今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

「ぼくのプルー」について考える

2006年01月31日 20時20分45秒 | 音楽一般
 私は「ぼくのプルー」(以下「ぼくの」)と「小犬のプルー」(以下「小犬の」)が同じ曲だと勘違いしてたのですが、先日ここでネタにしたときに指摘を受けて「ぼくの」が「小犬」の続編だと知りました。「そういえばそうだったかも」と思ったものの「ぼくの」の音源は持っておらず、仕方ないので週末に図書館へ探しに行きました。(この辺が凝り性だと言われる所以でしょうが)

 陳列してある「みんなのうた」のCD数種類を見ましたが、残念ながら収録されているものはなし。それでもあちこち探した結果、「ぼくの」が収録されていた古いミュージックテープを発見。早速借りてきて聞いてみたら、離れ離れになった少年とプルーの新たなストーリーが歌われているわけではなく、少年とプルーが過ごした短い夏の思い出が歌われているだけでした。が、ここで疑問が一つ。

 元ネタである「小犬の」の泣かせどころは「お前の体に吹きつける 冷たい風が気がかりで 眠れぬ夜もあったのさ」というもの。が、「季節が夏なのになんで風が冷たいの?」と思った次第です。

 で、元ネタの歌詞をよく読むと、少年とプルーが出会ったのは「夏の終わりの北の町」とのこと。「北の町」というところがポイントですが、日本において歌の舞台になる北の町とは札幌のことです。間違いありません。

 で、「夏の終わり」ということでありますが、北国の短い夏は8月で終わります。多分。で、8月の札幌の最低気温はというとここ数年の平均では18.5度。これが9月だったとしても13.6度ですが、9月中旬は完全に秋ですので、どう見積もっても16~7度はあるわけです。

 夜中であっても気温17度であれば「冷たい風」と言えるでしょうか? おまけに、プルーは犬ですから毛皮を着てるわけで、この事が心配で眠れぬ夜もあったという少年は被害妄想ということになります。

 どうですか、みなさん。名曲といわれていながらこの矛盾。このような曲はもうテレビで放送してはいけません。NHKに投書せねば!

 なお、「悲しい曲聞くとうるうるするからって、そんなに絡まんでも」という批判は受け付けません。それにしても、誰かハッピーエンドの続編を作ってもらえんでしょうか? それか、実はプルーが宇宙から来た侵略者であって、ある日突然巨大化して暴れ回るというストーリーでもいいです。そっちの方がいいかな?(勝手にしろって)


(ココログから移植しました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミカバンドですと

2006年01月30日 23時53分44秒 | 日記

 サディスティックミカバンドが、木村カエラをボーカルに迎えて再結成ですと。なんかのCMの企画らしいですね。今朝のめざましテレビでニュースになってましたが、高橋幸宏、高中正義、小原礼、加藤和彦の姿は確認できました。小原氏は「尾崎亜美さんのご主人」という紹介まで入って。



 それにしても、ボーカルがミカじゃないならミカバンドじゃないじゃんと思うのですが、89年にも桐島かれんでやってるんですね。そんときゃ全然関心なかったのですが、今回は面白そう。ただし、木村カエラにはまったく興味ありません。どっちかというと嫌いな方。おぢさま達の演奏が見たいです。



 「タイムマシンにお願い」がヒットした当時、私は小学生でした。「サディスティック」という言葉が不思議な響きでした。丁度その頃「NSP」もいたので「なんか世の中ではサディスティックという言葉が流行ってるのか?」と思ったものです。



 ただ、当時の小中学生の間では「NSP」が何の略か知らない人も多かったようです。「納豆・そら豆・ピーナッツ」だという者もあり、「なんと・素敵な・プロみたい」という者もあり。ラジオでムッシュかまやつ氏が「ヌード・ストリップ・ポルノ」だと言ってて、私はそれを信じてました。



 ところで、3年程前に実家に帰った際、母の車のカーステにニューミュージック関係のCDを1枚置いてきました。母は今でもそれを聞いてるようですが、私のいとこの子供(幼稚園児・♀)が車に乗った際に「今のもう一回聞かせて!」とすっかり気に入ってしまった曲があったとか。なんの曲かというと、NSPの「夕暮れ時はさびしそう」だそうです。そういう意味で、天野氏も相当センスあったのでしょうが惜しい人をなくしたもんです。あ、すっかり出だしと内容変わってるわ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さらなる環境向上のために

2006年01月29日 20時24分53秒 | 日記
 MDがまともに録音できるようになって嬉しいのですが、あと1週間で新車が来るのでそれも楽しみと。今度はDVDナビ付きなのですが、どうせ運転中は見られないしあんな小さい画面で映画見てもつまんないし、埼玉県はアイドリングストップ条例がありますし駐車中に見るのも気がひけるし、ということでやはり音楽環境を中心に考えたいと。

 カタログによると、ナビのオーディオはCD-Rにも対応してます。今の車はCD-Rを入れたら出てこなくなって、ディーラーに行ったら「絶対にCD-Rは入れないで下さい!」と言われました。おまけに工賃も取られたし。

