で東京の次は熊本報告会。

 

 【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 

  場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 

 熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

 

  受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

 

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/ 

 

  参加費:1,000円  

 

※駐車場、当日、運動大会有るため有りません。

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 

 問合せ⇒ 070-5273-1409しおのや 

 

------------------------------------------------------------------------- 

 

福岡は熊本の同日夜開催。糸島や佐賀からも来やすい場所で開催!

 

   【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 

  ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 

  ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

 

   (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分)  

 

 ◆参加費:1,000円   

 

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

 

    申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/  

 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り  

 

 託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp  

 

 託児料金/お子様1名につき800円前後予定  

 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。    

 

 ----------------------------------------------------------------------

 

近畿も同日2会場で開催。 神戸会場は現在予約で150席満員となりました。

 

      【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

 

  ◆満員の為、キャンセルが出た場合には、随時申込可能です。適宜、ご確認を。⇒http://kokucheese.com/event/index/126541/  


大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。

 

    【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

 ◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定) 

 

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。 

 

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/ 

 

◆参加費 1000円  

 

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

 

 ※座席指定はありません。 

 

 ◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分



 

コメント

違和感。

2013-11-27 07:41:45 | 福島第一原発と放射能

本当によくわかりませんが、秘密保護法に関しての立脚点が僕には理解できません。

秘密保護法が無くても、被曝に関しての情報を隠し、その隠した情報を「見ざる、言わざる、聞かざる」にしていることが、この国の政治家であれ、官僚であれ、マスコミであれ、経済人であれ、同じ様な状態です。

法律なんかあろうがなかろうが、ひたすら隠ぺいを繰り返しているのが、今の日本です。

そこに触れないことが暗黙のルール、それが三年近くになっています。

こうしたことを放置して、誤魔化している人間たちの権力側にいる連中が、この法律を進めようとしていますが、同じように誤魔化している人々の一部が、「この法律が通ったら日本はおしまい」という論調で反対しています。

国会では、福島に関しての情報が特定秘密になる懸念を民主党が質問すると、総理からは「菅政権があきらかにすべきSPEEDIを隠した。政府が間違った」という趣旨の回答まで出始めています。それは「秘密でない」と。民主党議員は詰め寄れません。この話を聞いていると、秘密法反対側の話がきちんと成立しないこともあからさまになります。

それは反対側の立場のおかしさだけならず、進めようとする政府側がSPEEDIは公開すべきで、非公開は間違いとまで認識している一方で、現況の被曝状態を無視して帰還促進ばかり進めようとしたり、汚染実態に対して国際的に嘘を平然とついていることとの整合性がまるでないのも露呈するからです。

前提となるべき、きちんとした情報を公開し、その情報を認識する状態に、そもそもまるでない国で、何が秘密なのかということです。

政府にとっての秘密は何か?

更に、自主規制をここまで続ける人々が一体に何に反対しているのか。

彼等は、どうして法的縛りもないのに、自主規制を続けるのか。

日本人という立場をわきまえない僕には違和感しかありません。

この法律が、日本にプラスをもたらすことはないと僕も確信します。

でも、反対している大半の人達が、被曝という現実に目を塞いでいる以上、その反対の意味が、根源的にわかりません。

=============================================

 

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】  

 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演 

 

会場が地下から11階に更に変更。開催施設も当初からは変わっています。再度確認を。

 

☆会場 富邦福安紀念館大樓 11F大會議室  (台北市大安區仁愛路四段258號) 

 

☆日本人向けの参加申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

 

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。) 

 

☆参加費:無料(主催団体の意向) 

 

☆主催:主婦聯盟環境保護基金會       協賛媽媽監督核電廠聯盟

 

問合せ:(02)2368-6211  主婦聯盟基金會秘書處

 

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

 

===================================================

 

 

 

国内で東京の次は熊本報告会。

 

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 

 場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 

熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

 

 受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

 

 申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

 

  参加費:1,000円 

 

※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 

 

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 

 問合せ⇒ 070-5273-1409(しおのや) 

 

 ------------------------------------------------------------------------- 

 

  福岡は熊本の同日夜開催。

 

  【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 

 ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 

 ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

 

  (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 

 ◆参加費:1,000円  

 

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

 

   申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

 

 託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

 

 託児料金/お子様1名につき800円前後予定 

 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 

 -----------------------------------------------------------------------

 

 近畿も同日2会場開催。 神戸会場は現在予約で150席満員となりました。

 

 大津は100席限界でまだ空いています。大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。

 

   【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

 

 

  ◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 

 

  ◆会場 葺合文化センター 

 

 ◆満員の為、キャンセルが出た場合には、随時申込可能です。適宜、ご確認を。⇒http://kokucheese.com/event/index/126541/ 

 

 -------------------------------------------------------------------------

 

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

 

 ◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。

 

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市

 

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

 

◆参加費 1000円 

 

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

 

※座席指定はありません。 

 

◆託児はありません。 
◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分





コメント

環境保護派である滋賀県知事が、琵琶湖放射能汚染木材チップに関して、専門家に披露した無知蒙昧。

2013-11-26 05:21:42 | 福島第一原発と放射能

 

 琵琶湖放射能汚染木材チップ放置事案に関して、京都のメーリングリストなどで、下記の内容が流れています。こういう発言を、滋賀県知事がしている様では、話になりません。滋賀県知事と、改めて調査・検査して12,000Bq/kgの数値を発表した、市民環境研究所の専門家とのやり取りです。

==================================================

(一部抜粋要約して掲載)

ところで本日、嘉田知事から(市民環境研究所の)石田先生に電話があったそうです!大バトルとなったご様子です。知事も相当憤慨していたようですが、石田先生も30分怒鳴りっぱなしの電話やったと本気でぶち切れておられました。

ざっと伺った内容ですが、

知事は「県の行った測定方法(湿重)は、<ありのままを測る>環境省のお墨付き正当な測定法。22日に県が採取した土嚢から採取したチップは、xxxbq/kgだった。(乾燥させずに、すでに測定済み!数字は今伏せておきますが、ざっと1/3)県は、xxxbq/kgで公表する。採取したチップを現場に戻すと、現場を変えてしまったことになるので県が代執行できなくなるので絶対に戻さないでほしい。」

(毎日新聞にコメントした他の研究者に)「前言を撤回し、この場合湿重でよいことに同意してもらった。」→ 「犯人には大きな圧力となっただろう。その点は感謝している。」


石田先生は、数値を行政の都合で操作し、現場も知らない人たちが事務的に行っているだけの測定だ、40年以上この仕事をやってきているものに対して『湿重』を認めろという無知さ、そして高レベルの放射性物質をどこにでも平気で置ける神経などなど、尽きないご様子でした。

===================================================

 湿重、つまり水分を含んでいる検体は、適正に放射性物質が測定できないということで、数値が低くなるという話です。当たり前の前提です。こんな話は。

 彼女は、結局、環境保護の専門家ではあるが、放射性物質の回避に関しては、特に専門的な知見が無く、適切な指示もできていないということです。滋賀県知事は、未来の党で失敗をしています。その時に、元官僚の親族で、那須塩原市の副市長が党の内部に入ってきて、被曝問題に関する見解がぶれたという話も、以前、関係者から聞いています。実際に高度に汚染されている自治体の幹部が親族で、自分がトップになった党の中で一定程度、名代的な立ち位置でいたことは、本質的に相当な無理があると思います。これは、僕から見ると、この政治家がなにを優先するのか、その順番が違うという話です。

 また、一般的に「環境を守れ」と声高で言う人達が、被曝問題にのみ口をつぐみ、なかったことにするのは珍しい話ではありません。その匂いも感じます。

 そんなに知事の立場を守ることが、この人は大切なのかとも思います。

 この話は、本質的に相当にまずいことを含んでいます。大津でのウクライナ報告会は、木材チップ放置事案についても言及致します。脱原発スタンスなら、他を免罪にしかねない感覚も僕には思えます。はっきり言いますが、まるで、駄目です。


【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

-----------------------------------------------------------------------------------

 Facebookで、唐津漁港の関係者が、きのうマイワシが大量に漁獲があったことを伝えています。東北大震災の前日にも同じ現象があったらしく、通常は殆ど取れないため、何か海に異常があるのではないかと伝えています。内容から見て、事実関係には間違いがあるとは思えません(推測の部分はともかく)。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=183193345208169&set=a.101249890069182.1073741825.100005525131841&type=1&theater

 このことに関連と言えるのかはわかりませんが、ニューヨークタイムズが、カリフォルニア州のモントレ湾でイワシが今年大量にきていて、鯨がそのイワシ目当てに集まっていることを、一昨日報じています。

http://www.nytimes.com/2013/11/25/us/with-extra-anchovies-deluxe-whale-watching.html?_r=2

 勿論、小笠原諸島の西之島近くで、海底火山噴火で新たな島があらわれていますから、日本近海の地殻の活動は活性化しているでしょうし、それで海に何か変化が起きても何らおかしくはありません。東北大震災以降、日本は地震の活動期にあると想定しておくのが、リスクコントロールの観点からは大切ですし、こうした情報にもなんとなく気を留めておくことも、必要な気がしています。 

 

===================================================

 

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】 

 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演 

会場が地下から11階に更に変更。開催施設も当初からは変わっています。再度確認を。

☆会場 富邦福安紀念館大樓 11F大會議室  (台北市大安區仁愛路四段258號) 

☆日本人向けの参加申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。) 

☆参加費:無料(主催団体の意向) 

☆主催:主婦聯盟環境保護基金會       協賛媽媽監督核電廠聯盟

問合せ:(02)2368-6211  主婦聯盟基金會秘書處

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

===================================================

 

国内で東京の次は熊本報告会。

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 場所:熊本市総合体育館・青年会館 

熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

 受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

 申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

  参加費:1,000円 

※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 問合せ⇒ 070-5273-1409(しおのや) 

 -------------------------------------------------------------------------

 

  福岡は熊本の同日夜開催。

  【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

  (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 ◆参加費:1,000円  

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

   申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

 託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

 託児料金/お子様1名につき800円前後予定 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 -----------------------------------------------------------------------

 近畿も同日2会場開催。 神戸会場限界150席まで増設、でも残席9席。お急ぎ下さい。

 大津は100席限界でまだ空いています。大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。

 

  【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

  ◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 

  ◆会場 葺合文化センター 

 ◆要予約http://kokucheese.com/event/index/126541/

 ◆参加費 1000円 

  ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

  ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 

■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 

■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 

■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

 ---------------------------------------------------------------------------

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

 ◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

◆参加費 1000円 

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 
◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分

 

コメント

ウクライナの汚染が少ないエリアから、動物駆除でゾーンに入ったり、復興事業に関わった人達におきたこと。

2013-11-25 04:37:32 | 福島第一原発と放射能

「木下さん。お疲れ様です。東京の講演は、どうだったんですか。

250人集まったけど、反応がおかしかった。なるほどね。

ウクライナでも、似た様な事はありますね。

聞きたくない人は、とにかく何も聞きたくないようですから。聞かないことを徹底させたいとも考えるみたいです。

今、キエフで暮らしている若い人たちに尋ねても、自分が生まれる前におきていることだから、そういう話に実感が無くて、体調不良なんかがあっても、周りもそうだと、人生は、こういうものかと思うだけの人も多いですから。寿命が短くなっていても、そもそもそういう処に産まれてきていると、それをあたりまえに受け止めるというのか。

やっぱり50歳以上の人だと反応が違うというのか、怖れが強くなっているというか、今でも怖いと言う事を繰り返し言ったりするんです。ウクライナで聞き取りとかするとたいていそうなんです。

僕の出身地は、幸いにも降下量が少なくて、被害があまり出なかった場所です。

汚染の強い地域と比較対象して、見られる地域なのです。

でも、避難者は逆に僕の街にも移って住んでいましたよ。ホリシナ博士が言っていたでしょう。彼女も僕の街の病院でいたことがあって、診察をしていたと。特に、避難した子どもたちの状態を診ていたと。

そうした存在から、事故後生まれたぼくらにとっても、チェルノブイリ事故というのは、全くの他人事ではなくなります。

他にも、他人事でない要素があるんです。

それは、僕の街でも、このチェルノブイリ事故関連で亡くなった人たちがいます。

リクビダートルではなくて、ちょっとした復興やちょっとしたことで関わった人たち。

例えば、ゾーンの中の犬や猫がまずいから、そうした野良犬や野良猫を始末するために、ゾーンに入っていた人たちがいます。仕事として言われてやっていました。その人たちが、ゾーンから帰ってきて、急に亡くなったり、何年かして重い病気を患ったりしていました。

他にも復興事業に携って、そうしたエリアに行っていた人たち。

僕の同級生の父親もそうでした。そのお父さんを僕は見たことがありません。いつもその人は、家の中にいて、ずっと調子が悪くて対応できないんです。寝たままだと、同級生は言ってました。

日本で除染で福島に入るボランティアがいるでしょう。あれと似ています。こちらは、仕事して行っていますが、日本人はそれをボランティアにはいる訳ですから。びっくりしますね。」


今回の日程を手伝ってくれたウクライナ人学生と打ち合わせもあり、会って話をしました。彼の住んでいた場所は、汚染が少ない地域だから、やはり意識は強くなかったのですが、それでもこういう話は次々と聞こえてきます。日本で、福島にボランティアに入って急死したという話と似た様な事例があったのがよくわかります。


学ばないという人々は、際限なく学ばないものなのですね。


合掌。

===================================================

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演 

会場が地下から11階に更に変更。開催施設も当初からは変わっています。再度確認を。

☆会場 富邦福安紀念館大樓 11F大會議室  (台北市大安區仁愛路四段258號) 

☆日本人向けの参加申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。) 

☆参加費:無料(主催団体の意向) 

☆主催:主婦聯盟環境保護基金會       協賛媽媽監督核電廠聯盟

問合せ:(02)2368-6211  主婦聯盟基金會秘書處

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

 

===================================================

国内で東京の次は熊本報告会。

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

  受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

  参加費:1,000円 

 ※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 問合せ⇒ 070-5273-1409 (しおのや) 

 -------------------------------------------------------------------------

  福岡は熊本の同日夜開催。

  【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

  (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 ◆参加費:1,000円  

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

   申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

 託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

  託児料金/お子様1名につき800円前後予定 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 -----------------------------------------------------------------------

近畿も同日2会場開催。 神戸会場限界150席まで増設、でも残席がもう少ないです。お急ぎ下さい。

大津は100席限界でまだ空いています。大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。

  【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

 ◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 

 ◆会場 葺合文化センター 

◆要予約http://kokucheese.com/event/index/126541/

◆参加費 1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 

■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 

■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

◆参加費 1000円 

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 
◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分


コメント

東京で報告会をする意味が果たしてあるのか、そう考えた一夜。

2013-11-24 08:31:28 | 福島第一原発と放射能

きのう250人の方が、参加された、東京でのウクライナ報告会。

出席者の数は、最近、首都圏での僕単独の講演会と同じ位の人数は集まっていた状態です(前回は3月の横浜講演)。

ただし今回は、ウクライナのキエフを中心とした状態を、リアルタイムで伝える感覚で、現実に撮影したビデオを一定程度見せて、解説するスタイルを取っています。ですから、前提として、いろんなことがわかっていないと、多分内容についてこられない可能性は高かったと思います。

しかし、大半の人達は、おそらくついてきていないか、映像を見せすぎたため、反応がおかしい感じです。

土曜の夜ということもあって、僕の講演会にしては男性の参加が圧倒的に多く、そのためか、普段されないような質問が多かったです。

その質問が、何かこちらの取材している本質とは大きくずれるような話が多く、何のために聞いているのか分からないようなものもありました。次のような感想も来場者から寄せられました。


脱原発系の方が多かったように思います。
「子どもを守る会」がらみで脱原発のイベントetc.へ参加した経緯からみても、
そう感じられました。
木下さんが「脱原発の人達は、健康被害の意識が薄い」と言うのを聞いてから、
意識して見ているとその通りで!そういった意味で。
今回、木下さんが伝えたかった内容を、来場者がどこまで理解したのかは、
残念ながらネガティブ感覚です。

汚染地、東京でのイベントは減らしているので、僕にはよくわかりませんが(前回は四ケ月前のバンダジェフスキー博士の講演)、脱原発系の方かはともかく、あまり見たことのない男の人が多く、その人たちが中身についてきていないという感覚を強く持ちました。

