JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

第十二回JAZZピアニスト100人選定評議会 定期理事会

2018-08-15 17:11:28 | 現役ピアニスト名鑑
今年は準備もしていたので無事に開催することができましたが、12回目最初のころよりも夏休みの暑さがずいぶん変わった様な気がします。理事たちもそれだけ歳をとってきているので、抜ける人が出るかもしれないけれど、補充は今のところない予定です。
現役ピアニストの特別席にいらっしゃる3名の方。ルイス・ヴァン・ダイクさん76才、マッコイ・タイナーさん79才、アーマッド・ジャマルさん88才もお元気なようで何よりです。

早速決議されました事項をご報告いたします。

今年は2名の方が新たに100人に選出され、そのため2名の方にお引きいただきました。

決議事項1

昨年持ち越しになっていたGlauco Venierさんですが、新作をみてとしておりましたが、残念ながら新作は今年ありませんでした。しかしながら全員一致で本年は入っていただくことといたしました。この一枚としては、「Intermezzo」2016年7月1日の記事「疑いの余地のない」が選択されました。



決議事項2

もう一名、新たに選出されたのはNitai Hershkovitsさん、30才で100人のうち一番の若手となりました。アルバムは新作「New Place Always」2018年6月27日「ソロを残す」でのご紹介です。



なお2名の新参加にともない、2名の退会される方を選ばざる得ない。まいとしのことであるが、本年もこの時だけは静まり返る時であった。
2名の方を発表すると、Dave PeckさんとChristian Jacobさんとなった。Peckさんは2009年の「Good Road」、Jacobさんは2008年の「Live in JAPAN」以来あまり活動が、特にアルバムでの活動が伝わらず今回の決定となった。

また100人の方の「この人この一枚」で3枚のアルバムが変更になった。

Bill Charlapさんは「some Where」から「uptown downtwn」



Geoge Colliganさんは「Come Together」から「MORE POWERFUL」



Piotr Wylezolさんは「Children's Episode」から「for you」となった。









コメント

第十一回JAZZピアニスト100人選定評議会 定期理事会

2017-08-25 16:55:56 | 現役ピアニスト名鑑
現役JAZZピアニスト100人を選ぶ定期理事会を毎年8月のお休みに開催していました。本年は夏休みを初めと、中ほど、終わりと3回もしていたので、事務局が空っぽ、これはまずいと急遽半日の短期開催となりました。

昨年の会で話題になったGlauco Venierであるが、以後実力も検証されて充分の入会と判断されてたが、次作にてと言うことでその次作時と言うこととなった。

決議事項1 本年度新たな入会としてRoberte Olzer氏が満場一致で選出された。この一枚の選出では本年度でた「FLOATIN'IN」を選ぶべきという意見もあったが、一番彼らしい「DREAMSVILLE」の方が多数意見で決定された。



決議事項2 1名の追加入会が決定されたため1名の脱会を選ばざる得なかった。
      とても素晴らしいピアノでデヴューを2009年にはかったPieter de Graaf氏ではあったが、事務局とも以後音信が付いていないため、お引きいただくこととした。なお活躍をご存じの方があればご一報いただきたい。十分に再入会の力はあると思われます。

以上2項が本年度の決定事項です。

尚事務局の怠慢により活躍の確認を見落としていた方がいた。少し間が開いてしまったことと、まだまだご活躍することが解りきっているので次作でお会いするこで辛抱することとした。一回りすると新しいアルバムが幾つか発見されてそちらに会の資金を投入せざる得ない。

記載を持ってご紹介と代えさせていただく。

Mathias Landaeus 「From The Poano」 ソロピアノ、独創的な彼らしいチャレンジだけどまだ続くと思われる。
Martin Bejrano 「MIAMI TRIO」 2007年の衝撃的なデヴューからの3作目、こちらも凄い演奏だけどとてもお高くて資金なんでみおくった。
Peter Rosendal 「Love For Snail」 こちらもデヴュー依頼のお付き合いであるが、見落としました。前作から一寸カラ―もかえているのでこちらは気になる、事務局の独自判断でこれは入手して確認と言うこととなった。
これらが2016年にリリースされていたものです。

