笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出会い、結ばれ、別れる

2011年05月01日 | 2011年 映画 レビュー
25日のことですが、映画「ブルー・バレンタイン」を鑑賞しました。

あるカップルの出会いから結婚の日々
そして別れるまでの 1日を描いてます

ストーリーとしては 本当にそれだけ
じっくりと見せていきます

壊れかけた現在を見せながら
出会い 幸せな時を交互に見せていきます

なかなか 巧い構成で見せますね

愛は永遠ではないのか・・・
愛していながらも 求めている愛が違うせつなさ

そして、何といっても主演の2人の熱演
ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ

巧いですね
年月がたっての変貌が見事です

終盤の2人 言い合いのシーンの迫力もすごい

パンフレット:700円
      もう少し内容があればなぁと
      悪くはないが・・・

私的評価:3+
    もっと恋愛経験があれば また違うのかも
    言われてるほど 響かなかったなぁ

やはり 2人の演技が見ごたえが
そして エンドロールの映像美が好きでした


それでは、また



コメント (6)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 医療行政の実態 | トップ | 手紙から見える真実 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
演技に拍手 (クマネズミ)
2011-05-14 21:30:05
リバーさん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズの「年月がたっての変貌が見事」だと思いました。
また特に、ライアンがウクレレで歌う場面は、彼の声の良さもあって、あんなことをされたらミシェルでなくとも女性なら誰だって参ってしまうだろうな、と感心してしまいました。
クマネズミさんへ (リバー)
2011-05-14 23:46:47
コメント ありがとうございます。

たしかに ライアンは歌が上手かったですよね
若い頃は格好よかったなぁ
トラコメありがとうございました (にゃむばなな)
2012-02-15 10:34:05
この映画は未婚の時に見るのと、既婚の時に見るのとではまた感じ方が違ってくるのかも知れませんね。
そういう意味では独身の私は結婚したら、もう一度見てみようと思いましたよ。
にゃむばなな さんへ (リバー)
2012-02-15 17:43:07
コメント ありがとうございます。

たしかに 変わってくるでしょうね
映画はその時の自分の状況や気分で大きく違う気がしますね
こんばんは☆ (tomoco)
2012-03-17 20:45:41
リバーさん、TB&コメントありがとうございます♪

ラストからエンドロールの映像、きれいでしたね~
壊れそうな今と幸せだった過去を交差してみせる構成、
よかったですね。
大好きな映画になりました。
tomocoさんへ (リバー)
2012-03-17 22:36:46
コメント ありがとうございます。

構成の巧さがありますよね
ただ ちょっと響かなかったですが・・・

また いろいろと経験すると変わってきそうですね

コメントを投稿

2011年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

ブルーバレンタイン/ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ (カノンな日々)
全くノーマークで予告編も一度も目にしていなかったのですが、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズの二人が ...
ブルーバレンタイン (映画中毒なワタシ(ときどき山、など))
★★★★☆ 公式サイト ディーンとシンディ、ふたりが出会ってから破局するまでの物語。 映画『ブルーバレンタイン』予告 (日本語字幕) 思ったよりは鬱にはならずにすんだけど、へこむ映画なことは間違いない。 映画館ではエンドロールに誰ひとり立つこともなく、明る...
ブルーバレンタイン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Blue Valentine壊れかけた夫婦の、やるせない現在と幸福な過去の対比がリリカルで美しい。痛ましいストーリーなのに、不思議とみずみずしさが記憶に残る。努力して看護師の資格を取り ...
ブルーバレンタイン /BLUE VALENTINE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click WARNINGラブラブ進行形カップルは決してデートで観ないように ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ主演ってことしか前知識無く、まったくどういう話なのかも知らず鑑賞。 ライアンはいつも素晴らしい....
ブルーバレンタイン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 倦怠期の夫婦の行く末を、心に染みる映像美で描く。
ブルーバレンタイン (Memoirs_of_dai)
永遠…の儚さ 【Story】 結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫デ...
ブルーバレンタイン (風に吹かれて)
すれ違ってしまったふたり公式サイト http://www.b-valentine.comディーン(ライアン・ゴスリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘フランキーと3人暮らし。シンディ
ブルーバレンタイン (佐藤秀の徒然幻視録)
夫婦漫才 公式サイト。原題:BLUE VALENTINE。デレク・シアンフランシス監督、 ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル。やたらオシ ...
ブルーバレンタイン (映画尻エリカ)
『ブルーバレンタイン』 "BLUE VALENTINE” (2010・アメリカ) 1h52 監督・脚本 : デレク・シアンフランス  製作総指揮・出演 : ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ 出演 : フェイス・ワディッカ ディーンとシンディ。永遠の愛で結...
ブルーバレンタイン (ここにあるもの)
男はいつまでもロマンチストで、女は日常に目を覚ます。 これほどデートムービーに向いていない映画もないんじゃないか? どちらに感情移入するかは、観る人の恋愛体質によるとこ ...
ブルーバレンタイン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブルーバレンタイン』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)この映画は、タイトルからすると若い女性向きのたわいもないラブストーリーなのかなと敬遠していたところ、実は悪くない作品だと聞き及んで、見に行ってきた次第です。  実際にも、話の中身自体はよ...
映画『ブルーバレンタイン』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-30.ブルー・バレンタイン■原題:Blue Valentine■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:岸田恵子■鑑賞日:4月29日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円□監督・脚本:デレク・シアンフランス□脚本:ジョーイ・カーテ...
「ブルーバレンタイン」、不滅の愛など無い? (カサキケイの映画大好き!)
■「ブルーバレンタイン」はミッシェル・ウィリアムスの為の映画? 彼女は良い役者さんだ。 自分の体を犠牲にしてまで、役柄の人物になりきろうとする。 結婚前の学生の役と、結婚し子供が小学校低学年の母親の役を 行きつ戻りつする役を演じる。 若々しい学生時代...
『ブルーバレンタイン』 (こねたみっくす)
永遠の愛があることを信じたい。でも本当に永遠の愛なんてあるのでしょうか。 傷つけることでしか愛せなくなった夫と傷つけることを躊躇う愛し方をしてしまう妻の出会いから結婚 ...
『ブルーバレンタイン』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
今ライアン・ゴズリング、と言えば話題は断然『ドライヴ』なんだろうけど。 実は『ドライヴ』、1月に機内で観たけど期待が大きすぎたせいか う~~ん、、て感じになっちゃって。 確かに彼かっこいいしカメラワークや音の使い方もcoolでドキドキさせてくれたんだけど...