そうなんだ。

外国語で知ったこと。

アーユルヴェーダ  シンガポール4

2018-09-20 16:46:25 | 旅行
「そうなんだ ブログ」のカテゴリーに “ご朱印” を入れてある通り、寺社仏閣に興味があります。
シンガポールでは、イスラム教のモスクとヒンドゥー教の寺院も見学しました。

ヒンドゥー教寺院はリトルインディアにあるスリ・ヴィラマカン寺院を訪ねました。
日本ではヒンズー教について、何一つ知られていないような気がしますが
実は、身近だったのです。
大黒天・毘沙門天・弁財天・吉祥天などは、もともとヒンズー教の神様です。

寺院にいらっしゃった神様を何枚か撮影させて頂きました。





色鮮やかで、手がたくさんあって、表情が怖いです。(何か口にいれてますか?)

ところが
阿修羅や千手観音も、もとはヒンズー教の神様だったそうです。
そう言われてみれば、共通点があります。

お釈迦様もインド辺りの出身ですが、ヒンドゥー教の神様の一人ということになっているようです。

これらは、帰国後に調べて知ったことです。
行く前に知っていれば、神様の像を探す楽しみもあったと少々後悔しています。

さて、もうひとつ興味をもったのは、アーユルヴェーダ。
インド・スリランカに生まれた、5000年の歴史ある健康法で、いわゆる「予防医学」です。

サンスクリット語とされている(アーユルベーダ)の文字をコピーして、グーグル翻訳に貼り付けたら
原文の言語はヒンディー語とでました。 この言葉はヒンディー語に受け継がれてるようです。

「आयुर्वेद」(アーユルヴェーダ)・・・アーユルヴェーダ

「आयुस्」(アーユス)・・・年齢  ヒンディー語
「ஆயுள்」(アーユル)・・・生命  タミル語

ヒンディー語では年齢と訳されますが、同じインドのタミル語では、アーユルは“生命”と訳されます。
これは、生命を取らせて頂きます。

「वेद」(ヴェーダ)・・・ヴェーダ

これは和訳にヴェーダと出てしまうので、本を参考にすると“真理”や“科学” と訳されるようです。
“アーユルヴェーダ”で “生命の真理” “生命の科学”。

インド人街のドンキホーテのようなお店で(ごちゃごちゃしている)、アーユルヴェーダの石鹸をお土産に買ってきました。
そこでは気にならなかった白檀の香りが、日本で嗅ぐと強い強い。
しかし
この香りは瞑想時にも用いられる、気を落ち着ける香りだというので
就寝時に枕元に一つ置いて寝ています。(箱に入れたまま)
気のせいなのか、偶然なのか、よく眠れています。


コメント

マーライオン シンガポール3

2018-09-16 11:59:58 | 旅行
シンガポールの映像でまず使われるのは、マリーナエリアのマーライオンの像です。
シンガポールで開かれた米朝会議のニュース映像でも、必ずこのマーライオンを含む風景が映し出されていました。



シンガポールを訪れた旅行者は必ずこのマーライオンをバックに写真をとります。
ガイドブックには、マーライオンと記念写真を撮るにあたってのアングルが紹介されています。

マーライオンの吐き出す水を、自分の口を大きく開いて直接飲んでいるかのような構図。
マーライオンの吐き出す水を両手でキャッチしてるかのような構図。
マーライオンを手のひらに乗せているかのような構図。

ちなみに私は、マーライオンの吐き出す水を帽子で受け止める構図に挑戦しました。
これが思ったよりも大変でした。
夫に撮影させた写真に対し、何度もダメだしをして、ようやくまぁまぁ納得いく写真が撮れた次第です。
ずいぶん時間がかかってしまいました。

しかし、
このマーライオンは見れば見るほど、不思議な像です。

今日はこの「マーライオン」というネーミングの由来についてお話します。
まずはなぜ、ライオンなのか?

前回シンガポールの公用語は英語・マレー語・中国語・タミル語の4つだと紹介しました。
マレー語はお隣のマレーシアでも話されている言語です。

マレー語でライオンのことを

「singa」(シンガ)・・・ライオン

もともと国名のシンガポールはマレー語で “ライオンの町” の意味だそうです。
それでライオンの像を象徴としているんですね。

「マー」はフランス語だそうです。

「mer」(メる)・・・海

フランス語の発音で平仮名の“る” は、日本語には無い音です。 
ですから、メル といった発音にはなりません。

「マーライオン」は「海のライオン」と訳すことになります。
「海のライオン」だから半分魚なのですね。

このマーライオンの姿はお土産としても大活躍です。
チョコレート・Tシャツの図柄・置物・キーホルダー

老母への土産に、マーライオンのチョコレートとクリスタル風のミニマーライオンの置物(200円くらい)も買いました。
この置物は母のイメージするシンガポールそのものなので、喜んで飾ってくれています。

コメント (2)

