NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

♪12月の鑑賞予定映画♪

「くるみ割り人形と秘密の王国」「メアリーの総て」「マイ・サンシャイン」「アリー/ スター誕生」「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

「怪しい彼女」

2014年07月30日 | 洋画

~突然、20歳(ハタチ)。~

2014年   韓国映画    (2014.07.11公開)
配給:CJ Entertainment Japan  上映時間:2時間5分
監督:ファン・ドンヒョク
脚本:シン・ドンイク/ホン・スンジョン/ドン・ヒスン
音楽:モグ
出演:シム・ウンギョン/ナ・ムニ/ジニョン/イ・ジヌク/ソン・ドンイル
    パク・イナン/ファン・ジョンミン/キム・スルギ/キム・ヒョンスク

<見どころ>
『王になった男』などのシム・ウンギョンと『ハーモニー 心をつなぐ歌』などの
ベテラン、ナ・ムニが二人一役を熱演する心温まるファンタジー。70歳の老女が
突然20歳の自分に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を、爆笑と感動の
涙で盛り上げていく。『トガニ 幼き瞳の告発』などのファン・ドンヒョク監督が、
本作ではがらりと趣を変え新境地を開拓。キュートな容貌とは裏腹に、相手構わず
罵声を浴びせる怖いもの知らずのヒロインの魅力のとりこになる。

<ストーリー>
70歳のマルスン(ナ・ムニ)は、向かうところ敵なしの口の悪さと頑固さで近所でも
有名なおばあさんだった。国立大教授に出世した一人息子(ソン・ドンイル)を女手
一つで育て上げたものの、アクの強い性格が災いし最近は嫁にも煙たがられる始末。
ある日、彼女が写真館で遺影のつもりで写真を撮ると、不思議なことに20歳の
ころの自分(シム・ウンギョン)に戻っていた。

<感想>
公開早々に観たのですが、発表会&演奏会で、すっかりUP遅くなっちゃって。。

なので、手短に。

韓国映画は、ちょっと苦手の私なのですが、これは文句なく面白かった!

 
ファンタジーなお話なんだけど、笑い&泣き&ホラー??(笑)と、いろんな要素が
含まれていて、最後まで飽きることなく見ることができました。
主演のシム・ウンギョンの演技は、秀逸です。

 
イケメンも出ていましたが、個人的には、B1A4のジニョン君が良いなぁ~。

 
ストーリー上、バンドの場面がけっこうありましたが、自分も学生時代
バンドとかやっていたので、ワクワクしながら観ていました。

老若が入れ替わっても、中身は老婆。顔は若いのに、出てくる言葉は老婆の時の
ままの、毒舌でいう姿が、もぅ大爆笑もの。
そこに、親を大事にする儒教の国、韓国でも高齢者問題が深刻化している側面も
見受けられます。

笑いあり、涙あり、のハートフルな作品。

間違いなく、今年度のTOP3に入るの確実な映画となりました。 オススメです。


点数:10点 (10点中)

コメント (10)   トラックバック (8)

演奏会

2014年07月28日 | ピアノ

週末は、自分の師事している先生主催の演奏会に出演しました。

朝から夜まで1日ドタバタでしたが、終わってホッとしています。


リスト:巡礼の年 第1年「スイス」より“ウィリアム・テルの聖堂” を演奏。

人前でリストの作品を弾くのは久しぶりだったので
思ってた以上に緊張しましたが、まぁなんとか無事に演奏出来ました。


終わって、楽屋で写真会になりました。
演奏後の解放感は、なんとも言えません。

自分の演奏会も終わり、これでやっと夏休みがおくれます。
演奏準備に追われていたので、皆さんのブログに
なかなかお邪魔出来ない日々が続いていたので、これから
ゆっくりブログ巡りをしたいと思います。

とりあえず、美味しいもの&お酒が飲みたい。

出演者&関係者の皆様、お疲れ様でした。

そして、応援にかけつけてくれたお友達の皆様、ありがとうございました。

コメント (12)

発表会終了

2014年07月26日 | ピアノ

夏休みに入って早々上半期の大きなイベント、ピアノ発表会が無事終了しました。


今年は、平日に行われたので、お客様の数を心配しましたが
たくさんの方がいらして下さって安堵しました。


今年は、「自分の納得いく演奏が出来た!」と、満足に話してくれた生徒さんが
去年より多かったのが、一番の収穫でした。

この感覚を忘れずに、次につなげて欲しいですね

これから、しばらく教室も夏休みに入るので、クールダウンして
秋からは、年末のおさらい会に向けて、また頑張りたいと思います。

コメント (2)

冷た~~い!

2014年07月23日 | お気に入り

今、コカコーラでは、期間限定で、氷のタンブラーキットがもらえるみたいなのでGET。

点数を集めて、GETする方法と、私のようにスーパーで
500ml×4本or1.5L×2本お買い上げで、GETする方法があるみたい。




真夏なので、コーラ入れたらすぐ飲まないと
氷が融けて薄まっちゃいますが、舌が痛くなるほどつめたーいです。

スーパーでGETの際は、数量限定なのでお早めに。

コカコーラ公式サイト

コメント (2)

オープンキャンパス

2014年07月20日 | 社会人娘

夏休みに突入し、今年も娘の通う美大のオープンキャンパスに行ってきました。


オープンキャンパスと芸術祭ぐらいしか、親は見に行けませんからね。
今年は、娘は、オープンキャンパスの実行委員になっているので
その働きぶりも見に行ってきました。


娘の学科があるデザイン棟は敷地内の一番奥にあるので
坂道を必死で歩きました。着いた頃には汗だくです。

 
1年生課題の「竹」。今年は、ダイナミックな作品が多かったです。
去年より見ごたえあったかも?
で、今年は、ワニのオブジェが出現していました。
これが、めっちゃリアルで。一瞬、ギョギョっ!としましたよ。
それぐらい、超リアルでした。

 
デザイン棟1階は、今年度卒業された学生の卒業制作品が展示。
うちの娘も、2年後にはこんな素敵な作品が出来るのだろうか???

 
1~3年生の作品も見ましたが、どれも見応えがありました。


「綿棒で家を作る」なんていうワークショップもやっていました。
↑の作品、綿棒です。

 
グラフィックデザイン科は、やっぱり見応えありましたわ~。
当たり前ですが、皆さんお上手。


音楽会のポスターという課題みたいですが、
音楽記号も視点を変えると、素敵なデザインに変身しちゃうんですね。

 
照明のデザインも、なかなか面白いものがありました。
左の照明は、バナナの皮を剥いた形の照明スタンドです。
これ、欲しいなぇ~。

お昼は学食で。Bランチ(タコライス定食:420円)を注文。

お味は美味しかったですが、でもタコライスか?って感じなんですけど。
ボリュームは、けっこうあり、お腹はこれで十分満足。

絵画棟の方にも行きたかったのですが、時間の関係で今年は断念。
でも、今年もいろいろな作品を見ることが出来て、良かったです。

娘?スタッフとして、なかなか頑張ってやってましたよ。
冬休みに遊びに来てくれた子達も、向こうから「こんにちは!」と
声をかけてくれ、気分良くして帰ることが出来ました。

来年? もちろん行きますよ~。

コメント

「マレフィセント」

2014年07月18日 | 洋画

~誰も知らない「眠りの森の美女」が今目覚める~

2014年  アメリカ映画    (2014.07.05公開)
配給:ディズニー      上映時間:97分
監督:ロバート・ストロンバーグ
脚本:リンダ・ウールヴァートン
衣装デザイン:アンナ・B・シェパード
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:アンジェリーナ・ジョリー/エル・ファニング/シャールト・コプリー
    サム・ライリー/イメルダ・スタウントン/ジュノー・テンプル/レスリー・マンヴィル

<見どころ>
ディズニーアニメ『眠れる森の美女』ではオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、
邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。マレフィセントを
アンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の
眠りにつかせる呪いをかけた理由が明かされる。監督は、『アバター』などの
プロダクションデザインを手掛けたロバート・ストロンバーグ。
エル・ファニングやアンジーの娘ヴィヴィアン・ジョリー=ピットが共演。
おとぎの国のごとく幻想的で美しく、一方でダークな映像世界に期待できる。

<ストーリー>
とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。
幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント
(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いを
かけたマレフィセント。それは、なぜなのか。
答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。

<感想>
ディズニー不朽の名作「眠れる森の美女」をマレフィセントの視点から見た映画。
 
「眠れる森の美女」は絵本を持っていてよく読んでいましたが、魔女の名前が
マレフィセントっていうの初めて知りましたよ。マレフィセントを演じたアンジーは
イメージぴったりで、安心して観ることが出来ました。オーロラ役のエル・ファニング
ちゃんは、キュートだったんだけど、個人的にはオーロラっていうイメージでは
ないような気がしました。あまりにかわいらしすぎて・・・・。
3人の妖精は、子育てへったくそでしたねぇ・・・・。特に、イメルダ・スタウントンは
どこからどうみても、「ハリー・ポッター」のアンブリッジにしか見えなかった・・・。

 
呪いをかけるシーンは、かなり魅入りましたね。アンジーの演技、ステキでした。
でも、この姿、観ようによってはデビルマンのようにも見えて、時々笑えたんですけど。
あと、幼いオーロラを演じたのは、アンジーの娘さんだそうで・・・。
とってもかわゆくて、癒されましたわ~。
 
個人的には、マレフィセントにつかえていたカラスがいいキャラクターで、好感大。
ある意味、この作品の陰の功労者と言ってもいいぐらいの位置でした。
逆に、王様と、フィリップ王子の全く華のないこと・・・・。正直、フィリップいりました?
おまけに最後ムーア国にひょっこり現れるだなんてとってつけもいいところ。

映像はとっても幻想的で、見応えあり。特にカラスのCGは超リアルでした。
王様・王子様はグダグダキャラでしたが、マレフィセントのツンデレ的な
キャラは、かなり好感もてましたね。ぶつくさ言いながらもしっかり16年間
影で、しっかり見守っていたあたりは、母親そのものでした。

真実のキスは、「アナと雪の女王」でもそうでしたが、やっぱりそうか、という感じ。
最近のディズニーは、男女愛より、姉妹(兄弟)愛とか親子愛ですか。

内容が安定しているので、安心して観ることが出来ましたが、まぁこんなものかな。
ある意味、アンジーの為の映画だったような気がします。

点数:7点 (10点中)

コメント (6)   トラックバック (7)

「私の男」

2014年07月15日 | 邦画

 ~誰にも、言えない~

2013年  日本映画  R15+指定  (2014.06.14公開)
配給:日活
監督:熊切和嘉
原作:桜庭一樹 『私の男』(文藝春秋刊)
脚本:宇治田隆史
美術:安宅紀史
音楽:ジム・オルーク
出演:浅野忠信/二階堂ふみ/モロ師岡/河井青葉/三浦誠己
    三浦貴大/広岡由里子/高良健吾/藤竜也

<見どころ>
直木賞作家・桜庭一樹によるベストセラー小説を、熊切和嘉監督が映画化。
流氷に閉ざされた北海道と東京を舞台に、孤児となった少女と彼女を引き取る
ことになった男の禁断の関係を描き出す。互いに秘密を抱え寄り添うように生きる
父と娘には、浅野忠信と二階堂ふみがふんするほか、高良健吾、藤竜也らが共演。
時代の移り変わりに合わせてフィルムとデジタルを駆使し、北海道の雄大な自然を
捉えた映像にため息が出る。

<ストーリー>
奥尻島に猛威を振るった津波によって孤児となった10歳の花(山田望叶)は
遠い親戚だという腐野淳悟(浅野忠信)に引き取られ、互いに寄り添うように暮らす。
花(二階堂ふみ)が高校生になったころ、二人を見守ってきた地元の名士で
遠縁でもある大塩(藤竜也)は、二人のゆがんだ関係を察知し、淳悟から離れるよう
花を説得。やがて厳寒の海で大塩の遺体が発見され、淳悟と花は逃げるように
紋別の町を去り……。

<感想>
原作=未読

熊切監督作品は、「夏の終り」でちょっと相性良くないな~と思いながらも
予告編で気になって・・・・。二階堂ふみちゃんが娘と同い年、ということもあって
どういう演技するんだろ?という興味本位優先で鑑賞しました。


うーん、正直、やっぱりなじめなかった・・・・・・。

 
主演の浅野さん・二階堂ふみちゃんは、難しい役を文字通り体当たりで
演技されていたと思います。特に二階堂ふみちゃんは、20歳なのに
「女」の顔になってたのには、ビックリ。 うちの娘と同い年なのに、エライ違いだわ。
いい意味で、怖い女優さんになりそうな予感。
個人的に気になったのは、小町を演じた河井青葉さん。
こちらは、大人の色気が出ていて、濡れ場シーンは、ゾクっとしましたねぇ~。

 
観終わった後の、疲弊さは半端ないですね。
近親相姦っていうのは、やっぱヘビーだわ・・・・・しかも同じ年頃の娘が
いるから、なんか想像しただけで、ウェって感じ。

 
北国の閉塞感と話の世界観がマッチしていて、これは良かったけど
高良健吾君の使い方が、なんだかもったいない・・・・・。
のちの結婚相手になると思ってたのに、へ?これだけ?だもんね・・・。

あと、わからないのが、モロ師岡さんが演じた警官が殺されたシーン。
あれは夢だったの?現実だったの?なんだか、よくわかなかった。。。。。

エロさが注目されてる映画ですが、「家族」のお話だったんだな。。と感じました。
しかし、歪んだ愛情でつながった「家族」は見てて痛々しい。

最後、花がつぶやいた言葉ってなんだったんでしょう?
一生懸命読み取ろうとしたが、結局わかりませんでした。
このあたりは原作に書いているんでしょうか?でもかといって、原作を
読む気には、やっぱりなれないですね。

二人の演技は素晴らしかったですが、映画自体は、ごめんなさい、
私の好みには全く合いませんでした。「夏の終り」でもそうですが
熊切監督とは相性よくないのかも・・・・・。

点数:5点 (10点中)

コメント (7)   トラックバック (5)

は?(笑)

2014年07月12日 | たわいのない話

今日、日本TVで今OAされている「THE MUSIC DAY」での時のこと。

秋川雅史さんが「千の風になって」を歌っていた。



それを見ていた、夫の一言。

 

 

:「これ、ジブリの“千と千尋の神隠し”の主題歌だったよね」

 

 

空気がフリーズしたのは言うまでもない。

コメント (2)

「トランセンデンス」

2014年07月10日 | 洋画

~もし、コンピューターに科学者の頭脳をインストールしたら~

2014年   アメリカ映画    (2014.06.28公開)
配給:ポニーキャニオン / 松竹     上映時間:119分
監督:ウォーリー・フィスター
製作総指揮:クリストファー・ノーラン/エマ・トーマス/ダン・ミンツ
脚本:ジャック・パグレン
音楽:マイケル・ダナ
出演:ジョニー・デップ/レベッカ・ホール/モーガン・フリーマン
    ポール・ベタニー/キリアン・マーフィ/ケイト・マーラ/コール・ハウザー

<見どころ>
『ダークナイト』シリーズなどのクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務める
SFサスペンス。亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が進化を果たし、
人類や世界を混乱に陥れていく。メガホンを取るのは、『インセプション』
『マネーボール』などの撮影を手掛けてきたウォーリー・フィスター。ジョニー・デップ、
モーガン・フリーマンら、実力派スターが顔をそろえる。電脳化が進む現代に警鐘を
鳴らす物語と鮮烈なビジュアルに息をのむ。

<ストーリー>
人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループ
RIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。
だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手によって彼の頭脳と意識は、死の間際に
PINNへとアップロードされていた。ウィルと融合したPINNは超高速の処理能力を
見せ始め、軍事機密、金融、政治、個人情報など、ありとあらゆるデータを手に入れ
ていくようになる。やがて、その進化は人類の想像を超えるレベルにまで達してしまう。

<感想>
「トランセンデンス」=「超越」

ジョニー主演ということで、観に行ってきました。 久しぶりの素顔出演だし(笑)

 
うーん、確かに白塗りでないジョニーなんだけど、半分以上、画面の中って
いうのはどうなのよ?これじゃあ、結果的にはあんまり変わらんような・・・。

 
あまり予備知識を入れずに観に行きましたが、うーん、つまらないわけでは
ないが、かといって面白くもない・・・・なんとも中途半端な感じ。

 
ストーリー全体に間延び感があり、特に前半まったりしてて、半分寝かけちゃいましたし
あと、なんでこんなに観終わった後、しっくり感が来ないのかしら?と
思ってたのですが、時間が経ってわかった。キャスティングが違和感感じたんだ。
ジョニーって、やっぱ科学者っていうイメージ全くない。むしろ、テロ側の方が
しっくり来るかも?そして、キリアンがフツーの捜査官っていうのが実に
もったいない。(実際たいした役どころではなかったし)
モーガン・フリーマンも、誰がやってもいいような役だったしなぁ・・・。

で、脚本が悪いのか、だれにも感情移入が出来ず・・・。
終わり方も、「あっそう、それで?」みたいな感じ。

脚本とキャスティングが致命的だったかも?

ジョニーも結局ああいう形の出演だから、ファンとしては消化不良の作品でした。

点数:4点 (10点中)

コメント (8)   トラックバック (5)

修学旅行

2014年07月08日 | 大2息子

先週、息子は、4泊5日の研修旅行(修学旅行)に行ってきました。

行先は、娘と同じ北海道(旭川・富良野・洞爺湖・小樽・札幌)コース

北海道の王道なとこばかり行くので、母娘で「良いなぁ~」を連発。

 お土産も、いっぱい買ってきてくれました。

ロイズの抹茶生チョコ(限定品)、初めて口にしましたが、なかなかイケました。


ホリのじゃがいもコロコロは、どれも美味しいですよね。
中でも、行者にんにく味は、めっちゃ美味しくて争奪戦でした。


で、写真ですが、やっぱり1枚も撮ってませんでした。
スマホOKだったのに、なんでだよ!

業者が撮ってくれた集合写真を期待するのですが
それすらも買おうとない息子なので、今回も卒業アルバムで
様子を知る・・・ということになるのでしょうか?

あ~悲しい。




そして、息子、こんなオチを。


数日後、冷蔵庫の奥にチョコ発見。

今週末に会う、仲の良いK先輩に渡す北海道土産だそうで。
「エロい恋人」

もぅ、大爆笑のチョコですわ。

中味は、男女そのものの形をしたチョコレート!

これが、かなりリアルな形状なので、写真upするのやめました。

これ見つけて、一人で机叩きながら大笑いしてた私もどうよ?なんですが。

なにはともあれ、楽しい修学旅行だったみたいでなによりです。

コメント (10)