プレミアムMSX

MSXパソコンのプレミアなブログ&MSXノベルソフトウェア「県立UKITAのrinkaさん」のブログ。

180000IP、ありがとうございます。

2012年03月28日 22時12分45秒 | 新作MSXゲーム作り
 まあ、更新は極端に少なくても、過去のログのおかげで様々な方にご覧いただいているようで、じわじわ18万IP達成ですか。ありがとうございます。

 「rinkaさん」のほうはイラストツール「SAI」を使って描いてますが、結局スクリーン7に変換すると実質15色しか使えなくて、それ以上使うと変換したときに「斑点」のようになってしまうので、MSXのスクリーンはウーム・・って感じです。それでも、サイズは256x212で描けますから画質の低下は最小限で済みます。もちろん、画力は無いんですけど。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

MSX新作製作状況(3/8):「PIXIV」にて小説「rinkaさん」の第4・5章アップ。

2012年03月08日 23時19分53秒 | 新作MSXゲーム作り
 製作状況の更新が少なくて申し訳ありませんが、ホントに少しずつの前進をしています。

 先日もご案内しましたが、「県立UKITAのrinkaさん」の世界観(?)が分かる、小説(?)版のrinkaさんの掲載を行っています。第4章と第5章をアップしました。また、すこしでも「できたところ」を公開すべく、第6章の途中(書きかけ)のところまで、アップしました。「挿絵」の機能もあるんですが、本編CG製作の進行が遅れているのが、ゲーム完成の支障部分だというのに、そんな余力は無いぞって事で、ノー挿絵でやってます。

 ちなみに、ゲームでの「第1章」と小説版の「章・部」は全くリンクしていません。小説を読んでも、ゲームが有利に進められるかといえば、そうでもないです。あくまでも、「rinkaさん」の世界観(ゲームの資料設定部分)を知ってもらえたら「助かる」という意味で書いてます。ゲーム上のシナリオと被る部分も当然ながらありますので、ゲームをする上で「プレイするほうにとっても助かる」という役目をきたいして書いてます。

 話が変わりますが、MSXの整頓のために、更に段ボールの手配を行ってます。湖池屋だけでは無理なので、カルビーのポテチの空箱も使ってます。意外にも、ほぼ同じサイズなので助かります。「何に使うんですか?」と聞かれるので、冗談で「夜逃げ」ですって言ったら、「そうなんですか~、大変ですね。」って、顔色も声のトーンも変えずに言われましたが、・・おいおいって感じですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加