そうなんだ。

外国語で知ったこと。

シャレードゲーム   英語

2016-01-30 15:48:25 | 英会話教室
本日は、私の通う英会話教室で 「そうなんだ」 と思った単語です。
以下 「 」内はそのままの原語で 『 』は和訳になります。

その日は英語でのフリートークが長くなってしまい
テキストに入るにしても、残り10分足らずだったので
イケメン米国人教師がゲームを提案しました。

米 「Let’s play charades.」(レッツ プレイ シャレーズ」

この日の生徒は3人ですが、3人ともこの(シャレーズ)がわかりませんでした。

米 「Don’t you know charades?」(シャレーズしらない?)

と言いながら、ホワイトボードに 「charade」 と書きました。

シャレード・・・。
どこかで聞き覚えのある単語です。 
「ch」を(シャ)と発音するあたりは、フランス語由来なのでしょう。

米 『言葉を使わずに身ぶりを見て、それが何かを当てるゲーム』

私達・日本人が言うところの “ジェスチャーゲーム” のことでした。

「gesture」(ジェスチャー)・・・身ぶり・手まね

「charades」(シャレーズ)・・・ジェスチャーゲーム

身ぶりは(ジェスチャー)でも、その遊びは(シャレーズ)と言うのです。
ジェスチャーゲームという言い方は和製英語でした。
日本人は和製英語使い、英語圏の人は英製仏語(?)を使っているようです。

ちなみに、フランス語のシャレードは

「charade」(シャレード)・・・言葉当て遊び

“身ぶり”ではなく、ヒントとなる“言葉”によって当てる遊びのことを言う
と、フランス語辞書に書いてありました。

一応、ゲームの結果をご報告します。
授業内のシャレーズは、私が一番多く当てていました。



コメント

踏切   英語

2016-01-27 20:54:04 | 語学

警察による “自転車の取り締まり” 現場を、初めて見ました。
『二人乗り』や『傘差し運転』の取り締まりではありません。
『警報が鳴り始めた踏切への進入』です。

行われていた踏切は線路2線を横切る車線2線。
車線の横に歩行者兼自転車通行用のスペースがある
よくある普通の踏みきりです。

ほとんどの人は自転車で渡ろうとした時に警報が鳴り始めたら
迷わず、自転車のペダルを一所懸命にこぎます。

ラッキーなことに、この取り締まりの日に私は歩きでした。
踏切の前に来た時に警報が鳴りだしたので
迷わず、走って渡りました。
そして渡り終えたところで

警 「ちょっと! だめでしょ!」

私 「えっ?」

警 「警報が鳴り出したら渡っちゃだめでしょ」

私 「遮断機が下りる前に渡りきる自信があったので。 すみません」

警 「今日の取り締まりは自転車だけど、だめですよ」

私 「すみません。 わかりました」(全然わかってない)

若造の警官の目線を追うと、いるわいるわ・・・。
警官も4~5人いましたが
小さい子どもを連れたママや私と同年齢の主婦たちが
道路の端で、書類に何か書かされていました。

運悪く、今回捕まっていた顔見知りによれば
指紋まで採取されたそうです。

警報が鳴り始めた踏切を、自転車で渡る際は
取り締まりをしていないかどうか、確認することにします。

警察の方へアドバイス
渡った人を捕まえるために見張るのではなく
渡りそうな人に、「だめですよ」 と声を掛ければ双方手間なしです。

踏切を英語では何と言うのでしょう。

「railroad crossing」(レイルロード クロッシング)・・・踏切

「railroad」・・・鉄道
「crossing」・・・交差点・踏切・横断歩道

日本では、警報の上にある 「×」 は黄色と黒の縞ですが、
アメリカでは「×」が「railroad」と「crossing」の文字の交差になってます。

ちなみに、日本と違って車は踏切の前で一旦停止するルールではないそうです。




コメント (2)

火花   英語

2016-01-25 13:58:23 | 読書
“やっと” と言うべきか “思いのほか早く” と言うべきか。
話題になった 又吉直樹著 『火花』 を読みました。

“やっと” と言うのは、
本好きな私としては早く読みたかったのですが
初めて読む作家なので、冒険せずに(買わずに)
図書館にリクエストして順番をずっと待っていました。

“思いのほか早く” と言うのは
昨年8月の時点で178番目のリクエスト待ちだったのが
年が明けて140番目に進んでいたものの
2016年内に借りるのは無理かもしれないと諦めていたからです。

