NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

♪4月の鑑賞予定映画♪

「バイス」「ビューティフル・ボーイ」「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」「キングダム」「アベンジャーズ/エンドゲーム」

○○女子会

2012年04月30日 | 日々の徒然

29日は、あるママ友達との女子会に行ってきました。

場所は、茅ヶ崎駅南口にある「2秒3」。
変わった名前でしょ?実は入り口も変わってるんです。

どこが入り口かわかりますか?

答えは、掲示板。
掲示板ごと引き戸になっています。
最初、この店に来た時、全くわからずうろうろしてしまいましたよ~。
何回も来ているお店ですが、今回もあやうく素通りするとこでした。

で、記事タイトルの「○○」ですが、今回の女子会はズバリ「肉食系女子会」。
ちょっと、記事のTOPに書けません。
 
ここはお料理もお酒もおいしいし、こじんまりしていて少人数の食事会にはもってこい。

特にハマっておかわりしてしまったのがアンチョビポテト。

これは、ハマりますね~お酒も進んじゃう味です。
お酒すすみすぎちゃって、出来上がってしまったママ友約1名・・。
私が責任持って連れて帰りましたわ。

女子会にふさわしくない放送禁止用語連発の飲み会でしたが
内容は至って大真面目な内容でしたよ、ハイ。
それにしても40後半~50代の女性が集まりましたが
みんな美しさを保つのに、ものすごーく努力されているのがよーくわかった飲み会でした。
私も頑張らなくてはっ!

そうそう、ここのお店のスタッフさん、とっても優しかったです~。
いろいろ気を遣っていただいて有難かったです。
又、次回の飲み会もここでやろうと思っています・・・・スタッフさん、カワイイ&イケメン揃いなので。

Bistro 2秒3
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-7-1
茅ヶ崎駅南口徒歩3分
18時~翌1時迄(LOは0時まで)
定休日:無休
Tel:050-5816-3167 

コメント (4)

「僕等がいた」 後篇

2012年04月29日 | 邦画

~あなたと出会い、失い、最愛を信じた永遠の純愛ストーリー~

2012年  日本映画    (2012.04.21公開)
配給:東宝=アスミック・エース    上映時間:121分
監督:三木孝浩
原作:小畑友紀   『僕等がいた』(小学館『月刊ベツコミ』連載)
脚本:吉田智子
音楽:松谷 卓
主題歌:Mr.chirdren  『pieces』
出演:生田斗真/吉高由里子/高岡蒼甫/本仮屋ユイカ/比嘉愛未/須藤理彩/麻生祐未

<見どころ>
生田斗真と吉高由里子を主演に迎え、人気漫画を前後編で映画化した純愛物語の後編。
今回は舞台を北海道から東京に移し、高校時代に恋に落ちた運命の相手を心から求めつつも
なかなか成就しない恋の行方を追い掛ける。
前編同様、高岡蒼佑や本仮屋ユイカが共演するほか、『猿ロック THE MOVIE』の比嘉愛未が
新メンバーとして参加。生涯たった一人の宿命の恋人を思い続けるピュアな愛が胸を打つ。

<ストーリー>
高校2年生の冬、矢野(生田斗真)は家庭の事情で釧路から東京に転校するが、彼と
七美(吉高由里子)は再会を誓い合う。それから数年後、就職活動に明け暮れる七美を
そばで支えてくれたのは矢野の親友である竹内(高岡蒼佑)だった。
最初は遠距離恋愛を続けていた二人だが、ある日突然矢野はぷっつりと消息を絶ち、
音信不通のまま月日だけが流れていった。