尚今回2017年にリリースされたもので、前作入手をにえらっている方の作品が2作あったので、こちらは即注文いたしました。

Michele Di Toro 「Compromesso 2」
Michel Bisceglia 「Nosferatu」

なんとか8月中に会を開催することが出来て一安心であった。もう少し普段から準備していないと見落とすアルバムが多くなるぞとのご意見が身に染みました。
コメント

第十回JAZZピアニスト100人選定評議会 定期理事会

2016-08-15 17:38:52 | 現役ピアニスト名鑑
JAZZピアノスト100人選定評議会が8月14日に開催された。
おりしもリオでオリンピックが開催中であるが、評議委員には時間を割いていただいた。
事務局の方もその後いろいろなイベントがあって報告の方若干まがいあてしまった。

まず100人のジャズ・ピアニストが無事1年を過ごせたことが確認された。
したがって100名の方に欠員は起きないため、新たな人の参加および退会者が必要か話し合われた。

ま座議論になったのが最近ECMからアルバムを出した、グラウコ。ヴェニエル氏(Glauco Venier)の処遇についてであるが、意見が大きく分かれた。買いに参加いただくには新たに退いていただく方を選ばなければいけないことが問題となった。
結果氏の次回さくひんにおいて再検討とすることとなった。

決議事項1 新たにSakata Naoko(坂田 尚子)氏に100名に加わってもらうこととした。 日本人としてまれに見るメロディセンスと今後の可能性が高く評価された結果である。 作品は「Dreaming Tree」で20160730「夏休みの課題」で紹介した。

決議事項2 したがって1名の方にお引きいただくこととなるが、CDアルバムはリリースしないが、ネット上で活躍している方などで選定に難航した。
しかし今後の期待ということで坂田氏を決定したために苦渋の選択となった。
大会いただくのはOlivier Antunesしで最近の活動があまり伝えられていないことが根拠とされた。

以上10年続いたこの活動を継続させるか、委員の方の年齢も考慮し今後検討を続けることとした。
コメント

ジャズ・ピアニスト100人選定理事会事務局からのお知らせ

2015-08-26 23:18:45 | 現役ピアニスト名鑑
第9回Jazzピアニスト100人選定定期理事会が無事終了して、事務局もそのまま夏休みに入っていました。

皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
理事会の決議にしたがって現役ピアニスト名鑑の内容改定が終了したことをお知らせいたします。

なお、議事録、決議事項として掲載されていませんでしたが下記の決議がなされていました。
名鑑の内容には織り込み済みです。ご承知くださりますようお願い申し上げます。

2015年度 Jean Michel Pilc氏のこの一枚が変更になりました。

Jean-Michel Pilc ジャン・ミッシェル・ピルク パリ フランス 1960生まれ  52歳
この一枚 Composing  記事掲載日 20150729  題名 インプロの知性

以上 よろしくご査収お願いします。


コメント (2)

第9回Jazzピアニスト100人選定評議会  定期理事会

2015-08-11 22:44:23 | 現役ピアニスト名鑑
毎年夏休みの期間に現役JAZZピアニストの主だった人を選ぼうと会合を持っています。
本年度予備的に審議を行ってきて、3名の新たなピアニストをグループに加えたいという意見が大勢ですが、
そうなると3名の人に弾いていただければならないわけで、結構この会しんどいのです。

3人の新たな候補が選ばれていて席をどうするかが今回の理事会の争点でした。
そん中で思わぬ訃報が飛び込みました。100人の一人ジョン・テーラーがなくなりました。現役ピアニストですからその席は空くわけで実はそこに一番困っていたピアニストが入ることになりました。

評議会として心よりJ・テーラーさんのご冥福を祈ります。

ということで決議報告順序は逆になるかもしれませんがそちらから報告です。

決議1号 新たにJohn Escreetさんに参加いただく。

(イギリスのJAZZピアニストとしてその存在感を増していたJ・テーラーの亡き後の席として最適という、まさにテーラーが席を譲ったような感じになった。若いエスクリート氏に後継者としての活躍を期待したい。)

