NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

♪お知らせ♪

ブログ本文と関連性が低いコメントは、削除及びスパムとして報告させて頂く事があります。 また、名前が無記名(Unknown)のコメントも、削除させて頂きますのでご了承ください。

<12月の鑑賞予定映画>

「ディア・エヴァン・ハンセン」「マトリックス レザレクションズ」「キングスマン:ファースト・エージェント」「99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE」

「ジェントルメン」

2021年05月30日 | 洋画

~一流の紳士(ワル)たち~

2019年  イギリス/アメリカ合作 PG12指定 (2021.05.07公開)
配給:ショウゲート   上映時間:113分
監督:ガイ・リッチー
原案:ガイ・リッチー/アイヴァン・アトキンソン/マーン・デイヴィス
脚本:ガイ・リッチー
音楽:クリストファー・ベンステッド
出演:マシュー・マコーノヒー/チャーリー・ハナム/ヘンリー・ゴールディング
   ミシェル・ドッカリー/ジェレミー・ストロング/エディ・マーサン
   トム・ウー/バグジー・マローン/リン・ルネー/コリン・ファレル
   ヒュー・グラント

<見どころ>
『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『スナッチ』などの
ガイ・リッチー監督によるクライムサスペンス。イギリス・ロンドンの暗黒街を
舞台に、総額500億円に及ぶ大麻ビジネスの利権をめぐって悪党たちがし烈な
駆け引きを繰り広げる。オスカー俳優マシュー・マコノヒー、『キング・アーサー』
などのチャーリー・ハナム、『クレイジー・リッチ!』などのヘンリー・ゴールディング
『ダウントン・アビー』シリーズなどのミシェル・ドッカリーのほか、コリン・
ファレル、ヒュー・グラントらが出演。

<ストーリー>
イギリス・ロンドンの暗黒街。一代で大麻王国を築き上げたマリファナ王の
ミッキー(マシュー・マコノヒー)が、総額500億円に相当するといわれる大麻ビジネス
の全てを売却し引退するという情報が駆け巡る。そのうわさを耳にした強欲なユダヤ人
大富豪、ゴシップ紙の編集長、私立探偵、チャイニーズマフィア、ロシアンマフィア、
下町の不良たちが、巨額の利権をめぐって動き出す。

<感想>
ヒュー・グラントとチャーリーハナムの会話&回想(空想)形式で進める展開。


過去(空想も含む)を現在を何度も行ったり来たりするので、頭の中で
整理しながら前半観ていました。
ワルなイケおじ達の裏切り合戦は、観ている側もドキドキハラハラ。


個人的には、コリン・ファレルが久々に彼らしい役どころって感じで
良かったのと、マシュー・マコノヒーの渋さにしびれました。
あまり好みのお顔でないのですが、この役に関しては良かったなぁ~。

下品で暴力的だけど、楽しんで鑑賞出来ました。
ただ、この映画は好みがはっきり分かれる作品のようにも感じますね。

点数:7点/10

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ファーザー」

2021年05月29日 | 洋画

~史上最高の演技~

2020年 イギリス/フランス合作  (2021.05.14公開)
第93回アカデミー賞 主演男優賞&脚色賞受賞
配給:ショウゲート   上映時間:97分
監督:フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール
脚本:クロストファー・ハンプトン/フロリアン・ゼレール
美術:ピーター・フランシス
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
出演:アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン/マーク・ゲイティス
   イモージェン・プーツ/ルーファス・シーウェル/オリヴィア・ウィリアムズ

<見どころ>
世界中で上演された舞台を映画化したヒューマンドラマ。年老いた父親が
認知症を患い、次第に自分自身や家族のことも分からなくなり、記憶や時間が
混乱していく。原作を手掛けたフロリアン・ゼレールが監督と脚本を担当し、
『羊たちの沈黙』などのアンソニー・ホプキンスが父親、『女王陛下のお気に入り』
などのオリヴィア・コールマンが娘を演じ、マーク・ゲイティスや、
イモージェン・プーツらが共演する。

<ストーリー>
ロンドンで独りで暮らす81歳のアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、
少しずつ記憶が曖昧になってきていたが、娘のアン(オリヴィア・コールマン)が
頼んだ介護人を断る。そんな折、アンが新しい恋人とパリで暮らすと言い出して彼
はぼう然とする。だがさらに、アンと結婚して10年になるという見知らぬ男が
アンソニーの自宅に突然現れたことで、彼の混乱は深まる。

