あしたのたね育てていますか、ブログ「アシタネ」

未来への不安もあるけれど、夢や希望のタネを見つけ育てていきたい・・・。
日常の出来事や感じたことなどを発信しています。

大切なのことだけれど、できないこと。

2019年06月23日 21時43分57秒 | こころに響く話、気になる言葉



「まかせる経営」重永 忠著(生活の木社長、従業員730名)を読んだ。
本のサブタイトル、ノルマを無くして・・は、挑戦的なタイトルだというのが第一印象。読み進めていくうちに、著者の本気度が伝わってきた。そして、理想と現実の行動に差がないことを理解した。

例えば、著者である重永氏が普段、スーパーマーケットなどの駐車場に車を止める際には、できる限り入り口から遠い場所に車を停めているとのこと。何故なら、入り口から近い場所を自分がひとつだけでも空けておけば、妊婦さんや身体の不自由な方、お年を召された方がそこを利用することができるからと書かれていた。

大切なことですが、分かっていてもなかなかできないこと。しかし、こんな配慮ができる方だからこそ、業界1位になれたのではないか。改めて、お客さまに何を提供できるか、単にモノを売るだけでなく、商品に付加価値をつけることができるか、社員という仲間とともに考えたからこそ、できるのだと思う。そんなヒントをこの本から教えてもらった。


コメント   この記事についてブログを書く
« アコースティックライブのご案内 | トップ | NHK記者主幹 大越健介氏によ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

こころに響く話、気になる言葉」カテゴリの最新記事