NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

♪11月の鑑賞予定映画♪

「ビブリア古書堂の事件手帖」「ボヘミアン・ラプソディ」「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」「くるみ割り人形と秘密の王国」「Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~」

「フライト・ゲーム」

2014年09月29日 | 洋画

~全てを疑え~

2014年   アメリカ/フランス映画  (2014.09.06公開)
配給:GAGA     上映時間:1時間47分
監督:ジャウマ・コレット=セラ
脚本:クリス・ローチ / ジョン・リチャードソン
音楽:ジョン・オットマン
出演:リーアム・ニーソン/ジュリアン・ムーア/ミシェル・ドッカリー
    ルビタ・ニョンゴ

<見どころ>
『エスター』などのジャウマ・コレット=セラ監督、主演に『96時間』シリーズなどの
リーアム・ニーソンと『アンノウン』のコンビが再度手を組んだサスペンスアクション。
ニューヨークからロンドンへ向けて飛び立った旅客機内で起きる連続殺人に立ち
向かう機内警備担当の連邦保安官が、その意外な犯人と真相にたどり着くさまが
描かれる。『エデンより彼方に』などのジュリアン・ムーアらが共演。謎とスリルが
押し寄せる息詰まるタッチはもちろんのこと、爆発する旅客機や機内での銃撃と
いったアクションも迫力満点。

<ストーリー>
ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。
その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、
1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ
殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが
送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。
そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人
が指定した口座はビルのものであることが判明する。

<感想>
観る予定はしていなかったのですが、友達のお嬢さんが試写会に行かれて
「面白かった」と感想を聞いたので、遅ればせながら鑑賞しに行った次第。

 
原題の「NONーSTOP」の方が良かったのでは?と思うほど、ノンストップな
展開で、最後までハラハラドキドキの展開でした。

 
テンポ良い脚本で、最後まで飽きずに観ることが出来ましたが、ツッコミはいっぱい
そもそも主人公がアル中の保安官って・・・。そういや「フライト」って映画も
主人公アル中でしたが、アメリカってこういうのが蔓延してるんだろうか?
なんて思ってしまいました。
あと、犯人の犯行動機がめっちゃ短絡。 ガクッときちゃった~。

とはいうものの、スリリングな展開で、尺もちょうどよく観られました。

点数:8点 (10点中)

コメント (4)   トラックバック (4)

リブラボキッチン アトレ品川店

2014年09月28日 | 美味しいもの

週末、アトレ品川にある「リブラボキッチン」で、飲み会。


(HPより写真引用)
神戸、豊洲についで品川が3点目。
前から気になってたお店だったので、食べる前からワクワク。

“ニューヨークの酒場をイメージした大人のたまり場”が、
コンセプトのお店なので店の雰囲気も大人な空間。
客層も、それなりの大人な方が多かったです。

お通しメニューは生ハム。

生ハムがお通しだなんて、なんて贅沢なんでしょ。

このお店は名前の通り、スペアリブが売り。
6種類の味から選べます。
 
左:オリジナル黒七味(1p 420円)   右:ハラペーニョサルサ(1p 450円)


マスタード(1p 380円)

いや~どれも、めっちゃ美味しい。
シンプルな味付けも良いし、お肉がいいんでしょうね。
脂っこくないので、何本でもいけちゃいます。

これだけ美味しいと、やっぱりお酒が進みます。

普段、外では全くビール飲まないのですが
やっぱりスペアリブにはビールでしょ!ということで、
カシスクランベリーベア(700円)で乾杯。
うん、これなら私も飲みやすい。

 
写真には撮りませんでしたが、クリームチーズと塩辛の合えたのが美味。
私、塩辛全くだめなんですが、この組み合わせだと臭みもなくて
苦手な私でも箸が進みました。

大人が集まってワイワイ出来るいい雰囲気のお店でしたよ~。



リブラボキッチン アトレ品川店
〒108-8282 東京都港区港南2-18-1 アトレ品川4F
電話:03-6717-0913
営業時間:11:00~24:00(LO23:00)

コメント (6)

お試し期間

2014年09月26日 | 大2息子

先日、息子から
:「卓球の試合の時、眼鏡がズレて試合に集中できないから、コンタクトに替えたい」
と、お願いされたので、息子と一緒に眼科へ行ってきました。

眼鏡がけっこう似合う息子なので、このままでもいいんじゃないのぉ~と母は
思うのですが、私も高校時代に眼鏡からコンタクトに替えたので、まぁそんな
お年頃なのでしょう。
しかし、根がズボラな息子ですから、レンズの管理とかがどうも信用できない。