<感想>
アンソニー・ホプキンスが、歴代最高齢での受賞となった作品なので
これは是非観に行かねば!と思い、公開早々に鑑賞。

認知症のお話なので、館内は高齢の方がメインでしたが、まぁ私語が多い。
さすがに本編に入ると静かだったが、EDになると後方のおばちゃん二人が
ピーチくぱーちく喋りだし、何度か後ろ降りかえったがお構いなし。
業を煮やした私の隣の男性が、「うるさい!まだ映画は終わってないんだぞ!」
と一喝してくれたので、静かになりました。(おじさま、グッジョブ!


話は本編に戻りますが、認知症の父親目線のカメラワーク使いで
観客側も疑似体験的な感覚になります。こういう見せ方なかなか斬新で
面白かったですし、何が本当なのかわからなくなり、もはやホラー映画?
って感じ。


目立った音楽もなく、会話劇でしたが最後まで飽きずに観ることが出来ました。
また、アンソニー・ホプキンス自身も高齢だから、演技とわかっていても
認知症患者にしか見えなくて、改めて彼の演技力の高さを見せつけられた
感じです。オスカー受賞、納得です。

親の認知症が酷くなっていくのを目の当たりにする子供としての辛さが
リアルで、私も高齢の両親がいるので、親が認知症になったらと・・・
いろいろ考えさせらる映画でした。

舞台っぽいなぁと思ったら、舞台劇を映画化した作品なんですね。

点数:8点/10

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「いのちの停車場」

2021年05月23日 | 邦画

~そこは、自分らしく輝ける場所~

2021年  日本映画  (2021.05.21公開)
配給:東映  上映時間:119分
監督:成島出
原作:南杏子  「いのちの停車場」(幻冬舎文庫)
脚本:平松恵美子
音楽:安川午朗
美術:福澤勝弘
衣装:宮本茉莉
エンディングテーマ曲:村治佳織
出演:吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/南野陽子/伊勢谷友介/柳葉敏郎
   小池栄子/みなみらんぼう/泉谷しげる/森口瑤子/松金よね子
   石田ゆり子/田中泯/西田敏行

<見どころ>
現役医師でもある作家・南杏子の小説を原作にした医療ドラマ。
在宅医療を行っている診療所に勤めることになった元救命救急医が、
さまざまな患者と向き合っていく。
監督は『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』などの成島出。
『最高の人生の見つけ方』などの吉永小百合、『居眠り磐音』などの松坂桃李、
『一度死んでみた』などの広瀬すずのほか、田中泯、西田敏行らが出演する。

<ストーリー>
長年にわたって大学病院で救命救急医として働いてきたものの、父・達郎(田中泯)
が暮らす石川県の実家に戻ってまほろば診療所に勤めることにした白石咲和子
(吉永小百合)。院長・仙川徹(西田敏行)、看護師・星野麻世(広瀬すず)、
そして大学病院の事務職を辞めて咲和子を追ってきた野呂聖二(松坂桃李)らと
ともに、在宅医療を通して患者と接していく。救命救急とは違う医療の形に
戸惑っていた咲和子だったが、次第に在宅医療だからこそできる命の向き合い方が
あることを学ぶ。

<感想>
松坂桃李君が出演しているので、公開初日に鑑賞してきました。


終末期の在宅医療もので、オムニバス形式なつくりになっています。
出演された俳優さんが主役級ばかりで驚きましたし、伊勢谷友介さんも
カットされずに出演されていました。個人的には、カットされなくて
良かったと思います。


病気に対して、人はほんとに無力だな・・医療従事者の方々には感謝です。
ただ、いろんな患者のケースを描きすぎで、人物描写が浅すぎなケースも
あったのが気になりました。
特に柳葉敏郎さんの話では、あのあと息子とは連絡がついたのか?
亡くなった後の余韻もなく、スパッと次のシーンになってしまったのが
腑に落ちませんでしたし、小池栄子さんの存在って何だったの?

