今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

なんのために

2007年01月31日 22時29分19秒 | 日記
 大相撲は久しぶりに八百長騒動で盛り上がって(?)ますが、実際どうなんでしょう。なんか毎回千秋楽を待たずに優勝決まってるような気がしますが、どうせ八百長やるんならもっとうまくシナリオ書きますけど。お金儲けようと思うなら、千秋楽の結びの一番で優勝決まる方が懸賞金集まりそうですし。

 フジテレビ「とくだね」にて小倉氏は「朝青龍の相撲ってがっぷり四つに組んでというのじゃないから、あらかじめ決めたように取るってのは難しいと思うけどね」と言ってました。これも同感です。別に大相撲を擁護する気はさらさらありませんが、八百長がありならもっと男前の力士を無理やりスターにした方がいいと思いますが。

 以前「競馬なんて八百長だ」という人がいたのですが、ある人が反論して「勝てば億単位の金が入る重賞レースで八百長で負けるバカはいない」と言ってました。八百長だなんだと騒ぐにしても「誰がなんのために?」という理屈が通ってればまだ信じる気にもなりますが。とはいえ、今回の記事を読んでないので詳しい内容は知りませんし知りたくもありません。そもそも相撲に興味ないんすよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりパソコンは敷居が高い

2007年01月30日 23時07分33秒 | 日記
 当方“自称パソコンおたく”です。が、今では「ビスタってなんじゃ?」という立場になってしまいました。私がOSに求めるものは「安定性」が第一で、次に「サクサク動く」こと。

 現在メインで使ってるMeマシンはサクサク動くし(安定性はイマイチですが)、同じく使用頻度の高いXPマシンはほとんど固まらないし落ちないし安心して使えます。これでいいじゃないですか。

 別に動画を見るならテレビでDVD見ればいいですし。一体いつまで新しいOSの動作に耐えうる高スペックのパソコンを追いかけねばならないのでしょうか。日本語MS-DOS~DOS/V~Win3.1~Win95~98SE~Me~XPと一応ついてきましたが、もういいです。

 考えればコンパックのContura Aero買ってDOS/Vでブイブイいわせたり、Win3.1でウインウインいわせてた頃が一番楽しかったかも。「Configに生きるものはConfigに死す」と気合入れながらAutoexec.bat書き換えたりしてました。ま、MS-DOS時代のパソコン自体も相当敷居が高かったですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

簡単じゃねぇか

2007年01月29日 23時28分55秒 | 日記
 初めてチャレンジしたのが「ぶり大根」。土曜日にスーパーに行ったらブリが半額で大根も安かったのでやってみた次第です。今年の目標として「圧力鍋を使いこなす」というのがあるのですが、今回はシャトルシェフにて。

 材料はぶりと大根のみで、味付けは酒と醤油と砂糖とみりんだけ。藤岡琢也さながらに「簡単じゃねぇか」と言ってしまいました。次はなにやろうかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダー1号

2007年01月28日 18時47分30秒 | 日記
 本当は球根から植えたかったのですが間に合わなかったので、これは正月にホームセンターで買ったもの。当然ながらその時は全部つぼみでした。邪道という気もしますがとにかく花が咲けばいいので、まずは今年の開花1号です。

 あと室内にあるのはカランコエ2種とガーデンシクラメン。春になればプランターにいろいろ植えたいと思ってますが、バルコニーのフェンスが高いので日当たりがイマイチ。マンションのバルコニーでは園芸も難しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「わるいやつら」からのメール

2007年01月27日 23時36分32秒 | ブログ・インターネット
 ありがたいことに、ここ2週間ほどblogのアクセスが結構多いのですが、ありがたくないのは迷惑メールが増える事。これは見事に相関してます。gooの迷惑メールフィルターは優秀なのでちゃんと選別してくれるのですが、この3週間ほどで580通たまってました。