たぶん、僕がどうしてキエフと比較して、こうした話をしているのか、その根幹は多分まったく理解していない感じです。おきていることを直視して、東京と比較しやすいから、キエフの状況を説明しているのに、それを受け止めて考えていない感覚が大きい気がしました(汚染程度が同じ、さらにどちらも首都)。

僕には?????だらけです。

パリで十数人の女性たちにミーティングで話している時の感覚と比べると雲泥の差です。あたりまえのことを話している感覚が伝わらない感じが多くありました。

ただ、一つ言えるのは、もしかすると、映像がずっと流れたので、その映像が強く意識されて、それに流されたのかもしれません。

 実際に僕がよく知るカメラマンと構成作家が2人来場していたので、彼らには、「とってきた素材の抜きレベルのものだから、地上波のテレビ放送に耐えられる内容か確認してくれ」と僕は言いました。彼らからは、「15分のニュース特集とか、30分番組なら十分出来そうですよ。映像見ていたらストーリー展開ができる感じだし。でも木下さんのモノなどを放送しないという壁の方が大きいでしょうね。」と言われました。

 それは全くそのとおりでしょう。まあ、放送したいプロデューサーがいるならお電話ください(笑)。

 でも、一般の方が、テレビ番組になるようなレベル手前の、VTR素材の抜出をむき出しで視るケースはほぼないと思います。勿論、僕が解説していながら視ていますから、一応筋立ては伝わりますが、それ以上にVTRから受ける影響が大きいのかもしれません。

そういうこともこの反応の影響かもしれませんが。

 珍しく、スタッフと反省会はおこないました。そこには、来場していた三田医師も参加されていて、「なんか、何で木下さんが、キエフに行っているのか、東京にどうして伝えに来ているのか、多分分っていない気がしたよ。僕なんかが、子どもたちを診ていて感じている危機感も、伝わらない気がする。自分たちのことだと、分っていてもよく見つめないような感じがするね。」と。

 一番、ショックだったのは、結局チェルノブイリ事後、小児などの診察をどういう風に行い、どういう診断基準を用い、どのように憂慮しているのかという点で、最良の人材かもしれないというオリハ・ホリシナ博士(『チェルノブイリの長い影』著者)の来日も考えたいと僕が発言した事にも、反応が薄く(人や内容を知らない人が多数か)、基本的な勉強(『チェルノブイリの長い影』は、このブログで何回も読んでくれるように伝えた、国会のホームページや僕たちの関係者が作ったサイトhttp://nucleardisaster.web.fc2.comで無料で日本語訳の全文が読める。頭にきちんと入れるためには、紙に印刷して読むことを奨める内容。)もしていない感じでした。

 被曝後、実際の診察がどうなのか、その基準がどうなのか、どういう対応策がありうるのか、こうしたことを適切に考えることが大切なステップで、そのことについて、より的確に伝えられる人材という話もしたのに、こちらが話したその根幹を理解していない空気感が伝わって来ます。

 「木下さん、もうホリシナ博士が来日しても、東京では一般講演はやらなくてよいのではありませんか。他の地域に避難した人や地方の人達の方が真剣に受け止めている感じがします。こういう東京の人達に、機会を与えても意味がないかも。」そうした感想まで出ました。本当に考え込みます。

 その後、考え込んだ僕は午前二時過ぎまで、三田医師と2人で目黒で話しつづけました。私たちが怖れている健康被害が、東京でどこまで現実化しているかという可能性について。明るい話はほとんどありません。そのことは、また書く機会があるかもしれません。

 そのまま、独りで、うつらうつらと車の中で考え続けた僕は、今、近くのマクドナルドで、朝焼けの中、この記述を書いているのですが(注文は最低限して、実際は飲食せずに作業している)、何かとても空しくなっています。後ろでは中年男性と若い女性が、Xmasディズニーランドに行こうよと話しています。

 キエフで現実感があって、きちんと考えている人たちや対処する人が多数いて、さらにシビアで過酷な実態を見たり聞いたりした、当たり前の感覚と、東京の非現実感との乖離が圧倒的なんです。

おかしいとしか思えません。

僕が狂っていたら、本当によいと思います。しかし、キエフでリアルを視つづけた僕には、己が真に狂っている現実は、残念ながらおそらくないと思います。

意図的に直視しない人々が遥かに大きな問題だと痛感しています。

そういう人達の意識というのが信じられないとしか書けないです。

 今後、ウクライナ報告会は、台北・熊本・福岡・神戸・大津と続きますし、年明けには、中部エリアでも予定しています。必要な方や地域がありましたら、出向きます。海外でも、国内でも、この僕の報告をどういうふうに受け止めるのか、僕には強い関心があります。場所によって、人によって、その反応の落差がどうなのか、自分で確認してみたいと実は強く思います。

===================================================

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演 

会場が地下から11階に更に変更。開催施設も当初からは変わっています。再度確認を。

☆会場 富邦福安紀念館大樓 11F大會議室  (台北市大安區仁愛路四段258號) 

☆日本人向けの参加申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。) 

☆参加費:無料(主催団体の意向) 

☆主催:主婦聯盟環境保護基金會       協賛媽媽監督核電廠聯盟

問合せ:(02)2368-6211  主婦聯盟基金會秘書處

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

 

===================================================

国内で東京の次は熊本報告会。

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

  受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

  参加費:1,000円 

 ※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 問合せ⇒070-5273-1409(しおのや) 

 -------------------------------------------------------------------------

  福岡は熊本の同日夜開催。

  【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

  (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 ◆参加費:1,000円  

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

   申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

 託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

  託児料金/お子様1名につき800円前後予定 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 -----------------------------------------------------------------------

近畿も同日2会場開催。 神戸会場限界150席まで増設、でも残席がもう少ないです。お急ぎ下さい。

大津は100席限界でまだ空いています。大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。

  【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

 ◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 

 ◆会場 葺合文化センター 

◆要予約http://kokucheese.com/event/index/126541/

◆参加費 1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 

■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 

■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

◆参加費 1000円 

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 
◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分

 

 





 

コメント

都民434万人投票、猪瀬知事が5000万円から考える被曝メトロポリタン東京。本日、東京でウクライナ報告会。

2013-11-23 00:13:18 | 福島第一原発と放射能

 僕からすれば、被曝回避を無視し続けていて、東京に五輪を誘致した張本人の一人で、そうしたスタンスが都民に評価され、434万票という史上最多得票を成し遂げたのが、猪瀬都知事です。こんなに東京の人が評価して、投票した都知事はいません。

 僕は、以前からこの人物に対してはいろんな疑問はありましたし、僕の周辺の人達も彼に好ましい評価は、世評と異なり、かなり少なかったです。この人が書いていることと、石原都知事の下で副知事を行っていることの整合性も、よく分らないままです。井伏鱒二氏の悪人ぶりを糾弾する文章などを読んでも、「自分のことはどう考えているのか?」と、しっくりこない感じでした。

 しかし、性格的に嫌味な彼は、その代りに、以前はやはり有能で抜け目のない印象が強くありました。そこが彼の強みと考えていました。

 ただし、放射能から、復興するはずもない東京で、五輪招致祈願神社を丸の内に設置し、猪瀬都知事は総力戦で誘致して、やる気が試されていると演説しているのですが、その声が、以前より、なぜか枯れていたのは気になりました。

 その後のテレビ出演でも、緩んだ表情でいる彼を見て不可解な気持ちとなりました。さらにオリンピッ招致を巡る他国への知事のミス発言は、彼の意識がどんどん緩んでいることの証と受け止めていました。

 今回の5000万円という金額で、このような失態をおかしたことがわかると、唖然とします。ふつうに考えたら、自ら都知事を辞任するのがあたりまえです。前は、ここまで基本ミスを冒す人間ではなかったと思います。

 でも、それよりも大切なことは、この猪瀬氏を圧倒的に投票したのは、あなた達、都民ということです。世界的に見たら、東京が実は泥沼化していることの証左に見える話と思います。たかだか5000万円位の金を、選挙関連名目で平気で受け取っていたわけですから。その程度の人物を434万人が投票したんです。

 「何にも考えていない、見ようともしない馬鹿」が都民の大半と言う事がはっきりしています。

 猪瀬氏の問題というよりも、こうしたものが圧倒的に支持される東京の現実として、深刻です。被曝メトロポリタンの住民も正気ではいられないのだと、僕にはつくづく思えます。