<感想>
「僕等がいた」 前編感想記事 

3月に公開された前篇は、後篇の大きな前フリ、という印象だったので、後篇は
いくらかドロドロしたものになるのかしら?と思ってたら、、、そうでもなかったですね。

前篇では、「これはちと無理があるのでは?」と感じた高岡蒼甫さんですが
さすがに社会人になると、ちゃんと見られるようになりました。
 
それにしても竹内君は、ほんとにいい人ですね。 こういう支えがあると女性としては
有難いです。私自身、高校時代にこういう人がそばにいましたが、有難かったですね。
ただ、映画で竹内と七美が同棲生活を描いている場面がありましたが、あれってどうなんでしょ?
同じ屋根の下で男女が暮らせば、深い関係になってもぜんぜんおかしくないし
だからこそ、竹内はプロポーズしたはずだと感じたのですが・・・。
それをああやって断られると見もふたもありません。竹内くんが気の毒でしょうがなかった。
普通あんな断り方したら激怒する人いますよ。(過去怒らした人、ここにいますので

後篇は、矢野がどうして消息を絶ったのか?その理由を中心に話が進んでいきます。
 
矢野の複雑な胸中は理解するし同情もしますが、なんでしょ?なんか共感が出来なくて。

最後、二人は再び再会し、やっと矢野が想いを告げてハッピーエンドとなりますが
ちょっと強引に持っていきすぎ?って感じました。無理やりハッピーにしなくても・・・。

とまぁ、個人的にはちょっと主人公2人には共感出来なかったですが、やっぱり昔に
ほろ苦い経験をしている人には、何か感じる作品だったのではないかと思います。
私自身は、先に書いたように、竹内君に似た存在の人がいましたので、映画と同時に
彼らのことを思い出しながら観ていましたね。

現実をすぐ見てしまう女性より男性の方が、胸キュン率高い映画のように感じました。

点数:7.5点 (10点満点)

コメント   トラックバック (6)

NEWデジカメ

2012年04月28日 | 日々の徒然

お嬢にあげたデジカメがついに壊れてしまいました。

スマホのカメラ機能でしばらく対応していたみたいですが
美術の時間で、被写体などを撮るのにはスマホのカメラ機能では限界だそうで。

ちょうど私もそろそろ新しいデジカメを買い替えたいと思ったので
3年ぶりに新しいデジカメを買っちゃいました。

ちなみに3年前は、このカメラ 



そして、今回もSONYのWX100 

これで、SONYサイバーショット3台目になりますかね・・・・。

買う決め手になったのは、やはりずっとサイバーショットを使用しているので
慣れているという理由が一番大きいですね。
それと、光学10倍ズームというのも大きなポイントでした。
あと、いろいろ使うので、動画・室内とかの撮影でも良い画質で撮れるのを
店員さんにお聞きしたら、NikonかSONYを勧められたので
慣れているSONYを選んだ次第です。

そして、最軽量というのもポイント。
実は、6月に息子が修学旅行に行きますが、カメラ担当になったらしく
目立つ色で、軽くて持ちやすいというのも考慮しました。
ホントは赤か青が欲しかったのですが、このシリーズでは希望の色がなくて・・。
散々迷った挙句、真っ白にしました。 いいんです、目立つ色が一番でです。

というわけで、これからはLUMIXスマホのカメラと、このサイバーショットちゃんが
ブログで大活躍してくれます。

よろしくね。

コメント (6)   トラックバック (1)

こちらは11歳

2012年04月27日 | コーギー(モモ♀)

NAO夫婦の結婚記念日と同じ日に、モモは11歳の誕生日を迎えました。

人間の年齢に数えると、60代半ばのハイシニア犬になってしまいました。

2ヶ月

コーギーって生まれた直後は、耳が寝てるんですよね。
3~4ヶ月で耳が立っていくわけですが、こうやってみると、なんか妙ですよね。

それが11年経てば、このような姿に。

あらら?手足収納しちゃって、ツチノコみたいになっちゃって。

平日は、だーれもいないので、こちらもGW期間中に
大好物のいちごをたくさんあげたいと思います。

犬の寿命は15~6年なので、少しでも長生きしてもらいたいですね。

コメント (6)

20年経ちました

2012年04月26日 | 日々の徒然

 本日は、NAO夫婦20回目の結婚記念日を迎えました。

20年ですよ、20年。 早いですね~。

過去の記事 ⇒ クリック

 

20年前、「洋装より和装が似合う」と言われてしまった結婚式。

うん、確かにそうかも?