 で、なおかつ今度のはMP3対応ですって。これって普通のデータディスクにMP3ファイル入れたら演奏できるって事でよいのでしょうか? 一応それに備えて、亜美師匠のCDを作ってみました。700MBにアルバムを1枚目から順に入れていったら、アルバム15枚分入りました。おまけに、その間に発売されたアルバム未収録曲の「マイピュアレディ」とかそのB面とか、未CD化の「My Shiny Town」とかも入ったし。

 しかし、今日はその作業中になぜかWinCDRがストライキを起こして「レーザー出力の調整に失敗しました。」とかいうですよ。仕方ないので、ノートPCにインストールされてた「Record Now!」というソフトを使って事なきを得ましたが、実際は結構手間取りました。

 まぁそうやってCDに大量に詰め込んで持ち出せば、今の車に積んであるMD30枚ほどがいらなくなるので、自宅でのFM留守録用にたっぷり使えると。さて、実際はどうなることやら。

 なお、これまで使ってた問題のMDラジカセは子供部屋に置く事にしました。子供部屋の環境もちょっとは改善と。考えれば、私も子供の頃に部屋で自分の好きな音楽聞いてたなぁと思い出しました。娘2号(小4)は、2年位前まではアニメの主題歌ばっかり聞いてましたが、最近のアニメ(コナン君とか犬夜叉とかブラックジャックとか)は、普通のJ-POPが主題歌になってるケースも多いので、結果的にヒットチャートの曲を聞いてるような感じです。

 今のところ好きな曲はあっても特別に好きなアーティストはいないようですが、今後どういう風に嗜好が向いていくのかが楽しみです。なお、私は今日は図書館で「タツノコプロ大全集」というCDを借りてきました。CD3枚組ですが、タイトルを見ると「おらぁグズラだど」とか「カバトット」とか「紅三四郎」とか結構懐かしいのが並んでます。昔のアニメの主題歌は、そのままアニメの内容を元にしてるのでわかりやすいです。

 今回歌詞カードを眺めてたら結構発見が多くて、グズラの歌は私の記憶では谷啓のヴァージョンがあったはずですが、今回は大平透ヴァージョンでした。これがちょっと残念。あとは「紅三四郎」の後期の主題歌は堀江美都子だったと知りました。それと、そのエンディングテーマは嶋崎由理でした。彼女は「ハクション大魔王」も「みなしごハッチ」も歌ってたんですね。堀江美都子がいろいろ歌ってるのは知ってましたが、嶋崎由理がこんなにいろいろ歌ってたとは。

 それと「いなかっぺ大将」なんて、主題歌もエンディングテーマも作詞が石本美由紀で作曲が市川昭介ですよ。結構金かかってます。天童よしみは当時どれくらいのギャラだったかは知りませんが。それと、戦記ものアニメの「決断」のテーマ曲なんて30数年ぶりに聞きました。全般を通しての感想は「堀江美都子はやはり偉大だ」とあらためて認識したこと。

 どの曲もアレンジが結構凝ってて楽しいので、当時の音楽家たちが「いかに子供の興味をひきつけるか」ということに苦心してたのは想像に難くありません。シングルヒット狙ってたわけではないでしょうし、いい時代でしたね。ただし、車でこういうのを聞いてるとパーキングで駐車券取る時に窓開けて「カバとトットはなかよし~こよし~」というのが大音響で外に漏れたりするので注意せねばなりません。

 ところで、「ニュースでライブドア問題ばっかり取り上げすぎじゃないの?」という声もあります。実体の怪しい会社の社長をやたらと持ち上げて株価上昇に一役買ったことに対して、マスコミ自体が自戒を込めてライブドアの実体を伝える使命を感じて…という事なら理解もできますが、そういうわけでもなさそう。結局世間の興味を引こうとしてるんでしょうね。

 そういう意味で先日の「朝まで生テレビ」は面白かったです。菅直人が暴走してましたが、「マスコミが世間に与える影響が大きい」というのはおっしゃる通り。IT関係の人たちは「テレビ見てるよりblog読んでる方が面白い」というのに対して、樋口恵子が「私らくらいの年代の者はインターネットついていけませんもん」と言ってたのも頷けます。

 そもそも、「パソコンが壊れちゃった」とか「ウイルスにやられて調子悪いからしばらくパソコン使ってない」という人は身近にいっぱい知ってますが、「テレビ壊れたので何日も見てない」という人はいませんから。そういう意味で、テレビよりインターネットの方が影響力が大きいと勘違いしてる人は考えを改めるべし。

 テレビ番組の制作側では「ほりえもんに一種の疑念は持ってた」と言ったとしても、テレビにバンバン出てる人が裏で悪い事してるなんて思わないでしょうしね。その辺の影響力をもっと認識しておいてほしいと思う次第です。

(ココログから移植しました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大幅に生活改善か?