その東京都民に、きょう語ります。直接、おいで下さい。  

【11/23(土) 木下黄太 ウクライナ報告会 in 東京】

 日時 11月23日(土)開場 18:15 開演 18:45(~20:45予定)

 会場 目黒区中小企業センター[ホール]

 参加費  990円

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。
 ※座席指定はありません。

◇託児はありません。

◇ホール内はすべて禁煙です。ホール内での飲食(ガムなども含む)はご遠慮ください。弁当の空き箱、ペットボトル、空き缶、その他のごみはすべて持ち帰りください。

◇会場までのアクセス
 http://www.megurokuchushokigyocenter.jp/access.html
 交通(電車) 目黒駅から徒歩12分
 交通(バス)
  JR渋谷駅から 渋41または渋72 「田道小学校入口」下車 徒歩2分
  JR目黒駅から 黒02/黒06/黒07/黒98 「権之助坂バス停」下車 徒歩5分

主催 放射能防御プロジェクトTOKYO
問い合わせ(メールのみ)rdp.jimu.kanto@gmail.com 

コメント

僕は秘密保護法反対を、被曝回避よりも優先させる意志はありません。明日、東京でウクライナ報告会。

2013-11-22 13:58:10 | 福島第一原発と放射能

明日です。おいで下さい。

【11/23(土) 木下黄太 ウクライナ報告会 in 東京】 

 日時 11月23日(土)開場 18:15 開演 18:45(~20:45予定)

  会場 目黒区中小企業センター[ホール]

  予約⇒http://kokucheese.com/event/index/125860/


 運動というのは、その運動を何のためにやるのかという事です。

 僕は被曝回避の運動を続けていて、ガレキ焼却阻止を行っていたのは、関連度が深い現実におきていることを、具体的に回避させたいためだからです。

 キエフに行って、本当によく分ったのは、この問題は、理念、思想、抽象的な問題ではなく、現実におきる健康被害をどこまで回避させられるのかという具体テーマだということです。政治性はありますが、抽象命題ではないということです。

 原発に反対する運動であれば、被曝回避と一定程度リンケージしますから、そこに関わっていくのは十分、理解できますし、原発を止めるという具体性がありますが、秘密保護法の話になると別の話です。

 この法律が問題があると認識していますし、基本的に反対の立場ですが、その法律によって、全てが言論を絶たれるかどうかは全く別です。いいですか、自主規制が横行している社会の中で、法律ひとつで、変わることは多くありません。むしろ、こうした社会情勢の中で、全てが進行していく中で、なにもかもダメになるだけです。それに、どう抗うのかは、実地でしかありません。

 僕は、被曝以外の何かの反対運動をするしないは個人の自由ですから、そこに関知しません。ですが、僕の方から秘密保護法に反対しましょうと、大きく呼びかけることもしません。そのことと被曝回避が、直接は関係ないからです。

 どうして、直接関係ない運動に、僕が呼びかけないとならないのか、さっぱり理解できません。

 僕は運動の為の、運動をやるつもりはありませんし、それをやりたい方は、どうぞご自由にとしか言いません。僕が言っているのは優先順位の話です。この法案の反対運動を鮮明にしても、被曝回避とは何の関係もありません。この法案反対により、得られるものは、ほぼなく、代わりに失うものは大きいです(優先順位を間違う人を増やします)。

 基本的立場が法案に反対と言っているのに、僕がそれ以上、言及も行動もしないことを、しつこく絡む人が多く、こちらは、特にやりませんと言っているのを満足しないのです。意味が分かりません。

 日比谷に一万人集まって、満足しているかもしれません。少し思い出せば、官邸前金曜行動が結局どういう道をたどったのか。そして、今回は、圧倒的に労組ののぼり旗が多いのを見ると、左翼団体の安倍政権反対運動として、今回がイベント化したのは明らかです。

 しかもこうしたツール、特にネットを使って、左翼団体側の拡大ツールとして機能したいのだろうと思います。

 でも、それを幾らやっても、被曝回避に繋がりません。そんな基本的な事に対しての認識や絶望感もなく、このことにしつこく拘り、僕に言い続けてくる人達を見ると、ぼくから訊きたいです。

あなたたちは何を優先しているのですか?

僕には疑問しかありません。テレビに取り上げられないと満足しないのですか。

キエフに行った僕には、信じられない東京の愚かさとして目に映ります。本質論、リアルを誤魔化す思考は、こういう処からも垣間見えます。

被曝回避を考える人達を、違う運動に引っ張りたい人達は多くいますが、僕は優先順位の問題と常に考えています。

優先順位を間違えると、人は終わります。

それだけのことです。

===================================================

熊本報告会も申込開始。

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

  受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

  参加費:1,000円 

 ※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 問合せ⇒070-5273-1409(しおのや) 

 -------------------------------------------------------------------------

  福岡は同日夜開催。

  【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

   ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

  ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

  (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 ◆参加費:1,000円  

  ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

   申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

  ◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

  託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

  託児料金/お子様1名につき800円前後予定 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 -----------------------------------------------------------------------

 神戸と大津でのウクライナ報告会も、受付を開始いたしました。関西では、この二か所で、同日開催になります。午前と夜の開催です。大津は琵琶湖付近の廃棄事案に関しても話をしたいと考えます。

 【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 

◆会場 葺合文化センター 

◆要予約http://kokucheese.com/event/index/126541/

◆参加費 1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 

■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 
■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

◆参加費 1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 

・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分

 

コメント

無脳症で堕胎、文京区や30代男性心臓異常で絶対安静。12/6台北講演チラシと参加者多数で会場変更。

2013-11-21 19:55:45 | 福島第一原発と放射能

明後日は、東京でチェルノブイリ報告会を行います。本当にキエフの話を聞きたがらない人たちが多くて、僕には理解できませんが、間違いなく、キエフで起こることと東京で起こることはシンクロしてきます。

おこることをみつめていないと、対処策もありませんか。

東京の人達の無関心の拡大が、僕には怖ろしい気がしています。

【11/23(土) 木下黄太 ウクライナ報告会 in 東京】 

 日時 11月23日(土)開場 18:15 開演 18:45(~20:45予定)

  会場 目黒区中小企業センター[ホール]

  ◆要予約⇒http://kokucheese.com/event/index/125860/

 

自分の身近で、おきている健康被害をとりまとめて、送っていただいた女性の話です。元々世田谷でいて、今はご家族で西日本にいらっしゃいます。

============================================

当初は同じ様に捉えて警戒し、情報を共有し共感していた周囲の幼子の親達も段々緩くなり放射能を忘れ、東京から脱出すると息巻いていたのに皆未だ東京に居るのが現実です。


そんな中で、私が直接見聞きしてきた周囲の健康被害をご報告させて頂こうとメール致します。

○30代後半女性が事故の数ヶ月後(2011年の夏)に妊娠したが無脳症と分かり堕胎、文京区

○土浦の高線量地域に住む60代の親戚女性が、事故後に心臓の血管狭窄で12年夏に手術を受ける

○校庭の養生芝シートが8000ベクレル超えの汚染で、新聞にも載った杉並の小学校のすぐ近くの花屋のおじさん60代、12年末に突然死

○新宿に住む30代前半二児の母である知人。3月15日夕方から子供を連れ沖縄に数ヶ月避難していたが秋に沖縄で受けた甲状腺検査で橋本病と診断された

○うちの娘、東日本の食材は一切食さず東京では外歩き外遊び全くせずに月の半分は沖縄で過ごしていたけれど、事故後半年の11年10月にマイコプラズマ肺炎にかかり初めて喘息発作を起こし5日間の入院。4月には西宮に引っ越しましたが、私の仕事と年末年始を過ごすのに東京の実家でと連れていった時に二回喘息発作を。(今年4月に入園し東京に行かなくなって喘息一度も出ていません)

○東京にいる30代従妹、40代姉、60代母は揃って咳が止まらないと。従妹は病院で吸入ステロイドまで処方された程。仕事相手の何人もが『咳が長引いてなかなか治らない』と同じセリフ

