NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

♪お知らせ♪

ブログ本文と関連性が低いコメントは、削除及びスパムとして報告させて頂く事があります。 また、名前が無記名(Unknown)のコメントも、削除させて頂きますのでご了承ください。

<10月の鑑賞予定映画>

「浅田家!」「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」「スパイの妻<劇場版>」「博士と狂人」「罪の声」

「ミッドウェイ」

2020年09月28日 | 洋画

~日本の運命を変えた3日間~

2019年  アメリカ映画  (2020.09.11公開)
配給:キノフィルムズ   上映時間:138分
監督:ローランド・エメリッヒ
製作:ハラルド・クルーサー/ローランド・エメリッヒ
脚本:ウェス・トゥック
音楽:ハラルド・クルーサー/トーマス・ワンカー
出演:エド・スクライン/パトリック・ウィルソン/ウディ・ハレルソン
   ルーク・エヴァンス/アーロン・エッカート/ニック・ジョナス/豊川悦司
   浅野忠信/國村隼/ダリン・クリス/マンディ・ムーア/デニス・クエイド

<見どころ>
太平洋戦争を題材にした戦争ドラマ。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦に
至るまでを、日米の軍人たちを通して描く。監督は『インデペンデンス・デイ』
シリーズなどのローランド・エメリッヒ。『トランスポーター イグニション』
などのエド・スクライン、『死霊館』シリーズなどのパトリック・ウィルソン、
『ゾンビランド』シリーズなどのウディ・ハレルソン、『僕のワンダフル』
シリーズなどのデニス・クエイドに加え、日本からは豊川悦司、浅野忠信、
國村隼らが出演する。

<ストーリー>
山本五十六(豊川悦司)、山口多聞(浅野忠信)、南雲忠一(國村隼)率いる
日本軍の艦隊が真珠湾を攻撃する。戦艦エンタープライズの艦長ハルゼー
(デニス・クエイド)は、パイロットのディック(エド・スクライン)と
彼の隊に日本軍艦隊の追跡を命じた。アメリカ軍のニミッツ最高司令官
(ウディ・ハレルソン)とレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)は、次の
戦闘に備えるため日本軍の戦略を分析し、やがてミッドウェイで両軍が激突する。
(シネマトゥディより)

<感想>
ミッドウェイ海戦を日本とアメリカ双方の立場から描いた作品。


アメリカ映画ですが、日本側の描写が思った以上にしっかり描かれていました。
それでも、中国資本が入っているからか?そこは、あまり必要では
ないのでは?と思ったシーンがいくつかありましたけど^^;


ちょっと気になったのが、日本人俳優さんの滑舌の悪さ。
字幕つけて!とお願いしたくなるようなシーンが多々あったのが
気になりました。

史実をわかっていても、この海戦で日本海軍がボロ負けになっていく様は
観ていて悲しくなってきます。この戦いで戦争の潮目が変わっていく
わけですが、こういう作品が作られるのは良いことだと感じました。

何にせよ、戦争が無意味であることを改めて実感する映画でしたね。

点数:7点 (10点中)

コメント

いったい何が

2020年09月27日 | 日々の徒然

いったいどうなっている?
何が起きている?

朝のニュース速報を観て、愕然です。

三浦春馬くんの憧れの女優さんの一人だった竹内結子さんまでお亡くなりになるとは。

 


わずか3か月足らずの間に
春馬君、芦名星さん、藤木孝さん、竹内結子さんが次々と他界。

何があったのかは本人しかわからないが、只々残念で悲しい。

最近、ニュース速報の音を聞く度に、動悸が激しくなります。

1月に2人目のお子さんが生まれたばかりなのにね。
悲しすぎます。

ご冥福をお祈りいたします。

コメント (4)

やっと購入

2020年09月26日 | 日々の徒然

結婚して28年、ずーーーっと使っていたオーブントースター。

さすがに、ヤバイ状態になってきたので
やっとこさ買い替える決断に。


ということで、9月24日にリニューアルしたばかりの
BALMUDAを買っちゃいました。


旧デザインとあまり変わりませんが
右側の温度制御ダイヤルが、使い勝手良くなっています。

BALMUDA愛用者の友達が
「低価格のパンも高級パンになるぐらい美味しくなる!」

と、推していたので早速1枚バタートーストで焼いてみました。🍞

なるほど!確かに違う!

