今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

3月終わってホッ

2006年03月31日 23時56分00秒 | 日記

 今日も送別会だったので外で飲んでました。どうも体調がすぐれないと思ったら、単純に飲み会が多いせい。3月は、得意先との宴席が6回、社内の飲み会が3回、プライベートの飲み会が1回で、計10回。ということは、3日に1回は飲み会だったのですね。そりゃ内臓に来ますわ。



 ということで、今日はもう寝ます。最近共通してる事は、帰りのタクシーに乗るくらいまではシャキッとしてるのに、帰ってくるとグロッキーというケース。酒飲むのも体力要りますよね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツケは回ってくる

2006年03月30日 23時33分58秒 | 日記

 飲み会が続いたり不規則な生活が続くと大体お腹の調子が悪くなるのですが、先週金曜の送別会から始まってゴルフもあり得意先の接待もありと、無茶苦茶な生活が続いたわりに「あら、大丈夫」と思っていたら、きっちりツケが回ってきました。



 昨夜は得意先の接待だったのですが、帰りのタクシーの中で急に発作が起こってもう死ぬかと思いました。無事に客を送り届け、なんとか家まで帰りつきトイレに飛び込んでセーフ。これほど自分の肛門括約筋を誉めてやりたいと思ったことはありません。



 それにしても、最近は大体帰宅時間が10時くらいで寝るのは大体12時。ということは、その2時間で風呂入ってメシ食ってblog書いて歯磨いて、ということで結構忙しいです。せめて平日にもギターの練習ができるような余裕があればいいんですけどね。



 ということで、そういうときにココログのログインが遅かったりすると、その数分間がすごくムダに思えるわけです。今日は大丈夫かなぁ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親孝行しとらんなぁ

2006年03月29日 00時03分23秒 | 日記

 日曜から私の母が来てたのですが、到着した日は夕方までゴルフに行ってて、夕べは9時過ぎまで会社で仕事してて、今日の午前中だけ休みを取ったので川越の蔵造りの町を案内しようと思ったら、娘1号が高熱を発してダウン。



 結局昼前に妻と娘1号を小児科に送ってから母を駅まで送って行きました。それにしても、さっぱり親孝行しとらんなぁ。ま、母は今日から東京都内に住む兄のところに行ったので、親孝行はそちらにまかせましょう。ということで、おかまいできなくてすいませんでした>お母様



 テレビで森昌子の復帰会見をやってましたが、待望してた人はどれくらいいるのでしょう? 私はどうにも魅力を感じない上に、彼女が今後出演するであろう系統の歌番組はまず見ないので、ハッキリ言ってどうでもいいです。



 なんで魅力を感じないかと考えてみれば簡単でして、足らないものは「お色気」。石川さゆりなんぞは美人じゃなくても色気はあると思うし、藤あや子なんかもそうでしょう。色気がなくとも、天童よしみとか島津亜矢みたいに圧倒的な迫力があればまた見物ですが、そういうタイプでもないですしね。



 別に彼女を好きな人を批判するわけではないですが、デビュー当時の中ニトリオだか高ニトリオだか、あの三人では誰も好きな人いなかったです。ちなみに、子鬼トリオはおじゃる丸でした。おじゃるも最近見てないなぁ。



 ところで、ココログのメンテナンスが終わったようですが、皆さんちゃんと見えてますか? 私がこれを書けてるという事は今のところログインと記事の投稿については障害がないのでしょう。ココログのメンテが予定通りに終わると、なんか物足らないような気になってしまいますねよね、最近。ま、かなりログインに時間がかかってますが、この程度じゃ満足しません。(って、相当マゾヒスティック)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイムマシンにお願ひ

2006年03月27日 23時46分14秒 | 音楽一般
 今日の話ですが、夕方車に乗ってFMラジオをつけた途端、つのだ☆ひろ氏の声で「埼玉県鶴ヶ島市にお住まいのラジオネーム ハイファイパパさんからのお便りで…」といきなり聞こえてきました。「え???」と大変驚きました。というのも、このメールを書いたのは先々週の番組宛だったため。

 で、メールは読まれたもののその後すぐに次のリクエストに行ったので、私のリクエストがかかったかどうかはわかりません。実は今週はメールを送ってなかったので、留守録してなかったんすよね。先月の初めに留守録の出来るラジカセを買って以来、メールが採用されたのは初めてなのですが、こういう時に限って録音してないとは。タイムマシンが欲しいと思うのはこういう時ですね。

