プレミアムMSX

MSXパソコンのプレミアなブログ&MSXノベルソフトウェア「県立UKITAのrinkaさん」のブログ。

ハドソンといえば,「デゼニランド」は外せません。

2007年01月31日 22時26分40秒 | ソフト並べ
 やはりハドソンが全国区となったパソコンソフトはこの「デゼニランド」ではなかったでしょうか。MSX版はもちろん、さまざまなパソコン機種で発売されたので,プレイしたことのない人のほうが少なかったんじゃないでしょうか。
 当時小学生の私にはやはり「英単語」が難しく、自力では「入園」すら出来なかった記憶があります。資料などを調べてみると、意外なことに「完全正答」が載っているものがないんですよね。今、改めてプレイしてもゴールできないかも。
 ちなみに、架空のレジャー施設「デゼニランド」って、埼玉県にあるんでしたよね、ゲームの設定上は。
コメント

埼玉県の「万代書店」でMSX探した。

2007年01月31日 22時11分44秒 | Weblog
本日は「万代書店」さんの、埼玉にある3店舗をはしごして参りましたので、御報告。
ラジオ「NACK5」で新店オープンを知りまして、ついでに何店舗あるのかと調べましたところ、まあ3店舗くらいなら回れそうだなぁと思ったものですから。

1.岩槻店…ヤマハMSX1本体と裸ソフト6本セットが19800円で販売中!
2.川越店…なし。
3.熊谷店…「ハイドライド」カセットテープ版
      「信長の野望 全国版」MSX1版
      「覇邪の封印」MSX1版    
      「キャッスルエクセレント」の他数本。

という結果でした。個人的には何にも成果はございませんでした。
コメント

ハドソン「サラダの国のトマト姫」はモノクロでした。

2007年01月31日 00時32分00秒 | ソフト並べ
1980年代前半に発売された多機種のゲームがMSXに移植されると、ゲーム内容が変更されていたり、ショートカットされたりという煮え湯を飲ませれることが多くありました。その後も例えば日本テレネットの「夢幻戦士ヴァリス」のようなことがありました。

このアドベンチャーゲーム「サラダの国のトマト姫」もご多分にもれません。グラフィックが全編モノクロ(白黒)という大幅な変更を強いられています。しかしながら、ストーリーやゲーム内容はほぼ他機種と一緒。しかも「ファンクションキー」設定があり、いちいち入力していた英単語がファンクションキーを押すだけで済むという嬉しい機能がありました。

メルヘンチックな世界ながら、とりあえずきちんとした流れでゲームが進んでいきます。この時代のアドベンチャーゲームにあった「突然死」もそうはありませんし、しっかりと英単語を入力していけばストーリーも進んでいきますし。

とはいえ、当時小学生だった私には「英単語」はさっぱりでした。
コメント

ハドソンのMSXソフト「ジャガー5」

2007年01月30日 00時01分16秒 | ソフト並べ
 久しぶりにMSXソフトに戻ってまいりました。今回は「ハドソン」でございます。初期のMSXソフトはカセットテープ版で、しかも「Wシリーズ」(全5本)は1本で2つのゲームが楽しめるというものがあり、それ以外にもカセットテープ版やロム版のソフトが数多く発売されましたが、今回はとりあえず「メガロム」版ソフトということで。しかもハドソンが作ったわけではないのですが。
 で、「ジャガー5」でございます。版権の都合といった大人の事情はわからないので「EGG」のようなところでは再版されないと思いますし、なかなか入手できるソフトでもないのですが、とにかくアクションゲームでございます。主人公の名前の頭文字が「J」で、他の4人の仲間を探して最終的には5人の隊列を組んでアクションプレイになります。その仲間たちの名前の頭文字が「A」「G」「U」「R」なので、「JAGUR」…ジャガーなわけですね。
 パッケージには「極秘資料」なるものがあって、指令が幾つかあり、最後に「敵の手に渡る前に、この文書を燃やしてくれ」みたいなことが書いてあるので、本当に燃やしちゃった人がいたのでは?と心配する今日この頃です。
コメント (2)

「ピンクソックスギャルズ」の「まなみTシャツ」!!

