「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

きょうのニュースZEROで長井さんとミャンマー特集

2008-10-28 21:59:56 | 署名などの報告(会の活動報告)
村尾氏がタイまで行く、この前の企画の続きと思います。
前回からこの放送までずいぶん時間があきましたね。
日本テレビ系を視聴可能な方はご覧ください。

なお、新聞協会から返答が届いています。
こちらからの再度の申し入れ文書も含めて、
近日、ブログで公開いたします。
コメント

ミャンマーへの評価と横浜での新聞協会賞の講演について

2008-10-23 02:58:03 | 署名などの報告(会の活動報告)
国境なき記者団自体への評価はともかく、
ミャンマーについての感覚は
世界的にはこれほど低いままなのです。


=============================================================
日本29位に上昇、中国167位=報道の自由度ランク-国境なき記者団(時事通信) - goo ニュース
日本29位に上昇、中国167位=報道の自由度ランク-国境なき記者団
2008年10月22日(水)10:30
 【パリ22日時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は22日、世界173の国・地域を対象とした報告書「報道の自由度ランキング」2008年版を発表した。日本は「民主主義が根付いた国」として前年の37位から29位に順位が上がり、アジアでトップだった。

 一方、中国は「北京五輪の開催年だが、胡佳氏ら反体制活動家や記者多数が投獄されている」とされ、下から7番目の167位。

 ジャーナリスト長井健司さんが昨年9月に殺害されたミャンマーは、「弾圧が続いている」ことなどを理由に170位にランク付けされた。北朝鮮は「国民が世界から隔絶した状態に置かれている」として172位。最下位の173位は、アフリカ東部の強権国家エリトリアだった。

 自由度1位にはアイスランド、ルクセンブルク、ノルウェーの欧州3カ国が並んだ。主要国ではドイツが20位、英国23位、フランス35位、米国36位。ロシアは141位に甘んじた。 



[時事通信社]
===========================================
また数日前ですが
横浜で
新聞協会賞を受賞した各社の記念講演があったそうです。
産経新聞によりますと、
その中でフジテレビの青木良樹氏は
「映像は事件を風化させない。
長井さんの遺志に応えるためにもこの映像を武器に
真相究明を続けていく。
長井さんのご冥福(めいふく)を改めてお祈りする」と語ったそうです。

僕は、その言葉通り、ぜひ真相究明を続けていただきたいと思います。
=========================================================

なお、新聞協会への申し入れについては
当方が書面を渡してそろそろ二ヶ月近くに
なりますが
担当者の海外出張を理由に
現在まで書面での回答は届いていません。


コメント

一回りすると運動にはいろんなことがあります。

2008-10-21 03:21:25 | 署名などの報告(会の活動報告)

この会の活動は、
政治的な主張の有無はともかくとして
ある種の運動体になっていることは
間違いありません。

運動というのは、
時間的にひとまわりすると
いろんなことがおきます。

運動が
むしろ何か利害的な
私的目的があればまだともかく、
運動の目的が理念に純粋であるほど
逆に外からいろんなことがおきて
いろんなことがおきると、
運動体の身動きが取れなくなることが
多くなります。

そして実際に、
運動を担っていた人たちよりも、
担わなかった人からの方からの力が
運動に対しての
いろんなことがおきます。

向き合わなかった人ほど
適当なことを言うものです。
そして
運動が運動としての純粋な動きを
維持できなくなったとき、
運動は意味を喪失します。

直接向き合うことを避ける人に
運動の純粋性を伝えることは
不能に近いと僕は思います。
そういう人は、なかなか面倒です。
しかしそうしたことが
運動の実質的な強さを
大きくセーブする場合があります。
そうすると運動は
大変に難しい局面を迎えますが、
こうしたことを運動体がどう捉えて、
どう突破していくのかが
ある意味運動体の次のステージになると
僕は思います。

そのためには
運動体が大きく変化する必要性が
あるのだろうと僕はおもいます。

毎日考えあぐねています。
コメント

本日京都街頭署名報告と「疑惑の銃弾」三浦和義元社長自殺

2008-10-11 23:59:50 | 署名などの報告(会の活動報告)
京都の街頭署名は
新たに体勢を立て直して
本日よりスタートしました。

本日
13時過ぎから15時過ぎまでの約2時間、
四条河原町にて2名で街頭署名を行いました。
結果、82名の方々からご署名を頂きました。
ありがとうございます。

今後は学生さんを中心に
京都という地をはじめ関西地区で
どういう形で活動を始めていくのか
考えながらすすむことになります。
よろしくおねがいします。

ところで
このブログでも過去に書いたことがありますが
「ロス疑惑」の渦中の人物である、
三浦和義元社長が
共謀罪の容疑で移送された
ロサンゼルスで自殺するという衝撃的な
ニュースが飛び込んできました。
裁判の正当性を争っていたはずの
彼が、唐突に自殺することに
腑に落ちない部分が僕にはあります。
僕は、少なくとも彼には
法廷ではっきりと証言してほしかったと
思います。
そして数年前、ホリエモンが
小菅から出所するときに
サンジャポの出演者として
民家の二階から満面の笑みをうかべて
リポートしていた彼をみて
「なんなんだろう、これは?」と
不可思議な感覚にとらわれた僕にとって、
三浦元社長が、
このような結末を
迎えたということに、
かなり複雑な感情をおぼえています。

そして、これで銃撃事件自体が
どういうものなのかはっきりとしないまま
いわゆる「ロス疑惑」に
幕が引かれることになります。

「銃撃」という観点からみれば
僕らが闘い続けている長井さんの事件も
同じ未解決な枠の中にある感じがしていて、
さらに今回、「ロス疑惑」があいまいな形で
終了していくという顛末には、
事件のご遺族や関係者の思いを考えると
いたたまれない気がしています。
コメント (1)

メーリングリストに土曜日までに登録してください。

2008-10-10 03:07:50 | 署名などの報告(会の活動報告)
再三のお願いになります。


「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」の活動に
参加される方のメーリングリストを再編成します。
この土曜日10/11までに必ず下記のアドレスまで
下記の必要事項を全部書いてメールしてください。

従来、こちらからメールしていた方でも
返信のない場合は今後連絡はいたしません。

今まで参加されていて、
今後一年間は継続の意志がある方は
必ずメールでご返信下さい。

特に愛媛県内や関西地区の皆さん、
忘れずに、ご返信下さい。

なお、新規で登録されたい方は、
具体的に会で活動する可能性がある場合のみ、
メールしてください。
この会で具体的に活動するつもりのない方は
新規の登録はご遠慮ください。
情報のみなら、
ブログで確認できますので。

メールの宛先
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

記入事項は、

①都道府県
②お名前
③メールアドレス
④携帯電話

また、新規の方には
こちらから確認の電話をいたします。
コメント

新聞協会の問題ある対応について

2008-10-07 21:50:54 | その他
新聞協会から電話がきました。
「長井さんについては各社で記事にしていている」
「協会としてはどの社からも申し出がないので
対応は考えていない」という木鼻の答えです。
しかも電話だけで済まそうとしました。

こちらが文書で申し入れを
明確にすることを求められたので
文書を書いて対応しているのに、
自分たちは電話で済まそうという感じです。

あきれかえりました。

すでに僕らが申し入れていることをうけて
彼らの組織の中できちんと検討すべきですが
この答えを見る限りその痕跡さえありません。

なんなんだろう。これは。
お役所の仕事とおんなじことを
マスコミの団体が平気でする厚顔無恥。

本来、組織として、抗議声明を出すのが
当たり前のメディアの組織だと
僕は思います。
当たり前の対応はおろか、
文書をだせといっておいて、
自分たちは文書返答しない無責任ぶり。

これで日本で唯一マスコミを代表する団体と
いえるのでしょうか。

情けないです。

とりあえず最低限文書で返答せよと求めました。
社会常識と思います。
コメント

10/4土曜日巣鴨署名報告

2008-10-06 23:24:08 | 署名などの報告(会の活動報告)
四日の土曜日にも巣鴨で署名をおこないました。
ボランティアの報告です。

======================
参加者は三人です。
13:30~16:00までで、472名の方々から署名を頂きました。


長井さんの一周忌でテレビに取り上げられたからなのか、
政治や社会に対する不信感からなのか、
こんなにも大勢の方々から署名を頂く事が出来たわけですが、
署名に応じて下さった方々から、
長井さんの事件解決も含めて、
今の日本の社会が良くならないかというようなことを、
おっしゃっている方が、
沢山いらっしゃいました。

これらのことを踏まえて
署名活動をすることの意味を考えると、
事件解決に向けての行動であるとともに、
”自分達の国が良い国であって欲しい” と願う人々の
希望と言ったらおこがましいですが、
その様な人々のお役に立てているのではないかとも思い、
活動を続ける事の重要性について、考えさせられます。
============================
コメント

長井さんを思う詩がビルマの方から届きました。

2008-10-05 02:28:10 | その他
下記の詩がビルマの方から届きました。
=====================================

"長井健司さん"

心を寂しくさせている雨の中、

悲しいひびが影のように、汚れている、

涙を止まらせている事は出来ないように

誰が壊したんですか?

