呑む気オヤジ/日々の随感

ついに還暦、第二の職場もこの4月にリタイアした。人生はこれから!故郷の仙台に永住し、歌も車も音楽も、目一杯楽しみます!

東京いとこ会&亡妻の墓参り

2018-06-16 | 家族のこと
またまたご無沙汰になっておりました。
思い出したようにですが、FB投稿を元に、こちらにも掲載していきます。忘れないでくださいね!


2週間前になりますが、東京でいとこ会@Papa Milano(丸の内)を開催。
3時間飲み放題で、スパークリングもワインもボトルで出してくれるし、料理のボリュームもあり、なかなか良かったです。
全国的に一躍有名になった尾道の向島の叔父夫婦も、東京の孫の顔を見に来るついでに参加してくれるなど、総勢12名が集まりました。仙台からは僕以外にも従妹が参加です。
叔父たちは70代、集まったいとこの中では僕が長兄で、一番下が40代半ば。お互い小さかった頃の思い出話などに花が咲き、とても楽しい会でした。
3年前にも集まり盛り上がりましたが、今後は2年ごとにやろう!次は東京オリンピックが終わった頃だな、と再会を誓い合いました。その前に仙台いとこ会やらないと…

翌日は仙台に帰る前に、亡妻の墓参りに行ってきました。
5月27日が命日で、丸11年が経ちました。いつも書きますが、もう11年、まだ11年…
妻のことを思い起こすと、いろいろ後悔や慚愧の念に堪えないところ多々ありますが、それは置いておきます。
次男のことを報告し、うまくいくよう見守っていてほしい、次男に独りよがりにならず、ちゃんと彼女の意向も尊重して話を進めるよう言い聞かせてほしい、とお願いしました。
来年は十三回忌。その頃には次男の結婚話が良い方向に向かっていることを願うばかりです。(決して頓挫しているということではないんですが…)

妻の病気のこと、闘病や家族の看病のことは、拙ブログ「妻の乳がん闘病記」に詳しく載せています。
もう10年以上放置しているので、バナー広告が入ったり、テキストがgoo指定の素っ気ないものになっていますが、未だに毎日200人近い方が見ていただいているようです。それだけ、世の中には同じ病の方が多いのかと思いますが、ある意味ありがたいことです。
闘病記ですが、結果的には追悼ブログみたいになり、僕でさえ今読むのは辛いです。なので決してお勧めするものではありませんが、「お前は妻の病気とどう向き合ったのか」と興味のある方は、当ブログのリンク先からご覧ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「空飛ぶタイヤ」

2018-06-16 | 映画(DVD)・テレビの話
◯映画「空飛ぶタイヤ」☀️☀️☀️☀️🌦
このところ、観たい映画が目白押し。一緒に行く相手を待っていると見逃してしまうので、仕事帰りに積極的に観に行こうと思います。職場はTOHOシネマの隣みたいなもんだし…

さて、昨日観たのは、まさに昨日から上映が始まった「空飛ぶタイヤ」
池井戸潤の同名小説の映画化。小説はしばらく前に読んだけど、と~っても面白かった。映画は果たして如何に⁉

大手自動車メーカーの大型トラックのタイヤが外れて、道を歩いていた親子を直撃し、母親が即死した実際の事件を題材にしている。池井戸潤お得意の「小が大を追い詰める」展開で、見ていてまさに胸がすくドラマだ。
しかし単に痛快で面白いだけではなく、三菱自動車のリコール隠し、三菱銀行(いずれも当時)をはじめとする財閥企業グループの庇い合い、もたれ合い体質を鋭く突いている作品。
三菱自動車は、ご存知の通りこの事件に懲りず、つい最近も燃費データー改ざん問題を起こしている。あまりにも懲りない大企業の隠ぺい体質、保身体質…、これがフィクションではなく、現実に起こったこととだと思うと、観ていてうんざりする。
一時期三菱系の企業に身を置いた自分としては、映画でも描かれる隠ぺいを告発する若い社員たちの正義の気概を信じ、更生を願うばかりであります。

