ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

アメリカン・ユートピア

2021-05-28 00:05:15 | あ行

最高!マジで踊り出しますよ、身体が!

 

****************************

 

「アメリカン・ユートピア」79点★★★★

 

****************************

 

元トーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンが

2018年発表のアルバム「アメリカン・ユートピア」のツアーを発展させて

2019年に初演したブロードウェイ・ショー。

 

上映後、大評判になるも

2020年にコロナ禍で再演が幻になってしまった――という

その伝説のショーを

あの、スパイク・リーが完全映画化!ということで

なんというタイミング。

いや~、期待度MAX!

 

で、実際に期待裏切らず、

いやそれ以上に

久々にお尻が座席から浮き上がる

ウッキウキを体験しました(笑)

 

装飾を一切排した舞台上に

現れるデイヴィッド・バーン。

撮影当時、御年67歳。

しょっぱなこそグレイヘアの彼に

「うわ~、歳取ったかなあ」と思ったけど、

いやいや、声の張りに変わりなし!

ニヤリとしてしまう。

 

で、続いてダンサーとミュージシャンたちが登場。

全員がお揃いのグレーのスーツで裸足。

しかもキーボードやパーカッションなどの楽器を肩から提げて

まるでマーチング・バンドのようなんです。

 

舞台上には配線も、マイクも一切なし。

完璧にミニマルな空間で

バーンはじめ全員が

キレッキレに歌い、演奏し、走り、踊るんですよ~~

 

余分をそぎ落とした美学と

ほとばしる生身の人間のパッション。

その融合を、スパイク・リー監督が冴えた編集でつないでくれる。

うひゃ~気持ちいい!(笑)

 

バンドメンバーは多国籍で

歌にも語りにも、社会へのメッセージが内包され、

すべて一歩先ゆくエッジが効きまくる。

 

でも、決して説教臭くもなく

頭でっかちでもなく

とにかく楽しい。

 

お若い方は知らんかもしれませんが

超名作「ストップ・メイキング・センス」(ジョナサン・デミ監督、1984年)を

高校時代に知って、Tシャツ買うほどハマったワシとしても

実に感慨深く

でも、そんな古きを知らなくても、

最先端として楽しめると思うんですよね。

 

「ストップ~」から37年。

本当に、この方は

音楽とパフォーマンス、視覚の楽しさをつなげることに長けている

最高のアートパフォーマーだと改めて感じました。

 

それに、やっぱり

若い頃より「やさしく」なってるんだと思う。

いろいろ考えることはあるけど

まずは踊りながら、楽しみながら考えようよ。

それが音楽の、アートの力だぜ!と

示してくれているんだと思います。

 

トーキング・ヘッズ時代の曲を含む21曲を

たっぷり堪能し

そしてラストはもちろんあの名曲!

さあ、ご一緒に!

 

★5/28(金)から公開。

「アメリカン・ユートピア」公式サイト

※上映状況は公式サイト&各上映館の情報をご確認くださいませ。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« やすらぎの森 | トップ | 猿楽町で会いましょう »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も早速行きました (onscreen)
2021-05-30 07:56:21
<マジで踊り出しますよ、身体が!

はい、通常は前の方の席なのですが
この映画に限っては最後列!

で踊り狂ってました(笑)


実際にNYに見に行ってますので
よかったらリンク行ってみてください
いいなあ~~! (ぽつお番長)
2021-05-30 14:30:35
うわあNYで体験されていたとは!
いいなぁぁ!

映画であれだけの高揚感だもの
ライブだとさぞすごいんでしょうねええ

真上からフォーメーションを映したりとかは
さすが映像という感じでしたし
よりお楽しみになれたことでしょうね~
いいな~
ですねー (onscreen)
2021-06-02 08:47:28
<真上からフォーメーションを映したり

冒頭、上からの俯瞰の画が映った瞬間、
「流石スパイク・リー、こうきたか!」
とビビりました。

その後のチェーン壁の裏側からの画も
よかったっす!


ついでに現地体験系でいいますと、
「マニア?向け写真集(1)〜(5)
もございます。

よかったらリンクで飛んでみてください
映画 (on-screen)
2021-06-04 08:45:16
映画の感想もアップしましたので
よろしければどうぞ!

コメントを投稿

あ行」カテゴリの最新記事