というわけで、手始めに、1日使用の使い捨てレンズにすることに。

しかし、使い捨てレンズも高いんですね。両目でひと月5千円もするんだ・・・・。

当の息子は、1時間近く、レンズの入れ替え練習をしていました。
異物を目にいれるんだから、けっこうもがきながらやっていましたよ。

とりあえず、レンズを継続していくかどうか、目の状態を見ながら・・・というわけで
今回は、5日間のトライアルセットを頂いて帰りました。
これで、慣れたら、本科的に使っていくわけですが、果たしてどうなることやら?

しかし、私、使い捨てレンズを使用したことないので、わからないことだらけ。

息子は、特にこの点にナーバスになってました。

:「乾きやすいので、つけたまま寝ないでください。」

:「おかあさん、病院の人、あんなこと言ってたけど、俺、学校で
   昼寝とかしちゃうよ。昼寝でも乾いて張り付いて取れなくなるのかな?」

つーか、授業中に堂々と昼寝する君の方がどうかしていると思うだが・・・・。

こんなしょうもないことで、悩んでおります。

使い捨てレンズを使用している方、いらっしゃいましたらアドバイスお願いします。

コメント (8)

「るろうに剣心 伝説の最後編」

2014年09月20日 | 邦画

                

~未来のために~

2014年  日本映画   (2014.09.13公開)
配給:ワーナー       上映時間:135分
監督:大友啓史
原作:和月伸宏    『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社刊)
脚本:藤井清美/大友啓史
美術:橋本創
衣装:澤田石和寛
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK
出演:佐藤健・・・・・・・緋村剣心        武井咲・・・・・・・神谷薫
    伊勢谷友介・・・四乃森蒼紫      青木崇高・・・・・相楽左之助
    蒼井優・・・・・・・高荷恵         江口洋介・・・・・斎藤一
    藤原竜也・・・・・志々雄真実      神木隆之介・・・瀬田宗次郎
    土屋太鳳・・・・・巻町操         田中泯・・・・・・・翁/柏崎念至
    小沢征悦・・・・・伊藤博文        遠藤賢一・・・・・佐渡島方治
    丸山智己・・・・・悠久山安慈      高橋メアリージュン・・・・・駒形由美
    福山雅治・・・・・比古清十郎

<見どころ>
和月伸宏原作のコミックを基に『プラチナデータ』などの大友啓史監督と佐藤健主演で
映画化したアクション大作の完結編。激動の幕末にその名をとどろかす伝説の人斬り・
緋村剣心が大切な人と国を守るべく、日本征服をもくろむ志々雄真実一派との壮絶な
死闘に挑む。主演の佐藤のほか、武井咲、伊勢谷友介、福山雅治、江口洋介、
藤原竜也といった豪華キャストが共演。クライマックスを飾るにふさわしい未曽有の
バトルに胸が高鳴る。

<ストーリー>
諸事情によりストーリーを記載しておりません。  (以上、シネマトゥディより)

 

<感想>
原作=既読  アニメ=視聴済み
「るろうに剣心」→感想記事   「るろうに剣心 京都大火編」→感想記事

 
後編にあたる今作は、剣心の師匠になる比古清十郎のシーンからスタート。
前半は、その比古から飛天御剣流の奥義を会得する為に、修行する場面が
繰り広げられます。
いやぁ~ましゃファンの私には、前半は至福の時間でしたわ。
剣心との立ち合いは見ごたえありました。しかし見れば見るほど
「龍馬伝」とダブって見えてしまう私・・・・・。
ただ、清十郎が「明治という時代は軽くない」という台詞はずーんときましたねぇ。。。

 
四乃森蒼紫との対決は、とっても見応えりました。みなさん、殺陣の練習
相当積まれたと思いますが、アクション俳優さんでないのに、ほんと凄かったです。
瀬田宗次郎とのシーンが意外に短かったかな?ちょいそれが不満。

 
アクションシーンは、スピード感に溢れ、ここ最近の邦画の中では最高レベル
といっても過言ではないほど。ラスト志々雄との対決は、手に汗握る展開に
なっています。包帯グルグルの志々雄演じた藤原君。顔は全く見えなくても
この役は、やはり藤原竜也さんでないとダメですね。圧巻の演技でした。