 なお、気持ちの上でタイムマシン感覚を味わえるのは、音楽だったりビデオだったり。昨夜のNHKアーカイブスでの「ステージ101最終回」は、本当にそういう感じでした。放送は1974年3月31日だそうです。ということは、私は小学4年生だったわけですが、この放送は当時兄がカセットに録音してました。

 その録音テープは何十回となく聞いてたのですが、そこはカセットテープの宿命でテープが伸びて機会にからまってしまい、聞けなくなってしまいました。それがまぁ32年も経ってテレビでまた見られるとはありがたいものです。これをBSでなくてちゃんと総合テレビで放送したことについては褒めてやろう>NHK ただし、もう2~3回放送したらもっと褒めてやる。

 で、何回も聞いたはずなのですが「レットイットビー」と「明日に架ける橋」が歌われた事は完全に忘れてました。多分当時はこれらの曲自体を知らなかったと思うのですが。ほかの曲は覚えてたのですが、そこはそれ音声だけの録音でしたので最終回の「君のコスモス」を歌ってたのが太田裕美さんだとはち~とも知りませんでした。

 あと勘違いしてたのが、最終回の時にも西玲子さんがいたと思ってたら、実際にはもういなかったのですね。101のメンバーでは、男性は、塩見さん、山崎さん、田中さん、まきさん、ワカ&ヒロなど、覚えてる人がいっぱいいたのですが、女性は西さんとチャープスしか記憶になかったです。太田さんも最終回では相当目立ってましたのにね。

 また、最後の出演者のスクロールでは谷山浩子さんの名前もあったのですが、どこにいたのかわかりませんでした。まぁもともと写真でしか見たことないからあまりよく知らないのですが。

 まぁいずれにしてもいいもの見せてもらいました。それにしても、小学生でこれを見ていてなおかつファンだった自分も褒めてあげたいですね。なお、我が家には101のCDが何枚かありますが、娘1号(中2)は「私はオレンジ盗んだ曲が好きなんだけど…」ですと。残念ですね、お嬢さん。通好みといえばそうですが。

 ところで、タイムマシンといえば木村カエラをボーカルに迎えたサディスティックミカバンドの「タイムマシンにお願い」がコマーシャルで流れて、もっと話題になるかと思ったらそれほど盛り上がってないですよね。ただ、私はこの曲が大好きで、昔バンドでもやったことあります。

 オリジナルのボーカルのミカさんですが、8年ほど前の高中正義さんのコンサートでこの曲を歌い、CDにもDVDにもなってました。高中氏によると「ちょっとだけ歌が上手くなった事に気がついた」のだそうです。面白いですね。ちなみに、私はもちろんCDもDVDも持ってます。これは必需品でしょう。ど~ですか、お客さん。

(当時ココログで書いていた記事をgooブログに移植しました。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとお知らせ

2006年03月27日 23時40分59秒 | 日記

 28日(火)は、またまたココログのメンテナンスだそうです。日中いっぱいというか、夕方までコメントも付けられないようですが、前回の経験を踏まえると夜になっても不具合いっぱいで繋がらないという可能性大ですので、一応お知らせしておきます。ご注意のほどを。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近寄るとうつるかも

2006年03月26日 22時46分47秒 | 日記

 一年のうちでこれだけ不幸がかたまることがあるでしょうか? そもそも、昨日は無謀な運転の車に突っ込まれて新車が傷だらけ。怪我がなかったのは幸いとして、そのまま夕方からお泊りでゴルフ。



 ゴルフも仲良しグループで出かけるなら楽しいものですが、いわゆる渡世の義理での参加ですから楽しいわけはありません。深夜一時まで飲み会に付き合わされた上に、「こいつとだけは一緒にしないでくれ」という奴と相部屋で宿泊。



 相手はベッドに入った瞬間寝息を立ててたのですが、それがまぁ物凄いいびき。こちらは昼間の事故の精神的ショックを引きずってた上に部屋は乾燥するし、枕は合わないしで、「眠れない眠れない」と思ってるうちにもう朝。



 そういう時にゴルフをやるとどうなるかというと、これがまた大変。バンカーに入ったら2回打っても出なくて、3回目に「おりゃっ!」と気合入れたらこんどは飛びすぎてグリーンを飛び越して奥のバンカーへ。



 それがまた勢いがあったものだから、凄い目玉になっていたのでまたまた「おりゃ!」と打ったら飛びすぎてまた元のバンカーへ、というお笑いのネタのような事をやってました。と思ってたら、次のホールでは今度はクロスバンカーに入って、やっぱり1回では出なくて2回目はシャンクして結局池ポチャになったと。



