奇跡の扉

今までにない新しい治療法で確実に成果を出しています。安全、無痛、無害の遺伝子療法です。

言葉、思いのエネルギー(波動)

2010年02月28日 | 健康
女子フィギュアスケート、キム・ヨナさんの圧勝で幕を閉じましたが、浅田真央さんなら4年後に必ず金を取れると思います。頑張ってほしいです。

さて、今回銅メダルに輝いた地元カナダのロシェットさんですが、素晴らしい演技だったと思いますが、4位の長洲未来さん、5位の安藤美姫さんも悪くなかったと思います。安藤さんのクレオパトラも素晴らしかったですよね。私はロシェットさんにここでいくつかの波動エネルギーが働いたように見えました。ひとつは地元カナダの声援、もう一つは直前にお母様を亡くされ、頑張って戦っているという意識、同情も後押ししたように思えます。

声援、応援などは、まさに言葉の持つ波動エネルギーだと思います。サッカーの試合などでホームチームに有利なのは地の利ということもありますが、サポーターの応援がかなり力になると思います。例えば、ホームグラウンドで試合をしても、サポーターが全員相手チームのサポーターだったらどうでしょう。選手もかなりきついと思います。そう考えると、言葉、声援の持つエネルギーは多ければ多いほど強いものとなります。

ですから、私の言いたいことは、悪いエネルギー(言葉)をできれば使わないほうがいいですよといいたいわけです。例えば同じ選手に頑張れ~と、失敗しろう~と声をかけるのでは明らかに受け取るエネルギーが違うわけです。つまり、どんな言葉にもエネルギー(波動)があると言いたいのです。波動で物質を変えることができますので、良い波動を出すように心掛けたいと思います。

景気に関しても皆で悪い悪いと言っていたのでは、良くなるはずもありません。皆で景気をよくしようと誰もが思えば必ず良くなると思います。思いも言葉と一緒でエネルギー(波動)ですから、思いで人の心も動かせるではありませんか?良いことを思う。大事ですよ。明日のことを思うのはあなた自身です。良い明日(未来)かそうでないかは、あなたの思い次第ですよ。
コメント

真央ちゃん良く頑張った!

2010年02月27日 | 健康
ヨナちゃん対真央ちゃんの対決、見るほうも疲れますね。思わず力が入ってしまいます。いやあ、実に心臓に悪い競技ですね。見ているだけであんなに緊張するのだから、演じている選手の緊張はどれだけのものでしょう。それでもあれだけの演技ができるのですから、すごいことですよ。それにしても、キム・ヨナのほうがやはり一枚上でしたね。あの妖艶な色気は真央ちゃんにはないものですものね。しかし、あれほどの点数の差はないと思います。真央ちゃんはトリプルアクセルを2回も成功させながら、ライバルを上回るどころか、逆に引き離されました。いったい何回成功させれば勝てるのでしょうね。仮に2回のミスがなかったとしても到底勝てなかったでしょうが。何か今ひとつ釈然とはしませんでしたが、今の採点方式の流れなのでしょうか。

キム・ヨナのほうが現時点では上なのは間違いありません。真央ちゃんは2位で良かったのかもしれません。そのほうが4年後の金の喜びがかなり増すでしょう。あとで2位で良かったなあと思える日が来ると思いますが。
コメント (1)

愛子のために

2010年02月26日 | 健康
バンクーバーオリンピックもいよいよ終盤となってきました。日本人選手頑張ってもらいたいですね。さて、上村愛子さんですが、一段一段と駆け上がりもう一歩のところでの4位、残念でしたが良く頑張ってくれました。是非4年後も目指していただきたいと思います。その旦那さんである皆川健太郎さんがいよいよ登場します。

いままでは自分のためだけに滑ってきたが、初めて人のために滑ろうと思ったのこと。「妻、愛子のために滑る」とおっしゃってました。泣けるではありませんか。人のために何かしようと思うって大事です。人のためだと思ったことが結局は自分のためになるんですよね。自分が幸せになりたいと思ったら妻を幸せにすることですよね。だって妻が笑っていられたら自分も幸せな気分になりますものね。

前回のオリンピックでは皆川さん4位でした。是非是非メダルに届いていただくと私たちも幸せになるのですが、どうかひとつ頑張ってください。
コメント

幸福のスパイラル

2010年02月25日 | 健康
昨日の浅田真央さんとキム・ヨナさんのSP対決ご覧になりましたよね。すごかったですね。どちらも素晴らしい演技を魅せてくれました。以前にも触れましたが、私はこれを待っていました。全員は無理でしょうけど、トップの方々が、完ぺきな演技をする中で優劣を競いあう、そういう対決を待ち望んでいました。なんか幸せな気分になりませんか?いいもの魅せてもらったなあって思います。