決議2号 新たにSean Foran氏に100名に参加いただく。

決議3号 新たにMichel Reis氏に参加いただく。

決議4号 これに伴いAkiko Toyama氏とDan Cray氏には退会いただくこととなった。

意義も仕立てな1か月以内に事務局まで申し出てください。

苦渋の選択ではあるが、より校正は判断、世界的な評価判断が重視され理事長の好みを抑えた形となりました。

決議5号 ピアニストこの一枚を書きに変更します。

      Edoard Bineau 「BLUEZZ

以上理事会終了いたしました。事務局がこの理事会もって夏休みに入り入りますので現代ピアニスト名鑑の改定は夏休み後になります。

当理事会では、現代ジャズ・ピアニストで重要な存在と思われる方の情報を集めております。
事務局までいただけると幸いです。


事務局談
ということで結構今年も悩む選定が行われました。新しく選ばれる人と、死出に選ばれている人との構成判断は大変難しい判断で、批判を待つところ賀茂しれませんが、より公正な判断ということで今回は運営されたと思います。
コメント (2)

第8回JAZZピアニスト100人選定評議会  定期理事会

2014-08-14 07:02:26 | 現役ピアニスト名鑑
毎年夏休みになると、現代JAZZピアニスト100人選定評議会の理事会が開かれる。
今年は8月15日16日が事務局が所要で都合がつかず13日に開催された。

ここで2014年度の決議内容とご報告いたします。

決議1号  規約改定

     規約第4条にて現役JAZZピアニスト100名の権利及び除名について下記を改定する。

    5年以上、新たなアルバムを上梓しないピアニストは、理事会がこれを除名することが出きる。を10年以上とする。理由現在のジャズアルバムの市場状況で5年内に新しいアルバムをリリースすることが若い人ではかなり困難と思われるため。

決議2号  名誉顧問席に今まで登録がなかったが、Ahmad Jamalさんについてもらうことする。

決議3号  新しく100名にThierry Mailardさんに参加いただく。

決議4号  これにともないAndrea Pozzaさんには退会をしていただく。

決議5号  ピアニストのこの一枚を下記に変更する。
      Chick Coria 「TRILOGY
      Michel Bisceglia 「SIGULARIRY
      Shai Maestro 「THE ROAD TO ITHACA
      Tim Allhoff 「HASSLIEBE

以上をもって理事会は無事終了いたしました。
掲載アルバム等の修正は終了したつもりですが、間違いを発見した場合は事務局までご連絡ください。

なお事務局は明日より夏休みとなります。
     
コメント (2)

お知らせとお詫び

2013-08-24 16:02:06 | 現役ピアニスト名鑑
  お知らせとお詫び

 現役JAZZピアニスト100名選定選定評議会 事務局monakaです。
 8月15日16日今年度の定期理事会が開催され決議内容についてお知らせしたとおり
ですが、現役JAZZピアニスト名鑑のメンテナンスが終了したことをお知らせします。
 
 また詫びすべきことが発覚いたしました。
 上梓されている現役JAZZピアニスト名鑑のピアニストの年齢が自動で更新されるように
なっていない為、記事の書かれた年のものとなっています。
 誤解を避けるため今後の記載においては生年の表示だけといたします。
 謹んでお詫び申し上げます。

(全部直せばいいだろうって、・・こっちはボランティアなんだ。)

いや失礼いたしました。 
コメント

JAZZピアニスト100人選定評議会 第7回定期理事会 座談会報告 ”呼び捨てごめん”

2013-08-19 20:54:22 | 現役ピアニスト名鑑
理事会の後の懇親会でテーマをきめて話をしようという提案があった。
理事のひとりがblogなどでミュージシャンの名前を書くときに敬称をつけるか省くかで時に悩む時があるということから始まった。
たとえばキース・ジャレットはキースさんとかジャレットさんと書かないでキースと書くことが多いが、たとえばバイヴの赤松敏弘氏を赤松とか敏弘とはとても書くことができない。

そんなところから、名前を呼び捨てでも判断のつく人選びをすることとなった。

まずはバッパーということで、ガレスピー、モンクは、パウエルは文句なし、パーカーはバードのほうがいいとなった。
ガーランドあたりが悩みどころで、クラーク、ステットはちゃんとソニーをつけること、バレルもケニーをつけるべきだという何だかスタンダード評議会になってきた。