2006年01月28日 22時42分49秒 | 日記

 我が家のMDラジカセは、5年前にとあるところで景品でもらったC社の物。これが正常に動作してたのは最初の数ヶ月。その後、再生には問題ないものの録音が問題だらけ。CDは勝手に早送りして録音するし、ラジオの留守録では電源入ったとたんにMDをベ~っと吐き出すし、最近では1曲録音するたびにメカエラーが頻発。おかげで、子供が借りてきたCDシングルを録音できずに返すことも何度か。



 なので「MDラジカセを買うのだ!」と思い立って某家電量販店に行きました。最初はMDラジカセのコーナーを見ていたのですが、同じ2万数千円でMDミニコンポも陳列されており、検討した結果そちらにすることにしました。



 今回はFMラジオのタイマー録音も視野に入れておりますが、マンションの場合は内蔵アンテナだと感度に問題があるので、外部アンテナ端子があるところがポイントです。なおかつ、長年使っているオーディオアンプが接触不良で片チャンネルだけ音が消えることがしばしばですので、その代わりにもしようかと思いまして。



 ということで、ビデオやDVDも音が出せるように外部入力端子のある機種にして、スピーカーは現在のONKYOの物をそのまま使うと。ま、そうすると新品のスピーカーがあまってしまうのですが、売り飛ばすことにでもしましょうか。



 早速持ち帰って接続し各種設定開始。FMアンテナはにっこり笑ってテレビの同軸ケーブルを繋いだところ感度良好。録音するに堪える局は、NHK-FM、Nack5、TOKYOFM、J-WAVEなど。bayfmとかFMヨコハマはダメでした。AMはまだ繋いでないのでわかりませんが、こちらは期待してません。



 子供はさっそくCDを録音して「おお、ちゃんと録音できる!」と喜んでおりますが、これで喜ぶということ自体おかしいような。ただ、これからは4倍速録音が可能なのでかなり快適。MDLPもありなので、FMミュージックプラザも全部録音できるしかなり嬉しいです。最近電化製品ばっかり買ってるので家計は苦しいのですが、まぁオーディオアンプ買い換えなくてもよくなったのでよしとしましょう。さぁバリバリとFM録音するぞぉ~。Nack5の坂崎幸之助の番組もJ-POPスクールだかなんかのコーナーがすごく充実してるんですよね。



 今年は亜美さんがデビュー30周年の年でもありますし、FMにゲストで出る機会も多いことでしょう。という期待も込めての対応ですが。



 ところで、今週は久しぶりに夜ヒットの再放送見ましたが、榊原郁恵の「微笑日記」は結構好きです。あとはもう一つの目当ての石川ひとみさんがよかったですね。曲は「あざやかな微笑」で、私はこれはシングル盤持ってます。(なんか微笑つながりですね) なお、B面の「らぶ・とりーとめんと」という曲はライブで聴くとすごく良いです。そういえば、キャンパスライブはCD買ってないなぁ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電車も家もありがたい

2006年01月27日 23時58分00秒 | 日記

 今日は急遽事務所の飲み会となりました。というのも、若手社員が資格試験に合格したのでそのお祝いということで。ただし、顔ぶれはいつもと同じで男ばっかり6人。会議の日に昼飯食いに行く面子と同じなわけで、特に新しい話題はありません。大体新入社員への説教が中心となるわけで、私が望むような「今後のイスラエル-パレスチナ情勢」とか「日本の株価はどうなるか?」とか「小泉総理の靖国参拝は是か非か」とか「芋焼酎と麦焼酎はどちらがうまいか」とか「石原さとみと綾瀬はるかはどちらが可愛いか」とか、そういう話題は皆無なわけです。



 で、飲み会が急遽決まった上に外回りの人たちが集まるわけですから、宴会の開始は21時。入ったときには混雑していた店も段々とすいてきて、気がついたときには12時過ぎ。駅までは徒歩10分かかり、最終電車は12時25分ということで、お開きになってから弾よりも早く駅まで疾走しました。



 果たして駅まで無事に到着しましたが、「JR線接続の関係で5分ほど遅れて到着いたします」ですと。とはいえ電車で2駅でありながら、タクシーで帰れば3500円かかり、歩いて帰れば2時間以上かかるということで、電車で帰れるのならこんなにいいことはありません。



 もちろんblogの日付は巻き戻しておりますが、家に帰って風呂入ってから朝生が見られるというのは喜ぶべきであると思います。これが夏場なら歩いて帰るのも悪くないんですけどね。今日は夜道が寒いので、我が家の明かりが見えた時に本当に「ほっ」としたのでした。もっと寒い地方に人たちには「甘い!」と言われそうですが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトといえば

2006年01月26日 23時05分41秒 | 日記

 ここ最近、なんかラジオでもテレビでもモーツァルトの名前をよく聞きます。私のイメージとしては映画「アマデウス」がすべてですが、モーツァルトをはじめクラシックの曲はよく知りません。何枚か持ってる彼のCDを聞いた感じでは「結構チャラチャラしてる」と思いましたが、これは映画のキャラクターのせいだけではないような気がします。「きらびやかな旋律」とでもいえば聞こえはよいかもしれませんが。



