私のなべ四器(規矩準縄)

今、自分の周りで起きていること。ご近所のトマソンもそんなに、気にしてない。深めにかぶった帽子で、年内不定休営業中。

偶然又は必然

2019-01-12 19:01:24 | ひとり独り言
愚息のアパートに郵便物を取りに行くのは毎月の事なんだがどうして請求書を出す側の人間は好き勝手な締日を設けてくれているので難儀する。

郵送されて来た数枚の請求書を見るととっくに支払期日が過ぎていて焦る。先月取りに来た時にはまだ届いていなかったし、請求書が手元に届いて2週間程度で支払期日が有るなんてちょっと厳しいと思ったりする。
と言った所で何がどうなるって事も無いので銀行に出ける。

詐欺防止のため現金の振り込みが制限されていてカードを使わなければならない。幸い前回も経験しているのでその辺りの操作は大丈夫。

無事に送金が出来たので、珈琲豆を買いに桜橋の方に向けて自転車のペダルを踏み込む。
行く手の信号が赤なので右折して青信号を進む。などと行きたい方向に導かれるように進んでいたら、知り合いに出会った。

これから珈琲豆を買いに行く事を告げると、じゃあ一緒に行こうって事に成った。でも、何処に行くつもりだったのか尋ねると野菜を買いに行くと言う。
じゃあその間、昼ご飯を食べてるよと言ったら一緒に食べようと誘われ、それも良いかもと思い直す。結局、野菜の買い物に付き合う事にして駅前銀座まで付いて行った。自転車だからフットワークが良い。

駅前銀座は土曜日だと言うのに人通りは全くなく、一度も入った事の無い洋品店の建物が無く成って居て通りが一層寂しく成って居た。

この先の八百屋は歩道に段ボール箱で野菜を並べている。人気店の様でちょっとした人が集まって居る。
少し前までは四分の一の白菜が200円だったのが、立派な白菜1玉が100円だった。
これは買いだと思ったけれど先週やっと白菜を食べ終わったばかりだったので今回は遠慮して、立派な大根(1本100円)と人参を購入した。

これで豚汁とおでんは必至だね。

お会計をしている時にあと蒟蒻が有れば完璧だと言ったら「有るよ」と言われ手作り蒟蒻も購入。益々おでんが楽しみに成って来た。




旧東海道を走って居ると今月で閉店すると言う肉屋の前を通る。カレーパンが常時購入出来る様に成り特別感が無くなってから買わなくなったのは人間心理でしょうか。

荒物屋の前を通った時に棕櫚の箒を思い付きこんな時自転車は小回りが利く。
さて、棕櫚の箒を探すのだが、もう少し小さい物は無いか尋ねると「荒神箒ね。ちょっと前まで有ったんだけど暮れに全部売れてしまった。今職人が居ないので中々入って来ないんです」と言う。

小学校の掃除で使った様な手頃な棕櫚の箒を千円で購入した。ちょっとした手入れの仕方を聞いて意気揚々と珈琲豆屋に向かった。

写真:根津美術館で見た 国宝「志野茶碗 銘卯花墻(めいうのはなかき)」を真似て作った抹茶椀。
良い出来だと思って意気揚々と写真に撮ってみた。
陶芸教室では好評だったので本物の写真と比べてみたら、全然違っていて笑うしかなかった。
コメント

仕事ハジメ

2019-01-09 08:23:00 | ひとり独り言
個人事業主なので税務署に法定調書を提出に行くと駐車場は見事に満車。然も数台待っている。
多分、事務所の中も混んでいるだろうから出直す事にした。

午後気温が上がって来た事も有り自転車で出掛ける。最初からそうすれば良かった。

税務署に付くと駐車場は思った通り空いており、私の人生なんてそんなもんさと自分の口で呟く。

法定調書の記入欄に個人番号記入欄があり、記入してみると最後に一マス余った。
あれ?と思いながら番号を確認しつつ調書を見ると小さな文字で「個人番号は此処から書いてくださ」いなどと小さな文字で二マス目から書く様に矢印が有った。

こりゃあ気が付きませんね!

しかし、これはどうした物か。書き直すのか修正すれば良いのか受付で聞いて見る事にして、その旨話すと
「番号が正しければそのままで結構です」と言う。

何だ。気に病んで損した。(笑)

自転車なので、景色がゆっくり見えて良い。
ふと清水小学校の正門前を通ると(暫く通っていない)何か趣が違う。

地震でブロック塀が倒れて女児が亡くなった事故以来黄色のテープが張ってあり、どうするのかと思った居たらブロック塀(大谷石)は花壇と同じ高さまで切り取られネットフェンスに替わって居た。

門柱の補修もなんだか痛々しい。



危険と思われるブロックが新しく大谷石でモルタル止めされているのだが、復元とは違い同じ大きさの大谷石を嵌めているに過ぎない。既存の大谷石は表面をビシャン仕上に成っており綺麗に整っているのに新しい石にはそれが無いし、目地も雑だ。

職人の技術の低下でしょうか。それとも、予算の関係でしょうか。



駐車場が気に成らないのでいつも混み合っている人気スーパーに行って見ると鯖缶が何もない。
もしかすると日本中から鯖缶が無く成って居るかも知れない。

鯖の味噌煮は自分で作るしかない様だ。
コメント

日本平の回廊

2018-12-29 15:44:58 | お出掛け日記
今年、遣り残した事は有りませんか?と自問自答してみる。
強いて挙げれば日本平の回廊から富士山を見て居ない事かな?変な名前が回廊に付けられてゲンナリしている。