 そのフォルダでタイトル一覧を見ると「ワシ、こんなに外人の知り合いいたっけ?」という感じですが、数少ない日本語メールの差出人を並べてみましょう。以下の通りです。

 佐々木麗、風俗案内人、全国未放流収集倶楽部、・・・好き!、森田和好、隠し撮りマン、人妻鑑賞会、スチュワーデス研究会、人妻鑑賞サークル、ファミレスパーティー、妹好き、佐藤藍子、SNSコミュニティー、浮気連絡会、突撃隊、プロデューサーS、審査員桜田、絵梨香(^-^*)、淫靡鉄道072、長澤正美、インセンス、芸能レポJr、おっぱい皇帝、女子大生クラブ、小日向あかり、アダルト放送局、K電鉄 駅長、動画温故知新、匿名投稿、石川 沙紀、稲田 愛菜、芸能スキャンダル、女優○○みゆ、刺激放出計画、杉山 向日葵、優香

 など。一番しつこいのは佐藤藍子でした。優香は本物ではないでしょう。(当たり前じゃ) まぁわりとしゃれてるかな?と思うのは「淫靡鉄道072」と「おっぱい皇帝」くらい。あとは却下。恥を知れ! どっちにしても本文は一切見ないので送っても無駄だよー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

危なかった

2007年01月26日 23時12分05秒 | 日記
 事務所はビルの4階なのですが出かけようと思いエレベーターに乗ったとき、ズボンの中でカッターシャツが丸まってるような気がしました。他に誰も乗ってなかったので修正しようとしたのですが、さすがにベルトを外してズボン下げてという時間はありません。

 なので、ファスナー全開にして手を突っ込んでカッターシャツを引っ張ったのですが、問題はその後。ファスナーを上げようとしたのですが引っかかってうまく上がらず。3階は保険会社なので途中で誰か乗ってくる可能性あり。しかも女性である可能性大。

 さらに1階は銀行でいろんな人がうろうろしてます。「さて、どうしたものか?」と焦ったのですが、常套手段としては股間に手を突っ込んだまま軽く微笑んで「どうも~。いい天気ですね。」と会釈でもしながらやり過ごすことでしょう。

 が、落ち着いてやり直したら無事ファスナーは上がりました。1階に着くまで誰も乗ってこなかったので事なきを得たと。しかし、なかなかのスリルでした。これが癖にならないといいのですが…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせながら

2007年01月25日 23時59分16秒 | 日記
 会社の新年会でした。今回は隣りの支店も合同で約30人。がっ、出てきたのは私の食べられない料理ばかり。別に「生野菜しか食えない」とか言ってるわけではないのですが。むぅ~わたしゃ辛いもの食えないのですよ。まぁ飲み物で元とったからいいけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

給食費不払い?

2007年01月24日 23時35分48秒 | 日記
 ニュースで見ました。人数としては生徒の1%で、金額は年間22億円にもなるとか。「なんで?」と思うのですが経済的な理由よりは「払いたくないから」という理由が多い様子。

 なんなんでしょうね、これは。食ったもんの金を払わないのは食い逃げと同じではないでしょうか。どういう親なんだか。

 それと「経済的な理由」というのも実際はどうだか。給食費払えないと言いながら、携帯に毎月何万も払ってるとか、子供はPS3とかDSとか持ってるとかありそうですけど。それにしても、わからん世の中じゃ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結局見てるのは

2007年01月23日 23時12分09秒 | ドラマレビュー
 今クールのドラマでは、「ヒミツの花園」「ハケンの品格」「拝啓、父上様」「演歌の女王」「華麗なる一族」など。「東京タワー」は最初から見る気なしで、「今週、妻が浮気します」は原作が嫌いなのと出演者が嫌いなのとでパス。

