ヒカラビ一家の花日記

山の上に住む花農家から 魚沼発のあれこれを

高齢者ダウンヒル2023 01 22

2023年01月23日 | 旅行記

なんと思われようが今年もやります。

本当は元旦の滑り初めの予定だったのだが雪質ひどかったので延期。

山頂はけっこう凍った空気感だ。

では行きましょうF1気分で。

高齢者ダウンヒル2023 01 22.2倍速

10月から筋トレして準備し過ぎたせいだろうか?

14分と慎重すぎたのかあっけなく出来ちゃいました。

いったいどれくらいノンストップで滑れるのか?

試しになだらかなコースで行ってみようーー

上の平から林間コースを下って日影ゲレンデ、さらに下山コースで長坂ゴンドラ乗り場までなんと22分ノンストップで滑れた。

今まで景色を堪能するだけでつまらなかった上ノ平が雪質良いのですごくスピードが出る。

こんな楽しい上ノ平は初めてだ。

林間コースも結構斜度があって森の中を滑る感じ。

これも野沢の楽しみ方だ。

スキーの楽しみ方も多様化している。ジョアリングを楽しむ一団がいる。

写せなかったがハスキーが2頭。これやりたくて犬飼ったんだよな~

2本滑ってお昼。

店に入ったらレジの姉ちゃんもウエートレスのお姉ちゃんもヨーロッパ系?

他のお客さんはアジア系?

なのでこちらも違和感たっぷりのボロネうどんなんてぇのを食ってみた。

高かったけど(120000円) 結構うまかったので負けた気分だ。

今日の出で立ちです。去年スキーウエアーで汗かいたので今年はワークマンジャンバーだ。

カメラがいまいち曲がって着いちゃったので画像がかしがってました。

山頂ゲレンデを2.3本滑ってご満悦。

湯の峰行ったら迂回路が閉鎖でなんと牛首に出ちゃった。

この崖は滑れる斜度ではない。

この崖で体力も筋力も消耗。

高齢者は無理せずに帰りましょう。

いつも最後はスカイラインに戻って左に折れて柄沢ゲレンデと決めている。

この緩やかで変化のあるゲレンデがお気に入りだ。

いくらパンパンのモモでも、ヒクヒクのふくらはぎでも、ガクガクの膝でも3キロのなだらかなコースが締めくくってくれる。

 

今日も満足でした。

お約束の温泉は道中にあるトマトの国?変な名前。

ちょっと熱めでしたがヌメリのある茶色がかったモール泉。

すぐ汗出るし肌はツルツルです。

 

20代から通っている野沢温泉スキー場。

古い写真にはジャニーズ系だった自分がいる。

毛無山から怪我なしでのダウンヒル。

来年は年金受給者ダウンヒルに挑戦します。

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

末吉

2023年01月08日 | 旅行記

元旦に引き返して延期した初詣。

天気穏やかなので行きます。新潟県人はやっぱ弥彦神社ですw。

隣のカカもさそって3人と1匹のドライブ。

老犬にはベッドも新調しました。

弥彦の前に寺泊で海鮮丼ってお決まりのコースです。ちょっと食いかけですが。

小雨が気にならない程度。

駐車場もすんなりは入れて順調。

参拝の列も短くて順調。

おみくじは女性陣は大吉と中吉。自分は末吉。高望みはしないのでこれでOKです。

参拝終わって帰りしな、、、なんと参道は長蛇の列。

混む少し前に参拝出来ました。しかも列の中に友人夫婦発見。こんなところで。

お約束の温泉は弥彦と岩室の間にあるだいろの湯。

これで3度目、リピートしてますね。

高望みはしないのだが欲が出て帰りに宮内で青島ラーメン。

純粋の醤油味は久しぶりだ。

今年は高望みしないでゆっくり行きます。

 

 クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

散々9度

2022年10月10日 | 旅行記

今朝は14度、まずまずの気温だが先週金土は9度まで夜温が下がった。

ピンク系OHは猛暑に負けて散々な出来だったけどOT系はさすがに裏切らない。

でも、早すぎ、露地最終作のタッチストーンが切れ始まった。出庫から60日チョイか。

さらに早いのマスター、、、本当に60日で盛りだ。

ザンベジはちょうど計画通り。これがラス前です。

花が進まなくなったのでようやく日曜日は全休できます。

若いころからドライブと言えば志賀高原。

頂上まで行こうと思ったとたんに横殴りに霧雨。そう、ここは雲の中、気温はなんと5度。

ここはもう冬だ。

少し下ってあこがれの温泉。80度以上あるそうなのでここで入ったら釜茹でだね。

志賀高原は火山の中なのでどこ掘っても温泉だらけだ。

あこがれていた温泉はこれ。沢の水とブレンドされて湯加減はちょうど良い。

ここに温泉通憧れの ponponユミ姐さんが入ったんだ。

温泉大好きです 自撮りです🎵♨️(@yumi_nee_ponpon) • Instagram写真と動画

道のすぐ脇、女性がこれに入るとは大した度胸だぞ!

