笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画並みの質と演技と

2013年09月18日 | 日本ドラマ
ドラマ「Woman」を見ました。

日テレにて 水曜10時からやってました

この枠、大人向けの作品が多いイメージですが
今回もまさに、そしてヘビーに

「Mather」のスタッフということですが
そちらは見てないのでなんとも

しかし、とにかく質の高さというか
映画ともいえるぐらいの感もあり

映像があきらかに違うし
俳優陣の演技も

満島ひかりの演技はちょっと群を抜いてるし

田中裕子、小林薫と対するキャストも万全な布陣で
若手で二階堂ふみを入れてくるあたりも流石

高橋一生がなかなかいい味を出してるのも嬉しい

演技が見どころといえるが
それに負けぬ重い、社会派ドラマとしてのストーリー

脚本は「それでも、生きてゆく」の方ということで

今回もシングルマザーの苦悩、子育て、病気
夫の死から、その衝撃の真相、疎遠となった母との関係と・・・

展開としても盛り込まれ
重さと同時に親子の愛、家族の愛に感動でき

台詞も坂元さんらしい、リアルな
独特の感がいいですよね

内容が内容だけに好みは分かれそうだが

これだけの質のドラマを作り上げた
参りましたね


それでは、また





『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 響いたスターマン | トップ | 罪の悪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ドラマ」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

【Woman】 第11話 最終回 と総括感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
伝えてください。 「検査、受けてくれてありがとう」 「手術の時はよろしくお願いします」。 私の妹に伝えてください。 「あなたのおかげで生きられる」。 「あなたも生きてください」。 Woman 第11話          嵐が去った翌朝。 空は晴れ...
「Woman」最終回 感想 (Kanataのお部屋へようこそ)
 栞がもし信をお兄さんと呼んでいたら、どうなっていたか。  想像で会話してみる小春と栞。  全然違う今があった。  でもそれは選ばれなかった。  「適合したら、その時だけ妹だと思って下さい。  お願いします。」と頭を下げる。
Woman (第11話 最終回・9/11) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日テレ『Woman』(公式) 第11話 最終回『こどもたちのこどもたちへ』の感想。 暗いドラマが嫌いとか、そう言う話で無く… 最終回までの総括で。厳しき環境下で寄り添い生きるシングルマザーとその子供たちの貧しい生活を通して、手を差し伸べて欲しいと...
乾いた博物館と匂う動物園と試供品のワインと台風9号と永遠の絵日記とWoman(高橋一生) (キッドのブログinココログ)
満島ひかりじゃないのか・・・小栗旬も捨てがたく、?橋來とか三浦貴大もあって・・・もう・・・笑いながらひっくりかえった澤村先生(高橋一生)が世界の中心にいたかなって思いまして。 ま・・・ささいなことだけどな。 さて・・・田中裕子という女優を軸にすれば・・・「M...
Woman 最終回~人生は思い出の積み重ね (平成エンタメ研究所)
 ストーリーはオーソドックスなんですが、語り口が上手いんですよね。  たとえば、栞(二階堂ふみ)が骨髄移植のドナーとして適合したシーン。  せりふはなくて映像だけで描かれる。  栞が崩れ落ちて公衆電話の受話器を落としたり、自転車を倒したりするから、視聴者....
Woman #11 最終話 (昼寝の時間)
公式サイト その日、小春(満島ひかり)、望海(鈴木梨央)、陸(高橋來)、そして紗
Woman #11 最終回 (ぐ~たらにっき)
『こどもたちのこどもたちへ』
Woman 第11話(最終回) (エリのささやき)
イメージを伝える手段として絵日記は優秀テクでした。そして今週のキーワードは「許す」こと。
Woman最終回&ぴんとこな九話感想 (NelsonTouchBlog)
■Woman最終回 満島ひかり母子達、田中裕子、小林薫の団らんは、楽しそうで明るい雰囲気に満ちていた。そこには病気のことなんて微塵も感じられない。けど、電話が鳴るシーンがたびたびあって、それが結構ドキドキする。実は、二階堂ふみが満島に謝りにきたのだ。「・・...
『Woman』 最終回 (美容師は見た…)
エンドロールで流されるこれまでの映像を見てたら、色々ありましたね~('▽'*)。。oO人生のほんの一部って、こんな感じにハイスピードで流れてしまうものなのかも。死ぬ前に走馬灯を見るような瞬間?『Mother』の最終回を思い出してました。当時のレビューを読むと今でも...
Woman 最終話:こどもたちのこどもたちへ (あるがまま・・・)
ま~どい~せん~♪(*´Д`)θ~♪ラララ エンディングは今までのシーンのおさらいっぽい感じだったけど、当初は 生活苦でどうなる事やらと思ってた青柳家に、こんな団らんの日々が訪れるとは・・・ 小春の入院はめちゃくちゃ長引いたようだけど、これって植杉家に同居...
《Woman》#11(最終話) (まぁ、お茶でも)
新学期が始まった。望海は、学校へ行くので母の見送りを受けて、 行きかけて戻って来た。なぞなぞですと言った。 「望海のモノなのに、お母さんが良く使うものはなんなんでしょう。 帰ってくるまでに考えといてね」 新しい家族との生活が、親密度を増している日々だった。
Woman 第11話(最終回) (レベル999のgoo部屋)
『こどもたちのこどもたちへ』 内容 紗千(田中裕子)健太郎(小林薫)の説得もあって、 骨髄適合検査を受けることにした栞(二階堂ふみ) その日、小春(満島ひかり)たちは、いつものように過ごしていた。 紗千と健太郎は、結果を心待ちにするが。。。。 敬称略 ...
「Woman」シングルマザーの現実の先に小春と子供のために信が繋いだ信じ合う親子と姉妹の切っても切れない絆 (オールマイティにコメンテート)
「Woman」最終話は小春のドナーと適合するか栞はドナー検査を受ける。ドナー検査を受けた栞に対して小春は当初は適合しても拒否する姿勢を示すがそれを信の遺品を見た小春が信が生 ...