気をつけよう!早食いは、そうでない人との体重差は8キロ。

2021年09月29日 05時40分33秒 | 気になる○○

食欲の秋。秋は美味しい食材が増える季節。先日、早食いの人とゆっくり噛んで食べる人の体重差は8キロ程度あると、NHKラジオで紹介され、思わず聞き入ってしまった。

体重差の原因は、噛むことにより脳へ伝える情報があり、脳が満腹感を感じる前に更に食べてしまうことによるものだった。

ではどうするか?



1,1回に20回以上、噛んで20分以上かけて食事をする。

2,早食いをなりやすいメニューを減らす(丼物、麺類)

3,食の由来を考えながら食べる。

4,数回食べたら面倒でも一端「箸」を置く。

5,食物繊維の多いものを食べる。(きのこ、海草、にんじん、ごぼう、レンコン、五穀米)

以上 ニュースからのメモ。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「こころ」の若さって何? | トップ | 2020年の「人口動態統計(確... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

気になる○○」カテゴリの最新記事