 ただ、大好きなのが1曲ありまして「2台のピアノのための協奏曲」というもの。この曲は、20年位前にチックコリアとキースジャレットの共演という豪華な顔ぶれの来日公演があり、そのドキュメント番組を見て気に入りました。その時は早速CDを探しに行ったのですが、この二人での演奏ではCD化されてなかった様子。(今は知りませんが) 結局、チックコリアとどっかのおぢさん(って失礼?)が演奏しているものを買いました。今でも大好きな曲です。



 ちなみに、クラシックの曲で一番好きなのはヴィヴァルディの「四季」というミーハーな人間ですので、この辺詳しく語るのは避けます。そういえば、ショパンの「別れの曲」も好きですけど。(←それがミーハーやっちゅうねん)



 ところで、映画「アマデウス」を見たのは京都の映画館でしたが、そんときゃ「インドへの道」との二本立て。それぞれ158分、163分という大作でした。最後まで座ってるのは、結構尻がきつかったです。これ以外にもきつかった経験はというと、新聞屋からもらったタダ券で見た「北の蛍」と「天国の駅」の二本立て。こちらは精神的にきついという感じでしたが。



 そういえば、モーツァルトとかベートーヴェンとかヴィヴァルディとかいうのもタイピング練習に使えそうですね。どうですか、家族の皆さん。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これはついてるのか、ついてないのか

2006年01月25日 22時41分29秒 | 日記

 昨日のこと。車のシガーソケットから携帯の充電をするケーブルが壊れたので、嵐山のホームセンターへ。しかし、折り悪く店じまいセール中。それもあと5日で閉店という事で、売り場の棚はスカスカ。カー用品売り場なんて売れ残った芳香剤ばっかりでした。



 電装小物というと車内のライトがちょこっとあるくらい。「ついてないなぁ」と帰ろうとしたら、入り口のところで「ビジネスバッグ1000円均一」のワゴンセールが。仕事用のカバンは間に合ってるのですが、バンドの練習に行く時に持って行くカバンが欲しかったので探してみたら、丁度目指しているような物がありました。



 現在は妻のトートバッグを借りて持って行ってるのですが、ちょっと大き過ぎる上に借りっぱなしなのも申し訳ないと。ちなみに入れるものはというと、マルチエフェクター1台とそのコントロールペダル、ポータブルMDレコーダーと外付け電池ボックスと録音用マイク、MP3プレーヤーとヘッドフォン、メフェナム酸カプセル、タオル1枚、ポケットティッシュ、ペットボトル飲料1本、文庫本1冊など。



 で、今回購入したのはビジネスバッグのようなトートバッグのような。本体はほとんどトートバッグなのですが、ショルダーベルトがビジネスバッグ風。妙な代物ですが、練習の時に仕事用のカバンのような物を持つのも気が引けるので、形といい大きさといい価格といいまずは満足。「わーい、ついてるなぁ」と思って店を出たのでした。



 ところで、エフェクターを持ち歩くのにごっついケースを持ってる人も多いというかそれが一般的なのですが、私はどうも好きになれません。というのも、行き帰りが電車なのでケースの角で他人に危害を及ぼすのがどうも気になって。手に下げて歩いてると、ちょうどお子ちゃまの顔くらいの高さですものね。ま、本体保護だとごっついケースの方がいいのでしょうが。



 なお、ギグバッグの方にはギターと譜面を入れたファイルとピックや工具が入った小物入れとスペアの弦とシールド2本とストラップと弦の潤滑スプレーとギター拭く布が1枚とボールペンが入ってます。こうやって書いてみると結構いろんなもの入ってますね。



 なので、これらを持ち歩かなくていいようにするには?と考えたのですが、答えは簡単。自宅にスタジオ作っちゃって、そこにメンバー集めて練習すればいいというわけです。ただし、そうなると神奈川方面のメンバーの人の移動が大変なので、ついでにスタジオ内に宿泊施設も作っちゃえばいいと。いくらあればできますでしょうか? 早く宝くじ当てなくちゃ。それとも、ライブドア株でも買って一山当てるか。(って言って、住んでるのはマンションなのにどこに作るんだ?)



 で、ライブドアというと、堀江氏が六本木ヒルズから引っ越した(?)拘置所内部の様子ですが、故中島らも先生の「牢屋でやせるダイエット」に結構詳しく書いてあります。らも先生の逮捕されたのも真冬だったのですが、一応敷布団、掛け布団、毛布3枚が貸してもらえるらしいです。しかし、独居房には暖房がないので気温は4度。1日目はガタガタ震えたまま一睡もできなかったとか。今も寒いでしょうね。



 ということで、興味のある方はこの本をダイエットの参考にどうぞ。(参考になるのか?)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のお題

2006年01月24日 20時25分48秒 | 日記
 うちの家族が急にタイピング技術向上に燃えて、私が作った練習問題を一生懸命やってました。ようするにblogを書いてても、打ちにくい言葉があるとそこで入力がつっかえてしまって、すごくストレスがたまるのだとか。なので、思いついた文章をスイスイ打ち込めるようになりたいと、まぁそういうわけです。