でも、気温は7度!当然入りません。来年再挑戦だ。

なので、すぐそばなのにまるで違う泉質の熊の湯ホテル。

若いころは熊の湯、前山、横手山、渋峠こちら側のゲレンデも全部滑っている。

なんとバスクリン並みの緑湯、かなり硫黄臭い。

源泉は熱いのだがさすがに気温が低いのでぬるくてちょうどいい湯加減。

紅葉見ながら、、、、最高。

昔通った道をもう一度懐かしみながらたどるのは老化現象。

こちら側のゲレンデもほぼすべて制覇している。

特に好きだったのが西舘のダウンヒルだった。

焼額も奥志賀も好きなゲレンデだった。

寺子屋のパウダースノーは新潟ではありえないサラサラだ。

ゲレンデはすでにネットも張られ雪を待っている。

ここはもう準備完了冬待ちだ。

何度も何度も通った志賀高原、まだ違う泉質の温泉がどこかしこに。

スキーももう一度来てみたい。腰が許せば、、、、

ブドウやプルーンのほかに洋梨も買ってみた。

長野県の品種はマルゲリッタだそうだ。追熟はいらないそうなんだけど、、、

食ってみるとやっぱり新潟産ル・レクチェの方が甘さも味もジューシーさも勝ってるな。

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海の日

2022年09月25日 | 旅行記

台風後急に涼しくなった途端にプロポーズの枝が上を向き始めて蕾がもげなくなった。

久しぶりにいい朝だ。

8月から9月前半はヘトヘトになるほど働いた。

日曜日でも動く気がしない、、、それじゃあ疲れは取れないんだ。

久しぶりにさわやかな晴天なので春以来の海へ。

海岸は家族連れやカップルで大賑わい。屋外の解放感、金かかんない。

昔釣りして回った海岸を思い出しながら散策、、、、

いつもの岬のレストランへ。

いつもなら鯛茶漬けと海鮮丼をシェアして食べるのだが、、鯛茶漬けがメニューにない?

しかも丼は小さくなってる、、、、ご時世だろうか。

食いそびれた鯛を求めて海岸線を北上。

柏崎市の海岸線はおおむね42.195km位だそうだ。

佐渡は霞んで見えない。さわやかで冷たい海風。

観光客でごった返す寺泊。

鯛の焼いたのは売ってなかったので赤魚とイカを買って帰る。

魚ばかりでは新潟県人としては片手落ち。

見附の道の駅の芝生は子供連れで大賑わい。

ここも屋外で金かからないレジャー。

果樹王国新潟の旬のものを買って帰る。みんな新潟県の農業仲間なのだ。

 

 クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すぐそばの名湯

2022年09月11日 | 旅行記

朝若干花切りましたが休みます。秋晴れ、天晴。

午前中はずっと寝てました。眠れるってことはくたびれてる証拠。

来客にも気づかずに寝入ってしまった。

ここにきて晴れの日が続く予報。稲刈りははかどりそうだが、、、意外に稲刈ってない。

アユ釣りの方が楽しいのかも。

買い物ついでに山越えして15分で行ける隠れた名湯へ。

かつてはスキー場でにぎわったこの地も温泉宿が残るのみ。

旅館の前にはドーンと足湯があります。これだけの湯量をかけ流して、、、もったいない気がする。

こんない近いのに初の入湯です。

日曜日なのに、、、誰も。

 

隣のお宿はなぜか透明な湯なのにここは黄土色のモール泉。幻想的な湯舟。

外湯です。ぬるいので1時間近く浸かってました。

2.3人の入れ替わりで客は来たもののほぼ独泉。しかも国籍がいろいろ。さすが浦佐。

 

今朝から切れ始まった次の作のシスト。ボリュームあります。

夕方では全然進んでなくて明日朝また切ります。

買ってきたのは何と南魚沼産シャインマスカットだ。

 クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花の無い日曜日

2022年07月03日 | 旅行記

今年から日曜日は出荷受け付けが休み。労働環境も大事です。

朝、やっぱり目が覚めるので月岡公園へ。

早朝から結構カメラマンが来てます。

昨日ユリ祭りだったので今日は何もないけどすごいユリの数、、、満開。

やっぱりユリはいいですね。産地アピールも欠かしません。

ここの芝生はきれいに管理されています。

早朝は犬たちの交流も活発です。

 

