奇跡の扉

今までにない新しい治療法で確実に成果を出しています。安全、無痛、無害の遺伝子療法です。

先読みが大切

2016年05月31日 | 日記
しつけのためにと7才の男の子を山の中で車を降ろしてしまったご両親、さぞかし心配されているでしょう。さぞかし後悔している事でしょう。

でも降ろした場所が悪かっただけで、子供を持つ親なら気持ちがわからないでもありません。

いまは早く無事に見つかる事を祈ります。
ただどんな時でも万が一と言う事を頭に入れておかなければいけないなと改めて考えさせられました。
まさか森の中に入ってしまうとは夢にも思わなかったでしょう。

人生において、このまさかを回避する事が如何に大切か。

健康においてもそうです。まさか私が、まさか家族の誰かが、そう思いながら病気と闘っている人がたくさんいるのではないでしょうか。

そのまさかは誰にでも起こり得る事なのです。起こり得るのですが、回避する方法はあります。

先程の事例で言えば、山の中で子供を降ろさなかったら良かったわけです。ですからもしもこうなったらと先読みする事が大切なわけです。

健康も病気にならないように、病気になりにくいように予防と言う先読みが必要なんです。

なってからでは遅い場合もあります。少しでもそのリスクを下げるために、痛みがあっても無くても定期的に免疫力や生命力を高めておく必要があるんですね。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 自分を磨く | トップ | 患部=痛みの原因ではない »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
突然ですが (ジャム)
2016-06-02 16:59:35
以前阿久津先生に診て頂いた者です。

矢作直樹(やはぎ・なおき)

 1956年、神奈川県生まれ。金沢大医学部卒。麻酔科、救急・集中治療、外科、内科など経験し、2001年から、東大医学部救急医学分野教授、同大病院救急部・集中治療部長。著書に「人は死なない」(バジリコ)など。

この方のコラムを読んで↓
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20130214-OYTEW51881/

阿久津先生のお探しのお医者様のような気がしたので
コメントさせて頂きました。

すでにご存知だったりご迷惑でしたら申し訳ございません。

ブログ内容と関連のないコメントなのでご不快なようでしたら削除してください。

感謝です! (阿久津 雅彦)
2016-06-07 13:59:44
ジャムさん貴重な情報をありがとうございます。

このようなお医者さんがいるとは知りませんでした。
大変参考になります。
教えていただいてありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事