 帰りは帰りで高速道路が渋滞し、普通に行けば1時間くらいで着くものが結局3時間弱の走行。もちろん眠くて眠くてたまりません。



 まぁ前向きに考えれば怪我をしなかったのが幸いという事でしょうが、腹が立つのはめざましテレビの星占い。たまたま金曜日に見たのですが、週末の運勢ではてんびん座が第一位だったですよ。一位でこういう状況だとすると、他の星座の人はもっと悲惨な事態に遭遇してたんでしょうね!>フジテレビの皆さん 



 やはり、これもJAROに訴えるべきでしょうか? まぁいずれにしても不幸が伝染しそうなので、できるだけ私には近寄らないよーに。





 近寄るなといってても、今日は私のお母様が田舎から出てきたので家族で食事してきました。七輪でいろいろ炙りながら食べる店だったので、こちらはまずまず満足。ま、そんな週末でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

送別会シーズンですね

2006年03月25日 14時06分44秒 | 日記

 転勤する社員がいるので、昨夜は送別会の第一弾。特に店は決めてなかったものの、行く店行く店すべて満員。結局30分ほど待たされてようやく入店できました。





 で、夕べは遅かったので日記はお休み。今日もこれから仕事です。明日も仕事なのですが、3月だから仕方ないですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もしや

2006年03月23日 23時59分00秒 | 日記

 昨日は会社を休んで尾崎亜美さんのコンサートに行ってたのですが、もしや仕事関係の人には「あいつ、ローリングストーンズのコンサート行ったんちゃうか?」と思われてるかもしれません。別に誰かに何か言われたわけじゃないのですが。



 なお、私は正直にいいますとローリングストーンズを良いとかかっこいいとか思ったことがないものでして、これはもしや大人として恥ずかしいことなのでしょうか? ただ、ミックジャガーの歌う姿を見ていると、日本のロックシンガーってのはあの人もあの人も相当影響受けてるな、と思います。



 昨日の亜美さんのコンサートを見ていて、やはりポップな歌もののバンドというのは魅力だと思いました。なおかつ昨日の飲み会ではClub Amii Bandのメンバーが5人もいたので、話は当然盛り上がり「またバンドやるべ」という話になりました。結局昨年は一回も集まってないので、休養と充電はバッチリ。



 が、「じゃさっそく来月!」と言ったら、「引越しするからちょっと…」なんて腰の引けてる人もあり。本当にできるのか? ということで、まずはバンド復活にあたってドラマーとキーボードのメンバーを募集いたします。条件は尾崎亜美ファンであって、スタジオ遊びだけでも文句言わない人ということで。



 って勝手に募集していいかな? ま、その辺は割り切った大人のお付き合いでお願いします。練習は不定期ですが年に数回くらいでしょう。どーですか、パソコンの前の尾崎亜美ファンの皆さん! 今こそ立ち上がって団結しましょう!(って方向違うぞ)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出入りの激しい日

2006年03月22日 23時34分00秒 | 尾崎亜美
 幸せと不幸せは背中あわせと言いますか、人生チャラになるように出来てると言いますか、そういう事を実感した日でした。そもそも、今日は尾崎亜美さんのコンサートの日なので余計な仕事が入って行けなくなる事を回避するため休暇にしてました。有休の消化は年に1~3日くらいなので、別にこんなもんで文句は言われません。

 で、場所は目黒パーシモンホールというところなのですが、「目黒なら山手線沿線だから楽勝」と思ったら、これがちょっと違います。結局恵比寿から乗り換えて4駅ほど。そもそも電車に乗る前に車中の暇つぶしのため雑誌「SAPIO」を買おうと思ったら、駅前の書店では売り切れ。「今日はもう売れちゃったんですがなんかあるんですか?」という店主の声を背に駅に向かったのですが、なんのことはない駅の売店で無事ゲット。

 で、車中では亜美さんの30周年記念アルバム「三重マル」をMP3プレーヤーで聞きながら行こうと思ったら、一駅も行かない間に電池切れ。しかし池袋駅で単四電池を買って移動の後半は楽しめました。

 で、順調にホールの最寄駅に着いたのですが、いきなりの雨。傘は持ってなかったので、そのまま歩き出したらすぐ近くにコンビニがあったので580円の傘をゲット。コンサートホールでは私の席順は2列目中央だったのですが、丁度目の前に知り合いがいて最前列だったのですが「こっちに来る?」との誘い。