松阪桃李くんと広瀬すずさんのシーンはとても自然で「素」を感じる
時がありました。はっきり言って、桃李君が演じた野呂というキャラは
かなり微妙なキャラなんですが、彼の演技力でそのキャラさえ許されて
しまいました(笑)やっぱり素敵な俳優さんです♪

それと、一番腑に落ちないのが、田中泯さんと吉永小百合さんが親子という設定。
実年齢二人とも76歳ですよ。
吉永小百合さんは確かにお若く見えます。見えるけれど、やはり二人並んで
歩いていると、親子に見えないのよ。夫婦にしか見えないのよ。
これがどうにもこうにも最後まで腑に落ちなくて。

最後安楽死のことが出てきますが、最後推測みたいな形で尻切れトンボみたいな
終わり方はちょっと・・・。
人生の終わり方について、考えさせられる(特に安楽死について)映画でしたが
泣けそうで泣けない映画でもありました。

点数:6点/10

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」

2021年05月21日 | 洋画

~もうひとつの世界で 、“愛” を知る~

2019年  フランス/ベルギー映画  (2021.05.07公開)
配給:シンカ   上映時間:118分
監督:ユーゴ・ジェラン
原案・脚本:ユーゴ・ジェラン/イゴール・ゴーツマン/バンジャマン・パラン
音楽:サージュ
出演:フランソワ・シヴィル/ジョセフィーヌ・ジャピ/バンジャマン・ラヴェルネ
   カミーユ・ルルシュ/アモリ・ドゥ・クレヤンクール/エディット・スコブ

<見どころ>
最愛の人が自分を知らないもう一つの世界に迷い込んだ男の葛藤を描く
ラブストーリー。主人公を『私の知らないわたしの素顔』などのフランソワ・シヴィル、
ヒロインを『マンク ~破戒僧~』などのジョセフィーヌ・ジャピが演じ、
『不実な女と官能詩人』などのバンジャマン・ラヴェルネらが共演。
『あしたは最高のはじまり』などのユーゴ・ジェランがメガホンを取った。

<ストーリー>
一目ぼれで結婚した、人気作家として忙しいラファエル(フランソワ・シヴィル)と、
小さなピアノ教室を開いているオリヴィア(ジョセフィーヌ・ジャピ)の生活は、
10年目の今はすれ違っていた。二人が大げんかした翌朝、ラファエルは知らない
部屋で目を覚ます。そこでの自分はさえない中学校教師で、オリヴィアは
人気ピアニストとして活躍していた。

<感想>
「王様のブランチ」で、リリコさんがこの作品を紹介していたので観に行ってきました。


パラレル・ワールドものですが、そこはあまり違和感なく観られました。
舞台がパリなので、とにかくお洒落です。
オリヴィアがピアニストという設定ですが、連弾のシーンで、セコンドについて
いたのが私の大好きなピアニスト、カティア・ブニアティシヴィリだったのが
個人的に嬉しかったです。

それと少し話がそれますが、昨年自粛期間で私、海外のラグジュアリーな邸宅
物件サイトをよく閲覧していたのですが、そこでオリヴィアがもうひとつの世界で
別の男性と同居している家が、閲覧していたサイトで見ていたお宅だったんですよね。
さすがにインテリア品は、閲覧写真とは違っていましたが、なかなか個性的な
間取りだったので、すごく印象に残ってたんですよ。後日、もう一度サイトで
確認しましたが、間違いないですね。
セーヌ川のほとりにある、ほんとにお洒落な邸宅でした。


基本、恋愛映画なのですが、コメディ要素も含まれていて、クスっとする場面も多々。
特に友人のフェリックスがツボです。彼がいなかったらこの作品は
成り立たなかったように感じます。
最後のあの選択は、フランスらしいな。アメリカ映画だったら、ああいう
終わり方にはしなかったかも?

フランス映画らしい作品でした。とにかくお洒落です☆

【追】・フランスにもフラミンゴが生息してるんですね(驚)
   ・「キャプテン翼」が海外でも人気というのをこの映画で再確認^^

点数:7点/10

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「るろうに剣心 最終章 The Final」

2021年05月18日 | 邦画

~未来はここから始まる~

2020年  日本映画  (2021.04.23公開)
配給:ワーナー・ブラザース映画    上映時間:138分
監督:大友啓史
アクション監督:谷垣健治
原作:和月伸宏
脚本:大友啓史
音楽:佐藤直紀
衣装:澤田石和寛
美術:橋本創
主題歌:ONE OK ROCK
出演:佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/伊勢谷友介/土屋太鳳
   三浦涼介/音尾琢真/鶴見慎吾/中原丈雄/神木隆之介/北村一輝
   有村架純/江口洋介

