コブシの花の咲くころは

平日の静かな山を気ままに歩いた記録です

咲き残りのナツエビネ 咲きはじめたシュスラン・・・

2018-08-29 13:21:06 | 登山


今日も蒸し暑い一日でした。
もう標高を上げると秋の空気に包まれて快適な山歩きもできるのですが
どうしてもナツエビネの花が気になって、更に蒸し暑い房総の山へ・・・・・

こんな日にガサガサと分け入って行く山歩きは辛いだけですが、最後に出た花芽は、
まだ咲いているだろうと思い、2か所ほど歩いてきました。

予想以上に蒸し暑く汗で目が霞むのですが、分け入った密林の奥には
ナツエビネの花が咲いた株が見えてきました。











倒木に着生した株も咲いている。











この株は白っぽい花を咲かせています。

薄暗い森の中で、ひと際目立ちます。












この株は終わっていますね、少し遅かったです。











この株は、まだ綺麗に咲いています。

薄暗くて、ぐちゃぐちゃな藪の中、ここに花なんて咲いてもいなさそうな所ですが
そんな所が心地よいのか、ナツエビネは倫と咲いています。





















花のない時期には見えなかった藪の中にも、点々と咲いていました。

薄日が射して、ナツエビネが浮かび上がる。
























この株は色が濃くて美しい花を咲かせています。
一番上はまだ蕾ですが、下の方は果実になりかかっています。
思っていたよりも花の時期は長いのでした。

7月には、もう開花している株もありましたが、最後に出てくる花芽が見頃になるのは
8月の末くらいなのですね。


また途中から花芽が枯れてしまっているかもしれないと心配していましたが、
思い切って来てみて良かったです。心残りを来年に持ち越さなくてよかった・・・・・・
久しぶりに綺麗な花が見られました。


まだ時間があるので、咲きはじめたと思うシュスランの様子を見にいってみます。







      








ヤブラン、ノシランが咲いています。

ノシランの自生は東海以西と記してありますが、房総の山でも時々見かけます。
昔に誰かが植えた物だと思っていましたが、結構な山奥でも見たことがあります。













シュスランの仲間、もう咲いている株も多く、見頃は例年よりも早めの感じです。



























オオシマシュスラン












この株は少しカゴメ模様があります。












ハチジョウシュスラン











アケボノシュスランの花は周回遅れで、花は9月中旬過ぎ頃だろうと思います。










毎日、暑さでうんざりしていますが花は秋へと進んでいます。




8月28日







コメント (6)

晩夏の丹沢 ~ ユーシン渓谷

2018-08-22 21:42:47 | 登山


山の日から旧盆の週までは、山も道路も混み合うので自宅でゆっくりしていました。

今日はとても蒸し暑い一日でしたが、なまった体を何とかしようと丹沢へ・・・・・
沢沿いを歩く道なら少しは涼しいかと思いましたが、けっしてそうでもなく水分を補給すると
すぐに飲んだ分が汗となって出ていき、それを繰り返しているだけでも体力が消耗してしまう
感じがして、しばらくエアコンの中でゴロゴロしていた体には非常に堪えました。











いつも通り寄大橋に車を止めて、6時30分に出発 空はどんより曇っています。
沢沿いのルートで雨山峠を越えて、ユーシン渓谷まで歩き、この時期に咲くビランジ、
イワゼキショウなどの花を見ながら周辺を探索して、夕方くらいに戻ってこようと思います。

前夜にも降雨があって沢の水量は多めで、渡渉するポイントを探しながら行きました。










ボタンヅル、タマアジサイが咲いていますが、林床の花は少ないです。
タマゴタケが点々と・・・・












この桟橋、そのうちに崩れ落ちるのではと思います・・・注意して通過します。

新しく架けなおした所もありますが、何度も崩れてしまう場所は
沢まで下りて、再び登り返したりします。















沢を詰めて行きます。















右手の渓へ













沢沿いは、苔や着生している植物が多く、時々冷たい風も通り抜けて癒されます。

シラヒゲソウが咲きはじめていました。





























いつもは枯れ沢となる所も今日は清らかな水流があります。


タテヤマギクが見頃、ヒトツバショウマの花は終わりです。



















秋になるとイワシャジンが咲く法面には小さな蕾をもった株が点々と見られました。
秋が楽しみです。根本には冬越ししたロゼットも見えます。













雨山峠に到着。

相変わらずテーブルだけでベンチはありませんでした。
ザックをおろして、しばしの休憩









今日から背中の相棒は、オスプレーのストラトスに・・・・
とてもバランスが良く背中にフィットします。













狭い渓谷沿いの山道をユーシンへと下ります・・・・



















      





ユーシンに着くと雲も取れて青空が広がってきました。

お目当ての一つ、ビランジの花は咲いているだろうか・・・・














咲いていました・・・・丁度見頃かな・・・・・

























河原の淵にも咲いていましたが、薄暗い岩場に咲く方が美しいです。

イワゼキショウ(ハナゼキショウ)はどうかな・・・・











































ビランジと同じような薄暗い岩場や法面に着生していて
ビランジのような美しさとは違って控えめなのですが、いい雰囲気です。
ただ少し遅かったようで、花は終わっている株が多かったです。

沢沿いの崖地には花崗岩の割れ目に多く着生していますので慎重に下りてみます。














涼し気で良いですね。

何株かは見られましたが、今日は水量が多く淵の岩場を回り込むことができませんでした。
この岩場の裏側には、とても良い場所があるのですが、腰まで漬からないと無理そうです。


沢沿いの道は苔蒸した樹々が多いので着生ランもいるのではないかと時々見上げながら
歩いていたらカヤランが見つかりました。



























カシノキランのような感じの株もいますが、たぶんカヤランでしょうね。
目線の近くにもいて、捜せばまだまだ見つかると思います。






花も見られたので、ゆっくりお昼を食べながら河原でゴロゴロしていたら
いつのまにかにヒルが2匹やってきました・・・・・ユーシンにもいるのですね。
蒸し暑い雨上がりで警戒はしていましたが、ここでヒルを見たのは初めてです。
帰りに草むらの中を入って行ったら、やはり大きなヒルがくっ付いてきました。
油断は禁物です。ロングスパッツは必須です。



アッチコチ寄り道したので、帰りは4時過ぎになってしまいましたが
なんとか晩夏の暑い一日を歩くことができました。
誰にも会うこともなく静かな丹沢ユーシンでした。

今年の残暑は、まだまだ厳しそうですね。



8月21日


















コメント (6)

再び猛暑の房総へ

2018-08-03 06:39:17 | 登山


台風が通り過ぎて、再び猛暑が戻ってきました。

近所の藤棚、いつも今頃になると二度目の花が控えめに咲くのですが
今年は花付きが良く、春のように垂れ下がる感じではありませんが
垂れ下がる果実と一緒に咲いて見頃になりました。山でも咲くのでしょうか・・・・











今日は、大雨が降った後で条件が最悪なのは分かっていましたが、再び房総の森へ・・・
まずはカシノキランの様子を・・・・・・



























咲きはじめていますが、花付きが今一つ寂しい感じです。
前回の山の尾根に着生していた株の方が花付きは良い感じがします。

カヤラン、ヨウラクラン、クモランなどは果実を付けました。


























気になるナツエビネの様子も見に行ってみます。



薄暗い森の中で、ミントグリーンの綺麗なセミがいると思ったら
止まったまま死んでいて、カビがはえていたのでした。










何となく緑色した、こちらは元気なデンデンムシ。










ナツエビネ、枯れないで咲きはじめただろうか・・・・・




















この株は枯れずに咲きはじめていますが
もう一本の花芽はダメそうです。


この株も途中までは綺麗に咲いた様子です。


















期待していた源頭周辺の株は、ほとんど開花しないで
黒ずんで枯れてしまっていました。











まだ、これから伸びてくる花芽も多く見ましたが。あまり期待できない感じがします。
何とか少し花が見られたのは、わずか2株だけでした。
毎年こんな感じなのか、今年は猛暑で特別なのかは分かりません。
お盆を過ぎた頃には、いま花芽を付けている株が咲くのでしょうが
何だか今年はもう諦めの感じで、また来ようという気持ちには
ならないような気がします。



この日は足を踏み入れた瞬間からヒルがやってきました。
もちろん想定内のことで、常に足元に神経を配っていたのですが
油断したというか、あまりにも多かったので背後まで気が回らなかったのか
背中に4ヶ所、お腹に一ヶ所入られていました。

特にお腹の場所がヘソの中という、辛い所に入られてしまい
困ったことに、なかなか出血が止まりませんでした。
最初はティシュで押さえていたのですが、そのうちに止まるだろうと思い
ほって置いたら、Tシャツが段々と赤く染まりはじめ、何だか切腹でもしたような
おぞましい感じになってきたので、途中でコンビニに寄ることも諦めて
まっすぐ帰ることになってしまいました。

今年はまだ一か所もやられていないので良しと思っていたら
今日で、しっかり帳尻が合ってしまいました・・・・(-_-;)





7月31日































コメント (2)