 知り合いと一緒に来る予定だったのが、都合により一人で来る事になって席が空いてるとのこと。「ラッキー」と思い最前列へ移動。これが最初のラッキーでした。今回のホールはステージが低いし近いし、最前列で立ち上がると亜美さんが本当に手が届くほどの目の前で歌ってるですよ。コンサートの間中ほとんど緊張状態でした。

 で、コンサート終了後にはClubAmii関係者をはじめとした人たち約14人で飲み会。1時間くらいで帰ろうとしたところ、最後に頼んだビールが出てこないこと! で、ぼちぼち帰ろうとしたところ隣りの席にいた某ギタリスト(ドランクドラゴン塚地のそっくりさん)が携帯で乗り換え案内を見ながら冷ややかに「鶴ヶ島だったらもう電車間に合わないよ」と言うですよ。

 「ええっ?」と一瞬目の前が真っ暗になったところ、ClubAmiiのWebMasterの某氏が「どうせ同じ方向だから車で送ってくよ」と言ってくれて無事帰還。間に合わなかった最終電車で帰るよりもずっと早く家に着きました。

 ということで、いろいろありましたがなんだかんだ言ってラッキーの方が多い私は幸せ者ですね。それもこれも皆さんのおかげです。なお、コンサート終了後、今日は私の声援が聞こえなかったという批判を数々受けましたが、そもそも最前列でしたので叫ばなくとも声の届く位置に亜美さんがいると思うと、なんか大声を出しにくい感じでした。大宮では頑張ります。…はい。

(当時ココログで書いた記事を移植しました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芽が出てふくらんで

2006年03月21日 23時27分56秒 | 日記

 11日に種を植えたプランターに芽を発見。どっちも同じプランターなのでわからなくなってたのですが、芽の脇に種の殻がついてたのでわかりました。こちらはジニアです。何個も種を植えたのですが、今のところ3個だけ育ってますね。無事に育てば、今度は何色の花が咲くか楽しみです。



t_me



 はなどきは5月中旬から10月上旬にかけてだそうです。「直径12cm内外の巨大輪で、草丈1m位夏の暑さにも負けず長期間花を付けます」ということなのですが、ほんの米粒ほどの種がそこまで大きくなるとは。これぞ生命の神秘!



 ところで、ニュースによると宮川泰氏が亡くなったとか。たしか、昔はFMでコーセー歌謡ベストテンの司会もしていたような気がするのですが。音楽家として優れているだけじゃなく、おしゃべりも面白いのですごく才能豊かな人だったと思います。



 面白いのは小坂明子の「あなた」の話。あの曲の編曲を手掛けたそうですが、ラジオでその話をしてて「私の大失敗は、あの大ヒット曲を3万円のギャラだけで引き受けたことですね。印税契約にしておけば大もうけだったのに…。まぁ弟子に1万で書かせて2万円ピンはねしたんですけどね。」ですって。



 それにしても今回のニュースで「宇宙戦艦ヤマトの…」とばかり紹介されるのはちょっと違うように思います。どんなもんでしょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春なので

2006年03月20日 23時53分25秒 | 日記

 道路は空いてるわけじゃないのですが、仕事で行った先の駐車場は空いてました。「今日休みにして4連休の同業者が多いらしい」と思ったものの、私はみっちり仕事。また、年度末なので焦ってる人が多いらしく、無謀な運転の車を二台ほど見かけました。そのうちの1台は、道を譲ってあげた私にわざわざ寄ってきて悪態をつく始末。心に余裕が無い人は哀れです。今頃どっかで事故ってることでしょう。



 歩行者でも危ない人がいて、買い物袋をぶら下げた男が本川越駅前の交番の横を通った際に「うがぁ~!」と意味不明な事を吼えていきました。中から若い警官が2名ほど出てきたのですが、大騒ぎには至りませんでした。つまらん。



 で、私は春なので眠い眠い。これは単に春のせいかジルテックのせいなのか不明。ちなみに明日とあさっては連休です。思いっきり寝てやる! どっからでも誰からでもかかってこい!(かかってきたら寝られないんですけど…)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨匠の名作をあなたに

2006年03月19日 21時52分39秒 | 日記

t_P1000388 







t_DSCF0080  昨年3台目のデジカメを買ったのですが、今日は4台目を入手しました。ちなみに左が3台目で右が4台目です。これで完全に用途を使い分けられることになり、いつでも持ち歩くスナップ写真用にFinePix4500、イベント用にはLUMIX FZ-1となります。



