今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

なんと、びっくり

2016年06月30日 23時12分20秒 | 日記

 NHK朝ドラの来年春からのヒロインは有村架純だとか。しかもタイトルが「ひよっこ」ですと。「あまちゃん」に出てた人が「ひよっこ」なので、そりゃ安易だろうと思ったらやはり同様の感想が多いらしく、ネットでは批判もあるそうな。

 ただ、いくらそういう批判があってもドラマが面白ければいいわけで、実績のある脚本家でもあるし一応期待しておきましょう。ここ何年かでも、吉高由里子とか堀北真希とか既に人気のあった女優が主演したケースもあるし、新人女優の登竜門という感じではなくなって来てますね。どうせなら、来年4月からのBSでの朝の再放送は「あまちゃん」にしてはどうでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4mmがなんだ!

2016年06月28日 23時26分41秒 | ギターと楽器のこと

 アコギの弦高は3mm以上あると弾きづらいと言われます。私は普通のアコギとエレアコを所有しておりますが、普通のアコギの方は弦高4mm。弾きづらいかというと弾きづらいです。が、アホな子ほど可愛いというかルックスもいいし鳴りもいいし、ジャンクで放出してしまうのは惜しいので、まぁしゃーないかと。

 ちなみにモデルはヤマハのFG-301Bというもので、多分40年近く前のギターです。前に新品で買った1977年製のFG12-301という12弦ギターを持ってて、それがすごく鳴りが良くて表面の色も良かったので、同時期の同レベルのアコギが欲しくてヤフオクで買いました。

 が、そこはネットオークションの悲しいところ。届いてみたら弦高がメチャメチャ高くて、12フレットで2弦をキュッとチョーキングしてみたら薬指がスルッと3弦の下に入ったくらい。当然ロッドは一杯だったのでブリッジサドルを削りに削ってようやく3mmになった次第。

 なお、当時のヤマハのギターの「B」というのは「バリサンドル」の事らしく、ボディーサイドと指板はバリサンドル。これはマダガスカル原産のローズウッドですが、トップの材質はスプルースとはいえエゾ松なので完全なハーフですね。いい材質使ってますね。まぁライブで使う予定はないから、多少弾きづらいくらいは修行と思えばいいかなぁと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今がチャンスかも

2016年06月27日 22時55分53秒 | 映画

 テレビは改編期で何が何時から何時までやってるかわからないし、なによりドラマがなくてよくわからんバラテティばっかりやってるような。

 ということで、いろいろ録画してある映画を見るのが今がチャンスかと。「神様はバリにいる」とか「悼む人」とか「脳内ポイズンベリー」とかあれやこれや。で、先週はとりあえず「戦争と一人の女」を見ました。見る前は「一枚のハガキ」のようなのを想像してたのですが、予想に反してまったくの殺す系。悪い夢見そう…。楽しい映画を探さねば。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏だ! リズム歌謡だ! 橋幸夫だ!

2016年06月26日 15時00分47秒 | TV番組レビュー

 別にそういうタイトルではなかったのですが、今日の「題名のない音楽会」は「リズム歌謡の音楽会」でした。日本の歌謡曲でのマンボとかドドンパとかやってて、美空ひばりの曲とか東京ドドンパ娘とか。演奏はエリックミヤシロ率いるビッグバンドで、トランペットセクションなんぞは4番バッターばっかり集めたような豪華さでした。もちろんエリック氏もバリバリとハイノートを吹いてましたが。

 そして、最後は橋幸夫先生の「恋のメキシカンロック」でした。私にとっては橋先生のリズム歌謡というと「あの子と僕」というスイムスイムな曲とか、「恋のアウトボート」なのですが、たしかにメキシカンロックもロックというからにはロックですね(?)。

 さて、来週はボサノバ特集で小野リサさんも出るとか。これも見ねば!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金曜7時のコンサート~名曲!にっぽんの歌~