帰って朝飯。トマトはもうすぐ。

キュウリはもう食べきれません。お楽しみのフルーツホウヅキ。

今年こそのトウマメ。この後電気柵を巡らせます。

そのあとは山喜農園の展示ハウスへ。

この暑さで一気に追いついたようだ。

品種を見る目も熱い夏を意識したものになります。

暑くてもきちんと上を向いてボリュームの出る品種、、、、花シミ等、、、

今後主力になりそうなパッションはやっぱり晩成種だ。夏産地には晩成種が合う理屈だ。

夏に力を発揮しそうなのが台頭してきた八重咲ユリ。

花粉が吹かないこと、水落しないこと、花が取れないこと、、、品種を選べばばっちり夏向きだ。

しかし、、よく見てみるとこれらって、、、、仏花向きの花だ。

仏壇の蓮の花のローソクそっくりじゃないか。

お盆、彼岸と仏花需要を抱えている夏のユリ産地。

これはひょっとして大当たりするかもしれないぞ。

少しドライブへ。何度も訪れている美人林ですw。

最近夏バテで元気のないQちゃん。芝生の上や森の中を歩いて元気出してもらいましょう。

マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュ。

ここでも花が満開。

昼には帰ってゆっくり昼寝。夕立来ましたが雨はしずく程度。

Qちゃんの食欲も戻りました。花の無い日曜日、、、、

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3day

2022年05月23日 | 旅行記

日曜日、食の安全保障の観点から野菜は自給します。

トマトはプチプヨですw。

野菜の初期保温と風除けを兼ねて肥料袋で囲います。

5年ぶりのお客さんと3人でお出かけ。ラーメン食いたいってことで老舗の中華へ。

前々からあこがれていた秘密ではない公開型花園へ。

バラが見頃との情報だったけどそんなもんじゃなかった。

ジキタリス、、、、

時季足らず、、、、

おっ、バプティシアだ。

花、花、花、花、、、いったいどれほどの種類の花が咲いてただろうか。

エディブルフラワー、もちろんいただきました。

いまさらながらだが、花っていいもんですね。

〆は温泉です。

ここのぬるさ加減がちょうどいい。長湯しました。

クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連休後連休

2022年05月10日 | 旅行記

ゴールデンウィークはフルに働いた。

1週間のウルイ出荷は3000パック。

7日の最終出荷で通算44000パック。去年より9000パック増産できた。

雪下にんじんはイベントでの詰め放題に使ってもらって1200キロ。

今週の納品で終了します。売れない売れないとぼやきながらも12t。

ゆりの植え込みも2週分植えた。

連休終わってから休み。

日曜日は集落の江ざらいやら神社の掃除やら、、、そして3年ぶりのBBQ復活。

そのために作業場片づけたり雪囲いを外したりと忙しかった。

いやーーー強烈な飲みっぷりだった。皆さん溜まってたんですね。

月曜日はごみを片付けたり野菜苗を植える準備だったりと、、、休みとは言えない休み。

火曜日は朝からジェット機が飛び交う騒々しい日、でもピーカンだ。

例のごとく山周りドライブ。山地の集落はこいのぼりが賑やかだ。

山菜山菜はもうシーズン終わってますね。

最近、地学に興味があるのでやってきました。

うちの集落の縄文遺跡からも1万年前ほどの勾玉が出土している。

やはり糸魚川から来たのだろうか?

火炎模様の縄文土器は信濃川流域を中心に発見されている。

ラインから言ったら出ても不思議はないのかな。

そうです、またブラタモリ追っかけをやってます。

少し遡ったところ。

ここが西日本と東日本の境目ですw。

大糸線、1両編成でのんびり走ってました。

野の花が、、、カキドオシかな。植生はうちの方とほぼ同じだ。

フォッサマグナと思い込んでいたのは糸静線のことで日本列島が折れたところに堆積したものや海底火山から盛り上がった中部域全体をフォッサマグナと言うのだそうな。

つまり我々もフォッサマグナの中に住んでいるのだ。

気のせいかもしれないがここに立つとなぜか目の焦点が合わなくてめまいがする。

磁場が発生している気がする、、、、

ここがユーラシアプレートと北アメリカプレートの境目だ、、、ここが。

ブラタモリの舞台となった酒蔵が見えます。

店も何もないので昼食はいったん長野県まで入ったところの道の駅。

ここは昔大きな土砂災害のあったところだ。

のぼり旗が立っていたので崖を降りてみたら、、、、

ポツンと何かあるぞ。

秘密基地のようだが、、、、

温泉じゃねぇか。

募金箱に500円入れて、お風呂いただきます。黄土色の湯、いい感じ。

最高だ。

Qちゃんも入る?

