今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

「尾崎亜美コンサート Life Begins at 60」追加公演あります

2017年05月20日 12時27分42秒 | 尾崎亜美

 尾崎亜美様のコンサートがあるのですが、当初7月22日(土)だけの予定だったのがそれがそうそうに完売。ということで、翌日追加公演が行われることとなりました。ここは去年行きましたが、定員735名という立派なところなので完売というのは嬉しいですね。私は初日を既に確保してますが、今回は1日だけにしておきます。

 公演情報は以下の通りですので、関心がある方はお早目にどうぞ。

7/23(日)『尾崎亜美コンサート Life Begins at 60』追加公演

開場 17:00 / 開演 17:30
会場 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
料金 \7,000-(税込) 全席指定
お問い合わせ キャピタルヴィレッジ TEL 03-3478-9999

<プレイガイド>
チケットぴあ TEL 0570-02-9999 http://t.pia.jp (Pコード:332-560)
ローソンチケット TEL 0570-084-003 http://l-tike.com(Lコード:73236)
イープラス http://eplus.jp
CNプレイガイド TEL 0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com
キャピタルヴィレッジ TEL 03-3478-9999 http://www.capital-village.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Renaissance <小原礼 & 屋敷豪太> + 西慎嗣 with special guest 尾崎亜美

2017年02月12日 12時27分12秒 | 尾崎亜美

 昨日は代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」に、The Renaissance+ 西慎嗣 with special guest 尾崎亜美というライブを見に行ってきました。

 The Renaissanceというのはベースの小原礼さんとドラムの屋敷豪太さんのユニットですが、ちゃんとCDも出てます。ドラムとベースのユニットだとどんな音楽になるかというと、そこは芸達者(?)な人たちですので、CDではいろんな楽器を二人で演奏してちょこっとゲストが入ってる感じ。ほぼ小原さんと屋敷さんの歌と演奏です。

 この二人というとファンキーなインストをやるかと思いきや、CDは全編歌入り。お二人とも歌うしハモるし、ここはいい意味で予想を裏切られます。そのライブはというと、屋敷さんがPCを操作したベーシックトラックに合わせてお二人がギター&ベース、ギター&ギター、ベース&ドラムと様々に楽器を持ち変えながら歌うこと歌うこと。小原さんの歌は聞いたことあったのですが、屋敷さんがあんなに歌えるとは!というのが驚きでした。歌えるどころか相当上手いです。しかもThe Renaissanceの曲は親しみやすいメロディーに練った大人の歌詞が魅力で、私はCD持ってなかったのでほとんど曲を知らないにも関わらず(すいません…)すごく楽しめました。

 ゲストは亜美さんがルネの曲にちょこっと加わって、キーボードは用意してあったのですが弾いたのは1曲だけ。西慎嗣さん加ってからは、クラプトンあたりをやるかと思ったらビートルズナンバーが主体でした。「ワン・アフター・909」、「I Feel Fine」、「I Saw Her Standing There」などだったかな? 「I Feel Fine」は「結構きつい」って言ってて西さんは手が攣ってたり。

 後半にも西さんが加わって「サンセットブルース」が聞けたのは嬉しかったです。これを生で聞くのは初めてかも。あとは「Drive My Car」を西さんのソロアルバムのヴァージョンでやって、さらにレゲエも1曲。西さんは歌もギターも素晴らしいです。この3人は一応「バランストリオ」という名前になったそうですが、またこのメンバーでライブやるなら是非見たいです。

 アンコールはまた西さんが出てきて、亜美さんもコーラスで加わって、最後の最後はまた「「愛のために」とか言っちゃって」で締めでした。この曲は歌詞が面白くていいですね。屋敷さんは最後まで張りのある歌声で、なによりあの声は歌詞が聞こえやすいので素晴らしいと。