外はカリっとしていて、中はしっとり。

オーブントースターにしては、かなり高価格ですが
これだけパンが美味しく頂けるなら納得です。

明日からの朝食が楽しみ~。


BALMUDA ホームページ

コメント (6)

美容院を変える

2020年09月24日 | コーギー(はな♀)

以前にも書きましたが、シャンプーに行くたびに、皮膚トラブルが起きるはな

低刺激のシャンプーでやってもらっても皮膚トラブルを起こすので
美容院を変えてみようかな?と考えるようになりました。

今度行ったお店は
マイクロバブルのジャグジーと洗浄・殺菌・消臭効果のある、オゾンシャワーが設置。
ジャグジーでこすり洗いを最小限に抑えるので、皮膚の弱い子にも安心。

皮膚が弱く、モモより体臭があるはなに、これは効果あるかも??

到着すると、今までの所と違う場所に来たので
はなは、少し緊張気味でしたが
おとなしくお風呂に入り、シャンプーしてもらっていました。



気持ちよさそうに入っています。


初めて来店した記念に写真撮ってもらいました。


こちらは、相変わらずの仏頂面・・・。

さて、シャンプーしてもらって数日経ちましたが
痒がっていません!!

こんなに違いがあるとは。。。

ということで、次回から、こちらのお店でお世話になること確定。

頑張って探した甲斐がありました~。

コメント (6)

「喜劇 愛妻物語」

2020年09月21日 | 邦画

~結婚10年目。倦怠期。セックスレス。~

2019年  日本映画   (2020.09.11公開)
配給:キュー・テック/バンダイナムコアーツ   上映時間:115分
監督:足立紳
原作・脚本:足立紳  「喜劇 愛妻物語」(幻冬舎文庫)
美術:平井淳郎
音楽:梅田庄吾
衣装:田口慧
出演:濱田岳/水川あさみ/新津ちせ/大久保佳代子/坂田聡/宇野祥平
   河合優実/黒田大輔/冨手麻妙/夏帆/ふせえり/三石研

<見どころ>
『百円の恋』『嘘八百』などの脚本家・足立紳が、自身の小説を映画化した
ファミリーコメディー。売れない脚本家が冷め切った妻との仲を改善しようと
奮闘する。夫婦を『アヒルと鴨のコインロッカー』などの濱田岳とドラマ
「ダブル・ファンタジー」などの水川あさみ、その娘を『駅までの道をおしえて』
などの新津ちせが演じる。

<ストーリー>
幼い娘のアキ(新津ちせ)と暮らしている脚本家の豪太(濱田岳)と
妻のチカ(水川あさみ)の夫婦仲は、冷え切っていた。稼ぎがないため
チカにののしられていた豪太に、仕事のチャンスが舞い込む。実現の保証は
なく取材の渡航費も出ないが、豪太はこの企画を成功させ、さらには妻との
関係を修復しようともくろみ、家族に香川への取材旅行を提案する。
(シネマトゥディより)

<感想>
OPのメロディ、「阿修羅のごとく」のテーマ曲をアレンジしていましたね。

 
ダメ男を演じさせたら、濱田岳さんは天下一品ですね(笑)
私が妻でも蹴飛ばしたくなるような、ダメ亭主を自然に演じてらっしゃいました。
それ以上に笑えたのが、水川あさみさんの恐妻ぶり。
なんかぽっちゃりしてるな?と思ったら、役の為に体重を増やされたそうで。
なので、お尻が肉感的だったのですね^^

 
「セックスレス」が一つのテーマとなっていますが、レスで真剣に悩んでる
人が観ても、これはなんの参考にもなりませんし、妻がドケチなのは
わかるが、犯罪まがいのこと(不法侵入とか試飲用のワインを水筒にいれる)
あれはいいのか?
監督自身の自叙伝的な話がベースなんだけれど、ほんとに近いような
ことしてたんだろうか??^^;

ツッコミどころわんさかあるが、ラスト、川近くで家族で号泣するシーンは
こちらも泣けてきましたね。

イラっとする場面多々ありますが、最後なんだかんだでハッピーエンド?(笑)
水川さん、これでアカデミーの賞レースに食い込んでくれるの希望します。

点数:6点(10点中)

コメント

まったりと

2020年09月20日 | コーギー(はな♀)