PS)
シリアスなドラマなんだけど、長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生ら主役連中があまりにもカッコよすぎて、そっちに気を取られて粗筋がちゃんと頭に入ってこないような…。
僕らオヤジでさえそうなんだから、彼ら目当てで観に来たと思われる若い女の子(結構多かった)は尚更でしょう。でも隣の女の子たちが「結構面白かったね」と話していたのは、救いです。(苦笑)
原作ではもっと突っ込んで書かれている、銀行の融資担当者(高橋一生君)の描き方が物足りなかった。映画では仕方がないのかな…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「のみとり侍」

2018-06-15 | 映画(DVD)・テレビの話
◯映画「のみとり侍」☀️☀️☀️⛅️
長岡藩の江戸詰エリート藩士が、一言の失言で藩主から「のみとり侍」への左遷を言い渡される。
のみとり侍とは、飼い猫の蚤を取って日銭を得る家業だが、実態は未亡人などを相手にする売春夫。最初に相手をしたおみね(寺島しのぶ)に「下手くそ!」と罵られ、持ち前の生真面目さで「艶」の道に精進していく…

田沼意次時代の混沌とした悪政など、史実に基づいて描かれていたけど、でも観終わった後、何が言いたいの?何を表現したくて作った映画なの?と思ってしまった。そんなこと考えないで素直に楽しめば良いのかな?
題材が題材だけに、Hな場面も満載のコメディー。阿部寛はもちろん、寺島しのぶ、豊川悦司、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子など、みんな良かった。
特に寺島しのぶの艶っぽさったら…、こんなに良い女だったんだ!そして豊川悦司の男の色気、いいねぇ。
まぁ、僕的には映画としては3.5点(5点満点)だけど、個々の役者の個性はたっぷり楽しめました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「孤狼の血」

2018-05-24 | 映画(DVD)・テレビの話
映画「孤狼の血」⭐️⭐️⭐️✨
広島県某市の暴力団抗争と、それを潰そうと奔走するベテラン刑事と新米刑事。
役所広司はすごい!硬軟、善悪、どんな役でもこなす。暴力団を潰すためならなんでもやる、ふてぶてしさ、あざとさ、悪どさいっぱいの刑事役の上手いこと。ドラマ「陸王」の人の良い中小企業の社長さんの役とは真逆です。映画「関ヶ原」の家康役もアクが強くてよかったなぁ。
桃李くんも、何も知らない気弱な新米刑事が先輩悪徳刑事の影響でグッと成長する様を好演。最初は「わろてんか」の藤吉はんっぽかったけど、酸いも甘いも噛み分けて一端のマル暴デカになっていきます。
最後のところは、桃李くん扮する新米刑事が、今後どういう道を歩むのかちょっと分からなくなり、疑問が残る展開でした。
石橋蓮司、江口洋介などもなかなかの迫力でよかったです。

この作品は「R15」指定で、結構際どい暴力シーンが出てきます。ご注意を!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「坂道のアポロン」

2018-03-30 | 映画(DVD)・テレビの話
この前、長崎で10年ぶりに会った友人は佐世保出身で、今も実家の家業に就いています。
その彼は佐世保北高卒業で、その後輩?が書いたコミックが原作です。ロケも彼の母校で行われたという映画「坂道のアポロン」をぜひ観てくれというので、観に行きました。僕らよりも5〜6歳上の世代の青春グラフィティ的作品です。

◯「坂道のアポロン」⭐️⭐️⭐️⭐️☆
佐世保の公立高校に、横須賀から家庭の事情で転校してきた薫、成績優秀でお坊ちゃんでクラシックピアノを弾く。
最初はなかなかクラスのメンバーと馴染めなかったが、その後親しくなるのが、ジャズドラムを叩くやんちゃな千太郎とレコード店の娘の律子。薫は次第にジャズの魅力に惹かれ、千太郎や律子の父親、近所の淳兄らとセクションを楽しむようになる…。しかし、一方通行の淡い恋心や誤解、ちょっとした友情の行き違いなどでギクシャクした関係に…