 ということで、新しい練習問題を作りました。今回はここで公開しますのでやってみたまえ>家族の皆さん

<カタカナの部>
1.ファイティングティーショット
2.チャイニーズヴィレッジ
3.ファッショナブルウォーキング
4.ウォッシャブルジャケット
5.ジャイアントアンジャッシュ
6.ツァイスニューファインダー
7.ファンタスティックセンセーション
8.ファイナルヴァイナル
9.フェイントショット
10.スペシャルチューインガム

<日本語の部>
1.客観的食糧事情
2.東京特許許可局主任調査員
3.生麦生米生卵
4.調査状況詳細自粛
5.北九州総合技術研究所
6.東京証券取引所副所長
7.西日暮里小学校出張授業
8.熱狂的昆虫採集
9.糖尿病治療用注射
10.赤巻紙青巻紙縦列駐車

 それにしても、意地が悪いですね。入力しづらくするために「ありえんなぁ」という言葉まで作ってしまって。それと、口で言いにくい言葉はタイプでもやりにくいような気がします。なお、私の場合は「特打」にチャレンジすると、大体2級程度。たまに1級に到達するというくらいで、タイピングは得意な方です。

 ところで、私は普段ローマ字入力をしてますが、世間一般の人はどんなもんでしょう? 10年以上前にタイピングが速くなりたいと思っていろいろ研究したのですが、富士通のオアシスで採用されてた親指シフトが一番速く打てるとか言われてました。たしかに、英文タイプライターの配列をそのまま利用したローマ字入力が日本語に適しているかというと疑問に思います。

 そもそも一番不器用な左手の小指が「a」の文字ですものね。右手の中指をもっと活用できる配列なら、とか思いますが。ま、私の場合は学生時代に部室にあった英文タイプの教則本を見てタイプライターを始めたので、タイプには結構こだわります。商業英語研究会の出身ですので。

 しかし、携帯メール全盛の時代にあって「PCのタイピングが速い」ということは重視されなくなってくるのかもしれません。ごく初期のワープロにあった50音配列のキーボードに逆戻りしてるような気がして。

 また、うちの事務所の新人などは「パソコンが苦手で…」なんて言いますが、私らなんて入社したときには事務所にパソコンそのものがありませんでした。入社5年目くらいにようやく初代98ノートを使わせてもらえるようになったのですが、それを考えると新人が今から真面目に取り組めば来年の今頃には「パソコン大得意!」ってな感じにもなりそうですけどね。

 さて、世間は今日の武部幹事長の発言に注目している様子。ほりえもんを「息子です!弟です!」と言った事について、「私はどの若者に対しても息子だと思って接している」ですと。きっと宮崎勤も姉歯も小嶋社長も息子なんですね。お願いですから、私だけは息子と思わないで下さい。

 それにしても「責任は?」と聞かれて「どう責任をとればいいと言うんですか!」と逆ギレしたのは立派。そりゃ粉飾決算なんてのはあの当時はわからなかったのでしょうが、株式分割のカラクリとか時間外取引の問題とか強引な買収劇とかいろいろあったのに、「自民党の大物代議士が応援するんなら大丈夫だろう」と思わせた事は責任があるのでは?

 「これでライブドア株はますます上がるはず」と思って株買った人はいるだろうし、転職してライブドアに就職してしまった人もいるかもしれません。その辺の影響を考えませんとね。前にも書きましたが、私が堀江氏に対して持ってた一番のイメージは「抜け駆け」という事であって、そういう人を政治家にしちゃいけません。政治家たるもの、自分の事より国や国民を思いやるようでなければ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えらいもん見たという気が

2006年01月23日 20時27分19秒 | TV番組レビュー
 昨日の「いつみても波瀾万丈」のゲストはバイオリニストの高嶋ちさ子さん。これまでたまに見かける程度だったので「美人だしバイオリンも上手いし上品そうだしすげぇなぁ」と思ってました。が、昨日の番組見たら「えらいもん見ちゃったなぁ」という感じ。

 「あんなにキレイなのに結構塩辛声なのね」と思ってたのですが、なんとこれが子供の頃に声帯を潰してしまったせいだとか。それもケンカの時に「バカヤローコノヤロー」と叫びすぎたために声が枯れ、医者に行ったら「声帯が潰れてるので3ヶ月くらい大きな声を出さないように」と言われたのに、その声でもんたよしのりとか世良公則なんかの物真似をしたら結構いけてたので調子に乗ってたら元に戻らなくなったとか。

 とにかく幼稚園の頃から初対面の相手はまず殴り、手向かってくる奴とはケンカ、おとなしい奴は子分扱いという性格だったとか。おまけに、気に食わない奴には、家の窓から腐った柿とかミカンとか投げ込んでやってたとか。

 ただ、まぁそれについては「ダウン症の姉をいじめた奴の話を聞くと、兄と一緒に仕返しに行った」のだそうですから、一応正義感があるといえばそうなのですが。そんなこんなで、あんなに獰猛というか凶暴というかそういう人だとは思いませんでした。ま、だからといってゲージツ家としてどうのこうのいうつもりはありませんが。とにかくびっくりしたというわけです。

 えらいもんを見たというと、先週金曜日のNHK「ほっとモーニング」。ゲストは寺内タケシ氏でしたが、「ギターは弾かなきゃ音が出ない」というのは名言です。「グダグダ能書きばっかり垂れてないで、まずはやってみな」という事ですが、あの人はもう67歳ですって。


 私もあと25年経ってもギンギンにギター弾いていられそうな気がしました。それにしても、左手の指先のタコは圧巻。「才能という言葉で片付けるのは、大人の言い訳だよ」とのことです。私も練習しようっと。


 今日のほりえもん逮捕のにゅーすはそれほどびっくりしなかったですが、どうせなら大混乱が見たいので、「あの時近鉄とかフジテレビを買収していれば今頃どんな騒ぎだっただろう?」と思うと残念だったり。それにしても、さんざんほりえもんを見下してたナベツネが一番正しかったみたいな話になるのは癪に障りますね。それにしても、脇が甘いこと。

(ココログから移植しました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンディの夢とかみんなのうたとか

2006年01月22日 22時47分34秒 | 尾崎亜美

 「キャンディの夢」という曲をご存知でしょうか? NHK「みんなのうた」で1979年頃に発表された尾崎亜美さんの曲です。簡単にテーマを説明すると、「不治の病に冒されていると思われる少女を励ます少年の思い」という事になりますでしょうか。

 番組では人気があったにもかかわらず、亜美さんのアルバムに収録されることはなく、みんなのうたのベスト曲集のCDに収録された事があるものの本人歌唱ではありませんでした。近年になってようやく「みんなのうたのDVD-BOX」に放送当時のアニメーションとともに収録され、なんとか陽の目を見るに至ったのですが、なんといっても数万円もするBOXでは入手が容易ではありません。

 が、なんとこのたび尾崎亜美さんのデビュー30周年記念アルバム「三重マル」に収録されることになりました。最近のファンクラブ会報でのメッセージによると「病弱だった自分の想い出とかぶさり過ぎて、ちょっと自分のアルバムに入れるのをためらってた」という事だそうです。今回は30周年記念アルバムということで急に思い立ったそうですが、亜美さんのファンにもみんなのうたのファンにも嬉しい贈り物かも。

 なお、今回は新録音ですので「みんなのうた」のヴァージョンとは違います。あしからず。なおかつこの曲は、みんなのうたで発表される前に「FM今様小町」というNHK-FMの新年特番でも歌われましたが、その時は歌詞も違ってもうちょっと軽い感じの曲でした。もともとこの曲を知ってた人が聞くもよし、まったくの新曲として聞く人がいればそれもよし。ウダウダ説明を書きましたが、みなさん期待して発売を待ちましょう~。

 ところで、「みんなのうた」については非公式サイトを見つけたのですが物凄く資料が充実してます。「そういえばそんな曲もありましたね」というのを思い出しました。上記のDVD-BOXは、私は第4集と第5集のみ所有しておりますが、その中で好きなのは「算数チャチャチャ/ペギー葉山」「赤い花白い花/ビッキーズ」「トレロカモミロ」などなど。(ちなみに、本来BOXセットのバラ売りはしておりませんので、もちろん中古です)

 あとは「展覧会で逢った女の子」とか「コラソンDEデート」とか、軽い感じで妙な曲も印象に残ってます。うちの娘(2号)などはDVD見てても「勇気一つを友にして」が出てくるとすぐにスキップしてしまうので、なぜかと思ったら「タイトルの割には悲しい曲だから」ですと。

 BOXセットには入っておりませんが、太田裕美さんの「あじさい」という曲もあったはずと思ったら、上記のサイトでちゃんと確認できました。なんとも言えないはかない雰囲気の溢れる曲でしたが、三枝成章さんの曲だったのですね。静かな曲の割には間奏のギターの音がやたらと歪んでたという記憶がありますが、この曲はCD化されてない様子。残念。

 上記のサイトは結構便利で、「小犬のプルー」という曲は私の持ってるDVDでは本田路津子さんの歌唱なのですが、記憶によると岩崎宏美さんじゃなかったかな~?と思ったら、ちゃんとそちらのバージョンがあった事も確認できました。

 それにしても、私は結構みんなのうたを見てた方だと思ってたのですが、なぜか「キャンディの夢」は記憶にありませんでした。前述のサイトでの放送時期を見ると多分見てたはずなのですが、どうしてかしらん???

 ところで、今朝起きてきたら娘1号がニヤニヤしながら「お父さん、ごめんなさい」と言うので何かと思ったら「『海の仙人』読んじゃった」ですと。ムカッ! ワシが買ったのに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

80分の男

2006年01月21日 20時33分15秒 | 映画
 映画「博士の愛した数式」を見てきました。お供は妻と娘2号。(実際には見たがったのは2人で私がお供ですが) 公開初日なので混雑するかと思いきや、雪の影響か人出が少なかったようで楽勝でした。映画としては結構面白かったです。風景も綺麗だし、雰囲気もよかったし。

 深津絵里については、写真集出しても見る気もないしトーク番組に出るって言っても見る気もないですが、ドラマや映画だと「わりといいかも」と思います。そういう点で女優としては評価できるのでしょう。

 で、話のテーマは「80分しか記憶の持たない男」ですが、こういうのは実際あるのでしょうか? 突っ込むとキリがないのですが、「ありえんなぁ」とか思います。というのも、80分前の事を忘れてしまうとして、

12時     ウンコ踏んじゃった
12時30分  ウンコ踏んじゃった事を激しく後悔
13時     ウンコ踏んじゃった靴を洗う
13時30分  ウンコ踏んじゃった靴が乾かなくて履けない

という展開だとすると、90分後の13時30分の時点ではウンコ踏んじゃった瞬間の事は忘れてるとしても、60分前の「ウンコ踏んじゃった事を激しく後悔している自分」についての記憶は残ってるわけです。なおかつ、14時30分になっても「ウンコ踏んじゃった事を後悔している自分を思い出しながら靴が乾くのを待っている自分」の記憶が残ってるわけで、ウンコ踏んじゃってから150分後の段階でも、ウンコ踏んじゃった事は覚えているという事になるわけです。この辺どんなもんでしょう。

 なお、念のために言っておきますと、別に映画の中で寺尾聰がウンコ踏んじゃったわけではありません。あしからず。

 この映画を見ていて、いしいしんじ氏と中島らも氏の対談本に出ていた森毅先生の数学の授業の話を思い出しました。先生は授業の始めにいきなりある生徒を指差して、
「数学において数とはいくらまで勘定できたら偉いか答えよ」
と言ったとか。
「自分は無量大数という位まで知ってます」
「阿保、死ぬまで勘定しとれ! 君らが言うてるのは算数。数学における数というのは3つでええ。0、1、ぎょうさん、この3つや!」ですって。

 すなわち「存在するのかせえへんのか。存在するんやったら単数か複数か。それを考えるのが数学です。」ですと。かっこいいですね。この話もそうですが、今日の映画も数学にちょこっと興味を持つきっかけにはなります。それと、結構音楽が良いと思ったら、担当は加古隆でした。ん~あんまり好きな人ではないんですけどね。

 ということで、結構お奨め映画ではあります。どーですか、お客さん。

 映画を見てからは、シネコンの隣りの書店に行きました。本日のお買い上げは、「わしズム」と「海の仙人/絲山秋子著」の2冊。文庫本の平積みでは「けものみち」が目立ち、若い女性がそれを一生懸命立ち読みしていたのが印象的です。もちろん店員に「お客さん、えっちな人ですね。…だぁっ! 帰ってくれ、うちにはエッチなお客さんはいらん!」と追い出されていたのは言うまでもありません。(吉田戦車先生ごめんなさい)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう食べちゃったもん、という人

2006年01月20日 20時34分17秒 | ニュースに一言
 ライブドアのニュースを聞くと「転落が早かったなぁ」と思うことしきり。どうみても胡散臭いから「このまま続くの?」と思ってたのですが、テレビにガンガン出始めた頃には既に粉飾をやってたんですね。

 堀江社長は無一文になるかもしれませんが、逮捕されて収監されたとしても拘置所の独房で「あ~いろんなうまいもん食って、いろんな女とワッチコンワッチコンして、女子アナと合コンして…楽しかったなぁ~」と、バブルな日々を思い出しながらニヤニヤするのかと思うとムカムカ来るのは貧乏人のひがみでしょうか?(って、間違いなく貧乏人のひがみですが)

 「違法行為で儲けた金返せ!」って言っても、手元にあるのはライブドアの株券ばっかりで現金はそんなにないでしょうし。いっぱい持ってた札束も「もう使っちゃったもん。うまいもん食べちゃったもん。」という感じなのもムカつきますね。

 うちの子供たちのケンカの原因でも、娘2号が帰ってきたら1号がおやつを半分以上を食っちゃってたとかいうのが一番多いです。人として許せないのはその辺の問題でしょう。おまけに豊田商事とかオレンジ共済とは違って、間接的に金を集めたわけですから、「悪い奴」という印象が薄いのか励ましの声まであるようですし。世の中わかりませんわ。

 で、「食べちゃったもん」と焦ってるのは米国産の牛肉に解禁と当時に飛びついた人でしょう。私は輸入解禁大反対でしたので、今日のニュースについては「ほらやっぱり」というのが率直な感想です。

 輸入解禁のときに「食べる食べないは、各個人の自己責任でしょう」という声もありました。が、ラジオで大野勢太郎さんが「私は食品については自己責任なんて言葉は使って欲しくないですね」と言ってました。これは正論です。「専門家が集まって議論した結果、国が認めて解禁するんだからもう安全なんじゃないですか?」と言ってた人もいましたが、その人はいまどう思ってるでしょう。

 モダンチョキチョキズの曲で「ふられ節」というのがあって、歌詞は「アメリカってどこにあるの? (中略) ご都合主義でずるい国 口から泥人形生産」なんてのはありましたが、そういう歌を思い出したのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さあ、みんなで調べよう

