ヒカラビ一家の花日記

山の上に住む花農家から 魚沼発のあれこれを

花の無い日曜日

2022年07月03日 | 旅行記

今年から日曜日は出荷受け付けが休み。労働環境も大事です。

朝、やっぱり目が覚めるので月岡公園へ。

早朝から結構カメラマンが来てます。

昨日ユリ祭りだったので今日は何もないけどすごいユリの数、、、満開。

やっぱりユリはいいですね。産地アピールも欠かしません。

ここの芝生はきれいに管理されています。

早朝は犬たちの交流も活発です。

 

帰って朝飯。トマトはもうすぐ。

キュウリはもう食べきれません。お楽しみのフルーツホウヅキ。

今年こそのトウマメ。この後電気柵を巡らせます。

そのあとは山喜農園の展示ハウスへ。

この暑さで一気に追いついたようだ。

品種を見る目も熱い夏を意識したものになります。

暑くてもきちんと上を向いてボリュームの出る品種、、、、花シミ等、、、

今後主力になりそうなパッションはやっぱり晩成種だ。夏産地には晩成種が合う理屈だ。

夏に力を発揮しそうなのが台頭してきた八重咲ユリ。

花粉が吹かないこと、水落しないこと、花が取れないこと、、、品種を選べばばっちり夏向きだ。

しかし、、よく見てみるとこれらって、、、、仏花向きの花だ。

仏壇の蓮の花のローソクそっくりじゃないか。

お盆、彼岸と仏花需要を抱えている夏のユリ産地。

これはひょっとして大当たりするかもしれないぞ。

少しドライブへ。何度も訪れている美人林ですw。

最近夏バテで元気のないQちゃん。芝生の上や森の中を歩いて元気出してもらいましょう。

マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュ。

ここでも花が満開。

昼には帰ってゆっくり昼寝。夕立来ましたが雨はしずく程度。

Qちゃんの食欲も戻りました。花の無い日曜日、、、、

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キャンパスライフが始まる

2022年07月01日 | 発信

7月になっちゃいました。6月中に梅雨明けなんぞ前代未聞だ。

連日熱いので防除は夜明け前からですw。

露地作最初に切れるのがペタカス。輪数少ないのが残念だけどガタイはしっかりできてます。

合わせるピンクはオバダ。こちらもガタイは十分です。

ハウス作。土曜日に始まったオバダが三日で終わると続いたホワイトスピアーも三日で終了。

しばらく出荷は休みになります。

いきなり猛暑なのでウルイには日よけの目的も兼ねてボルドー液散布。

寒冷紗1枚分の日除け効果があるのだとか。

ようやくナス1号が食べられる。すでにキュウリ、ピーマン、オクラはいただいております。

欲しかったフィスラーのフライパンゲット。夏は炒め物で乗り切ります。

先日の日曜日、農業士仲間に黒イチジクの苗をおねだり。

2.3本ちょうだいと言ったのに立派な苗を1箱いただいてしまった。

こんなにもらったら本気になるじゃないか。

もしこれも商品化できてしまったら、花き、野菜、果樹と園芸3分野全部制覇してしまうぞ。

せっかく上越まで行ったので足を延ばして妙高まで。

いくら標高1200mとは言え坂を登れば汗は出る。

前に来た燕温泉黄金の湯です。もうセミが鳴いている。

ネット画像から拝借するとこんな白濁の硫黄温泉です。かなり硫黄臭い。

脱衣所回りはブト(ブユ、ブヨ)が総攻撃をかけてくるのに湯舟近くには全くいない。

虫は硫黄臭が嫌いなようだ。秘湯めぐりがブームなようで結構お客さんが来ます。

 

そのドライブを最後に老車モコとのお別れの日が来た。

長年走ってくれて満身創痍。フロントガラスのヒビも長くなってもう限界。

岡山、姫路までの長旅は一生の思い出となった。

モコとMRワゴンの違いはライト回り。二重まぶたのがモコだ。

今度やってきたのがキャンパス君。モデルチェンジ前の最後の製造ロットだそうだ。

今度もまぶたがついてる。

すげぇすげぇ最新装備。今度はブレーキアシスト付きなので初老夫婦にはありがたい安全装備だ。

問題は老犬がちょっと夏バテで食欲不振なこと。冷え冷えシートがお気に入りだ。

 

 

 クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Where have all the tuyu gone?