スイングではグッドマン、アームストロング、エリントン、ベイシーが当確、レスターがちょっと辛いか、ハンプトンといってもホースを思い浮かべてし合う人がいるだろうからこれはライオネルをつけなければいけない。

ここら辺から白熱してきてクールへ、トリスターノとコニッツ、ゲッツは問題ないけれど、マリガン、マーシュはちょっと心配、エバンスといえばビルだろうけれどギルはどうするんだというきつい反発がありビル・エバンスとちゃんと書くことにということとなった。

ブルーベック、デスモンド、ペッパー、ブレーキー、ロリンズ、フラナガンは問題なし、モーガン、ブラウンは無理なようだ。

アイラー、ドルフィーは当然アリスやラヴィはいるけれどコルトレーンもこのままでいいでしょうということとなった。

ここまでは勝手なことを言い合っていたが、ピアニストについて、名前だけでいい人選びでがどこまでよいのかという論議は激論状態になり理事長が散会を宣言するまでとなった。

ここでは並べていった名前を記してどこまでいいかの線引きは読者の判断に任せたい。ご意見を事務局までお寄せいただくとありがたい。

ジャレット、コリア、メルドー、パスクァ、ピエラヌンツェ、ミラバッシ、タイナー、ボラーニ、ハーシュ、バロン、カルデラッツオ、グラスパー、ガラティ、ファラオ、ダール、ドミンゲス、レニーニ、チャーラップ、テラソン、キーザー、コリガン、ボッサ、リエン、ピルク、ヒトミ、ラングレン、マヌッツア、コモ、ニーヴ、ランディウス、ビゼリア、シムコック、トロ、ノック、ビーツ、ケイン、キューン、パークス、オラー、アルホフ
レベシェフ、etc,etc.
コメント

現役JAZZピアニスト100人選定評議会 第7回定期理事会

2013-08-16 21:17:23 | 現役ピアニスト名鑑
夏休みに入っているけれど、毎年この時期には、現役JAZZピアニストを選ぶ評議会の定期理事会が行われる。
今年も8月の15日16日の二日間に開催された。
今年度は昨年11月に亡くなったオースティン・ペラルタの席が空席になり1名補充になるが、大きく入れ替えを求める声と、現役状態のピアニストを外すことへの反発する声が半々で理事会も珍しく紛糾となった。



理事のみなさま(ウソ)

ここで100人に選定について報告いたします。

まずペラルタの席を除いた99席ですが、昨年度の席からそれ以外に4席の方にお引きいただいた。

まず除籍報告と理由

①オースチン・ペラルタ    死亡
②アラン・ブローベント    最近の活動から後進に席を譲っていただきたい。名誉会員席には届かなかった。
③エスペン・エリクセン    その後の活動で当初の感動を維持していない。
④吉田 佳一         独自のアルバムが最近ないのでとても残念ながらということとなった。
⑤ビル・メイズ        こちらな現役活動をしていることも認識できているが、後続に席を譲っていただきたくあえて。

という理由で現役ピアニスト100人から上記の方が外れることとなった。
(異議に関しては事務局まで、50日以内に書面で連絡をお願いします。ただしピアニスト本人に限ります。)

ここで5席が空いたわけですが、この選定にはもっと物議があったことをご報告します。

新しく選ばれた人たち

① Stefano Battaglia 「Song ways」 2013 2 9 「鎮静の極み」  選ばれるのに遅きがあったと会が反省した。
② Shai Maestro 「Shai Maestro」  2013 3 23 「去年あっていたら」 その後のアルバムを含めて
③ Elder Dsangirov「BREAKTHROUGE」 2013 3 19 「20勝投手」  若手がついにランクに達した
④ Gerald Clayton 「LIFE FORUM」  2013 5 19 「前途」 この人のセンスはすごい
⑤ Florian Weber 「MIVSARAHA」   2013 2 15 「この人も」   この人がぶつぎの線で入りました。

この一枚を変更した方が良いものがありました。

① TINGVALL TRIO IN CONCERT  2013 4 18 「全豹

ここからは内容報告になります。

残念ながら100人に選出されなかった方々ですが、実に実績を出していただきたい思う方々です。

第一にこの方の扱いが一番物議を設けたのですが結果枠外で楽しませていただくことになりました。
Bob Stenson 「INDICUM」 このアルバムは合意に至るのに時間を要した。全員が選出されなかったことを残念に思っているということが残ったミュージシャンです。

Matthew BouneとTherry Maillardについては選びたいという意見も出ましたが、それにより選を外れるピアニストの人選をかんがみて理事長の選択で今後に先送りとなった。

結果に対しては、本年度の結論として理事全員の承認で終了したことを報告します。

また今回は事務局の提案により、会議後の懇談の話題を皆様にもお知らせしたらということになりました。
会議後の軽い勝手な話ですが(もちろんアルコール入り)会の一部として後日報告致します。

事務局記

実は現役ピアニス名鑑100人のメンテが追いつきません。
8月中に当委員会の決定を反映させてたいと思います。
この事務のため夏休みがなくたってしまうようで、報酬面で善処を希望します。

                                monaka


コメント

ご案内 現役JAZZピアニスト100人選定評議会 定期理事会

2012-08-20 21:26:16 | 現役ピアニスト名鑑
拝啓
向秋のみぎり、皆様はご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、旧盆のお休みの最中に、現役JAZZピアニスト選定評議会の定期理事会が開催されました。
 下記事項が決定されましたので、ここにご報告いたします。
 残暑厳しいなか、皆様におかれましてもくれぐれもご自愛ください。
 
                                          敬具
              
                   記 

事項1 7名の理事及び会頭の再任が承認されました。

事項2 第4条に基づき評議員より推薦のあった3名のピアニストを現役JAZZピアニスト100名に追加承認    とする。
新規登録  1 バティスト・トロティニョン
      2 ダド・モロニ
      3 マナブ・オオイシ

事項3 上記決定に伴い2名のピアニストの除籍及び1名のピアニストの特別措置を決定した。
      1 ウォルター・ランプ 除籍
      2 ヴォイチェク・ニェジェラ 除籍
      3 マッコイ・タイナー  特別顧問席へ移籍

上記内容については事務局より議事報告致します。
                                         以上

議事内容

1項 評議員の決議内容を確認し承認を満場一致で決定した。

2項 新規選出については慶事にあたることで、とくに問題なく決定した。

①パティスタ・トロティニョンに関しては、以前より選ばれていないこと にかなりの異議がでていたが、今回のサイドとしての素晴らしさを加味 し満場で選出された。
Baptiste Trotgnon バティスト・トロティニョン フランス 38才 
②ダド・モロニ 最近の円熟味と落ち着きある演奏が評価されこれも満場で選出された。
Dado Moroni ダト・モロニ イタリア 50才
③ 大石学氏に関し、意見が分かれるところであったが、会頭の強い推挙により選出された。
Manabu Ohishi 学 大石 横浜 49才

3項 除籍に関して、特に慎重であるべきだという意見が多いが、100名という枠決めの意義を守ることが、要件という確認が行われた。又異議申し立て受理も含め、厳正なる対応をとる事を確認した。

①  ウオルター・ランプ氏に関しては次のアルバムを是非聴きたいと全員一致しているが、
 2007年のアルバム「wazone」以降、新しいリリースが見当たらず、活動も確認出来なかった。おそらくシドニー地区で活動していると推測されるので、新たな連絡を期待したい。

② ヴォイチェク・ニジェエラ氏は2005年リリースのアルバム「Domingo’sTines」以降のアルバムが見受けられない。残念ながらひとまず除籍となった。

③ マッコイ・タイナー氏に関し、一部の理事より強く、以前現役であると、もっともな主張があったが、後陣のためということで、77才のこちらも現役である、ドン・フリードマン氏の在籍する特別顧問席に移籍いただくことで了解を得た。

定期理事会のたびに、世代の交代を粛々と受け止めることなる。
1年後の理事会まで、つつがなく事務局を勤めたいとおもいます。
事務局 monaka

なお現役JAZZピアニスト100名の各ページを改訂しました。

コメント (2)