まぁ、ストーリー展開や最終的な収まり方は、それなりに有りがちなとはいうものの、結構引き込まれます。
それよりも何よりも、この手の「音楽」を題材にした物語には、やられます。特にアマチュアがいろんな障害を乗り越えてみんなで音楽を作り上げる!みたいな話はダメです。「のだめ」を観てからかなぁ〜
今回もクラシックしか知らなかった少年がジャズに目覚めたり、一度は喧嘩別れした親友と、学園祭のアクシデントを機にまたセッションしたりのシーンは、ジイさんもちょっとウルウル。演奏シーンでは、思わず踵や手でリズムを取ったりしてしまいました。
音楽を題材にした映画もいろいろありますが、ここ数年で観た「くちびるに歌を」(合唱)、「マエストロ」「オケ老人」(オケ)など、ウルウルでした。
やっぱり音楽っていいなぁ〜。老若男女、プロアマ問わず感動を共有できますね。

PS)律子の父親役の中村梅雀さんは、本チャンのプロベーシストということを、今回初めて知りました。ジャコ・パスとは相当親密な関係であったらしいです。
それと知念くんのピアノ、中川くんのドラム、見事でした!こういう映画を観るたびに、役者ってすごいと思います!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京混声合唱団仙台公演 20180218

2018-02-19 | 音楽の話
(fbからのコピペです)

昨日は我々の指導者千葉弘樹先生が所属する東京混声合唱団の仙台公演でした。川内萩ホールにて。
これは聴き逃せない!ということで、団員10名で聴きに行きました。
指揮は山田和樹さん、ピアノは萩原麻未さん。第1部は「音楽で描く世界地図」と題し、アメリカ、アルゼンチン、コモロ連合国など、世界7カ国の国歌と国を代表する歌曲の演奏。第2部は「ヤマカズ&東混 愛唱曲集より」ということで、J-popやNコン小学校の部課題曲などを取り上げました。
身振り手振りを入れたり、団員が客席に散らばって歌ったり、さすが東京混声合唱団、魅力たっぷりで聴き応えのある演奏でした。山和さん+萩原さん+東混のコンビは昨年横浜でも聴き、また山和さんは東混だけでなく仙台フィルでも何度も聴いていますが、とっても良いですね。
特に東混の演奏会では、ある意味「やりたい放題」で好きなようにやっている感がたっぷりで、実に楽しいです。東京オリンピックまでに、全世界の200の国、地域の国歌全てを演奏する計画だそうです!
そして萩原麻未さんも最近コンビを組んでいますが、バリバリのソロピアニストなので、普通の合唱伴奏とは一線を画し、まさにオケとコンチェルトを演奏するかのごとく、合唱と対等にコラボしています。賛否はあるかもしれませんが、これも山和さんの挑戦の一つで、大変面白い試みと思います。

終演後は、千葉先生の新幹線の時間まで、有志でお疲れ様会を開催。演奏会の裏話、苦労話なども聞けて、これまた楽しいひと時でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽前大山 新酒酒蔵まつり

2018-02-15 | 食べ物・お酒の話
2月10日土曜に、去年友達になった呑んべえ仲間と、鶴岡の大山に行って来ました。
「大山新酒・酒蔵まつり」、とっても楽しかったです!
羽前大山の酒蔵を4つ巡ります。昔は30件以上の酒蔵があり、天領?として栄えていたらしいけど、今は4軒のみ。
それでも1200円で4軒をハシゴして、それぞれ並んだ列で燗酒の振舞いをいただいたり、酒蔵で今朝絞った純米酒をいただいたり、その場で瓶詰めした新酒を購入したり…、とっても充実した、日本酒好きには堪らないツアーでした。
山形・庄内の酒は旨い!漬物もとっても旨い!
いろいろいっぱい買って来ました。
また来年もご一緒しましょう!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘘を愛する女

2018-02-09 | 映画(DVD)・テレビの話
○映画「嘘を愛する女 」 ⭐️⭐️⭐️⭐️
観た日付(1/25)は前後しますが、高橋一生くんも長澤まさみちゃんも好きなので観に行きました。
5年も同棲した相手が、実は名前も経歴も全て嘘だった…あなたは一体誰なの?
うーむ、結構ヘヴィーな映画ではありましたが、面白かったです。ちょっと「当てもなく歩き回って、こんなに都合よく人探しできるかよ」と思うところもありましたが、まぁ、それはご愛嬌…。
長澤まさみは、前はあっけらかんとした明るさと可愛さが持ち味だったけど、それなりに年齢を重ねていい女優になってきたね。高橋一生は、さすが存在感ある。吉田鋼太郎、渋いねぇ〜、いいねぇ〜。
映画は楽しい!シルバー料金で1,100円で観れるんだもの、気楽に一人で観たいときに観に来よう。週に2本観たって、大したことないさ!(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「祈りの幕が下りる時」

