今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

勘違いしとりました

2013年09月30日 19時51分17秒 | 日記
 毎朝BSで「純情きらり」を見ているものでありますが、ドラマもボチボチ終盤。で、BSの再放送で「ちゅらさん」が始まるという話を聞いたので「ドラマ自体には興味はないが毎朝スーちゃんが見られるならいいか」と思ったのもつかの間。「純情きらり」の後番組は「ちりとてちん」であり、「ちゅらさん」は夜7時からの再放送だそうです。土曜日はともかく、平日夜7時に家にいることはないので「毎日スーちゃんで癒される」という野望は夢と消えました。


 ところで勘違いはもう一つあって、私の周りでは「あまちゃん」が一種社会現象化していたので、あれは最近の朝ドラの中ではダントツのヒットだと思っていたら、平均視聴率は「梅ちゃん先生」に及ばなかったのですと。う~む、意外。「あまちゃん」にも梅さんは出てたんですけどね(?)。

 意外と言えば「純情きらり」ってのは結末が爽やかに行くのかと思ってたら、何やら悲壮感漂う展開に。ここらで見るのをやめる方がいいのかも…。やはり朝ドラは基本馬鹿みでえな話で時々ホロリとくるくらいを希望します。ポロリはいりませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋のドラマチェック

2013年09月29日 21時31分38秒 | ドラマレビュー

 「あまちゃん」が終わって心にすきま風が吹く生活が始まりますが、新しいドラマ開始のシーズンですので前向きにいきましょう。さっそく10月からのドラマチェックです。

 まずはNHKの朝ドラ「ごちそうさん」。主演:杏、脚本:森下佳子であちこちで予告してますから特に説明の必要はないでしょう。(←手抜き) 一応週末の再放送を見てから判断しますが、実はあまり積極的に見ようという気はしておりません。主演女優に興味ないし。

 続いて曜日別でいくとフジの月9が「海の上の診療所」で、松田翔太、武井咲主演だそうですが、どっちにしてもこの時間帯のは見ません。

 火曜はフジで21時から「ミス・パイロット」。主演は堀北真希で「就活に苦戦する女子学生が超難関のパイロットを目指す」のだとか。面白いのかなぁ。あんまりそそられないけど。同じくフジで22時からは「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」。主演は錦戸亮で「一風変わった陰陽師がよろずお悩みを解決」という馬鹿らしさ。が、徹底して馬鹿らしければ面白いのかも。倉科カナさんと濱田マリさんは見たい気がするけど「ガラスの家」の裏なのでそもそも見られないと。録画してまで見るべきかどうか。

 あとはNHKで23時15分から「黒猫、ときどき花屋」というのがあります。主演は平愛梨。「おっとり系美人の女店主、おせっかいな店員たちとワケありの常連客、そして一匹の黒猫が繰り広げるハートウォーミングコメディ」だそうです。こちらは猫が悩み相談するそうですが占い師ものが流行なのでしょうか? こちらはちょっと魅力かも。

 水曜がフジで22時から「リーガル・ハイ」。堺雅人と新垣結衣主演ですが、これは前もやってましたっけ? 見たことないのですが多分見ません。同じ時間帯で日テレでは「ダンダリン労働基準監督官」。主演は竹内結子ですが原作はコミックなんでしょうか? 調べようとして日テレのホームページ見たら激重だったので真剣に見る気なし。この時間帯のドラマは時々ハッとするほどいいのがあるので期待したいのですが今期は違うみたい。

 木曜はTBS21時から「夫のカノジョ」。主演は川口春菜。「夫が浮気していると勘違いした妻が相手の女性に会いに行き、39歳の主婦と20歳のOLの体が入れ替わってしまう」のだとか。まぁパターンですね。多分見ない。フジが22時から「独身貴族」。出演が草なぎ剛、北川景子などですがあらすじをざっと見たらいちいち紹介するのも馬鹿らしい気がするので多分見ない。好きな人だれも出ないし。

 金曜は20時からNHKのBS時代劇で「雲霧仁左衛門」。こんなのが企画されてたのはノーチェックだったのですが中井貴一主演だそうです。七化けお千代に内山理名で結構期待できそう。10月4日スタートですから見逃さないようにせねば。TBSの22時からは「クロコーチ」で主演は長瀬智也。「昭和の未解決事件であるあの3億円事件に迫る」だそうで、なんか想像もつきませんがちょっと期待。一応見てみます。

 土曜が日テレ21時から「東京バンドワゴン」で主演は亀梨和也。日テレのホームページ重いのでチェックしてませんが、タイトルと主演から察するに多分見ない。(と、おおざっぱな調べかた) 22時からNHKBSで「怪奇大作戦ーミステリー・ファイルー」。主演は上川隆也。これはちょっと期待。フジの23時10分から「ハニー・トラップ」主演がAKIRAと仲間由紀恵。これはシリアス物なのでしょうか? だとしたら見てみようかと思いますが、脚本家の方の過去の作品にはまったく反応しないのでまずは期待しないで見てみます。

 日曜は21時から「安堂ロイド」。木村拓哉、柴咲コウ主演。木村拓哉は100年先の未来から愛する人を守るため送り込まれたアンドロイドですって。ターミネーター??? なんにしても日曜の夜は有効に時間を使いたいので見ません。それにしてもTBSのサイトを開いたらまず最初に出てくるのが半沢直樹です。もう次のドラマ決まってるのにやる気あんの???

 しかしいろいろ調べようとしても、テレビ局のサイトというのはつくづく見づらいものだというのがわかりました。もっとサクサク動いて新しいドラマの見所だけでも同じような感じで見られればいいのですが。そういう意味では一番見やすいのはNHKですね。作る時だけ一生懸命で見る側の都合を考えてないのでしょう。ま、それをいうとNHKも「雲霧仁左衛門」の宣伝はまったくなっておりませんが。

 なんにしても、私もケチつけるのが本意ではありませんのでなんとか名作に出会えるよう祈っております。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おらたち、熱かったよね

2013年09月28日 22時21分15秒 | ドラマレビュー

 本日「あまちゃん」が最終回でした。後半3ヶ月は1日最低2回くらいは見てました。毎クール連続ドラマはチェックしておりますが「ほぉ~クドカンの朝ドラか。舞台は北三陸か。一応見てみよう。」という程度の期待感だったのですが、まさかここまではまるとは。1週目は土曜日の再放送でまとめて見たという程度だったのですが、その後はBSの再放送も含めて多分1回も欠かさず見たと思います。

 私は盛岡に2年半住んでいたというインチキ岩手県人ですが、仕事では八戸に約10年出張しておりまして、そっち方面に知り合いも親戚も多いので、元々北三陸は馴染みがあります。クドカン氏については一番好きだったのが「吾輩は主婦である」だったのですが、今回は完全にそれが塗り変わりました。

 最初はヒロインの能年さんも「そんなに可愛いかなぁ…」という感じだったのですが、撮影も長丁場だし好調なドラマのヒロインは段々乗ってきていい顔になるんでしょうね。ただし私の変化としては最初はアキちゃん派だったのが、終盤にはユイちゃん推しになりました(?)。

 誰がよかったとか脚本が素晴らしかったとか音楽が良かったとかそれぞれありますが、これは完全にトータルに優れた作品でいいドラマの条件である「本当にあの人たちがどっかに存在して生きている」ような感覚になりました。そうなってしまえばストーリーはどうでもいいというとこはあるんですね。それでドラマの結末が、いしかわじゅん氏がいってたように「誰も不幸にならなかったのがよかった」というのが同感です。

 名場面はいろいろありますが、個人的にツボだったシーンは
・「ばっぱ、おらこの人みたいになりてぇ」「水野晴郎か?」というシーン。
・ユイちゃんが「真剣にやってもらわなきゃ困るんだ!」と切れたとこ。
・太巻が映画監督で妙な演出して薬師丸ひろ子が笑い転げたとこ。
・GMTリーダーの入間しおりさんの深谷ネギ衣装の初出シーン。
・最終週でユイちゃんが「おばあちゃんになっても潮騒のメモリーズです」と言ったらアキも一緒にポーズとったとこ。
などなど。

 全般的には若春子のアイドルになりたいひたむきさとアイドルになれなかった無念さが胸に染みるところがありまして、全編を通じて一番泣けたところは鈴鹿ひろ美が歌う舞台の袖で若春子が涙を流すシーンでした。あれは何回見ても泣けますね。

 語り出せばキリがないのですがとにかく楽しませて貰いました。続編を期待する声も多いですが私はこれでキッパリ終わって貰っていいです。人気ドラマのパート2で1作目より面白かった記憶はないので。ただしもし続編が作られるなら見ます。いわゆる「去る者は追わず 来る者は拒まず」ということで。

 なお、キャンディーズが解散したときにβマックスの宣伝文句で「βマックスがあればキャンディーズにさよならを言わせません」というのがありました。キャンディーズはCBSソニーだったので、解散コンサートのビデオはβでの発売だったんですね。そういうのを思い出したわけではないですが、今日は早速ツタヤで「あまちゃん」のDVDの1と2を借りて来ました。まだまだはまります(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜が最後の夜だと噛みしめながら

