NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「翔んで埼玉」

2019年04月07日 | 邦画

~空前絶後のディスり合戦開幕!~

2019年  日本映画  (2019.02.22公開)
配給:東映    上映時間:106分
監督:竹内英樹
原作:魔野峰央  『翔んで埼玉』
脚本:徳永友一
衣装:田中まゆみ
衣装デザイン&人物デザイン監修:柘植伊佐夫
美術:あべ木陽次
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:はなわ  「埼玉県のうた」
出演:二階堂ふみ/GACKT/伊勢谷友介/ブラザートム/麻生久美子
    島崎遥香/成田凌(友情出演)/中尾彬/間宮祥太朗/加藤諒
    益若つばさ/麿赤兒/武田久美子/竹中直人/京本正樹/勝矢
    富沢竹美/小沢真珠/中原翔子

<見どころ>
人気コミック「パタリロ!」の作者である魔夜峰央の人気漫画を実写映画化。
埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の
息子と埼玉出身の転校生の県境を超えたラブストーリーが展開する。
『私の男』などの二階堂ふみと『カーラヌカン』で主要人物を演じたミュージシャンの
GACKTが主演を務める。『テルマエ・ロマエ』シリーズなどの武内英樹が
メガホンを取った。

<ストーリー>
東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。
東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める
壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗
(GACKT)と出会い、惹かれ合う。しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し……。
(以上、シネマトゥディより)

<感想>
2月に公開でしたが、3月末にようやく鑑賞。
6月には「パタリロ!」も公開されるし、ようやく時代が魔野峰央さんに追いついたか!
って感じを受けます(笑) 公開されてかなり経つので感想はさくっと。


冒頭からエンドクレジットまで抱腹絶倒。 ばかばかしさをここまで徹底するから
面白さが倍増するのよね。さすが、「のだめカンタービレ」と手掛けた竹内監督。

 
宝塚をパロッた姿は、魔野峰央さんらしいし、「麻実麗」は宝塚トップスターだった
麻美れいさんがモデルって一発でわかっちゃう(お姿も
あと、キャスティングが巧い。二階堂ふみさんの存在は、さすが。
よく考えたら、BL話なんだけど、美形な人ばかりだから違和感ありませんっ(笑)
そして、やはり時代なんだなぁ~とつくづく思う。

 
県鳥がシラコバトとか、いろいろ埼玉のことがお勉強にもなったし、とにかく
なにも考えずに楽しめる映画でした。

そうそう、春日部生まれのはなわさんが歌う、「埼玉県のうた」、必聴ですよ~。

点数:8点 (10点中)

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 横浜市開港記念会館 | トップ | 大かまど飯 寅福  »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yuta1202)
2019-04-07 09:13:25
私も観てきました。現代版の結納に行く家族から始り、ラジオから歴史ドラマが始まる構成も面白いですね。
私は瓶で町の匂いを当てるのと、埼玉ポーズが面白かったです。
はなわの唄も最高で満員の客席から大ウケでした。
爆笑 (mayumi)
2019-04-09 13:53:54
公開直後に観ました。
もう大爆笑。
江戸川を挟んでの決戦のシーンで流山が出てきたのですが、
観ていたのが正に流山のシネコンで、沿線各地の地名も出るわ出るわで 可笑しすぎでした(*^◯^*)
yuta1202さんへ (NAO)
2019-04-10 16:57:08
こんにちは~久々のコメントありがとうございます^^

声出して笑っちゃう作品でしたね♪
千葉との合戦シーン、有名人の名前争いで
「小倉優子、弱いっ!」とかのあたり、めちゃ笑えました(笑)

映画を通じて、埼玉県のことがお勉強出来たのも
良かったです^^
mayumiさんへ (NAO)
2019-04-10 16:59:08
埼玉はもちろんですが、千葉の方もとても楽しめる
作品でしたね^^

最後まで、お腹抱えて笑える作品、久しぶりだったかも!
6月公開の「パタリロ!」も楽しみです~。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事