2018-02-08 | 映画(DVD)・テレビの話
○「祈りの幕が下りる時」⭐️⭐️⭐️⭐️
ハイ、まずは予習のために前作をDVDで観て、いよいよ最新作を!
うーむ、なかなか良かったです。
多少人間関係の結びつけ方に無理がある気がしないでもないけど、アリバイ崩しなどの謎解きは、それなりにうまくセッティングされており、楽しめました。
主人公の加賀恭一郎がなぜ長年日本橋署から離れなかったのか、加賀はなぜ父親を疎んじたのか、失踪した母親はどこにいたのか…
ただ、TVCMで「最高の泣けるフィナーレ」と煽っているけど、僕はそれほどではなかったです。前作同様、様々な親子愛が出てくるし、犯人親子の逃避行なんかも感動的ではあるけれど、40年以上前の野村芳太郎監督の「砂の器」を超える親子愛を描いた映画は、その後ないと思います。
後の脚本家や映画監督は、砂の器を越えようと一生懸命なんだろうけど、どうしても描き方や映像が似てきて、二番煎じ感が拭えません。
親子愛を描くのに、砂の器を超えるべくもがき苦しむのは、ひょっとしたら今後の日本映画のまさに「宿命」(*)なのかもしれません。

*宿命:砂の器の主人公で犯人の作曲家の作品の曲名




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新参者・麒麟の翼

2018-02-06 | 映画(DVD)・テレビの話
○新参者・麒麟の翼(DVD)⭐️⭐️⭐️✨

上映中の「祈りの幕が下がる時」が観たいんだけど、新参者シリーズは今まで観ていないので、予習のために前作をDVDで観ました。(TVドラマも観たいけど、どこでも貸出中で、1巻1〜2話しか観れていない…)

「泣けるミステリー」を標榜するけど、確かに親子愛や友情を超えた友への思いなどは感動的。でも、日本橋の翼を持つ麒麟像を巡る、登場人物それぞれの関わりとか思い入れが、イマイチ現実感がなくすんなりこちらの胸に沁みてこなかったです。
謎解きもちょっと無理矢理感があるかなぁ〜。
東野圭吾の小説は大好きで随分読んだけど、最近のガリレオシリーズや新参者は読んでいません。
原作が僕の好みからズレてきたのか、脚本があまり良くないのか、映像化が難しいのか…。
星、3つ半でした!(僕的満点は5つ)

PS)
5年前の作品なので俳優陣が若い!
今をときめく松坂桃李、新垣結衣、向井理、菅田将暉らが、なんとも幼い。このあと、どんどん成長して立派な俳優、女優に脱皮するんだなぁ〜(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台フィル「オーケストラ・スタンダード」20180130

2018-01-31 | 音楽の話
東日本大震災の前後に、長年仙台フィルの正指揮者だった山下一史さんが、久しぶりに登場する演奏会。
オーケストラスタンダードと銘打つだけあって、ポピュラーなプログラムでした。
・フィガロの結婚序曲
・アイネ・クライネ・ナハトムジーク
・ベートーベン交響曲第7番

山下さんの指揮を生で聴くのは、ひょっとしたら初めてかもしれない。
ほー、こういう演奏をするんだ!なんか煌びやかな勢いのある演奏で、とても良かったです。
アイネ〜は、あんなに大掛かりな弦楽合奏バージョンを聴くのは初めてだけど、あのスピード感とか華やかさは、モーツァルトもこんなふうに指揮したんじゃないかなと思わされる演奏でした。
ベト7も、元気でいいねぇ〜!「のだめ」を思い出しました。コミックもドラマも傑作でした。
山下さんは大震災時も仙フィルのリハ中で、相当大変だったことは後日の新聞にも載っていました。
この日もプレトークで、当時の話をしていましたが、やはり仙フィルには特別の思い入れがあるようです。仙フィルメンバーも然り。

