「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

2012年は「放射能ファシズムな日本」の始まりの年。僕は逃れる術を探し続けます。

2012-12-31 15:30:53 | 福島第一原発と放射能

 おととい、亡くなられた突然死の話をさきほど、伺いました。昨日いただいたメッセージは次の通りです。もちろん原因はわかりません。しかし、被曝によって、まず人がなくなるのは、年配者、高齢者が多いのです。がん化するスピードが、年配の方は遅いだけで、被曝による身体影響は変わらないと思います。ゴフマン説に対して、ヤブロコフ博士が、「老人にとって放射能の作用が大きい」と主張されていることの方が、僕にはよくわかります。放射能の影響はがんばかりではありませんから。

 「承認いただいたその日に、全くの偶然ですが、今朝喪主から直接聞いた突然死の話です。埼玉 浦和。

 コレステロールは高め、他には持病なし。60代女性が、入院中の夫の見舞いの帰りに、突然死。虚血性心筋梗塞。苦しまず一瞬で心肺停止、最近多いと言われたらしい。バスの終点で、寝てるように亡くなっていた。

 見舞いの病院が不便でかなり疲労していたようだが、こんなに急逝するとは驚いています。
以上、ご報告させていただきました。とても恐ろしく、悲しいです。」


 この放射能、被曝を巡る問題は、本来は、ことしが、放射性物質の封じ込め、拡散阻止という流れを、強く指し示す年にならなければならないと思っていました。もちろん福島第一原発の廃炉作業は困難を極めていますし、政府が主張している冷温停止が、まやかしに過ぎないものであることは皆さんも認識されていると僕は思います。

 しかし、チェルノブイリ以上に、今回の流れがおかしくなってきた、最大の問題はガレキの広域拡散ということで、放射性物質を含んだガレキをその汚染が及んでいない地域でも、焼却に踏み切らせるという、合理的に考えたらまるで必要のないことに、民主党政権、一部地方政治家、環境省が一丸となって邁進し、その構造が現在もそのまま続いていることです。チェルノブイリ後にありえなかった話です。

 この心理というのは、被災地はかわいそうだから、何か手を差し伸べたいという同情心を利用して、それが何よりも優先するとして、ほかの懸念をまるで無視して、ガレキを拡散させるための、予算措置をおこない、輸送費も含めて、およそ現地処理するほうが、国民の税金を多く使わなくて済むのに、あえて無駄遣いして、他地域でガレキ焼却させるという、常識的な思考の枠組みでは考えられないことが、平然と行われる状態となりました。

 しかも、ガレキの総量が減りこむ中で、実際に広域でガレキを処理することができる量があるのかどうかというぎりぎりの状態になっています。それでも、無理やり燃やし続けないとならないと、北九州での本格焼却に続き、大阪でも強行しようとしています。

 これについて、とにかく反対をつづけなければなりませんが、この事への対応にこの一年追われる事態となったことは、おそらくこの放射能の問題、被曝の問題を考える上で、実は、すごくブレーキがかかっていると思います。積極的に、取り得るべきいろんな手段が取り得ない状態になっている。おそらく、一年後に、ウクライナやベラルーシで対応していたのよりも、日本の国の感覚も、日本人全体の感覚も鈍っている、濁っている、これは、間違いないと思います。大きな損失です。

 首都圏の汚染を比較して、当時のウクライナやベラルーシよりも、おそらくよりましな要素は、食品の流通が発達しているため、無自覚な人間でも、汚染食材よりも、非汚染食材を食べているケースが多いだろうということです。とくにお金で買っている輸入食材が実は多くあるため、食からの汚染は、比較するとマシだと思います。外食中心でさえ。ただし、これは、関東にせよ、南東北にせよ、田舎に行けば行くほど、状況は厳しくなります。地場のモノにこだわって汚染食材を食べ続けているからです。

 しかし、吸気や接触による被曝、さらに3/15や20に襲った初期ブルームは、チェルノブイリのむしろ厳しい結果をもたらしている可能性は否定できません。

 東京でも、仙台でも、吸気による被曝は、ヨウ素やテルルなども考慮すると、相当シビアです。

 しかも、現在でもセシウムは大量にあります。偏在し、移動する状態となっていますが、都市環境の中に確実に存在します。地面に吸着して離れにくい状態というよりも、アスファルトやコンクリート周りの砂塵として存在し、常に吸入する可能性がある状態が、恒常的な東京です。

 そして、焼却が続くことで、微細な粒子が放出され続けています。これは、放射性物質以外にも化学物質が多く、アスベストの大量放出は間違いありません。三十年近くなかったことがおきています。

 これは、僕が首都圏で1000程度、お子さんやお母さんなどを見続けている医師から聞いていますが、まず甲状腺の異常、のう胞であれ、何らかの疾病、甲状腺腫などの診断となるのは、およそ3割程度です。

 また、血液検査の軽微な異常が目立っていて、特に白血球の血液像を精査する、分画すると、好中球が減少傾向にあるお子さんが7割近くになっています。こうした血液系統の、造血系統の異常ということが怒り始めていること。しかも割合が大きいことは重要です。

 

 こうした状況の中でも、「見ざる言わざる聞かざる」の強い影響で、事態はこう着しています。好転する気配も兆しも皆無です。12月の選挙前後の東京に流れる、あまりに穏やかな空気感は尋常でないと思いましたし、選挙結果は、むしろその空気感をそのまま反映したと思います。不正などではありません。

 ファシズムというのは、上からのしかかるものではありません。一般の大衆、一人一人のごまかしの意識、欲望の集積がそこに導きます。

 しかも今回は実際に汚染がある、「放射能ファシズムな日本」です。2012年はその始まりの年でした。

世界でも初めての意識の中に僕らはいます。この意識を逃れる術を僕は探し続けています。

とても、よいお年をお迎えくださいと、お伝えできる感覚ではありません。

それでも、みなさんおひとりおひとりに幸あることはお祈りいたします。

===================================================

 

===================================================

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】

 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。

 

日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 

場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 

姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 

駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 

参加費:999

 

申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 

託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 

sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

 

 

 

=====================================================


 

コメント (16)

【重要業務連絡】新年より、木下黄太への連絡手段刷新。ホームページ中止。ブログはそのままです。

2012-12-30 13:51:13 | 福島第一原発と放射能

www.kinositakouta.comというホームページを、アメリカで運用していただいていて、

受付アドレスも、info@kinositakouta  か infokinoshita@mail.comという形での、僕についての依頼受付代行を、この春以降にしていただいてました。

その方の、別業務の都合が発生し、実際に、僕のホームページが、ことし九月以降に更新ができておらず、

また受付アドレスもほぼ機能していないため(結局、圧倒的に、直接僕にメールが来るため)、

この年末でホームページは、閉鎖いたしました。そこの受付のメールアドレスも閉じました。

 

僕のホームページは当面ありません。1月1日以降というか、本日この記事以降、以下の通りになります。

 

まずこのブログがメイン。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

一時、英訳ページなどがありましたが、更新されていないため、現在メインページ、ブログについてのページはこのブログ本体のみです。

さらに、僕、木下黄太への連絡は下記の手段となります。当面すべて、僕個人が対応します(だれかマネージャー的な人を置ければよいのだけれども)。優先順位の高い順番に書きます。特に「依頼」「業務連絡」「相談」は極力メールでお願いします。新年よりのつもりですが、本日よりこれで対応しています。

1 メールアドレスは、nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

講演などの業務的な依頼をされたい方は、原則がメール→電話でお話しする順番でお願い致します。

2  Facebookは、http://www.facebook.com/kouta.kinosita

 ここにメッセージ。友人申請も可能です。フィード購読もできます。

3  Twitterは、https://twitter.com/KinositaKouta 

フォローしていただいても構いませんし、メンションも構いませんが、DMは保存期間が短いため、極力、別の手段をご利用下さい。オンライン時に、即時反応して対応する場合以外は、DMは使えないと思います。

4 mixi にも一応います。 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=53820221 こちらへのメールは連絡手段としては不適切です。ほとんどみていません。

5 Skypeも持っていますので、海外の方とは、Skypeでお話も致します。メールを先に頂く際に海外の方は、SkypeのIDもお伝えください。

 また、携帯電話はまともな意識のまともな中身の方には、番号をお伝えしてお話もしています。お話が必要な場合は、携帯番号も先に頂けるとありがたいです。携帯会社によっては、通話プランのこともあるので、携帯会社名も番号と一緒にお知らせください。

 Lineに関してはおこなっておりません。ご了解ください。

  僕は、社会的な当たり前の常識で対応できる方とは、極力お話しするつもりです。立場に関わらず、メールなどがスタートになりますが、電話や物理的に可能なら、対面でもお話しいたします。そして、これは、何度もお伝えしていますが、ツイッターやブログのコメント欄での、匿名中傷があとをたたないです。インターネットの匿名性というのは、大きな組織の不正を暴くときに、匿名でないと潰されるから、致し方なく匿名で行う以外に、本質的に有効な話はあると思いません。僕が実名を出して、連絡先もオープンにしている中で、僕に対して、実名も伝えず、狂ったように中傷してくる輩は話になりません。

