今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

気のせいにしたい

2008年03月31日 22時56分56秒 | 日記
 3月は結構仕事して休日出勤が4日。が、売上がイマイチなのがユーウツの種の一つ。で、もう一つが歯。15年程前に治したところがどうにも違和感あって。とはいえその部分は作り物なので虫歯じゃないだろうから、歯茎が痩せちゃってすき間ができたのでしょうか。

 年度末で忙しかったから一時的なものだと思いたいのですが食事のたびに気になるので、そろそろ観念して歯医者に行かねばならないかも。「気のせい」にしたかったのですが、残念。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あしたの斉藤さんあをによし

2008年03月30日 22時20分28秒 | ドラマレビュー
 終了した今クールのドラマで一応続けて見てたものだけタイトルを並べてみました。が、「一応見てた」というだけでどれも特に評価しているわけではありません。

 フジの「あしたの喜多善男」は、予告を見た時点ではすごく期待してたのですが実際に見ると今ひとつ。面白くないことはないのですが、スカッと気分転換できるというイメージがないので、私がドラマに求めるものとは違います。主演の小日向さんはどんな役でもできそうなのでこなして当然という感じですから特に話題にならなかったのかも。

 ただ、松田龍平さんが新境地というか今後のドラマでも期待できそうな存在感を示しました。あとは小西真奈美さんもよかったですね。主役をやった「きらきら研修医」みたいなのよりは、こういう位置で光る方がよいのでは? 根性悪そうな役の方が似合うのかも…。

 また生瀬氏も特に話題にはなってなかったですがよかったですね。それと、名前は忘れましたがアイドル役の女の子も結構よかったです。こうやって並べてみると結構役者は光ってたのになぜ今ひとつなのか。…ん~脚本? 演出?

 日テレの「斉藤さん」は、最初は面白いかな?と思ったのですがなんか展開が幼稚というか単純というか「毎回欠かさず見ねば!」という感じがしなかったのが残念。ミムラさんがちょっとイメージが変わってよいかな?と思ったのですが、変わったと思ったのはヘアスタイルだけで「正義感は強いけど気が弱い」という役柄に対してとってつけたような演技をするのを見てもどかしく感じてしまいました。ただ最近ドラマではまり役がなかった観月ありささんが受けただけでもよかったかな? 彼女は結構好きなのですが鬼嫁じゃちょっとねぇ…。

 フジの「鹿男あをによし」は、俳優の皆さん熱演は熱演なのですが設定と展開がわかりにくいのがどうにも。このわかりにくさがマニアにとってはたまらないらしいのですが、さらっと見てる者にとっては玉木宏さんの濃い演技も綾瀬はるかさんの天然ボケ風味も、どちらものめり込めず。これも始まる前の期待度はすごく高かったのに、初回で半分挫折してしまいました。

 続けて見たのがこの3本だけということで、今クールはハッキリ言って「ハズレ」でした。4月からのドラマに期待します。

 ところで今日は日テレが夜7時から「おとなの学力検定SP」という最近よくあるような企画をやってて、回答者にはつるの&スザンヌというヘキサゴンメンバーが出てました。で、10時からの「おしゃれ春の60分SP」は「上地雄輔の地元横須賀へ…」ですと。完全に人のふんどしで相撲取ってませんか? これを考えると日テレは期待できないかも。あとは「原作が人気コミック」とか、ジャニーズの若手を無理やり出演させたようなドラマは企画を聞いただけでドン引きです。

 「それが最近のテレビドラマ事情だ」と言われればそれはそれでいいですが、ドンドン見なくなるだけなのですけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堂々とウロウロして下さい

2008年03月29日 22時36分01秒 | 日記
 お巡りさん~前からあんたに言いたかった~こと~があるんだ~、というのは岡林でしたか。で、私が言いたいのは「もっと堂々とウロウロして下さい」ということ。先日の茨城の事件のときは私服警官が張り込んでたのに惨劇が起きてしまい、「なぜ制服警官を配備しなかった!」という声が多いです。

 たしかに警官やパトカーを見るとドキっとすることもありますが、私のようにスタンガン強盗に怯えながら夜道を歩くものにとってはお巡りさんがその辺をウロウロしていればこれほど心強いものはありません。