2016年06月25日 22時53分42秒 | TV番組レビュー

 17日にテレビ東京で放映された番組ですが、当日は出張だったので録画しておいて今日やっと見ました。今回の目玉は「SHOGUN、30数年ぶりにテレビ出演! 「男達のメロディー」「BAD CITY」披露」というもの。

 SHOGUNが何か知らない人はどっかで調べてもらうとして、今回のメンバーは芳野藤丸、(ギター/ボーカル)、ミッチー長岡(ベース)、岡本郭男(ドラムス)、佐倉一樹(キーボード)でした。ご存知の通り、オリジナルメンバーでキーボードの大谷和夫さんは既になくなっており、ケーシーランキンはおらんのか?と思ったら、こちらも亡くなってました。

 藤丸さんというと、私は西城秀樹のバックで「藤丸バンド」をやってた頃から知ってたのですが、当時は井上尭之バンド派だったので(?)、男性アイドルのバックバンドというとどうにも好きにはなれず、藤丸さんのギターをちゃんと聞いたのはAB’Sを始めてから。あれで「凄いなぁ~」と思ったのですが、色々調べてみるとそれまでにも藤丸さんの演奏はいやというほど耳にしてたのですね。「いちご白書をもう一度」とか「木綿のハンカチーフ」とか。他にもモダンチョキチョキズの増刊号でも素晴らしいプレイをしてますし、まさに仕事人という雰囲気。

 今回ギターソロは「BAD CITY」で少々聞けた感じですが、相変わらず味のある演奏です。既に日本のロック界ではレジェンドと言える存在ですが、今回のテレビ出演をきっかけにあちこちから声がかかるといいですね。

 それにしても、今回の歌番組はすべてコンサート会場での生演奏だったのでどの歌手の歌も聞きごたえありました。やっぱり臨場感と緊張感が違いますね。歌番組はこうでなくっちゃ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんじゃこりゃ~と

2016年06月24日 23時51分24秒 | ドラマレビュー

 CSで「太陽にほえろ」の再放送をやってて、それも「殉職刑事特集」。私は一応リアルタイム世代なのですが、実をいうと金曜の夜にはNHKの「天下堂々」というのを見てたので、それが終わって「太陽にほえろ」を見始めたときには既にテキサス刑事編でした。

 なので、テキサス刑事の最期とかジーパン刑事の「なんじゃこりゃ~」とかは見ておらんわけです。今回録画してやっとちゃんと見たわけですが、こういうのって毎週見ててレギュラーの刑事が殉職するところが盛り上がるのであって、最後のシーンだけ見ても今一つという気がします。まぁロマンポルノの絡みのシーンだけ見るようなものでしょうか。

 ですが、「太陽にほえろ」というのは一種の文化ですので、「なんじゃこりゃ~」とかいうのは後世に伝えていかねばなりません。物まねが通じませんしね。私も練習しようっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロリーギャラガー風ではありますが

2016年06月23日 22時40分34秒 | ギターと楽器のこと

 WOWOWで録画したいきものがかりの昨年のライブを見ておりますが、リーダーの人のギターが塗装がハゲハゲのストラトで、いかにもロリーギャラガー風。この人はステージでいろいろギターを持ち替えますが、このストラトはすごくいい音してます。無理に持ち替えせずにずっとこのストラトでもいいのにとか思うのですが、まぁ大きなお世話ですね。

 ああいうのをみるとちゃんとしたストラト欲しいなぁと思うのですが、なかなか出会いがないのでいつもあちこちで見てるだけ、と。まぁストラトは一本持っておるのですが、やはり指板がローズのがいいなぁと思ったり。贅沢な話ではありますが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた尾崎亜美続きで

2016年06月22日 23時15分20秒 | 尾崎亜美

 BSプレミアムの音楽番組「Covers」、今週月曜は最近の傑作選でした。で、平原綾香の「オリビアを聴きながら」、Puffyの「天使のウインク」で、また画面には「作詞・作曲 尾崎亜美」の文字が。

 何度見ても快感です。あとはご本人がこの番組にゲストで出ることを願ってますが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルマジロと私

2016年06月21日 23時14分03秒 | 日記

 昨日チャランゴの話を書いてアルマジロを思い出しました。で、アルマジロを初めて知ったのは、チャランゴが最初だったか、本物のアルマジロが先だったか、仮面ライダーのアルマジロングの方が先だったか…。

 昔は考えてなかったのですが、今にして思うのはアルマジロングには地獄車は通用しないだろうなぁとか、地獄車って1回転した段階で一本勝ちなのでは?とか。大人は細かくてダメですね。常にアルマジロのような素直な心でいたいものです。

 って、なんやそれ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャランゴというと

2016年06月20日 23時26分04秒 | ギターと楽器のこと

 ラジオでチャランゴの演奏を聴きました。チャランゴは簡単に言うと南米の弦楽器で、可愛く「チャラン」という音がします(?)。胴体の裏側はマンドリンのようにお椀形なのですが、昔はそこにアルマジロの甲羅が使われてたとか。

 実はこのチャランゴが中古で売られているのを見たことがあって、確か福島県は郡山の楽器店だったと思います。そこで見て「ほぉ~、複弦5組で10弦だからああいう音がするんだな」と分かったのですが、当然裏側はアルマジロではなく木製でした。珍しいのは珍しいのですが案外高くなかったので「話の種に…」と思わないこともなかったのですが、「どこで使う?」「そういう音楽やるの?」「チューニングわかる?」「弦が切れたとき困るんじゃないの?」とかいろいろ考えて断念。たしかにチャランゴの弦を売ってるところ見たことないですしね。

 と思ってamazonで検索してみたら、なんとチャランゴも弦もちゃんと売ってました。割と普通の価格で。恐るべし。というか、世間一般ではチャランゴブーム来てるのか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある意味念願がかなったかと思ってたら

2016年06月19日 21時17分37秒 | TV番組レビュー

 「川口浩探検隊シリーズ」というのは、うちの田舎では放送してなかったので見たことありません。何しろ民放2局しかなかったし。雑誌などで紹介されるたびに「面白そう」とは思ってたのですが。

 で、先週のNHKスペシャル。「緑の魔境に幻の巨大ザルを追う」というのをやってて、「あ~川口浩探検隊もこんな感じかなぁ」と思い、念願かなってやっと見られたという感じでした。(って、完全に別物ですけど)

 今の世の中は昔と違ってカメラも小型化してるし、記録装置もビデオテープじゃないし、持ち運んだりカメラを設置して定点観測したりするには便利で、いろいろできますしね。この辺上手く使うとジャングルに潜む凄いものが見られそうな気がします。

 さて、その「川口浩探検隊」は70年代前半かと思ってたら、78年から85年にかけてやってたんですね。私の場合、84年とか85年とかはテレビ朝日が見られる環境にはあったので、「見られないので見たことなかった」と思ってたのは完全に勘違いで、その頃には大人になってたので「ばからしいから見ない」ということだったのでしょう。

 なおかつ水曜スペシャルというとユリゲラーなんかもそうかと思ってたら、あちらは日テレの木曜スペシャルでした。ちなみにうちの田舎は日テレ系のテレビ局がなかったので、ユリゲラーも見たことありません。ま、大人になってそれで困ったかというと特には…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まあ演歌といえば演歌かも

2016年06月18日 16時51分13秒 | 日記
 昨夜BSジャパンで「名曲にっぽん 青春のフォークスペシャル」というのを見ました。司会が徳光さんでゲストが武田鉄矢というあたりで、もうフォークでもロックでもない感じですが、武田鉄矢がしゃべることしゃべること。

 他のゲストとしてベーヤンも出てましたが、今回はゲストの生歌は割と少なくて過去のいろんな名曲を懐かしい映像で…という企画でした。

 そんな中、河島英五氏の「酒と泪と男と女」もあったのですが、映像はおでんの屋台で歌ってるもの。(もちろんそういうセットですが) で、画面の隅に「演歌の花道より」という文字を発見。それにしても、河島さんこういう番組に出てたんですね。まあよく似合ってたけど。

 で、ゲストのもう一組はぴんから兄弟かと思ったら因幡晃だったという…。佐村河内とまではいいませんけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よし、いくぞー

2016年06月17日 21時54分21秒 | 日記
 吉幾三がカバーアルバムを出したらしく、ラジオで毎日CMをやってます。堀江淳の「メモリーグラス」とか村下孝蔵の「初恋」とかいしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」とかあがた森魚の「赤色エレジー」がちょっとずつ流れてきてすごいインパクト。

 何がどうかというと歌い方が「もろ吉幾三」という部分があって、それが物真似芸人が物凄く大げさにやってるような感じなの。しかしカバーアルバムも第三弾なのだとか。ということは人気あるんでしょうね。買っちゃいそうなのでぼちぼちCMはやめて下さい…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京編始まりました

2016年06月16日 20時18分22秒 | 日記
 CSのファミリー劇場での「あまちゃん」の放送ですが、今週から東京編に入りました。新しい登場人物が数々出てきます。私は前半は何回も繰り返して見たのですが、たまたま東京編は1~2回しか見たことない回が多く、最終週以外は細かいとこ覚えてなかったり。そういう意味では新たな発見がありそうで楽しみです。

 それにしても北三陸編の終盤は面白くて「おばあちゃん、おらこの人みてぇになりて~」「あ? 水野晴郎か?」というのは最高です。何回見ても面白いという。分からない人はいますぐレンタルビデオ屋に走るべきですね。いかしかしまだこれから3ヶ月楽しめるかと思うとありがたや。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都民は楽しそう…か?

2016年06月15日 21時52分27秒 | 日記

 私なんぞはここ15年ほどしがない埼玉県民ですから、知事選挙でときめいたことなぞありません。今回もドクター中松は出るのかとか、アントニオ猪木もそろそろ出るか?とか想像したら楽しいかも。

 今日のTBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」の街の声では、次の都知事に誰がいいかというと橋下徹、石原伸晃、嵐の桜井君のお父さん、などの名前が挙がってました。その他では池上彰、櫻井よしこ、石原慎太郎の再登板などなど。しかし「もう有名人じゃなくてちゃんと能力のある人」という声もあったり。

 多分これからいろんな人の名前が出てくるのでしょうが、4年後はオリンピックがあるのでスポーツ界からの名乗りも多いかもしれません。プロレス界からは天龍とかあるかも。ただし議会でしゃべっても全然聞き取れないのが難点。相撲界だと貴乃花親方とか舞の海とか。野球だとやはり監督経験者で、それも知将と言われた人がよかろうと思ったのですが、野村監督も古葉さんも広岡さんもみんな80歳に達してるんですね。それはちょっと厳しいかと。そうなると野球界からはゴジラ松井くらいでしょうか。その他スポーツ界からは松岡修造とか柔道だと山下泰裕とか篠原信一とか。あ、アニマル浜口を忘れてた。しかし、この中の誰かが本当に出たら世も末かと思います。

 舛添さんは舛添さんで退職金2千万円貰うみたいだし、不正はあっても違法性はないってことでブタ箱入るわけじゃなし、しばらくは家の縁側でビールでも飲みながら「いや~、ファーストクラスであっちこっち行ったり、各地の最高級ホテル泊まったり、湯河原もしょっちゅう行けたし、楽しかったなぁ~」なんて言いながらニタニタして過ごすんでしょうね。書道で「五つ星」とか書いたり。んで、ほとぼりが冷めた頃には高級ホテルの評論家かなんかになったりして。まぁそれを考えると埼玉県民でよかったのかも…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加