 FinePixは昨年中古で4千円で買ったのですが、LUMIXはバンドのドラマーから本日譲ってもらったばかり。FinePixは光学ズームなし400万画素というスペックですが、FZ-1は画素数は置いといてなんといっても光学12倍ズームが圧巻。(35ミリ換算で420mm相当だとか)



 私はデジカメから入って、銀塩写真の一眼レフを買ったという経緯がありますが、これからは運動会でもピアノの発表会でも望遠レンズが必要な時にはLUMIXのみになる予定。楽しみです。



 撮影するのは、どうしても家族の写真が中心になるのですが、今は亡き二代目のデジカメ(オリンパスCZ960)で撮影した名作を少々公開しましょう。ただし、ダウンサイジングした上で画質も落としてますので「甘い!」という批判は受け付けません。



 まずは、ディズニーランドのパレードの様子。別にミッキーよりドナルドが好きなわけではありません。わりとうまく撮れました。



t_P4070003









t_P4140021  次は東松山の動物園にて。クジャクの放し飼いにビビるハイファイ娘2号の図です。結構気にいってます。









 最後は夕暮れ時の東京タワーの写真。「暗闇にそそり立つもの」というタイトルにしましょうか。そう聞いて「モリッ」と来た人は、今すぐ変態科のお医者さんを受診してください。t_PB220150









 ということで、これからLUMIX使った名作がゴリッと増える予定。フッフッフ。(って、そのうちデジタル一眼レフ買っちゃうんでしょうねぇ)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痛かった話

2006年03月18日 23時35分58秒 | 日記
 高校二年の今頃の話ですが、体育は器械体操でした。どちらかというと得意分野であり、体はガリガリなのに腕の力はそれなりに強いということで、特に鉄棒なんぞはお手のもの。大車輪はやったことありませんが、蹴上がりしてそのまま開脚で鉄棒飛び越しておりるなんてのもできました。(もちろん今はできませんが)

 そのときの授業ではほとんどが床運動だったのですが、最終的な目標は側転捻りからのバク転。器械体操得意と言いながら、実際体が硬いのでバク転は苦手でした。が、なんとか習得しようと授業が終わってからもマットで練習してたのですが、着地した際に腕が曲がってマット(セーフティマットじゃない普通の薄い奴)で顔面を強打してしまい鼻の頭を擦りむいて出血したことがあります。(別に鼻が高いと自慢してるわけではありません)

 その後数日は傷跡が目立つ状態だったのですが、あまり評判の宜しくない英語教師がバス停で話しかけてきました。
「お前、それどうしたんや?」
「あの、バク転に失敗して…」
「ほぉ。(ニヤニヤして)本当はやられたんじゃないのか?」
ですって。

 という話を思い出したのは、「女王の教室」を見てて「誰かにやられたんじゃないの?」というセリフを聞いたため。かなり極端な設定でやりすぎの脚本だとは思いますが、かなり見せます。こういう人気ドラマのアナザーストーリー系で面白いのは滅多にないですけど、天海祐希の迫真の演技でなかなかよいです。

 今日の同時間帯では、「愛と死を見つめて」と「南極物語」をやってます。「愛と死を見つめて」なんて、剛竜馬と思わせて草なぎ剛を主演させるという姑息な手段を使ってますが、これだけライバルが強力だと視聴率は厳しいでしょう。ま、天罰ですね。

 ところで、バク転というのは女子の体操の選手なんぞは体が柔らかいのでほとんどジャンプせずともできます。しかし私の場合は体が硬いので、思いっきりジャンプして滞空時間の長いバク転になるので邪道だとか。

 そんなある日、バク転をしようとしてジャンプしたものの凄い高さがあったので、「もしやこのままバク宙ができるのでは?」と思って空中で一瞬躊躇してしまいました。結果はお察しの通り、回転できないまま落下してしまいました。強打したのは背中と後頭部と左足の爪先。(体勢は想像してください) 頭と体はなんとかマットに残ったものの、爪先は床の上だったので相当痛かったです。

 どれくらいかというと、見ていた友人が「笑えなかった」というくらい。いわゆる“一人パワーボム状態”です。おそらく高3になってから成績が伸びなかったのはそのせいでしょう。なお、6年ほど前にスケートで転倒して後頭部を強打し記憶が飛んでしまったことがあったのですが、MRIを撮った結果異常なし。ただし「普通の人より脳の周りの水分が多いかも。」との事でした。

 ということで、私の脳ミソは脳ミソじゃなくてミソ汁だというわけですね。今でもスープとかポタージュよりミソ汁が好きなのはそのせいだと思います。辛いもの苦手だけどトムヤンクンは好きなんですけど。(って、今日はまとまってないなぁ)

(当時ココログで書いた記事をgooブログに移植しました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痛かった話

2006年03月18日 20時54分40秒 | 日記
 高校二年の今頃の話ですが、体育は器械体操でした。どちらかというと得意分野であり、体はガリガリなのに腕の力はそれなりに強いということで、特に鉄棒なんぞはお手のもの。大車輪はやったことありませんが、蹴上がりしてそのまま開脚で鉄棒飛び越しておりるなんてのもできました。(もちろん今はできませんが)

 そのときの授業ではほとんどが床運動だったのですが、最終的な目標は側転捻りからのバク転。器械体操得意と言いながら、実際体が硬いのでバク転は苦手でした。が、なんとか習得しようと授業が終わってからもマットで練習してたのですが、着地した際に腕が曲がってマット(セーフティマットじゃない普通の薄い奴)で顔面を強打してしまい鼻の頭を擦りむいて出血したことがあります。(別に鼻が高いと自慢してるわけではありません)

 その後数日は傷跡が目立つ状態だったのですが、あまり評判の宜しくない英語教師がバス停で話しかけてきました。
「お前、それどうしたんや?」
「あの、バク転に失敗して…」
「ほぉ。(ニヤニヤして)本当はやられたんじゃないのか?」
ですって。

 という話を思い出したのは、「女王の教室」を見てて「誰かにやられたんじゃないの?」というセリフを聞いたため。かなり極端な設定でやりすぎの脚本だとは思いますが、かなり見せます。こういう人気ドラマのアナザーストーリー系で面白いのは滅多にないですけど、天海祐希の迫真の演技でなかなかよいです。

 今日の同時間帯では、「愛と死を見つめて」と「南極物語」をやってます。「愛と死を見つめて」なんて、剛竜馬と思わせて草なぎ剛を主演させるという姑息な手段を使ってますが、これだけライバルが強力だと視聴率は厳しいでしょう。ま、天罰ですね。

 ところで、バク転というのは女子の体操の選手なんぞは体が柔らかいのでほとんどジャンプせずともできます。しかし私の場合は体が硬いので、思いっきりジャンプして滞空時間の長いバク転になるので邪道だとか。

 そんなある日、バク転をしようとしてジャンプしたものの凄い高さがあったので、「もしやこのままバク宙ができるのでは?」と思って空中で一瞬躊躇してしまいました。結果はお察しの通り、回転できないまま落下してしまいました。強打したのは背中と後頭部と左足の爪先。(体勢は想像してください) 頭と体はなんとかマットに残ったものの、爪先は床の上だったので相当痛かったです。

 どれくらいかというと、見ていた友人が「笑えなかった」というくらい。いわゆる“一人パワーボム状態”です。おそらく高3になってから成績が伸びなかったのはそのせいでしょう。なお、6年ほど前にスケートで転倒して後頭部を強打し記憶が飛んでしまったことがあったのですが、MRIを撮った結果異常なし。ただし「普通の人より脳の周りの水分が多いかも。」との事でした。

 ということで、私の脳ミソは脳ミソじゃなくてミソ汁だというわけですね。今でもスープとかポタージュよりミソ汁が好きなのはそのせいだと思います。辛いもの苦手だけどトムヤンクンは好きなんですけど。(って、今日はまとまってないなぁ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またもや

2006年03月17日 23時37分43秒 | 日記
 数日前の芸能記事の見出し。「剛、広末で感動ドラマ」とありました。広末は広末涼子だとして、剛ってのは誰じゃ?と悩むことしばし。しかし、剛という苗字の男優は思い当たらず、行き着いたところは剛竜馬。「お~プロレスバカが俳優デビューか」と思ったのですが、結局正解は草なぎ剛でした。

 しかし、それならそうと「草なぎ、広末で感動ドラマ」とするか、「剛、涼子で感動ドラマ」とするべきです。剛竜馬を連想させて、純朴なプロレスファンをドラマに引き込もうとする卑劣な手段は当然許されるものではありません。これはJAROに訴えるべきです。ほんとにもぉ、世の中信用できないことばっかり!

(当時ココログで書いた記事をgooブログに移植しました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加