ただ内容はツッコミ満載。 十本刀のメンバーの描き方を始め、脇キャラの
描き方が、けっこう雑。まぁ仕方ないけれど。
一番の疑問が、浦賀沖に停泊している志々雄達の乗っている船を倒すために
砲台をせっせと構築していたが、志々雄一派がなんの妨害もしていないって
いうのがどうも不自然で。爪が甘すぎるっていうのか・・・・。

とは言うものの、アクションシーンは完成度がめっちゃ高く、135分という
時間があっという間に過ぎて行き、見応えありました。
キャストも原作のイメージに合っていて、原作ファンの一人として満足でしたし
邦画のレベルを引き上げてくれた作品の一つだと思います。

クオリティの高さに、思わず「邦画もやるじゃん」と思いましたね。
娯楽映画として、もってこいの作品でした。

点数:10点 (10点中)

コメント (8)   トラックバック (14)

13歳だけど元気♪

2014年09月18日 | コーギー(モモ♀)

なんか気がついてみれば、今年は残暑なかったような気がします。

暑すぎるのも嫌ですが、こうも残暑が全くないのも、なんだか拍子抜けしますね。

ま、おかげで、暑さが苦手のモモにとっては、よい夏だったかもしれません。


とはいうものの13歳にもなると、すっかりおばあちゃん犬なものですから
日中は、ほとんどグデ~~っと寝ているモモ。

この夏も、家族から果物のおこぼれをもらっていましたが、
今年ビックリしたのが、黄桃を食べている時の反応。

白桃の時以上に食らいつき、みんなが食べ終わったあとも
一匹だけ、だれもいないダイニングの机をじ~~っと見ていました。
あんなに食い意地が張った姿、見たことありません。

あんまり面白かったので、シーズンもう終わりになるが
どこかスーパーで見かけたらもう1回だけ買って反応を楽しみたいと思います。
(なんて意地悪な飼い主なんでしょ


あと、先日、息子が自腹で座椅子を買いました。
リビングが狭くなるので、私は渋っていましたが
毎日、自分の部屋に持って行って片付けるから、ということでOKしました。
今のところ、ちゃんと約束を守っています。

で、その座椅子にちゃっかり、娘とモモがお座り。
モモは、迷惑そうな顔してますね。

というわけで、13歳の割には、元気な毎日を過ごしています。
長生きしておくれ。

コメント (4)

「イン・ザ・ヒーロー」

2014年09月13日 | 邦画

~映画を愛する全ての人に贈る奇跡の物語~

2014年   日本映画   (2014.09.06公開)
配給:東映      上映時間:124分
監督:武正晴
脚本:水野敬也
美術:中澤克己
音楽:イ・ドンジュン
主題歌:吉川晃司
出演:唐沢寿明/福士蒼汰/黒谷友香/寺島進/草野イニ/日向丈
    小出恵介/及川光博/杉咲花/加藤雅也/松方弘樹/和久井映見

<見どころ>
特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をする
スーツアクターを題材にしたヒューマンドラマ。25年にわたってスーツアクター
一筋の男の姿を、若手俳優との絆やハリウッド映画出演などを交えながら
映し出していく。メガホンを取るのは、武正晴。『20世紀少年』シリーズなどの
唐沢寿明が主演を務める。共演は福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ら。
作品に命と懸ける者たちの生きざまに迫った熱いストーリーもさることながら、
スーツアクター界の内幕描写の数々も興味深い。

<ストーリー>
下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクター
である本城渉(唐沢寿明)。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した
彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。ヒーロー番組に
敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育む
ように。そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながら
ノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、
恐れをなして降板。慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。

<感想>
スーツアクター出身である唐沢寿明さん主演の映画は、なんだか自身を重ねた感
ありの、気合の入った作品に仕上がっていました。

 
TVでいっぱい番宣してましたが、正直、そんなに期待はしていなかったんですよ。
ところがふた開けたら、なんだか映画愛に満ち溢れていて、人情愛溢れた中に
最後のあの大アクションでしょ~。 ちょっと胸が熱くなりましたよぉ。