韓国のテレビのニュースをちらっと見たのですが、韓国のアナウンサーは「日本人はキムヨナの失敗を望んだでしょうが残念でした。」と言っていました。冗談ではありません。決してそんなことは望んでないないと思います。きっと韓国の人はそう思っているから出たんでしょうね。 良く「他人の不幸は蜜の味」と言う人がいますが、私は全く逆だと思います。「他人の幸福こそ蜜の味」が持論です。今の日本の経済を考えてください。デフレスパイラルに陥っていますよね。お金がないからモノが売れない。売れないから企業が儲からない。儲からないから給料が下がる。失業者が増える。と、誰も喜べないではないですか。企業も自分だけのことしか考えてないから自分で自分の首を絞めているのではないかと思います。派遣切りなどもってのほかです。忙しい時は派遣の人たちに助けてもらっているのではないですか。奇しくも、いまトヨタが少し利益に走りすぎたがために、大変なことになっています。忙しい時だけ手を借りて、ひまになったら知らんぷりでは良い波動など出るはずもありません。

私の仕事に例えると、患者さんの喜びが、自分の喜びにつながるんです。自分の喜びがまた次の患者さんの喜びにつながるのです。幸福のスパイラルです。他人の不幸、他人の失敗は絶対望んではいけないと思います。負のスパイラルに陥ってしまいます。

明日の対決楽しみですね。またお互い完ぺきな演技をした対決が見たいですね。また素晴らしいものが見れると思うとワクワクします。期待しましょう。
コメント (2)

病は気から

2010年02月24日 | 健康
病は気からと昔からよく言われています。本当にそうなのでしょうか。試しに胃が痛い、胃が痛いと一週間言い続けてみてください。間違いなく胃が痛くなります。この時期、受験生が、本番前にお腹を壊すなんて話は良く聞きますよね。心と胃腸が密接な関係にあるのは皆さん良くご存じだと思います。

ではどうすればよいのでしょうか。何事も悪いほうに考えないことがまず大事ですよね。「雨が降ってきたわ、いやだわ」と思うのではなくて、「雨が降ってきた、乾燥してた空気と街の埃が流れて良かったわ」というふうになんでもいいようにとる生き方をすると、免疫力もアップしますよ。60兆という私たちの体の中の細胞は、ちょっとした思いや意識で元気になったり、元気がなくなったりしています。なにかちょっといい事があると力がみなぎり体が軽くなることないですか。反対にちょっと悪いことがあると何もする気になれなくなったりします。いつもプラスに考える癖をつけると免疫力はひとりでに上がり病気になりにくい体を作れるようになります。

私のところに来る患者さんの中でも、前向きで明るい方は治りも早いです。そうでない方は同じような症状でも多少時間がかかります。すべてとは言いませんが、そういう傾向にはあります。ちょっとしとことからプラスに考える習慣をつけませんか。
コメント

別れさせ屋

2010年02月23日 | 健康
別れさせ屋ってご存知ですか?例えば夫が妻と別れたい場合、別れさせ屋は妻に近づき離婚せざるを得ない状況にもっていく商売らしいです。

昨年4月元探偵社の男が、夫の依頼で妻を誘惑し、離婚させた上、素知らぬ顔で同棲を続けていたが、正体がばれると逆上して女性を殺した記事を二三日前に見ました。

非常に卑劣で言語道断の事件だと思います。いくらなんでもこういう商売が成立しているのが問題だと思います。人の心をもてあそび騙して別れさせようなんて、許せないですね。どうしてこういう世の中になってしまったのでしょう。倫理観のかけらもないですね。探偵社にはこういった依頼が増えているそうです。即刻規制してほしいと思います。

自分勝手な、自分の都合だけで物事を片付けようとする風潮、なんとかなりませんかね。人をだまして身銭を稼いでも、必ずその反動がどこかでやってきます。一時は良さそうに見えても絶対長続きしません。最近は特にそうじゃないですか。産地偽造や中身の偽造、目先の利益に翻弄され、どこを見て商売しているのか分からなくなったら終わりです。

私の信念は「患者さんを喜ばすことが自分の喜び」を信念としています。患者さんの幸福なくして自分の幸福などありえません。これからもよろしくお願いいたします。

コメント

自然体で

2010年02月22日 | 健康
「風邪をひいたら風呂に入るな」はもう昔の話です。悪寒がしたり、微熱であれば良く温まったほうが早く治ります。寒気ががするのは体温を上げたいという欲求ですし、体を震わせて少しでも熱を産生しようとする無意識の反応です。食事にしても食欲がないのに無理して食べる必要はまったくありません。体が欲してないのに無理して食べても胃腸に負担がかかるだけです。食欲はあるという方は腹7分目くらいの食事がベストでしょう。

