NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

♪お知らせ♪

ブログ本文と関連性が低いコメントは、削除及びスパムとして報告させて頂く事があります。 また、名前が無記名(Unknown)のコメントも、削除させて頂きますのでご了承ください。

<11月の鑑賞予定映画>

「アムステルダム」「チケット・トゥ・パラダイス」「すずめの戸締り」「ある男」「サイレント・ナイト」「母性」

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X 千秋楽ライブビューイング

2022年11月28日 | B’z

27日は、横浜ぴあアリーナMMで行われた「B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X」
千秋楽ライブビューイングに映画館へ行ってきました。


本当は8月に行われる予定でしたが、稲葉さんがコロナに感染してしまった為
3か月延期の開催となりました。

ライブビューイングですが、ライブに参戦するのは実に3年ぶりなので
この日を本当に楽しみにしていました。


==============================

<B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X 千秋楽
          @ぴあアリーナMM 11月27日 セットリスト>

01.SLEEPLESS ☆
 ~LIVE-GYMへようこそ~
02.Hard Rain Love ☆
03.ultra soul
04.イチブトゼンブ
05.愛のバクダン
06.Daydream ☆
07.山手通りに風 ☆
08.マミレナ ☆
09.Thinking of you
10.裸足の女神
11.漣< sazanami >
12.Highway X
13.COMEBACK -愛しき破片- ☆
14.YES YES YES ☆
15.兵、走る
16.さまよえる蒼い弾丸
17.リヴ ☆
18.UNITE ☆

~アンコール~
19.You Are My Best ☆
20.裸足の女神(パート2) 
21.ZERO

☆印・・・新アルバム曲

==============================

活動自粛期間に行われた配信ライブももちろん良かったのですが
やっぱり生ライブは格別ですね。稲葉さんのお声も伸び&声量も
しっかりあり、素晴らしいライブパフォーマンスを見ることが
出来ました。

「裸足の女神」では、稲葉さんが舞台下を駆け巡る演出があったのですが
そこで、カメラが途中ピンボケになってしまうアクシデント発生。
そこで、アンコールでもう1度行う、という嬉しいハプニングがありました。
客席の最前列にいた方、稲葉さんを至近距離で2回も拝むことが出来て
なんて羨ましい・・・。

ライブビューイングの最後はエンディング映像があり、映画の終わりのような
演出。もぅすでにブルーレイなどの編集が出来つつあるかのような感じでしたよ(笑)
で、最後に来年開催される、「LIVE-GYM 、LIVE-GYM Pleasur2023」の
ツアータイトル名「STARS」の文字が発表。
開催されるのは、すでに公式HPに発表になっていましたが、こうして
ツアータイトル名を知ると、ますます期待が膨らみます。

来年のLIVE-GYM Pleasur2023は、直接会場で聴けたらいいなぁ・・・。

それでは、B’zブラザースのみなさま、おつかれ~~!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ONE PIECE FILM RED」

2022年11月24日 | 邦画

~赤髪が導く❝終焉(フィナーレ)❞~

2022年  日本映画  (2022.08.06公開)
配給:東映    上映時間:115分
監督:谷口悟朗
原作・総合プロデューサー:尾田栄一郎
脚本:黒岩勉
音楽:中田ヤスタカ
主題歌:Ado
劇中楽曲提供:中田ヤスタカ/Mrs. GREEN APPLE/Vaundy/FAKE TYPE.
       澤野弘之/折坂悠太/秦基博
声の出演:田中真弓(ルフィ)/中井和哉(ロロノア・ゾロ)/岡村明美(ナミ)
     山口勝平(ウソップ)/平田広明(サンジ)/山口由里子(ニコ・ロビン)
     大谷育江(トニートニー・チョッパー)/矢尾一樹(フランキー)
     チョー(ブルック)/宝亀克寿(ジンベエ/ゲッコーモリア)
     名塚佳織(ウタ)/Ado(ウタ歌唱キャスト)/津田健次郎(ゴードン)
     池田秀一(シャンクス)/山田裕貴(エボシ)/粗品(ハナガサ)
     せいや(カギノテ)

<見どころ>
尾田栄一郎原作のアニメ「ONE PIECE」の劇場版で、映画オリジナルキャラクターの
歌姫・ウタをめぐる物語を描いたアニメーション。世界中の人々を魅了するウタの
ライブが行われる島に海賊や海軍、モンキー・D・ルフィら麦わらの一味たちが
集まる。監督を務めるのは『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズなどの
谷口悟朗。ボイスキャストを田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平らが担当する。

<ストーリー>
世界中の人たちに愛される歌手・ウタ。彼女の歌声は別次元と評されるほどだが、
その素性は明かされていなかった。そのウタのライブが開催される島に海賊や
海軍が集結。その中には何も知らずにライブを楽しみにきたモンキー・D・ルフィら
麦わらの一味の姿もあったが、そこでウタがシャンクスの娘だという衝撃の事実が
発覚する。

<感想>
尾田栄一郎が総合プロデューサーも務める「ONE PIECE FILM」シリーズの第4弾。
TVシリーズは時々視聴、「ONE PIECE FILM」シリーズは一応すべて観ています。


劇場版シリーズはゲストキャラを推して描いているのですが、今作は
良くも悪くもウタ(Ado)のプロモーション映画といっても過言でないほど。
ルフィと麦わらの一味が脇役状態になってしまっていてちょっとびっくり。


ミュージカルではないが、完全に音楽映画といった印象で、ルフィたちの
存在が、ほんとに薄い(涙)
Adoファンはいいが、ONE PIECEファンは複雑に感じてる方もいるのでは
ないでしょうかね?

