「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

ミャンマー連邦への抗議文

2007-10-03 16:37:00 | 長井さん殺害の抗議文
長井さんのご遺体は四日にも
日本に戻ってくることになっているということです。


長井健司さん殺害に関する
ミャンマー連邦への抗議文を以下にあげておきます。
賛同していただける方の署名を呼びかけていてます。
現段階の呼びかけ人は抗議文の後に名前をあげています。
また抗議文の後には署名の方法を明記してあります。
署名が一定数集まった段階で大使館に持っていくことになります。
この抗議文はいろんな方に教えていただいてかまいませんし、
お知り合いの方に幅広く、署名を呼びかけてください。

======================================

ミャンマー連邦
タン・シュエ国家平和開発評議会議長殿
駐日ミャンマー連邦大使館
フラ・ミン特命全権大使殿

抗議文

 2007年9月27日午後、貴国のヤンゴン市内にあるスーレーパゴダ付近で、
取材中だった映像ジャーナリスト、長井健司氏が、貴国軍治安部隊の軍人に
至近距離から銃撃され、殺害されました。
自国の国民に対するミャンマー軍の一方的な暴力による制圧行動について、
国際的な取材活動をしていた日本人ジャーナリストの生命を、
警告もなく銃で奪ったことは、
殺害を前提とした意図的かつ残虐な取材妨害行為であり、
国際社会の一員として、また日本人として、
我々はこの行為を断じて許すことはできません。
しかも貴国の当局は、
長井氏が亡くなるまで手離さなかった
ビデオカメラとテープを未だ返却していません。

われわれは貴国治安部隊軍人による長井氏の殺害について強く抗議します。
また、長井氏の殺害の経緯を明らかにするとともに、
犯人の特定と厳罰を求めます。
遺品であるビデオカメラとテープも内容の消去など一切の改竄を許さず、
返却することを求めます。

       

ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会
(事務連絡先)
〒1060032
港区六本木7-8-25永谷リュード六本木306  

=====================================
  
ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議して、
抗議文の趣旨にご賛同をいただける方の、署名をお願いいたしております。
ご賛同いただける方は氏名と肩書きをお願いいたします。

呼びかけ人 (順不同)2007/10/03 1630現在

鳥越俊太郎(ニュースキャスター)
田丸 美寿々(ニュースキャスター)
テリー伊藤(演出家)
麻木久仁子(タレント)
綿井健陽(ジャーナリスト)
石丸次郎(ジャーナリスト)
佐藤和孝(ジャーナリスト)
高世仁(ジャーナリスト)
櫻井よしこ(ジャーナリスト)
北村肇(ジャーナリスト)
江川紹子(ジャーナリスト)
井上トシユキ(ジャーナリスト)
河上和雄(弁護士、元東京地検特捜部部長)
紀藤正樹(弁護士)
田島泰彦(上智大学教授)
苫米地英人(脳機能学者)
前田日明(格闘家)
--------------------------------------
抗議署名の入力フォームと
署名用紙は
現在はこちらをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/c/b0a473e3254cf3ec15e7e0df04acfd54
下記は当時のままの文章を残しています。


抗議文の趣旨にご賛同いただける方は
氏名(フルネーム)と肩書き(職業か所属先)を
下記のメールもしくはファックスにてご連絡ください。
なお署名のためのインターネット上のフォームを
現在制作中ですので、出来上がり次第リンクをこのブログにはる予定です。
今回緊急の署名活動ですので、物理的に手書きの署名でなく、
お名前と肩書きをメールなどで送っていただければありがたいです。
肩書きは具体的な所属先でも、
「会社員」などの一般的なことばでもかまいません。

なお、会には電話も一応ありますが、
電話番をお願いしているだけの状態ですので
できるかぎりメールでご連絡をお願いいたします。


「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」
 http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/(ブログ) 
nagaikenji20070927@mail.goo.ne.jp(メール)
 〒1060032
港区六本木7-8-25永谷リュード六本木306  
TEL 03-3746-0065
(平日10時から17時で対応)
FAX 03-3306-5181




なお、このブログはリンクフリーですので
いろいろご紹介してください。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/
       

コメント   トラックバック (1)