 なお、昨日西さんの持ってたギターは、ギブソンでレスポールのような形だけどボディーが小ぶりでピックアップが3つという珍品。わからなかったので終演後にご本人に聞いてみたら、これが「ナイトホーク」というモデルであることを教えて貰いました。ギブソンがハートのナンシーウイルソンと共同で開発したそうですが、90年代に数年しか生産されておらず、特徴はスケールがレスポールのミディアムではなくフェンダーのロングスケールなので「結構太い音も出る」ので気に入ってるとか。(ただしピックアップはダンカンに換装してるそうです。)

 と、そんなこんなですが、この人たちが楽器の演奏が上手いのは当然として歌えてハモれてやってる方も楽しそうで、見てるこちらもほれぼれとしつつ自然と楽しめる最高のライブでした。気に入ったのでThe RenaissanceのCD買ったのですが、サイン色紙はどちらがどちらのサインかわからず。わからないとスッキリしないので、事務所の方に聞いてみたら左が小原さんで、右が屋敷さんでした。事務所の方とはいえ、社長さんだったのに気軽に教えていただきました。すいません…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エメロンナイト レディーファースト

2017年01月30日 23時10分55秒 | 尾崎亜美

 昭和52年頃だと思いますが、フジテレビで土曜の夜に「レディーファースト」という番組がありました。司会は西郷輝彦と山本伸吾で「僕たち二人が大人のあなたをエスコートします」とかいう番宣をしてた記憶があります。

 今でいう情報バラエティ系ですが、司会の二人がソファに座っててリラックスした感じでした。オープニングで西郷輝彦が「今日は巨人勝ちましたよ!」とか言って笑ってたの見たので生放送だったんでしょうね。

 私は石川テレビでそれを見てましたが、番組の内容はほとんど覚えてません。が、なんかおしゃれというか司会の二人が楽しそうにしてて格好良かったので、なんとなく好きでした。

 その番組だったと思うのですが、どうも尾崎亜美様がゲストで歌ってたような…。それも別荘地の広いロッジか教会のようなところで、ステージではなくフロアで歌ってて、前には客が数十名立って見ていたような。当時亜美さんの事は知ってましたが、特にファンではなかったのでそれが亜美さんなのかどうかわからず、曲を聞いてればわかるかと思ったのですが、間奏のない曲で一気に歌ってその後CMになってしまいました。

 あれから約40年、本当はどうだったのだろうと思ってたら、なんとWikiPediaに情報がありました。あれは「エメロンナイト レディーファースト」という番組で、1977年の4月から8月までやってたそうです。

 そしてあれは確かに亜美さんで、長野県蓼科の教会で番組が募集した新婚夫婦20組の合同結婚式を行い、その場所でゲストとして歌ったのだとか。どうやらそれは番組の最終回だったようですが。

 考えてみれば当時の亜美さんの曲で間奏がないというと、歌ってたのは多分「初恋の通り雨」だったのでしょうが、Wikiにはそこまでの情報はありませんでした。しかも「デビュー直後」と書かれてますが、前年の春にデビューしてたので「直後」ではないなぁと思ったり。

 なんにしても、約40年間喉に刺さってた骨がとれた感じです。Wikiに書いてくれた人には感謝します。一応情報は信じるとして。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎亜美様がニッポン放送に

2017年01月26日 23時05分25秒 | 尾崎亜美

 先週の話ですが、20日(金)のニッポン放送「金曜ブラボー」に尾崎亜美さんがゲスト出演しました。翌日に古武道というユニットとのジョイントコンサートがあったり、昨年12月には珍しいコンセプトのベストアルバムが出たりしたので、そのプロモーションもあったと思います。

 今回は歌姫の話ということで、亜美さんが楽曲を提供した歌姫3人、南沙織さん、高橋真梨子さん、河合奈保子さんの話題でした。亜美さんが楽曲を提供したというと、大体松田聖子さんとか松本伊代さんとか杏里さんとかその辺になるので、今回の話は貴重だったと思います。

