プレミアムMSX

MSXパソコンのプレミアなブログ&MSXノベルソフトウェア「県立UKITAのrinkaさん」のブログ。

MSXのテレホンカード⑤ギンギラな「MSXFAN」!

2013年06月30日 08時04分55秒 | MSXグッズ
 ギンギラのテレカなのですが、撮影が下手なため、余計なものが写りこんでいます。(汗)

 前回に引き続き「MSXFAN」のテレカです。

 MSXFANのロゴしか無いため、いつ頃のモノなのかは定かではありません。こういったことは、当時製作に当たっていた方からの情報が得られたりすると有難いんですがね。ただ、イラストと違って、描いた本人がいるわけでもないでしょうから、ちょっと難しいかもしれませんが。

 

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

MSXのテレホンカード④「MSXFAN5周年記念」

2013年06月30日 00時07分06秒 | MSXグッズ
 当然のことながら、MSXマガジンのライバル誌といえば、徳間書店発行の「MSXFAN」ですね。ということで、今度はMファンの創刊50号記念テレカ。「ぬけ子」と「穴子」が野球かソフトボールをしているイラストです。

 なぜか、2枚あります・・。

 当時は「ぬけ子」と「穴子」の4コマ漫画が別々に連載されておりましたが、結末として2人が出会って・・・の展開になるとは思ってもみませんでした。ていうか、ここまで長期連載されるとも思っていなかったし。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXのテレホンカード③「MSXマガジン5周年記念」

2013年06月27日 23時35分49秒 | MSXグッズ
 そして、「ウーくん」から10カ月後にMSXマガジンは通巻60号でめでたく5周年を迎えます。すると、当時MSXマガジンの表紙を担当していたサクマ氏によるこちらのイラストのテレカが登場します。

 雪だるまの頭に乗っかっているのは「たこ型ロボット」でしょうか。時系列に見て、パナソニックの「スパーキー」をパロッた訳ではないと思われます。ちなみに、「スパーキー」と言われて、コナミ(発売はソニー)の「スパーキー」を連想した人はかなりのMSX人ですヨ。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSXのテレホンカード②「MSXマガジン通巻50号記念のウーくん」

2013年06月26日 09時34分19秒 | MSXグッズ
 恐らく初期のころのテレカだと思われるのが、まず、「MSXマガジン」が通巻50号を記念して作られた「ウーくん」をあしらったデザインのこの1枚。左上には「矢印の方向にお入れください」の表記があり、まだテレカ自体が十分に認知されていなかったのかと思わせます。

 通巻50号は1987年11月号あたりだったと思われます。(実際にいつ作られたかはアスキーの方に聞いてくださいな。)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週アス+でMSX記事の連載第3回目は、裏事情的話でオススメです。

2013年06月26日 08時18分51秒 | Weblog
 毎週火曜日のお楽しみになっている「週アス+」のMSX記事。今回は表の話というよりも、裏話に近い内容でとても参考になりました。自分は「ハンダごて」などのような、回路がどうのとかっていう系統になりと読まずにパスしてしまう人間ですが、こういった話であれば興味津々でございます。

 正直、MSXで一番儲かった企業は「K0NAMI」ではなかったのか?と思ったりもしましたが。

 ていうか、「スナッチャー」とか「SDスナッチャー」とか「ソリッドスネーク~メタルギア2~」とか、今でも再販したら売れそう・・。もし、MSXマガジン永久保存版4の出版があったとして、どれか1本でも収録されちゃったら、今までの比ではなく売れちゃうでしょうね。で、これを機にウインドウズ経由のMSXユーザーというものをたくさん増やしてもらえると、MSXの過去の財産たちが再びその価値を高めてくるのではないでしょうか。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然ですが、MSXのテレホンカード(テレカ)①

2013年06月22日 22時46分41秒 | MSXグッズ
 何を急に「テレカ」の話題?と言われては何なんですが、MSX関係のテレホンカードってどんなものがありましたか。どんなものを(今だに)お持ちですか?

 また、一番多く作られた(と思われる)テレカは何だと思われますか?