  
出演した俳優さんたちも良かったですね。 福士君の子憎たらしい感じも良く
また成長していく姿も良かった。黒谷さんのスーツアクター姿も萌えちゃいました。
個人的に好きなお顔立ちなので、同性ながら目の保養になってしまったかな。
寺島進さんは、いい役どころでしたね。彼の結婚式シーンは、最初ムダのような
感じがしましたが、シーンが進むにつれて、それは私の間違いだったと気づき、
シーン終盤レッドとして登場する場面は、ちょいウルきましたね。
そして、マネージャー役の小出恵介君。 彼は、役柄ごとのほんと顔が変わりますが
今回テロップが出てくるまで、小出君ってわかりませんでした。カメレオン俳優さんだわ。

 
ストレートなつくり方で、ツッコミどころもありましたが、そんなのを払しょくしてしまう
ぐらい、映画作りに関わる全ての人々に敬意を表す作品に仕上がっていて
いい映画だったな~と感じました。

また、主題歌がいいよね~ 吉川晃司君が熱く歌ってたのもプラス+でした。

映画好きな人に観てほしい作品ですね。

点数:8点 (10点中)

コメント (8)   トラックバック (9)

「LUCY/ルーシー 」

2014年09月10日 | 洋画

~人間の脳は10%しか機能していない~

2014年  フランス映画   PG12指定   (2014.08.29公開)
配給:東宝東和       上映時間:89分
監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
衣装デザイン:オリヴィエ・ベリオ
音楽:エリック・セラ
出演:スカーレット・ヨハンソン/モーガン・フリーマン/チェ・ミンシク/アムール・ワケド
    アナリー・ティプトン/ジュリアン・リンド=タット/ヨハン・フィリップ・アスベック

<見どころ>
『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を打ち出してきたリュック・ベッソン監督と
スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだアクションスリラー。体内に埋め込まれた特殊な
薬が漏れたことで脳機能が驚異的に覚醒し、人間離れした能力を発揮し始めるヒロイン
の暴走を描く。通常は10パーセント程度しか機能していない脳が、100パーセントへ
向かって覚醒していくヒロインを見守る脳科学者役に、オスカー俳優モーガン・フリー
マンがふんする。

<ストーリー>
マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った
袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能
は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力
が超人的に目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。

<感想>
予告編が面白うそうだったので、夫と夫婦50割で鑑賞しましたが
ぶっちゃけ、思っていたのと違ったなぁ・・・・・・。

 
序盤からノンストップな展開で、それなりに楽しめましたが、最後なんだか
SFっぽいあっけない終わり方にびっくり。

 
スカちゃんの姿をいっぱい見ることが出来たのはいいですが、ブラック・ウィドウの
ような華麗なアクションはほとんどなく。。。


かなり荒唐無稽な展開でしたが、ブラック・ウィドウほどのアクションはないものの
スカちゃんの姿を堪能できましたし、カーチェイスは見ごたえありました。

深く考えずに観たほうが正解かも・・・。

点数:6点 (10点)

コメント (8)   トラックバック (9)

グラマシーニューヨーク

2014年09月09日 | 美味しいもの

横浜に行った日、家への土産?にグラマシーニューヨークでケーキを購入。


ニューヨークチーズケーキ

やっぱり、ここのチーズケーキは美味しいです。
レモンの酸味が絶妙~。



イチゴショート

美味しいケーキ屋さんは、イチゴショート、絶対美味しいですよね。
こちらもスポンジきめ細かくクリームあっさり、いいイチゴ使用していて
とてもおいしゅうございました。

しかし、いかんせん、とってもお高いので
お財布が潤っている時にしか購入出来なーい!




グラマシーニューヨーク 横浜高島屋店
神奈川県横浜市西区南幸1-6-31 横浜タカシマヤ B1F
電話:045-315-0148
営業時間:10:00~20:00

コメント (2)

「ルパン三世」

2014年09月06日 | 邦画

~ターゲットは、世界で最も美しき獲物~

2014年   日本映画    (2014.08.30公開)
配給:東宝        上映時間:2時間13分
監督:北村龍平
原作:モンキー・パンチ
脚本:水島力也
美術:丸尾知行
音楽:アルド・シュラク
メインテーマ曲:布袋寅泰
出演:小栗旬/黒木メイサ/玉山鉄二/綾野剛/浅野忠信/ジェリー・イェン
    キム・ジュン/タナーヨング・ウォンタクーン/ニルット・シリチャンヤー/ニック・テイト