 これについては、今度東京に行ったときに、土日のある時間を割いて、僕のいる場所を明確にして(ファミレス等)、だれか来るの待ち受けます。来なければ論外なので。くだらない中傷を陰でこそこそやる輩は許さないだけです。

 当面この状態でおこないますが、新規の展開も含めて、新年以降に、提案をしていくことはあると思います。まず、刷新、変更した部分のみ、お伝えいたします。

======================================================

 

 

 

 

 

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】

 

 

 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。

 

 

 

日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 

 

 

場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 

 

 

姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 

 

 

駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 

 

 

参加費:999

 

 

 

申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 

 

 

託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 

 

 

sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

 

=========================================================

【「放射能防御プロジェクト」 一覧】

 

放射能防御プロジェクトホームページ  http://www.radiationdefense.jp/

 ただしこちらは、手が回らず更新されていません。過去データの参照場所としてお使いください。「放射能防御プロジェクト」へのお問い合わせも僕に直接メールください。

 

 

「放射能防御プロジェクト」の全国のエリア別のグループについては、Facebookのグループは下記の通り。現実の活動の、ネット上での連絡場所になります。あなたの居住する地域や、避難したい地域、関係のある地域に、ご参加ください。こちらは、全国で一定程度機能しています。活発なエリアもあります。

 

 

放射能防御プロジェクト北海道http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/238760466232853/

 

 

 

放射能防御プロジェクト東京(関東全域)

http://www.facebook.com/?ref=logo#!/groups/286356271460140/

 

 

 

放射能防御プロジェクト中部(甲信越含む)

http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/141209445967172/

 

放射能防御プロジェクト北陸 http://www.facebook.com/#!/groups/135591699922058/

 

放射能防御プロジェクト近畿 http://www.facebook.com/groups/262087893818390/

(現在非公開ですが、参加は可能。参加希望者は問い合わせに必ず返答して下さい。)

 

放射能防御プロジェクト中国http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/cyugoku.info/

 

 

 

放射能防御プロジェクト四国http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/rdp.shikoku/

 

 

 

放射能防御プロジェクト九州http://www.facebook.com/groups/406139992749343/#!/groups/357554564308882/

 

 

 

放射能防御プロジェクト沖縄 http://www.facebook.com/#!/groups/303467553070206/

 

 

 

また、海外には、放射能防御プロジェクト ヨーロッパ支部があります。http://www.facebook.com/groups/262087893818390/#!/groups/256282161066976/

 

 

 

  さらに、医師向けのネットワークも非公開グループで設置しています。医師で参加希望の方は、Facebookに登録していただき、僕に友人申請していただければ、こちらでお入れいたします。医師のメーリングリストもありますが、まずグループにご参加ください。

 

 また「放射能防御プロジェクト女子会」。独身女子、お子さんのいない既婚女子のみが対象です。http://www.facebook.com/#!/groups/190023214461507/

 

 

 

 これらの「放射能防御プロジェクト」は、僕のブログ読者からスタートした「福島第一原発を考えます」「福島第一原発を考えます2」のFacebookのグループが大元になります。これらのグループもウォールなどで参加希望者の意識をみて参加可能か判断します。ウォールにデータのない人は、管理人の問い合わせに返答して下さい。返答内容で参加を決めます。

http://www.facebook.com/#!/groups/fukushimadaiichi/

http://www.facebook.com/#!/groups/264874763523469/

 

 

 

 

 

 

 

 



 

コメント (1)

通告します。大阪府警との戦いを優先する人間はこのブログに来るな。ガレキ阻止の迷惑です。

2012-12-30 02:52:57 | 福島第一原発と放射能

 読者が全員いなくなっても僕は構いません。 読みに来るなら下記のことを守ってください。

 

1.大阪府警に抗議活動を優先して続けたい人は、僕のフォローも、ブログの閲覧も、おやめください。

2.僕が怒るのが気に入らない方も、僕のフォローも、ブログの閲覧も、おやめください。二度と来るな。


 正直、人権がどうのとか、どうでもいい議論を続けてくる馬鹿がいて、うんざりしています。

 不当逮捕なんて、最初から人権侵害のオンパレードです。警察が、逮捕者の人権を守つてくれるなんてありえません。

 警察がやっていることなんて、ぼくだって好きなことなんか、ひとつもないです。しかし、今回の話は、過剰に警察に敵対すればするほど、ただ馬鹿みたいに逮捕を招くという何の意味も意義もない構図になっています。僕は本当に怒っている。

 逮捕者が出たからどうのは、枝葉末節。要は、橋下市長の横暴をどう止める手段があるのか、ガレキを阻止するためのまだ方法はあるのか。それがメインにもかかわらず、人権侵害だ、警察抗議だと言い続ける馬鹿がまだいる。邪魔です。

 ガレキ阻止がメインの話なのに、大阪府警との敵対に血道を上げるのはどこまで馬鹿なのかと思います。もう本当に、運動の核心が鈍り、話がおかしな方に行く。

 きょうも、複数の活動グループの人たちから、僕のところには、いろんなタレこみが相次いでいます。ガレキ阻止のためにこの活動をやっていない人間がいるし、大阪府警との対峙を過剰に盛り上げたい人間がいると。組織絡みだと。

 真偽はわからないが、このブログのコメント欄や僕のメンションに、普段来ない人たちが、警察対峙を続けさせようと誘導するコメントがかなり届いてはいます。 通常の動向と違い明らかにおかしい。推進側の工作的な話ではない。あきらかに特定勢力に近い人々が書き込んでいる疑いがあると思います。僕の妄想や陰謀史観ではないと思うのです。

 実際に、北九州で、特定セクトが、ガレキ反対運動の末端にいて、突然でてきて、機関紙などで、自分たちが運動の中心とPRし、迷惑したこともありました。一般市民が一部離れて、反対運動は一時、ものすごく大変でした。

 今回も、この話が利用されている感じがとてもするんです。警察に敵対することや、ガレキ反対を違う方向に進めたい輩の匂いがすごくします。府警は勿論ひどいです。しかし、こちらの主目的は、反警察でなくガレキ阻止。それをずらそうとする感覚が垣間見えるのです。本当におかしい。

 こうしたことに惑わされないでほしい。大切なのはガレキ阻止。放射能防御。ガレキを進める橋下市長にNoということ。これが大切です。

というか、これだけです。

====================================================

 

 

 

 

 

 ガレキ、被曝の問題で、特に北九州のガレキ問題に関心のある方。来月の北九州市議会議員選挙に出馬する、村上さとこさんの支援をぜひお願いします。個人カンパなど大歓迎です。 

 

http://murakamisatoko.blogspot.jp/p/blog-page_3152.html

 

 

 

 北九州市民で、選挙に協力できる方、ボランティアのできる方、事務所に連絡してください。ガレキ反対の政治意思を示す第一歩。大変重要な戦いです。ホームページには連絡先も、選挙公約も明示されています。

 

 また、小倉北区在住のご家族・ご親戚・ご友人・知人などがいらっしゃる方は、是非、事務所( 093-511-2488 )まで連絡ください。細かく一人ひとり積み上げれば何とかなる可能性があるのは、市議選の良きところ。

 

 http://murakamisatoko.blogspot.jp

 

=======================================

 

 【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】  

 

 東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。

 

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 

 場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 

 姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 

 駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 

 参加費:999

 

 申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 

 託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 

 sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139 

=========================================================

 

【大阪・ガレキ阻止】「放射能汚染ガレキ広域処理差し止め裁判原告団」より

 

 大阪市・大阪府を被告とするガレキ広域処理差し止め裁判を提訴。皆さん、原告になってください。

 

 ご質問はnobiscum@wb4.so-net.ne.jp(小山) 

 

★提訴は来年1月23日。

 

★被告は大阪市・大阪府。

 

★請求する内容を、①放射能汚染ガレキの広域処理の差し止め、②環境権の侵害による損害の賠償(慰謝料)、とする民事訴訟。

 

★原告団の加入費用は、1人1万円。

 

裁判の目的は、ガレキ広域処理の実行者の責任を追及し,圧力をかけることです。

 

また裁判を道具として広域処理反対の運動を拡大することです。

 

詳しくはこちらのURLから,原告団のHPに入ってご覧ください。→ http://garekisaiban.blog.fc2.com/

 

 

 

≪誰でも原告になれます≫

 この訴訟は、良い環境を享受する権利が侵害されると感じ、訴訟の費用を負担する人なら、誰でも原告になれます。住所による制限はありません。
住所による制限はありませんが,焼却場等からの距離や原告の性質(放射性物質に対する影響の大小)が結論を左右する可能性があります。

 

 

 


 

 

 

 



コメント (20)

甲状腺がんを患う、世田谷「神の手」を持つ男が、白内障、緑内障、肝のう胞、手の麻痺、さらに腸炎で入院。

2012-12-29 04:18:21 | 福島第一原発と放射能

「震災後の5月まったく食事が出来なくなった。バナナすら食べれなかった。 11月には左手の完全麻痺。年が明けて2月には右手の麻痺。そして6月に甲状腺がんが見つかり、同時に白内障、ちょっとたって緑内障。3.9mm大の肝嚢胞が9個。 そして今回は入院。短期間でこれだけの異常に襲われていた。」