やっぱりオーケストラはいいなぁ。仙フィルな定期会員になっちゃおうかな!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合唱団じゃがいも 東京公演 20180128

2018-01-31 | 音楽の話
昨日は仙台に戻る前に、合唱団じゃがいもの東京公演を聴いてきました。
プログラムは、「合唱童話むくどりのゆめ」と「合唱オペラねこのくにのおきゃくさま」
合唱童話の伴奏に仙台フィルのチェリスト山本純さんが参加するとFBの載せていて、おー、日曜の昼間なら観れるじゃないか!と、急遽当日券を購入しました。
じゃがいもは山形を拠点に活動していて、ただ合唱を歌うだけでなく、振付やお芝居をしながらの合唱劇を披露する合唱団。
興味はあったけど、なかなか山形まで観に行くことが出来ず、思いがけないgood timingでした。
長い物語の曲を暗譜するだけでも大変なのに、まさに身振り手振り、お芝居もやりながら歌うのは、相当キツイと思います。
でも皆さん、活き活きと楽しそうに歌っていました。
僕らがやっている合唱とは一線を画すものですが、この躍動感とか活き活き感は普通の合唱で見習うべきものがあると思います。
とてもよい演奏会でした。

会場は、亀有駅前。
30年も東京にいながら、両さんも結構読んでいながら、降りたのは初めて!
時間があればいろいろ散策してみたかったです。(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bone Beats New year concert 20180127

2018-01-31 | 音楽の話
一ノ蔵男声合唱団やハマ音合唱団で一緒に歌い、最近はオペラなどで活躍している清水一成くんが参加する男声カルテット「Bone Beats」のコンサートを聴きました。
水族館をテーマにしたコミカルなオリジナル組曲から、フォスターなどのポピュラーな名曲、ニグロ・スピリチュアルなどまで、幅広いジャンルの曲を面白おかしく、そして素晴らしいハーモニーで聴かせてくれました。
男声カルテット(4人)やダブルカルテット(8人)、やりたいなぁ〜。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤崎ニューイヤーコンサート 20180109

2018-01-31 | 音楽の話
今年の演奏会鑑賞記録をこのブログに記録することにしました。一部、これまでの投稿とダブりますが、悪しからず…

1部は、まさにニューイヤーコンサートらしいヨハン・シュトラウスのワルツやポルカが中心、そしてワインの振舞いがあった休憩を挟んで、2部はチャイコフスキーの交響曲第5番です。
おー、チャイコフスキー、とても良かったです。4楽章は、ちょっとウルっと来ました。
いつもの通り?4楽章のエンディング前の盛り上がってブレイクが入るところで、一分聴衆が拍手。
あとからチェロの山本さんに聞いたら、「もう、やるたびに間違い拍手あるので、慣れっこです」…
うーむ、ちゃんと曲をしらないなら、知ったかぶりして勝手に拍手するな!と思いますけど。

電力ホールはクラシック、特にオーケストラのコンサートには向かないと思いますが、仙フィルの演奏は良かったです。
やっぱり今年も出来る限りいろいろなコンサートに行きたいなぁ〜。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始のご報告 〜 その4

2018-01-25 | 家族のこと
もう随分前のことのような気がするけど、一応ブログにもアップします。
元日は、いつものように次男とお袋と3人でお正月のお祝いでした。
今年は波奈の洋風お節に、お袋と僕の共作(?)のお煮しめにお雑煮。おせちはちょっとイマイチ…、煮しめと雑煮は旨かった。
あと何年こんな正月ができるか分からないけど、お袋が元気なうちは続けたいと思います。

2日は次男と川渡温泉藤島旅館へ。
どうも次男は藤島旅館のトロリとした湯の花いっぱいのお湯や古色蒼然とした風呂場はあまり気に入らなかったらしく、風呂には一回しか入らなかった…(≧∇≦)

3日は風がおさまったので、次男とオニコウベスキー場へ。前に息子と烏帽子でスキーしたのが4年前ぐらいかと思っていたら、6年前だって!
ということで、タカくくって最初から初中級コースに登ったら、狭い迂回コースで転びまくり、ひどい目にあいました。最初から初心者コースに行けばよかったです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加