 特に南沙織さんに「春の予感」を提供したときのレコーディングの話では、あの名プロデューサーの酒井正利さんの目の前で南さんに歌唱指導をしたのだとか。おまけにその指導について酒井さんに「指導が上手いね~」と言われたとか。この時点で20歳くらいですから、さすがに元祖天才少女という感じがします。

 河合奈保子さんについては、後年自分で曲を作ったりもしたし、歌うことに対しての姿勢が当時から凄くアーティスト寄りだったという話をしてました。考えてみれば、アイドルでデビューしながらその後自分で曲も作って、ドラマに出て時代劇までやって、スキャンダルでボロボロされることもなかったというのは「才女」とも言えるのでしょうが、そういう言葉をあからさまに連想させないところも才能でしょうか。

 それにしてもRadikoのタイムフリー機能というのは便利ですね。私はラジオ番組をタイマー録音できる環境がないので、こうやって平日昼間のラジオ番組をあとでじっくり聞けるのはありがたいです。ちょっとタイムマシンの乗ったような気分というのは言い過ぎでしょうか。この辺はもっと世間に魅力を伝えたいですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あたしの音楽 尾崎亜美×chay

2016年12月03日 23時19分22秒 | 尾崎亜美

 フジテレビNEXTにて「あたしの音楽」という番組をやっています。ご存じ「僕らの音楽」がCSに移行したようなものですが、アーティスト二組のトークと生演奏が目玉で、番組サイトによると「完全生歌生演奏で新録する本格的な音楽番組」だとか。

 その第25回目は「尾崎亜美×chay」でした。この番組を見たのは初めてですが、まんま「僕らの音楽」の形式で時間枠を拡大したような感じ。尾崎亜美様が出るテレビ番組は大体チェックしてますが、今回のトークはデビューのきっかけとか、ユーミンとの話とか、あまりテレビでは語ってなかったようなことが多くすごく充実してました。

 chayさんをちゃんと見たのは初めてですが、えくぼがチャームポイントの可愛らしい方ですね。何よりも歌声が独特でなかなか強烈な個性を持ってます。そのchayさんが最初に歌ったのはユーミンの「12月の雨」のカバーで、ギター鈴木茂、ベース小原礼というレジェンドが並んでました。何よりも注目は、鈴木茂先生があのファイアーバードを持ってたですよ。「あの」というのははっぴいえんどでの名演はもちろん、大瀧詠一氏の「ロングバケーション」の「さらばシベリア鉄道」でも使ってたらしいというあれです。しかも小指にスライドバーをはめたまま通常の演奏とスライドを使い分けるという荒業。なかなかいいものを見せていただきました。

 今回亜美さんが歌ったのは、THE DELTA-WINGに武部聡志氏のオルガンが加わっての「BENGAL BABOO BABE ~It's my turn」、武部氏のピアノで亜美さんがハンドマイクで歌うという凄く珍しいパターンでの「Smile」、chayさんとのデュエットではっぴいえんどの「12月の雨の日」の3曲でした。テレビの音楽番組で「マイピュアレディ」も「オリビアを聴きながら」も「天使のウインク」も歌わなかったというのはこれまた珍しいです。

 トークではシックなチェックに見えてちゃんと豚さんが入ってる衣装に可愛い帽子で決めて、歌ではこれまた黒系の衣装で、今回は大人の女性の可愛さを存分に発揮してました。トークでユーミンの物まねまでちょこっと出たのがポイント高いです(笑)

 今回の放送は12月8日(木)20時~21時に再放送がありますので、フジテレビNEXTを見られる環境の方は是非どうぞ。私は録画したので永久保存版にしようと思ったのですが、番組の途中に例のアーティスト逮捕のニュース速報が入って気分が悪いので、来週あらためて録画します。いや、それにしてもいいもの見せて貰いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎亜美さんとmiwaさんのコラボ

2016年07月18日 22時42分19秒 | 尾崎亜美

 フジテレビでの「FNSうたの夏まつり」という音楽番組に尾崎亜美さんが出演しました。今回はソロではなくシンガーソングライターのmiwaさんとのコラボで「マイピュアレディ」を演奏。