 こう話すのは、以前ブログ記事でご紹介した方です。世田谷区在住で、世田谷で高線量の場所を独自に見出し続けた彼です。彼が、甲状腺がんの診断を受けた話は以前にお伝えました。

「神の手」を持つ男が甲状腺がんの診断をされたという、東京・世田谷区の危険な現実。

「腸が悪くて、最近まで入院していました。無理はできません。医療機関がちゃんとしていないところには行けませんよ。」そう話す、彼。突然入院していて、最近まで、世田谷の病院にいたそうです。

「木下さん、ツイートもしましたけれども、ここまで体調不良が重なっている人はいますか。」

 僕は甲状腺がんがみつかって、ほかに体調不良もあるケースや、白内障と他の異常が重なっているケース、白内障が進行しているケースなどは、首都圏で知っていると答えましたが、六つも七つも大きい症状が相次いでいるケースは初めてだと答えました。あなたが、高線量のところをやはり触れていたことが、影響が大きいのではないのかと。

「やっぱり、そうですか。こうした危険な汚染の高い場所ばかりにいましたからね。世田谷でも。それは、危険が大きいと、僕は思いますよ。」

「白内障も緑内障も自覚症状はありません。しかし、今までなかった話が、健康診断で、すぐに指摘される。肝臓ものう胞がみつかっていて、これも以前は、ありませんでした。」

「事故直後は本当に何も食べられなくなった。あんなに食欲がなくなったのは、はじめて。バナナぐらいは胃に入るじゃないですか。それさえだめでした。豆乳とかを無理やり押し込んでいただけ。」

「でも、こうして僕にここまで身体症状が出てきているのに、それを伝えても、どうしてみんな気が付いてくれないんですかね。ある意味、体を張って僕は皆さんに見せているのに。危険な高い線量の場所は、世田谷区内でも、普通に存在しています。僕は集中的に測定して、そうした場所に行きつづけたから、短期間でこのようになっているだけで、これは時間が経過したら、おんなじことが皆におきるだけなのに、なんでこんな単純なことも理解しないんだろう。」

 要は、急性被曝的な症状に近くなるほど、高い汚染に触れつづけた彼。しかし、放射性物質は体内に蓄積するだけですから、蓄積すれば蓄積するほど、危険は増します。彼は短期間で蓄積が多くなったのですが、結局時間経過とともに、少しずつたまり続ける放射性物質によって、同じ状態に皆がおいこまれるしかないのに、という見解です。

 「少し考えればわかると思うんです。僕は汚染の状況を伝えたくて、調査して、発見し続けた。その数値を見ればわかる。さらに、この体の状態にもなった。これも伝えた。考えればわかるのに。」

「これが、歴史上、はじめてのことなら、まだこの対応はわかりますよ。でも、チェルノブイリの例を確認すれば、わかります。なんで、そう考えないのかと。」

「子供はあたりまえだし、DNAのことを考えたら、二十代、三十代の女性も逃げるしかないでしょう。日本は、本当はこういうふうに追い込まれたら、いろんな手段で回避することができるはずなのに。みんな、結局、目先のお金ばかりで、何もしていない。信じられない状態です。少ししたら、追い込まれるのは、見えているのに。」こう彼は話します。

 年末に彼と話しながら、僕とは少し違う立場で、しかし最前線で闘い続けている彼。勇者の傷は深くても、回復することを願います。

否、少なくとも、彼の傷を、気づく人が多いことを祈ります。

貴女は、気が付いてるのでしょうか。

====================================================

 

 

 

健康被害と思われる症状が急増、深刻化しています。 

 

 

 

報告、相談はまずメールください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp         

 

  事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。 

 

 

 「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年半近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

 

  

 

甲状腺の検査、甲状腺のエコー検査、さらにふつうの血液検査のうち、血液像の検査(白血球、特に好中球)や異型リンパ球の確認、大人の女性はサイログロブリンの数値も確認した方が良いと思います。 

 

 

 

===================================

 

  ガレキ、被曝の問題で、特に北九州のガレキ問題に関心のある方。来月の北九州市議会議員選挙に出馬する、村上さとこさんの支援をぜひお願いします。個人カンパなど大歓迎です。 

 

http://murakamisatoko.blogspot.jp/p/blog-page_3152.html 

 

 北九州市民で、選挙に協力できる方、ボランティアのできる方、事務所に連絡してください。ガレキ反対の政治意思を示す第一歩。大変重要な戦いです。ホームページには連絡先も、選挙公約も明示されています。 

 また、小倉北区在住のご家族・ご親戚・ご友人・知人などがいらっしゃる方は、是非、事務所(093-511-2488)まで連絡ください。細かく一人ひとり積み上げれば何とかなる可能性があるのは、市議選の良きところ。

 

http://murakamisatoko.blogspot.jp

=======================================

 

 

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】 

 

 

 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。 

 

 

 

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~) 

 

 場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 

  姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 

  駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 

  参加費:999

 

  申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 

  託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 

  sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

 



 

コメント (14)

下地准教授と他1人が処分保留で釈放。当然の話が実現され難い3.11.後の世界での朗報。

2012-12-28 20:23:19 | 福島第一原発と放射能

下地准教授と他1人が処分保留で釈放となりました。

まず喜びたいと思います。当然のことですが、当然のことが実現されにくい、3.11.後の世界に僕らはいますから。

ただし、処分保留は、向こう側として、いつでも再逮捕できるぞとエクスキューズ付です。これは、要注意が続くということではあります。暮れのぎりぎりで判断したのでしょう。

学者の会見、東京新聞の記事が決定的になって、大阪地検の検察幹部が起訴を躊躇したと思います。

しかし、いずれにしても、釈放になったのは望ましいことです。元々、不当逮捕ですから。

公安的な感覚で、大学教員を、無理やり逮捕したのが、続かなかったという話です。

こうしたいい加減な逮捕を行ったことは、許すべきではありません。

そして、現在も拘留され、起訴されている人たちがいるのですから、その救援・支援がメインです。


そのうえではっきり言いますが、この警察との不当逮捕話を、いつまでも人権侵害だ、抗議だとやりつづけているのは、百害あって一利もありません。

警察との直接対決は何の意味もありません。逮捕者を増やすだけです。

1/16に本格焼却前の説明会が予定、とにかく年明けからガレキ阻止に向けて動かないと話になりません。

人権問題に拘泥したい方は勝手にしてください。

このブログも、僕も、その問題を行うつもりは全くありません。

優先順位が違いますし、そもそも被曝の問題から、ガレキの問題に取り組んでいる僕は、

警察の不当逮捕というのは、僕の視座の中で重要ではありません。

警察は元々そういう組織体です。不当逮捕なんかいくらでもします。過度に敵対したら、組織防衛的に過剰反応します。

「警察に逮捕されるからガレキ反対といえない」「ビラを配ったら逮捕されるかも。」そうした心理になっている一般市民、お母さんたちも多いです。

何度も言います。左翼運動的な感覚に拘泥したい方は、こちらに関わらないで下さい。

僕はこの問題の本質は、ガレキ阻止しかありません。さらに橋下市長との対峙しかないとおもいます。

この点で、あきらかに不当逮捕問題は、優先順位が低い話です。

左翼、人権的な感覚では、この話にいくら優先順位が高くても、放射能の問題、ガレキの問題を優先しておこなっている僕には、優先順位が高くないです。


特定の人間、しつこく書き込むなら、名前を名乗ってメールしなさい。こういう匿名のいい加減な主張ばかり、年末に読んでいると、さらに、おかしくなります。

優先順位が分からない人間は最悪です。

====================================================

 

【大阪・ガレキ阻止】「放射能汚染ガレキ広域処理差し止め裁判原告団」より 

 

大阪市・大阪府を被告とするガレキ広域処理差し止め裁判を提訴。皆さん、原告になってください。

 

 ご質問はnobiscum@wb4.so-net.ne.jp(小山)

 

 ★提訴は来年1月23日。 

 ★被告は大阪市・大阪府。 

 ★請求する内容を、①放射能汚染ガレキの広域処理の差し止め、②環境権の侵害による損害の賠償(慰謝料)、とする民事訴訟。 

 ★原告団の加入費用は、1人1万円。 

 裁判の目的は、ガレキ広域処理の実行者の責任を追及し,圧力をかけることです。

 また裁判を道具として広域処理反対の運動を拡大することです。 

 詳しくはこちらのURLから,原告団のHPに入ってご覧ください。→ http://garekisaiban.blog.fc2.com/

 

≪誰でも原告になれます≫

 この訴訟は、良い環境を享受する権利が侵害されると感じ、訴訟の費用を負担する人なら、誰でも原告になれます。住所による制限はありません。
  住所による制限はありませんが,焼却場等からの距離や原告の性質(放射性物質に対する影響の大小)が結論を左右する可能性があります。

 




 

コメント (19)

離婚相談を受ける意味がない理由。警察と敵対する意味がない理由。

2012-12-28 15:02:01 | 福島第一原発と放射能

 離婚という事象は、人間の心理の問題のように、一見見えます。しかし、本質は違います。慰謝料と親権の問題。養育費の問題に帰着します。法的な問題とお金の問題以外、本質は何もありません。