 なおかつパトカーや白バイが市内をパトロールのために巡回していれば飲酒運転による事故も減るし、無茶なスピード違反や交通の障害になる路上駐車も激減すると思うのですが。それこそ高架の陰に隠れてスピード違反の取締りするよりは100倍効果があります。なので、もっと堂々とパトロールして欲しいと思う次第です。わが国の治安自体が一昔前とは違ってますので認識をあらてめてもらいませんと。

 ただし困るのは高速道路でのこと。パトカーが走ってるのを見るといきなり80kmくらいに減速する車が多いのであれは迷惑です。100km制限の道路を140kmで走ると捕まって罰金も取られますが、60kmで走ったからといって褒められたり賞金をもらえたりするわけではありません。看守にやたらと媚びる囚人のようで見苦しいです。

 で、CSの日テレプラスサイエンスでは4月から「大都会パートⅡ」と「太陽にほえろ ジーパン刑事編」が放送開始です。大都会はパートⅡが一番好きですが、やはり松田優作の存在は大きいかと。これを見ると刑事ものの人気がまた高まるかも。またこのチャンネルでは「探偵物語」も始まるんですね。時代は松田優作ということですか。このドラマはこれまでちゃんと見たことないのでいい機会かも。結構楽しみだったり。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースとか朝生とか

2008年03月28日 23時57分34秒 | ニュースに一言
 昨日の福田総理の会見。全部詳しくチェックしたわけではありませんが、道路特定財源の一般財源化というのはしかと聞きました。あとになって「言ったかなぁ…」とは言って欲しくないものです。

 そもそも参院選で大敗した段階でこういう事態も想定されたわけで、それを承知で総理になったのに総裁選のときだけ勇ましいこと言っといて、いまさらジタバタするようではいけません。

 前々からわかってたのに、という件では新銀行東京もそうですか。経済の評論家たちが今になって「こんなのは最初からわかってたのに」とかしたり顔で語ってるのを聞くとムカムカきます。わかってて言わなかったのならそれはダメだし、言ったけど聞いてもらえなかったというのなら専門家としての発言力や影響力がなかったということでしょうし。

 ムカつくニュースというと他にもあって、大阪は門真の中学校の卒業式の件。国歌斉唱の際に3年担当教員11人中9人が不起立、卒業生もほぼ全員不起立だったとか。座ってたってことはほとんど歌ってなかったんでしょうが、教員はともかく生徒がどう考えてたのか知りたいです。

 考えられるのは
(1)自分が日本人であることを恥じている
(2)そもそも「君が代」を国歌として認めていない
(3)単純に曲として嫌い
(4)立って歌うのがダサい。なんか逆らうのが楽しい。
など。

 (1)の場合はどういう教育を受けてるのかはわかりませんが、卒業したらとっとと中国あたりに亡命したらよろしい。まぁあんな総理大臣で日銀の総裁もいないような国なので嫌われるとしたら大人にも責任はあるのかな?

 (2)の場合もどういう教育を受けてるのやら。私は中途半端は嫌いなので、こういう人はサッカーの試合で人気歌手が国歌斉唱する場合もブーイングしてもらわなきゃ許せないんです。サッカーやオリンピックの君が代はOKでも卒業式はNGというのがわからんと。

 (3)は個人の感覚としては許されそうな気がしますが、だったら「蛍の光」はいいのか?と思います。あるいは「校長の話は嫌いだから一切起立しません」というのが許されないのと同じで好き嫌いの問題ではないように思います。

 (4)が大半の意見ではないかと想像するのですがどんなもんでしょう。で、そういう生徒が大半だとしたらここの学校はとんでもない教育をしてますね。まぁ先生が先生だからそうなるのかもしれないのですが、「晴れの卒業式」という感覚はないのでしょうか。

 戦前生まれや戦中派の人で君が代に凄く嫌なイメージを持っていて「絶対許せない」という明確な意思を持っているのならわかります。が、中学生がそこまで思ってるわけはなし。自分が外国に留学したとして、卒業式がこんな状況だったら「えらい国に来ちゃったなぁ。こいつら卒業後みんなテロリストになるんか?」とか思うかもしれません。皆さんどう思います。

 ところで、新聞によると今日の「朝まで生テレビ」は「激論 地方分権が日本救う?」ですと。ガソリン税の問題は今頃やっても遅いとしても、「どうするどうなる北京オリンピック」あたりかと思ったのですけど。なんかがっかりです。いや、しかしわが国を立て直すためには大人がしっかりせねばならんですね。ワシも人のことばっかり言うてないで、しっかり稼いで出馬の費用を貯めないと。(本気か?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

計算してみよう

2008年03月27日 22時51分41秒 | 日記
 4月からガソリン代が安くなるのはほぼ決定。うちの会社ではどれくらいの影響がでるか計算してみましょう。

 まず私の月間走行距離は平均2000Km。営業車の燃費を10Km/Lと仮定すると1ヶ月で200L給油することになります。で、リッター当たり25円の値下げとなった場合、月当たり5000円の経費減。年間にすると6万円ですが、営業マンが500人ほどおりますので会社としては年間3千万円のプラスですか。

 あくまでもザックリとした計算ですが、うちの会社でもこんな感じですから運輸業とかはすごい影響でしょう。福田総理によると「ガソリン代が上がると国民生活が混乱する」のだそうですが、燃料費が安くなった分を他に消費を回せば内需も拡大するかも。わが社では社員への還元なんてないでしょうけど。

 「道路特定財源がないと新しい道路が作れなくなる」という声がありますが、埼玉県は道路行政が悪すぎるので「これまで何してたの?」という感じ。「ここに右折車線を作ればいいのに」とか「県道なのになんでこんなに狭いの?」ってところが多数。あるいは自分が車イス生活になったりしたら絶対に避けて通るような道路ばかり。なので継続云々の話をするならこれまでのお金の使い道を一度見直しみる必要あり。

 春から売り上げが減るのは旅行会社とマッサージチェアの会社でしょうか。「大きな声ではいえないが実は結構おいしい思いをしてた」という人には残念でしょうが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暴漢対策っ!

2008年03月26日 23時12分43秒 | 日記
 …ちょっと言ってみただけとです。

 寒さ対策を期待した人はそれ用のページを見て下さい。埼玉はもう春になりました。なにしろスタンガン強盗の出没する地区ですので対策は必要です。今日は駅ですれ違った高校生が弓と矢を持ってました。あれはなかなか強力だとは思いつつ接近戦には弱いかなぁと。

 それを考えると、いざという時にはこちょばしたり乳首揉んだりする方が効果的かもしれません。さて練習しようっと(何を?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月からやってみる

2008年03月25日 23時11分19秒 | 日記
 NHKのラジオ講座にはあれこれ手を出してましたが、4月からはテレビ講座にします。今回選択したのは「3ヵ月トピック英会話 英単語ネットワーク めざせ10,000語」と「テレビでハングル講座」。

 平日にちょこちょこ見るのは難しいとしてもHDDレコーダーがあれば週末に見られると思った次第です。ちなみに「なぜハングル?」というと、これまでまったくかじったことがないものを40代も半ばになってチャレンジしてみて身につくかどうかを試してみたいという事から。別に焼肉屋で本格的なメニューを注文したいというわけではありません(?)

 ということで続きますかどうか。ちなみにラジオ英会話は1年間テキストを買い続けた事はあります。たしか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

疑いだせばきりがない

2008年03月24日 23時13分20秒 | 日記
 巷の噂として「タレントの○○は整形してるようだ」とかいうのがありますが、テレビを液晶ワイドに変えて以来地デジ放送では女優や女子アナの顔が妙にくっきり見えるので、肌荒れの具合とか二重瞼のパッチリ度合いに注目するようになってしまいました。

 とはいえ整形してるかどうかなんて、どう突き詰めようとも結局本人にしかわからない問題なので検証するなんて無理だろうと思ってました。が、この「本人にしかわからない」というあたりが実際は問題です。

 なぜかというと「もしやうちの両親がショッカーの手先で自分自身が生まれながらの改造人間だったりして」と思うと「自分だけは整形していない」とは言い切れないので。何しろ子供の頃はこの世のものとは思えないほど可愛かったし。(自分でいうか?) まぁ「どうせ改造するならもうちょっと大きくしてくれればよかったのに」とかも思ったりしますが。(って身長の話です)

 「鼻が大きい人は巨根だ」という都市伝説がありますが、美容整形で鼻を大きくしようとした男性に「キミ、鼻を大きくしてもあそこは大きくならないよ」と医者が説教するマンガがありました。あれは岩谷テンホー氏でしたでしょうか。

 ちなみに私は鼻は高い方ですが…以下自粛。詳細を知りたい方はメールでどうぞ。(って、こんなこと書いてるからエロコメントばっかりくるんだってば)

 ということで、今夜から寝言で「イーッ!」とか言ってないかどうか妻に確認してみることにします。皆さんも是非どうぞ。ひとり寝の人は録音してみる事をお薦めします。ビデオでもいいですけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別に見たかないけど

2008年03月23日 21時23分12秒 | ニュースに一言
 週刊新潮の記事で「『キャンディーズ』解散30年の『再結成』を阻む壁」というのがありました。再結成しないことについて「金銭的に三人とも恵まれてるのでその必然性がない」というのが主旨だったように記憶してます。(今回はつまらんので立ち読みだけ)

 別にそんなことは真実かどうかわからんのでほっとけばいいのですが、どうにも看過できない記述がありました。ピンクレディーの再結成について触れ「1曲終わるごとに酸素ボンベで吸入しながらステージを…」というようなことを書き、キャンディーズのメンバーも既に50代であるとして「今更彼女らがミニスカートで歌い踊る姿を見たいと思うのは熱狂的なキャンディーズファンだけだろう」ともしていました。(正確な表現ではありませんが文脈はこういうの)

 私もキャンディーズファンの端くれでありますのでこんな話は許せません。彼女達の普段のコンサートはもとよりあのファイナルカーニバルのパフォーマンス(質・量とも)を考えると、現在の彼女達が同じことをやるのを見たいとは思わないし、そもそも出来るわけないじゃないのと思う次第です。

 当時のステージは練って練り上げたものであると同時に、あの頃の彼女達の声、歌唱力、スタイル、体力、キャラクターなどがあってこそのものだったというのは、間近でステージを見たファンが一番知ってると思うのですよ。

 なので、「三人が集まって当時のヒット曲をミニスカートで歌えば、それでキャンディーズの歌でござい」と考えている週刊新潮の浅はかさを笑うべし。もっとも上記のことはある芸能評論家(名称失念)のコメントとして紹介されていたわけですが、それをそのまま載せたことについては週刊新潮に非があるのは明白。

 では、ファンの立場で三人が集まるのを見たくないかというとハッキリ言って「見たい」です。歌ったり踊ったりするのはなくていいのですが、当時の作品やステージについての思い出や解説を聞いてみたいです。たとえば「この曲はこういう雰囲気の中から生まれた」「これはこういう作品に仕上がっているが実は私たちはこういう風にしたかった」「この曲のこういうところが気に入っている」などの話を聞くと、彼女らの作品に対する愛着がより一層深まろうというもの。

 そして、現在女優となった伊藤蘭さんがキャンディーズのランちゃんであり、田中好子さんがスーちゃんであるということを確認できればそれで幸せなのです。(当時の活動が現在の女優業にどういう影響をもたらしているかとか、その辺の事ですが)

 まぁこの辺りはファンじゃないとわからないでしょうね。ちなみにキャンディーズのアルバムでは「10000人カーニバルVol.2」というライブが最高です。スタジオ録音のはどれも一長一短という感じなので。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たまに違うところに行くと

2008年03月22日 13時07分16秒 | 日記
 図書館から借りた本の返却期限が来ました。わが市の中央図書館は各公民館に分室がありまして、どこに返却してもよいという便利なシステムがありますので時々利用してます。

 で、今回返却のついでに分室の蔵書を眺めてて「どこかで見た本が結構ある」と思ったらそれも当然。3週間前に返却したときもここだったので、自分が返した本がまだここにあったんですね。

