元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

トランプ大統領が安倍首相を出迎えた姿に、ビジネスライクの冷たさを感じる。

2018年04月18日 17時30分11秒 | 日記
 安倍首相とトランプ大統領との会談が、フロリダ州のトランプ氏の別荘で行われている。

 出迎えるトランプ大統領と安倍首相の握手の秒数などが、前回より大幅に短くなっている。なんだかビジネスライクな感じを、筆者は感じてしまった。

 米メディアの具体的な会談内容の報道は、今のところ見当たらない。 下に引用したCNNの記事も会談前の記事だ。

 まあ読んでみると、安倍首相の日本国内で加計学園などの疑惑追及を受けての苦しい立ち位置にあることなど、淡々と冷静に伝えている。

 国内メディアが伝える会談内容記事は、今のところ海外メディアからは報じられていない。

 拉致問題や北朝鮮が持つ短距離ミサイルの廃棄も、米朝会談で出されるだろうが、日本側からの要請にどこまで応えるかは疑問だ。 トランプ大統領の本音は、その問題は自分達でやれという事だろう。

 明日から行われる日米の経済問題では、二国間FTA交渉を要求してくるだろう。TPPはおそらく今回は米国が参加するなどの進展は出てこないと筆者は推察する。


(CNN.JPより貼り付け)

安倍首相が訪米、トランプ氏と会談へ 対北や貿易が焦点か
2018.04.17

(CNN) 安倍首相は17日から米国を訪問し、フロリダ州でトランプ大統領と会談する。国内外で課題を抱えている安倍氏としては、ぜひとも政治的得点を挙げたい重要な機会だ。

 安倍氏は北朝鮮への強硬姿勢を主張してきたが、トランプ氏が突然、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する意向を表明したことで、はしごを外される形となった。米国と韓国がそろって対北融和路線に転じるなか、安倍氏はこれ以上取り残されるわけにいかず、自身も正恩氏との会談に向けて動き出した。

 安倍氏は2016年の米大統領選でトランプ氏が当選した後、外国首脳として初の会談相手になった。その後も同氏との親交を深めてきたが、貿易問題では立場の違いが浮き彫りになっている。

 国内では数カ月前から、私立学校の土地取得をめぐる不正疑惑で追及を受けてきた。東京の国会議事堂前では14日、安倍氏を「うそつき」と呼んで退陣を求めるデモが展開された。

 共同通信社による最新の世論調査で、安倍内閣の支持率は前回比5.4ポイント減の37%と、12年の発足以来2番目に低い水準を記録。与党・自民党が9月に予定している総裁選で安倍氏続投を望むとの回答は18.3%と、初めて20%を切った。

 党内と世論の両方から圧力を受ける安倍氏がこのまま政権を維持できるかどうか、疑問視する声も上がっている。

 安倍氏は渡米後、フロリダにあるトランプ氏の別荘で首脳会談に臨む。米ホワイトハウスは声明で、両首脳が「米日間の公平で互恵的な貿易、投資関係の拡大」を図ると述べた。

 トランプ氏は会談で、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限や、環太平洋経済連携協定(TPP)への復帰をめぐって日本への譲歩案を示す可能性もある。だがそれと引き換えに、日本側にも何らかの妥協を迫るのは必至とみられる。

 安倍氏は就任以来、安全保障政策に重点を置いてきた。北朝鮮のミサイル実験に対する強硬姿勢は、昨年の総選挙で自民党圧勝の大きな要因となった。同氏が念願としてきた、自民党の存在を明記する憲法改正も、この圧勝で道が開けたかに思えたが、発議には至っていない。

 対北朝鮮政策では、米韓など同盟国の中で日本だけが孤立しているとの指摘もある。
 日本にとって大きな不安要素のひとつは、米国が北朝鮮から大陸間弾道ミサイル(ICBM)廃棄への同意を取り付けても、日本を射程に収める短・中距離のミサイルは残るのではないかという可能性だ。

 安倍氏はトランプ氏との会談で、北朝鮮に短・中距離ミサイルの廃棄も求めるよう働きかける構えだが、米国側が応じるかどうかは不透明だ。

 英経済誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)のアジア部門を率いるダンカン・インネス・カー氏によると、朝鮮半島の非核化に向けた米国、中国、北朝鮮の交渉には韓国の声さえ届きにくいことがある。

 同氏は「日本を意識的に外そうとしている者がいるかどうかは明らかでない。しかしだれも積極的に仲間に入れようとしていないことは確かだ。結果として、日本の希望は優先順位を下げられてしまうだろう」と指摘している。

(貼り付け終わり)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 財務省トップの福田淳一事務... | トップ | 財務省 福田事務次官の辞任で... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカとの距離感 (芹沢)
2018-04-19 01:27:08
アメリカは日本国内の問題から、安倍総理退陣も間近と読んだのでは?
ここ数十年、安倍総理程のキレ者はいない。アメリカにとっては今の野党が政権を取った方が儲かるはず。バカは使いやすいからだ。そう考えるとここらで総理に冷たくし、アホな日本のマスコミが総理を退陣に追い込むことを期待しているのでは?大統領はクレバーな経営者。政治的無能者だが金儲けは一流だ!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事