 「エラいところに嫁いでしまった!」は1回目がたまらなくつまらなかったので挫折。「花より男子2」は家族は喜んで見てますが私はパス。

 今のところ面白いと思うのは「拝啓、父上様」と「ハケンの品格」くらい。「ヒミツの花園」は話としては面白くなりそうなのですが釈由美子がタイプじゃないので今ひとつのめり込めず。「TRICK」の山田奈緒子のキャラが若干入ってるような感じですが、彼女とはイメージが違います。

 「演歌の女王」はまぁまぁだけど毎週欠かさず見るほどでもない感じだし、「華麗なる一族」はそれなりに見応えはありますが注目すべきは鈴木京香の谷間でしょう。あ、あとは相武紗季さんと。

 まだ見てないのは「わるいやつら」。録画はしてあります。これも原作は読みましたが「けものみち」のハラハラ感に比べると、心理的にジワ~っとくる内容でなおかつ相当暗いのであまり興味はありません。それにしてもなんでこれが「三部作最終章」なんでしょう???

 あ、あとは「きらきら研修医」ですか。2回連続して録画はしたけどまだ見てません。このまま最終回まで引っ張れば「期待している」というままで終わるのか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Wikipediaに命を懸ける

2007年01月22日 23時21分09秒 | ブログ・インターネット
 昨夜のことですが、そのまんま東が当選確実だというので検索してWikipediaで見てみ
たら、一番上に「この項目は現在進行中の事象を扱っておりますが、Wikipediaはニュース速報ではありません。性急な編集をせず事実を確認し正確な記述を心懸けて下さい。」という注意書きがありました。

 「はて?」と思ったら早くも「2007年1月21日から宮崎県知事」と書いてあったためでした。別に先を競って書くようなものでもないと思うのですが、Wikipediaに命を懸けてるような人がいるのでしょうか? なんにしても、正式就任は23日だそうでこの記述は今朝早く書き換えられてました。

 昨年のくらたま先生の所得隠し騒動の時も即座に書き込みした人がいた様子で、上記の「性急な編集をせずに…」という注意書きがありました。まぁあそこに張り切って書き込みする人なんてネット利用者のほんの一部でしょうから、同じ人かもしれませんけど。

 私にとってWikipediaというのは、当然ながら「全面的に信用するわけにはいかない」という存在です。(ちょくちょく閲覧してるのに申し訳ないですが) たとえば、ある人物についての記載が「某所のパーティーでこんな事を言った」とか「ラジオ番組で発言した際、××氏にたしなめられ以後微妙にスタンスを変えている」とか「○○については△△と言ってたのにいつの間にか▲▲というようになった」とかそんな感じなので、「そこまで細かいこと書いて誰か検証できるの?」ということで。

 そもそも事実なんて当事者しか知らないことが多いし、事実が必ずしも真実ではない場合もあります。(ま、かっこいい) さらに雑誌のインタビューで言ってたことなんて、何か聞かれた事に本人が答えたものをライターが適当にはしょって文章にして編集長かなんかのチェックが入って、その後校正とかレイアウトとかいろいろ作業が入るでしょうから(そういう作業手順は詳しく知りませんが)、元の発言とはかなり変わってることも多いようです。

 わかぎえふさんは、バレエだったかミュージカルだったかそういう関係の雑誌のインタビュー記事で「さいでおまんねん」とかいう話し方にされてたとか。きっとテープを文章に起こした人が「関西人はみんなそういうしゃべり方をする」という固定観念の塊だったのでしょう。甲斐よしひろ氏も「雑誌のインタビューで関西弁にされてた。『ワイは』なんて言っとらんよ。」と怒ってた事があります。これなんかも、西の方の出身の人はみんな関西弁をしゃべるという事にされてたのでしょう。

 ということで、先を競ってWikipediaに書き込むような人は嫌いです。自分の固定観念でもって「この人はこういう人だ」と一方的に決めつけた書き込みをする人も嫌いだし、なんの疑いも持たずにそれらの記載を信じてしまう人も嫌いです。