でも、ここ数日の冷え込みと雨天で山頂付近に積雪が有り、皆が良く知って居る富士山に成って居た。
冬が来ていたんですね。
日本平に行って見るか。これだけ冷え込んで居れば観光客も少ないだろう。



山頂碑に向かう階段が右側が上り、左側が下りの矢印が書かれており鉄道とは反対の様で違和感が有る。
右側通行の強要だろうか。

日本の中でも右側通行か左側通行まちまちで日本の中でも統一感が無いのは可笑しいですね。



山頂碑も綺麗に整備されて歩き易い。まあ依然とほとんど変わらないけどね。
でも山頂碑は少し移動している事を知って居る。

中国人も富士山は人気です。



回廊に隣接している建物では珈琲が飲めるはずなんですが年末の営業はしていない様だった。

入口には31日に清水港で行われるカウントダウン花火(カウントダウン花火なのに21時から数分打ち上げる)の時刻に店を開けるような事が書いて有り、此処で珈琲を飲みながら眼下の花火を見るのって意外と楽しいのかも知れないと思う。

回廊は混雑緩和のため左回り(反時計回り)を強要する張り紙が貼ってある。でも風でたなびき読むには少し困難だけど、そもそも混んではいないので貼紙さえ無用で笑える。



桜の花が咲けば桜の花越しに富士山が見える様に成るので春が楽しみです。



いつもの場所でいつもの富士山を見る。
又見る事が出来て幸せだと思う。
毎年同じ事が出来るのは人にとって大事だと思う。

あ!今年遣り残した事がまだあった。洗車しなきゃ。(-_-;)

コメント (2)

おじさん

2018-12-28 08:36:49 | ひとり独り言
年賀状ソフトを使って宛名を印刷し、正しくプリント出来たか今年頂いた年賀状の住所と照らし合わせていた。
町名や郵便番号が変更されて居たりするから、大事な作業でもある。
もう14年も使っているソフトなので色々な事が現在と一致しないけれど、買い替える積りも無い。


いつも連名で出していた従姉の宛名が従姉一人の名前に成っており、今年法事の案内を出した時の儘に成って居た事にプリントしてから気が付くとは何をしてるのやら。
既に従姉の旦那は認知症で然も心臓病を患っており、親戚中から心配されていた事も有り、如何しようかと思ったけれど書き直さずそのまま投函した。



朝から母の電話(固定電話を小生の固定電話と別にある)が鳴る。この時間に掛かってくる電話は良い事が無い。
母曰く「従姉のご主人が亡くなった」と言う。(宛名に書かなかった人だ)
既に近親者だけで葬儀を終わらせたらしい。

年末の交通渋滞が始まる前なので、今ならお悔やみに行けるけれどどうするか母にお伺いを立てる。
結局すぐに行く事に成り、宿泊の準備をし乍ら、仕事を中断した。

高速道路は其れなりに混んでは居たが4時間ほどで到着。
その時の様子を聞き、お悔やみを申し上げる。


小生の事を「ちゃん」付けで呼んでくれる人がまた一人亡くなってしまった。83歳。冥福を祈ります。


従姉の娘親子に会った。22年ぶりに成る。前回は小生の父の葬儀の時で葬儀でしか顔を合わせる事は無いらしい。
小生より10歳年下なので娘と言っても、既に良いお母さんに成って居た。彼女の末娘が今年度高校受験で将来の大学も見据えて志望校を決める様に進路指導が有ったらしいけど、中学三年生に将来のビジョンはまだ見えないらしい。
親子で悩んでいる様子を見ると数年前の自分と重なる処が有り遠い目をした自分が居た。


気を張り詰めている従姉を見ていると痛々しい。
今はまだ色々な人が来てくれるけれど、一人に成ると辛くなる。
元気づけようと来年春、一緒に山形に帰省する事を約束した。
少しは楽しみに成ってくれればいいのですが…。

帰る頃になって、自分の畑で作った落花生を持たせてくれた。白菜はいるか。米は有るかと農家でもないのに、どうしても色々渡したいと言う。
落花生は自分で煎って食べてねと言われら、この豆はまだ生きているのだと思うのでした。
そう思うと何だか申し訳無い様な気がしたけれど全部煎って美味しく頂きました。
コメント

昨日の事

2018-12-26 09:08:58 | ひとり独り言
部屋に戻って見ると洗濯物が散らかって居た。
たたみもしないで投げ出しているなんて自分らしくない。

(・・?

そうだった。洗濯物をハンガーから外し隣の部屋にハンガーを片づけに行った時に床に有った鉢植のトレイを踏み土が部屋中に散らかって仕舞ったのだった。仕方がないから掃除機を出して掃除をしたのだけど、意外にゴミが貯まって居たのでゴミ袋に処分したら、掃除機のフィルターがポロっと落ちこれもまたゴミが詰まって居たので掃除する事にした。

フィルターを洗面所で洗っている時に今日の薬を飲んでいない事に気が付き忘れない内にも飲んでおこうと思って台所に行くと昨日洗った食器がそのままに成っており食器棚に片付けて薬を飲み洗面所に戻りフィルターを洗い終わる。

そして部屋の戻って見ると洗濯物が散らかって居る。永久ループに入った様だ。


誰にも「誕生日おめでとう」と言われない日が過ぎようとしていたら、生命保険のおばちゃんが爆音を響かせながら今は珍しい「クレスタ」でやって来た。彼女の誕生プレゼントが来年のカレンダーだった事は言うまでも無い。

この日最初で最後の「誕生日おめでとう」を彼女に言われ、嬉しい様な悲しい様な複雑な気分でワインを飲んだ。
愚息のインスタ、ベルギー旅行記を読むのを唯一の楽しみにしている。
コメント