<見どころ>
アニメ版も絶大な人気を博している、モンキー・パンチのコミックを実写化したクライムアクション。
天才怪盗のルパン三世と仲間たちが、世界最高峰の警備を誇る要塞型金庫から秘宝を盗み
出そうとする。メガホンを取るのは、『スカイハイ』シリーズなどの北村龍平。
ルパン三世に小栗旬、次元大介に玉山鉄二、石川五ェ門に綾野剛、峰不二子に黒木メイサ、
銭形警部に浅野忠信と、実力派たちがおなじみのキャラクターを熱演する。
彼らのハマりぶりに加え、迫力にあふれたアクションの数々にも目を奪われてしまう。

<ストーリー>
絶対に破られることがないという屈指のセキュリティーシステムが敷かれている
超巨大要塞型金庫、ナヴァロンの箱舟。手にした者は世界を支配できると伝えられる秘宝
クリムゾンハート・オブ・クレオパトラがそこに収蔵されているのを知ったルパン三世(小栗旬)は、
天才怪盗として強奪不可能をうたったセキュリティーを突破してやろうと決意。
銭形警部(浅野忠信)の追跡をかわしながら、仲間である次元大介(玉山鉄二)、
石川五ェ門(綾野剛)と秘宝強奪計画を進めていく。

<感想>
昔あった目黒祐樹さん主演の「ルパン三世」よりかは、予告編を観る限りでは
ましだろうと思って、公開早々観に行きましたが・・・・・・。

ぶっちゃけ、「つまらぬ物を観てしまった」って印象。

 
俳優さんたちは、頑張ってたと思いますよ。 でも、どうしても黒木メイサさんが
峰不二子を演じたのは、最後まで違和感ぬぐえませんでしたが・・・・。

 
 
映画始まる冒頭にTBSの文字が出た時、嫌な予感しましたが、当たってしまったな。
アニメとは全く別物という意識をして観てたんだけど、そう考えてもこれはないわ~。
ルパンが、窃盗集団の一員、という設定自体が、どうにもこうにも・・・・・。
だいたい、4人以外にいたマイケルとピエールの方が目立っているってどういうこと??
おまけに五右衛門のキャラが、あんなひどい扱われた方で・・・・・。

2枚目のルパンなんていらないし、にカメオ出演した奥様の山田優ちゃん。
ぶっちゃけ、余計なシーンだったわ。

演出も言えばキリがないぐらい矛盾が多く、ほんと俳優さんの頑張りを
無にしてしまったような印象だし、大人の事情ばかり見え隠れして、作り手の愛が
感じられなかった作品でした。

良かったのは・・・・・・布袋さんの曲かな(笑)

点数:4点 (10点中)

コメント (10)   トラックバック (5)

資生堂パーラー

2014年09月05日 | 美味しいもの

先日、娘と一緒に成人式の着物の小物を買いに、横浜まで行ってきました。

当然、:「美味しいものが食べたい!」とごねたので
資生堂パーラー連れて行き、ランチしました。

私は、ビーフと季節の茸の和風ピラフ

グレービーソースで味付けしているので、和風と洋風の中間な感じ。
お肉は、ローストビーフをふんだんに使用していて、文句なしに美味しいです。


娘は、オムライス

食べてしまうのがもったいないほどの、真っ黄色のオムライス。
クリーミーなトマトソースに、上品な味のオムライス。
娘、めっちゃ感動しながら口にしていました。


食後のデザートに、いちごパフェ

ここのバニラアイスは、甘さかなり控えめで好きです。
上段のいちごソースは、甘目。
一番下のいちごソースは酸味があり、味に変化をつけています。
最後に酸味ソースなのは正解。 口当たり爽やかに終わります。
計算されたパフェに、親子で感動。


ここのレストラン、品が良くて、とっても好きなんですが値段がちょっとお高め。
娘を連れて行くと値段が跳ね上がって仕方ないですが、着物小物で
よいお買い物をしたので、気が大きくなり大盤振る舞いしちゃいました。


資生堂パーラー 横浜高島屋店

神奈川県横浜市西区南幸1-6-31 高島屋横浜店6F
電話:045-311-5111 (代)
営業時間:10:00~20:00 (L.O.19:30)
定休日:百貨店に準じます

コメント