2年後に、長女が生まれ~。

男の子のように見えますが、女の子です。

その3年後に、長男が生まれ~。

あら~こんなかわゆい頃もあったのね・・・うちの息子も。

とういうわけで、20年経った今、高校生・中学生の母として日々奮闘しています。

夫婦の仲は、20年も一緒にいれば、そりゃあいろいろありました。(今もあるか?
ま、そこは話し合って解決ですかね?
結局、夫婦も子供との関係もコミュニケーションが大事ということを感じた20年ですね。
ケンカもその日のうちで終わる! これに限ります。


で、最後に写真で比べてみた。

20年前のNAO夫婦

ダーリン30歳  NAO26歳

で、20年経った現在のNAO夫婦

さて~うまく歳を重ねていっているのか????

今日は平日なので、ケーキだけ買って静かに過ごします。
GW期間にでも、みんなでお食事にでも行きましょうかしら?

で、20年のイベントはないのかって?

ちゃあんと考えてあります。>そこは抜かりなく

ま、それは後日(だいぶあとですが)また記事にしますね。

というわけで、この1年も穏やかに過ごせたらいいですね~。

<追記>
ダーリンが、お花を買って来てくれました~。

お花もらうの久々ですぅ~

コメント (29)

フリーズの理由

2012年04月25日 | 日々の徒然

朝、スマホからmixiチェックをしたら、全然起動しません。

あれ?おかしな?と思いながら、タッチパネルを触ったら、全然動かず・・・。
一度電源を切ろう!と思って電源OFFのボタンを押しても作動せず。

ホーム画面のまま、消灯もしません。

困った~~~フリーズしてしまいましたよぉ~。

うんともすんとも動かないので、急いでドコモショップへ駆け込みました。

で、判明。

アプリケーションの履歴容量が溜まりすぎていたため

え?なに?アプリの履歴ってなになに???

頭の中でクエスチョンマークがいっぱい。

担当の方が、スマホ超初心者の私にわかりやすーく教えてくれました。

つまり、アプリやプラウザを動かすとメール履歴と同じように、履歴記憶がスマホに溜まるそうで。
それが溜まりすぎると、こうやってフリーズが生じたりするので、時々チェックしてその容量を
削除する手間が必要なんだそうです。

え~そうなのぉ~。

そんなこと、購入時の時、お姉さん説明してくれなかったぞ。

不満な顔を察知したのか??担当のお兄さんが、またまた丁寧に教えてくれました。
  ①本体設定を押し、アプリケーションをタッチする

 ②アプリケーションの管理をタッチする


 ③履歴が溜まってると思うアプリをタッチする

 ④キャッシュという所をタッチすれば履歴が削除される

というわけで、履歴容量を削除したら、サクサク動くようになりました。

ふぅ~やれやれ、これで一安心です。

「最近、動きが悪いわぁ~」と感じてる方、ひょっとするとこういう履歴が溜まっているかもしれません。
ちょっとチェックしてみてください。

動かなくなって、めっちゃ慌てましたが、これで一つスマホのお勉強になりましたです。

コメント (4)

「名探偵コナン 11人目のストライカー」

2012年04月24日 | 邦画

~フィールド震撼!その謎にニッポンが熱くなる!!~

2012年   日本映画     (2012.04.14公開)
配給:東宝       上映時間:110分
総監督:山本泰一郎
監督:静野孔文
原作:青山剛昌    「名探偵コナン」週間少年サンデー連載中
脚本:古内一成
音楽:大野克夫
主題歌:いきものがかり 『ハルウタ』
声の出演:高山みなみ・・・・・・・・江戸川コナン      岩居由希子・・・・・・吉田歩美
       山崎和佳奈・・・・・・・・毛利 蘭         高木渉・・・・・・・・・・小嶋元太/高木刑事
       小山力也・・・・・・・・・・毛利小五郎       大谷育江・・・・・・・・円谷光彦
       林原めぐみ・・・・・・・・・灰原 哀          桐谷美鈴・・・・・・・・香田 薫 (ゲスト出演)
       茶風林・・・・・・・・・・・・・目暮警部        山口勝平・・・・・・・・工藤新一
       Jリーグ選手特別出演(三浦知良・遠藤保仁・今野泰幸・中村憲剛・楢崎正剛)