2022年06月25日 | 発信

昨夜は久しぶりにいい雨が降って空気も空も畑も生き返ったようだ。

遅くなって植えたさつま芋畑がようやく畑らしくなってきた。

それまでは梅雨はどこ行った?って感じの猛暑で34度くらいが続いてみんな参っていた。

花はどこ行った?ようやく百合が始まりました。オバダせしました。オバダですw。

部会員2人同時スタートなのでそこそこの数は出荷できると思います。

こんな感じです。

今週もどたばたと短い1週間でした。

火曜日は山菜3組合合同の出荷反省会。3年ぶりに市場の方も来てくれた。

単価回復でみんな盛り上がりました。

花はどこ行った?ウルイの花穂が一斉に立ち上がってきた。

木曜日は県指導農業士会の研修会。村上の大農家です。

この大きなコンバイン、3台でいったいいくらでしょうか?

女性従業員の仕事としてドローン防除と肥料撒きだそうだ。

ASIAGAP認証取得だそうでゴミ一つ落ちてない完ぺきな作業所環境、、、、

社長は外車乗ってるしぃ、、、

ネギ農家も大変なレベルです。

泊りは何十年ぶりかの瀬波温泉でした。

夕日の時間には少し早すぎた。飲み始めれば夕日の時間などすっかり忘れてるしぃ、、、

翌日はまじめに総会です。新役員が選ばれました。

この2年間の役員さんたちと全く交流できなかったのは残念です。

みんな新潟県を代表する面白いおやじたちなのに。

家に帰ったらキュウリが立派になっていた。たった1泊なのに浦島太郎だ。

トマトはもう少し。

格納庫は占領されてるし、、、、

畑ではこれで3羽目の戦死者が、、、、

まだまだ暑い日が続きそうだ、、、梅雨はどこ行った?

 

 クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山間窪田遺跡Ⅱ

2022年06月18日 | 観察

県道拡幅工事ですが、、、その前に遺跡調査を受けております。

県道と言っても町道が格上げになっただけで構造は町道規格、つまり浅い層しか掘っていなかったのでその下の遺跡は手つかずのままでした。

何処を掘ってもこんな柱を立てた跡が出てきます。

今は過疎の村だが昔は相当大きな村だったようだ。

かと言って火炎式土器とか値打ちのありそうなものはなかなか出てこない、、、出たらまた工事が止まるが。

この遺跡、私的に名をつけると 「山間窪田遺跡」なのだ。

読み方は 「やんまくぼたいせき」

そう、ヤンマー クボタ イセキ、ここは農業発祥の地と名乗ってしまおう。

 

世界的な食糧危機がやってきそうなので食糧生産も頑張りましょう。

6月になってメリクロン苗がメーカー側からキャンセルされた。低温による不出来だそうだ。

今年は基腐病の懸念から関東以北で生産された苗を手配していたのだが仕方ないので西日本の苗で補った。

遅くなりましたが最後に届いた芋蔓はシルクスイート1000本。

これで4品種3600本のさつま芋植がようやく終わります。

キュウリはまもなく。自家用ですが。

トマトが見えてきた。自家用ですが。

ピーマン初収穫。

枝豆も順調です。晩酌用ですが。

ユリは遅れてます。今月中に果たして、、、、

 

 クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨前路迷

2022年06月12日 | 発信

1週間が早い。月火水は雨、木金土は晴れるけど夜雨。

房州からビワが届きました。大粒で甘い。

一番早いユリでこのくらい。

ウルイは順調、晴れたので1回目のボルドー液散布、、、去年、2回目はできなかった。

今年こそ梅雨明けにもう1回。

週前半は雨続きだったのでいつもの山周りドライブ。

津南の富士山はきれいだったけど裏のブナ林へは工事中で行けなかった、残念と引き返した。

別の道から山を越す。いつか来た思い出のオブジェたち。

オブジェではなくて本物。

留守原の棚田です。みごとに景観保存されてます。

久しぶりに見るイップリ突き。棚田での栽培は大変なんです。米、高く買ってくれ。

途中雪崩後で通行止め、また引き返して別の山道。今回迷いっぱなしだ。

ようやくたどり着いたもう一つの松之山温泉。

「上質な化粧水の様なヌルヌルのお湯」とのレビューにひかれてやってきた。

pH8.9 確かに皮膚が溶ける感じだ。入ってすぐに肌がツルツルになった。

露天風呂は田んぼから丸見えだがぬるくて長湯ができます。

昔この湯で洗濯すると石鹸が無くてもきれいになったそうだ。確かに石鹼もアルカリだからな。

松之山は奥が深い、これで4湯目だがそれぞれ個性的な泉質だ。

週後半の3日間は働きづめ。防除、肥料撒き、深耕、球根植。

エレムルスの出荷も順調です。

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする