今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

インポートしてみました

2011年04月30日 09時38分26秒 | ブログ・インターネット

 gooブログのメニューを見てたら他のブログサービスからのインポートという機能があって、私もココログからの乗換え組ですので試してみようかと。ココログでは2004年2月から2006年5月まで書いてたので既にgooでの記事の方が多くなってますが、記事の数はどどっと増えました。

 昔からオタッキーな話題をいろいろ書いてますので何か調べたいことがあればこのページ右上の検索メニューで「このブログ内で」を選択すれば見られます。7年分の蓄積ですが、世間一般では役に立たない知識が多いというのが難点で、なおかつ本人が書いたのを忘れてる事が多々あるのでその後の追跡がなかったり…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなんにしてみました

2011年04月29日 21時54分25秒 | ギターと楽器のこと

 ちょこちょこ機材が増えてきたのですが、昨年秋のライブのときにセッティングが大変で限界を感じてたからボードに並べてみました。並べて持ち上げてみると結構重いです。ACアダプターも買ったしこれで電池も持ち歩く必要なし。

 で、これを持ってどこへ行くかというと明日からバンドの合宿。結成7年目にして初です。というか、私はバンドの合宿というのは初めてなのでどんな展開になるのやら。とにかく合宿というと学生時代の部活以来なので緊張してたり。

 私はバリバリ文系の部活だったので午前中から授業があって、午前の終わりに単語テストがあって午後も授業があって夜は補講というスパルタでした。んで、単語テストが不合格だと追試に合格するまで寝かせてもらえないという…。場所は志賀高原だったのですが、周りでは音楽系のサークルも結構合宿に来てたらしく、単語テストやってると隣の建物からハイウエイスターが聞こえてきたりして「お、やってるやってる」とか思ったり。

 今回は山奥のスタジオ兼宿泊所でガンガンやるわけですが、問題は体力がもつかどうか。あとは道路が込まなければいいのですが。おやつはいくらまで持っていっていいんだったかなぁ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お試し

2011年04月29日 14時59分10秒 | 日記
連休中はあちこち行くので携帯からの投稿も試してみます。まだ今は自宅なのですが。どうかなあ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

衰えは甚だしく

2011年04月28日 22時47分50秒 | 日記

 今週は必要に迫られて知り合いに手紙を書いたのですが、縦書きの便箋に2枚ほど書くだけでクタクタ。右手だけの問題じゃなく、目は疲れるし首はこるしで、そんなに力入れてたわけじゃないんですけど…。

 確かに仕事関係の書類はほとんどPCで作成してまして、署名もせず捺印するだけという毎日ではあります。が、ペンで字を書くことがないかというと手帳に予定を書き込んだり、電話の内容をメモしたりということは毎日してるわけです。

 ということは、ちゃんと大きい文字でしっかり漢字を書くということをやってないわけで、これは由々しきこと。これを鍛えるためにはペン習字とか写経をやってみた方がいいでしょうか。ただ、般若心経とかいうと漢字ばっかりだからちょっとつまらんような気がします。

 ということで、さっそくこの連休からペン習字にチャレンジします。日ペンの美子ちゃんの広告って何の本に出てるでしょうか。そのために小説ジュニアとか買うのもなんですし。(って、そんな雑誌がまだあるか知りませんが)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休を前にして

2011年04月27日 22時48分05秒 | 日記

 どうも食事のたびに口の中が痛いので思い出してみると、昨日の昼に食べた唐揚げがめちゃめちゃ熱かったのだと。あれで口の中をやけどして、それがいまだに治らんと。口の中は割と治りやすいという話ですが、長引くということは体調悪いのかも。

 たしかに今月はやたらと朝早かったり夜遅かったり移動が多かったりで健康的ではなかったです。明後日から休みなのでゆっくりと…といきたいところですが、これがまた結構なスケジュールが入っとります。とりあえず、飲み過ぎ食べ過ぎしなきゃよかろうと。

 それよりなにより、ここ何日かよく眠れないというかあんまり眠くないのがまたよくないのかも。ま、GWは7日間休みなのでなんとかなるでしょ。一応まだ若いつもりだし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうも落ち着かないと思ったら

2011年04月26日 22時24分30秒 | 日記

 この週末、なんか時折ドキドキすることがあって落ち着かないと思っていたら、これが妻のズボン。歩くとき裾と裾が擦れると「キュ~キュ~」と鳴るんですね。それが携帯の緊急地震警報の音に似てるので。

 何回も聞いてるうちに慣れるかと思ったのですが、さすがに心臓によくないのでダメ出ししました。同じくテレビ番組で、何かポイントを強調するときに「ピンポン!」となるのもドキっとします。ここしばらくは夜中の緊急地震警報で目覚めることがないので落ち着いてるような感じはしますが、こればっかりは見通しつかずわかりません。それにしても余震が続きますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当に強くて優しい人なんだと

2011年04月25日 22時18分11秒 | 日記

 まさかスーちゃんの肉声でのメッセージが聞けるとは思いませんでした。ニュースでそのメッセージの話を聞いたのですが、実際に耳にしてみるともうかなり辛そうな時期だったのがわかりました。長い闘病生活で覚悟ができていたのでしょうが、本当に強くて優しい人だったんですね。あらためてキャンディーズファンでいて良かったと思った瞬間でした…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安くなりましたが

2011年04月24日 14時55分13秒 | 日記

 先月はアイリスオーヤマのLED電球を買いましたが、今回はカインズホームのをば。前のは998円でしたがこれは1480円。まずまずです。で、風呂場の電球を替えようとカバーを開けたら、なんとミニクリプトン球でした…。

 仕方ないので廊下のを交換。廊下の電球は使用頻度が低いんですが、まぁちょっとは違いがでるでしょう。あとは、ミニクリプトン型のを探して来ないと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折角なので

2011年04月23日 22時33分00秒 | 日記

 キャンディーズのどのアルバム持ってたか思い出してみると

・年下の男の子(レコード)
・春一番(CD)
・キャンディレーベル(レコード)
・10000人カーニバルVOL1(レコード)
・10000人カーニバルVOL2(レコード)
・早春譜(レコード)
・ファイナルカーニバルプラスワン(レコード)

などで、あとはベストアルバムをレコードで2枚(それぞれ2枚組)とCDで1枚。そんなに揃えてるわけではないですね。

 キャンディーズの何が好きだったかというと歌が好きだった部分が大きいので、オリジナルアルバムの復刻を望みます。一時CD選書で出てたのですが、一気に出たのでちょっとずつ買おうと思ってたらいつまにかなくなってしまってました。

 オリジナルアルバムだと「1と1/2」とか「夏が来た」が欲しいと。ライブだと「ファイナルカーニバルプラスワン」をちゃんとCDで持っておきたい気がします。私の場合はキャンディーズのファンだったのが、ファイナルカーニバルの洋楽でホーンスペクトラムの音を聞いてスペクトラムにのめりこんで、今ではスペクトラムのコピバンをやってるくらいなので、もう30年以上常に頭の中で流れてる音楽だったりします。

 このアルバムはライブが2枚でスタジオ録音が1枚の3枚組みでしたが、最後の最後がスーちゃんのソロの「土曜日の夜」でした。普通だと「かーてんこーる」で終わりそうなものですが、そうでなかったあたりがなんともいえない感じで…。この曲はスーちゃんの作詞作曲だったんですよね。凄くあまい歌唱なんですが、あの頃はあんな風に考えてて普通の女の子に戻りたいといったのかと思うと、またまた感慨深いものがありますが、その当時の感覚を思い出しながらまた聞いてみたかったり。

 なお写真の3冊のうち、GoGoキャンディーズだけ当時買ったもので、あとは後年に中古で買ったもの。何しろ解散当時中学生だったのでお金なかったですから。ただ、全国のコンサート追いかけて完全燃焼したであろう私よりちょっと上の年代の人に比べると、まだくすぶってる感はあります。その辺は本当に人それぞれでしょう。まずは田中好子さんのご冥福を心からお祈りいたします。長い間ありがとう、スーちゃん。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

負けないおねえさん

2011年04月22日 23時59分00秒 | 日記

 今日はラジオでキャンディーズの曲をいっぱい聞きました。NHKの午前11時台では特集してて、聞いた限りでは「あなたに夢中」「なみだの季節」「微笑がえし」など。近年はスーちゃんも女優さんとしての活動だけでしたが、女優として活動しはじめてからソロアルバムも出してました。

 今となってはどうにもなりませんが、京都に住んでた学生時代にそのソロコンサートに行くかどうかですごく悩んだ記憶があります。行きたいのはもちろんファンだったためで、行けない事情は金銭的理由。あとは「キャンディーズのコンサートじゃないしなぁ…」という思いもあったのですが、今から考えると生で歌を聞く機会というのはあれが最後だったんですね。悔やんでも悔やみきれません。

 「負けないおねえさん」というのは、復帰後「欽どこ」で「お母さん、私…負けない!」というキャラで出てたのを思い出したので。どうしてもキャンディーズの活動と近年の女優での活動しか話題になりませんが、いろんな面で魅力的でしたね。もう見られないと思うと悲しくて…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーちゃん…

2011年04月21日 23時06分13秒 | 日記

逝ってしまいました。近況は全然知らなかったので驚きました。小学生の頃からファンでずっと好きだったので本当にショックです…。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々にFOCUSをば

2011年04月20日 22時13分24秒 | 日記

 いわゆる「3F・E・T」と言われた時代は経験しておりまして当時は写真雑誌は大嫌いでした。3F(フォーカス、フライデー、フラッシュ)・E(エンマ)・T(タッチ)のうち、3Fは何回か買ったことありましたけどETはほとんど表紙しか見たことないような。いつの間にかなくなっちゃったし。

 FOCUSに関しては写真週刊誌ではありますが、写真に加えてひねりの聞いた文章が印象的でしたのでそれなりの方が書いてらっしゃったのでしょう。フライデーはFOCUSの対抗馬として出てきましたが、記憶によると創刊の頃に頼近アナの妊婦姿かなんかを盗撮したのが話題になってて、ハッキリ言って芸能じゃじゃ馬路線が売り。フラッシュはどっちつかずの印象がありますが、当時からエンタメ路線だったのでしょうか。

 私はいわゆる芸能レポーターが大嫌いで、写真週刊誌のカメラマンも芸能レポーターも同じと考えてた感があります。「アイドルの尻追いかけてるよりは、政治家がワイロ受け取ってる現場でも撮影せんかい!」と思って。今だったら北朝鮮の収容所の写真でも撮ってこいと。ま、結局芸能系も事件取材系も両方の仕事をしてらっしゃる方も多いのでしょうが、プロのカメラマンの技量は認めます。そこで今回の「FOCUS」と。

 もちろんこの雑誌は何年も前に廃刊になってますから、今回のは震災を受けての緊急復刊。この時に現場がどうなってたかというのは将来語り継がねばならないでしょうが、それこそテレビには映らないような様々な光景が見られます。当然そこには遺体もあるわけですが…。

 この震災だけは絶対忘れてはならないということで、辛いけれどもこれは保存版ですね。広告はやたらと出会い系サイトのものが多いのですが、それが出版不況を物語ってるのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリーン福島

2011年04月19日 22時53分32秒 | ニュースに一言

 放射線のことも放射性物質のことも難しくてなかなかわかりませんが、武田邦彦先生の話はわかりやすいので「クリーン福島大作戦」と聞くとなんとなくできそうな気がします。曰く「放射性物質の半減期は物理的に決まっていますから、それは変える事ができませんが、人間の手でクリーンな福島を取り戻すことはできます。」だそうです。

 今問題になっている放射性物質は基本的に粉になって飛んでくるので、地表に溜まってるのを早いうちにさらってしまえばいいと。それをこのまま放置しておいて、土壌の奥深くまで混じり込んでしまうと土地をクリーンにするのは難しいとか。特に梅雨が来る前にやってしまう方がいいと。

 急に規制値を上げて「大丈夫だ」という話も信用できませんし、かといって大げさに「プルトニウムは角砂糖5ケで全人類を滅亡させる猛毒」とかいう話もいかがかと思います。福島原発も今のままいけばとりあえず大爆発するような心配はないと先生が言ってますので、とにかくまた福島県で普通に人が住めて農作物が取れるようになって欲しいと。5年間だけ福島県民だった者としては切実に願います。

 それにしても、福島ナンバーの車に「どけ!」と言ったり、福島からの転入者に検査済証を要求したり、差別があると聞くと唖然としてしまいます。感染すると思ってるバカがいるのでしょう。こういうのを聞くと「日本人は決してパニックにならずいかなる時にも譲り合いの精神を忘れない素晴らしい民族だ」という海外からの褒め言葉が白々しくなってしまいます。バカですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かなり予想と違って

2011年04月18日 23時21分17秒 | 日記

 実家の母が「雑穀 七福米」なるものを送ってきてくれました。「お米に混ぜて炊くだけ簡単」ということですが、七福というくらいなので七つの雑穀が入ってます。内訳は、黒米、押し麦、そば米、黒ささげ、きび、あわ、赤米など。

 メタボのおっさんとしては情けないのですが、少々貧血気味なのでアマランサスを入れて米を炊いたりもしてました。この七福米にも成分としては鉄分とか亜鉛とかいろいろ入ってますので同じような感じかと思って。

 が、炊きあがってみたらびっくり。ほとんど赤飯でした。こんな時期に赤飯食べる気分でもないのですがなにしろ栄養豊富だそうですので、つべこべいわずにありがたくいただくこととします。いざというときに子供の二人や三人担いで走れるくらいに体は鍛えておきませんと。ただ、カレーとかやろうと思うと無理なんですね、これが。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高速を運転中に

2011年04月17日 23時05分58秒 | 日記

 前の車が遅いと思って追い越しにかかった途端、急にスピードを上げる人が多いです。特に夜間が多いような気がするのは、後ろから車が来るとわかりやすいからでしょうか。どう見ても90キロくらいしか出てないので右車線から追い越しにかかると、なんかあちらが急に速くなってこっちが130キロくらい出さないと抜けないことがしばしば。

 あのときの心理というのは、「一人で走ってる分にはなんとも思わないのが人から抜かれると思うと急に腹が立つ」ってことでしょうか。おとなしくしてたのが、挑発されると一気に切れちゃったという感じとか。この辺は憲法第9条を掲げてさえいれば周りの国も仲良くしてくれるだろうと思い込んでいる今の日本に問題があるような気がします。あるいは「原発は絶対安全」と言ってれば事故が起きないと思い込むのにも似てるかも。もっとさかのぼれば、鎖国を宣言していれば黒船はやってこないというのもありました。

 私の場合は、追い越していく車に張り合おうとは思わないので右車線を急いでいく車があればあっさり抜かせてあげます。で、こっちが追い越そうとして向こうが急にスピードを上げた場合は一旦追い越してから左車線に入ってス~っとスピードを落として「おらおら、そんなにスピード出したいなら今度はおめーが追い越せよ」とつぶやきながら様子を見ます。そのまま70キロくらいまで落としても追い越していかない人がいるんですが、ああいうのはいけませんね。状況判断が悪いというかなんというか。

 あとは、高速でオービスがあるといきなり80キロくらいに減速する人が多いのも困ります。100キロ出せるところは100キロ出していいのであって80キロで走ったからといって「安全運転だね。おりこうさん。」と褒められるわけではないと。かえって流れを乱して事故に繋がりやすいのですが。

 ところで、昨日マイケル・サンデル先生のNHKでの番組を見てたら、いまだに原子力発電の話を飛行機に例える人がいて驚きました。いわゆる「飛行機は落ちるからといって使わないわけにいかないのと同じで原子力発電も必要」という論理。こういう極論をいうから議論がなりたたないわけで、未曾有の事態は未曾有であるから例え話は反則だと。

 と、自分がいっぱい例え話をしながら思ったのでした。それにしても「マイケル・サンデル」という名前が覚えにくくて、一生懸命「ネルソン・マンデラ」と検索して「出ぇへんなぁ」と思ってました。ま、いずれにしても高速道路で事故を起こすと大変なので皆さん気をつけましょうというのが結論です。唐突ですけどそういうことでよろしく。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加