奇跡の扉

今までにない新しい治療法で確実に成果を出しています。安全、無痛、無害の遺伝子療法です。

膝の痛みがまさかの場所から

2018年06月10日 | 症例
膝が痛くて正座が出来ない!  そんな方いますよね。

女性の方ですが、特に膝の裏側が痛くしゃがむことも途中までしか出来ません。

病院へ行けば恐らく、膝の軟骨がすり減っているとか言われそうですが、本当にそれだけですか?

膝が痛いと言うと膝しか診ないのが今の医療です。

この分業制度が医学が進歩したと言いながらなかなか病人が減らない原因にもなっているように思います。

まず膝を診るのはわかりますが、そこから腰椎など骨格の歪みを診ることはもちろん、血管、神経、そして腎臓も膝の痛みに関係していることが良くあります。

そして上記の女性の方の膝の痛みは、なんと胃腸や肝臓など消化器の働きの低下が影響していました。

病院ではここまでまず調べることはありません。

でも現実にこの女性の胃腸の働きを良くしたところ、膝の裏の痛みが軽くなり正座も出来るようになりましたと喜ばれました。

人体はネットワーク、あらゆる臓器が協調して健康を司どっています。

五眼遺伝子療法は、どんな小さな痛みでも全身を診ることから、始まります。

コメント

肩こりの原因

2018年06月02日 | 健康
肩こりに悩まされる女性は多いと思いますが、逆に全く肩こりを感じないという人もいます。

何が違うのでしょう?

そういう私も肩こりをほとんど感じたことがありません。5年に1度くらい感じるかなくらいのものです。

慢性の肩こりを感じる女性たちは、いったいどうして肩こりに悩まされてしまうのでしょう?

姿勢が悪いからでしょうか?猫背だからでしょうか?

先日も肩こりに悩まされている女性の方が来院しました。

その原因をどんどん追い求めていく五眼遺伝子療法では、最終原因にたどり着くまで、どこまでも追っていきます。


すると必ず最後は遺伝子にたどり着きます。正確に言うと遺伝子の中の染色体です。

どの染色体の働きが悪いかがわかることによって何が原因かがわかります。

この女性の肩こりの原因は胃でした。

胃の働きが弱いために肩こりに現れてしまったのです。

ではなぜ胃が弱くなったしまったのか?

この女性は血流も悪い、ではなぜ血流が悪くなったのか?

ホルモンバランスも乱れていました。なぜホルモンバランスが乱れてしまったのか?

交感神経も失調していました。なぜ交感神経が失調してしまったのか?

このようになぜなぜ?とどんどん原因を深堀りしていきます。

そうすると必ず最終原因にたどり着きます。

どこかの遺伝子の働きが低下しているのです。

病気の原因は遺伝子です。

私たちのからだは遺伝子によって様々な指令を受けています。

間違った指令によっていろんな病気になってしまうのです。

だから遺伝子を正常に働くように導いてあげれば元気になれるわけです。
コメント

からだのサインを見逃すな。

2018年03月28日 | 症例
「阿久津先生!何かこの頃背中が痛いんです」と、ひとりの女性の方の症状です。

もう一人の女性の患者さんは、「最近左肩が痛いんです」と言います。

お二人とも少し痛むところは違いますが、痛みの原因となっている部位は同じでした。

それは胃です。

胃って非常にデリケートな臓器ですよね。

精神的なことでもすぐに痛くなりやすいし、食べ過ぎや飲み過ぎても影響を受けやすいところです。

背中の痛い女性は風邪が原因で胃の働きが悪くなり、痛みが出てしまいました。

左肩が痛くなった女性は、疲労から胃の働きが悪くなり、痛みが出てしまいました。

二人ともそれほどひどい風邪をひいたわけでもないですし、それほどひどく疲れたわけでもないです。

でもそうやって胃の働きが悪くなることは良くあることです。

どこかに痛みがある時、それは身体のサインです。

どこもなんともなければ痛みなど出ません。

痛みがある時は注意深く観察し、何が原因かよく考えることが大切ですね。

あと。私に言っていただければ、すぐに原因がわかりますので、遠慮なくご連絡ください。

遠くにお住まいの方でもご相談くださいね。
コメント

ギックリ腰の本当の原因とは

2018年03月27日 | 健康
急な腰痛や急なギックリ腰を経験した人も多いのではないでしょうか?

