奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

住まい造りの一環として庭や庭園のある暮らし・家の佇まいを丁寧に大切に考えてデザインと設計の工夫を盛り込む事で過ごし方も風景も居心地も変化しますよ、暮らしの環境をイメージするように。

2020年11月07日 | 設計の事デザインの事

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

住まいの設計に連動して

暮らし方や風景、

佇まいにも雰囲気が関連する庭の話し。

一戸建ての住宅を検討しているなら、

庭の在り方が家そのものを

左右する位に大切なゾーンになりますよね。

過ごし方も趣も庭で随分変わりますから。

 

友人や親せきを呼んで

バーベキューを企画したり、

ガーデニングを楽しんだり、家庭菜園や

屋外で遊んだり、テラスでのブランチや

趣味を楽しんだり最近だと家キャンプだったり

その可能性と楽しみ方は

想像以上だったりしますよね。

庭はさまざまな用途がありますので、

上記のように楽しみが膨らみますが、

庭の良い所はそれだけではありません。

庭がある家のメリット。

まず、庭があることで窓からの風景も変わり

それに伴い窓の数も変わります・・・・・。

窓の数に伴い、家の通気性も良くなります。

窓を開けて、

庭からの気持ちのいい自然の風を

取り入れる事で家の中での暮らし方も

変わりますよね。

さらに、庭があることで

周囲との距離も生まれて

太陽光を取り入れやすくなります。

つまり家同士の隙間の違い・・・・・・。

例えばですが

土地が狭いからといって

近隣の家までギリギリの間隔にしますと、

うまく太陽光が取り入れられずに

家全体が暗くなってしまう事も有ります・・・・。

庭をつくる際には

日中に多くの太陽光を取り入れることができますので、

ある意味ではその恩恵を上手にデザインして

活用すれば明るい時間帯での

照明も必要なくなり

光熱費の節約にも繋がりますよね。

 

太陽を多く取り入れることができると、

庭で洗濯物を干すこともできますし、

その陽気も楽しむことが出来たり。

 

さらに、小さなお子さんがいる家庭ですと、

安心して庭で遊ばせることができます。

 

近年は公園が近くに少ないなど、

公園不足が深刻化しています。

 

だからといって

頻繁に遠方の公園などは・・・・・。

 

庭でお子さんを遊ばせることができたら、

家で寛ぎながら、

親の目の届く範囲で

安全にお子さんを太陽の下で

遊ばせることができる・・・・・。

そして夜の雰囲気も思う存分楽しめるように。

灯りが奏でる風景の妙。

夜の佇まいを風景としてロケーションとして

室内(部屋)からも庭に出て

家を眺めながら過ごす時間も素敵だったりしませんか?。

 

一部ですが

このように庭で趣向を楽しむ以外にも

多くのメリットが存在しますが、

反対にデメリットも存在します。

 

まず、コストの面で

庭を計画するのと計画しないのでは

単純に費用が異なるのと手入れの違い・・・・・。

 

庭を計画する上で

コストを削ることはできませんから、

これはどんな庭の範囲を考えるのか?

でも変わります。

 

庭をつくるのでしたら

きれいな状態を保ちたいですよね。

ですので、庭をつくる事を決めたら

具体的に庭で何をしたいのかを考えてみる。

 

家とのバランスを考えて庭をつくるのですから、

庭の広さや形状、

予算を決めなくてはいけません。

 

ガーデニングを楽しむのか、

それともペットの家を設置するのか、

子供と思いっきり遊ぶのか、

では内容は全く変わってきますよね。

 

なんとなくではなくて

家の計画と同時に家具のレイアウトを考える事と同じく

大凡でも構わないので

ある意味・・・目的を明確にしてから

庭を計画する事で、

デメリットなど気にせず

庭の良さを存分に堪能できる

第2の住まいの空間となりますよ。

 

普段過ごす空間の意識・・・・・。

どんな風に感じて

暮らしたいですか?

 

住み方のデザインは

人生を変える事も有りますよ。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所に整えるよう・・・・・。

 

Produce Your Dream>>>>>

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

コメント