 直接知人でもない僕に相談する意味がないと再三再四話しているのは、あなたの個人のこともわからないし、あなたの夫のことも知らないと、人としてその関係にコメントできることはほとんどないということです。

 そうすると、今度は法律とお金の話になります。お金は、僕が大企業の経営者で仕事を全国で斡旋できるなら、相談されるのならわかりますが、もちろんそんなことはありませんから、意味がないです。知らない女性に差し上げるお金はありません。

 法律相談は、最低限なら自治体の相談があります。こちらは無料。また、一般的な相談料金は、各弁護士会で規定料金があります。それで相談するしかないです。法的な相談は弁護士に聞くしかないです。弁護士の職務です。

 

 そうした基本的なことも踏まえずに、僕が冷酷という印象を与えたいための、嫌がらせが相次いでいます。別に冷酷でも何でも構わないですが、この話は落ち着いて、普通に対応しないと、トラブルは大きくなります。

 しかも、人の夫婦関係に、知りもしない第三者が入り込んで、何もできないのが実態ですし、そこにはいりこむことに、僕には、リスクがかなり存在します。この話を受けないということだけでも、嫌がらせコメントのオンパレードです。

下記はさらに嫌がらせコメント。

=======================================================

木下さんも常識ないなあ 2012-12-28 07:25:29 冷たいよな~

 「手に職もなく働いて生計を立てた事もない女が見知らぬ土地で一人で生きてけないなんてことは一般常識がある人なら分かることなんだけど、全くエリートっていうのはこれだから始末におえない。自分が出来ることは誰もが出来ることだと思っている。挙げ句にそれが通らないと逆ギレ。これでは大事な人を説得なんざ無理だわなあ。社会常識はあったとしても人として何か大事なものが欠落してるわ」

Unknown 2012-12-28 04:22:14 Unknown  
「デマで離婚させられるってどんな気持ちなんでしょうね。
木下訴えれば勝てますよ。こいつが正しいなんてことは何一つ証明できないんだから。」

放射能の被害を訴えます!! 2012-12-28 01:14:52 澄子 
「滑稽だねイエロー。
もっと怒り狂い、踊れ(笑)」

Unknown2012-12-28 04:26:41Unknown「貧乏人は避難してきても講演会に来て金を落とさないから無視ってことですね。」

=======================================================

 法律的な個別相談は弁護士の職務ですから、そもそも僕にするのがおかしいです。離婚に関しては、僕が中に入ったら、僕自身が、あなたたちの離婚騒ぎに巻き込まれます。それは、配偶者の側から見れば、僕も敵対者になり、僕のトラブルの種を増やします。

 僕は当たり前の常識を伝えているだけです。社会的な常識や通念が少しでもあれば、普通にわかる話をしています。こんなことも認識せずに、僕に依存してくるのが、おかしいから、おかしいと僕は話しています。あなたたち夫婦がどうするのかは、あなたたちの問題です。あなたがどう生きるのかは、あなたの人生観の問題です。そこに、僕が何の話で介在するのでしょうか。あなたを知らないのに。

 社会的に僕ができることだから、みなさんもしてくださいなんて話していません。離婚するかしないのか、どのようにするべきなのかは、身近な親族、友人などに相談することであって、放射能に関しての情報を出している僕に聞く話ではないということです。

 そうした、落ち着いた思考もできない人が、何ができるのですか?

 一般論として、親権に関しては、女性の側に、社会的かつ精神的に問題がなければ、親権は圧倒的に女性が有利です。これは、避難したい夫と避難したくない妻との場合、夫が親権をとれず、子供を避難させられないという悩みは何回も聞いています。逆に言うと女性は有利です。よほど格段の事情がない限り、親権はあなたが勝ち取ることが通例です。放射能避難ということは大きく影響しません。旦那と価値観が違うという理由で別居している違うケースの離婚と同じです。女性が圧倒的に有利です。

 慰謝料は、相手に有責配偶者事由がないかぎり、勝ち取れないと思います。これは、個別ケース次第です。

 離婚後、親権をとれた側が女性の場合、養育費は一人あたり月に5万円は最低線と思います。相手が最低限の収入があれば。収入次第で5から10万円の範囲内が、養育費の相場です。これは、相手の収入によって金額は異なります。養育費は払わなければならないですから。しかし、これを滞らせる実例も多いですから、弁護士を介在させないとならないです。確実に。

 これ以上、お伝えすることはありません。二度と、僕に離婚相談はやめてください。離婚相談をする非常識な人間に関しては、僕にはかなり迷惑です。やめてください。

 ほかのくだらないコメントにも書いておきます。これはツイッターからきたもの。

木下黄太さんは警察の不当逮捕には抗議するなって言うくせに、自分はコメントをスルー出来ないのか。」

 論旨が通っていないので、話になりません。警察の不当逮捕に抗議を続けると、警察がさらに過剰反応して、過剰に逮捕されるからやめろと言っているのです。いいですか、ガレキを止めることが目的なのか、警察と対峙することが目的なのか、どちらを優先するのかと言っています。僕は前者しか考えていません。僕のコメントに僕が怒っても、僕が逮捕される話ではありません。

 警察に過剰抗議する人がいたら、その人を警察は何かで逮捕しようとします。いいですか、今回の逮捕劇はあきらかにその状況が色濃いのです。不当逮捕に、学者が声明をあげて抗議することは、意味が大きいです。しかし、ほかにできることは現時点ではありません。弁護士の救援活動だけです。

 なのに、直接抗議を警察に続けていたら、人定され、尾行され、ささいな法律違反があれば、相手側は逮捕してくる状況ということです。こうしたことさえも、きちんと思考せず、きちんと考えずに、ネットの中の遊びごとのように、いい加減なコメントをしてくる人間を僕は軽蔑します。

 しかも、警察が行っていることに敵対するのがこの活動の本旨ならわかりますが、橋下市長がおこなうガレキ焼却に対しての反対運動が活動の本旨です。それを考えるときに、警察は直接関係がありません。過剰な敵対行動は意味がありません。

 反政府活動や革命なら逮捕される価値もあるという議論をする人がいます。しかし、大阪市でのガレキ反対はまだまだそのレベルには至りません。覚悟をもって逮捕されることは、それなりの状況にならないと意味がありません。犬死です。これを推奨する意味がありません。

私も『女子会』の語彙には違和感を感じました。ジャーナリストなのですから、お使いになる言葉は大切にして頂きたいです。」

 これも話になりません。このワードは、東京の独身女性、お子さんのいない若い既婚女性が、この問題のために集まりやすい単語を使っているだけです。違和感を感じる人もいるでしょうが(女子会を作った時にはその類の話は少なかったのが不思議です。あったら最初から言うはずでしょう。)、この単語によって、会合ができて、話に集まる人たちも一定数いるのが現実です。現実に対応して、対処して、ワードを作り、対応しているのが、「言葉は大切に」という意味が分かりません。というか、相当考えてこの言葉は選びました。僕の個人の考えよりも、社会状況の中で受け止めやすい言葉を選びました。現実には失敗していません。

 こういう話をするなら、きちんとメールして、「私はこういう属性のものだが、この単語は、具体的にこういう言葉と思うが、私自身はこういうことを感じていて、こういう違和感がある。このため、この単語はこういう理由も鑑みて使わないほうが良いとおもう。」というような趣旨のメールなり、きちんとした書き込みをするのが筋です。

 他者が使っているワードに、言葉選びでクレームを書き込むなら、その立場をきちんとあきらかにしないと、あなたが嫌いな言葉を、僕に使うなと強制している話です。ありえません。というか、何様ですか。他者が選択する用語をこういう形で批評する高みにお前がなぜ立てるのか、僕はそれを聞いています。きちんとした考えがあるなら、必ず答えなさい。

 


 

コメント (26)

【大阪・ガレキ阻止】ガレキ受入れ契約を試験焼却前にしていた大阪の暴挙。運送費は8億円。

2012-12-28 03:04:03 | 福島第一原発と放射能

地元の市民が情報公開で、まず今回のガレキ受入れの契約書を入手したところ、驚くこともわかりました。ガレキが少なくなっている中で、大阪の行政当局が焦ってことを進めているのも影響していると思います。

====================================================

震災がれき受け入れの契約書(24年度)を、情報開示請求で入手しました。

廃棄物処理業務委託契約書(11/13)(岩手県・大阪府)
https://docs.google.com/file/d/0B_dm-jV6JQEtbGtTYWtIalo4OWs/edit

災害廃棄物処理業務委託契約書(11/22)(大阪府・大阪市)
https://docs.google.com/file/d/0B_dm-jV6JQEtRlFzZ19seEJ4Y2M/edit

試験焼却(11/29・30)の前に、契約が締結されています。

////////////////////////////////////////////////////////

24年度分の予算案(大阪府・6100t) 2億8525万792円 
https://docs.google.com/file/d/0B_dm-jV6JQEteHozZWRfY2M0NUk/edit

25年度分の予算案(大阪府・30000t) 13億1193万8千円 
https://docs.google.com/file/d/0B_dm-jV6JQEtRUI2U0lERlc3cW8/edit

24年度 + 25年度 = 15億9718万8792円 (3万6100t)

運送費(24年度・25年度) 8億2418万7210円
https://docs.google.com/file/d/0B_dm-jV6JQEtZHR2QjJyZHFRNTA/edit