重いものを持った時とか、くしゃみをしただけでギクッといってしまう人もいるくらいです。

先日もゴルフの練習をしていて腰が痛くなった男性がいます。その男性はゴルフの練習を良くやっています。

いつも同じことをやっているのに、どうして何ともない時と腰を痛めてしまう時があるのでしょう?

どうしてかわかりますか?腰を痛める時は普段と何が違うのか?

腰を痛めやすい時と言うのは、いつもより体が弱っている時です。

「でもいつもと同じことをしているし、普段と何も変わってないよ」と皆さん言います。

でもいつもと違うことが体の中で起きています。

それは風邪のウイルスです。風邪のウイルスが体の中に入っています。つまり風邪をひいていると言う事です。

風邪をひくと血流が悪くなってしまう、内臓の働きが低下してしまう、自律神経のバランスを崩してしまう。

いろんなことが重なってバランスを崩してしまうので、腰を痛めたりしてしまうのです。

首の寝違えも一緒です。いつもと同じ布団同じ枕で寝ているのに寝違える時と何でもない時があります。

その違いは風邪をひいてるかひいていないかの違いなのです。

風邪をひくといつも寝違えるというわけではありませんが、寝違えを起こしやすくしてしまうのです。

でも明らかな風邪の症状はありませんから、誰も風邪をひいてるとは思いません。

 人間のからだはそういう微妙なところで体にいろんな影響を及ぼします。

だから風邪は万病の元とも言いますし、その影響を少しでも取り除くことが大切になってくるのです。
コメント

突然ご主人が?

2018年01月31日 | 症例
今年は頑張ってブログを書こうと思ったのですが、なかなか思うように書けていません。
気持ちを新たに私のブログが誰かのお役に立てるように頑張りたいと思います。

さてある日の朝、ご主人が目の前で倒れたらどうしますか?
私の患者さんの話です。

普段通りに起きてきたご主人、こたつから新聞を取りに行こうと立ち上がった瞬間クラクラっときてその場にバタンと倒れました。
あなたどうしたの?奥さんが声をかけても返事をしません。すぐに救急車を呼びました。

頭の血管でも切れた?心筋梗塞でも起こしたかしら?

いろんな不安がよぎりますよね?

救急車が到着した頃、ご主人は意識を回復しました。でもそのまま救急車で病院へ運ばれました。


病院へ運ばれ血圧を測ったところ、上が90しかなく下は50でした。普段は130くらいの血圧が極端に下がっていました。病院では原因がわからず結局数時間ベッドに横になり、だんだん回復してきたのでその日に家に帰ってきました。

翌日ちょうど私の治療院の予約日だったので、早速話を聞き原因を診てみました。

そしたら腎臓に反応が出ていたので、なるほど急に倒れた原因は腎臓にあることがわかりました。
ではなぜ?腎臓が急に悪くなったのか?

その答えは風邪のウイルスでした。腎臓に影響を与える風邪をひいてしまっていたのです。ウイルスのせいで腎臓がうまく機能しなくなり血圧の低下を招いていたのです。

こういうことは良くあること誰にでも起き得ることです。そしていままで何でもなかったのが突然急変する、それがウイルス感染の特徴でもあります。

これが脳や心臓の病気と見極めにくいのですが、こういうこともあると言う事を頭の中に置いておくことも大切です。

同じような経験をしている人がたくさんいるはずです。
あの時具合が悪くなったのは何でだろう?そうならないように予防したほうが良いだろうか?

そう考える人は是非、五眼遺伝子療法で確かめてみてください。お力になると思います。
コメント