2013年09月27日 23時32分11秒 | ドラマレビュー


 何がどうかというと「あまちゃん」です。多分全国で3千万人くらいの人が同じ事に気づいて愕然としてると思うのですが、「明日もあまちゃんを見られる!」と思える夜は今夜限りなのです。最終回は明日ですが、今夜は特別な夜であるということをみんなもっと認識すべきですね。

 ということで、私は今夜シクシク泣きながら寝ます。明日は最後の早あまに備えて早起きしないと…。(←重症ですな)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揺れる思い

2013年09月26日 22時30分21秒 | 日記

 薬師丸ひろ子が私より1歳上でキョンキョンは1歳下(だったはず)。キョンキョンがデビューしたときが丁度大学に入学するあたりで、もうアイドルをいちいちチェックする気もなかったのでしょう。キョンキョンについては「ああ、なんかテレビ出てるねぇ。ヒットしてるねぇ。」というくらいで特に興味は持ちませんでした。まぁイヤでもテレビで曲は知ってたけど。

 薬師丸ひろ子の方は結構注目してて、「探偵物語」のあの髪型が好きで映画自体もすごく印象に残ってます。大学2年の夏休みは京都の貴船というところで40日間ほど休み無しという結構ハードなバイトをしてたのですが(当時働いてたのはこちらです)、「休みが欲しい」とブーブー言ってたらおかみさんが半日だけ休みをくれて、いそいろと河原町に出かけて映画を見たのでした。(お金貰ってメシまで毎日2食も食わせて貰ってたのに文句ばっか言って申し訳なかったですが…。)

 当時あちらは大スターですが「考えたら同年代だよなぁ」と思ったわけで、あの映画も歌も大好きでした。んで、なんか知らんけど「メインテーマ」は見てなくて「Wの悲劇」はまた映画館で見て感激して、「野蛮人のように」は完成記念イベントを見に神戸まで行ったりしました。

 このときは友達がハガキ出したら当選して一緒に連れてってもらったのですが、ワールド記念ホール(今もあるのでしょうか?)の物凄い広い会場で双眼鏡片手に見たものです。映画は予告編だけであとはトークショーとミニコンサートだったのですが、彼女の生歌を聞いたというと結構自慢になるかもしれません。そのとき聞いたのは「素敵な恋の忘れ方」とか「不思議よセラヴィ」「あなたをもっと知りたくて」とか。「セーラー服と機関銃」も歌ったかも。生バンドだったかカラオケだったのかも忘れましたが、コーラスのお姉さんが本人とすごく声が似ててやけに印象に残ってます。

 その後の彼女については映画を見る機会はなく、妙な人と結婚しちゃったり離婚したり、ちょこっとドラマに出ても見なかったり、近年は映画で見るとすっかりお母さん役になっちゃってたりで、ほとんど興味を失ってたのが正直なところ。

 それが「あまちゃん」で久しぶりにじっくり見たら「やっぱり綺麗だなぁ…」と思い、昨日の放送での歌声を聞いたらまたグッと来てしまいました。若い頃好きだった人で大人になってからまったく受け付けなくなるケースも多いのですが、やはり彼女は基本的に好きなタイプなのでした。

 「あまちゃん 歌のアルバム」では「潮騒のメモリー」がキョンキョンの方と潮騒のメモリーズヴァージョンと両方入ってて、上手いのはキョンキョンの方なのですが面白いのは後者なので「歌は上手ければいいってものではない」と思ってたのですが、昨日の放送で薬師丸さんの歌を聞いて「いや、歌はやっぱり上手い方が…」と思った次第です。

 ということで、他の人にとってはどーでもいいようなところで微妙に気持ちが揺れております。それにしても、あまちゃんは残すところあと2回…。うむむ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しまった!

2013年09月25日 21時34分18秒 | 日記

 先日のライブですがMCで「暦の上ではセプテンバー」という一言を入れようとしてたのを忘れてました。ガーン。

 トマパラでは「凍った太陽」という曲をやったのですが、これが夏の曲なので「今はもう暦の上ではセプテンバーなので夏ではないですが…」というのを考えてたのに。ちなみに先日使ったネタは

・DJポリス
・「あまちゃん」の喫茶アイドルのマスターの甲斐さん
・半沢直樹
・「あまちゃん」GMTのリーダー入間しおりさんの自己紹介

などなど。元ネタがわからない人もいたようですが、まぁみんながみんな「あまちゃん」見てるわけでも「半沢直樹」見てるわけでもないですし。それにしても、来年はもう「暦の上では…」って言っても受けないので永遠に封印されることでしょう。残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よし、10月から!

2013年09月24日 22時03分14秒 | 日記

 ぼちぼち夜が涼しくなってきたので、夜間ウォーキングをやってみようかと思います。が、夜歩くと行っても食事の前か後かというのもありますし、今の季節だと1時間くらい歩いたらシャワー浴びねばならんほど汗かくでしょうし。

 しかしなにがどうかと言って、今週中は11時から「夜あま」を見るのでその時間はテレビの前におらねばならず、時間調整が難しいと。

 ということで歩くのは来月からにします。いやしかし、当分は火曜10時から「ガラスの家」も見ねばなりませんか。う~む。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大映テレビ ドラマ総選挙

2013年09月23日 14時25分42秒 | 日記

 来月ですがCSのTBSチャンネルにて大映テレビのドラマ63本の第一話だけを一気に放送し、視聴者の投票によって最終話まで放送する作品を決めるそうです。番組ラインアップはこちらですが、結構そそられます。

 がっ!、これはTBSチャンネル2の企画であって我が家のケーブルテレビでは見られません。同じTBSチャンネルなのになぜ2がない??? あの薄汚ねぇシンデレラめっ!(って、関係ない)

 まぁなんにしても昔見た記憶があって「能瀬慶子じゃなくて…」と思ってたドラマが「青い絶唱」であることがわかりました。それにしても凄いストーリーやなぁ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トマパラ終了しました

2013年09月22日 23時59分51秒 | スペクトラム

 告知しておりましたスペクトラムのトリビュートイベント「トマト・パラダイス Vol.8」は無事終了しました。ご来場いただいた方にはあらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。人によっては3連休の中日だったでしょうし、行楽シーズンでもありますが、アマチュアによるイベントに多数ご来場いただいたのはいくら感謝してもしたりません。ライブはお客さんあってのことですし。

 今回はバンドとしてまったくの新曲というのは実質無かったので、新チャレンジよりは従来のレパートリーのブラッシュアップというかヴァージョンアップというか、我々としてはそういう感じではありました。ま、演奏事故が無いわけでは無いのですが、個人的にはオープニングで白玉でコード弾くところがソロのギンギンの音になっててリーダーにムッとされたのは内緒です…。

 ということで、我々ReSPECTの本日の演奏曲は以下の通りです。

・アクトショー(24時間TVヴァージョンもどき)~トマト・イッパツ
・Question'81 & '82
・夜明け(武道館ライブヴァージョン)
・凍った太陽
・ファンキー身体検査
・抒情組曲「戦士の休息」より「子供たち」もどき…
・F・L・Y
・In The Space

<Enc>
・モーション


 対バンの方々にも素晴らしい演奏でいろいろ刺激を受けて、すごく楽しめたイベントでした。うちのバンドの次のライブは年内は予定ありませんが、行こうと思ってても今回お越しいただけなかった方には次の機会には是非よろしくお願いします。いやしかし、自分としては無事じゃない事情があったのですが、最後まで演奏できてよかったです。思わぬところに怪我のネタは転がってますので注意せねば…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

明日はライブなので

2013年09月21日 22時40分53秒 | スペクトラム

 本日は最終リハでした。前日にリハというのはこのバンドでは初めてですが、社会人バンドはスケジュール合わなくてこんなこともあるだろうと。ということで、残すところ私にできることは早く寝るだけ。では、お越しいただける方はよろしく~。

 

---------------------------------------------------------

日時:9月22日(日) 開場:16時30分 開演:17時30分
場所:新中野 Live Cafe 弁天
料金:1,500円+1ドリンク500円(入場時2,000円)

出演
1. Petit Tomato
2. STPectrum
3. ReSPECT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ今週末です>トマト・パラダイス

2013年09月20日 07時14分16秒 | スペクトラム

 スペクトラムのコピーバンドが集まるトリビュート・イベント「トマト・パラダイス」がいよいよ今週末となりました。なんと今年は3バンドともバリバリのスペクトラムのコピバン。さらに今年はドンズバというかスペクトラムの解散の日に行われます。私はReSPECTでギター弾いたり歌ったり踊ったりします。スペクトラム好きな方はご参集下さい。よろしく~。


---------------------------------------------------------

日時:9月22日(日) 開場:16時30分 開演:17時30分
場所:新中野 Live Cafe 弁天
料金:1,500円+1ドリンク500円(入場時2,000円)

出演
1. Petit Tomato
2. STPectrum
3. ReSPECT

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どうやら前後を固められたようだ

2013年09月19日 22時37分00秒 | TV番組レビュー

 基本的に毎日「早あま」を見てから出かけるものでありますが、早めにBSにチャンネル合わせる関係で「純情きらり」も後半5分ずつくらい見るようになったのが数ヶ月前。それが先月からは「純情きらり」も最初から見るようになりました。前は土曜は見なかったのですが、今は休みでも早起きして見るくらいに。

 そして「早あま」終了後にテレビのスイッチをすぐ切らないとまた大変なことに。最近は7時45分から「世界ネコ歩き mini」というのをやってます。ただでさえ可愛いネコの映像のいいとこだけをギュッと凝縮してあるですよ。それまで見てると家から出られないので7時45分に「そそくさっ」とスイッチ切ります。

 しかし一瞬遅れたおかげで昨日はどっかの国にいた三毛猫の雄を見ることができました。番組でも「なんとオスでしっかり三色あります」と大々的に取り上げてたので、やはり珍しいのでしょうね。ただ、それを証明するためにそのミケさんは後ろから股間をじっくり撮影されたので、猫にとってはいい迷惑でしょう。そいつはその辺のボス猫だったらしくて態度も堂々、玉袋も立派なものでした(?)。今日は今日で猫の目をじっくり映してて、朝から可愛い瞳に見つめられた気分。しばらく画面の前で固まってしまいました。

 さて明日は朝から忙しいのでとっとと切らないと! 気をつけないと!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りにあもーたーかー

2013年09月18日 19時12分20秒 | 日記
 ニュースでリニアモーターカーの話を聞きました。この名前を初めて聞いたのは幼稚園くらいのとき。学習雑誌かなんかで「未来の乗り物」として紹介されてたと思います。ということは、もう40年以上経ってまだ実用化されていないと。初期に開発に携わった人はほとんど引退したとか亡くなってしまったのではないかと。

 40年も経てば別の技術が開発されて、元々の計画自体がボツになりそうなものですが、東京-大阪間はあと30年後くらいに開通見込みだとか。そこまでやるのだから、それなりにメリットがあるんでしょうね。よくわかりませんが。

 で、私の子供の頃からあった話がもう一つ。何かというと北陸新幹線。それこそ小学生の頃から「新幹線が出来ると人の流れが変わる」なんて言われてました。当時の担任の先生もイキイキと語ってましたし。

 私の地元は北陸の温泉郷なのですが、バブル後に持ちこたえられず、温泉旅館がそれこそバタバタと倒産しました。あの「廃墟本」にも取り上げられてたり。北陸新幹線は部分的にはようやく目処がつきましたが、そういう事情を考えると今更という感じはします。

 一応北陸新幹線はなんとか見られるとは思うのですが、リニア新幹線が開通する場面を私は見ることができるでしょうか? 北陸新幹線はともかくリニアは特に見たいとか乗りたいとか思わないのが問題かも。そんなに速くてどうすんの?というのが正直なところですので…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かなーりびっくりした

2013年09月17日 23時40分14秒 | ラジオ

 お昼に車に乗ってラジオをつけたら、NHKで「ここはふるさと旅するラジオ」をやってました。それはいつものことですが、今日は青森が舞台で取り上げてたのは「金多豆蔵」。これは「きんたまめじょ」と読みますが、どういうものかというと、酒好きで失敗ばかりしている金多と、おっちょこちょいでおしゃべりな豆蔵の二人が津軽弁で掛け合い、ふざけあったり、活躍したりする津軽の伝統人形芝居だそうです。

 それはそれで面白そうなのですが、とにかくNHKラジオで今日ほど「キンタマ」という言葉を聞いた日はありません。そういうことをいうと「南京玉すだれ」とか「貯金たまった」とかいうのもそうでしょうが、短時間に集中して連呼されるのはなかなかない機会だと。

 それにしても、なにより残念なのは司会のアナが男性だったことです。この辺はさすがにNHKですね(?)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

HSN7ということで

2013年09月16日 22時30分51秒 | ドラマレビュー

 HSNは「必殺仕舞人」の略です。今日久しぶりにテレビ埼玉で再放送を見ました。第9話で鹿児島での回。京山の一座が舞台で「鹿児島おはら節」の稽古をする場面を見て、娘2号が「どうしてあの人だけ一人離れて踊るの?」と聞いてきました。

 あの人とは誰かというと西崎みどりなのですが、いろいろ説明するのは面倒だったので「あれはあの人がセンターだから」と説明すると納得してました。ということで必殺仕舞人をHSNにしたわけで。

 しかしこの略でいうと必殺仕掛人も必殺仕置人も必殺商売人も必殺仕事人も同じになってしまいますね。なんか考えねば。それにしても「商売人」というタイトルはあらためて考えてもあんまりといえばあんまり…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加