ラッキーなことに、パート仲間から借りることが出来ました。

面白く読めました。
主人公のお笑い芸人・徳永が一人称で語っていく小説です。
作者である又吉さんもお笑い芸人なので、“私” で語る文章を
読み始めは小説ではなくエッセイもしくは自伝と錯覚しました。

お笑い芸人である主人公の語り口はウキウキとした明るいものではなく
むしろ淡々として、内向きです。 
しかし
漫才の描写や登場人物の突飛な行動は、目に浮かんで可笑しかったですし
関東人の私としては、関西弁のやりとりにも笑ってしまいました。

読み終わった後に、
“芸人の世界にはこういうこともあるのかもしれない”
と思わせられました。
本が面白かったときに感じる私の感想です。

小説の中で、主人公・徳永が属するお笑いコンビ名が “スパークス” です。

「sparks」(スパークス)・・・火花

「spark」単数形には、“活気・ひらめき” の意味もありますが
“火花” の意味で使う時は、(スパークス)複数形になります。



コメント (2)

バレル   英語

2016-01-22 11:32:44 | 語学
経済ニュースで毎日のように懸念されているのが
株安・原油安です。
本日の朝刊にも 『原油安 底なし沼』 の見出しがありました。

1バレル = 26ドル

1ドルを117円で計算すると、26ドルで3042円です。
問題はバレルです。 
バレルがわからないから、ニュースに興味が持てません。
どのくらい安いのかピンとこないのです。

バレルは英単語でした。

「barrel」(ベァェル)・・・ 樽 ・ 石油の計算単位(159リットル)

バレルは “樽” という英単語でした。
ワインやウィスキーを熟成させる、木製で同周りのふくらんだ樽のことです。
日本語では(バレル)とはっきり発音しますが
英語では “ベア(熊)” + “エル(L)” を続けて言う感じだと
英会話教室のイケメン米国人教師から聞いた覚えがあります。

1樽 = 26ドル(3042円)

原油なので、実際は樽に入れて取引されるわけではありません。
単位として考えた時、1樽は約159リットルです。

それほど大きな樽ではありません。

159リットルは2リットル入りの水のペットボトル80本分。
6本入りの箱なら、13箱くらい。
4箱ずつ3段に積み重ねたくらいの樽です。

3042円 ÷ 80本 = 38円

原油2リットル入りのペットボトルならば、1本38円。
そう考えると確かに安いです。


1バレルと言わずに1樽と言って、樽の写真でも載せてあれば
もっと早くニュースの意味もわかったと思います。
興味を持つかどうかは別として・・・。




コメント

大統領選挙   英語

2016-01-20 20:28:32 | 英会話教室
アメリカ合衆国大統領選挙に向けて、立候補者による討論会
などの様子が日本のニュースでも紹介されます。

「a presidential election」(プレジデンシャル エレクション)・・・大統領選挙

私が名前を挙げることができる候補者は二人だけでした。

Mrs.ヒラリー・クリントン
Mr.ドナルド・トランプ

ドナルド・トランプ氏は過激な発言や極端な意見が多いので
この人がアメリカ大統領になったら大変なことだろうと
日本人ながら心配してしまいます。

ヒラリー・クリントン氏は、年々綺麗になっているように見えます。
68歳とは驚きです。

“上手だな”と記憶に残っている彼女のスピーチの一部を紹介しましょう。

ヒ 「私は最年少の候補者ではないかもしれません。
   けれども、私が大統領になれば、最年少の女性大統領になります」

これまでに女性の大統領はいませんので、そうなります。

ヒ 「(孫がいるため)おばあちゃんの大統領でもあります」

と、続けたのもチャーミングですよね。

先日の英会話教室で、新たに立候補者の名前を覚えました。

Mr.バーニー・サンダース

我らがイケメン米国人教師が応援している候補者です。
その名前を知りませんでしたが、身近な人が応援していると
見ず知らずの候補者自身も、突然身近に感じてきます。 
その上、アメリカ大統領選挙の話題になったときに

私 「バーニー・サンダースはどうなのかしら?」

と発言したら
この女性は世界に目を向けている? と思われそうです。

バーニー・サンダース、 バーニー・サンダース

名前は覚えました。
ちなみに、74歳・男性です。


コメント