 亜美さんがキーボード、miwaさんがアコギの演奏でしたが、こうやって他のアーティストが歌うのを聞くと結構難しい歌だと認識した次第。それでもmiwaさんは高い声でハモったりなかなか頑張ってました。雰囲気はほんわかして良かったですね。

 まぁ夏まつりとはいえ、どっちかというと春の曲なんですが、その辺はおまつりだからよしとしましょう。なんにしても地上波の全国ネットで亜美さんの歌が聴けるのはありがたいことです。miwaさんは最近しょっちゅうテレビ出てますから、今回のコラボは圧倒的に亜美さんが得した感じでしょうか。存在感とか歌唱力とか。

 それにしても地上波はやっぱ反響が違いますね。音楽番組だと若い人も結構見るようだし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/18FNSうたの夏まつりに尾崎亜美さん出ます

2016年07月17日 22時42分50秒 | 尾崎亜美

 フジテレビの音楽番組で海の日スペシャルとして午前11時から午後11時24分までの11時間生放送。生とはいえ一部事前収録ありだとか。

 番組サイトによるみどころとしては
・48.46グループ・スターダスト・ハロプロの女性アイドル総出演
・ONE PIECE最新主題歌メドレー
・小室哲哉90年代スーパーヒッツメドレー
・AKB・SKE・NMB・HKT・乃木坂・欅坂混成ドリームチームがなんとか
・EXILE・三代目JSB・E-girls・GENERATIONSなどのEXILE TRIBEが大集合
という、普通だったらこれだけで「プチッ」とスイッチを切ってしまうような内容ですが、実は尾崎亜美さんが出ます。

 今回はmiwaさんとのコラボで「マイピュアレディ」を歌うようですが、亜美さんのブログによると出番は午後3時半くらいだそうです。miwaさんのドヤ顔も、今回は亜美さんとの共演ですので許しましょう(?)。亜美さんの歌が地上波で見られるのは貴重です。

 それにしても、EXILEとかAKBグループを出して「スペシャルな」と銘打つテレビ局の神経はどうなってるのやら。日テレの特番もTBSの特番もみんなおんなじなんじゃないの?とか、ジャニーズ系グループも多数出るのに番組サイトの「みどころ」として紹介してないのはヤバイんじゃないの?とか、余計なことをいろいろ考えてしまいます。

 まぁそれはそれとして音楽を楽しみましょう。実は私は仕事で終日炎天下の立ち仕事ですからあとで録画を見ることになりますが…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は原点に戻って

2016年07月12日 23時19分31秒 | 尾崎亜美

 一人「尾崎亜美祭り」は続きます。7月というと、私が36年前に「LITTLE FANTASY」を買って亜美ワールドにはまることになった時期です。ラジオで何曲か聞いたことがあったのですが、アルバム聞いてみて「凄い。これはこの人の曲をもっと聞きたい。」と思い、その2週間ほどあとに今度は「プリズミイ」を買って「これはこれで」と思ったものでした。高校生の分際でどこにそんな金があったのかというと、うちの田舎は7月に夏祭りがあるので親戚が集まった際に貰った小遣いがあったものと思われます。

 ということで、私の亜美ワールドの原点というと「LITTLE FANTASY」なのですが、今日は運転中に「プリズミイ」を聞いてました。あの声、あの歌い方、あのアレンジ、どれもこれも当時聞いて「いいなぁ…」と思った感覚が甦ってきました。

 当時は勉強部屋にラジカセがあったのですが、レコードを聞くには別室のモジュラーステレオのある部屋に行く必要があって、そこに座布団を敷いて扇風機かけながら聞いてたと思います。

 あれから36年、もしタイムマシンがあればそこに戻って高校生の自分に「キミはなかなかいい買い物をしたね」と言ってあげたいです。ずっとファンでいられて幸せです。フッフッフ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎亜美祭りは続く

2016年07月11日 23時43分41秒 | 尾崎亜美

 尾崎亜美さんの40周年ツアーは終わりましたが、お祭りは続けます。いや、車で家でウォーキング中のMP3プレイヤーで聞き続けるという、いわば「一人亜美祭り」ですが…。

 今回のツアーでは中盤にご本人のナレーションに合わせたスライドショーがあって、これまで発表されたアルバムのジャケットが表示されました。今回全部順番に見られたわけですが、自分はどのジャケットが一番好きかと考えたり。

 もちろんジャケットというと単純に写真とかデザインとかいうだけじゃなく、アルバム収録曲のイメージもあり、また買ったときの自分の状況が甦ったりするので見た目だけの問題ではありません。が、考えてみるとCDになってから買ったアルバムはどうしても分が悪いです。そもそも小さいし。

 それはそれとして、まずは上位の発表です。というか、やっぱり「プリズミイ」と「POINTS」のジャケットが好きですね。額に入れて壁に飾っておきたいくらい。ポニーキャニオン時代のアルバムは「10番目のミュー」とか「プラスティックガーデン」とか「Dinner's Ready」とか、ジャケットが亜美さんの写真じゃないのが多くて、それらは当然ポイント低いです。ミーハーですが。

 ちなみに私がレコードで買ったのは「10番目のミュー」までで、「POINTS-2」からはCDになりました。「POINTS-2」はレコードで買ってれば、あのインチキな英字新聞を全部読んでみようとか思ったかも。

 まぁそんなことを考えながら一人亜美祭りは続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎亜美 40th Amii-versary『S-mile』コンサート in 東京初日レポ

2016年07月10日 22時16分48秒 | 尾崎亜美

 昨日は尾崎亜美さんのコンサートに行ってきました。今回は名古屋、大阪と来て東京は2days。東京は両日とも行くというファンも多いでしょうが、私は一発勝負で初日のみ。なんか「明日もある」と思うと集中しないような気がするのは私だけでしょうか。

 考えてみれば初日の方が声の調子はいいだろうし、緊張感を感じられるのも初日でしょう。が、一般的に盛り上がるのは二日目で、さらに演奏の完成度も二日目の方が上でしょう。さらに二日目は翌日のことを考えなくていいので、アンコールが1曲くらい増える可能性もありと。ても、いいもん。楽しかったので。

 さて、今回のバンドのメンバーや会場はチケット写真をご覧ください。(手抜きともいう) 私はファンクラブ会員予約ですので、3列目のほぼ中央という良い席でした。開演近くなって妙にドスの聞いたアナウンスが流れてきたと思ったら、これが渡辺謙さんの声。お友達なんですね。写真撮影禁止とかそういう注意事項を重厚になおかつお茶目にお話しされてました。

 開演は10分ほど遅れましたが、SmileのメロディーをBGMに亜美さんが登場。ステージ前に出てきてグルリと衣装を見せてくれたあとでグランドピアノの前に座り、「冥想」の弾き語りでコンサートがスタート。(まぁ「Smileヴァージョン」と申しましょうか) 以下セットリストは下記を参照下さい。

1.冥想
2.マイピュアレディ
3.Angela
4.純情
5.あなたの空を翔びたい
6.伝説の少女
7.オリビアを聴きながら
8.私がいる
9.時を渡る魔法
10.Vanilla
11.真水の涙
12.名も無い歌でいい(with 小坂忠)
13.What a Wonderful World(with 小坂忠)
14.Angel Eyes
15.1秒だけの奇蹟
16.音符の翼
17.Smile

<アンコール>
天使のウインク
Prism Train
スープ

 今回は「純情」とか「Vanilla」で、ハンドマイクでステージの前まで出てきてくれました。40周年なので歌う曲の候補は数多かったと思うのですが、「純情」が聞けて嬉しかったです。大好きな曲なので。