この夏は、家族で外食と自身の演奏会以外は
ほとんど家に引き籠っていました。


コロナですっかりテンションが下がってしまったし
元々マスクするのが苦手なので

「マスクしてまで外出する気分にならないな」
という気持ちが先行してしまうのもあるし

あと、ここまで春馬ロスが引きずるとは・・。
未だショックで何をするにもやる気が起きません。
(いい歳して、自分でも可笑しいと思うが

来月末に5週連続でB’zのライブ配信が行われるのですが
春馬ロスで、そのチケットを買う気も失せてしまっているという
私にとっては、異常な状態です。

そんなわけで、はなとリビングで一緒にいる時間が
ぐっと増えました。




朝のひと遊び終えて、ごきげんのはなです


最近、近所で新築工事が行われており
工事音が気になり、毎日様子を見ているはな


夜も、1日の疲れがどっと出ている私に
容赦なく「遊べ!」と圧をかけてくるはな


会社から帰宅した娘に、突進して全力お出迎えのはな


電池切れのはな(笑)


こんな感じでゆるゆると過ごしております。

春馬沼から抜けだせる日は、もうちょいかかりそうかな・・・。

コメント (2)

「宇宙でいちばんあかるい屋根」

2020年09月13日 | 邦画

~ねぇ星ばぁ、私はどんな屋根の下で生まれたんだろう~

2020年  日本映画  (2020.09.04公開)
配給:KADOKAWA    上映時間:115分
監督:藤井道人
原作:野中ともそ
脚本:藤井道人
美術:部谷京子
音楽:大間々昴
主題歌:清原果耶  「今とあの頃の僕ら」
    (作詞&作曲&プロデュース Cocco)
出演:清原果耶/桃井かおり/伊藤健太郎/水野美紀/山中崇
   醍醐虎汰朗/坂井真紀/吉岡秀隆

<見どころ>
野中ともその小説を原作に映画『ちはやふる -結び-』やドラマ「透明なゆりかご」
などの清原果耶が映画初主演に挑む青春ファンタジー。実父と継母の間に子供が
できたことで感じる疎外感、実母への思い、大学生への片思いなどの悩みを抱える
14歳の少女が、満天の星の下でキックボードに乗る派手な老婆に出会い、
成長していくひと夏の体験を切り取る。監督を務めたのは、『新聞記者』
『デイアンドナイト』などの藤井道人。

<ストーリー>
14歳のつばめ(清原果耶)は、父親と血のつながらない母親との3人暮らし。
両親に子供ができたことから生まれる疎外感とともに幼なじみの大学生への
恋心も抱いていた。ある日、つばめは唯一の心休まる場所だった書道教室の
屋上で派手な老婆がキックボードに乗って空を飛んでいる姿を見かける。
つばめは「星ばあ」と呼ぶことになったその老女に恋や家族の話を
するようになり……。

<感想>
清原果耶さん初主演の映画。桃井かおりさんが久しぶりに映画出演なので
公開早々鑑賞。

 
予告編でファンタジー的リアルドラマだなぁと思っていたので、
ある程度の矛盾なところは、寛容に見ることは出来ました。
ただ、登場人物の細かな背景が薄いので、時々置いてけぼり感を感じました。

 
主人公つばめが、家族問題にセンシティブなのはわかるが、友達関係には
全く動じない点が、ちょっとびっくり。
普通、友達にあんなことされたら、大ショックで人間不信になるけどなぁ。
大学生の亨くんも、あそこまで看病されたら、気づきましょうよ・・・。

意外にポイントだったのが、書道教室の先生。
何気に重要な役どころだったんですねぇ。

EDの清原さんが歌う主題歌は、彼女の声質にピッタリの曲で素敵でした。

これは、実写よりアニメ映画にしたほうが、もっと幅が広がったかも?
「耳をすませば」的な感じになっていたかもしれません。

そうそう、桃井かおりさんの映画での髪型、うちの母の髪型と
そっくりなんですよね~。^^; 
今度から、母=星ばぁ って見てしまうかも?(笑)

点数:6点 (10点中)

コメント (2)

V3ファンデーション

2020年09月12日 | お気に入り

先日、行きつけの美容室で、ファンデーションを買っちゃいました。

 

 

★V3ファンデーション★

私、知らなったのですが、SNSや雑誌で話題になっているそうです。


何がそんなに話題になっているのか?