運送会社(24年度・25年度)
https://docs.google.com/file/d/0B_dm-jV6JQEtRzhCcHdVZktlclU/edit

///////////////////////////////////////////////////////

====================================================

 試験焼却の前に受け入れることを決めていた。契約まで、その前に行っていたということです。これは、完全な出来レース状態で、まともな話ではありません。行政なら、何をしてもよいのかというくらいの話です。試験焼却したことによって、結果として契約したという体裁すらとろうとしていなかった、大阪。すさまじいです。

予算は16億円近い計上、運送費は8億円を超えます。「死に金」という言葉が頭をよぎります。いろんな意味で「死に金」になります。

この本焼却前の、最後の住民説明会は下記の通り。

=====================================================

住民説明会。

1月16日(水)19時~20時30分。大阪市立此花区民ホール。
受付18時からになります。大阪市民限定。

http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kankyo/0000198318.html

=====================================================

僕の方でもお願いがあります。

【連絡下さい!】大阪市内に住民票があり、ガレキ反対の意志が明確で、覚悟があり、なおかつ具体的な人間関係について社会的な対応ができて、さらに実務できる人で、協力できる人は僕にメールを下さい。実務が発生する話です。(注)警察に反対する内容ではありません。そういう感覚の人は無理です。

⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

=====================================================

 

健康被害と思われる症状が急増、深刻化しています。 

 

報告、相談はまずメールください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp                   

 

 事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。 

 

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年半近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

 

 

 

甲状腺の検査、甲状腺のエコー検査、さらにふつうの血液検査のうち、血液像の検査(白血球、特に好中球)や異型リンパ球の確認、大人の女性はサイログロブリンの数値も確認した方が良いと思います。 

 

===================================

 

 ガレキ、被曝の問題で、特に北九州のガレキ問題に関心のある方。来月の北九州市議会議員選挙に出馬する、村上さとこさんの支援をぜひお願いします。個人カンパなど大歓迎です。

 

http://murakamisatoko.blogspot.jp/p/blog-page_3152.html

 

 また、北九州市民で、選挙に協力できる方、ボランティアのできる方、事務所に連絡してください。ガレキ反対の政治意思を示す第一歩。大変重要な戦いです。ホームページには連絡先も、選挙公約も明示されています。

 

http://murakamisatoko.blogspot.jp

 

===================================

 

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】 

 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。 

 

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 

 場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 

 姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 

 駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 

 参加費:999

 

 申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 

 託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 

 sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

 

 




コメント (4)

「離婚相談する人の気持ちがわかる、移住は無理、保養が現実。」という書き込みを晒します。許さない。

2012-12-28 00:48:32 | 福島第一原発と放射能

チーズケーキというハンドルネームのくだらない書込みをさらします。工作員的な要素もありますが、あまりにもひどい内容なので許しません。

「私は離婚相談する人の気持ちわかりますよ。自費での移住と言うことになれば家族の崩壊・大黒柱の失職等の問題は出てきて当たり前ですから。」

僕に「弁護士を紹介してくれ」「何か良い策はないか」そういう形で、いきなりメールで相談してきて、知りもしない人間に僕が何ができるのかということです。何にもできないし、わかるはずもない。移住を否定するために、金銭的負担がかかることを強調したいだけ。本当に、工作的なにおいしかしない。



「甘えるな、は私は言えません。日本の多くの女性は非正規採用。子供を抱えての自活は簡単なことではないでしょう。経済的な不安と放射能への恐怖で混乱して何かにすがりたい気持ちになったとしても責めるべきではありません。」

 頭がくらくらします。いいですか、非正規雇用だから、甘えてよいというのか?人としての意識の問題の話をしている。何かすがりたい気持ちがまずいから、強く話しているだけだろう。

「なぜ避難や移住が進まないか。怒り狂ったところでなにも始まらない。国や地方自治体にまったくその気がないから。それに(自分を含めて)海外の連中があーだこーだ言ったところで変わらない。」

 この人間が依存型なのはあきらか。いいですか、国が何かをしてくれる、自治体が何かをしてくれる、それに依存する感覚が間違っている。しかもこいつ海外にいる設定で、こんな話を偉そうにしにきているのか。

「現実的なのはやはり子供の保養ではないでしょうか。保養の効果も限定的と聞きますが、やらないよりまし。やれば楽しい思い出だって作れますから。子供の体の健康だけではなく心の健康にもよいでしょう。」

くらくらする。保養という言い訳で、ごまかしが続いてもことは解決しない。だから、話している。

「もうここへは来ません。成熟した女性は女子ではありません。木下さんが女子会という言葉を使った時から?でしたが甘えるな、で踏ん切りがつきました。」

成熟していない人ばかりですよ。現実は。それよりも、2度とくるな。こんな認識の浅い輩まで読みに来ているのか。来なくて良い。

「掲示板の海外脱出日本人コミュニティ案にも?です。情報は自分の目と足で調べなくてはなりません。不況下で移民を制限している国はとても多い。つてを探し、会社や団体の海外赴任情報を探し、まずは自分が動くべきです。資産があれば長期滞在のビザを発給してくれる国もあります。」

自分がそれができると自慢しているようにしか聞こえない。書込みのコミュニティ案がよいかどうかではなく、それについての、この目線での言い方はなんなんだ。前向きに対応しようとしている情報交換には否定的、移住にも否定的。そして、あいまいな保養は肯定(保養の現実での、運営側のいろんな悩みも無認識だ)。

「というわけでよいお年をお迎えください。」

外道は2度と来るな。お前と話すことはない。

 

たぶん僕が離婚相談者を突き放したのを、さらに追い打ちをかけて、貶めたい目的の投稿です。本当に、外道です。工作的な要素もあるでしょうが、こういう輩はさらしますし、許しません。移住つぶし、さらに海外移住にも消極的にさせ、保養肯定する感覚。なんというかお話にもならない。徹底して糾弾しておきます。しかし、年末、休みで外道が増えている。

コメント (11)

離婚相談は、受け付けません。夫婦関係は、二人で決めることだし、あなたが決めること。甘えるな。

2012-12-27 21:03:15 | 福島第一原発と放射能

 離婚するのかしないのかは、あなたと配偶者の関係の問題であって、僕には何の関係もありません。社会常識に立ち返ってください。会ったこともない人や友人でもない人の離婚相談を聞くこと自体が異常です。

 まず、僕は弁護士でもありません。離婚における法的な実務は弁護士としてください。

お金のない人は自治体が主催する法律相談会とか、弁護士会が開催しているものもありますから、それに行ってください。

そのくらい自分で調べてください。僕は゜無料何でも相談所」ではありませんから。

被曝の話、移住の話、対応できることは何でも対応していますが、あなたが離婚するのかどうかは、あなたの問題です。

そういう自分の人生の核心にかかわることを、他人任せにして、逃げ続けている女性が、何人も相談してくるのは、話になりません。

自分がどうしたいのかでしょう。あなたがどうしたいのかでしょう。

僕に弁護士を斡旋してくれないかとか、何かいい策はないかと聞くとか、恥ずかしくないのかと思います。

避難しようが、移住しようが、あなたが自分の人生に向き合ってきちんと生きていないのは、明らかです。

それを、会ったことのない僕に投げかけてくるな。いいたのはそれだけだ。

甘えるな。気持ち悪い。



コメント (22)

「疫学データ揃う迄発言するな」「東京の汚染は大したことがない」「土壌調査の方法が変」という妄言。

2012-12-27 11:49:35 | 福島第一原発と放射能

 本日輪島での試験焼却が行われている模様です。昨日の経緯はhttp://blog.goo.ne.jp/wajimagareki/e/4210fdf4dca38befdf54fcc29ec78f85の記事を読まれたらよいと思います。

 この問題を一年九か月言い続けてきて、このところ、あまりに水準の低い話の蒸し返しが多く寄せられます。まずは、妨害的な感覚で、いまだにこのようなことを言う人たちがいるので、それについての話です。

☆東京の汚染程度はたいしたことがないのに大騒ぎするな。

こういう輩は、土壌汚染のデータをきちんと読んでいない場合が多いです。セシウム合算で東京23区の平均的な汚染は800Bq/kgはあると考えて下さい。東側が高く、西側が低い。江戸川区は3000Bq/kgを超える数値が出てもおかしくないですし、都心部で経済産業省の前の植え込みは、10000Bq/kgにと通達していました。何度も書いていますが、西ドイツはチェルノブイリ後に90Bq/kg。イタリアは100Bq/kg。キエフはセシウム137のみだと460Bq/kg程度で、当時の137:134=2:1の放出比と言われていることをあてはめると、セシウム合算でおよそ700Bq/kg。東京の方が汚染がひどい可能性も否定できないです。ほぼ同程度とみるべきでしょう。何回こういう議論をするのか意味不明です。この過去記事を確認ください。

東京23区の汚染状態の確認。セシウム合算で平均1,006Bq/kgでキエフを越える汚染の可能性。

 