長井健司さん、

川のように情報の流れか

壁が無、国境も無いわよ。

貴方がいつも語っている言葉、

何かが起こっている所を、

誰も行きたくなければ、

誰かが行かなければ行けません。

で 言葉

命をかけて教えてくれましたよね。

長井健司さん、

世界家族全てが

貴方が命と一緒に教えてくれたことを、

触れている手で受け取ってくれましたよ。

独裁者を、

かばってくれた国も

見直してくれているよ、

(日本国も)


長井健司さん、

ビルマーの二度目の民主か運動道で、

忘れられる事無く、貴方を、ビルマーだけではなく

世界人々達も、尊敬し英雄と決まっているわよ。

今は。。。。静かで眠れる所を、

JOHN LENNONのIMAGINE歌に抱き込まれて、

雨の中、

別れの言葉を語って行ってくれ。。。

(長井健司さんを神様が見守ってくれるように)

2007年10月8日お葬式で書きました。

YIE YINT THAT ZEW.



翻訳者 テンテンウ(FWUBC)

コメント (1)

メーリングリスト登録を忘れずにしてください。

2008-10-05 02:19:46 | 署名などの報告(会の活動報告)
きのうのリピートです。
実効性のあるリストにしたいので
意志のある方は是非登録してください。

活動は去年並ではありませんが
「継続は力なり」を
合言葉にやっていきます。

この十月以降に
「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」の活動に
参加される方のメーリングリストを再編成します。
10/11までに
必ず下記のアドレスまで
下記の必要事項を全部書いてメールしてください。

従来、こちらからメールしていた方でも
返信のない場合は今後連絡はいたしません。

今まで参加されていて、
今後一年間は継続の意志がある方は
必ずメールでご返信下さい。


なお、新規で登録されたい方は、
具体的に会で活動する可能性がある場合のみ、
メールしてください。
この会で具体的に活動するつもりのない方は
新規の登録はご遠慮ください。
情報のみなら、
ブログで確認できますので。

メールの宛先
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

記入事項は、

①都道府県
②お名前
③メールアドレス
④携帯電話

また、新規の方には
こちらから確認の電話をいたします。

============================================

呼びかけ人の皆様へ

一年間ありがとうございました。
一応、一年という区切り。
当初目標の十万人も突破しました。

このためお名前だけを
今後もお借りするよりも
一度ここで
一区切りとさせていただくつもりです。

今後も個別にご協力のお願いをすることが
あるかもしれませんが
そのときはまたよろしくお願いします。

なお、個別に情報をご希望の方は
メーリングリストに
ご登録いただきますようお願い申し上げます。

本当に一年間ありがとうございました。
大変感謝しております。

「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」
================================================
ボランティアの皆様

今後、呼びかけ人のお名前の入ったチラシは
使用しませんので、ご留意ください。
コメント

今後も会の活動に参加されたい皆さんへ。登録のおすすめ。

2008-10-04 03:38:32 | 署名などの報告(会の活動報告)
この十月以降に
「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」の活動に
参加される方のメーリングリストを再編成します。
来週土曜日10/11までに必ず下記のアドレスまで
下記の必要事項を全部書いてメールしてください。

従来、こちらからメールしていた方でも
返信のない場合は今後連絡はいたしません。

今まで参加されていて、
今後一年間は継続の意志がある方は
必ずメールでご返信下さい。

特に愛媛県内や関西地区の皆さん、
忘れずに、ご返信下さい。

なお、新規で登録されたい方は、
具体的に会で活動する可能性がある場合のみ、
メールしてください。
この会で具体的に活動するつもりのない方は
新規の登録はご遠慮ください。
情報のみなら、
ブログで確認できますので。

メールの宛先
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

記入事項は、

①都道府県
②お名前
③メールアドレス
④携帯電話

また、新規の方には
こちらから確認の電話をいたします。
コメント

当面の会の活動について

2008-10-03 02:17:16 | 署名などの報告(会の活動報告)
さて、いよいよ二年目の活動です。
去年の10/2からのスタートです。
よろしくお願いします。

当面、会では東京と関西地区で月一回の街頭署名を
継続いたします。

トークインイベントや上映会は
受け皿としての
主催者が申し出ていただく場合のみ
検討いたしますが、
年内は当会のみで独自に自発的に主催する形での
開催は予定しておりません。
ただし都合で変更することはありえます。