<見どころ>
コミックやテレビアニメで絶大な人気を誇り、劇場版でも成功を収め続けている劇場版シリーズの
第16弾。サッカー観戦中の少年探偵コナンが、何者かによって仕掛けられた爆破装置を阻止する
ため暗号解読に挑む。
劇場版では初めてサッカーを題材とし、Jリーグとのコラボレーションが実現。Jリーグのチームに
所属する遠藤保仁、今野泰幸、中村憲剛、楢崎正剛が声優にチャレンジする。
サッカー選手とコナンの共演はもちろん、難事件に直面するコナンの活躍にも注目だ。

<ストーリー>
毛利小五郎の探偵事務所に脅迫電話が舞い込み、小五郎の前で路上の自動車が爆発。
そのころスタジアムでサッカー観戦中だったコナンは、犯人が突きつけた暗号を解読しなければ
次の爆破が実行されると聞かされる。暗号解読に挑むコナンだったが・・・・。

<感想>
シリーズ16弾となる今作。
今回は、Jリーグとのコラボレーションの映画ということもあり、サッカーがテーマ。
コナン君自身、サッカー大好き少年なので、ファンとしては楽しそうにボール蹴っているコナン君を
見るだけで、なんとなく和んでしまいます。

今回は、毛利小五郎が絡んだ事件。
 
毛利役は小山さんに代わってから、これで3作目ですが、過去2作はちょっとセリフ少ないな~
と思ってたのですが、今回は毛利さんたくさんしゃべってましたね。
神谷さんから交代して3年。ようやく馴染んできたから増えたのかな?なーんて・・・。

しかし、ここ最近のコナンは、謎解きよりアクションの方が目立ちますね。

制作者側の意向だとは思いますが、それにしても今回は過去最大かも?
加えて、「ありえんやろ?」というツッコミも過去最大かもしれません。

・爆薬、あれだけ作れる?しかも単独犯で?
・膨大な爆薬を、どうやってあんな高いところにしかけられるの?
・おまけにそんな膨大な爆薬を短期間でどうやって全国の競技場にしかけられるの?
・上記のことが出来るなんて、あまりにもセキュリティーが甘すぎ。
・なにより、コナンが尋常じゃない不死身さ

とまぁ、出るわ出るわの突っ込み度。

で、不満の一つが、蘭と新一のラブモードがひとっつもなかったこと。

今までは、なんらかの形で絡みがあったのですが、今回は・・・・うーん、かなり不満。

二つ目は、Jリーグ選手が実際にキャラとして登場した為、本人が吹替えしたのですが
あまりにも棒読みで。 特に遠藤選手、ひどすぎです。
でも、本業はサッカーだから声の演技を責めても仕方ないことです。
 
カズこと三浦知良選手も出演されましたが、こちらはなかなかお上手でした。さすがカズ。
そうそう、ゲスト声優として桐谷美鈴ちゃんが出てましたが、こちらは思ってた以上に
お上手でした。あれぐらい出来ると、ゲスト声優としても満足できます。

今回、新一&蘭のラブモードは望めませんでしたが、少年探偵団の団結と哀ちゃんの
活躍には、満足いくものがありました。
 
灰原哀ちゃんは、キャラも好きだし、担当の林原めぐみさんも好きなので、哀ちゃんが
活躍するのは、個人的に満足満足。
「みんなの思い コナン君に預けたわよ」  と言ってパスする哀ちゃん、カッコイイ!