 まずはオリビアまでがこれまでの代表曲のオンパレードで、その後一旦メンバーが舞台袖に引っ込んでからスクリーンが降りてきてスライドショーの開始。子供の頃の写真から高校生の頃、デビュー曲のジャケットなどが出てきたあと、これまでに発表したアルバムのジャケットが順番に出てきました。アルバムジャケットが全部出たというのは凄く嬉しかったです。もちろん私は全部持ってますが(笑)、これを見て「あ〜あのアルバム、CD出てるなら欲し〜い」と思う人が多数出てくることを祈ってます。

 「私がいる」以降は最新アルバム「S-mile」からの曲の構成になり、MCではそれぞれの曲についてのエピソードが。石嶺聡子さんに初めてあったときの事だとか、平原綾香さんに提供した曲のことだとか。

 そして、ゲストとしてアルバムでもデュエットしていたレジェンドの小坂忠氏も登場。忠さんはデビュー50周年だそうですが、なんとみずみずしいヴォーカルでしょう。アルバムで聞いたそのままの声が聞けました。

 本編ラストの「Smile」の前には亜美さんがこのアルバムへの思いを語ってくれて、さらにサビのメロディーの歌唱指導(?)があり、会場全体での合唱となりました。これはこういうコンサートでないと体験できないことですのでいい記念になりました。一体感持てて嬉しかったです。

 なお、ギターオタクとしてとしては注目は鈴木茂さんのギター。前半とかアンコールではハムバッカーのついたストラトを持ってたのですが、「名も無い歌でいい」で持ったのはなんとファイアーバード。これははっぴいえんどでも数々の名演が既にレジェンドとなっているあのファイアーバードでしょうか。(形は同じでしたが) とにかくいいものを見せて貰いました。もう一人のギターの是永さんは、亜美さんとの共演の機会も多いし今回もいい音を聞かせてくれました。アンプが見たことないところのだったので機種はわからずでしたが、あれはどこのでしょう。

 今回はハードな曲はバンドの音がでかくて、特に「音符の翼」の時は相当な音量。亜美さんも負けじと歌ってましたが、翌日もライブを控えててあんなに思いっきり歌って喉は大丈夫だろうかと心配してしまったくらい。そこはそれ、シンガーはステージで乗ってくると抑制するなんてことはできないんでしょうね。目の前のお客さんが乗ってるわけですし。

 「Smile」で本編が終了したあとはアンコールでまたメンバーが登場し、定番の「天使のウインク」~「Prism Train」で会場はスタンディングで大盛り上がり。最後の「スープ」のキーボードでの弾き語りで歌は終了。最後にまたスクリーンが降りてきてメンバーのクレジットと亜美さんからメッセージが表示されて全編終了でした。

 実は亜美さんのソロのコンサートを見たのは2012年の「soup」以来だったので、約4年ぶり。仕事の都合と家庭の事情が重なって、歐林洞のライブなんぞはチケットは取ったものの当日行けず、非常に悔しい思いをしてました。そんなこんなを思いっきり発散できた日でした。まずは亜美さん及び関係者の皆様にこの場でお礼を申し上げます。そして当日会場で一緒に盛り上がれた方々はお疲れさまでした。音も良く曲も良く場内の雰囲気も良くいいコンサートでした。

 思えば1980年7月に「LITTLE FANTASY」というアルバムを買って、「この人の曲を全部聴いてみたい」と思いファンになり、あれから36年。ずっと亜美さんのファンでいて良かったと思える日でした。私は幸せ者です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎亜美 40th Amii-versary『S-mile』コンサート

2016年07月09日 23時37分21秒 | 尾崎亜美

 本日は渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールでの「尾崎亜美 40th Amii-versary『S-mile』コンサート」に行ってきました。主に仕事の都合と、プラスして家庭の事情があって、都内でのホールコンサートに参加したのは約4年ぶり。ということは、35周年記念の「soupコンサート」以来。

 ほぼ禁断症状が出てたような状況だったので、今日は本当に楽しめました。亜美さんのコンディションも良さそうだったしバンドのメンバーも超一流で音も良かったし、言うことありません。感無量です。