○東京の実家の猫12歳、去年から急に苦しそうな呼吸をする様になり、心筋梗塞と肺がんであとどの位持つかという状態で数日おきに注射をしています

○東京の知人(大人)で三人が骨折。皆歩いていて…や段差を踏み外して…などの日常生活で、2012年の初頭から秋にかけて。

○先週末、私の東京での仕事を代わりにお願いしている30代男性、仕事中に突然心臓が痛み意識が朦朧とし病院へ。現在も入院中で精密検査などを受け絶対安静が続いている(医者には不整脈か何かだと言われたらしいです)

○去年は毎月数日だけ東京に仕事に行っていましたが、仕事への往復の電車移動中に毎回『車内で急病人』『乗客が心肺停止』というアナウンスで電車が止まったり遅れたりしていて怖い


以上、直接知る人達に起きた、記憶にある事の報告です。


まだ福島に人が住んでいる事、何も気を付けずに飲み食いをし東京に住んでいる暢気で愚かな人達が、その価値観が信じられません。


私は、震災当時の世田谷の持ち家に住んでおりました。私の実家も夫の実家も東京です。

1号機の爆発を見て3月13日夜便で、幼児の娘を連れて海外島へ。現地でずっと情報収集をして過ごしました。

3月25日夜に東京に戻った時にこれまでに嗅いだことのない異様な金属臭に驚き、東京にはもう住めないと直感しました。

東京の水道水がアウトだと思っているので、1年の半分は東京にいた時に一度も外食をしていません。うちでも実家で食事をする時もお米を研ぐ水からミネラルウォーターです。

外食をする際に米・野菜・肉などの産地を確認せずに店に入ったりオーダーした事は一度もありません。(もともと外食チェーン、ファーストフード、コンビニ、スーパー菓子などは縁がない食にこだわる生活でしたので、それらの利用はそもそもゼロです)自然食品の店で今まで買っていた定番も全てメーカーに問い合わせて原材料の産地確認は欠かせません。

今年4月から西日本で入園した娘の幼稚園でも、入園前に放射能防御へのこだわりは伝えてあり、お弁当以外に園で出されるおやつや麦茶、お誕生日会のケーキなども全て自分で用意したものを持ち込みにさせて貰っています。

娘達は生涯にわたって放射能防御を気にかけながら、少しでも内部被曝を少なくする努力をし続けなければならないワケで…親が無知で何も防御していない家庭の子供が気の毒でなりませんが…食べる事は1日3回、365日の事だからそれがどうあるかは大切なのに…反面、普段からマック、ファミレス生活をしている人は『気にはなるけど…そんな風に気にしていたら日常生活やっていけない』という感覚の様で、何も言えません。

仕事で親しいNPO法人の方は、チェルノブイリ視察に行かれた時の話を色々聞かせてくれましたが、木下さんと同じく『東京やさいたま市と土壌汚染度合いが同じエリアで、今ある健康障害を見れば、日本の未来はヤバイとしか思えない』と言っておりました。私も同感です。

先月、オーストリアに行っていた方が、「今回の滞在中に一番感じた事は…世界は日本人よりもフクイチの状況に注目している。日本ではフクイチの情報が隠蔽されている。台風の時ウィーンではフクイチが危険と警報まで鳴ってテレビで二時間特番組まれていたのに…ネットで調べたけど日本ではほとんどニュースになっていなくて驚いた」と話していました。これが現実だなと。

長くなりましたが、私もこれからも放射能防御を緩める事なく頑張ります。活動応援しております。

==================================================

 12/6の台北講演が、台湾の皆様の申込数が増えて、会場が変更になりました。現地では、次のようなチラシ配布、ポスターが掲載されています。

 

 

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】 

 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演 

☆会場   富邦福安紀念館大樓 B1大會議室  (台北大安區仁愛路四段258號) 

☆日本人向けの参加申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。)

 

☆参加費:無料(主催団体の意向) 

☆主催:主婦聯盟環境保護基金會       協賛媽媽監督核電廠聯盟

問合せ:(02)2368-6211  主婦聯盟基金會秘書處

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

=====================================================

熊本報告会も申込開始。

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

  受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

  参加費:1,000円 

 ※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 問合せ⇒070-5273-1409(しおのや) 

 -------------------------------------------------------------------------

  福岡は同日夜開催。

  【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

   ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

  ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

  (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 ◆参加費:1,000円  

  ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

   申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

  ◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

  託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

  託児料金/お子様1名につき800円前後予定 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 -----------------------------------------------------------------------

 神戸と大津でのウクライナ報告会も、受付を開始いたしました。関西では、この二か所で、同日開催になります。午前と夜の開催です。大津は琵琶湖付近の廃棄事案に関しても話をしたいと考えます。

 【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 

◆会場 葺合文化センター ()

◆要予約http://kokucheese.com/event/index/126541/

◆参加費 1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 

■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 
■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

◆参加費 1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 

・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分


コメント

琵琶湖放射能汚染木材チップはセシウム12,000Bq/kg検出。被曝問題から考える秘密保護法問題。

2013-11-20 23:53:45 | 福島第一原発と放射能

 「市民環境研究所」の石田元京都大教授(環境毒性学)等による、琵琶湖周辺の放射能汚染木材チップの検査で乾燥させた後測定すると12,000Bq/kgのセシウム検出されたそうです。採取は10/31。乾燥させて測定するのも当たり前で、石田先生のレベルよりも滋賀県の方法が未熟で、数値を低く見せようとしたと言われても、県は反論は難しいですよ(でも、多分能力レベルの違いですが)。

僕も当初の状況で、このように書いています。9/19のブログ記事です。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/22451cb55ec8fee43ea872e821d069cc

木材チップを敷設した、管理用通路直上では1メートルの高さで、シンチレーションサーベイメーターで計測して、0.098~0.41μSv/hの空間線量となっていて、平均値は0.24μSv/hですが。0.41μSv/hはあきらかに高い数値です。ありえません。

敷設されたチップのうち、含水しているので、低く出ていますが、県の発表で、黒色のものに限ると、2200Bq/kg~2700Bq/kg。土嚢内のチップは、2900Bq/kg~3000Bq/kgになります。

おそらく、これはサンプリングのやり方で、低く出ている可能性が高いし、含水率から考えて、実際は2倍から3倍の数値の可能性もあります。10,000Bq/kg程度になってもおかしくない。そうすると1メートルの高さでシンチレーション計測で考えても、0.4μSv/h程度の数値が出ても、納得できます。

 市民環境研究所の検査結果は、僕の見立てどおりでした。この問題は根が深いです。12/8の夜にある大津講演でも言及します。

 

 

さて、別の話題です。

正直、知能指数ということまで考えます。


 特定秘密保護法案に、僕は賛成の立場ではありません。しかし、この法案が通ったら、「ツイッターができなくなる。」「木下さんはブログは止めないと。」「私は逮捕される。」というようなメールばかり僕にきます。

あほらしくて話になりません。

あなたが得ている情報で、あなたが書いている話で、あなた個人が逮捕される可能性は、ほぼありません。

そんなに価値のある情報を持っている人なんて殆どいません。

99.999%の人には何の関係もありません

 こういうことも自分を特別扱いするネットのそうした意識にげんなりします。
 通常の知性もありません。
 ネットはどこまでおかしい人々の巣窟なのかと気持ちが悪くなります。

法案に反対をしている日弁連の解説です。

《秘密保護法とは、国の安全保障に関して特に重要な情報を「特定秘密」に指定し、それを取り扱う人を調査・管理し、それを外部に知らせたり、外部から知ろうとしたりする人などを処罰することによって、「特定秘密」を守ろうとするものです。》

 これは、例えば政府当局から情報を得られるレベルの人が、ソースになって、一般に報じようとしたり、弁護士が法的に問題と言い出したりした場合、法律を拡大解釈して、事案にされるのかどうかという事が焦点となっている話です。これがおこる可能性は否定はできません。しかし、それは本当に限定したソースからの情報に限られます。

 つまり一般の人が書いていることはなんの関係ありません。ツイッターやネットの99.999%の人は無縁です。

 むしろ過剰に拡大解釈して、自己規制するのがおかしいです。自己規制される話ではありません。関係なく、あなたの考えていること、あなたが普通に見聞きしていることを書くことに障害はありません。

 さらに言います。こうした言説は、何かとてつもない陰謀を政府が持っていて、その陰謀を隠しているような、ある種の陰謀史観からおきている場合が多いです。勿論、そんなにレベルの高い話はありません。政府の中で、情報をコントロールして、巧妙に何もかもできていると考えるなら、妄想に過ぎません。