2006年01月19日 20時34分56秒 | 日記
 今日のテーマは「アントニオ猪木VSモハメドアリ」です。1976年6月26日に日本武道館で行われたこの試合のルールを明確に答えられる人はどれくらいいるでしょうか。試しに考えてみてください。「試合時間は?」「グローブの着用は?」「キック、投げ技は?」など。

 ということでみんなで調べてみましょう。なおかつ、ルールを調べた上で猪木が勝つ場合のシミュレーションをしてみましょう。今でこそ総合格闘技全盛の時代になりましたが、この当時はいわゆる「異種格闘技」のさきがけがこの試合で、ルールについては観客に認識されていなかったように思います。

 現代の常識で考えれば、ルールが決まってからそのルールを把握した上でスパーリングを繰り返してようやく対応できるという認識ですが、当時は違ったんですね。それもこれも、あまりにも話題が先行してチケットも飛ぶように売れてしまったからでしょう。

 なお、後日談として「猪木のスパーリングを見てアリ側がびびってしまいルールにいちゃもんをつけた」とか「アリはグローブに石膏を注射していたらしい」とか「アリの取り巻き連中はピストルまで持っていたらしい」とかいろいろ言われていましたが、真相はわかりません。常識で考えると「石膏入りのグローブなんて自分の拳が壊れるし、何よりも重くて15ラウンドももたないでしょう」とか「ピストル持って入国はできないでしょう」とか思いますが。ただし、アリのファイトマネーで生活している取り巻き連中が、万が一にでもアリが負ける可能性のあるルールを承服するとは思えませんし。

 では、みんなで「猪木が勝つためのシミュレーション」を考えてみましょう。お寄せいただいた作品で優秀なものは、ここで褒めてあげます。(それだけかい?) そういえば、何年か前の週プロの読者投稿欄で「アントニオ猪木は、モハメドアリ、ウイリーウイリアムス、モンスターマンなどを撃破し…」なんて書いてた猪木信者がいましたが、歴史は正しく認識せねばならないと思う次第です。

 ところで、この試合について当時マスコミでは「世紀の凡戦」と酷評され、ニュースセンター9時の磯村キャスターは「茶番です」と言い切ったのですが、ルールを調べれば調べるほど「う~む」と考えてしまいます。ただし「死闘!」とまで思うかどうかは人それぞれでしょうが。

 この試合のビデオは見たことないのですが、多分発売されてないのでしょうね。ルールミーティングの画像はないでしょうが、アリの来日から記者会見とか決定したルールとか、その辺の流れを踏まえた上で試合の様子も収めて発売すれば緊迫感があって面白いでしょうに。ま、多分アリ陣営が拒否するでしょうが。

 ということで、格闘技のルールを真剣に考えることも時には必要という話でした。なにか質問はありませんか?

「じゃぁ先生、オリンピックの柔道の試合でインディアン・デスロックはありなんでしょうか?」
「ん~残念ながらなしですね。柔道の試合で極めてよいのは肘関節だけです。従って、うつ伏せで逃げる相手に裏アキレス腱固めを極めるのも反則です。それに、正しくは“ネイティブアメリカンデスロック”と言わねばなりませんね。北アメリカ大陸であみ出された技かどうかは知りませんが。」

 とゆーことです。ではまた明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はて今日は?

2006年01月18日 23時58分00秒 | 日記

 何曜日だったっけ?と考えたら、まだ水曜日。げっ、まだ2日も仕事がある、と気づいた時には愕然。今日も遅くなったなぁ。ということで、また明日。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引越し魔は苦労する

2006年01月17日 22時53分01秒 | 日記

 来月車を買い換えるので、現在乗っている車は廃車になります。が、今の車の車検証の住所が福島なので、住所変更の履歴がわかるように戸籍の附票が必要になります。が、私の本籍は石川県なので、ここの市役所ではとれないと。



 さてどうするか、ということになると結局両親にすがる事になるわけです。夕べ「市役所行って戸籍の附票をお願いしま~す」と電話したのですが、なんと戸籍に関するシステムが変わったため、1枚の附票に表示される履歴は2件ずつになったんですと。



 何が問題かというと、私の場合は埼玉に来てからも2回引っ越してますので埼玉の住所が3つ。もう1枚さかのぼらないと福島の住所は表示されないわけです。さすがに両親といえども、この引越し魔の転居履歴を思い出せないらしく、「何枚目に出てくるか?」と電話がありました。



 まったく苦労しますわ。…って、実際苦労してるのは私の両親ですか? すんませ~ん。手数料立て替えといて下さい。あとで、酒の1本も送ります。(←完全に私信) それにしても、前に車買って以来この7年間で3回引っ越したわけですわ。引越し業界に貢献してますね。



 ところで、今日の証人喚問はさっぱりでした。途中ちょこっと聞いただけなのですが、レフェリー連れてきて「ファイト!」とか、柔道の審判を連れてきて「指導!」とか、小嶋社長に言ってやりたかったです。あれだけイライラしたのは、佐竹VSナイマンとか、坂田VSアルバレス以来でしょうか?(←わかる人はマニアです) 猪木VSアリだという人もいるかもしれませんが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加