笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6編の別れ話

2011年05月20日 | 小説
小説「バイバイ、ブラックバード」を読みました。

著者は 伊坂 幸太郎

5股した男の5人の女性との別れ話
6編から連作短編

伊坂作品らしい軽妙さ
やはり面白い

どの短編も同じような構成で
しかし どの話 飽きさせなくて

何より繭美の存在
キャラが立っていて 笑えます

どの話もしっかりとオチがつき
巧いですね

ありそうで ありえない
そんな話 

伊坂作品の中でも 今までになくシンプル
なおかつ 優しさを感じました

私的評価:4+
    今作は好きでしたね
    書かれていない 「あのバス」について 余韻も残りますね

モチーフになった
太宰治の「グッドバイ」も気になりますね


それでは、また



コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 邦楽でピアノ ロックを | トップ | 久々のシンプルな奇妙な話 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったですね^^ (latifa)
2011-05-29 16:09:41
リバーさん、こんにちは
台風、そちらはいかがですか・・?
せっかくの週末も雨です。

私も太宰治の「グッドバイ」も気になります。
この歌にも、あまり思い入れが無いので、もし良く知っていたらなあ・・と思いました。

latifaさんへ (リバー)
2011-05-29 21:26:46
コメント ありがとうございます。

台風まではなかったですが
1日 雨でしたね・・・

この歌はジャズらしいですね
検索すれば聴けると思いますよ

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

バイバイ、ブラックバード/伊坂幸太郎 (本と旅とそれから)
へんな小説~~(^0^)。 でも・・・へんでも、面白くないわけじゃなかった。 繭美って、どうしてもマツコ・デラックスさんでしょ。当て書きじゃないかしら。・・・脚本じゃないから、当て書きとは言わないだろうけど(てか、繭美って女性じゃないとダメ?)。
バイバイ、ブラックバード (どくしょ。るーむ。)
著者:伊坂 幸太郎 出版:双葉社 感想: 伊坂幸太郎さんの『バイバイ、ブラックバード』は「ゆうびん小説」として配布された作品だということで、当時の5編に最終章を加えた連 ...
バイバイ、ブラックバード/伊坂幸太郎 (本と映画、ときどき日常)
今、1番読みたい作家の新作です♪ クスクスっと何度も笑えます。 登場人物がステキ、セリフが素敵。 主人公の男性がお目付け役の女性と一緒に5股をかけていた彼女に別れを告げに行くお話。 なんといっても、このお目付け役の女性が凄すぎ! マツコ・デラックスを1...
バイバイ、ブラックバード (ぼちぼち)
JUGEMテーマ:読書  一話が50人だけのために書かれ、自宅に届けられた「ゆうびん小説」が、書き下ろしの最終話が加えられ、遂に単行本化。自分も誰かに贈りたくなるような連作短編集。 双葉社HPよりあれ、全然内容がわかんないですね。借金のせいで、二週間...
バイバイ、ブラックバード(伊坂幸太郎) (Bookworm)
面白かった~!かなりトンデモナイ設定だったけど(笑)
「バイバイ、ブラックバード」伊坂幸太郎 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語。1話が50人だけのために書かれた「ゆうびん小説」が、いまあなたのもとに。 5股をかけていた星野一彦は、借金苦に陥り2週間後に<あのバス>と呼ばれるバス...
「バイバイ、ブラックバード」伊坂幸太郎 (しんちゃんの買い物帳)
バイバイ、ブラックバード(2010/06/30)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 星野一彦が罪悪感を覚える理由はシンプルだった。彼女以外にも交際している女性がいたためだ。浮気とは違う。どの女性が一番大切なのかが分...
「バイバイ、ブラックバード」感想 伊坂幸太郎  (ポコアポコヤ)
繭美を勝手にマツコデラックスに置き換えて読んでしまいました。
『バイバイ、ブラックバード』 伊坂幸太郎 双葉社 (アン・バランス・ダイアリー)
466 5人の女性と同時につきあっていた星野は、借金を膨らませ、やばいことになり「あのバス」の乗せられてしまうことになった。人生の終わりがやってくるその前に、交際していた ...
『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「バイバイ、ブラックバード」伊坂幸太郎 双葉社 2010年(初出ゆうびん小説) なんだなんだなんだ。この結末はなんだ。 僕こと星野一彦は180センチ180キロの女に付き添われて、5股かけていた相手の5人の女性に別れを告げさせられる。5人の女性それぞれと出会ったエピ...