 日本政府にそんなレベルの高い機能はありません。こうした妄想は、自分たちが何かをきちんと創り出すということを阻害するものです。

「なんとなく言わないようにする。」「なんとなく気分を推し量る。」「なんとなく。。。。」

 日本の官僚のほとんどは、こうしたことしか行っていません。だから、逆に何にも始まらないのです。適当な話しか。

 さらに、こうした法案が通れば、再稼働されると言い出す人がいます。再稼働はこの法案が通ろうが、通るまいが、現在の政権が推し進めることは間違いありません。その再稼働に反対をすることは、自分たちの命を護るために必要な行為であって、秘密保護法がなければ止められるものでもありません。再稼働反対は当たり前のことで、この法案の是非など本質的な関係はありません。

 過去に、警察の公安事案で、スクープ的に僕が報じた内容で、当該警察幹部が、僕の逮捕をまわりにほのめかしたこともあります。公安の脅威を仮想でなく、現実に僕は遥かに知っています。しかし、そういうことは秘密保護法案があろうがなかろうが、本質的には同じです。相手は、やる時には必ずやります。国家というのは、平気で人を殺すことも厭いませんから。一つの法があるとかないとかは、本質的にもリアルにも、大きくは関係しません。甘すぎます。

 そういう法の制約などなくても、これだけ被曝危険を意図的に無視する大衆が多数で、押し黙るメディアの中で、僕らは暮らしています。その危険を言い続けているのに理解しません。

本質的に強制されない、自己規制の下に。

こうした状況下で、どうやって言説が打破する道を作れるのかしかテーマがありません。被曝可能性を意図的に無視する社会とどう対峙するのかがテーマなのに、特定の人々に対する特定の法案を中心話と考え、内面では恐れおののいて心配し、自己規制ばかりを実は思考する人々の方が僕には滑稽です。

本質と遠ざかるばかりか、まさに逆の途をたどっていると僕には見えてなりません。

愚かです。 

==================================================

 

何か情報がある方、ご相談がある方は、まずメールをして下さい。ただし、きちんと名乗るとか基本的な事はメールに記載して下さい。

 

nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

==================================================

スタートは東京報告会、申込受付中。  

【11/23(土) 木下黄太 ウクライナ報告会 in 東京】

 日時 11月23日(土)開場 18:15 開演 18:45(~20:45予定)

 会場 目黒区中小企業センター[ホール]

 要予約⇒http://kokucheese.com/event/index/125860/

参加費  990円
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。
 ※座席指定はありません。

◇託児はありません。

◇ホール内はすべて禁煙です。ホール内での飲食(ガムなども含む)はご遠慮ください。弁当の空き箱、ペットボトル、空き缶、その他のごみはすべて持ち帰りください。

◇会場までのアクセス
 http://www.megurokuchushokigyocenter.jp/access.html
 交通(電車) 目黒駅から徒歩12分
 交通(バス)
  JR渋谷駅から 渋41または渋72 「田道小学校入口」下車 徒歩2分
  JR目黒駅から 黒02/黒06/黒07/黒98 「権之助坂バス停」下車 徒歩5分

主催 放射能防御プロジェクトTOKYO
問い合わせ(メールのみ)rdp.jimu.kanto@gmail.com
 

=====================================================

 熊本報告会も申込開始。 

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】 

場所:熊本市総合体育館・青年会館 

熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。  

 受付開始:9時~ 講演開始:9時半~ 

 ◆申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

  参加費:1,000円 

※駐車場、当日、運動大会有るため有りません。

※市内から無料直通バスが出ます 

※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

問合せ⇒070-5273-1409(しおのや) 

 =======================================

 福岡は同日夜開催。

 【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】 

開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定)  

会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール  

 (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

http://www.saitopia.info 
参加費:1,000円  
 

◆申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ (座席先着順) 

◇託児あり:要予約、定員になり次第締め切り  

託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp  

託児料金/お子様1名につき800円前後予定 
ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 -----------------------------------------------------------------------

  神戸と大津でのウクライナ報告会、関西では、この二か所で、同日開催になります。午前と夜の開催です。大津は琵琶湖付近の廃棄事案に関しても話をしたいと考えます。

神戸、予約が多いため、会場限界まで席を増設。お急ぎください。 

【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

 日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 

会場:葺合文化センター 

◆要予約 http://kokucheese.com/event/index/126541/

参加費 お一人1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◇託児はありません。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 

■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 
■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

----------------------------------------------------------------------------------------

琵琶湖の高濃度汚染木材チップ問題も言及します。

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。

会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市浜大津1-4-1)

◆要予約 ⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

参加費 お一人1000円 

 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◇託児はありません。 

◇スタッフの人数が少なく、椅子並べなど、会場設営のお手伝いをして下さる方を募集します。18:40ごろに会場に直接集合です。申し込み時のメッセージに、お手伝いできます、とひとこと入れて下さい。なお、当日、ご都合が悪くなった場合には連絡不要です。よろしくお願いします。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 

・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分 

 

コメント

キエフについて、知りたがらない日本の現実。認識の重症患者達にとって、居心地の良い巣窟である東京。

2013-11-19 22:15:36 | 福島第一原発と放射能

 何か情報がある方、ご相談がある方は、まずメールをして下さい。ただし、きちんと名乗るとか基本的な事はメールに記載して下さい。

nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

======================================================

 帰国いたしました。ウクライナ、イギリス、フランスで、お世話になったりお目にかかった皆様、色々とありがとうございました。有意義な旅程になりました。感謝いたします。

 今回、キエフに行ってきて、よく分ったのですが、この地域は国の中での立場、水道水の源流の汚染、土壌の一般的な汚染程度を含めて、東京が参考にするのには、最もふさわしい感覚があります。冷徹にキエフの状態を確認すると、東京で起こりうることのイメージが見えてきます。

 だから、僕は今回キエフを中心に取材しました。その内情がどこまで分っているのかは、断定はできませんが、慢性的に身体に影響が出続けていることがよくわかると思いました。これと同様のことは、東京でも起きてくる可能性は否定できません。

 医療レベルが日本が高い事が有利ですが、延命率は向上させても、疾患自体の改善方法はありません。自ずと調子の悪い身体が、自らのみならず、次世代後にも強く引き継がれる構図です。本来、ウクライナは農業的に豊かな地域で、人口が増え続けるのが当たり前の国力だった筈なのに、原発事故以降、人口減少が顕著な事はあまりにもおかしいです。

 しかもキエフより南の汚染は少なく、国土の中でも汚染された場所の方が、面積も人口も少ないです。それでも経済的にもかなり追い詰められて、ようやく最近になって、国の経済状態が上向き始めたときます。被曝国のリアルは凄まじいです。

 この僕の感覚で、キエフ内情報告をおこないますが、ブログでの反応を見ていても、日本国内の状況に比べると、皆さんの関心が薄いのがはっきりと分かります。これは少し予想していた通りです。外国のことに基本的にまず日本人は関心を示しません。更によりはっきりしているのは、多くの人がキエフに関して知りたがらない現実です。そして、東京の危険リスクを想定外に押しやっている人があまりにも多くなっているということです。

 現実の汚染程度も知らないし、知っていてもそこで何がおこりうるのか煮詰めて考えていない、考えていないからその情報を敢えて無視する。それに関連して決定的にまずい認識に到達する可能性もあるからキエフなどの状況も聞きたくないというループだと思っています。

 本音を言うと勝手にしなさい、知らないよ、そう言いたいです。

25年以上前の社会主義国、仮想敵国のソ連がやっていた対応策よりも日本が酷い現実がある。

しかも、前例があっても、無視したことで、さらに決定的にまずくなる状態が日本にはある。

これが、キエフと東京の比較では、更にリアルにわかるということです。極めてリアルに。

こんな前例を見ない人たちは、どうにもなりません。

老いて、朽ち果てるだけです。死が貴女の予定よりも幾分か、人によっては随分と早まるだけです。

僕は確認すればするほど、この意識の断絶に気が遠のきます。

身体によいものを摂ろうとかしていた、東京人たちはいったいなんだったのだろうと。

「食を守れ」「子どもを守れ」「環境を守れ」、原発事故前には、殆どの人が、肯定したテーゼは、本質的に姿を掻き消している現実を。

おぞましいです。

 放射性物質より体に悪いものなど、そんなにはありません。こんな危険なものが身近に大量にあることを考えて、生き方を決めない東京の人々は、とてもおかしいと、僕はキエフで絶望的に感じました。金銭的に遥かに豊かでも、きちんと調べないし、本質的に対策も立てない。こういう人々が東京です。貧しいウクライナとは意味がまるで違います。

 僕はその絶望を話すだけですが、こうしたことを、ここまで知りたがらない東京人は、全体として、ある種の病を抱えていると思います。リアルを明らかにすべきという執念を抱えている僕も病でしょうが(日本社会と適応していませんから)、東京人の大多数がリアルを視ないという病は、僕よりも重症度が高いと思います。但し、患者が多数を占めているところにいる場合、それが正常とされがちなのが、面倒な話です。時間の問題ではありますが。

 少なくとも、今の東京が、認識の重症患者達にとって、居心地の良い巣窟を創り出していることは、僕には、とても興味深いです。気持ちが悪い位、興味深いです。

==============================================

 

スタートは東京報告会、申込受付中。 

 

【11/23(土) 木下黄太 ウクライナ報告会 in 東京】

 

◆日時 11月23日(土)開場 18:15 開演 18:45(~20:45予定)

 

◆会場 目黒区中小企業センター[ホール]

 

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

 

 http://kokucheese.com/event/index/125860/
◆参加費  990円
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。
 ※座席指定はありません。
◆託児はありません。

◇ホール内はすべて禁煙です。ホール内での飲食(ガムなども含む)はご遠慮ください。弁当の空き箱、ペットボトル、空き缶、その他のごみはすべて持ち帰りください。

◇会場までのアクセス
 http://www.megurokuchushokigyocenter.jp/access.html
 交通(電車) 目黒駅から徒歩12分
 交通(バス)
  JR渋谷駅から 渋41または渋72 「田道小学校入口」下車 徒歩2分
  JR目黒駅から 黒02/黒06/黒07/黒98 「権之助坂バス停」下車 徒歩5分

主催 放射能防御プロジェクトTOKYO
問い合わせ(メールのみ)rdp.jimu.kanto@gmail.com

 

 

 

---------------------------------------------------------------------

 

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】

 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演

 

☆会場(暫定)財團法人主婦聯盟環境保護基金會

 

台北總會:10087 台北市汀州路三段160巷4號5樓之1

 

電話:(02)2368-6211  傳真:(02)2368-6213 

 


上記の暫定会場の収容人数は最大限界が50人。申込者が増えれば会場を移す可能性も有るため、参加希望者は事前申込下さい。

 

☆日本人向けの申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

 

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。)

 

☆参加費:無料(主催団体の意向)

 

☆主催:「主婦連盟環境保護基金会」 

 

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

 

=====================================================

 

熊本報告会も申込開始。

 

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 

場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 

熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

 

 受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

 

 申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

 

 参加費:1,000円 

 


※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 
※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 


問合せ⇒070-5273-1409(しおのや) 

 

 =======================================

 

 

 

 福岡は同日夜開催。

 

 【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 

  ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 

 

 

 ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

 

 

 

 (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 

 

 

http://www.saitopia.info 
◆参加費:1,000円  

 

 

 

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

 

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

 

 

 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

 

 

 

託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

 

 

 

託児料金/お子様1名につき800円前後予定 
ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。   

 

-----------------------------------------------------------------------

 

神戸と大津でのウクライナ報告会も、受付を開始いたしました。関西では、この二か所で、同日開催になります。午前と夜の開催です。大津は琵琶湖付近の廃棄事案に関しても話をしたいと考えます。

 

【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

 

◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 
◆会場 葺合文化センター 

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

 

http://kokucheese.com/event/index/126541/

 

  
◆参加費 お一人1000円 
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◆スタッフの人数が少なく、椅子並べなど、会場設営のお手伝いをして下さる方を募集します。9:00ごろに会場に直接集合です。申し込み時のメッセージに、お手伝いできます、とひとこと入れて下さい。なお、当日、ご都合が悪くなった場合には連絡不要です。よろしくお願いします。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 
■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 
■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

 


◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。
◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

 

⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

 

◆参加費 お一人1000円 
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◆スタッフの人数が少なく、椅子並べなど、会場設営のお手伝いをして下さる方を募集します。18:40ごろに会場に直接集合です。申し込み時のメッセージに、お手伝いできます、とひとこと入れて下さい。なお、当日、ご都合が悪くなった場合には連絡不要です。よろしくお願いします。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 

・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分 


 

コメント

「山下はビックフレンド」と喜んで話すウクライナのベベシコ博士が、「危険だ」と強く言う日本のある行為。

2013-11-18 08:10:05 | 福島第一原発と放射能

 V・ベベシコ博士はウクライナ放射線医学センターの幹部の一人で、ウクライナの政府報告書にも関与している医学者です。ウクライナ政府側の立場と同様のスタンスと考えてよいと思います。このため、国際的なチェルノブイリ被害隠蔽には、政府同様に否定的ですが、その被害を一般のウクライナ国民全体ではどう捉えるのかという点について、バンダジェフスキー博士などとは、おそらく全く違う立場の方です。

 僕がウクライナの最終日に電話したところ、それまでずっと休みで繋がらなかったのが、偶然繋がって、一時間程度の短い時間でしたが、お話をしました。

 その中で、たまたま山下俊一氏の話をされ、「山下はビックフレンド」と話すベベシコ博士。親日家というだけでなく、被曝問題に関しての立場も、その発言で、逆によく分りました。

 そうした立場であるベベシコ博士でさえ、いくつか話を向けたうちで、ある日本の事象には驚いていました。

 「放射性物質は燃やしては駄目だ。」「それが含まれているものを燃やして、煙を吸ったら大変なことになる。」「うっかり木々を燃やして、実際に被害が出た。」「山火事をだから警戒するんだ。」矢継ぎ早に言われます。ゴミ焼却という事をこんなにおこなっている特異な国、日本。そもそも、そうしていないウクライナから見ると、何でこのような事をするのかさっぱり理解できないかもしれません。

 政府側で、被害に関して、むしろ線引きをしている立ち位置のベベシコ博士でさえ、日本が燃やしていることは異様な話に見えています。とても危険な話に。

 こうした異常な行為を平気で推し進めた、民主党細野氏、さらにその追随を続けた(今も変わらない)環境省、そして加担した大阪市長と北九州市長などの一部首長たちの行為が如何に狂っているのかを皆さんに再認識して頂きたいと思います。

 僕の日程は、現在、ヘルシンキで乗り継ぎ滞在中です。19日帰国、20日の午後帯から通常モードになります。

===================================================

スタートは東京報告会、申込受付中。 

【11/23(土) 木下黄太 ウクライナ報告会 in 東京】

◆日時 11月23日(土)開場 18:15 開演 18:45(~20:45予定)

◆会場 目黒区中小企業センター[ホール]

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

 http://kokucheese.com/event/index/125860/
◆参加費  990円
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。
 ※座席指定はありません。
◆託児はありません。

◇ホール内はすべて禁煙です。ホール内での飲食(ガムなども含む)はご遠慮ください。弁当の空き箱、ペットボトル、空き缶、その他のごみはすべて持ち帰りください。

◇会場までのアクセス
 http://www.megurokuchushokigyocenter.jp/access.html
 交通(電車) 目黒駅から徒歩12分
 交通(バス)
  JR渋谷駅から 渋41または渋72 「田道小学校入口」下車 徒歩2分
  JR目黒駅から 黒02/黒06/黒07/黒98 「権之助坂バス停」下車 徒歩5分

主催 放射能防御プロジェクトTOKYO
問い合わせ(メールのみ)rdp.jimu.kanto@gmail.com

 

---------------------------------------------------------------------

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演

☆会場(暫定)財團法人主婦聯盟環境保護基金會

台北總會:10087 台北市汀州路三段160巷4號5樓之1

電話:(02)2368-6211  傳真:(02)2368-6213 


上記の暫定会場の収容人数は最大限界が50人。申込者が増えれば会場を移す可能性も有るため、参加希望者は事前申込下さい。

☆日本人向けの申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。)

☆参加費:無料(主催団体の意向)