 最近は「公衆電話」さえ見つかりにくい世の中で、「テレカ」の存在自体が消えようとしております。そんな「テレカ」とMSXのネタなどを数回ご紹介してみようかと思います。

 
 追伸です。このところのアクセス(PV)数の増加で、今日にも「73万PV」達成の勢いです。「23万IP」も間もなくです。しかし、とても「達成記念CG」を描く余裕がありません。ので、これからは気が向いたときしか「達成記念CG」を描くのはやめます。(笑)「県立UKITAのrinkaさん」のCGを描くのを優先させてくださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週アス+でMSX記事の連載第2回目・・・って、おそいやん。(汗)

2013年06月20日 23時42分57秒 | Weblog
 もう、とっくにご存知の話で申し訳ないですが、「週刊アスキーPLUS」様のサイトでのMSXコラム第2回が18日に配信されておりますね。それと、6月30日に秋葉原で行われる「夏のアスキーフェス2013」の方で、MSXの「ドラゴンスレイヤーⅣ ドラスレファミリー」が遊べる案内もありますね。昨年は「ロマンシア」がプレイでき、なんでもクリアーした人がいたとかいないとか。

 その恩恵(?)か、当ブログ閲覧者がジワリと増えてきているようです。別に、アスキーメディアワークス様に何かしているわけでもないのにね。

 で、ちょっと本業と地元の夏祭りの準備等が忙しくて、個人的には7月末まではスケジュールがビッチリです・・・。できれば、他の誰かの方でMSXをさらに盛り上げておいてくださいよ、8月になるまでは。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ヤフオク」停止解除、未だならず、新規IDで入札するも。。

2013年06月13日 09時21分29秒 | ヤフ―オークション
 先月から「ヤフオク」の停止措置が続いております。

 が、先ほどMSXモノをチェックすると、「MSXFAN」や「ターボR」など、なかなかいい出品があるではないですか!

 で、「ワンタイムパスワード」の設定に何度もチャレンジしましたが、文字バケが直らず断念。

 しょうがないので新たにIDを登録して、「ヤフオク」専用で使うことに。が、「プレミアム会員」ではないので5000円以上は入札できないうえに、出品者のコメントに

 「いたずら入札防止のため、新規IDの方の入札は削除します。」

の一行があちらこちらの出品情報に・・。

 今まで全く気にしていませんでしたが、真面目にヤフオク入札を始めたい人にとっては、意外と「痛い」条件ですね。何かで取引を成立させて評価をいただくシステムなのに、その最初の数件の取引がいつになっても成立できない可能性が・・。

 まあ、出品する方にとってみれば当然の措置かもしれません。気持ちも良く分かります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週アス+でMSX記事の連載開始!とMSXマガジン永久保存版

2013年06月11日 22時24分20秒 | MSX雑誌書籍
 先日の予告通り、「週刊アスキーPLUS」上でMSX記事「スロット&スプライト」が連載開始されましたね。しかも「西&孫」の話から始まるとは、これはMSX年表でも作る気か!?と思わせる内容。そして、我が家にもある「幻のMSXマガジン創刊0号」の表紙も紹介されていましたね。

 気になったのは、このブログ記事を書いている時点の「MSXマガジン永久保存版」のアマゾンでの価格。当然ながら「新品」は皆無で、すべて「中古」系の扱いながら、2号は5000円以上。3号に至っては8000円の1冊のみという在庫の無さ。「3冊セット」に至っては「扱いなし」。

 某ネットオークションでも、このところ急に出品価格が上がってましたし、出品数自体も減ってましたからね。まさか、こうなると思ってなくて、(たぶん)在庫をどうにかするために「3巻セット」を作ったアスキーさんもびっくりでは?

 まあ、我が家には数冊ずつあるので、気にすることでもないんですが・・。ほら、タイトルにもあるように、「永久保存」するつもりでいたので・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSX版「rinkaさん①」の状況(13.6.9):CGの描き直しをやってますよ!

2013年06月09日 00時31分40秒 | 新作MSXゲーム作り
 ちょっと、「県立UKITAのrinkaさん」以外のネタが続いておりましたね。

 それはそれで、MSX系の話題が出てきているということでうれしい限りです。

 ちゃんと製作はゆっくりながらも進めていますよ。なにせ、CGの描き直しをやっているので、公開できるネタがご用意できないというのも事実。先日の「72万PV」記念のCGも、数十分ほどで描いたものですけど、CGを描き始めたころから比べると、徐々に悪くなくなってきつつあると自分では思っています。

 ただ、256x212の解像度では、そりゃあ限界を感じますよ。「なめらかな線」というものとは縁遠いですしね。色数も16色がMAXの条件で描いてますし。中間色、いっぱい欲しいです。

 
 というわけで、今晩、怒涛の3連続記事投稿でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「レトロエクスプレス」というイベントとMSX③

2013年06月09日 00時27分11秒 | Weblog
 「レトロエクスプレス」様のサイトで、無事にイベントが終了したような更新がされておりますね。しかも、盛況(好評)だったようで、次回の開催に意欲を感じられる部分も見えます。

 次回も開催されるようなら、様子を見に行かせてもらおうかなとも思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「週刊アスキー6月18日号」で、MSX企画は「週アスPLUS」へシフトとのこと。

2013年06月09日 00時04分13秒 | MSX雑誌書籍
 週刊アスキーの最新号を結局、発売日に入手できませんでした・・・。

 が、ちゃんと入手は致しました!