それは、ファンデーションの中に、天然の針が入っているということ。

「スピキュール」というマイクロサイズの針の成分がたくさん入っているので
お肌を刺激し続けることでファンデーションを塗っていながら
スキンケアも行えるってわけです。


使用して10日ほどになりますが、慣れてくるとかなり良いです。

ファンデの色は1色展開なのですが
肌に塗って10分ぐらいすると、色素の反応で肌に合った色になっていきます。
リフトアップ効果もあり、ほうれい線が少し薄くなりましたし
薄くついているのに、かなりシミが隠れました。
コンシーラーの使う量もググッと減りました(笑)

超汗かきの私ですが、化粧直しせずに1日過ごせます。

おかげで化粧時間短くなりました(笑)


ちょっとお高いですが、買ってよかったです。

気になる方は、チェックしてみてください。

V3ファンデーションHP

コメント

Dysonヘアドライヤー

2020年09月08日 | お気に入り

我が家も、ついにDysonヘアドライヤー購入~。

 


なんと、息子が自分用に買ってきました。
なんでも、自分の部屋で使いたいから、だそうで。

 


アタッチメントがいっぱいあって、説明書見ながら確認。

:「しょうがないから、暫く使っていいよ」と、お許し?が出たので早速使ってみました。


いや、広告通りの「爆風」です(笑)
しかし、風量で乾かすので思ってるほど熱風ではありません。
温度&風量調節が3段階あるので、なかなか便利。
そして、短時間で乾くので、髪の毛に負担がかからず
乾かした後の手触りがかなり良いです。

ドライヤーにしては、めっちゃ高額ですが納得です。


しかし、息子、思い切ったなぁ~。

コメント (4)

「青くて痛くて脆い」

2020年09月05日 | 邦画

~彼女は死んだーーー 僕は忘れない。~

2020年  日本映画  (2020.08.28公開)
配給:東宝   上映時間:119分
監督:狩山俊輔
原作:住野よる
脚本:杉原憲明
美術:金勝浩一
衣装:高橋さやか
音楽:坂本秀一
主題歌:BLUE ENCOUNT  「ユメミグサ」
出演:吉沢亮/杉咲花/岡山天音/松本穂香/清水尋也/森七菜/茅島みずき
   光石研/柄本佑

<見どころ>
「君の膵臓をたべたい」がアニメや実写映画になったベストセラー作家、
住野よるの小説を映画化した青春サスペンス。大事な相棒と居場所を取り上げ
られた青年が、負のパワー全開で復讐(ふくしゅう)に燃える様子を活写する。
主演を務めるのは『キングダム』などの吉沢亮と、『湯を沸かすほどの熱い愛』
などの杉咲花。吉沢はこれまで演じたことのない役柄に挑み、杉咲は
原作のファンだと語っている。

<ストーリー>
大学生の田端楓(吉沢亮)は人との付き合いが下手で、秋好寿乃(杉咲花)は
無遠慮な発言で周りから浮いていた。お互いひとりぼっちの二人は世界を救うと
いうとんでもない目標を合言葉に秘密結社サークル“モアイ”を結成するが、寿乃が
“この世界”からこつ然と姿を消す。そしてモアイは、彼女がいなくなってから
ただの就活サークルに変貌する。

<感想>
原作=未読
今回も「君の膵臓を食べたい」系かな?と思って観た方は痛い目に遭うかも?^^;
今作は「キミスイ」とは真逆のエゴや妬み溢れる作品でしたわ・・。


「キミスイ」の主人公は、お互いに無いものを補填しあうような関係
だったが、今作の秋好と楓は、そうはいかなかった。
自分の持っている「正義」が強ければ強いほど、相手が外れると
「裏切られた」という感情が強くなり、憎しみが生まれちゃうのね・・・。


楓の気持ちもわからなくはないが、やはり考え方が短絡的。
でも、青春時代にはありがちな感情かも。作品全体も、学生時代あるあるな
シーンがいくつもあったが、いかんせん、秋好は、最後までよくわからない
人物で、楓は見苦しいとしか印象に残らなかった映画でした。

秋好の人物描写がもう少し描かれてくれると、少し印象変わったのかなぁ?

点数:6点 (10点中)

コメント