☆主催:「主婦連盟環境保護基金会」 

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

=====================================================

熊本報告会も申込開始。

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

場所:熊本市総合体育館・青年会館 

熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

 受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

 申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

 参加費:1,000円 


※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 
※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 


問合せ⇒070-5273-1409(しおのや) 

 =======================================

 

 福岡は同日夜開催。

 【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

  ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 

 ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

 

 (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 

http://www.saitopia.info 
◆参加費:1,000円  

 

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

 

託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

 

託児料金/お子様1名につき800円前後予定 
ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。  
 

-----------------------------------------------------------------------

神戸と大津でのウクライナ報告会も、受付を開始いたしました。関西では、この二か所で、同日開催になります。午前と夜の開催です。大津は琵琶湖付近の廃棄事案に関しても話をしたいと考えます。

【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 
◆会場 葺合文化センター 

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

http://kokucheese.com/event/index/126541/

  
◆参加費 お一人1000円 
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◆スタッフの人数が少なく、椅子並べなど、会場設営のお手伝いをして下さる方を募集します。9:00ごろに会場に直接集合です。申し込み時のメッセージに、お手伝いできます、とひとこと入れて下さい。なお、当日、ご都合が悪くなった場合には連絡不要です。よろしくお願いします。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 
■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 
■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 


◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定)

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。
◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

◆参加費 お一人1000円 
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◆スタッフの人数が少なく、椅子並べなど、会場設営のお手伝いをして下さる方を募集します。18:40ごろに会場に直接集合です。申し込み時のメッセージに、お手伝いできます、とひとこと入れて下さい。なお、当日、ご都合が悪くなった場合には連絡不要です。よろしくお願いします。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 

・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分 


 

 

 

コメント

ウクライナ報告会が12/15(日)午前に神戸、同日夜に大津でダブル開催⇒現在、申込受付中です。

2013-11-17 07:52:08 | 福島第一原発と放射能

 パリにこのまま一生いた方が、精神的にはずっと楽だろうなと、空港近くのホテルで妄想しています。そんなことを考えていても、あすの朝には飛行機に乗って、日本の方へと向かわなくてはなりませんが。。。非常に深刻な状態が、更に深まった今回の流れは、いろんな意味で、僕の両肩にかなり重くのしかかっています。体力的にもかなり限界なので、きょうの更新は手短で終わります

======================================================

神戸と大津でのウクライナ報告会も、先ほど受付を開始いたしました。関西では、この二か所で、同日開催になります。午前と夜の開催です。大津は琵琶湖付近の廃棄事案に関しても話をしたいと考えます。

【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

◆日時 12月15日(日)開場 9:20 開演 9:45(~11:45予定) 
◆会場 葺合文化センター 

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

http://kokucheese.com/event/index/126541/

  
◆参加費 お一人1000円 
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◆スタッフの人数が少なく、椅子並べなど、会場設営のお手伝いをして下さる方を募集します。9:00ごろに会場に直接集合です。申し込み時のメッセージに、お手伝いできます、とひとこと入れて下さい。なお、当日、ご都合が悪くなった場合には連絡不要です。よろしくお願いします。 

◇会場までのアクセス  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai 

■ 阪急 「春日野道駅」下車、徒歩約7分 
■ 神戸市営地下鉄 「新神戸駅」下車、徒歩約8分 
■ 市バス90・92系統 「雲中小前」下車、徒歩約3分 
■ タクシー(三宮) タクシー(三宮)から約6分 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 


◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定) 
◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。

⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/

◆参加費 お一人1000円 
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 
 ※座席指定はありません。 

◆託児はありません。 

◆スタッフの人数が少なく、椅子並べなど、会場設営のお手伝いをして下さる方を募集します。18:40ごろに会場に直接集合です。申し込み時のメッセージに、お手伝いできます、とひとこと入れて下さい。なお、当日、ご都合が悪くなった場合には連絡不要です。よろしくお願いします。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 

・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分 
 


コメント

【12/6(金)木下黄太講演&ウクライナ報告会IN台北】開催が決定。昨晩のパリ・ミーティング報告。

2013-11-16 11:22:13 | 福島第一原発と放射能

12月6日(金)午後に、台湾の台北市にて木下黄太講演&ウクライナ報告会の開催が決定しました。

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演

☆会場(暫定)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

財團法人主婦聯盟環境保護基金會

台北總會:10087 台北市汀州路三段160巷4號5樓之1

電話:(02)2368-6211 

傳真:(02)2368-6213 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記の暫定会場の収容人数は最大限界が50人。申込者が増えれば会場を移す可能性も有るため、参加希望者は事前申込下さい。

☆日本人向けの申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

(お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。)

☆参加費:無料(主催団体の意向)

☆主催:「主婦連盟環境保護基金会」 

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

=====================================================

さて、パリのミーティングは僕も含め15人の方が集まりました。場所はパリの韓国レストラン。

最後まで残っておられた方たちのお写真を僕が撮りました。

もともとパリ在住の方とパリに避難移住された方もいらしています。男性お一人以外は、様々な年代の女性ばかりがこられていました。

どちらかというと、パリと日本で、今回の事故後の認識の違いということがなぜおきているのかなどについて、話は長時間続きました。難しかったのは、皆さん、とても熱心にこの問題を考えて、相当調べてもいらっしゃるのですが、日本との意識のギャップが超えられない壁となっていて、そこをどう捉えるのかということについて、なかなか難しい状態の様です。

また、海外特有の問題として、日本から送られてくる大量の荷物をどう考えるのか(身内の引越荷物で実際に身体症状が出た事例)、一時帰国時の注意点、自国内農作物などの留意点も挙げられました。

他に身近な健康被害報告も、複数、話は出ていたため、これについてご本人たちから、再度詳しく伝わって来しだい、またブログに掲載すると思います。

開始時間は午後7時で、4時間ほどのロングランとなっています。今回は、ネット上でやり取りを過去にしていた方もほとんどおらず、全く知らない方たちで、海外でどういう方が僕のブログを読んでいるのかも、認識するきっかけになりました。

 そして、新たに放射能を懸念する方たちが、パリで巧く連携できれば、さらに意味も大きくなると思います(僕をうまく使ってくださいね、他国でも)。

==================================================

 

スタートは東京報告会、申込受付中。 

 

【11/23(土) 木下黄太 ウクライナ報告会 in 東京】

 

◆日時 11月23日(土)開場 18:15 開演 18:45(~20:45予定)

 

◆会場 目黒区中小企業センター[ホール]

 

◆要予約 「こくちーず」よりお申込みください。
 http://kokucheese.com/event/index/125860/
◆参加費  990円
 ※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。
 ※座席指定はありません。
◆託児はありません。

◇ホール内はすべて禁煙です。ホール内での飲食(ガムなども含む)はご遠慮ください。弁当の空き箱、ペットボトル、空き缶、その他のごみはすべて持ち帰りください。

◇会場までのアクセス
 http://www.megurokuchushokigyocenter.jp/access.html
 交通(電車) 目黒駅から徒歩12分
 交通(バス)
  JR渋谷駅から 渋41または渋72 「田道小学校入口」下車 徒歩2分
  JR目黒駅から 黒02/黒06/黒07/黒98 「権之助坂バス停」下車 徒歩5分

主催 放射能防御プロジェクトTOKYO
問い合わせ(メールのみ)rdp.jimu.kanto@gmail.com

 

---------------------------------------------------------------------

 

熊本報告会も申込開始。

 

【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 

場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 

熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

 

受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

 

申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/

 

参加費:1,000円 

※駐車場、当日、運動大会有るため有りません 
※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

問合せ⇒070-5273-1409(しおのや) 

 

=======================================

 

 福岡は同日夜開催。

 

【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 

 ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 

 ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

 

 (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分) 

 

http://www.saitopia.info 
◆参加費:1,000円  

 

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

 

 申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/ 

 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り 

 

託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp 

 

託児料金/お子様1名につき800円前後予定 
ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。  

 

-----------------------------------------------------------------------

 

12/15(日)午前 神戸(詳細は追って) 葺合文化センター 大ホール 

 

http://www.kobe-bunka.jp/fukiai/

 

12/15(日)夜  大津(詳細は追って) 旧大津公会堂 3階ホール

 

http://www.kyu-otsukoukaidou.jp

 

==========================================

 



 

 

 

コメント