 良心というか良識というか、そういうものを信じて運営を続けていけばいつかはそれなりにまともな百科事典になるのかもしれませんが、この世の中から戦争がなくならないのと同じでいつまでも収まりはつかないでしょう。特に甲斐バンドの項目なんかは。まったくもう。ブツブツ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猪木か、あるあるか

2007年01月21日 21時09分36秒 | 日記
 かのアントニオ猪木は納豆とひじきで体を作ったと言われています。それを考えると、「畑の肉」と言われる納豆でダイエットしようと思うのが大間違い。納豆食べるときはついつい白いご飯も大量に食べてしまいますし。

 私は最近テレビと言うとニュースとドラマしか見ないので、それが正しい楽しみ方かも。それにしても今日のあるあるの時間はすごい視聴率でしょうね。今見てたら関西テレビのアナウンサーが謝罪しながら説明してますが、番組の直接の関係者じゃないのでなんだか可愛そう。この辺に会社員の悲哀がにじみ出てます。

 ところで大豆のことを「畑の肉」と言おうとしてなぜか「畑の野菜」と言ってしまうことがありますが、畑に野菜があっても全然珍しくないです。ま、どうでもいいですけど。

 しかし「猪木は納豆とひじきで体を作った」というのも、あるテレビ番組で聞いた話。もしやあれもやらせか? う~む。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白ヤギさんから…

2007年01月20日 21時16分53秒 | 日記
 今年は久しぶりに年賀状を書きました。というのも2004年、2005年と喪中だったもので。年賀状書く時って大体前の年のを参考に住所書いたりしますが、こちらは「喪中につき…」というハガキを出してますが、普段年賀状のやりとりしか付き合いのない相手については近況がわからないので「そういえばあちらも引っ越したという噂を聞いたけど…」なんてことで新住所がさっぱりわからない人もいます。

 さらに我が家の場合は2005年に引っ越してるので、うちの住所がわからなくなってる人も多い様子。こちらが書いた枚数も3年前に比べて減りましたが、今年届いた枚数は激減。具体的には4割くらい減りました。はなから「去年も一昨年も来てないから書かない」というケースや「住所わかんなくなった」というケースもあるでしょうが「転居先不明につき」で戻っちゃった年賀状も相当多いと思います。それにしても友人知人ならわかりますが、親戚からさっぱり来ないってのはどうでしょう。引越し魔は嫌われるのでしょうか?

 で、その少ない年賀状を来年の参考にするためにエクセルファイルにまとめました。まず元旦か三が日以内くらいに届いた人はちゃんと書いてくれてるという事で来年も必須。それ以降に届いた人は様子を見て検討。明らかにこちらが出したから書いてきたという人は今回は書く気がなかったのでしょうから、来年どうしましょうか? 今度はこっちが出さなくて向こうから来たりして。いわゆる「白ヤギさんからお手紙ついた…」というあのパターンのような感じで。

 ただ週刊文春の記事を見て、届いた日付では判断できないのがわかりました。郵政公社になった影響か、年賀状がまともに届かないケースがやたらと多いのですと。「25日までに出せば元旦に届きます」というのは大嘘で、実際届いてないという声が多いです。また、兄弟が祖父母宛にそれぞれ年賀状書いて同じ日に投函したのに、届いた日は数日ずれてたりとか。あるいは1月9日に大量に届いたというケースもあったとか。

 で、今年届いた年賀状で一番面白かったのは妻の友人のもの。未婚女性でまだ実家にいるのですが「今年はおせち料理を作ってみました」という事で、重箱を上から撮った写真入り。それぞれに注釈が入っていて「小僧寿し」「知人の手作り黒豆」「××デパートの栗きんとん」「知人の手作り伊達巻」「○○屋のくるみ」などで、なかなか笑えました。我が家の今年の年賀状は…プリンターが不調だったため印刷屋に頼んだのでありきたりなデザインでした。次は頑張ろうっと。出す枚数減って楽になったし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガッカリだよ~っ!

2007年01月18日 22時59分21秒 | ドラマレビュー
 なにが?というと「ハケンの品格」。もうちょっと骨のあるドラマかと思っていたら、昨日はいきなり篠原涼子(ハケン)VS大泉洋(正社員)のホッチキス対決。結果は篠原涼子がわざと負けたけどそのホッチキスの打ち場所はすべて1ミリもずれていなかった、という内容。こういうのって面白いですか?

 所詮テレビドラマなのでたいした期待はしておりませんが、初回で篠原涼子が言った「そもそもあなたたちは派遣を人だと思っているのですか?」とか「派遣に派遣の面倒をみさせるのはやめて下さい」などのセリフには期待させるものがあったのですが。

 それと大手銀行をリストラされたらしい過去がチラッと見えたことも、今後の展開を期待させるには充分だったのですがまだまだ甘いですね。ま、一応見所はありますので次回も見てあげます。

 ということで忙しい忙しいといいながら相変わらずドラマばっかり見てますが、なにか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たしかにあさましい

2007年01月17日 23時48分44秒 | 日記
 めざましテレビで聞いたニュース。楽天の新人田中選手のサインボールが書いた翌日だかにネットオークションに出品されてたのですと。キャスターの大塚氏は「あさましい…」と言ってたのですが、たしかにその通り。

 前にも書きましたが、サインってのは目の前で書いてもらった本人以外はあまり価値を感じないものではないでしょうか? なにしろ本物かどうかわかりませんものね。私の場合は目の前で書いてもらった尾崎亜美さんのサインが宝ですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドタバタと言ったって

2007年01月16日 23時01分54秒 | ドラマレビュー
 今クールのドラマですが、実は一番期待してたのがテレ朝の「エラいところに嫁いでしまった!」。事前にストーリーは知らなかったのですが、まぁタイトル見れば想像つきます。なので説明も省略。

 何に期待したかといえばキャスト。主演が仲間由紀恵。他には谷原章介、本田博太郎、松坂慶子、濱田マリ、温水洋一など。最近仲間由紀恵がなかなか気になるのですが、今回は濱田マリさんも出るので「絶対見ねば!」と気合入れたらこれがサッパリ。

 なにしろ本田博太郎とか松坂慶子とかも出てるので、なんかすごいドラマかと思ったら、俳優の個性が活かしてないというか上っ面だけさらっとすくい取って「この人はこういうキャラクター」という説明を省略したいがための配役という感じ。

 おまけに内容もつまんなくて、「『家族の食事を作れ』と言われた仲間由紀恵だが全然料理ができないので、コンビニに自転車で走っていって惣菜を買ってきて並べてしのいだ」なんて言う話で笑えますか? それとも「ほぉ~さすがだ」とか思わせたいのでしょうか?

 さらにあちこちのブログでも指摘されてますが、仲間由紀恵の今回のキャラクターがトリックの山田奈緒子そのままであるところも安易でいけません。いちいち起こるトラブルがおかしいとかハラハラするとかじゃなくて、全部うっとおしいだけでした。いけませんね。期待が高すぎたでしょうか。多分次からは見ない。濱田マリさんも全然魅力的な役じゃないし、もったいないです。

 原作は女性ライター槇村君子が新潮ケータイ文庫で配信したエッセイだとか。原作を読もうとは思いませんが、原作が面白いとすればそもそもドラマ化の仕方が悪いのじゃないの?

 で、同じドタバタでも割と見応えがあったのが日テレの「演歌の女王」。こちらは天海祐希主演。彼女が結構いいので他は誰でもいいです。それほど真剣に見てなかったのですが、こちらは次も見てみようと思いました。いろんな人が絡んでくるようですのでなんとなく楽しみです。

 ということで他のはまた週末にまとめて見ることになると思いますが、楽しめそうなのは「ハケンの品格」と「拝啓父上様」かな?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加