<見どころ>
和月伸宏のコミックを原作にしたアクションシリーズの最終章である2部作の第1弾。
志々雄真実との死闘後、穏やかに暮らしていた緋村剣心たちに忍び寄る敵と、
剣心の秘められた過去が明らかになる。監督は前3作に続いて大友啓史。
主演の佐藤健をはじめ、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介らシリーズおなじみの
俳優陣に加え、新田真剣佑が最凶の敵・雪代縁(えにし)役で出演する。

<ストーリー>
“人斬り抜刀斎”の異名で知られた緋村剣心(佐藤健)は、日本転覆を企てた
志々雄真実と死闘を繰り広げた後、神谷道場でのどかに生活していた。あるとき、
東京の中心部を何者かが連続して攻撃し、剣心と仲間たちにも危険が及ぶ。
その事件は、剣心の過去と頬に刻まれた十字傷の謎に関わっていた。
(以上シネマトゥディより)

<感想>
「るろうに剣心」感想記事
「るろうに剣心 京都大火編」感想記事
「るろうに剣心 最後の決闘」感想記事

公開初日に鑑賞しましたが、UPが遅くなってしまった・・・。
なので、感想は短めで。


お馴染みのメンバーを久々にスクリーンで観ることが出来たのが
まず素直に嬉しいし、やはり実写での緋村剣心は、佐藤健さんで正解
だったというのを再認識します。


キャストは、なんといっても今作は縁を演じた新田真剣佑君の演技が
素晴らしい。「ブレイブ~群青戦記」とは真逆のキャラで、色気+アクション
のキレにファンはもちろんのこと、新たにハートを鷲づかみにされた方が
多かったのではないでしょうか。


わき役にもちゃんと見せ場があり、過去シリーズに出演していた方々も
ちょこっと出るなど、ツッコミどころありながらも最後まで楽しく
観ることが出来ました。

ただ個人的には「Beginning」→「Final」の方が良いような気がするのですが。
結末がもぅわかっているので、どう締めくくるのか?

どちらにせよ、6月楽しみにしたいと思います。

アクションシーンが見ごたえあるので、これは是非劇場で!

点数:9点/10

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっと接種

2021年05月16日 | コーギー(はな♀)

先日お腹の調子を崩していたはなでしたが
すっかり元気になったので
遅くなりましたが、狂犬病予防接種に行ってきました。


大好きな院長先生に会えるので、ご機嫌。



車内では、終始おとなしくしていました。
モモの時は、ずーーーっと鳴いてたので、はなはらくちんです。


病院へ着くや否や喜び勇んで病院へ。
(何もかも、モモとは逆だわ^^;)


無事に注射💉を終え帰宅の途へ。


👆の車は、私用の車なので
運転席に夫がいるのが不思議だったみたいです。(笑)

フィラリア検査に予防接種と
この時期、ワンコは忙しいですね。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母の日

2021年05月12日 | 日々の徒然

週末は、「母の日」でした。


息子からはなかったが
娘からは、今年も頂きました。


「cle de peau BEAUTE」の除去化粧水、美容液、マスクの集中ケアセット


クレ・ド・ポー・ボーテ、これが初めて。
(こんな高級化粧品、手が出ません^^;)
勝負マスクって感じですね。

大事な時(演奏会とか)の前に使用したいと思います。

👆のカーネーションの色は赤紫系。
ちゃあんと私の好みをわかっています。

こうして気遣ってもらえてありがたいです。

ありがとう。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロジェクト始動?

2021年05月08日 | 日々の徒然

連休期間中、我が家はこんなことしていました。



ひょんなことから、リフォーム話が浮上。


今月中に業者さんと話し合いし、どうするか決めます。


話がまとまれば、間違いなく今年の一大プロジェクトになります。



どうなるか?乞うご期待。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テイクアウト

2021年05月05日 | 我が家の食卓

連休真っ只中、久々に家族4人揃ったので
夕食は、ピザをテイクアウトして頂きました。🍕



Lサイズ2枚


これでは足らなかったので
冷蔵庫にあった冷凍ピザを追加で作りました。

相変わらずの食欲です。

皆様もよいGWを。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする