たまごのなかみ

毎日 元気に機嫌良く♪

16分の一

2018年02月09日 11時30分01秒 | ウェブログ
今に始まった事じゃないらしいので、ご存知の方も多いかもしれませんが、雪印メグミルクの「さけるチーズ」は、通常のパッケージに混じって 1/16の割合で 通称 “ボンバーさけチー” と呼ばれる 爆発した様な激しいパッケージがあります。1/16なので、気を付けて見ていると案外見つけることが出来ます。








ついつい パケ買い (*^m^*)














因みに 通常のパッケージは


こんな感じデス


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

甥が二十歳になりました

2018年02月05日 21時35分48秒 | 記念日


今月はじめ 在京の甥が二十歳の誕生日を迎えました



友人が行きつけの四川料理の飄香(ピャオシャン)でお祝いです

本格四川鶏料理 飄香銀座三越店


《本日のアミューズ》
カシューナッツが隠れています
甘くて辛いお砂糖を纏っています








《本日の前菜3種》
ヤーコンと海月, よだれ鷄, 肉に見立てたお麩 with 蕗の薹のフリット







《アガリクス茸と地鶏の蒸しスープ》
貝柱の出汁が効いています






《海老のサクサク揚げ 四川甘酢ソース炒め》
海老美味しぃ〜〜〜
付け合わせのマコモタケも嬉しい♪
唐辛子は 食べてはいけません







《悪大王のスペアリブ》
多種多様の香辛料を纏った悪大王!!
とっても美味しくいただきました
同じくジョロキアやハバネロは 食べてはいけません







《春菊と湯葉の炒め 干し海老風味》
干し海老かおる やさしいお味
湯葉が美味しいよぉ〜〜〜

と気を緩ませてからの...




激震!!


《白身魚と豆腐の麻婆》
ごはんと一緒にいただきました ヒィィィ〜〜〜






おめでとぉ〜〜〜

甥は杏仁豆腐をチョイス






私は

白木耳とライチ ドライ無花果を使ったグラニテ













甥っ子のおかげで 楽しい時間になりました


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

月見で一杯

2018年02月05日 02時10分19秒 | 都内
「月見で一杯」といっても 花札の話じゃなくて、先日の皆既月食の日(1/31)のことでして、ちょうどその日 大学時代の友人と新年会を口実に集まりました。今回は 名古屋からこの為だけに来たひとりと 総勢7名での飲み会。...私は下戸だけど(^^;;

まずは、以前 たまたま入って美味しかった店へ。平日だし、予約しなくても大丈夫だョね? なんて、気楽な気持ちで訪ねたら、6人掛けの席にお誕生日席という形なら との事。勿論もちろん それで構いません と、席を用意していただきました。早めの時刻が幸いして入店が叶いましたが、店はあっという間に満席。そりゃそうだ、こぢんまりした店だし、美味しいし、なんと言ってもコストパフォーマンスが高い


♪あぁ〜〜 通してもらえて よかった!!!


La Bottegaia(ラ・ボッテガイア)


美味しいドレッシングで パクチーサラダ 最高
パン粉で揚げてあるのはオリーブ
アンチョビを詰めてフリットしたオリーブ これイケます☆
前回美味しかったので リピート





“大きい チーズの入ったジャガ芋のニョッキ ゴルゴンゾーラソース” 堪りません☆
右上は “牛アキレス腱とひよこ豆の煮込み”
蓮根のペペロンチーノは 真似したい!!
ラクレットチーズたっぷりでオーブン焼きにした茄子は 間違いない美味しさ♪

他に 牡蠣のクリームソースを絡めたタリアッテーレなんかも頼んで
白ワインもボトルで二本...
ふた皿頼んだ物もあるし けっこう食べた

裏道とはいえ歌舞伎座から直ぐという立地で
ひとりあたま 3,300円ほどでした(*゚▽゚*)







そして 同じ並びのすぐ近くにある 同期男子の営むバーへ


Bar Verry

銀座でバーなんて ちょっと気負っちゃうけど
ここなら下戸の私でも遠慮なくジンジャーエールが頼めるし
もうひとり 優しい飲み物を所望の友人には ロイヤルミルクティを用意してくれた
いつもありがとう ちょーさん
(因みに 学生時代の呼び名で 本名の一部ですら無い)


曇天の予報で 半ば諦めていた皆既月食も見られて
良い新年会になりました
ちょーさん また行くネ(^^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うちと似てるかも(^w^)

2018年02月03日 21時42分30秒 | 観る


ロング,ロングバケーション(2/3 劇場にて)

製作国:イタリア(2017年)
原題:The Leisure Seeker
監督 /脚本:パオロ・ヴィルズィ
出演:ヘレン・ミレン(エラ・スペンサー)、ドナルド・サザーランド(ジョン・スペンサー)、
ジャネル・モロニー(ジェーン・スペンサー)、クリスチャン・マッケイ(ウィル・スペンサー)、ダナ・アイビ(リリアン)他


元文学教師でアルツハイマー病のジョン(ドナルド・サザーランド)と末期がんの妻エラ(ヘレン・ミレン)。エラの入院の日、子ども達の知らぬ間に 二人は古いキャンピングカーで旅に出る。目的地は、ジョンの敬愛する作家ヘミングウェイの暮らした家が残るフロリダはキーウェスト。

ヘレン・ミレンは言うに及ばず、ドナルド・サザーランドの巧さといったらありません。記憶や状況認識の混濁した状態とクリアな状態が瞬間的に入れ替わる時の目の表情や顔つきが、演技とは思えぬほどガラッと変わります。

結末については、賛否あるかも知れませんが、私は 物語というものは 正論だけで語る類のものでもないと思っているし、今作については ある意味ハッピーエンドなんじゃないかと感じました。主演の二人ありきの作品だと思いますが、非常に面白い映画に仕上がっていると思います。長年連れ添った夫婦だからこその馬事雑言にも大笑いです。

うちも、今年で32年になりますが、ジョンとエラの関係となんだか似ていたりして 、そんなところも楽しめた映画です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九割凍結

2018年01月28日 17時26分10秒 | 関東近郊
毎年冬になると気になるのが、茨城県は奥久慈にある 袋田の滝の “氷瀑” です。滝の完全凍結を氷瀑というらしく、袋田の滝での前回の完全凍結は、2012年に見られたのが6年振りの事だったとか。そんな 滝の凍る姿を見てみたいと思いつつ、週末の日程と滝の状態を常に気に留めているという訳にもいかず... ところが 今年は この寒さ、ちょっと行ってみてもいいんじゃないかと、昨日 袋田の滝を目指し 奥久慈を訪ねました。





袋田の滝は 観瀑台が近いので 夏でも冬でも迫力があります








結果から申し上げると まだ完全氷結には至らず
発表に依ると 九割の凍結











エレベーターで第二観瀑台へ上がると
滝の全体像を見る事が出来ます



滝の上部は かなりしっかり凍っている様に見えます





凍てつく川面!!







ただ完全凍結ではない証しに 水の音もしっかり聞こえてきます





しぶきが分かりますか?

















とはいえ 普段水量のある袋田の滝が ここまで凍結する姿は
なかなかの見応えです

同じ九割でも 本日はクライミングをする姿もあった様で
それはちょっと見たかったかも >_<







吊り橋の向こう側に 滝があります








吊り橋より川下は...


こんな景色 初めて目にします!!









崖から突き出た根っ子に 氷柱












こちらは 水を撒き 人口的に作り出した 大氷柱☆


人口的とはいえ こちらも見応えがあります









茨城県北部には 名産品も沢山あります
常陸秋蕎麦 常陸牛 奥久慈しゃも りんご
湯葉にアップルパイにチーズケーキ



お昼は 瀧本屋本店で

奥久慈しゃも蕎麦

軍鶏 美味しぃ〜〜




ただ 店内にあったメダカの鉢が不思議で...






なに故 ストーブの上に!!?


熱伝導率の極めて低い鉢なのか ストーブがフェイクなのか
もしや メダカがフェイク?
はたまた 辛抱強いメダカを選抜してるとか?





滝を後にして...



ログハウスのコーヒーショップを訪ね ナビに従い車を走らせると
そこは まだまだ雪の残る道のその奥にありました



Cafe 遊森歩(ユーモア)





大きな丸太のログハウスの中には薪ストーブ









落ち着くぅ〜〜







仕上げは 森林の温泉(もりのいでゆ)で りんご風呂に浸かり...


スペシャルに美味しいりんごジュース







これは 酒粕のジェラート
道の駅 常陸大宮 〜かわプラザ〜









水戸駅 北口










スミマセン
全部スマホでの撮影です
m(__)m


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

カトリーヌ × カトリーヌ

2018年01月25日 23時16分42秒 | 観る



ルージュの手紙(1/25 劇場にて)
    

制作国:フランス(2017年)
原題:Sage femme(英題:The Midwife)[助産婦の意]
監督 / 脚本:マルタン・プロボ
出演:カトリーヌ・フロ(クレール)、カトリーヌ・ドヌーブ(ベアトリス)、
   オリビエ・グルメ(ポール)、カンタン・ドルメール(シモン)、ミレーヌ・ドモンジョ(ロランド)、
   オドレイ・ダナ(病棟主任)、ポーリーヌ・エチエンヌ(セシール)他


フランスを代表する二人の女優 カトリーヌ・ドヌーブとカトリーヌ・フロ、初の共演作。パリ郊外に住むクレールのもとに、30年間姿を消していた血のつながらない母・ベアトリスから「重要で急を要する知らせがあるので会いたい」との電話。真面目すぎるクレールと自由奔放なベアトリス。性格が正反対の2人が、頼り頼られ、ちょっぴり殻を破り...

カトリーヌ・ドヌーブとカトリーヌ・フロ、ふたりのカトリーヌが それぞれ これまでとは違うイメージを演じ、他人でもない家族でもないという微妙な関係を描きながら、助産婦から助産師へという これまでは女性の分野とされてきた職業のあり方が映し出されていきます。

「8人の女たち」とか、「しあわせの雨傘」とか、熟年期のドヌーブ、好きだなぁ〜〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つい横着しちゃうけど

2018年01月25日 21時40分14秒 | ウェブログ
ついつい横着してスマホで撮ってしまうけど、今日は 空気が澄んでいて 遠くまで良く見えたので、たまにはと カメラを引っ張りだして来ました。





スカイツリーも細部まで撮れる





富士山だって

このとおり



でも...
手持ちだから ズームでシャッターを切るのは 結構たいへん
どうしても ブレがち

三脚や いずこ?








昼下がり...

南西に回り込んだお日様に 富士山は黄金色





日没










うちからだと 東京タワーは スカイツリーにすっぽり隠れる位置だと
思い込んでいましたら 今朝方 ふと発見!! ありました ありました


夕暮れ時のダブルタワー





広角で収めると 目視より山並みが遠い印象
















迫力



これからカメラの出番も増えそうです


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

白い朝

2018年01月23日 07時56分04秒 | ウェブログ

今朝の関東地方は 真っ白です。



朝日に照らされて ほんのり赤く染まって見えます














筑波山




靄の立っている手前は手賀沼 奥は利根川です








昨日は 浅草で2時から観劇




終演の後 5時過ぎに外に出ると...

すっかり積っていました

























コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

【告知】12MONKEYS シーズン3

2018年01月22日 00時33分27秒 | 観てネ
連日 遊び呆けている様に思われそうなので、たまには告知です。『12MONKEYS』が、シーズン3に突入します。既に、字幕版のみでは Huluで配信されていますが、この度 吹き替え版を加え CS放送にてテレビ初登場です。



12MONKEYS シーズン3




:::スターチャンネル:::

[star1 プレミアムch]1/29(月)より 毎週月曜 23:00 ほか

[star3 吹替専門ch]2/1(木)より 毎週木曜 23:30 ほか



キャスト


ジョーンズ博士を担当しております


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チケットが取れたので急遽

2018年01月20日 23時32分02秒 | 観る
友人が開演二日目に行った旨 Facebookに投稿したのを目にした矢先に、テレビでも公演の様子が流れ、「私もチケット取っておけば良かったなぁ〜〜」ってコメントしたら、「まだ取れるかもョ」という返事。そうか... と チケットサイトを当たってみたら、取れました 取れました。

という訳で、友人の投稿を見てから三日後には 私も劇場へ。いそいそ





アンチゴーヌ(1/19 ソワレ / 新国立劇場 小劇場)
作:ジャン・アヌイ
翻訳:岩切正一郎
演出:栗山民也

【出演】
蒼井優、生瀬勝久、梅沢昌代、伊勢佳世、佐藤誓、渋谷謙人、富岡晃一郎、高橋紀恵、塚瀬香名子

:::アンチゴーヌ(蒼井優)は、古代ギリシャ・テーバイの王オイディプスの次女である。アンチゴーヌの兄弟は、長兄のエテオークル、次兄のポリニス、そして 姉イスメーヌ。

オイディプス王の死後、エテオークルとポリニスは、王位争いを仕組まれて刺し違え、この世を去る。その後、王位に就いたオイディプスの弟クレオン(生瀬勝久)は、亡くなった兄弟のうち、エテオークルを厚く弔い、国家への反逆者であるとして、ポリニスの遺体を野に曝して埋葬を禁じ、背く者があれば死刑にするよう命じた。

しかし、アンチゴーヌは、乳母の目を盗んで夜中に城を抜け出し、ポリニスの遺体に弔いの土をかけて、捕えられてしまう。クレオンは一人息子エモン(渋谷謙人)の婚約者で姪である彼女の命を助けるため、土をかけた事実をもみ消す代わりにポリニスを弔うことを止めさせようとするのだが... :::


客席を4ブロックに区切り、その真ん中に 通路の様に配置した演技エリアは、さながら十字架である。ギリシア悲劇を翻案した戯曲なので、そのストーリー性については兎も角、舞台設営を含めた演出の妙、そして役者の技量が素晴らしい。全身全霊を傾けて演じる蒼井優は言うに及ばず、予想以上に素晴らしかったのが生瀬勝久で、堂々たるクレオン王でした。




バルコニー席で位置が高かったせいもあるのか、開演早々から 喉がカラッカラ >_<
帰り道、新宿の乗り換えで立ち寄った 猿田彦珈琲のスタンドは TiKiTaKa ICE CREAMを併設。アフォガートを頂きました。しみたぁ〜〜〜




コメント
この記事をはてなブックマークに追加