動物を飼っている方ならお分かりかもしれませんが、具合が悪い時にどうしてます?犬でも猫でもバクバク食べていませんよね。何も食べないでじっとうずくまっていると思います。それが自然なのです。人間だけです、無理に食べたり動き回っているのは。まあ仕事があったり家のことをやらなければならないのはわかりますが、極力じっとして風邪を治すほうにエネルギーを使うようにしたほうがいいわけです。

要は自然に逆らうなという事です。できるだけ体の欲求にまかせましょう。寒いと思ったら温めて、熱いと思ったら冷やすのです。食べたくなかったら食べなくてよいのです。二三日食べなくても充分なように体はできています。自然体でいきましょう。
コメント

煙草の波動

2010年02月21日 | 健康
物質にはすべてエネルギー(波動)があります。物質の持っている波動によって、私たちの体は日々変化、影響を受けて暮らしています。食事ひとつとってもレトルト食品の食事と無農薬野菜中心の食事では誰が見てもエネルギー(波動)の違いは一目瞭然でしょう。

物質にはプラスの波動とマイナスの波動があります。体に例えると健康に良いものはプラスの波動、悪いものはマイナスの波動ということになります。プラスのものばかりを摂取していれば健康でいられるということになりますね。いわゆる添加物や防腐剤などは当然とらないほうがいいわけです。

煙草ですが、当然吸ったり、煙をもらったりするのは悪いと誰でも承知のことと思います。実は持っているだけでも良くないのです。胸ポケットなどに入れておいても体にはマイナスに作用します。マイナスの波動を出していますから、体にとっては毒になります。以前ニュースでも見た方がいらっしゃるかと思いますが、薬品の隣に置いてあったカップラーメンをたべた人が具合が悪くなったというニュース、ご存じないですか?ちゃんと封がしてあっても薬品の成分がカップラーメンに移るのです。部屋のにおいも洋服や体に浸みこんじゃいますよね。煙草も持っているだけでも体にとっては害になりますので、皆さん注意してください。

それと、煙草を吸うと肺がんになるイメージがありますが、確かに肺に良くないのは事実ですが、それ以上に、実は煙草は骨髄に影響します。骨髄は免疫力の要です。白血球や赤血球の生まれてくるところです。ダメージを受けた骨髄から生まれた白血球や赤血球は元気を失くします。当然免疫力を落としますから、がんになりやすいです。何度も実験して確かめていますので間違いないです。

心も体もプラスの波動を受けて暮らすのが健康への近道ですよ。煙草は吸わないのがもちろんいいのですが、やめられない人、せめてバッグに入れましょう。

でもやっぱり吸わないほうがいいでしょう。
コメント

滞る

2010年02月20日 | 健康

「滞る」(とどこおる)という字があります。辞書で調べますと、{物事が順調に運ばない。はかどらない。つかえる。流れが止まる。}などとなっています。あまり良い意味でないことは一目でわかりますね。経済が滞る、などはお金の流れが止まると不景気になります。家の中でも、部屋の隅っこは空気の流れが滞り、植物などを置くと隅ほど枯れやすいです。そして私たちにとって大事な血液も滞ってしまったら病気になってしまうでしょう。

とにかく物事は「流れる」がいちばんいいわけです。人間の場合、血液、リンパ、神経など、流れるためには自律神経が重要な働きを担っています。そして、その自律神経をコントロールしているのが脳です。脳の視床や視床下部、脳下垂体といったところが自律神経の司令部として働いています。ここを常に良い状態にしてあげることが血液の流れを滞らせないためのポイントになっています。

いま経済は滞りをみせ日本が病に苦しんでいます。司令部は大丈夫でしょうか?

コメント

健康の条件

2010年02月19日 | 健康
カイロプラクティックにおいて健康の三大条件の定義があります。一つ目に精神(心)。二つ目に化学(栄養)。三つ目に骨格。 この三つの条件が揃って初めて健康と言えるでしょう。 心の健康、肉体を養う充分な栄養、肉体を支える頑丈な骨格、どれかひとつでも欠けてしまうと健康を損なってしまいます。できれば、明るく前向きにプラス思考で、好き嫌いなく何でも食べる様に心がけましょう。 そして私は四つ目の条件にやはり遺伝子を加えたいと思います。肉体の基本単位は細胞ですから、細胞の設計図は遺伝子の役目です。間違えた設計図を書かない様にするためには遺伝子に傷がつかない様に、もし傷がついても早めに修復する事が大事です。それにはなんと言っても免疫力がものを言います。いつも免疫力を最良の状態にする様に心がけましょう。
コメント (2)