2007年01月23日 22時46分29秒 | Weblog
 遂に発見致しましたよ!ウェンディマガジンの「ピンクソックス」シリーズのほぼ主人公であった「まなみ」の特製Tシャツでございます。年明け早々にご紹介しておきながら、行方不明で探しておりましたが、MSXソフトとは別のところにありました!

 よーく見ると一部変色してしまっておりますが、十分まだまだ着れる(いまのところ着用歴はありません。)レベルでございます。

 T&Eソフトの「ハイドライド3」特製トレーナーが雑誌「MSX応援団」の抽選で当たったことがあったのですが、そちらは着つぶして捨ててしまった記憶があります。今考えると、非常に惜しいことをしたものです。
 「Tシャツ」に限れば、1980年代に「NEW SYSTEM HOUSE OH!」の特製Tシャツを入手したことがありましたが、そちらはどうなったか記憶にありません。あ、あと「MSX Tシャツ」は買って持っていますよ。
コメント

あれれ?「ポッキー」かなあ?の同人誌?発見!

2007年01月19日 23時22分11秒 | ソフト並べ
 前回紹介した「ポニーテール完全本」に掲載されていた読みきりマンガ(作者名は伏せられてますが)もそのまんま含まれている、怪しい同人誌を発見してしまいました。「ポッキー」や「雀ボーグすずめ」の原画がメインなので、明らかに愛好者が書いたイラスト集というわけでは無さそう。
 不思議なことに、作者名やサークル名などの出所がわかるような記載は一切ないのです。同人誌であればそんなことはありえないと思うのですが。
 もしかすると、こういったところで紹介してはいけない物なのでしょうか。ちなみに、18禁イラストのために当方で黄色い紙を置いて撮影させていただきました。ご了承ください。
コメント (1)

「ポニーテールソフト」美少女アルバム。

2007年01月18日 00時09分01秒 | Weblog
 「ポニーテールソフト」といえば、MSX版も発売された「ポッキー」が出世作として有名でございます。「ポッキー2」「雀ボーグ すずめ」なども発売されたのですが、前身が「スタジオ オフサイド」でございまして、MSX版の初のソフトはこの時期に発売された「華三眩」なのが正式ということです。
 この事実は(現時点では)「Tagoo MSXソフトウェア検索」のほうにも登録されていないくらいマイナーな話であります。この冊子によると「PC88」「PC98」版と合わせて3~4千本しか売れなかったそうですので、「MSX」版は恐らく400本位しか売れなかったのでは?
 私も一度も見たことがありません。
 ちなみに「華三眩」は二人打ちの麻雀ソフトでございます。
コメント

こんにちは、「千葉北鑑定団」さん。

2007年01月15日 22時21分49秒 | Weblog
 本日は仕事が休みだったため、長男を保育園に送っていった後、千葉北鑑定団へ行ってまいりました。午前9時に栃木県宇都宮市から東北自動車道にのりまして、首都高を経て東関東自動車道から千葉県に入りました。詳しい場所が全くわからなかったので、書店で地図を購入するなどしてようやく到着。多少の寄り道をしてましたので、「鑑定団」に着いたのは午後2時。なにせ、午後5時には保育園に長男を迎えに行かなくてはならなかったものですから、滞在時間は10分ほどで帰らなくてはならない羽目に。

 で、MSXソフトですが、
・井出洋介名人の実践麻雀Ⅱ
・F16ファイティングファルコン
・リアルテニス
の3本の売り場にありました。せっかくなので「井出…」のソフトだけを買って帰りましたよ。税込み714円だったので。

 どうやら千葉県内には「千葉」「船橋」「東金」「幕張」にも「鑑定団」があるとのことです。片道200kmの買い物は大変なので、どなたか見てきては戴けないでしょうか。

 また、「栃木県」「千葉県」以外にも「鑑定団」があるようでしたら教えてください。できればMSXモノがあれば、そのあたりの情報もお待ち致しております。
コメント

え~い、「バーディーソフト ベストキャラクターズ」も!

2007年01月15日 00時16分48秒 | ソフト並べ
せっかくなので、4つめの「バーディー」のほうもレーザーディスク版を画像でご紹介。もう、説明するまでもございません。内容はわかりません。

MSX版のソフトを数多くリリースするコトはなかったので、個人的には馴染みがございませんが、「全4種」ということだったのでとりあえず入手したという次第です。
コメント

ついでなので「エルフ ベストキャラクターズ」も。

2007年01月15日 00時10分41秒 | ソフト並べ
 こちらもレーザーディスク版の画像でご紹介。したがって、未再生です。パッケージから想像するに、MSX版も発売された「ドラゴンナイト」「RAYGUN」「ELLE」などがメインになるのかと思われます。まさか、「どきどきシャッターチャンス」シリーズ(MSX版はありません)や「プライベートスクール」なんかの登場人物がメインってことはないでしょう。
コメント (1)

「アリスソフト」ベストキャラクターズLD版

2007年01月13日 20時41分00秒 | ソフト並べ
 なので、追加で「アリスソフト」ベストキャラクターズのレーザーディスク版もご紹介。MSX版としても「DPS」「あぶないてんぐ伝説」をはじめ、さまざまなソフトが発売されました。
 現在では無償配布されており、いつでも入手できるのが大変ありがたいですね。

 で、内容ですがこちらはビデオ版を持っていませんので全く見たことがありません。上記ソフトのほか、「ランス」「闘神都市」などの作品から抜粋されているのだと思われますが。
コメント

更に「ピンクソックス」ベストキャラクターズの、

2007年01月13日 20時26分55秒 | ソフト並べ
 ビデオだと気になる画質問題も、この「レーザーディスク」版ならば安心ですね。って、自分ではレーザーディスク本体を持っていないではないか!なので、実際に再生したことがございません。恐らく内容のほうはビデオ版と何ら変わりないと思うのですが、レーザーディスク本体のほうがますます入手しづらくなる時代ですので、こちらも早めに入手しておかなくては。

 ちなみに、この「美少女ベストキャラクターズ」は4作品発売されておりましたのは、説明するまでもございませんでしょうか。
コメント

美少女ベストキャラクターシリーズの「ピンクソックス」

2007年01月12日 23時24分51秒 | ソフト並べ
さらに「まなみ」「ゆか」「さやか」に会いたいあなたの為に発売されたのが「ピンクソックス ベストキャラクターズ」という、こちらのビデオです。中身のほうはゲーム画面を含めての内容なため、18禁なので紹介は控えさせていただきます。
 しかし音声が加わったことにより、MSXで本編をプレイしている時よりも3人に近づけます。(?)想像どおりの「ゆか」の天然さや、「さやか」のしっかりお姉さんぶりなどは見た方だけへのお楽しみ。もっとも、ビデオという媒体ですから早めにDVDに録画しておくべきでしょうか。
コメント

2007年は「ピンクソックス」でスタート!?

2007年01月12日 23時14分01秒 | ソフト並べ
「まなみ」「ゆか」「さやか」の3人娘ピンクソックスギャルズでお馴染みだった「ピンクソックス」シリーズ。MSX版とPC98版が発売されました。その「完全本」として徳間インターメディアから発売されたのがこの本。これさえあれば、ピンクソックスの全て(?)が分かります。
 中身のほうはどこを見ても18禁なので掲載は出来ませんが、合わせて通信発売されたピンクソックスグッズとして「Tシャツ」や「テレカ」などが紹介されております。Tシャツのデザインは3人の女の子+「どしどしふんどし」の計4種類のデザインがありました。
 で、このTシャツの値段がな、なんと、5000円ですよ!いくらピンクソックスギャルズファンの方でも、Tシャツ1枚にこの値段は・・・果たして売れたのでしょうか?
コメント

プレゼント企画の応募を締め切りました。

2007年01月07日 23時50分04秒 | Weblog
あけまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

で、昨年末のプレゼント企画の方は応募を締め切らせていただきました。予想以上の応募をいただいてしまい、当選しなかった方々へどうお詫びしようかと悩んでおります。数名の応募であれば「残念賞」も考えていたのですが…。
 
 ちなみに抽選はMSXを使って行います。まあ、乱数(RND)を発生させて、応募順につけた番号で該当する方に、といった程度の感じですが。

 当選した方には、10日(水)にメールをお送り致します。メールが来なかった方々は、大変申し訳ありませんが「当選しなかった」とお考えくださいませ。

コメント