 ということは、貸し出し希望の予約が入らない限り分室から中央図書館に移送されることはないってことですか。そんな中、ある小説の中巻を発見。どおりで中央図書館には上と下しかないわけだ。

 ともかく、行きつけでない本屋に行くと新しい本が見つかったりするのと同様に、今回場所を変えてみたら面白そうな本がいっぱい見つかって今日も限界まで借りてきてしまいましたとさ。

 ところで、最近エロコメントが多いので、ところどころ「コメント禁止」になっている記事があります。その辺ご容赦のほどを…。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

すべては防犯のため

2008年03月21日 23時59分49秒 | 日記
 今日は金曜日につき社内の飲み会で最寄り駅に着いたのはほぼ12時。なにしろスタンガン強盗の出る土地柄ですので物騒なのですが、今日は手ぶらだったので改札を降りてから武器がないのに気がつきました。

 で、調達したのが駅においてある求人情報誌。約50ページの冊子ですがクルクルと丸めてぎゅっと引き絞れば棍棒代わりになります。帰り道にこれを片手に歩きながら思い切り振り回してみれば、当方一応バドミントン部出身なので「ヒュッ!」っと風を切る音がします。

 賊が現れた場合、これで致命傷を負わせられるとは思いませんが、当座のシミュレーションとしては言葉で威嚇しながらこれを振り回して明かりのついてる家の庭先に逃げ込んで110番する、という感じ。

 が、まずはその破壊力を試してみたくなるのが人情で、まずは電柱を叩いてみると夜なので「バシィィィッ!」と音が響きます。それで気をよくしてそのままブロック塀とか交通標識とか当たるを幸いひっぱたきながら帰ってきました。(当方酔っ払いにつき数回空振りしましたが)

 ご近所の皆さんにはご迷惑だったかと思いますが、それもこれも防犯のためですのでご容赦下さい。くれぐれも通報されませぬよう…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未公開映像につきDVD化希望

2008年03月20日 21時53分39秒 | 日記

 今年の4月4日に「全国キャンディーズ連盟2008大同窓会 CANDIES CHARITY CARNIVAL」なるイベントが開催されますが、この日はキャンディーズの解散30周年記念日。

 あの頃私は中学生でしたが全キャン連は大学生くらいが多かったのでしょうから、私よりは若干年上の人たちが中心だったのでしょう。で、そういう人たちが久しぶりに集まって上記のイベントが開催されるとか。

 4月初めの金曜日でキッチリ仕事ですので私は行けませんが、このサイトにてファイナルカーニバルの未公開画像が公開されています。ほんの一部ずつなのですが、曲はM1 Open sesame~M3 Hard time~M5 Play that funky music。

 このHard timeは当日演奏された洋楽の中ではかなりの人気曲だったようですが、なぜかライブアルバムにもビデオにも収録されておらず、今回初公開となったようです。(解散直後のフィルムコンサートについてはよく覚えておりませんが…)

 で、さらっと聞いてみたらライブアルバムともビデオとも全然音質が違うの。実はこのライブアルバムというのは私が知っている限り最も音の悪いライブ盤でして、「野外の球場のライブでなおかつ解散ということで観客の声も大きかっただろうしPAの人も苦労したんだろうから」と諦めてたのですが、なんかホーンの音もギターの音も凄くクリアに聞こえてます。

 このサイトによるとTBSの倉庫から全編のビデオが発見されたそうで、そちらからの映像なのでしょう。ということで、なんとかDVDで発売してもらえませんでしょうか? もうここまでで30年かかってるので「そのうちに…」なんていってたら一生機会がないかもしれませんので。

 ちなみにサイトはこちらです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボイコットの声は?