 今回も目次をチェックして「110ページ」を確認。

 そこには「HB-F1XV」と「FS-A1GT」の姿が!!

 そして、「MSXマガジン」の「MSX坊や」が今回は「5つ星」の旗を携えて登場です。いやぁ~、懐かしい!!

 思い出の名作ゲームこの①本は、持っていながら、クリアーどころか殆どプレイしていない「FF1」ですか。マイクロキャビンの移植作でしたね。内容よりも、(無駄に)大きなパッケージでしたよねぇ。中身をあけてびっくりしましたもん。

 そして、記事の最後に「週アスPLUSに続く」とのこと。来週(?)からは違う雑誌で連載なのかぁ、と思っていたら、雑誌ではなくウェブサイトなのですね?家に帰って本気で雑誌の通販サイトを探してしまいましたよ。無いハズですよねぇ。雑誌じゃなかったんですからねぇ。

 そもそも「週刊アスキー」はMSX1ページだけのために4週にわたって買ってたので、これからは買わなくて済むなぁ・・・。・・・ということは4ページで1590円の雑誌を買ったことになるのかぁ・・。凄く高い雑誌だ!

 ちなみに、棺桶に「MSXモノ」を全部入れてくれるということならば、私の場合は天井2メートルの6畳間よりも大きな棺桶が必要になりますけど。ていうか、遺書に「MSXモノ」すべて、「ネットオークション」に出品してくれって書くか。もったいないからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「レトロエクスプレス」というイベントとMSX②

2013年06月06日 14時37分28秒 | Weblog
 先日もご紹介した「レトロエクスプレス」というイベントですが、いよいよ開催が近づいてきましたね。

いや別にね、このイベントに肩入れしている訳ではなくて、そのイベント会場が「陸の孤島」だと紹介されているので、東京の臨海部にもそんなところがあるんだなぁと思いまして。

 確かに、昔、お台場にフジテOビが移転した当時に行った時も、そ~んなに拓けてなかったので「こんなところに大丈夫か?」と思ったのを思い出しました。

 と、いうわけで、何の関係もありませんが、MSXを含むレトロPC系イベント「レトロエクスプレス」はまもなく開催です。(笑)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「週刊アスキー5月28日号」が到着!!で、目次に「MSX」の文字はなし・・。

2013年06月04日 23時47分19秒 | MSX雑誌書籍
 はい。到着しておりましたよ。本業が終わって、家に帰ってくると、ちゃんと「週刊アスキー」が到着しておりました。表紙の「せりな」さんは置いておいて、さっそく目次をチェック!!・・・が、「MSX」の文字が無い・・・。

 だ、だまされたのか!?と思いつつページをめくっていくと、65ページにちゃんとありました!!「MSX30周年記念企画」ですよ。

 そして、そこには「べーしっ君」一家が「MSX」の文字を形作っているイラストが!!そーだったんですか。「べーしっ君」はアルファベット表記だと「BASIC’N」だったんですか。これは初めて知りました。

 「MSX」本体は「ワープロパソコンFS-4000」と「パナソニックFS-A1」の2機種が登場しており、「ハイドライド3」ともう1本の赤いロムカートリッジが差してあります。この赤いカートリッジは何でしょう?赤いラベルのソフトかぁ。ポニカの「ハングオン」とかかなぁなどと推測しつつ、「思い出の名作ゲームこの①本」はMSX界が誇るコナミの不朽の名作「グラディウス2」ですか。王道ですなぁ。

 さて、明日は書店で「週刊アスキー」の最新号をゲットしてきますよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「週刊アスキー6月4日号」が早速到着だぁ~!で、MSX記事は・・。

2013年06月01日 23時01分34秒 | MSX雑誌書籍
仕事から帰宅しますと、注文していた「週刊アスキー」が一冊到着しましたよ!

表紙の女性が誰なのかもさておいて、目次を開くと「81ページ」の表示が!

ページをめくっていくと、75ページの次がまた「1ページ」になっていて、何だこれはと見てみれば、中綴じでスマホ乗換特集が。それを越えて81ページに到着すると、そこには「のんきな父さん」が!!!!!

桜玉吉さんもここで登場されていたんですねぇ。そして、MSX本体の方は「カシオ計算機」が誇る「MX-101」の雄姿があるではないですか!そうか、ここで翌週の「妖怪屋敷」の布石があったんですねぇ。

そして、「思い出の名作ゲームこの①本」は「あぶない水着」・・・ではなく、エニックスの「ドラゴンクエスト」(ⅠとⅡ)ですか。いいところを突いてきますね。

 それにしても、いくらアスキーメディアワークス発行の雑誌とはいえ、MSX記事をカラー1ページ丸々使った上に連載だなんて・・。本当に、何かあるのかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加