コブシの花の咲くころは

平日の静かな山を気ままに歩いた記録です

再び猛暑の房総へ

2018-08-03 06:39:17 | 登山


台風が通り過ぎて、再び猛暑が戻ってきました。

近所の藤棚、いつも今頃になると二度目の花が控えめに咲くのですが
今年は花付きが良く、春のように垂れ下がる感じではありませんが
垂れ下がる果実と一緒に咲いて見頃になりました。山でも咲くのでしょうか・・・・











今日は、大雨が降った後で条件が最悪なのは分かっていましたが、再び房総の森へ・・・
まずはカシノキランの様子を・・・・・・



























咲きはじめていますが、花付きが今一つ寂しい感じです。
前回の山の尾根に着生していた株の方が花付きは良い感じがします。

カヤラン、ヨウラクラン、クモランなどは果実を付けました。


























気になるナツエビネの様子も見に行ってみます。



薄暗い森の中で、ミントグリーンの綺麗なセミがいると思ったら
止まったまま死んでいて、カビがはえていたのでした。










何となく緑色した、こちらは元気なデンデンムシ。










ナツエビネ、枯れないで咲きはじめただろうか・・・・・




















この株は枯れずに咲きはじめていますが
もう一本の花芽はダメそうです。


この株も途中までは綺麗に咲いた様子です。


















期待していた源頭周辺の株は、ほとんど開花しないで
黒ずんで枯れてしまっていました。











まだ、これから伸びてくる花芽も多く見ましたが。あまり期待できない感じがします。
何とか少し花が見られたのは、わずか2株だけでした。
毎年こんな感じなのか、今年は猛暑で特別なのかは分かりません。
お盆を過ぎた頃には、いま花芽を付けている株が咲くのでしょうが
何だか今年はもう諦めの感じで、また来ようという気持ちには
ならないような気がします。



この日は足を踏み入れた瞬間からヒルがやってきました。
もちろん想定内のことで、常に足元に神経を配っていたのですが
油断したというか、あまりにも多かったので背後まで気が回らなかったのか
背中に4ヶ所、お腹に一ヶ所入られていました。

特にお腹の場所がヘソの中という、辛い所に入られてしまい
困ったことに、なかなか出血が止まりませんでした。
最初はティシュで押さえていたのですが、そのうちに止まるだろうと思い
ほって置いたら、Tシャツが段々と赤く染まりはじめ、何だか切腹でもしたような
おぞましい感じになってきたので、途中でコンビニに寄ることも諦めて
まっすぐ帰ることになってしまいました。

今年はまだ一か所もやられていないので良しと思っていたら
今日で、しっかり帳尻が合ってしまいました・・・・(-_-;)





7月31日































コメント (2)