骨折

2010年02月18日 | 健康

皆さん、骨折の経験はありますか?私は二度ほど経験しました。一度目は小学校6年生の時、自転車に乗り、3メートルほどの高さから川に落ちて、鎖骨を折り全身ずぶぬれになり、家まで辿り着きました。不思議なことに、鎖骨って折れてもそれほど痛みはなく、お風呂に入り一晩そのまま寝ました。翌日になって、どうも腕を上にあげると痛いので、接骨院に連れて行ってもらいました。

二度目は中学一年生の時に、坂道で転んで左腕を複雑骨折したのですが、今回はものすごい激痛で貧血も起こし、顔面蒼白でしたが、また同じ接骨院に連れて行っていただき、腕を思い切り引っ張られ、骨を付けていただきました。

二度とも運よく柔道整復師によって、傷を残すことなく普通に使えるようになったのですが、最近思ったのですが、骨折ってだいたい整形外科に行きますよね。あまり接骨院を利用する方いらっしゃらない気がするのですが、気のせいでしょうか。やはり外科的手術しないで治るのであればそのほうがいいと思うのですが。なぜだか分りません。そして脱臼、骨折などを柔整師が治すには医師の許可が必要なのだそうです。なんだか二重の手間がかかるようで変な話です。

良いものは良いとして受け継ぎ後世に残してほしいのですが、それとも骨折にあまり接骨院を利用しなくなっている何かがあるのでしょうか。私にはわかりませんが少なくとも私はその恩恵を受けることができました。

コメント (1)

トイレのちかい方

2010年02月17日 | 健康
最近、やたら「トイレが近くなったなあ、あれ、さっき行ったばっかりなのになあ」なんて方いらっしゃいませんか?寒いから仕方がないよ。って思ってませんか?年だからしょうがないよ、って言ってませんか?

いえいえ、諦めるのはまだ早いですよ。治すところはいっぱいありますよ。脊髄神経の流れや動脈、静脈の流れもそうですが、自律神経の中の副交感神経に仙髄神経という神経があります。この神経が不具合を起こすとトイレが近くなってしまう事がよくありますので、諦めないで下さい。

どんな症状も原因はいろいろあります。根本的な原因を治すお手伝いいたします。
コメント

掌蹠膿疱症

2010年02月16日 | 健康
しょうせきのうほうしょうと読みます。難しい病名ですね。手の平や足の裏に水泡が沢山出来る病気です。痛みや痒みがあり、鎖骨の辺りにも痛みを伴う事が多いそうです。原因が不明のことが多いらしいですが、今日、女性の方が来院しました。

初めてのケースでしたので、どうかなと思い調べ始めたところ、原因がはっきりとでていましたので、これはいけると確信しました。副交感神経の失調により免疫力の低下がみられ、白血球やリンパ球のバランスが崩れ水泡に顕れたみたいです。その上延髄にも反応がでていましたので、痛みを感じやすくなっていまいた。

原因は何だと思いますか?風邪などのウイルスが原因です。風邪、恐るべしですね。本当に万病のもとです。自分で防御するには何と言ってもビタミンCが有効です。皆さん、普段から摂取するくせをつけましょう。
コメント (2)

肩こり

2010年02月15日 | 健康
肩こりする方は非常に多いですよね。どうして肩が凝るのでしょう?姿勢が悪いから?なで肩だから?猫背だから?など、確かに骨格の歪みなどから来る場合も充分あります。それでは、なで肩、猫背の人は皆肩こり?そうではないですよね。なで肩の人でも肩こりのしない人もいます。猫背の人でも肩こらないという方、沢山いらっしゃいます。

というのは、肩こりの原因が、骨格からだけではないからです。原因は百人百様、本当に沢山あるのです。内蔵からくることもあるし、脳神経、自律神経、動脈や静脈などの血管系、リンパ系、脊髄神経、ホルモン系、そして目からや、がんが原因てことも。
あと、忘れてならないのが横隔膜の機能低下も肩こりと深くかかわっています。なぜなら、肺に酸素を取り込むのは横隔膜が重要な働きをしていますので、横隔膜が働かないと全身酸欠になってしまうからです。

このように沢山ある中から、原因を探し出さなければ、根本的な解決になりませんので、五眼遺伝子療法を充分ご活用ください。きっとお役に立てると思います。
コメント

さあ五輪開幕

2010年02月14日 | 健康
おはようございます。今日は久しぶりに良いお天気になりそうです。あらためておてんとうさまに感謝です。

さてバンクーバー五輪もいよいよ始まりましたね。開会式を観ていると、あらためて平和っていいなあって思います。いつまでも平和であることを願い、日本人選手の活躍を願い、健康であることを願いと。贅沢ですかね。

いつも日本人選手の活躍は勇気をもらいます。感動をいただきます。よし!自分も頑張らなくっちゃ!て思います。これからの2週間が楽しみです。4年に1度ですものね。
コメント