ジャラン  シンガポール2

2018-09-13 21:57:28 | 旅行
四日間のシンガポール観光で大活躍したのは、
地下鉄とバスが三日間乗り放題のツーリストパスです。

地下鉄の利用方法は日本と同じなので簡単ですし、ホームドアは完璧です。



車内の非常口表記は四か国語で、英語・中国語・マレー語・タミル語。




バスの利用方法は日本と違います。
同じバス停に異なる行先表示のバスが来るので、乗りたい人は日本でタクシーを拾う時のように
バスに向かって手を上げます。合図をしないと停まってくれません。



バス停名の車内放送もない車中で、降車ボタンを押さなければならないのは少々不安でした。
とは言え、二階建てバスの上階の先頭席は座ってみる価値があります。

今回の「そうなんだ 外国語」は、マレー語の紹介です。 
マレー語はマレー半島周辺地域で話される言葉で、マレーシア語やインドネシア語を含みます。

旅の予約サイトなどで「じゃらん」という名前を聞いたことがおありでしょう。
この「じゃらん」という単語は、マレー語でした。

グーグル翻訳では

「jalan」(じゃらん)・・・道

と訳されます。
シンガポールに暮らし始めた息子によれば、「行く」という意味も持っているようです。

マレー語をひとつ覚えました。

コメント (2)

ロンガン(龍眼) シンガポール1

2018-09-11 11:58:51 | 旅行
シンガポールへ行って来ました。
しばらくこの話が続くと思います。

とても刺激的な国でした。 
公用語が英語・マレー語(マレーシアの言葉)・中国語・タミル語(インドの言葉)の4つで
すれ違う人も白人系・アジア系・インド系・アラブ系と様々でした。
出発前はシンガポールに住む全ての人は英語を話すのかと思っていましたが
英語が話せない人もいました。
特にチャイナタウンのレストランでは、英語が通じず、グーグル翻訳に助けられました。

街の様子も東京の銀座であったり、横浜であったり
ここはインド、ここはアラブ、ここは中国というように全然違う雰囲気の街もありました。

まるで銀座のような街・オーチャードのフォー・シーズンズ・ホテルに滞在しました。
部屋にはウェルカムフルーツが用意されていました。
見たことのないフルーツだったので、ポーターの方に名前と食べ方を尋ねると




名前はロンガンで、まわりの皮を向いて実を食べると教えてくれました。
ライチのような味で、果肉の中に隠れている大きな種は食べられません。

現地のスーパーでは、ロンガンの缶詰も売られていました。



写真が小さかったり大きかったりしていますが、やり方がわかりません。

このロンガンという名前は中国語由来ですので、漢字表記だとピンときます。

「龍」(ロン)・・・龍(りゅう)

「眼」(ガン)・・・眼(め)・目

そう言われれば、龍の目に見えてきました。

このロンガンは乾燥させて漢方としても用いられるそうです。
心と体を補い補血、滋養強壮の効果が有るとされ、疲労、不眠、貧血、病後、産後の肥立ち、また胃腸に効くそうですよ。

フルーツのままのロンガンを毎日少しづつ食べていたおかげで、シンガポールの旅行中は疲れ知らずだったのかもしれません。



コメント (2)

つばめ 韓国語

2018-09-04 16:50:28 | 語学
2018年9月4日。 台風21号。

西日本を通過する台風の影響で、東京近郊もかなりの暴風雨です。
今日は週一度の英会話教室の日でしたが、欠席しました。
時々狂ったように降る大雨も嫌ですが、暴風も怖いです。
自分が風に飛ばされなくても、何か飛んできてぶつかる危険性があります。

ところで
英語のニュースを見ますと、日本語で “台風21号” と呼んでいる今回の台風を
「Typhoon Jebi 」(タイフーン ジェビ) と呼んでいたので、意味がわかりませんでした。

そう言えば
アメリカでは、ハリケーンに名前がありましたね。
「カトリーヌ」とか・・・。

それで、台風にも名前をつけて呼んでいるのでしょうか?

気象庁のホームページによれば
日本を含む14ヵ国からなる台風委員会なるものがあり、加盟国がそれぞれ提案した10個の名前で台風を順番に呼んでいるそうです。
140個(14ヵ国×10個)ある名が、一巡したら、再び一番目の呼び名に戻るそうです。
だいたい、5年間で一巡するとのことですから、5年間に140回台風が発生している計算です。

今回の台風21号は、韓国が提案した名前の「ジェビ」の番でした。 韓国語としての意味は

「제비」(チェビー)・・・つばめ

ローマ字での表記が「Jebi」なので、英語での発音は(ジェビー)に聞こえます。

番号で呼び慣れている私たち日本人にとっては、台風に名前をつけるというのは違和感がありますが、
台風委員会でそう決めたのなら、他の国にとっては違和感がないのでしょう。

ちなみに、
気象庁のホームページに掲載されている表によれば
今回の「タイフーン チェビー」(台風 つばめ)は25番目の名称で、
この前後の日本の提案した名前の台風は 19番目の「タイフーン ヤギ」(台風 山羊)と
33番目の「タイフーン ウサギ」(台風 兎)になっています。

なるほど。

台風のニュースは英語ニュースをチェックして、「Typhoon Usagi」と言うのを聞いてみようと思います。

それにしても、怖いほどの凄い風・・・。

これ以上、各地に被害がないことを祈ります。

今年の夏は、大変な夏でした。



コメント (2)