当初、ビデオインイベントを
都内でも引き続き開催する予定でしたが
お金やマンパワーの問題もあり、
当面開催余力がありません。

これもできるようになりましたら
変更いたします。

会のブログの更新は
これまで、
僕が毎日行っていました。
今後も僕が更新しますが
東京にいない場合や国内にいない場合、
会以外の仕事におわれた場合などは
更新しない時もあります。
連日更新できる時もありますし、
数日ないし一週間以上、更新できないこともあります。
ご了解ください。

もちろんな長井さん事件の進展をはじめ、
会の活動の状況について
何かあった場合はもちろん更新いたします。

従来のアドレスはそのままあるのですが
今後は極力、
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp
メールいただきますようお願いいたします。

http://hal.sakura.ne.jp/shomei.pdf

長井健司さん殺害の抗議署名の用紙の
PDFファイル。
ダウンロードして
手書きで署名する方のためにお使いください。

送付先は下記まで郵便かFAXで。
「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」
 〒1060032
港区六本木7-8-25永谷リュード六本木306  
FAX 03-3306-5181



ネット上で署名可能な方は下記署名フォームでお願いします。
署名フォーム(クリック→)https://hal.sakura.ne.jp/syomeis/sign
携帯電話はこちら(クリック→) http://hal.sakura.ne.jp/sign.html
署名フォームはhttps使用のため、セキュリティアラームがでますが
安全上の問題は何もありませんので、先に進んで署名してください。


肩書きは具体的な所属先でも、
「会社員」などの一般的なことばでもかまいません。
もちろんネット環境になんらかの問題がある場合は
メールやファックス、郵便物などで署名を頂いても結構です。
なお、会には電話も一応ありますが、
電話番をお願いしているだけの状態ですので
何かご連絡のある方は(メディアなども)
できるかぎりまずメールでご連絡をお願いいたします。

「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/(ブログ) 
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp(メール)
 〒1060032
港区六本木7-8-25永谷リュード六本木306  
TEL 03-3746-0065
(平日13時から21時で対応)
FAX 03-3306-5181



     



コメント

☆重要☆メールアドレスの変更

2008-10-02 01:41:59 | 「長井さん殺害に抗議する会」連絡先と用紙
従来のアドレスはそのままあるのですが
今後は極力、
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp
メールいただきますようお願いいたします。
コメント

9/28の街頭署名報告東京

2008-10-01 23:55:55 | 署名などの報告(会の活動報告)
おそくなりました。
日曜日の東京街頭署名報告です。
4名で行いました。
========================
●場所   巣鴨地蔵通りの手前
●日時   13:00~15:00 
●参加人数 4名
●署名数  416名

このところ長井さんの御命日である
9月27日周辺にテレビや新聞で
長井さん関連のニュースが扱われていましたから、
署名して下さる多くの方から、

『最近テレビで見ましたよ。
まだビデオカメラが戻って来てないんですねえ。』

『ニュースZEROの特集、見ましたよ。』

『新聞に載ってましたね。
遺品が戻るまで、大変でしょうが、頑張って下さいね。』

と言うようなお声掛けを沢山頂きました。本当に嬉しかったです。

改めて、メディアの力は大きいと感じました。

署名活動する中で最近感じるんですが、以前は署名をお願いしても、

『こんな事していても無駄だよ。
今の政府がビデオカメラを取り戻せる訳が無いですよ。』
というような事をおっしゃる方には、まず、署名はして頂けませんでした。

しかし、最近はこの台詞の後に

『無駄だとは思うけど、でも、署名しましょうか?頑張って下さいね。』

と続き、署名して下さる方が増えてきたように感じます。

この方々はもちろん長井さんの遺品を取り戻すために
お名前を記入して下さっているのですが、
何か私には、それだけではなく、
今までは無関心だったり、諦めてた人ですら、
この世の中なんとかならないか。何か変えたい。
という思いの人が増えて来ているような気がするのです。

長井さんが殺害されて1年が過ぎましたが、遺品は戻りません。
世界中から頂いた、12万人の署名を
無駄にしないためにも抗議を続けなければいけないと
改めて思える署名活動でした。
=========================
東京などの関東地区は
引き続き街頭署名をおこないます。

また関西地区は
これまで副代表をされて
署名のとりまとめをされていた方が
体力的な理由で退かれました。
その下で実務を取り仕切っていた
学生さんを中心に
10月5日、京都河原町で一周忌後初の街頭署名を行います。
新たなスタートをきることになります。
関西であらたに協力していただける皆さんは
是非会までご連絡をよろしくお願いいたします。
コメント