☆土壌調査はあえて高い場所を採取したんですね。

 やっていませんし、やらせてもいません。そもそも市民が、個人でお金を出して自分が関係する箇所を言われたとおりに採取しました。動機として「低く出てほしい」という心の状態で行っていることが多いです。基本的には、庭とか空き地とかそういう場所で五センチの深さで一定量採取する。その敷地内で複数個所とる。真ん中のあたりも、端も。いろんな場所から。側溝などは採取しない。こうしたことをやらせて、外部の検査会社に当初はゲルマニウム半導体の検査器で検査をしてもらいました。さらにその後は首都圏の汚染が一定以上ある場所が多いため、NAIシンチレーションの性能の高い機械の測定でもさせています。

☆数値のばらつきが激しい。行政との数値の違いが激しい。

 数値のばらつきは、激しいんです。汚染程度は数百メートル違いで、桁が変わることもしばしばです。当たり前です、微粒子ですから。風向や地形によって大きく左右されます。しかし数十Bq/kgと数千Bq/kgが坂の上と下で同時に存在している環境に東京はあります。濃縮も偏在も時間経過とともに、進んでいるのも事実です。

 東京都が毎年基準で行っている検査があります。ここで例年およそ1Bq/kg台だったセシウムの土壌が、去年の検査では790Bq/kgになりました。ぼくらの23区の平均とたまたま似た数値です。本質的に汚染程度に関しては、かい離は少ないと思います。行政側は外部線量しか基本は口にしませんし、この程度の汚染は、まるでないかのように取り扱っているだけです。

☆健康被害を疫学的に証明するまで口にするな。

 疫学的証明をまっていたら、最低五年経過後、厳密にやるなら十年以上のスパンが必要です。僕は医療研究者でも、医師でもありません。おきている事象を、伝えていくことしかありません。なんで起きている事象を、その報告を電話などでお話しして確認して、事象そのものの存在は間違いなく、その事象に関しての解釈がわかれる話について、僕が書いてはならないと声高に主張するのか、意味がわかりません。

  実は、ある医師からも、同様の話を聞いています。同じような言い方で、医師の大きな会合で、こちらの発言を遮る人間たちがいて、それは大学などでそれなりの役職がある医師が行ってくるケースがあり、ひるまずにこちらが話し続けると、むこうはそれ以上は言ってこないが、あきらかな敵意があるケースも聞くそうです。ほかの一般の医師は押し黙ったままコメントしないんです。そういう妨害をする医師は「患者を不安がらせてどうする。確定している話でないだろう。」という論旨しかないそうです。発言者は一定程度の現実情報に基づいて、伝えていても、「見ざる言わざる聞かざる」が基本。それを遮ることしか関心はありません。

 そうした構造を、僕に対しても見ず知らずの人間がしつこくあてはめようとするのは、理解できません。文句があるなら、直接に応対するからメールしろと再三再四、話しています。推進側であってもまともな方は、冷静な話を求めてメールが来て、直接お話ししたこともあります。しかし、直接アクセスする方は、ネットだけで話す輩と大きく異なり、健康被害に関しての懸念はこちらと大きく異なっておらず、むしろ反原発のお題目を唱えて、まったく健康被害、被曝の懸念を無視する人々よりも、まともだったりするから驚きです。

 ネットだけでは本質的な関係は成立しないということをどうして認識しないのか不可思議です。

 こういう妨害者にたいしては、つぎに東京で、一定時間をオープンにして、どこかのファミレスか何かで、話す時間をとります。この日程はオープンに致します。別の意味での危険も考えられますが、もうだんだんこういう輩が得手勝手な話をしてきて中傷するのには、うんざりしていて、現実に攻撃してくる人間がどの程度いるのか、きちんと見極めたいこともあります。


 実はネットの妨害者は、ぼくにとっては、浮遊しているごみそのものの話と同じなので、僕の意識や人生において、関心はありませんが、現実に今後の身辺も含めた体制をどうするのかが、僕には大きな課題となります。自分の身の回りの状態を変えて、いろんな形で有機的かつ能動的にアクセスできるように、しないとならないと思っています。このため、新年からいろんな形でそれを整えようと思っています。

 しかし、安倍政権の顔ぶれといい、総理会見中に副長官が倒れる話といい、この国はいったいどこまで終わっていくのだろうかなと思います。自民党政権になって、円安に突然ふれ、株式市場が突然あがるパフォーマンスを信じたい人たちの羊の群れ。行きつく先も知らずに。

================================================

 

健康被害と思われる症状が急増、深刻化しています。 

報告、相談はまずメールください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp                   

 事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。 

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年半近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

 

甲状腺の検査、甲状腺のエコー検査、さらにふつうの血液検査のうち、血液像の検査(白血球、特に好中球)や異型リンパ球の確認、大人の女性はサイログロブリンの数値も確認した方が良いと思います。 

===================================

 ガレキ、被曝の問題で、特に北九州のガレキ問題に関心のある方。来月の北九州市議会議員選挙に出馬する、村上さとこさんの支援をぜひお願いします。個人カンパなど大歓迎です。

http://murakamisatoko.blogspot.jp/p/blog-page_3152.html

 また、北九州市民で、選挙に協力できる方、ボランティアのできる方、事務所に連絡してください。ガレキ反対の政治意思を示す第一歩。大変重要な戦いです。ホームページには連絡先も、選挙公約も明示されています。

http://murakamisatoko.blogspot.jp

===================================

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。 

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 参加費:999

 申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

 

コメント (10)

【輪島・ガレキ阻止】試験焼却をあす強行する可能性。要注意。僕の来年からの体制について。

2012-12-26 04:21:28 | 福島第一原発と放射能

【輪島・ガレキ阻止】

 年末が近づき、僕のところに詳細情報がありませんが、本日午後、美谷町のクリーンセンターにガレキ搬入する可能性があり、あす試験焼却を強行する可能性があるということです。

 美谷町など地元は焼却阻止を強く主張しています。

 とにかく、輪島市への抗議の声を緩めないで下さい。梶市長の強権ぶりは、さらに露骨です。

 

 きょうは、僕の今後の体制について、いくつかお伝えしておきます。

 一年九か月以上、ブログと講演など、現実にこの活動を続けてきましたが、いろんな意味で、活動の限界も大きくなっています。このままの状態では、活動自体の活性化も望めませんし、厳しいことが多いです。

 もちろん、僕自身が至らない点も多々あるとは、思います。しかし、実際に活動を共にしていく人材があまりにも少ないのと、組織的にも資金的にも、そうした構造が形成されていないため(いろんな批判に配慮しすぎて、無理に作ろうとはしませんでした)、おそらくこのままでは維持できないと思います。

 このため、年末年始にいろいろと考慮して、新年は、さまざまな観点で、新しい対応を始めたいと考えています。ある種の再構築は必要不可欠と認識しています。

 いろんな問題を平気でおこす多くの人たちのある一定数が、この放射能防御という御旗にまとわりついているのも事実です。特に、自己顕示欲、自意識過剰なタイプの人間が、放射能防御を自己実現のために、悪用している話は、枚挙に暇がありません。外の敵よりも、うちの敵の方が問題は大きいです。そうした人に限って、考えられないレベルの動機(僕がすぐに認識できないタイプの欲望など)に基づいて、行動していて、この放射能防御という、リアルな戦いを混乱させています。彼らの目的が見えると、あほらしくなります。「こんなレベルの感覚で、こういう話を転がしていたのか。」と。

 ただでさえ、大勢との戦いが厳しい中で、こういう輩が足を引っ張り続けます。僕に対しての外部からの中傷も、あきらかな敵方のみならず、こういう人たちが陰に陽に行っていることも、ほとんどわかっています。いろんな意味で、僕は情報が取れすぎるために、気分がどんどん悪くなります。嘘が見えすぎています。というか、外のどうしようもない人たちよりも、こうしたものの方がたちが悪いです。

 これは、良くも悪くも東京の一線で仕事をしていて、東京しか人生がないと、判断していた僕が、この被ばく状況の中で、得てきたものの大半を東京含めて捨てるしかないと思った感覚とは異なります。そして、僕が懸念する連中は、どうやら違う欲望のために、この被ばく状況を使っているみたいです。

 今まで得られなかった代償をここから得ようと、こういう人たちは、躍起になっています。そこには、まともな意識もなく、まともな方もおりません。無理です。

 なにかまた、分かれ目にいるような気がします。そして、この分かれ目はとても大事と思います。本当にどう転ぶのかは見えませんが、年明け以降、自分の生き方を見直して、周りを再構築できるのか、トライすることになるのは、間違いない話と思います。

 3.11.以降、信頼のできる人間は極端に減少しました。もともと、友達は極端に少なかった僕は、しかし、信頼はしていた人は多かったのですが、それがほとんど消え去りました。まあ、そんなものです。

 大乱世は、人間の本質をさらに露呈させます。その渦に僕も貴女も居つづけています。否応なく。

コメント (30)

溜息しか出ないXmas。吸気被曝を軽視したがる人々について。「低線量被曝」への疑問。

2012-12-25 00:47:16 | 福島第一原発と放射能

 食べ物さえ、うまく避ければ、被曝は避けられると思いたい人たちが、やっぱり多いということを、痛感しています。特に首都圏に留まる女性たちが、すがりついているのが、食べ物さえ気をつければなんとかなるのでは、という幻想です。しかし、僕は明らかな幻想としか思えません。しかし、避難者の中にもそういう人はいます。食べ物に圧倒的な比重があります。

 初期のころに、ベルリンにWBCを精密に測定に行った女性のうち、全身で25Bq検出され、250Bq最大推定の女性は、水も食べ物の、ほとんど東日本のものを当初から食べていません。それでも、検出。のう胞もありました。

「初期のブルームにあたっているのか、一年東京に住み続けたせいか、どちらかです。」と。

つまり、吸気しか、彼女の被曝原因が思い当たらないのです。

 西日本でも、もちろん危険はあります。しかし、汚染程度から考えると、一定以上の危険は存在しないとしか思えません。外食は全国どこでも危険ですが、大阪が、東日本よりも危険というのは妄想です。流通食材が、関西で、西日本よりも東日本の食材がより多いことは、総量としてはありえません。もちろん、気を付けなければなりませんが、少しの努力で回避できるし、現実に可能性の高いという話ではありません。

 それを言い出すなら、どこにいても危険はあるとしか言えません。しかし、食べ物の危険は、回避できる話なんです。少しの注意で。しかも西日本の方が、流通から考えるとはるかに選択肢が多い。当たる率も少ないです。

 放射性物質が一定量は存在するエリアでは、吸気から、皮膚から、摂取する危険を回避することは、極めて難しいです。だから避難、移住しか方法がないと僕は話しています。こんな当たり前の話を、やはりきちんと理解していない人がまだいます。驚きです。思考の優先順位が違いすぎるのです。おかしいです。

 こう書くことは、あきらかな誤りを含みます。その意味が、わかっていない。吸気のことを触れずに、こういう内容を書く心理そのものを、僕は危うんでいるのです。

 このことは、個人の話ではないと考えています。おそらく、こうした心性の人が実は、多いのではないのかと、僕は思うからです。そこに、まず落とし穴があります。

 さらに、「低線量」という言葉が間違いを引き起こしやすいと僕は常々思っています。要はセシウムが500Bq/kgの土壌があっても、バックグラウンドが0.10μSVだと、0.11μSV程度しか線量はあがらないということです。「低線量」ということが大切なのではないのに、「低線量被曝」と被曝が軽くなるような単語のイメージ作りがそもそもなされている。これは、政治的なトリックがあるような気がしてなりません。

 よろしいですか、吸気で影響を受けるのに十分なくらいの量の放射性物質が存在している状態。明確に汚染は大量にある状態。しかし、外部線量が低いという状態なのです。これを「低線量被曝」という単語で説明していることに無理がある。そう思います。

 僕は、リスクが現在どうあるのか、そして、今後どうなるのか。そのリアルを他者にどう伝えるのか。そうした根幹的なことを思考し、行動するしかないと思います。そこから、逃げる人々というのは、本当の危機に生き残れないのです。そして、そんな思考スタイルばかり、もうずっと見続けているのです。

 溜息しか出ない、Xmasです。

=====================================================

健康被害と思われる症状が急増、深刻化しています。 

報告、相談はまずメールください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp                   

 

事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。 

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年半近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

 

甲状腺の検査、甲状腺のエコー検査、さらにふつうの血液検査のうち、血液像の検査(白血球、特に好中球)や異型リンパ球の確認、大人の女性はサイログロブリンの数値も確認した方が良いと思います。 

===================================

 ガレキ、被曝の問題で、特に北九州のガレキ問題に関心のある方。来月の北九州市議会議員選挙に出馬する、村上さとこさんの支援をぜひお願いします。個人カンパなど大歓迎です。

http://murakamisatoko.blogspot.jp/p/blog-page_3152.html

 また、北九州市民で、選挙に協力できる方、ボランティアのできる方、事務所に連絡してください。ガレキ反対の政治意思を示す第一歩。大変重要な戦いです。ホームページには連絡先も、選挙公約も明示されています。

http://murakamisatoko.blogspot.jp

===================================

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。 

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 参加費:999

 申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

=================================================

天皇陛下お誕生日に際し(平成24年) - 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h24e.html

 東日本大震災から1年9カ月がたち、被災地に再び厳しい冬がめぐってきています。放射能汚染により、かつて住んでいた所に戻れない人々、雪の積もる仮設住宅で2度目の冬を過ごさなければならない人々など、被災者のことが深く案じられます。震災時の死者・行方不明者数は1万8千人余と報じられましたが、その後、2千人以上の震災関連の死者が生じたため、犠牲者は2万人を超えました。地震や津波を生き抜いた人々が、厳しい生活環境下、医療などが十分に行き届かない状況の中で亡くなったことは、まことにいたわしいことと感じています。

 また被災地の復興には、放射能汚染の除去や、人体に有害な影響を与える石綿が含まれるがれきの撤去など、危険と向き合った作業が行われなければならず、作業に携わる人々の健康が心配です。放射能汚染の除去の様子は福島県の川内村で見ましたが、屋根に上がって汚染を水流で除去するなど、十分に気をつけないと事故が起こりうる作業のように思いました。安全に作業が進められるよう、切に願っています。



コメント (27)

沖縄、病院同僚女性5人妊娠、流産2人と切迫早産1人と発育不全1人。新潟⇔茨城の妊婦、胎児心音停止。

2012-12-24 03:57:10 | 福島第一原発と放射能

 【個別土壌調査・山梨】

(1)清里。野辺山境界の林の土(トラックが多く通る街道脇)。セシウム134が5.2、137が6.8、合計12bq/kg。

(2)北杜市内の山に近い林の土。セシウム137のみ検出で6.5bq/kg。

    参考数値:2009年の北杜市、セシウム137のみ13bq/kg。

 【大阪・ガレキ阻止】大阪市が本焼却を進めようとしています。形だけの専門家会議では予想通り、問題なしと言い張りました。みなさん、臆してはなりません。埼玉のケースを見ても、本当に遠隔地に運んで燃やさないとならない、ガレキは、すでにありません。声をあげて、税金の無駄遣いをやめさせましょう。

 きょうは相次いで、胎児に異常が起きている話が伝わってきました。まず沖縄中部にある病院の話。この病院で働いている同僚女性5人が同時期に妊娠されたそうです。そして、そのうち20代の女性4人の妊娠に異常がおきている話です。僕と電話で話した女性は、食べ物による内部被ばくの可能性を疑っています。初期被曝の可能性はほぼない人たちの話ですから。しかし、病院の看護婦や職員の女性たちが、医療関係者でありながら、食事などによる経口での内部被ばくの懸念を有していないのが、日本の現実とは、さびしい限りなのですが。

=====================================================

こんばんは。はじめまして。
 
職場の妊婦5人のうち4人が異常妊娠という内容の詳細になります。
 
私は、沖縄県中部に位置する場所に住んでいるの若い女性です。
病院で働いていますが、今現在、職場で妊娠しているのが30代1人、20代4人になります。
20代の職員4人全員が異常妊娠で経過中です。
 
妊娠9ヶ月を超えた2人のうち一人が発育不全。胎児の体重増加が滞っているのに羊水のみ増加中。
もう一人は、臨月にさしかかろうとしたときに切迫早産と診断され自宅療養に入りそそのまま産前休暇に入りました。
そして、2人の流産。2人とも20代前半の初産になります。
そのうち一人は安定期に入る前に流産と判明し、ショックのあまり仕事も退職することになりました。
もう一人は6ヶ月に入ったところで流産してしまったと聞いています。
 
30代の経産婦は6ヶ月を経過。現在順調とのこと。
 
異常をきたしている妊婦に共通しているのが、20代の初産であること。
そして、内部被爆にまったく関心がなくすごしていることです。
 
目の前で現実に内部被爆と思われる症状が現われて来て愕然としています。
それなのに、話をしてもまったくと言っていいほど心に響かない人たちの多いこと。。。
 
自民公明が選挙に勝ったことで、海外移住を検討するようになりました。
今後の生活形態について相談していくつもりです。
 
木下さん、私も子供がほしいです。でも怖いです。
受精が可能なのか、受精しても無事に出産できるのか、無事に出産できたとしてもこの状況です。
沖縄であれフクイチ由来の放射能は降ってきているし、汚染食材はザル状態で流通しています。
家族、友人、職場の人に危険であることや生命に直結することを訴えかけても「へえ~、そうなんだ。」と他人事です。
想像力の欠如が著しく、同じ場所に住んでいるような気がしません。
 
ツイッターやフェイスブックで発信し、周りの人に情報提供し訴え続けることしかできないのが悔しいです。
でも、私にできることを続けるしか道はありません。
 
長くなりましたが、以上になります。よろしくお願いします。

====================================================

義妹の胎児心音停止について。
 
義妹は30代前半、今年秋に初めての妊娠をしましたが、先週胎児の心音が停止していることがわかり、かつ首のうしろに浮腫があったそうです。
震災直後から日立市の実家の手伝いに行き、1~2週間滞在、その後も2、3か月に1度、3日から1週間の滞在を続けてきたそうです。
妊娠がわかってから、弟には可能な限り、茨城には行かないよう伝えたのですが…。
 
 

====================================================
 

 さらに、続けて、ご紹介した話の方とも、本日、お話しいたしました。義理の妹さんは、新潟のエリアにいて、茨城県の日立市のご実家に震災直後にサポートに行かれたそうです。震災の2~3日後に行かれたそうで、その時は一週間以上は滞在されていますから、そもそも日立市で、初期被曝にあわれた可能性が極めて高いです。その後も、新潟と日立市の往復を何度もされていますから、食べ物などもそのエリアの食材をとることは普通にあったと思います。こうした状況の中で、妊娠されて、数カ月で胎児の心音が停止したそうです。胎児の首のうしろにあった浮腫も気になる話です。


 胎児は、お母さんの体内にある放射性物質に、敏感に影響をうけます。それは、きわめてシビアなものです。それがどういうことなのか、女性たち、とくにこれから子供を産む二十代、三十代の女性たちに認識してほしいです。

 貴女が産まないと決めつけていても、本当の未来はわかりません。未来から訪れるかもしれない命を、真剣に考えずに、先に諦めることは、貴女という存在を本質的に諦めることと同じです。もう一度、自分を見つめなおしてください。

 貴女を助けられるのも、貴女の未来の子供を助けられるのも、貴女しかありませんから。

 未来の子供だけではありません。

 貴女のように利他が強い人ほど、貴女自身のことを考えないのは間違いです。利他を優先するような人、そうした貴女本人が自ら助かることで、実は、多くの他者を救えます。これは、間違いない真理です。貴女の身が大事です。お願いだから、避難移住を優先してください。

天は自ら助くる者を助く』 (Heaven helps those who help themselves.)

=================================================

健康被害と思われる症状が急増、深刻化しています。 

報告、相談はまずメールください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp                     

 

事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。 

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年半近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

 

甲状腺の検査、甲状腺のエコー検査、さらにふつうの血液検査のうち、血液像の検査(白血球、特に好中球)や異型リンパ球の確認、大人の女性はサイログロブリンの数値も確認した方が良いと思います。 

===================================

 ガレキ、被曝の問題で、特に北九州のガレキ問題に関心のある方。来月の北九州市議会議員選挙に出馬する、村上さとこさんの支援をぜひお願いします。個人カンパなど大歓迎です。

http://murakamisatoko.blogspot.jp/p/blog-page_3152.html

 また、北九州市民で、選挙に協力できる方、ボランティアのできる方、事務所に連絡してください。ガレキ反対の政治意思を示す第一歩。大変重要な戦いです。ホームページには連絡先も、選挙公約も明示されています。

http://murakamisatoko.blogspot.jp

===================================

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。 

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 参加費:999

 申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

 主催:原発事故を考える姫路市民の会


 



コメント (27)

被曝を懸念し、ガレキに反対する皆さん、来月の北九州市議選、村上さとこさんを注目、支援して下さい。

2012-12-23 18:57:09 | 福島第一原発と放射能

 

 ガレキに反対をして、来年1月の北九州市議会議員選挙に立候補予定で、奔走している村上さとこ(北九州ひまわりプロジェクト代表)さんから下記のメールが届きました。村上さんが勝てるかどうかが、この被ばく、ガレキの問題を、日本社会が認めはじめるのかどうかの大きな試金石となります。まず彼女のメールをお読みください。

====================================================

 

 

「衆院選は小選挙区制の弊害が露骨に現れた結果でしたが、私も諦めることなく進んでいきたいと思います。

いつの世も、言うべきことは言い、正しいことは正しいと、きちんと主張する人々はいます。

真実は変わりません。 

北九州市もいよいよでも市議会議員選挙が終盤にかかってきました。

来年116日公示、127日投票日です。

もとより縁故色の強い市議会選挙、そして今回の国政選挙の影響を直接受ける政令指定都市の選挙です。

私の場合も、政党と二世議員の中で、無所属の選挙は、正直、大変厳しい状況です。

立候補者も増え、12の議席を15人が争うことになりました。

 しかし、諦めません。

北九州市議選の投票率は約50%。投票に行かない無党派層をいかに動かすかがカギとなってきます。

そして、カンパと選挙債券で選挙を乗り切っていこうという計画で、

仲間から選挙債券という形で協力いただき、その他は私自身が個人的に借金しています。」

 

====================================================

  選挙というのは、お金がかかります。市議会議員選挙であっても事務所費、街宣車代、印刷費、数百万円はかかります。特に市議会議員選挙レベルは、そうした実費レベルのお金がどの程度あるのかでも違ってきます。山本太郎さんの選挙でも、全国のいろんな方のそうしたサポートが大きかったと聞いています。村上さんにもそうしたサポートがないと大変な状態と思います。

 ガレキ、被曝の問題で、特に北九州のガレキ問題に関心のある方。村上さんの支援をぜひお願いします。

http://murakamisatoko.blogspot.jp/p/blog-page_3152.html

 また、北九州市民で、選挙に協力できる方、ボランティアのできる方、事務所に連絡してください。ガレキ反対の政治意思を示す第一歩。大変重要な戦いです。ホームページには連絡先も、選挙公約も明示されています。

http://murakamisatoko.blogspot.jp/

 


コメント (10)

「木下さん、今度は父が突然死しました。」麻布からの悲報。天皇陛下、ガレキ処理、アスベストへの懸念。

2012-12-23 04:06:38 | 福島第一原発と放射能

 天皇陛下はガレキ処理に関して、特にアスベストに言及しました。

「(処理は)なかなか難しいんじゃないですか」「年をとってから携わった人が後悔しないよう、気をつけないといけませんね」という文言を言われたそうです。

 この国というのは、衆愚政治の典型的な状況と化しています。民主主義、国民主権というのが、放射能被害の実態を隠ぺいするという、ある意味で恐ろしい構図の中で、天皇陛下が突破口として、口火をきる現実があります。

ガレキの処理に関して、反原発の政治家たちも明言を避ける中で、アスベストというワードで、やんわりとガレキ処理に関してお言葉を伝えられる天皇陛下。この言葉を聞いて、「日本は天皇崇拝国家をやめることはできないだろう。」と、僕のように天皇制国家をもともと肯定していない人間に思わせる状況があります。日本という国の本質です。これが、突破口になるかもしれませんし、天皇陛下自らが、さらに突破口になる可能性は否定できません。皇族のお子さんたちの動向も気になるところではあります。

そういえば三菱商事のある事業部の本社機能がシンガポール移転もするそうです。およそ単体で10兆円の売り上げがある会社で七パーセント程度の売り上げがある部門が、本社が日本でなくなるということです。

 

さて、僕のところに直接面識がある、三十代の男性から電話が来ました。東京では麻布あたりにお住まいで、今は、西に避難しています。以前の会話も記事にしています。前はことし十月の話です。

 

「25年で100万人を超える日本人犠牲者に直面。」カルディコット博士。高熱や風邪→突然死。知人橋本病。

 

「木下さん、ちょっと、東京に戻っていました。親父の葬式で。突然亡くなったんですよ。まだ、六十代過ぎなんですし、亡くなる前日まで、ふつうにいろんな活動もしていたんですが、突然、倒れました。心臓でした。」

「うちの親父は、食べて応援的な感覚が強かったんですよ。ふつうに、寿司をよく食べていたそうです。産地も気にせずに。よくやるなあと思ってました。」

「うちの嫁が橋本病を発症したり、この汚染がシャレにならないのは、よくよくわかっていたつもりですが、元気だった父親が突然死して、実感がさらに深まりました。この話は、いよいよ深刻。自分の家族、親にこういう状態がおきて、さらに実感しました。」

「僕らが逃げていることをななめで見ていた、家族、親族も多かったのですが、この状況は、周りの感覚も買えたかもしれません。」

「ただし、放射能の汚染のことは、認める人たちでも、さらに踏み込むと、経済を回すためには、それを言い続けても仕方ないから、このまま進むしかないし、お前も東京に戻ってこいと言い張る人たちもいました。」

「でも、僕の昔の上司は認めてくれました。避難は正しかったと。五十代の男性。彼の甲状腺に、良性の腫瘍ができていたそうです。それで、はっきりと認識してくれたそうです。」

おきることはおき続けています。もちろん原因は断定できません。しかし、そうした状況を一人でも多くの方が認識していただけることだけを、僕は期待しています。

=====================================================

 

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】

 

 

 

東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。 

 

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 

場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 

姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 

駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 


 

参加費:999

 


 

申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 

託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 

sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

 

主催:原発事故を考える姫路市民の会

=====================================================
【下地さんら市民の不当逮捕に抗議する会見】

きのう午後におこなわれました。

 「阪南大学側が下地さん逮捕の3日前、12/6には公安から逮捕予定を聞いていた事実を、阪南大学の島浩二先生が涙ながらにお話し下さいました。大学側は学生の皆さんの個人情報が保管されている研究室の捜索も安易に許した。」という内容が特徴的な話でした。

 大学側が公安警察から事前通告をうけるのは、あり得る話で、大学当局は、逮捕について事前にどうすることもできないです。しかし、大学として、逮捕後にどういう言説態度をとるのかは、別の問題です。また、こういう言論の自由を扱う案件で、学内の捜索を許すのかどうかは、大学という組織が、この案件の本質を理解しているのかということになります。大学の自治という観点で、こうした捜索を大学が組織として、拒否することも法的には、かつては、よくあったことですから。
 
 阪南大学が学問の府、足りえるのかということが問われています。根幹の話です。

 



 

 



コメント (13)