2008年03月19日 23時31分45秒 | ニュースに一言
 モスクワオリンピックの頃、私はボンクラ高校生でした。体育会だったこともあり「へ? なんでボイコット? 選手がかわいそう」という以上に深く考えておらず、お恥ずかしい限り。

 あのときはソ連のアフガニスタン侵攻に抗議してのボイコットでしたが、今回の中国のチベット弾圧に関しても一部でボイコットの声が出ている様子。大人になってから考えると、ボイコットという手段もありだとは思うのですが今でも「選手がかわいそう」という気持ちに変わりはありません。

 そんな中、頭のいい人はいて読売新聞によるとフランスのクシュネル外相は「チベット自治区の暴動が続けば、EUは北京五輪開会式のボイコットを検討すべき」との考えを示したそうです。「これぞ外交」という声もありますが、なかなか骨のある意見です。北京五輪に選手を派遣しつつ中国に猛省を促すというとこれは名案かも。

 で、わが国はどうかというと政治家から中国の弾圧に関しての抗議は一言も聞かれず、まさに傍観しているという状態。マスコミの方でも実情を報じようという動きはないのでしょうか? 一体何が起きていて、チベット族の若者達がどういう目に遭っているかは絶対報じられなければなりません。

 中国の脅威の一つはその軍事力ですが日本のODAが転用されている可能性は高いわけで、どういう風にチベットの騒乱を鎮圧しているかと考えるとゾッとするものがあると同時になんともやりきれない思いがあります。かといって自分に何ができるかというと難しいのですが、こういうところで少しでも声をあげていくことでしょうか。悪いことは悪いといいませんとね。大手マスコミが言わないのであれば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明け方に見た夢

2008年03月18日 21時51分51秒 | 日記
 テレビで「8時だよ 全員集合」の総集編を見ていたら、オープニングテーマが終わって最初のネタはなぜかフラメンコギター。それもドリフターズ全員がメキシカンなスタイルでギターを抱えているのですが、いつの間にか私も客席にいました。

 ギターをジャラーンと鳴らすだけの意味不明のネタが続くうち、ステージ後方の階段の上に俳優の故藤原鎌足氏のような爺さんが登場。(階段の上で座禅を組んで座ってました。ダイバダッタのようだったかも…。) この人の特技は「ドライアイスを口に含み、それを飛ばして空中で破裂させる」というものだそうで、さっそくステージで実践。

 爺さんが「プッ」と吹いたドライアイスがユラ~っと飛んできたかと思ったら、空中で「ポンッ」と破裂するのですが客席はやや戸惑い気味。何度かやっているうちにドライアイスが破裂しないまま客席に落ちて、ドリフのメンバーが「なにやってるんだよ~!」と突っ込むと、爺さん曰く「このドライアイスはなんだか甘くてなぁ。フォッフォッフォッ」ですと。

 「このネタは面白いのか?」と思ってるところで目が覚めました。どなたか夢判断をお願いします。それにしても正夢にならなくてよかったと。(絶対ならんって)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旬のものでありなおかつキックのあるものを

2008年03月17日 22時20分40秒 | 日記
 弁当を買いにコンビニに寄ったところ駐車場横の空き地にふきのとうを発見。ギターを持った二人組が「ひとりでぇ~おもう~」と歌ってたわけではありません。(←古典的ボケ)

 既に地上15cmほどになっているものもあり、一番小さいのでもちょっと育ちすぎかな?というくらいの大きさ。あれよあれよという間に暖かくなってたんですね。おっちゃんになると、子供の頃は見向きもしなかった食材に惹かれるようになり特に旬のものでくせのあるものが食べたくなったり。これは酒飲みになったせいでしょうか?

 ふきのとうとかタラの芽は天ぷらが魅力ですが、尾崎亜美さんがラジオでしゃべってた料理では「ふきのとうのスパゲティ」というのもありました。結構魅力ですがまだ試してません。

 あとは春が旬といえば筍もそうですね。これはそんなにクセはないけど、前にテレビで掘り出した筍をその場で刺身にして食べてたのがあって、あれも魅力に感じました。(うまいかどうかは知りませんが) わらびも相当クセがあって素敵です。うちの実家はゆでたものを、二杯酢とショウガで食べます。

 あとはしどけ、うるい、こごみなんかもありますね。マニアックなところではコシアブラなんかは福島に住んでたときにしか食べたことないのですが、あれって全国区の山菜?

 いずれにしても森林浴に行って「ああ、おいしそう~」と言えるようになれば一人前でしょうか。私なんかまだまだ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加