 で、明日もありますのでセットリストは明日以降のアップということで。いや、それにしてもいいもの見せて貰いました。亜美さん及び関係者の方に感謝です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠足前夜の気分で

2016年07月08日 23時52分07秒 | 尾崎亜美

 明日9日は何があるかというと尾崎亜美 40th Amii-versary『S-mile』コンサートの日です。今回の東京公演はババンと2daysなのですが、私は初日の方。盛り上がるのは日曜なのかもしれませんが、そこは確実に初日を押さえたと。

 ほとんど遠足前夜の気分なのですが、ちゃんと寝られるかなぁ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜の夜に2時間まるまる尾崎亜美三昧

2016年07月04日 23時02分56秒 | 尾崎亜美

 昨夜のFMおだわら23時からの「歌謡選抜」と、続いて0時からの「ファムラジオ」は尾崎亜美さんの特集でした。それも「歌謡選抜」が亜美さんの他のアーティストへの提供曲特集で、「ファムラジオ」はご本人が登場してニューアルバム「S-mile」の曲やあれやこれや。

 提供曲では、定番とも言える「伝説の少女」「天使のウインク」「春の予感」「パステルラブ」「オリビアを聴きながら」があって、その他では伊代ちゃんは「時に愛は」じゃなくて「恋のKnow-how」だったり、あとは原田知世の「もう妖精じゃない」があったりで、盛りだくさん。

 後半は後半で、パーソナリティーの方が亜美さんのファンというのがよくわかって、濃い話がいろいろ聞けました。パーソナリティーの方のリクエストで「21世紀のシンデレラ」とか「恋するマリンパーク」がかかったり、最後は「夏の幻影」だったのでその濃さがわかろうというもの。

 この番組のおかげで、気分が塞ぎがちの日曜の夜が楽しいひとときとなりました。去年から日曜の夜は早寝してるので、歌謡選抜自体聞かなくなってたのに深夜1時までもつだろうかと思ってたのですが、どうせ暑くて寝られないと思って聞いてるうちになんだか楽しくなったのでした。

 とにかく番組制作の関係者と亜美さんに感謝です。ちなみに10日(日)の夜に再放送あります。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

特集 尾崎亜美

2016年07月02日 18時38分22秒 | 尾崎亜美

 MUSICSHELFというサイトがあるのですが、今年デビュー40周年を迎えた尾崎亜美さんの特集が組まれています。面白いのはインタビューは文字で読めて、尾崎亜美特集のFMラジオ番組とも繋がっているところ。ラジオ番組はもちろんその時間にアクセスせねば聞けませんが、全国で聞けるサイマルラジオから聞けるので電波の問題はありません。

 まずはインタビューですが、たっぷりしたボリュームで40周年アルバム「S-mile~40th Amii-versary~」の話を中心に、それこそデビュー当時の話から他のアーティストやアイドルに提供した曲の話まで盛りだくさん。初めてデュエット曲に挑戦したセカンドアルバムの話もあって、本当に読み応えあります。

 ラジオ番組の方は初回放送が明日3日(日)の夜11時からですが、最初の1時間が「ラジオ歌謡選抜」で亜美さんの他の歌手への提供曲を特集、その後12時からは「FEMME(ファムラジオ)」で「アーティスト特集:尾崎亜美」です。嬉しいことに、これは3日の放送の翌週10日にも再放送があります。

 関心のある方はまずはインタビュー記事からどうぞ。サイトは以下のところです。ニューアルバムを引っ提げてのコンサートも始まるので盛り上がってますね。

http://musicshelf.jp/pickup/id21120/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた尾崎亜美続きで

2016年06月22日 23時15分20秒 | 尾崎亜美

 BSプレミアムの音楽番組「Covers」、今週月曜は最近の傑作選でした。で、平原綾香の「オリビアを聴きながら」、Puffyの「天使のウインク」で、また画面には「作詞・作曲 尾崎亜美」の文字が。

 何度見ても快感です。あとはご本人がこの番組にゲストで出ることを願ってますが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加