年賀状はこれで行くかな。

2湯目は目的としていた温泉。姫川温泉。

崖から熱い湯が滝になってる。もっていねぇーー

瘡の湯ってこの字なのね。子供のころ擦り傷が化膿すると「クサ」と言ったがこの字なのか。

ここの湯は透明だが塩気がある。塩の道沿いだからなのか?

石灰分が鍾乳石になってる。かなり熱い湯でした。どこもほぼ貸し切り、、、、

少し登ったところにある大仏様。今はトンネルが開通して訪れる人はいなくて草の中。

大仏が眺めている山です。

帰りは海沿いをドライブ。能登半島の先端と佐渡島が遠くに見えるべた凪。

ここもこいのぼりが集団でなびいていますwww

遠出するから面白い。まだまだ日本は広いぞ。

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

爽快、ポツンと一本桜

2022年04月24日 | 旅行記

 総会です。

3年ぶりに組合員を集めての花き組合総会。総会がこんなにうれしかったことはないね。

総会ですwww、、、民生委員の総会はリモート。なんかむなしい。

総会ではないけど集会所に集まって先般受賞した全国表彰の報告会。

いやぁ、、盛り上がりました。

そんなこんなと4月、新年度は暦の進み方が激しく、どたばたと忙しい。

ちょっと息を付きたいころに桜が咲いてくれるのが雪国のいいところ。

残雪の中でも桜と赤モクレンが同時開花。紅山桜も咲きはじめました。

さぁ、旅に出よう。

百合が始まるとなかなか休めないので思い切って(毎週だが)桜を求めて、、、

峠を越して少し行ったところの「おぢいさんの桜」が満開。

川を遡るはずなのにこちらはもう菜の花ロード。

目的地手前で立ち寄った豪商の館。

豪農の館もすごいが豪商の金持ち感は比ではない。

ここの枝垂桜はいい色でした。

かなりの古木もあります。

ネットサーフィンしてるうちに目についた山奥の枝垂桜。

標高720m、樹齢250年の枝垂桜が山の上にポツンと咲いているそうな。

す、すごい存在感だ。威風堂々とはこのことだ。

実際は地元の人たちがていねいに管理してくれていて桜公園になってました。

この時期桜からもらうものは大きい。

完全貸し切りでした。地元の人たちに感謝。

お約束の温泉巡りですが、、、名前にひかれてやってきた穴観音の湯。

北信五岳を一望に見渡せる青みがかった白濁の硫黄温泉だっだっだ。(ネット画像より)

かなり硫黄臭い。中途半端な時間なのでガラガラ。

同じ源泉ながら露天風呂は白濁が消えて透き通っている。時間がたつと変わるのだそうな。

これぞ観音様(女性)の2面性なのかな。

裏手にある穴観音です。

戦国時代の悲しい物語が書かれてます。

観音様の声が聞こえて指示の通りに掘ったら温泉が湧き出たのだそうだ。

眼下の果樹地帯。あんず?の花、リンゴの花?

ボーっとした時間がどれほど癒してくれただろうか。

道中、桜はまだたくさん咲いてました。今年はどれもよく咲いている。

さて百合の球根も出庫されて畑に出なくては。

ウルイはあと4ベット、最後の追い込みです。

連休は休めそうもないな。

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜を求めて

2022年04月19日 | 旅行記

地元の桜も咲き始めてますけど、、、

新潟県内感染者数は高止まり、感染者の少ない隣県へ。

城址公園に来たけどあら残念、散った後でした。

3日前ならすごかったろうねって感じ。

花弁が敷き詰めてありました。

人影もまばら、でも屋台飯はまだやってました。

少し上流まで走って景勝地の滝を見物。

マイナスイオンが空気を浄化してくれてますw。

ここの枝垂桜は色濃くていい感じ。

少し戻った川のほとりの桜並木。

お弁当食べてる家族連れが2組いるだけでもったいないぞ。

桜のトンネルだ。

反対側の山に移ってお城を見物。

御姫様がたくさんいてキャピキャピ。ドレスの借り賃は2500円だそうだ。

さらに山の上に。

ここの桜は色濃くて素晴らしい。

〆の温泉です。道の駅、食事がうまい。

時間帯のせいかお客さんポツポツ。

数年前ここで買った柚トウガラシが切れたのでまた買いに来ました。キノコ売ってなかった。

それにしても、人気を避けた旅もつまらなくなってきたぞ。

 

クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする