今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

どうしてますか

2007年03月31日 22時08分53秒 | 日記

 この季節になると私の頭の中でヘビーローテーションで流れるのがこの曲。ご存知原田知世のヒット曲ですが発売は1986年3月。別に原田知世のファンでもなんでもないですが日本生命のCMで耳にして以来気に入ってて、この曲を聞きたいためにベストアルバムも持ってます。

 自分にとってどういう頃だったかと、その3月に学校を卒業し4月の入社に備えて心中穏やかでなかったことは確か。そんな時期に耳にした曲なので余計印象に残ってるのでしょう。さらに新譜情報の雑誌で見たところ「作詞作曲:尾崎亜美」となってて、「へ? そんな感じの曲じゃないけど…」と思ってたらそれは誤植で、この曲は作詞:田口俊・作曲:林哲司であり、B面の「もう妖精じゃない」というのが亜美さんの曲。そういうこともあって余計に印象に残ってると。

 当時は4月1日の入社式に備えて3月30日(だったかな?)に荷物を抱えて大阪の独身寮に行き新生活を始めたのでした。学生時代は京都に住んでたので大阪に住むこと自体はそんなに抵抗はなかったのですが、その独身寮には良い思い出はまったくありません。(部屋が狭い、メシがまずい、門限がある、など)

 学校を卒業して一旦石川の実家に帰ってたのですが、電車に乗って寮に入ったその日のことは自分の人生にとって重要な日であったにもかからわずあまり覚えてません。結構緊張してたのかも。そんなこんなですがこの曲だけは本当によく覚えてて、これを聞くとその年の春に見た花吹雪舞う大阪の景色が鮮明に蘇ってきます。音楽っていうのは精神的にタイムマシンのような効果がありますね。

 なお、その独身寮には結局1ヶ月いただけで5月のGW明けには仙台に赴任することになったわけですが、さらに住環境は悪化してしまったためその後2年間くらいの記憶は意識的に自分の記憶から消してしまったような感じもあります。人間の記憶の回路というのはなかなか都合よくできてるようで…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年度末につき

2007年03月29日 23時36分59秒 | 日記
 仕事多いです。正確に言うと「たいした仕事ではないが今月末期限の提出書類が多い」という状況。まぁ年度末ですものね。事務所ではみんな忙しいので「わかってるな。今は年度末やねんど。」とかいう話も通じません。ということで、明日は打ち上げの予定なので多分お休みです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そのうちなんとか

2007年03月28日 22時58分50秒 | 日記
 クレイジーキャッツの全盛期は多分知りません。「シャボン玉ホリデー」も「おとなの漫画」も知りませんし「スーダラ節」は生まれる前の歌ですし。かろうじて「8時だよ出発進行」は見てましたが、あくまでもあれはドリフの代役としての番組でしたから幼心にも「つまんない…」と思ってました。

 しかし植木等氏の一連のヒット曲は結構好きで「そのうちあらためて聞く機会もあるかも」と思っていたら、ご存知の通り植木氏は亡くなってしまい生で聞くのはもう無理です。何がいいたいかというと「そのうちなんとか」とか「そのうちそのうち」と思ってると、結局機会がないまま終わってしまうことが多いのですよね。

 もちろんハナ肇氏が亡くなってからクレイジーの再結成は無理ということになったのですが、その他の一旦解散したグループについてメンバー全員健在だからといって「そのうち再結成してくれるかも」とか思ってると結局無理なままになったり。

 それを考えるとAB’Sなんて、いい時期に再結成したもんです。(もっと早くても良かったのですが) スペクトラムは…無理かなぁ、リーダーが現役ミュージシャンじゃないし。

 何がどうだというと、「そのうち」「今になんとか」と思ってごまかすのはよくないんですよね。かといって「メンバー全員健在であるが、あのグループの再結成はありえない!」とかキッパリ諦めるのも勇気のいることでなかなか難しいです。(今日はまとまらんなぁ)

 いずれにしても一時代を築いた人の一流の芸を永遠に見られなくなったと思うと寂しい限りです。合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんな音楽聴かないでよ

2007年03月27日 23時59分27秒 | 音楽一般
 そういうアンケートがありました。質問サイトのOKWaveなのですが、最近はアンケートも受け付けてます。そこで目についたのは「恋人が聴いていたら嫌だなと思えるアーティスト・また逆に恋人が聞いていたら良いなと思えるアーティストを教えてください。」というの。この質問者は男性なのですが、彼女がジャニーズ系を聞いてたら嫌で、YUIとか木村カエラを聞いてたらよいと思うそうです。横暴ですね。この人はきっともてないでしょう。

 さて、この問いにどういう答えが集まったかというのは実際にサイトを見てもらえばわかりますが、大体まとめると男が聞いちゃダメなのはハロプロ系、ジャニーズ、大塚愛、アニソンなど。女が聞いちゃダメなのはデスメタルとかユーミンとか。また、尾崎豊とか布袋さんとか氷室さんなどを彼女が聞くと「男の世界に入ってくるんじゃねぇ!」と怒る人もいるようです。

 いずれにしてもこのサイトに参加している人のは若者が多いでしょうから、そういう人たちがいかに底が浅いかがわかって面白いです。別に恋人が何を聞こうが許せるくらいの懐の深さは欲しいところでしょう。

 それでも「ドン引き」というと筆頭は軍歌なのでは? それも「酋長の娘」とか「ラバウル小唄」ならまだいいですが(いいのか?)、「戦友」とか「異国の丘」とか「同期の桜」を聞いてうるうるしてたり、逆にメラメラと闘志を燃やしながら「日本も徴兵制を導入しなければならんな!」とかつぶやいてたりしたらコアイです。

 次に来るのはド演歌かな? ムード歌謡ならいいのですが(いいのか?)、「女のみち」とか「なみだの操」とかを聞いて涙ぐんでるとか。それとか「網走番外地」「唐獅子牡丹」とか「傷だらけの人生」を熱唱するとか。

 あと強烈なのは三波春夫先生のセリフ物でしょう。「俵星玄蕃」とか「大利根無情」を聞いて「素敵~」とかうっとりするのも若い人はダメでしょう。他に演歌でも三波春夫でもなくて彼女に聞いて欲しくないのは「怪傑黒頭巾」とか「吉田松蔭物語」とか「哀愁の黒乳首」とかありますが、まぁそれはそれでまた別の話で…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春休みといえば腕時計

2007年03月26日 23時14分31秒 | 日記
 4月から高校生になる娘1号は余裕の春休み中。もちろん新しい学校への不安はあるのでしょうが、特にやることもないので毎日ブラブラ。で、自分のときは何してたかと考えてもほとんど記憶なし。

 もっとも私のときは公立高校の合格発表が卒業式のあとだったもので、そんなに余裕がなかったような気が。唯一覚えているのは合格祝いに腕時計を買って貰ったこと。そのときは親から資金を貰って友人二人と隣町の大きな時計屋に行きました。

 昭和54年の春だったので、SEIKOのポスターは「Hero~ヒーローになる時、それは今~」。甲斐バンドの曲はヒットしましたものね。そのときはシンプルなシルバーのアナログ時計を買いました。2万6千円だったのを今でも覚えてます。結構嬉しかったです。

 で、その時計は電池替えてないから動かないけど今もちゃんと持ってます。そもそも高級時計をしてニカ~っと喜ぶタイプじゃないので、現在はカシオのアナデジ専門。実用性重視でして、アラームもストップウォッチもあって使い勝手がよい上に文字盤が見やすくてgoodです。そういえば2万6千円より高い時計は買ったことないなぁ。まぁいいけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかっちゃいるけど

2007年03月25日 18時41分23秒 | 日記
 能登で強い地震がありましたが、うちの実家は石川県加賀市。津波の心配のない地区ではありますが、さすがに震度5弱と聞けば穏やかではいられません。が、もちろん固定電話も携帯も繋がらず。

 「かければかけるほどますます混雑してダメ」とはわかっているものの、なにしろ実家には両親と犬一匹だけで住んでるので安否を知りたいのが人情でしょう。で、気を揉む事1時間半。

 「そういえば公衆電話は回線が別だから繋がりやすいと聞いたような」と思い、近所のローソンに出かけて実家に電話したところ一発で繋がって母と話ができました。結果、揺れはひどかったけど被害はまったくなしとのこと。

 「オヤジは?」と尋ねたところ「夜勤明けだったのでもう寝とる」ですって。ということで、一部の方にはご心配をおかけしましたがうちの実家は問題ありません。能登地方をはじめ被害に遭われた方にはこの場を借りてお見舞いを申し上げます。

 で、ローソンからの帰りですが念のため携帯から実家に再度電話してみたら、それも繋がりました。なので「公衆電話なら繋がる」というのが正しいのかどうかはわかりませんでした。どーなんでしょうね。ありそうな話ではありますが。

 ちなみにメールはどうざんしょ?と思ったら、11時に母宛に書いたiモードメールは15時に到着したそうです。ダメですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おぢさん度判定番外編

2007年03月24日 22時58分35秒 | 日記
 夏川純といえば巨乳のアイドルで「たしか巨乳好きと言われる前田日明にインタビューしてたような…」と思ったのですが、それは約10年前。まだリングスが健在のころでした。そう考えると「26歳?」と思ったら、私が思ってた巨乳アイドルは松田純でした…。完全に勘違いです。

 ということで、夏川純が何をする人かよくわかってないというのはおぢさんの証拠。「有吉じゅんは好きだった」という人もおぢさんです。「レツゴー3匹のじゅんなら知ってる」という人はボケ過ぎです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おぢさん度判定その3

2007年03月23日 23時19分41秒 | 日記
 「別に23歳でも26歳でもええやん。どっちにしてもうまそうやし。」

 とか言うようではおぢさんです。年齢詐称は絶対許さないと言うようではまだまだ子供。私くらいになると43歳でも23歳でも同じようなもんです。

 また、フィギュアスケート見てて「お茶の間のお父さん審査員制度を導入せよ! 中野選手にもっと高得点をつけろ!」というのもおぢさんかもしれません。いや、なんか日本人らしくていいんですよね、彼女が。まぁいいですけど。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弦買いの限界

2007年03月22日 23時21分20秒 | ギターと楽器のこと
 タイトルに深い意味はありません。会社の横の通りにイシバシ楽器があって弦やピックなどの消耗品を買うのに重宝してたのですが、なんと今月末から駅前のビルに移転ですと。

 ちなみに弦については太さが010からのセットにしてて、メーカーは特に拘りません。割と好きなのはアーニーボールですが、ghsでもディーンマークレーでもいいです。最近は1セット500円くらいのをいろいろ試してるのですがダダリオがピンと来ないだけで、あとはどれでもいいという感じ。

 ということで、弦を買うのにイチイチ駅前まで歩くのも面倒なのでこれからは通販にしましょうか。拘りといえば3セット500円とかいうのを買わないのだけが拘りです。さて、どこで買おうかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

録音したいのですが

2007年03月21日 20時15分41秒 | 音楽一般
 「何を?」というとバンドの練習のとき。昨年1980円で写真のMP3プレイヤーを買って、これが凄くコンパクトな上にボイスレコーディング機能もあるので試しにスタジオで使ってみましたが、録音レベル調整ができないことがわかりボツ。(大きさの比較のため刺身のワサビと並べてみました)

 マニュアルには録音の手順の中に「ボリューム調整が出来ます」と書いてあったのですが、なんのことはない録音中にヘッドフォンでモニターする音の調整が出来るだけでした。ダメ元で録音してみたのですが、当然ながら聞こえるのは歪んだノイズだけ。

 これまではMDレコーダーで録音してたのですが、内臓電池が使い物にならなくなりACアダプターか外付けの電池ボックス(単3電池3本)が必須でマイクも外付け。これはちゃんと録音レベルが調整できるのでその点では問題ないのですが、本体と電池ボックスとマイクと予備の電池を持ち歩くのがかさばるし、練習の際にこれらを接続するのも面倒。それと、機種の仕様だからどうしようもないのですが録音時の操作性はよくありません。失敗も多いし。

 ということで、ボイスレコーダーとかボイスレコーディング機能付のMP3プレイヤーで録音レベルの調整ができるものをどなたかご存じないでしょうか? 仕様書をパッと見た限りその点を売り物にしてるのをあまり見かけないのですが。

 で、前回の練習の様子を聞くと自分はかなりやばいです。2コーラスある曲だと後半はウンチャカのムラがひどいし、ソロはソロで完全にずれているとまではいきませんが結構走ってます。聞いてて「落ち着いて、もっとためて!」と思ってしまいました…。単音弾いてる時は大体走ってますね。

 あと、とある曲はサビを3回繰り返すうちにリズム隊全体が段々速くなってホーンと合わないの。最近エンディングが揃わないのはここに原因があるかも。(って、ここでバンドのミーティングやっても仕方ないけど。)

 ということで、録音機材の情報をお待ちしています。でも、スタジオ備え付けの機材で録音するって手もあるのかなぁ…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

わかるひとにはわかるようで

2007年03月20日 23時22分53秒 | ラジオ
 昨日ラジオを聞いていて二つほど反応したのがありました。一つ目はTBSラジオ「ストリーム」の「コラムの花道」。吉田豪氏による森進一特集でしたが、当然おふくろさん騒動の話題も。

 今回の騒動については「基本的には川内康範氏の方が正しいと思います」とのこと。曰く「多分、人類的なものとかもっと普遍的な愛を歌ったものなのに、個人的なメッセージを追加しちゃったらそりゃ怒るでしょう」ということで。たしかにあの詞については私もそういうイメージで捉えてたのですが、テレビのワイドショーなんかではその辺突っ込んで報じてたのはないんですよね。個人的ないざこざばっかり取り上げて。

 ということで、そういう話を聞いてちょっとスッキリしました。別にこの騒動がどうなろうと私は構わないのですが。

 次はつのだ☆ひろ氏の「FMミュージックプラザ第二部」。ここでは先日亡くなった鈴木ヒロミツ氏の特集をやってました。あのニュースを聞いたときは、どっかのテレビかラジオでモップスの曲の特集をやってくれないかと思ってたのですがまったくその気配はなく、結局ミュージシャン仲間のつのだ氏が取り上げたと。

 私はギリギリ間に合った世代で、子供の頃はテレビでモップスが歌ってたのを見たこともあるのですが、その持ち味を理解したのは20代も半ばになってから。「たどりついたらいつも雨降り」なんて、レコードで聞くとすごい名演です。何回聞いても飽きません。(ライブ映像も見たことありますがもちろんそちらもかっこよかったです)

 グループサウンズというにはちょっと毛色が違うし、日本人による日本語のロックの草分けであることは間違いないでしょう。演奏的にも凄くレベルが高いと思います。ギターをはじめ全体的にいい音してますし。

 この番組の最後でかかった「何処へ」という曲はすごくよくて、初めて聞いたのですが感動しました。なんかボーカルが鈴木ヒロミツ氏ではないように聞こえたのですが、私は詳しくないのでどうなんでしょう。資料によるとモップスは星勝氏もボーカルをとってたようですし。

 なんにしてももう一度ちゃんとモップスの曲を聞いてみようかなと思ったのは間違いありません。彼のソロでは「でも何かが違う」という曲がグッとくるのですが、「駆けてゆくには遠すぎる 歩いていくにはもう若くない」という歌詞は、40をいくつか過ぎた者にとっては胸に突き刺さりますのであまり真剣には聞きたくないです。まぁその辺はまた別の話で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日ですから

2007年03月19日 22時58分23秒 | 尾崎亜美
 今日3月19日は「3・1・9」で「みゅーじっく」の日だそうです。そんなのはちっとも知りませんでした。で、今日が誕生日なのは尾崎亜美さん。私が初めて亜美さんのアルバムを買ったのは約27年前。

 当時私は高校生だったのですが、「これは!」と見込んでファンになったアーティストが今でも新作を発表してて、ここ数年は年に何回かステージも見ることができているというのは幸せなことです。

 そんな亜美さんに敬意を表して、今日もつのだ☆ひろ氏のラジオ番組にリクエストしたところ見事に採用されました。まぁ年に一度の誕生日なので今日は絶好の機会でしょう。今回は「マイピュアレディ」がオンエアされましたが、亜美さんの別の曲をリクエストしてた人もいたようでラジオの前でガクッとずっこける音が聞こえたような聞こえないような…。ちょっとベタベタすぎましたかねぇ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

寒いんだよっ!!!

2007年03月18日 22時38分23秒 | 日記
 今日はたまたま屋外での仕事だったのですが、こういう日に限って寒い! おまけに風が強い! 氷点下になるわけではありませんが、風が強い分体感的には今年一番の寒さでした。たまりませんね。

 そんな中熱いのが「華麗なる一族」。出演者みんなが熱演で素晴らしい迫力です。我が家の泣き女(誰とは言いませんが)は番組中盤から泣きっ放し。そんな中、娘1号は「北大路欣也の顔が歌舞伎みたいだ」と面白がり、娘2号は「ほとんど見てなかったからわかんない」という程度の反応。

 しかしなんですね、プロレスでも悪役が憎たらしければ憎たらしいほど試合が面白いように、今回のドラマ版のMVPは北大路欣也でしょう。いわゆる「風車の理論」というのとはちょっと違いますが。とはいえ、北大路欣也に抱かれたいと思ったことは一度もありません。それが何か?(って、誰も突っ込んでないって)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の産経新聞一面

2007年03月17日 13時51分49秒 | 日記

 本日の産経新聞の一面にうちのバンドが紹介されてました。ホリエモンの隣りに写真が出てます。ただし、私は写ってません(笑) 記事のきっかけはスペクトラムの話なので、新田さんのコメントも出てます。

 新聞を買いに行けない人はWebでも見られますのでこちらからどうぞ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

産経新聞「知は動く」

2007年03月16日 22時00分25秒 | スペクトラム
 今週の産経新聞1面の特集記事「知は動く」は、知的財産というか長く愛されるコンテンツというかそういう話なのですが、明日(17日)は日本が誇るブラスロックグループ「スペクトラム」の話。

 活動が2年ちょっとだったのに、解散後25年経った今も愛される続ける理由とかそういう話が出るようです。産経新聞の記者の人によるとリーダーだった新田さんのインタビューも掲載されるそうです。

 そして、なんとなんとコピーバンドである我々ReSPECTも取材を受けましたので、その話題も出るようです。紙面はどういう感じになるかわかりませんが、スペクトラムファンの方はまず明日の朝刊をお楽しみに。

 我が家は毎日新聞なので駅まで買いに行かなくては。近所のコンビにでは売ってないようですし。まったくもぉ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加