あと、クライマックスでコナンが犯人に叱咤するシーンがありましたが、あのセリフは
かなりジーンと来てしまいました。 高山みなみさん、迫真の演技だったと思います。

推理サスペンスが年々低下しているコナン映画。今回も推理力は影が薄く、逆に
アクションは過去最大のオーバー度。
推理を求めているファンには残念な作品になっていますが、個人的には前作の
「沈黙の15分(クォーター)」に比べれば、全体的にまとまっていたように思います。

ただ、TV版でやっていたイギリス話のようなのを映画にして欲しいな・・というのが
素直な気持ちです。

で、来年は「海」と「船」がテーマの映画ですかね?
ぶっちゃけ、この2つがテーマだと駄作の匂いがプンプンしてしまうのは私だけだろうか・・。

点数:8点 (10点満点)

=予告編=

コメント (6)   トラックバック (2)

部活懇談会

2012年04月23日 | 日々の徒然

今日は、大雨の中、中学の部活懇談会に行ってきました。

なんのかんのでもぅ息子も3年生。
おまけに頼りないながらも副部長を務めている息子の母親なので、行かないわけにはいきません。

加えて、車だし連絡係担当のお母さんから決め事を言付かったので、大雨の中
頑張って行ってきました。しかし、雨だと出席率は当然悪くなるというもの。

思ってた以上に、集まったお母さん少なかったです。

しかも、1年生のお母さん、なんて少ないの~~(T0T)

でも、1年・2年に、仲の良いお母さんがいたので、決め事のほうも、みなさんの手助けで
思ってたよりスムーズに決まってホッとしました。

今年は、いよいよ最終学年。チームの目標は「県大会ベスト8」だそうです。

私立校が上位を占める神奈川で、どこまでいけるかわかりませんが、悔いのない試合をして
締めくくって欲しいです。

帰りに、ちょっくら練習しているところをのぞきましたが、私の姿をみるなり
犬を追い払うように、シッシッと手で追い払う仕草。

んま、相変わらず、私が来るとこの態度。

幼稚園から、この態度だもんなぁ~。

そばで見ていたお母さんも、「これはNAOさん、かわいそうだわぁ~」と同情される始末。

でも、息子に気づかれず、引退までには1回位コソコソっと試合を見に行くつもりです。

コメント (4)

意外にも

2012年04月22日 | 美味しいもの

先日、日清シスコのココナッツサブレを久々に買ったが、やっぱりおいしいですよね。

上の娘は、一枚食べたきりぜんぜん口にしませんでしたが
意外にも息子が「これうまい!」と気に入り、残っていたサブレを全部食べてしまいました。

また買ってきて欲しそうな顔をしていたので
今日も、特売やっていたスーパーに足を運んだら・・・・・・なんと完売

あ~昨日、もっとしこたま買っておくべきだったわ・・・。

空のダンボールを恨めしそうに見る私。

だが、となりをふと見ると、バターサブレは、まだ山のように残っていた。

そういや、バターサブレは、1回も食べたこと無いわ・・・・・ということで、こちらを購入。

ココナッツサブレばっかり食べていて、これはスルーしていましたが、これも美味しいですね!

あっという間に、1人で半分も食べてしまった・・・きっと息子も気に入るだろうな。
(春の大会からまだ戻ってきていないから、息子はまだ食べておらず)

明日は、これも完売しているのでしょうか?

またスーパーに寄ってみようっと。

コメント (4)

気分転換?

2012年04月21日 | 大3息子

先日、急に息子が「ちょっとクラシック音楽が聴きたくなった」と発言し、驚きの私。

しかも、「オーケストラが聴きたい」とな。

うーん、何があったのかは知らないけれど、クラシック聴くのは私は大歓迎。
とはいうものの、いきなり、かしこまったものを聴かすのは躊躇するかな?と思い
これをiPodに入れてあげました。

のだめオーケストラのCD

TVドラマ「のだめカンタービレ」に登場する“Sオケ”を現実につくったCD。

オーケストラ篇と器楽篇の2枚CDになっていて
今回は、オーケストラ篇をiPodに入れました。
まだ感想は聞いていませんが、どの曲も聴いたことがあると思うので
耳にすんなり入っていくと思います。

:「で、器楽篇は聴かないの?ピアノもいっぱい入ってるよ」
:「ピアノ?毎日、お母さんの聞いてるから、うんざりだよ」

うんざりって何?

とにかく、これを機会にクラシックの良さを見つけて欲しいですね。

コメント (2)