ワンピースの映像を使ったウタのウタよるウタのための映画。
世界進出発表したAdoのいい宣伝になったんじゃないでしょうか。

音楽は重低音響いて臨場感があり、そこは大きなプラスポイント。
音楽を楽しみたい方はぜひ映画館で!

点数:6点/10

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「すずめの戸締り」

2022年11月23日 | 邦画

~行ってきます~

2022年  日本映画  (2022.11.11公開)
配給:東宝   上映時間:120分
監督:新海誠
原作・脚本:新海誠
企画・プロデュース:川村元気
音楽:RADWINPS/陣内一真
声の出演:松村北斗/原菜乃華/深津絵里/染谷将太/伊藤沙莉/花瀬琴音
     花澤香菜/神木隆之介/松本白鴎

<見どころ>
『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督が、“災いの元となる扉”を閉める
ために旅をする少女の姿を描いたアニメーション。九州の田舎に暮らす女子
高校生が扉を探す不思議な青年と出会い、災いをもたらす扉を閉めるために
日本各地の廃虚へおもむく。少女の声をオーディションで選ばれた原菜乃華、
災いを招く扉を閉める“閉じ師”の青年の声をアイドルグループ「SixTONES」の
メンバーで『ライアー×ライアー』などの松村北斗が担当する。

<感想>
「君の名は」「天気の子」そして本作で災害3部作の完結といった位置づけの作品。


過去2作品が音楽前面に出ている印象だったのに比べると、本作は
そこまで押し出してなくて個人的には好感もてました。
キャラについては、すずめのバカっぽい言動・猪突猛進な行動がかなり
イラっときましたねぇ・・・(笑)あと、閉じ師少なすぎ。人手不足か?
あれじゃあ、プライベート何にもできないよ^^;;


話は災害・親子愛・恋愛などを含んだロードムービー映画。
ツッコミたくなる展開は多々あったが、テンポよくすすんでいくので
あまり気にはなりませんでした。
劇中感じたのが、ジブリ作品をオマージュした映像がいくつかあったこと。
ドライブで流れる曲が「ルージュの伝言」だったり、温泉リゾートの廃墟の
風景が「千と千尋」、巨大ミミズは「もののけ姫」を思い出します。
私個人はあの東京上空にでた巨大ミミズは「エヴァンゲリオン」の
サードインパクトを思い起こしましたが。


地震のことを今回は真正面から描いた作品で、防災無線の音声などが
流れると、どうしてもあの時のことが思い出しますので、辛いと感じる
方もいるかもしれません。
劇場で配布された「新海誠本」を読むと、岩戸という名字から天照大神が
天岩戸に隠れたことから取っているそうで、すずめの名前も芸能の神様
アメノウズメノミコトから取っているとわかり、納得。

ダイジンは、すずめが引っこ抜いたから出てきたのわけだが
もう1匹の猫(要石)は誰が抜いたの?
そもそも猫たちは何がしたかったんだ?
などとモヤっと感は残りますが、震災から11年。亡くなった方々のことを
思うと目頭が熱くなり、この作品が鎮魂歌のように感じました。

点数:7点/10

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無印良品/冬季限定カカオトリュフ

2022年11月18日 | 美味しいもの

昨年、売れに売れて全然買うことができなかった
無印良品の冬季限定「カカオトリュフ」シリーズ


今年は、早々に娘が買ってきてくれました。


全5種類あるうちの「塩キャラメル」、「オレンジピール」を購入。


びっくりするのが、290円でフランス産だということ。
そして、一粒がけっこう大きくて量も思った以上にある。
娘も私も2粒くらいでおなかが満たされます。

 

塩キャラメルは、生チョコのなかにキャラメルのザクザク感を感じ
オレンジピールも、しっかり濃厚なチョコの味に負けず
しっかりオレンジの味を感じます。

いや、これはバカ売れするのわかるわ。

先日、リピ買いしに無印に寄ったらまだ置いてあったので
気になる方は、お早めに!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

博多 華味鳥/とり焼肉御膳

2022年11月16日 | 美味しいもの

先日、久しぶりに華味鳥で夫婦ランチ。

 

とり焼肉御膳の塩レモンタレを注文。

炭火で焼いた鳥肉にさっぱりした塩レモンタレは
ごはんが本当にすすみます。

この2年で、すっかり小食になってしまった私でも
これはぺろっといけました。

それにしても、あれほど大食漢だった私が
今では、家族から「どうした!?」っていうほど
すっかり食べられなくなってしまいました。
別に悪いところはないんですけどねぇ。

やはり歳なんでしょうかね?

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする